汗かき、暑がりと、お腹の冷え(内臓型冷え性)

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)汗かき、暑がりと、隠れ冷え性

 

導入文

チョット動いただけでも汗をかいたり、暖かい食べ物を食べると、額に大汗をかいたりして、一見、汗かきや暑がりのようであっても、涼しい所にしばらくいると、寒さを強く感じたり、お腹が冷えて痛くなったりする人がいます。

その上、「胃や腸の中にガスが溜まって下痢や便秘が起こり易い」、「起床時に脇よりもお腹の温度が低い」、「下腹部を触るとひんやりする」、「疲労が溜まり易く風邪をひく事が多い」、などがある場合には、身体の内側の胃腸や大腸が慢性的に冷えている『内臓型冷え性』の可能性があります。

『内臓型冷え性』は、内臓の冷えで、体温調節や身体の水分排出がうまくいかなくなっている状態なので、このような身体の不調に悩まされる場合は、昔から血行や体調の改善を行っている、東洋医療系のマッサージ治療が、改善に効果があります。

【 内臓型冷え性の原因 】(図)内臓型冷え性の原因

『内臓型冷え性』は、運動不足や加齢などで、お尻や腰の筋肉を動かす事が少なくなると、起きてきます
お尻や腰の筋肉の発熱量が少なくなるので、内臓付近の体温が保てなくなる事と、筋肉の働きの低下から血行不良が起き、体内でつくられた暖かい血液が内臓に行き渡らなくなるからです。
この為、デスクワークのように、一日中のほとんどが座りっぱなしの人に、『内臓型冷え性』が多くなっています。

 

しかも、オフィスのように、冷房の効いた涼しい所にいると、快適に感じられるので、気付かないうちに、内臓を冷やす事になります。
頭を働かし続ける作業には快適でも、この状態が続くと、体内の温度を感じる神経が鈍ってしまい、お腹の「寒い」、「冷たい」という感覚が失われてくるからです。
この結果、『内臓型冷え性』になっていても、この事に気付かない『隠れ冷え性』になります。

 

このような影響で、最近は、男性に、この『内臓型冷え性』が多くなっています。
仕事の重圧や、会社の人間関係で悩まされる事が多くなると、ストレスが強まって、自律神経がうまく機能しなくなり、十分な量の血液が、内臓に届かなくなってしまうからです。
そして、腸の働きが悪くなるので、自分で気が付かないうちに脳の機能に影響し、集中力や気力の低下、うつなど心の不調にもつながるとされています。

【 下痢や便秘、下腹部の不快感、腰痛 】(図)内蔵型冷え性の症状

『内臓型冷え性』の状態になると、内臓の温度が低くなるので、胃や腸の働きが低下して、下痢や便秘、下腹部の不快感や痛み、腰の痛み、腰のダルサなどを、繰り返すようになります
また、身体の冷えから、血流が悪くなるので、筋肉の柔軟性が無くなって、コワバリが起き易くなり、肩こりや頭痛、腰痛などが、慢性化したり、症状が起き易くなったりします。
更に、身体の代謝や免疫などが低下するので、身体が疲れ易くなったり、精神的にヤル気が起きにくくなったり、抵抗力が弱くなって体調不調を感じ易くなったりします。

 

これによって、心配事やトラブルなどの精神的なストレスを感じ易くなります。
意識していなくても、周囲の環境に合わせて体調を保っている自律神経の働きが乱れて、身体を活発化させる交感神経から、身体を休める副交感神経への切り替えがうまくいかなくなるからです。
この結果、「身体がだるい」、「イライラする」、「頭が重い」、「眠れない」、などを感じ易くなります。

 

また、自律神経の働きの乱れによって、身体の血液やリンパの巡りが悪くなるので、見た目にも、顔がむくんだり、疲れたような顔に見えたりします。
そして、内臓の体温低下によって、脂肪を効率よく燃焼できなくなるので、食欲があまりないにもかかわらず、内臓脂肪を蓄え易くなって、体型的にお腹やお尻が太ってくるようになります。
この結果、『内臓型冷え性』は、不快な症状を引き起こすだけでなく、顔つきも悪くなったり、体型の崩れも引き起こしたり、してしまいます。

