更年期の疲労感・倦怠感への、コンディショニング

【(症例)身体の不調や、不快感 】

更年期の疲労感・倦怠感への、コンディショニング

更年期になると、女性の約7割が、疲労感や倦怠感を感じていると言われています。

普通の疲れならば、丸一日休息をとったり、ぐっすり眠ったりすれば、解消できますが、更年期の疲労感や倦怠感の場合は、何日も続きます。

この為、テキパキと家事や仕事がこなせなくなって、自分に自信を失ったり、他人に理解してもらえない辛さから、悩んでしまったりしてしまいます。

【 精神的な疲労感や倦怠感 】更年期の疲労感・倦怠感への、コンディショニング

更年期の直接的な原因は、女性ホルモンの分泌の、急激な減少です。
しかも、それだけでなく、体力自体が低下してくるので、気力はあっても、いつもの行動や作業でも、若い頃と違って、負荷を強く感じたり、疲れ易くなったりします。
更に、この時期になると、自分や夫の両親の病気や介護が重なったり、子どもの進学問題や就職、結婚が控えていたりするので、何かと心労が増える事も、精神的に影響します。

 

この結果、身体に疲れを感じると、ちょっとした動作でも、疲労を感じ易くなるので、無理が効かなくなります。
そして、気持がふさぎ込む事が多くなると、それらの感情が、次第に精神面に蓄積されます。
この為、「たくさん寝ても、疲労感が残ってとれない」、「特に何かしたわけではないのに、いつも身体がダルクテ重い」、「気力が湧かず、何もする気になれない」、などが起きてきます。

 

精神的な疲労感や倦怠感が強まると、集中力や意欲の低下だけでなく、イライラ感や憂鬱感などが起き、どうにも、自分でコントロールが利かない状態になります。
これらのネガティブな感情は、“脳が感じる感覚”が不安定になっているので、解消が困難です。
睡眠や休憩時間を十分とって、疲労やストレスを感じるセンサーの目もりを、いったん正常値に戻しても、疲労感や倦怠感が身体に残っていると、“脳が感じる感覚”敏感に反応し、すぐにセンサーの目もりが、異常値に戻ってしまう為です。

【 更年期と上手く付き合うために 】更年期の疲労感・倦怠感への、コンディショニング

この結果、更年期に疲労感や倦怠感に悩まされても、解消が困難なので、諦めてしまって、「とりあえず、我慢するしかない」と、考えがちです。
しかし、一人で抱え込み、一人で悩むと、余計に、身体や精神的な症状を悪化させます。
ストレスが蓄積して、余計に体調を悪化させてしまうからです。

 

この不快な更年期障害を上手に乗り切る為には、やはり、改善できるものは改善して、快適な生活を送る事が必要です。
このような事から、“身体のコンディション作り”に、関心が寄せられています。
身体がダルイからといって、身体を動かさないでいると、ますます身体の代謝が悪くなって、更年期症状が悪化してしまうからです。

 

中でも、運動は、運動をする事で血行が良くなるので、ストレスの発散やリラックス効果を得られ、また、睡眠リズムを整えるので、更年期症状の緩和が期待できます。
気持ちをリフレッシュする為にも、適度に身体を動かす事が勧められています。
例えば、軽いジョギングやウォーキング、水泳などの有酸素運動は、自律神経のバランスを安定させるのに効果的と言われています。

【 コンディション作りの難しさ 】更年期の疲労感・倦怠感への、コンディショニング

ところが、実際には、自分あった“身体のコンディション作り”を、『あまり抵抗感なく』、『どのような方法』で『どのようにしたら良いか』、実現させるか、迷ってしまいます
年齢的にも肉体的にも体力が低下していたり、あるいは、これまで全くと言っていい程、運動する習慣がなかったりするからです。
特に、ほんの少し動いただけでも疲れてしまうような人にとっては、運動を継続する自体、なかなか困難なので、悩んでしまいます。

 

更に、筋肉だけでなく、頭痛、めまい、不眠、不安感、気分のうつ、イライラ感、などが現れる場合には、対処法がハッキリと思いつきません。
血液やリンパ液の循環や、神経の働きの悪化が影響しているので、改善方法が分かりづらくなるからです。
しかも、自分で、気になる症状の原因がハッキリしていなかったり、様々な症状が現れていたりする事も、対処を難しくさせます。

 

【 東洋医療の体調調整 】更年期の疲労感・倦怠感への、コンディショニング

この為、なかなか回復しない更年期の疲労感・倦怠感には、まずは、身体の状態を確認してもらう事が重要です。
そして、その症状に合わせて、適切な治療が必要です
このような症状の回復に、昔から利用されている、東洋医療をベースにしているマッサージ治療が適しています。

 

特に、ツボ刺激を利用したマッサージ治療は、神経の働きを活性化して、血流の改善やホルモン分泌を促し、体調を整え、気持を落ち着かせ、ストレスを和らげる効果があります。
問診や触診によって見当をつけ、該当するツボを圧迫して、痛みを感じる場合には、そこに広がっている神経が、不調を起こしていると判断できます。
この確認後に、身体の機能の回復を図る為に、身体の柔軟性や循環を回復させながら、不快感や疲労感を解消させていきます。

 

マッサージ治療によって、血行が良くなると、酸素や栄養が身体に行き渡り、老廃物が排出されて、身体の痛みや不快感が解消され、身体が楽になります。
また、固まっていた筋肉の柔軟性が回復するので、呼吸が深くなり、気分的にリラックスします。
このように、東洋医療系の治療方法は、その人の症状に合わせて、身体の緊張の解消や、柔軟性を回復させるので、健康管理に、広く利用さています。

 

マッサージ治療は、心身の回復機能が高まるので、更年期の疲労感や倦怠感の症状に、効果的な治療法です。
当院は、血流改善や、筋緊張やそれに伴う疼痛を除去、神経機能の回復などにより、不快感や疲労感を解消させる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

SNSでもご購読できます。