緊張型頭痛の薬の服用と、リラックス法

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)緊張型頭痛

導入文

緊張型頭痛は、日々の姿勢や精神的ストレスなどによって起きるので、頭痛薬を、頭が痛くなった時だけでなく、頭が痛くなくても、いつ頭痛が起きるかわからないという不安から予防的に飲んでしまい、だんだん飲む量が多くなります。

しかし、緊張型頭痛は『肩こり頭痛』と言われるように、首や過の過緊張が原因になっているので、自分に適したリラックス方法を普段から探して、過度に筋肉が緊張しないようにしたり、頭痛が起きた場合には、筋肉をほぐして血行を回復させたりする事が必要です。

しかし、筋肉のコワバリをほぐす事が難しかったり、神経が敏感になってズキズキした痛みになったり、すぐに解消させたい場合には、疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来の痛みの解消を専門にしている、東洋医療をベースにしたマッサージ治療を受けると、効果的で手軽です。

【 頭痛持ち 】(図)頭痛持ち

緊張型頭痛は、日本人の頭痛の中で最も多く、頭痛の約7割を占め、緊張型頭痛が起きると、後頭部や首筋に、鈍い痛みがダラダラと続いて重苦しい感じになり、思考力も鈍って働かなくなります。
原因として、毎日の長時間の同じ体勢や不自然な姿勢、あるいは、日々の心配事や不安などの精神的ストレスなどで、肩や首の筋肉がコワバッテ、血流が悪化し、痛みの調整機能がうまく働かなくなって、頭痛を引き起こした為です。
この為、『肩こり頭痛』とも呼ばれています。

 

このように緊張型頭痛は、原因となる特別な病気が無くても、日常生活のストレスから、頭痛が繰り返し起き易くなるので、いわゆる『頭痛持ち』といわれる『慢性頭痛』になりがちです。
『頭痛持ち』になると、繰り返す辛い痛みを、少しでも早く解消したくなる事から、頭痛薬をいつも手元に置いて常用しがちになったり、頭痛が起きる不安から予防的に頭痛薬を服用するようになったりするので、頭痛薬を飲む回数や量が増えるようになります
例えば、「今日は大事な会議がある」とか、「今日は友だちと一緒に出掛ける」などがあると、ツイ、薬を飲みたくなってしまいます。

 

それでなくても、頭痛薬の効き目は、“早めの服用”がポイントと言われるように、痛みが始まったら、早めに頭痛薬を服用する事で、痛みを効果的に和らげる事につながるとされるので、頭痛薬の服用が促されます。
また、「痛みは我慢しないで!」とも言われるように、痛みを我慢していると、頭痛薬の効果が現れにくくなったり、痛みが酷くなって脳が痛みに敏感になったりするので、これも、頭痛薬を飲むキッカケが多くする原因になります。
この結果、薬の効果を高める為に、頭痛薬を飲む回数や量が増えがちです。

【 薬物乱用頭痛 】(図)薬物乱用頭痛

最初の頃は、頭痛薬を服用すると、「薬が効いた!」と感じますが、しかし、薬の服用を続けていくうちに、次第に、「効果が持続しない」とか、「効果が感じられない」となって、鎮痛効果が無くなってきます。
また、頭の痛み方も変わり、痛みの強さがゆっくりと時間をかけて強くなったり、痛みが変化しながら長引くようになったり、あるいは、頭重感や耳鳴りが慢性的になったりします。
更に、痛みへの調整機能が働かなくなってくると、少しの刺激でも痛みを感じ易くなるだけでなく、前より頭痛が辛くなってきます。

 

これは、薬で頭痛を抑え込んでいると、身体がもともと持っている痛みへの調整機能や回復力が低下して、症状を改善するのが難しくなるからです
この結果、更に薬の量を増やしたり、頻繁に薬を服用したりして、余計に頭痛薬に頼って、なかなか抜け出せなくなります。
これを『薬物乱用頭痛』と言い、頭痛の中でも、緊張型頭痛、片頭痛に続いて3番目に多くなっています。

 

薬物乱用頭痛というと、怖いイメージですが、いつもバッグに頭痛薬を入れて、2~3日に1回のペースで飲んでいると、薬物乱用頭痛が起きるようになります。
しかも、薬物乱用頭痛の特徴として、薬を飲むと、“一時的に”スッキリします。
このたため、余計に薬物乱用頭痛に陥ってしまいます。

【 リラックス法と、その限界 】(図)頭痛ストレッチ

病院では、このような『薬物乱用頭痛』を避ける為に、医師が薬を処方する場合でも、薬の使用が、月に15日を超えないようにしています。
急場をしのぐ場合には、薬を処方しますが、最終的にはリラックス法で、ストレスや疲労などによる血行悪化を防ぎ、薬に頼らずに、痛みを無くす事を目標にしています。
この為、心身がリラックスできなくなってくると頭痛が起きてくる事を、患者が自覚してもらう事や、頭痛の予防や対策に、長時間同じ姿勢をとり続けない、前向き姿勢の是正、体操、マッサージ、入浴、精神的リラックス、などを勧めています。

