お腹の冷え(内臓型冷え性)と、汗かき・暑がり

【(症例)身体の不調や、不快感 】
写真冷え性

導入文

季節に関わらず、お腹の冷えが気になっている人は意外に多く、いつも、「下痢や便秘になりがち」、「お腹にガスが溜まって辛い」、「お腹の冷えで気力が起きない」、「お腹が冷たくて、眠れない」などで、悩まされています。

また、お腹が冷えた状態になると、体温調節や身体の水分排出調整がうまくいかなくなるので、汗かきや暑がりになったように、「チョット動くと汗をかく」や、「暖かい食べ物を食べると額から大汗が出る」などが起きますが、しばらく涼しい所にいると、再び、寒さを強く感じたり、お腹が痛くなったりします。

これらが当てはまる場合は『内臓型冷え性』の可能性があるので、内蔵機能の低下から全身の血行不良を起こし、「だるい」、「肩がこる」、「冷える」、「のぼせる」、「疲れやすい」、「食欲がない」、「眠れない」、「イライラする」、「元気がでない」、などで悩まされようになります。

【 内臓型冷え性の原因 】図内臓型冷え性の

『内臓型冷え性』は、運動不足や加齢などで、ジッとしている事が多くなって、身体を動かす機会が少なくなったり、ストレスや疲れが溜まった生活が続いたりすると、起き易くなります
これらがあると、身体の筋肉の発熱量が少なくなって、内臓付近の体温が保てなくなり、更に、筋肉の血液を送る働きが低下するので、体内でつくられた暖かい血液が内臓に行き渡らなくなるからです。
この為、一日中ほとんど座りっぱなしで、ストレスフルな毎日を送っているデスクワークの人に、『内臓型冷え性』が起き易くなっています。

 

しかも、デスクワークの為にオフィスにいると、一年中、冷房の効いた涼しい所にいるので、気付かないうちに内臓を冷やしてしまいます。
頭を働かし続ける作業には快適に感じられますが、それによって、温度を感じる体内の神経が鈍り、身体の「寒い」、「冷たい」という判断が失われるからです。
この結果、『内臓型冷え性』になっても、お腹が冷えている事に気付かない『隠れ冷え性』が多くなっています。

 

この影響で、最近は、男性に、この『隠れ冷え性』が多くなっています。
身体を動かす機会が限られて身体の発熱量が少なくなる上に、仕事の重圧や会社の人間関係で悩まされる事が多いので、ストレスが強まって自律神経がうまく機能しなくなり、十分な量の血液が内臓に届かなくなってくるからです。
この結果、お腹が冷えて、胃や腸の働きが悪くなってくると、肥満や下痢、肌荒れなど、さまざまな体調不良を引き起こすようになり、それらによって、「以前と違って、集中力が続かない」、「気力が低下した」などの、精神的な不調を引き起こします。

図下痢・便秘【 身体への影響 】

このように『内臓型冷え性』は、内臓の体温が低くなるので、最初は、胃や腸の働きの低下から、下痢や便秘、下腹部の不快感や痛みが繰り返されるようになり、そして、腰の痛みや、腰のダルサなども引き起こします
そして、身体の筋肉がコワバッテくると、血行が悪くなってくるので、筋肉の柔軟性が無くなり、肩こりや頭痛、腰痛なども起き易くなります。
また、内臓の機能低下から、身体の代謝や免疫力などが低下するので、身体が疲れ易くなったり、体調不調に悩まされたりします。

そして『内臓型冷え性』によって、体調が悪化してくると、自律神経の働きが乱れて、体調を保つ機能が低下するので、「身体がだるい」、「イライラする」、「頭が重い」、「眠れない」、などが起きてきます。
この結果、集中力が落ちたり、ヤル気が起きにくくなったり、判断力や決断力に影響したりするので、仕事や家庭にも支障が出るようになります
しかも、「身体や精神面の不調→体内で作られる熱量が下がる→冷えに繋がる」といった事が繰り返されるので、悪循環になっていきます。

 

また、身体の血液やリンパの巡りが悪くなってくる為に、見た目も、顔がむくんだり、疲れたような顔に見えたりします。
そして、内臓の体温低下によって、脂肪を効率よく燃焼できなくなるので、食欲があまりないにもかかわらず、内臓脂肪を蓄え易くなって、体型的にお腹やお尻が太ってくるようになります。
この結果、『内臓型冷え性』は、不快な症状を引き起こすだけでなく、顔つきも悪くなったり、体型の崩れも引き起こしたり、してしまいます。

