イライラ、疲労、だるい、頭痛、眠れない、女性の不定愁訴と東洋医療

【(症例)身体の不調や、不快感 】

 

「何となく身体がだるい」、「肩こりがつらい」、「食欲がない……」、「イライラする」、「頭痛」、という不快でつらい不定愁訴を、女性の二人に一人が経験しています。

東洋医療では、このような「病気ではないが、健康とも言えない」症状に、昔から、身体の異常を知らせる反応点(ツボ)を利用して、体調を回復させる治療を行ってきました。

現在でも、ツボ刺激や、患者の体調や体質に合わせて身体の調子(治る力)を上げていく治療法が、不定愁訴からの回復法として、広く受け入れられています。

【 何となく体調が悪い 】

はっきりした理由や原因が分からずに、「何となく体調が悪い」という症状を、不定愁訴と言います。
ハッキリとした原因は、分かっていませんが、生活上のストレス、睡眠不足、自律神経の乱れ、ホルモンバランスなどが、様々に絡み合って、影響していると言われています
女性の場合、女性ホルモンの微妙な加減によって、自律神経の働きが大きく影響されるので、40代以降、女性ホルモンが減少してくると、不定愁訴が起き易くなると言われています。

 

特に、更年期を迎えた女性の60~70%は、程度の個人差はありますが、こういった症状を経験していると言われています。
症状は多種多様で、頭痛、食欲不振、慢性疲労感、不眠、微熱など、様々です。
しかも、症状が一定せず、「疲れ易い」などの全身症状だったり、「頭痛と腹痛」というように、いくつもの症状が出たり、あるいは、1日の中でも、次々と症状が変わったります。

 

ところが、女性の多くが、このような症状が現れても、家事や育児、介護などに追われてしまうと、身体に異常を感じていても、ツイ後回しにしてしまう傾向があります。
多くの場合、原因がハッキリしない事と、これといった解決法が無いので、「年齢的に、仕方がない!」とか、「いつもの事だから」と、諦めてしまうからです。
そして、「この程度ならば、我慢していれば、そのうち解消するだろう」と、“都合良く”期待してしまいます。

【 我慢していると 】(写真)我慢していると

しかし、不定愁訴は、我慢しているうちに、じわじわと悪くなってくるケースがほとんどです
これは、毎日の生活の中で、神経が絶えず緊張していなければならない状況にあると、自律神経のバランスが崩れ易くなる為です。
また、我慢を続けているので、余計に症状をツラクさせてしまいます。

 

こうなると、天気の変化でも、体調の不調を感じるようになります。
自律神経が過敏になるので、天気が悪くなってくると、興奮・緊張を司る交感神経と、リラックスを司る副交感神経のバランスが、崩れてしまうからです。
例えば、雨が降りそうになったり、低気圧が近づいたりすると、頭痛や神経痛が出たり、関節が痛くなったりします。

 

また、人に誤解されてしまうような、別のツラサも出てきます。
不定愁訴の違和感や不快感は、あくまで本人だけが感じる、強い“自覚症状”だからです。
周りの人に、症状のツラサが理解されないので、「やる気がない」とか、「怠惰な人」、と思われてしまいます。

【 体調改善で、回復力を 】(写真)体調の改善

この為、身体の血の滞りや疲れ易さなどを解消して、症状を軽減する事ができれば、本人にとって、大きな助けになります
何よりも、身体の回復力を高める事が、期待できます。
しかも、これによって、不快でつらかった生活が回復できます。

 

例えば、肩や背中の緊張が強まっていると、頭痛、頭重感、めまい感、胸の圧迫感、息苦しさ、倦怠感、微熱などが、起きてきます。
この結果、不快感が増し、ハッキリとした症状が無くても、「身体がどうもスッキリしない」というようになります。
このような場合に、肩や背中の、痛みが強く感じられる部分の緊張を取り除くと、身体が軽くなったように感じられ、気分的に楽になり、体調も改善してきます。

 

また、疲労や緊張で、腰やお尻が硬くなって、血行が悪くなると、腰の痛みだけでなく、ダルク重い感じになり、何とも言えない倦怠感を生じる事があります。
これは、筋肉の働きが低下し、血液循環が障害されるので、疲労物質が蓄積する為です。
このような場合、腰やお尻の、不快な痛みを感じる部分の柔軟性を回復させて、血行を改善すると、体調が改善されるので、身体全体がスッキリしてきます。

【 当院の、不定愁訴の治療法 】(写真)当院の、不定愁訴の改善治療

当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、身体に現れた反応点から、不定愁訴の改善を行っています。
これは、東洋医療には、身体にダルサを感じたり、コワバリを感じたり、どうもスッキリしないなど、不快な症状を感じると、身体に反応点(ツボ)が現れ、そこを「痛(いた)気持ち好い」程度に刺激を与えると、治療点になるという考え方があるからです
しかも、現在、不定愁訴と言われる症状を、当時は、「病気ではないが、健康でもない」『未病』と呼び、身体全体の調子(治る力)を上げる事で解消し、健康を取り戻す方法をとってきたからです。

 

ポイントを絞ったツボ刺激を受けると、軽い痛みと共に気持ち良さ(イタキモ)も感じ、身体全体の調子(治る力)が上がってきます。
このように、ツボは、身体の異常を知らせる場所であり、病状を改善する場所にもなります。
この為、当院では、特に触診にウエートを置いて、それぞれの症状や、一人ひとりに適したツボを探し出し、治療を行っています。

 

また、治療法も、身体に現れた症状を重視して、その人の体質などを考慮した治療を行っているので、患者にとって治療内容が納得し、安心して治療が受けられます。
これらによって、身体の不快感が減少してくると、自律神経のバランスが回復し、イライラ、疲労、だるい、眠れない、頭痛などの、不定愁訴の改善につながり、心身がリラックスしてきます。
検査をしても特に原因が見つからず、どことなく体調が不良な不定愁訴には、身体の異常を知らせるツボを捉えて、オーダーメイドで対処する治療法がお勧めです。

 

不定愁訴のように、病院に行っても診断や治療が難しい症状には、現代でも、東洋医療系のツボ刺激を併用したマッサージ治療が、とても有効な対処法になっています。
当院は、保健所の認可を受け、個室型の施術室で、女性の患者が安心して、マッサージ治療が、受けられるようにしています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

SNSでもご購読できます。