 

しかし、セルフマッサージやストレッチをしても、仕事や家事をしていると、いつの間にか、以前のように、首や肩の筋肉の緊張が強まってしまいます。
これは、これらの訓練が、すぐに効果があるものではなく、少しずつ筋肉や血行の回復力を高めるものなので、どうしても、筋肉や血行の回復力が弱い状態が続く為です。
この為、これらの訓練を毎日繰り返す事が必要になる事や、時間の合間に適度な運動を取り入れたりする事が必要になります。

 

また、首すじの筋肉のコワバリが強くなっていたり、凝り感や痛みを絶えず感じていたりすると、頭を横に傾けたり、頭を廻したりして、首すじを一方向に伸ばすだけだったり、部分的に行うセルフマッサージやストレッチでは、効果が現れなくなります
この状態になると、筋肉内部で、多方向に伸びている毛細血管の“それぞれ”が、筋肉のコワバリで血管の柔軟性を失って、血行不良の状態になり、神経が過敏になっているからです。
この為、どの筋肉を伸ばしているのかを意識しながら、血行を回復させたり、姿勢に注意して、筋肉への負担を軽減させたりする事が必要になります。

【 更に、シコリができると 】(図)しこり

更に、首や肩のコワバリだけでなく、首すじや肩の筋肉のコワバリの内部に、硬い“シコリ”ができて、内部からズキズキと痛みを感じる場合には、この硬いシコリを解消させる事が不可欠です。
シコリができていると、筋肉が異常に緊張したまま、戻りづらい状態になるので、血行の悪化から、疲労物質や痛み物質を貯め込んだ状態になり、頭痛が起こす原因になるからです
しかも、シコリ付近が、「季節の変わり目や梅雨時に痛み出す」、「いつも痛みを感じる」、「チョッと画面を見ていると、痛くなる」などが起きるので、血圧を上げたり、胃腸の調子を悪化させたり、精神的にイライラ感や情緒不安定にさせたりします。

 

皮膚の上からシコリを触ると、コリコリとしたものが、内部に潜んでいるのが感じられますが、セルフマッサージやストレッチで筋肉を伸ばしても、内部のシコリは、そのままで、解消できません。
筋肉が、硬く、凝り固まった状態になっているからです。
また、市販の頭痛薬はもちろん、医師が処方する鎮痛薬でも、シコリを軟化させて解消するのは困難です。

 

シコリを小さくして、無くすには、シコリの多方向に伸びている毛細血管に合わせて、いろいろな方向に引き延ばし、毛細血管の柔軟性を回復させる事が必要です。
この為、首や肩の筋肉のコワバリを確認して、コワバッタ筋肉の一つ一つを、多方向に伸びている毛細血管を意識して、多方向に、無理なく引き伸ばし、回復させる事が必要です。
更に、首すじのシコリだけでなく、周囲の筋肉もバランスよく回復させる事が必要なので、肩甲骨を含む背中の筋肉まで、筋肉のコワバリを確認して、その解消が必要です。

【 当院の緊張型頭痛の治療 】(写真)当院の頭痛治療

当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療を利用して、緊張型頭痛の改善を行っています。
これは、緊張型頭痛が、首や肩の筋肉の過緊張と、それによる血行不良が原因になっているので、筋肉や血行の治療を得意とする東洋医療に基づくマッサージ治療が適している為です
また、マッサージ治療が、身体の緊張を解消させる効果があるので、それによってストレス感も緩和され、頭痛の解消につながる為です。

 

当院では、最初に、主に問診と触診法で、患部の首や肩だけでなく、首や肩に関係する上半身全体の、筋肉のコワバリとシコリの位置を確認しています。
特に、「筋肉が固く伸びにくくなっている箇所」、「筋肉内に押すと痛みを感じる固い小さなしこりがある箇所」、「筋肉が疲労し易くなっている箇所」、を確認しています。
これらの箇所は、筋肉の伸び縮みができなくなって、毛細血管の血行を悪化させているので、その周辺の神経を刺激して、頭部の痛みや不快感を強めているからです。

 

この後、マッサージ治療で、①血行やリンパの流れの回復、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、などで疲労物質を排出し、③神経の興奮を鎮め、痛みを改善させています。
特に、痛みを発しているシコリには、ツボ刺激を併用して、神経の過敏を解消して不快な痛みを無くし、筋肉の働きを回復させています。
ツボは、「反応点」として身体の異常を知らせる箇所であり、「治療点」として症状を改善する箇所でもあるので、『肩こり頭痛』である緊張型頭痛の、効果的な治療法になっています。

 

緊張型頭痛の緩和や解消には、身体的ストレスと精神的ストレスを軽減させる事が、 根本的に対処する近道です。
当院は、触診による患部の確認と、東洋医療に基づくマッサージ治療で、筋肉の緊張解消、血管やリンパの循環改善、神経圧迫の回復などを行い、緊張型頭痛の治療を行っています。 
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

 

 

SNSでもご購読できます。