緊張型頭痛の薬の服用と、リラックス法

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)緊張型頭痛と、リラックス法

導入文

緊張型頭痛は、日々の姿勢や精神的ストレスなどによって起きるので、それだけ頭痛に悩まされる頻度が多くなり、しかも頭痛が起きると、締めつけられているような頭の痛みと重苦しさによって、仕事や家事の効率が低下したり、支障をきたしたりします。

この為、頭痛持ちになると、頭痛薬を、頭が痛くなった時だけでなく、頭が痛くなくても、「いつ頭痛が起きるかわからない…」という不安から予防的に飲むようになり、次第に頭痛薬を飲む量や機会が多くなります。

しかし、緊張型頭痛は、首や肩の過緊張から引き起こされるので、何よりも、首や肩の筋肉のコワバリを解消して流れづらくなっている血流を改善し、それによって過敏になっている神経の興奮を鎮め、疲労や緊張からの身体の回復力を取り戻す事が大切です。

【 頭痛持ち(慢性頭痛) 】(図)慢性頭痛

緊張型頭痛は、日本人の頭痛の中で約7割を占めているので、よくある頭痛と思われますが、緊張型頭痛が起きると、後頭部や首筋に鈍い痛みがダラダラ続いたり、重苦しい感じになったりして、思考力が鈍り働かなくなるので、日常生活に影響を及ぼします。
これらの症状が起きるのは、毎日の長時間の同じ体勢や不自然な姿勢、あるいは、日々の心配事や不安などの精神的ストレスなどで、肩や首の筋肉がコワバルと、血行が悪化して筋肉内に疲労物質が溜まり、それによって首や頭の神経を刺激する為です。
このように、後頭部や首の後ろから肩・背中にかけての筋肉が緊張して起こる頭痛なので、『肩こり頭痛』とも呼ばれます。

また、緊張型頭痛が、毎日の精神的ストレスや運動不足などがキッカケになっているので、それだけ頭痛頻度が多くなる為に、『頭痛持ち』と言われる『慢性頭痛』になりがちです
この結果、『頭痛持ち』になると、次第に頭痛薬を飲む回数や量が増えるようになります。
繰り返す辛い痛みを、少しでも早く解消したくなるので、頭痛薬をいつも手元に置いて常用したり、頭痛の不安から予防的に頭痛薬を服用したりするからです。

それでなくても、痛みを我慢していると、頭痛薬の効果が現れにくくなったり、痛みが酷くなって脳が痛みに敏感になったりするので、頭痛薬の服用が促されます。
更に『頭痛薬の効果は“早めの服用”がポイント』とされているので、効果的に痛みを防ぐ為に、頭痛の兆候に気付いたら頭痛薬を飲むようになります。
この結果、『頭痛持ち』になると、頭痛薬を飲む回数や量が、だんだんと増えてしまいます。

【 薬物乱用頭痛 】(図)頭痛薬の多量服用

頭痛薬を服用すると、痛みが軽減したり治まったりするので、「効いた!」と感じます。
しかし、薬の服用を続けていくうちに、次第に、「鎮痛効果が持続しない」とか、「薬の効果が感じられない」となり、薬を飲み比べていくうちに、「なかなか効果のある薬が見つからない!」となっていきます。
また、頭の痛みも、痛みの強さがゆっくりと時間をかけて強くなってきたり、痛みが変化しながら長引くようになったり、あるいは、頭重感や耳鳴りが慢性的になったりします。

これは、頭痛を薬で抑え込んでいると、身体がもともと持っている痛みの調整機能が低下してくるので、少しの刺激でも痛みを感じ易くなるからです
この為、頭痛薬を服用しても、しばらくすると、「また頭が痛くなって、薬を飲んでしまう…」、という状態になります。
この結果、いつもバッグに頭痛薬を入れて、2~3日に1回のペースで飲んでいるうちに、気が付くと『薬物乱用頭痛』の状態になります。

しかも、薬物乱用頭痛の特徴として、薬を飲むと、“一時的に”スッキリした感じになります。
この為、頭痛が気になると、頭痛薬に頼って、薬の量を増やしたり、頻繁に薬を服用したりするので、ますます薬物乱用頭痛に陥るようになります。
薬物乱用頭痛は、頭痛薬を毎月10回以上飲んでいる場合は、薬物乱用頭痛の可能性があり、緊張型頭痛、片頭痛に次いで、3番目に多い頭痛タイプになっています。

【 リラックス法と、その難点 】(図)頭痛解消ストレッチ

病院では、このような『薬物乱用頭痛』を避ける為に、薬の使用を、月に15日を超えないようにしています。
そして、急場をしのぐ場合には薬を利用しますが、最終的に、薬に頼らずにリラックス法によって、ストレスや疲労などによる血行の悪化を防いで、頭痛を無くす事を目標にしています。
この為、患者に、後頭部や首の後ろから肩・背中にかけての筋肉が緊張してくると緊張型頭痛が起きてくる事を自覚してもらい、その後、対策や予防として、長時間同じ姿勢をとり続けない、前かがみ姿勢の是正、体操、マッサージ、入浴、精神的リラックス、などのリラックス法を勧めています。