【 汗かき、暑がり(内臓型冷え性の特徴) 】(図)汗かき、暑がり

『内臓型冷え性』の特徴として、汗をかき易くなったり、暑さに敏感になって暑がりになったりします。
これは、内臓に冷えで、身体の体調を保つ自律神経の働きが乱れるので、内臓の血液やリンパ液の流れが停滞して、体内に、余分な水分が溜まり易くなるので、チョットでも暑さを感じると、これをキッカケとして、内臓を冷やしている“余分な水分”を、排出しようとする為です
この為、チョット動いたり、暖かい食べ物を食べたりして、少しでも体温が上がると、脳が指令を出して、余分な水分や老廃物などを排出させようと、大汗をかくようになります。

 

特に、太ってメタボ気味になっていると、外見は“冷えと無縁”のように見えますが、かえって『内臓型冷え性』になり易くなります。
脂肪は一度冷えると温まりにくい性質がある上に、筋肉が少ないと体熱を作る力が弱くなるので、太ってメタボ気味になって、多くの脂肪が内臓にへばり付いていると、内臓が冷えてしまうからです。
しかも、体温調節や身体の水分排出がうまくいかなくなるので、「頭や顔は暑くて汗をかいても、お腹は冷えている」という状態になります。

 

しかし、本人は、暑がり、汗かき、のぼせ、などを強く感じているので、内臓が冷えている事に気付かない事が多くなっています。
このように、身体に冷えが起きていても、冷え性が自覚されないのを、『隠れ冷え性』と呼びます。
『内臓型冷え性』も、身体の内側が冷えている事に気付く事が少ないので、このタイプです。

【 内臓型冷え性の、チェック法 】(図)お腹の冷えチェック

『内臓型冷え性』を、自分で、簡単にチェックする方法があります
お腹を触ってみて、通常ならば温かいはずのお腹が、「ヒンヤリ」と冷たく感じた場合には、内臓の温度が低くなっている事が考えられます。
自律神経の働きが低下して、内臓に血液を優先的に送れなくなっている為です。

 

この為、『内臓型冷え性』になると、人と握手したる時に、「手が冷たい!」と言われる事があります。
内臓が冷えているので、平熱が低くなって、一般的な平熱とされている36.5度に満たなくなるからです。
この為、他の人が、このような人の身体を、チョッと触れると、「なぜか冷たい…?」と感じますが、本人は、自分の体温が低くなっている事に気付きません。

 

しかし、この状態を病院で診てもらっても、冷えは病気とみなされないので、「冷えに敏感」と判断されるのが一般的です。
あるいは、特に原因が見当たらない、『自律神経失調症』の一種と診断される事もあります。
いずれにしても、冷えに直接効く薬が無いので、自律神経失調症の診断から安定剤を処方したり、お腹が冷えて下痢をしている場合には整腸剤、身体に痛みを感じていれば鎮痛薬を処方したり、となります。

【 当院の、冷えの改善治療 】(写真)当院の冷えの治療

『内臓型冷え性』の改善法として、よく紹介されているのが、内臓を温める為に、「お腹を温める」、「身体を温める食べ物をとる」、「軽い運動やストレッチ」、などの方法があります。
しかし、『内臓型冷え性』は、血行低下による肩こりや腰痛なども引き起こしているので、①内臓を冷やしている余分な水分の排出、②下半身の血行の改善だけでなく、身体の不快な症状を積極的に解消させて、③自律神経をリラックスさせる、事も必要です。
この為、当院は、マッサージ治療にツボ治療を加えて、中高年以降になると起き易い、冷えによる身体の不調解消を行っています。

 

これは、マッサージ治療の特徴である、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制する、などによって、全身の循環が促され、内臓の血流も回復されるからです
しかも、下半身に集まっている多くの血流を促進させると、『内臓型冷え性』に多い、「脚や腰のダルサ」、「重い」、「疲れ」、などの解消に効果的です。
特に、中高年以降になると、運動不足や、ストレス、長期の姿勢の悪さなどで、血液循環が悪くなって冷えの症状が現れたり、身体の緊張が解消しづらくなって不調が現れたりするので、マッサージ治療が体調の改善につながります。

 

また、当院は、身体のコワバリや凝りの解消に、ツボ反応を利用したツボ治療も行っています。
ツボ治療を併用する事で、過敏になっている神経を回復させると、身体の疲労や緊張が緩み易くなり、内臓の血行が改善されるからです。
これによって、骨盤や身体の歪(ゆが)みや、動きにくくなっている関節なども、回復してくるので、身体の不調や不快感の解消に効果的です。

 

中高年以降になると、運動不足やストレスなどで、『内臓型冷え性』による不調が多くなっているので、体調のチェックと調整が大切です。
当院は、腰痛や肩こり以外にも、冷えやのぼせなど、血行の不調に関連する治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や、不快感などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。