(図)汗かき、暑がり【 特徴的な、汗かき・暑がり 】

『内臓型冷え性』になると特徴として、暑さに敏感になり、汗かきになったり、暑がりになったりします
これは、内臓の冷えによって、身体の血行を調整している自律神経の働きが乱れてくると、内臓の血液やリンパ液の流れが停滞し、体内に、余分な水分が溜まってくるので、チョットでも暑さを感じると、これがキッカケとして“余分な水分”を、排出しようとする為です。
この為、いつもと違ってチョット動いたり、暖かい食べ物を食べたり飲んだりして、少しでも体温が上がると、内臓を冷やしている余分な水分や老廃物などを排出させようとして、大汗をかくようになります。

 

しかし、本人は、暑がり、汗かき、のぼせ、などを強く感じているので、内臓が冷えている事に気付いていません。
このように、一見、汗かきや暑がりのようであっても、お腹が冷えているので、しばらく涼しい所にいると、寒さを強く感じたり、お腹が痛くなったりします。
また、「下腹部を触ってみると、ヒンヤリする」とか、「起床時に、脇よりもお腹の温度が低い」、などの『内臓型冷え性』の特徴が現れます。

 

特に体型的に、太ってメタボ気味になっていると、外見上は“冷えと無縁”のように見えますが、かえって『内臓型冷え性』になり易くなります。
脂肪は一度冷えると温まりにくい性質がある上に、筋肉が少ないと体熱を作る力が弱くなるので、太ってメタボ気味になって、多くの脂肪が内臓にへばり付いていると、内臓が冷えてしまうからです。
しかも、体温調節や身体の水分排出がうまくいかなくなるので、「頭や顔は暑くて汗をかいても、お腹は冷えている」という状態になります。

【 内臓型冷え性の、チェック法 】(図)お腹の冷えのチェック法

『内臓型冷え性』を、自分で、簡単にチェックする方法があります。
お腹を触ってみて、通常ならば温かいはずのお腹が、「ヒンヤリ」と冷たく感じた場合には、内臓の温度が低くなっている可能性があります
生命維持に大切な内臓を守ろうとする人間の防御システムがあるので、薄着でも肌寒い環境でもないのに、お腹が温かくなく冷えているのは、内臓に冷えが起きているからです。

 

また、『内臓型冷え性』になっていると、人と握手したる時に、「手が冷たい!」と言われる事があります。
内臓が冷えていると、身体の表面の体温も低くなって、一般的な平熱とされている36.5度に満たなくなっている事があるからです。
この為、このような人を触れると、「冷たい…?」と感じますが、本人は、自分の体温が低い事に気付いていません。

 

病院で、『内臓型冷え性』を診てもらっても、病気とみなされないので、「冷えに敏感」と判断されるのが一般的です。
また、冷えによる身体の不調についても、原因が見当たらないので、『自律神経失調症』の一種と診断される事が多くなっています。
この結果、冷えに直接効く薬が無い事と、自律神経失調症と診断した事から安定剤を処方し、そして、お腹が冷えて下痢をしている場合には整腸剤、身体に痛みを感じていれば鎮痛薬を処方、となります。

【 当院の、冷え治療 】

『内臓型冷え性』の改善法として、よく紹介されているのが、お腹を温める為に、「お腹を温める」、「身体を温める食べ物をとる」、「軽い運動やストレッチ」、などの方法です。
しかし、『内臓型冷え性』は、運動不足や加齢などで筋肉の働きが低下している事や、ストレスや疲れが溜まった事などが影響しているので、疲労や緊張などの慢性化を改善し、負荷が大きくなっている自律神経をリラックスさせる事が大切です
この為、当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療にツボ治療を加えて、体調を整え、冷えの改善と身体の不調解消を行っています。

 

これは、マッサージ治療が、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制する、などの作用から、内臓の血流も回復する効果があるからです。
特に、中高年以降になると、運動不足や、ストレス、長期の姿勢の悪さなどで、血行が悪くなって冷えの症状が起き易くなっているので、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、身体のコワバリや痛みを改善させると、血行改善に効果があります。
例えば、内臓の血流を回復する為に、腰や脚の柔軟性を回復させて、下半身に集まっている血液の流れを高めると、『内臓型冷え性』に多い「脚や腰のダルサ」、「重い」、「疲れ」、などが解消され、お尻や腰の血流が改善されてきます。

 

また、当院は、身体のコワバリや凝りの解消の為に、ツボ治療を行っています。
ツボ治療を利用すると、冷えの為に、敏感になっている神経を回復させ易くなって、身体の疲労や緊張が緩み易くなり、内臓の血行が改善されるからです。
これによって、中高年以降の骨盤や身体の歪(ゆが)みや、動きにくくなっている関節なども回復してくるので、身体の不調や不快感の解消にも効果的です。

 

中高年以降になると、運動不足やストレスなどで、『内臓型冷え性』による不調が多くなっているので、身体の外側から温めるだけでなく、体調のチェックと改善によって、身体の血行を改善する事が大切です。
当院は、身体の回復力が追いつかずに、疲れやすさや痛みとなって現れた箇所を、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で解消し、身体の血行改善や体調の回復を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や、不快感などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

SNSでもご購読できます。