更年期の疲労感・倦怠感への、コンディショニング

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)更年期の疲労感・倦怠感

 

導入文

更年期に現れる症状対策の為に、通院や薬の服用といった対症療法ではなく、身体の調子を整えるコンディショニングが注目されています。

これは、症状の原因が、ホルモンバランスの崩れや自律神経の乱れだけでなく、加齢による影響、身体の変化、家庭や仕事からのストレス、などの影響が大きいので、身体の疲労や緊張を解消して、体調を回復させる事が重要になるからです。

特に、頭痛、めまい、ホットフラッシュ、肩こり、腰痛、疲労感、などで悩まされている場合は、身体の血行に問題が生じているので、身体の調子を整えるには、血行改善を得意とする東洋医療系のマッサージ治療が最適です。

【 加齢や身体変化、精神的ストレスから 】

更年期に現れる不調の原因としてよく言われるのが、女性ホルモンの分泌の急激な減少と、その影響によって、体調を保つ自律神経の働きに乱れが生じるようになった事です。
しかし、実際には、それだけでなく、加齢による影響や、体力自体が低下も大きく影響しているので、若い頃と違って、負荷を強く感じたり、疲れ易くなったりします
加齢や体力低下が進むと、気力はあっても、ちょっとした動作や、いつもの行動や作業であっても、無理が効かなくなったり、疲労を感じ易くなったりするからです。

 

また、この時期は、親の病気や介護で手助けをする事になったり、子どもが就職や結婚で離れていったり、夫が定年近くなったりするので、これらの家庭や仕事のストレスも、身体に不調を起こす原因になります。
心労や悩み事が増えて、精神的に不安定になると、気持ちのコントロールが利かなくなり、ストレス感が増えて、余計に、自律神経の働きを低下させるからです。
気持がふさぎ込む事が多くなったり、それらの感情が精神面に蓄積されたりすると、集中力や意欲の低下だけでなく、イライラ感や憂鬱感などが増すようになり、身体の不調感を強めてしまうからです。

 

しかも、更年期の身体の疲労感は、若い時と違って、疲れが、四六時中抜けないような状態になります。
これは、体調を保つ自律神経の働きがオーバーワーク状態になると、疲労や緊張に敏感になるので、睡眠や休養をとって、疲労やストレスを感じるセンサーの目もりを、いったん正常値に戻しても、少しでも疲労や緊張を感じると、センサーの目もりをすぐに異常値に戻してしまうからです。
この為、休息をとればすっきりと回復する一般的な疲労とは違って、「寝たはずなのに、朝から身体が重だるくて、やる気が出ない」とか、「身体的な疲労感だけでなく、気力がわいてこない」、「憂鬱な気分が抜けない」、などを感じるようになります。

【 更年期と上手く付き合うために 】(図)更年期の運動

更年期に起きてくる疲労感や倦怠感は、解消するのが難しいので、諦めてしまい、「とりあえず、我慢するしかない」と、考えがちです。
しかし、一人で悩み、一人で抱え込んでいると、ますます身体や精神的な症状を悪化させます。
ストレスが蓄積して血行が悪化してくると、体調を保つ自律神経の負担が大きくなり、身体の機能低下を引き起こして、更に体調を悪化させてしまうからです。

 

この不快な更年期障害を上手に乗り切る為には、やはり、解消できるものは解消して、身体に負担が少ない生活を送る事が大切です。
このような事から、“身体のコンディション作り”に、関心が寄せられています。
更年期は、身体の血行に問題が生じている事が多いので、血行と自律神経を安定化させる“身体のコンディション作り”で身体の機能を向上させ、症状を軽減する事ができるからです

 

中でも、軽いジョギングやウォーキング、水泳などの有酸素運動は、自律神経のバランスを安定させるのに効果的と言われています。
これらの運動は、血行が促進される効果や、ストレスの発散やリラックス効果を得られ、また、睡眠リズムを整えて安眠効果もあるので、様々な更年期症状の緩和が期待できるからです。
更に、気持ちをリフレッシュする為にも、適度に身体を動かす事が勧められています。

