汗かき、暑がりと、お腹の冷え(内臓型冷え性)

【(症例)身体の不調や、不快感 】

汗かき、暑がりと、隠れ冷え性

太って、メタボ気味の人の中に、チョット動いただけでも汗をかいたり、暖かい食べ物を食べると、激辛を食べたように、額に大汗をかいたりする人がいます。

ところが、涼しい所にしばらくいると、全身がぞくぞくするような寒さ感じを強く感じたり、お腹が冷えて痛くなったりします。

このように、一見、汗かきや暑がりのようであっても、寒さに敏感な場合には、『内臓型冷え性』かもしれません。

【 内臓型冷え性、別名、隠れ冷え性 】メタボで、太って

『内臓型冷え性』が、汗をかき易くなったり、暑さに敏感になって暑がりになったりするのは、“内臓を冷やしている余分な水分”を、排出しようとする為です
運動不足が続いたり、ストレスが多くなっていたり、冷たいものを取り過ぎていたりすると、内臓の血液やリンパ液の流れが悪くなり、余分な水分や老廃物などが溜まり易くなります。
この為、少しでも体温が上がると、脳が指令を出して、余分な水分や老廃物などを排出させようと、大汗をかくようになります。

 

しかし、本人は、暑がり、汗かき、のぼせ、などを強く感じているので、内臓が冷えている事を気付きません。
このように、身体に冷えが起きていても、冷え性が自覚されないのを、『隠れ冷え性』と呼びます。
『内臓型冷え性』も、このタイプです。

 

特に、太っていると、“冷えと無縁”のように見えますが、かえって、『内臓型冷え性』になり易くなります。
これは、メタボ気味に太ってしまうと、筋肉が少なくなって、その分、脂肪が多くなるからです。
脂肪は“冷えると温まりにくい”性質があるので、内臓に多量の脂肪が付いてしまうと、内蔵が冷え易くなって、冷えを起こす原因になります。

【 内臓型冷え性の原因 】内臓型冷え性の原因

この『内臓型冷え性』は、男性も多くなっています。
これは、仕事の重圧や、会社の人間関係で悩まされる事が多くなると、ストレスが強まり、自律神経がうまく機能しなくなり、十分な量の血液が、内臓に届かなくなってしまうからです
この結果、胃や腸などの機能が低下し、食欲不振、腹痛、便秘、下痢、などの消化器系の異常が現れます。

 

また、デスクワークが中心の、座りっぱなしが多い事も、影響します
お尻や腰の筋肉を動かす事が無くなるので、これによって内臓付近の体温が上がらなくなるからです。
しかも、血液は、体内でつくられた熱を全身に伝える役割をしていますが、お尻や腰の血行不良によって、お腹が冷えるようになります。

 

更に、エアコンを効かせた室内で仕事を続けている事も、徐々に内臓を冷やします。
この状態が続くと、温度を感じる神経が鈍ってくるので、内臓の温度調節機能も鈍くなります。
この為、お腹の「寒い・冷たい」という感覚が無いので、内臓の『隠れ冷え性』になります。

【 内臓型冷え性の、チェック法 】内蔵型冷え性   原因

『内臓型冷え性』になると、内臓が冷えるので、平熱が低くなり、一般的な平熱とされている36.5度に満たなくなります。
この為、他の人が、このような人の身体を、ちょっと触れてみると、「なぜか冷たい…?」と、感じます。
しかし、内臓には、熱い冷たいという温度の感覚が無いので、本人は、体温が低くなっている自覚がありません。

 

それでも、自分で『内臓型冷え性』を判断する、チェック方法があります。
お腹を触ってみる方法です。
通常ならば、温かいはずのお腹が、「ヒンヤリ」と冷たく感じた場合は、内臓の温度が低くなっている事が考えられます

 

他にも、 「平熱が低い」、「下痢と便秘を繰り返す」、「疲れ易い」など、特徴的な症状が現れます。
また、血行が悪くなるので、見た目にも、顔がむくんだり、疲れたような顔に見えたりします。
更に、内臓の冷えで新陳代謝が低下し、体内のエネルギー消費が少なくなるので、お腹やお尻が太ってくるようになります。

【 身体への影響と、病院での治療 】身体への影響

内臓の温度が低くなると、胃や腸の働きが低下するので、下痢や便秘、下腹部の不快感や痛み、腰の不調などを、繰り返します
また、身体の冷えから、血流が悪くなるので、筋肉の柔軟性が無くなって、コワバリが起き易くなり、肩こりや頭痛、腰痛などが、酷くなります。
更に、身体の代謝や免疫などが低下するので、身体が疲れ易く、精神的にヤル気が起きにくくなり、風邪も引き易くなります。

 

これらによって、心配事やトラブルなど、精神的なストレスを感じ易くなります。
例えば、「身体がだるい」、「イライラする」、「頭が重い」、「眠れない」、などです。
体温調整の不調から、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかなくなるからです。

 

しかし、体調の不調から、病院で診てもらっても、内臓の冷えを測る検査手段がありません。
この結果、患者の訴えから、「冷えに過敏な体質」と判断するしかありません。
治療法も、冷えに直接効く薬が無いので、自律神経失調症の診断から安定剤を処方したり、お腹が冷えて下痢をしている場合には整腸剤、身体に痛みを感じていれば鎮痛薬を処方したり、となります。

【 下半身の疲労や緊張の解消と、血流の改善 】内蔵型冷え性 治療法

内臓型冷え性の改善に対して、即効性を求めるなら、「お腹を温める」、「体を温める食べ物をとる」、などの方法があります。
しかし、内臓型冷え性で、既に不快な症状が現れて、解消しづらくなっている場合には、①内臓を冷やしている余分な水分の排出、②下半身の血行の改善、③自律神経をリラックスさせる、などが何より必要です
この状態になっていると、お尻から脚にかけてのコワバリが強まり、腰から下の血管が締め付けられて血液循環が悪くなって、症状を悪化させているからです。

 

しかも、重力の影響で、下半身の血液量は、立っていたり、座っていたりすると、身体のおよそ7割にもなっています。
この為、マッサージ治療で、下半身の血流を促進させると、多くの血液の循環を促す事になり、内臓の血流も回復させ、体調の改善につながります。
内臓型冷え性の影響による、脚や腰の、ダルサ、重い、疲れ、などの解消にも効果的です。

 

東洋医療系のマッサージ治療は、ツボ刺激も併用します。
ツボ刺激の併用で、お尻や腰の、過敏になっている神経(坐骨神経)を回復させると、身体の疲労や緊張が緩み、内臓の血行が改善されてきます。
症状の影響による、骨盤や身体のゆがみや、動きにくくなっている関節なども、回復してくるので、身体の不調や不快感も無くなってきます。

 

中高年以降になると、運動不足やストレスなどで、『内臓型冷え性』による不調が多くなっているので、体調のチェックと調整が大切です。
当院は、腰痛や肩こり以外にも、冷えやのぼせなど、血行の不調に関連する治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

SNSでもご購読できます。