夏バテ(冬バテ)? それとも熱中症(冬の熱中症)の前触れ?

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)夏バテ、熱中症

 

導入文

夏が近づくと、蒸し暑さとクーラーの冷えで、体温調節している自律神経が乱れて『夏バテ』が起きたり、だんだんと身体の水分が失われて『熱中症』が起きたりします。

しかし冬も、四季の中で最も寒暖差が大きいので、自律神経の乱れから『冬バテ』が起きたり、大気の乾燥や水分摂取が少ないので身体の水分が失われて、冬の『熱中症』と言われる『脱水症』が起きたりします。

これらは、発汗や体温を保つ自律神経の、酷使や疲労が原因になっているので、「何となく疲れ易い」、「身体の不調が続く」などに気付いたら、体調改善のマッサージ治療を受けると、『夏・冬のバテ症状』や『熱中症』『脱水症』の予防に効果的です。

【 夏バテ、冬バテ 】(図)夏バテ、冬バテ

『夏バテ』と言う言葉は、エアコンが普及し始めた昭和30年代頃から使われ始めた、新しい言葉で、夏の蒸し暑さとクーラーの冷えで、身体の体温調節が乱れて、不調が現れた事から、広く使われるようになったと言われています。
「夏のバテタ」状態の『夏バテ』は正式な病名ではなく、「暑さ負け」とか「夏負け」とも呼ばれ、症状はいろいろで、「何となく体調が悪い」、「疲れ易い」、「朝からヤル気が起きない」、「眠れなくてイライラする」、「食欲が無い」など、様々です。
ちなみに、ハワイやアメリカ西海岸では、夏でもカラっとした気候で、湿度が低いので、汗が自然に蒸発し、体温調節がうまくいくので、『夏バテ』がほとんどありません。

 

『夏バテ』を起こした原因として、「暑さ・クーラーによる寒暖差・紫外線などで、自律神経に大きな負担をかけた」、「寝不足が続いて、疲労回復ができなくなった」、「暑くて食欲不振から、体力を消耗」が、多くなっています。
厳しい暑さが続いたり、熱帯夜が続いたりするので、体温を一定に保つ自律神経がずうっとフル稼働しているうちに、自律神経が酷使された状態になり、疲れ果ててしまい、体調管理の働きができなくなったという状態です
言ってみれば、夏の高温多湿によって引き起こされた、自律神経失調症です。

 

夏の自律神経失調症から『夏バテ』を起こすように、冬も、寒暖差のある場所を、何度も行き来していると、体温を一定に保つ自律神経の働きが崩れて、『冬バテ』を起こします。
しかも、夏より冬のほうが、気温差が大きくなるので、気が付かないうちに身体のエネルギーを必要以上に消費するので、自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが大きく崩れてしまい、冬にバテ易くなります。
この為、体調が保てなくなって、「風邪をひき易く、治りが悪い」、「スムーズに眠りにつけない」、「疲れが抜けない」などが起きたり、血行が悪くなる事から、「冷えやむくみが起きる」、「肩凝り」、「腰痛」、「頭痛」などが起きたり、気力が低下して、「朝からヤル起がしない」、「気持ちが沈みがちになる」、そして反動から「イライラする」、などが起きたりします。

【 夏の熱中症、冬の熱中症(脱水症) 】(図)夏の熱中症、冬の熱中症

夏の暑さで、水分が不足したり、塩分バランスが崩れたりして、「熱に中る(アタル)」と言われる『熱中症』が起きると、『夏バテ』と違って、体調の急激な悪化や機能障害を起こします。
夏の炎天下やあまりに暑い場所に長くいると、体温調節機能が乱れて、体外への熱の放出ができなくなり、体内に熱がこもって体温が上昇し体調が保てなくなるだけでなく、脳もダメージを受ける為です。
この為、最初に、「急にダルクなる、「やたらと生あくびが出る」、「頭がガンガンと痛くなる」、「気持ちが悪くなる」などを感じ、体温調節が働かないので、次第に、暑い場所にいるにもかかわらず汗をかかなくなったり、皮膚が乾燥したり、身体に熱をもったりして、「熱疲労」、「熱けいれん」、「熱失神」、「熱射病(日射病)」、などを引き起こし、放置すれば死に至る事もあります。

 

『熱中症』の大きな原因は、暑さが原因で起こる『脱水症』です。
体内の水分量が少なくなり、身体全体の血液の循環量が減少すると、体温の調節機能や発汗が、うまく働かなくなって、体内に熱がこもってしまい、身体が体温の上昇に対応できなくなるからです
この為、予防には、こまめに水分と電解質の補給を行う事により、体内の血流や血液濃度をキープする事が、重要視されています。

 