【 コンディション作りの難しさ 】(図)コンディション作りの難しさ

健康づくりの運動の、基本的な原則は、「やらないより、やった方が良い。そして、やるなら多い方が良い」です。
これは、運動の負荷が、弱かったり、中途半端であったりすると、効果が現れず、運動への期待を低下させてしまうからです。
但し、運動をガンバリ過ぎると、身体を活性させる交感神経が優位になり過ぎて、運動を終えた後になって、血管が収縮し血流が悪くなって、「痛みや凝りが起きた」、「いつまでも疲労が残る」、「血圧の変動が大きくなる」、「動悸がする」、「体調がかえって良くない」、といった不調を起こすので、注意が必要です。

 

このように、運動の負担が少ないと、運動をしても運動効果が見られず、かといって、運動の負担が多くなると逆効果となるので、運動の目安が難しいのが実情です。
特に、年齢的にも、肉体的にも、体力が低下していたり、更に、これまで、全くと言っていい程、運動する習慣がなかったりすると、尚更、運動の目安が難しくなります。
この為、運動による“身体のコンディション作り”を、『あまり抵抗感なく』、『どのような方法』で『どのようにしたら良いか』、迷ってしまいます

 

また、頭痛、めまい、不眠、不安感、気分のうつ、イライラ感などで悩まされていると、“身体のコンディション作り”のイメージが、ハッキリと思いつきません。
これらは、血液やリンパ液の循環悪化や、それによる神経過敏が影響しているので、改善方法が分かりづらくなるからです。
他にも、自分で、気になる症状の原因がハッキリしていなかったり、様々な症状が現れていたりすると、対処を難しくさせます。

【 当院の、更年期の体調調整 】(写真)当院の体調調整

当院では、このような更年期の体調改善に、まずは、身体が本来持っている基礎的な運動能力を、戻す事を目標にして、治療を行っています
これは、更年期になると、動作や身体の使い方が、その人なりにフォームができ、使われる筋肉は疲労が溜まって硬くなり、使われない筋肉は萎縮して硬くなっているからです。
この為、①身体が硬い、②関節の動きが悪い、③身体に左右差がある、④正座したり直立したりすると、身体を支える力が弱い、などが起き、「病気ではないけれど、何となく身体の調子が悪い」という、体調の不調を感じるようになります。

 

このような目的から、当院では、東洋医療のツボ(反応点)を利用したマッサージ治療で、更年期の、症状軽減の為のコンディショニングを行っています。
これは、ツボが、身体の異常を知らせる箇所であり、病状を改善する箇所でもあるので、ツボ刺激によって、筋肉の張りをほぐしていくと、内部から血行が改善され、酸素や栄養が身体に行き渡り、老廃物が排出される効果があるからです。
この為、更年期症状の、だるい、肩がこる、冷える、のぼせる、疲れやすい、食欲がない、眠れない、イライラする、元気がないなどにも、昔から利用され、現在も広く利用されています。

 

また、ツボ刺激を併用したマッサージ治療は、筋肉の緊張をほぐし、血行を改善するだけでなく、精神の緊張も解消してくるので、リラックス効果も期待できます。
しかも、運動療法と違って、当院で、問診や触診にウエイトを置いて、それぞれの症状、一人ひとりに適したツボを探し出し、手当(コンディショニング)を行うので、患者が、「自分で何かをしなければいけない」、という事がありません。
この為、更年期の加齢や精神的なストレスによる、疲労感や倦怠感の症状にも、悩まされる事が無く、効果的な治療が受けられます。

 

東洋医学の一つであるマッサージ治療は、身体のバランスを整える事を得意としているので、更年期症状のような自律神経の乱れによる症状に適しています。
当院は、ツボ刺激を利用したマッサージ治療で、神経の働きを活性化して、血流の改善やホルモン分泌を促し、体調を整え、気持を落ち着かせ、ストレスを和らげています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。