しかし、自分で、首や肩のマッサージやストレッチをしても、仕事や家事をしていると、いつの間にか、以前のように、首や肩の筋肉の緊張が強まります。
リラックス法は、少しずつ筋肉や血行の回復を高めていく方法なので、すぐに効果が出ないからです。
この為、リラックス法を毎日繰り返す事や、時間の合間に適度な運動を取り入れて、首や肩の疲労や緊張をコントロールする事が必要になります。

また、リラックスの難点として、首や肩の筋肉のコワバリが慢性化していたり、凝り感や痛みを絶えず感じていたりすると、なかなか改善効果が現れません
これは、このような状態になっていると、筋肉全体がコワバッテいたり、それによって広い範囲の神経が過敏状態になっていたりするからです。
この為、筋肉のコワバリを解消するには、筋肉の付け根を確認して、その付け根から柔軟性を回復させたり、あるいは、柔軟性の回復の為に、筋肉を一方向に伸ばすだけでなく、多方向に伸ばしたり、更に、首や肩の土台が背中なので、背中の筋肉を確認して、背中のコワバリを解消する事も必要です。

【 更に、シコリができると 】(図)首や肩のしこり

更に、首や肩の筋肉の内部に、ズキズキとした痛みを感じる“シコリ”ができている場合は、このシコリの解消も必要です
神経が刺激されてズキズキとした痛みを感じていると、その痛みで筋肉が緊張して、血行が悪化するので、緊張型頭痛を起こす原因になるからです。
しかも、“シコリ”からの痛みや不快感が長引くと、首や背中を通っている自律神経の交感神経を刺激して、肩こりや、肩のダルサ、疲れやすさ、胃腸の調子の悪化、血圧上昇、なども引き起こします。

シコリを、皮膚の上から触ると、首や肩の筋肉の内部に、コリコリとしたカタマリが潜んでいるのが感じられます。
しかし、セルフマッサージやストレッチで筋肉を伸ばしても、シコリを解消する事は、ほぼ不可能です。
シコリ周りの筋肉は伸ばせても、肝心のシコリ部分の筋肉が、硬く凝り固まっているので、伸ばせないからです。

シコリの解消には、シコリ部分の血流が極度に低下し、それによってコワバッタ状態になっているので、シコリから伸びている毛細血管の血流を回復させる事が必要です。
この為、シコリから多方向に伸びている毛細血管を意識して、無理なく、多方向に筋肉を引き伸ばし、シコリ内部の毛細血管の柔軟性を回復させる事が必要です。
更に、シコリ部分だけでなく、周囲の筋肉もバランスよく回復させる事が必要なので、肩や肩甲骨周りの筋肉を含めて、筋肉のコワバリを確認して、解消させる事が必要です。

【 当院の緊張型頭痛の治療 】(写真)当院の、緊張型頭痛治療

当院は、緊張型頭痛の改善や解消を、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で行っています。
これは、緊張型頭痛が、首や肩の筋肉の過緊張と、それによる血行悪化によって起きているので、疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来の痛みの解消を専門にしている東洋医療をベースにしたマッサージ治療が、症状の改善や解消に適しているからです
また、マッサージ治療が、身体の疲労や緊張を解消させる効果があるので、それによって心身のストレスが緩和されると、緊張型頭痛の改善や解消につながります。

この為、当院では、最初に、主に問診と触診法で、患部の首や肩を含めて、首や肩に関係する上半身全体の、筋肉のコワバリ箇所やシコリの有無を確認しています。
更に、ツボ反応を利用して、「筋肉内に押すと痛みを感じる箇所」、「筋肉が疲労し易い箇所」、「筋肉が固く伸びにくくなっている箇所」を確認しています。
ツボが神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調があると、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れるので、これら箇所は、筋肉の伸び縮みができなくなって、毛細血管の血行を悪化させているので、その周辺の神経を刺激して、頭部の痛みや不快感を強めているからです。

この後、マッサージ治療で、①血行やリンパの流れの回復、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、などで疲労物質を排出し、③神経の興奮を鎮め、痛みを改善しています。
また、痛みを発しているシコリには、マッサージ治療にツボ刺激を併用して、神経の過敏を解消して不快な痛みを無くし、筋肉の働きを回復させています。
反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるので、緊張型頭痛のシコリの解消にも、効果的な治療法になるからです。

緊張型頭痛は、首や肩の疲労や緊張などの慢性化による痛みなので、頭痛薬よりも、心身の疲労や緊張を解消させて、身体の回復力を取り戻す事が大切です。
当院は、触診による患部の確認と、東洋医療に基づくマッサージ治療によって、筋肉の緊張解消、血管やリンパの循環改善、神経圧迫の回復などを行い、緊張型頭痛の改善治療を行っています。 
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

 

SNSでもご購読できます。