また、冬も、空気の乾燥によって身体から水分が失われ易い事と、寒くなると水分の摂取が少なるので、夏と同じように身体の水分が不足して、冬の『熱中症』と言われる『脱水症』が起きます。
冬は湿度が低く、乾燥している上に、部屋でエアコンを使っていると、外より湿度が1~2割ほど低くなるので、体内の水分が失われ易い事と、冬は水分をとる機会が減りがちになる為です。
この結果、血行が悪化してくると、「手足の冷えやむくみ痛」、「肩こり」、「頭痛」、「入眠しづらい」などが現れ、そして脳や胃腸、筋肉にダメージを受けると、「めまい」、「立ちくらみ」、「眠気」、「疲労感」、「食欲不振」、「関節の痛み」、などが起きてきます。

【 バテ症状と熱中症の、前ぶれ 】(図)バテ症状と熱中症の、前ぶれ

『夏・冬のバテ症状』や『熱中症』『脱水症』は、症状名は違っても、症状を起こす原因は同じで、身体の発汗作用や体温調節をコントロールしている自律神経の働きが、うまくいかなくなって、暑さへの抵抗力が弱った事です。
体調を保つ自律神経の乱れが原因になっているので、これらの症状の前に、「身体が重ダルイ」、「食欲があまりない」、「胃のもたれ、下痢、便秘、腹痛」といった、「何となく、身体の調子が悪い」のを感じます
他にも、雨が降りそうになると、関節が痛くなったりする『天気痛』や、夏や冬の低気圧の接近時に、身体のダルサや、肩こり、持病の悪化が起きる『気象病』も、現れるようになります。

 

中でも、自律神経が不調になると、頭痛が起き易くなります。
これは、自律神経の働きが崩れて、交感神経が優位に働き過ぎると、肩や首の血流の悪化から老廃物が溜まって、周囲の神経を刺激して頭痛が起きるのと、逆に、副交感神経が優位になり過ぎても、脳内の血管が拡張して、頭痛を起きるからです。
また、血行の悪化から、身体の筋肉が硬くコワバッテ、重い感じがしてきたり、身体の不調から、「眠れない」、「身体がフラフラする」、「めまいがする」などがあったり、精神的な不調から、「ヤル気がしない」、「頭がボーっとする」、「憂うつになる」、などがあったりします。

 

『夏・冬のバテ症状』や『熱中症』『脱水症』は、自律神経の乱れが大きな原因なので、体調に異変を感じたら、早めに体調を改善して、長引かせない事が重要です。
この為、チョッとした身体の不調が、いつのまにか、慢性的になってしまわないように、しっかりと回復させる事が必要です。
身体を休ませて、熟睡できるように、心身をリラックスした状態にして、身体を落ち着かせるのが、一番の対策です。

【 当院の、バテ症状と熱中症の体調調整 】(写真)当院の治療

『夏・冬のバテ症状』や『熱中症』『脱水症』の予防には、「何となく疲れ易い」、「身体の不調が続く」といった段階で、体調改善のマッサージ治療を受けると効果的です。
これは、マッサージ治療によって、血行が促進されると、酸素や栄養素が身体中に届き、また老廃物の排出もスムーズになるので、不快感や痛みが解消されるからです。
この為、当院では、マッサージにより、柔軟性のある身体に回復させて、自律神経や血行の働きが活発化させる治療を行っています。

 

また、季節の変化による体調不良は、自律神経の乱れと血の巡りの悪さが影響しているので、体調を保つ事が大切です。
特に、身体に疲労やストレスが溜まっていると、自律神経を乱す原因になるので、疲労やストレスを減らし、リラックス作用のある副交感神経が働き易くする事が必要です
当院では、問診と触診をベースにして、身体に発生しているシコリ(硬結)を確認し、“ツボ刺激”を併用したマッサージ治療で、シコリを解消させ、血行を回復させています。

 

これは、“ツボ刺激”によって、血行を促進させると、老廃物の排出がスムーズになり、身体の疲労やストレスを減らすだけでなく、酸素や栄養が身体中に巡るようになるので、体調が改善されるからです。
更に、筋肉のコワバリや痛みも、過敏になっている神経を“ツボ刺激”とマッサージ治療によって解消させていくと、身体の緊張が解消されて、無くなってきます。
“ツボ刺激”とマッサージ治療で行っているので、薬を使わずに、体調管理で自律神経の不調を改善したいという人や、薬を飲み続けてもあまり効果を感じられないという人に、最適な治療法です。

 

季節の変化で体調に異変を感じたら、身体の異常を知らせるツボを利用して、しっかりと体調を整えて、原因となるストレスを受け続けないようにする事が大切です。
当院は、疲労の回復や緊張の解消によって、心身の不調を和らげ、健康維持の治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。