緊張型頭痛の薬の服用と、リラックス法

【(症例)身体の不調や、不快感 】 

(写真)緊張型頭痛

緊張型頭痛は、慢性頭痛の中で7~8割を占め、肩や首の筋肉のコワバリによる血流悪化から、必要とする酸素が不足し、老廃物が溜まって、神経を刺激するので、別名『肩こり頭痛』と呼ばれています。

薬で頭痛解消を続けていると、次第に神経が痛みに敏感になり、少しの刺激でも頭痛が起き易くなるので、緊張を高めないようにリラックスしたり、生活習慣そのものを改善したりする事が重要になります。

しかし、仕事の都合でリラックスさせる事が難しかったり、神経が敏感になっていたり、自分で自分の筋肉をほぐす事が困難であったりすると、セルフコントロールが難しくなってしまいます。

【 頭痛薬を使い続けるうちに 】(図)頭痛薬

緊張型頭痛は、頭が重苦しい感じになり、鈍い痛みがダラダラと続いて、思考力が鈍ってくるので、一刻も早く痛みを解消したくなって、薬の服用を考えます。
しかし、最初の頃は、「薬が効く」と思っていたのが、薬の服用を続けているうちに、次第に「効果が持続しない」とか、「効果が感じられない」となって、鎮痛効果が無くなってきます。
頭の痛みが変化しながら長引くようになって、痛みの程度もゆっくりと時間をかけて強くなり、他にも、慢性的な頭重感や耳鳴りもするようになります。

 

これは、薬で症状を抑え込もうとすると、身体が薬に頼るようになって、身体の回復力が低下してしまうからです
この結果、痛みの調整機能が働かなくなって、少しの刺激でも、痛みを感じる『薬物乱用頭痛』になります。
しかも、身体の回復力が低下しているので、前より辛くなった頭痛が、治りづらくなります。

 

病院では、このような事を避ける為に、医師が薬を処方する場合、薬の使用が、月に10日を超えないようにしています。
薬によって、一時的に痛みを止める事は有効ですが、続けていると『薬物乱用頭痛』のリスクがあるからです。
身体的ストレスと精神的ストレスを軽減させる事が、緊張型頭痛を、根本から対処する方法なので、急場をしのぐ時には薬を利用しますが、最終的にはリラックス法で、痛みを無くす事を目標にしています。

【 リラックス法と、その限界 】(図)ストレッチ

リラックス法は、緊張型頭痛の原因になっているストレスを、うまく発散させて、コントロールできるように方法です。
例えば、ストレッチで、過度に緊張しないようにしたり、運動法で、凝り固まっている筋肉を緩め、血行をスムーズにさせたりして、薬に頼らないように指導します。
また、常日頃から姿勢に注意し、筋肉への負担を軽減する事と、適度な運動を生活に取り入れる事などです。

 

しかし、頭痛が頻繁に起きていたり、首すじの筋肉の硬化が強くなっていたりしていると、セルフマッサージやストレッチでは、効果が現れなかったり、自力回復が難しくなったりします。
これは、ストレッチする場合、自分の限界域を超えるように伸ばす事が必要な事と、また、一方向だけでなく多方向にも伸ばす必要がありますが、首や肩をそこまで伸ばす事が困難な為です
更に、自覚症状のある首や肩の部分だけでなく、自分手の届かない後頭部から背中にかけての、広範囲の筋肉を緩和させ、血液やリンパ液の流れを円滑にする事も、必要になります。

 

また、姿勢や休みなどに気を付けていても、仕事や家事をしていると、いつの間にか、首や肩の筋肉の緊張が強まるので、セルフコントロールが難しくなります。
特に、緊張型頭痛は、片頭痛のように、痛みで我慢できずに、寝込んでしまうような痛みではないので、ツイ、「このぐらい」と思って仕事や家事を続けてしまいがちです。
この結果、不快な頭の痛みがダラダラと続いて、気分が不安定になったり、イライラしたりするので、精神的なストレスも強まってしまいます。

【 シコリができると 】(図)首や肩のしこり

特に、首すじや肩の筋肉の内部に、硬いシコリができている場合は、これを解消させる事が必要です。
筋肉が異常に緊張したまま戻らなくなってしまっているので、血行が悪くなり、疲労物質や痛み物質を貯めているからです
慢性化すると、頭痛の原因になるだけでなく、血圧の変動を大きくさせたり、胃腸の調子も悪化させたりして、精神的にイライラ感や情緒不安定にさせたりします。

 

例えば、次のような症状がある場合、シコリが潜んでいる可能性があります。
☑ 昔から、頭痛もち
☑ 季節の変わり目や、梅雨時がつらい
☑ 薬を飲んでも、いつも同じ箇所に痛みを感じる
☑ 長時間のデスクワークなどの後に、頭痛が起きる
☑ 枕が合っていない感じがする
☑ チョッと画面を見ているだけで、痛くなる
☑ 最近眠れない  
☑ 生理のはじまる前や、生理中に起こる頭痛がツライ

 

シコリができていると、皮膚の上から触ると、コリコリとしたものが、潜んでいるのが感じられます。
しかし、筋肉が硬く固まったシコリとなっているので、市販の頭痛薬はもちろん、医師が処方する鎮痛薬でも、シコリを軟化させて解消するのは困難です。
また、セルフマッサージやストレッチで筋肉を伸ばしても、内部の硬く固まったシコリは、そのままです。

【 当院の緊張型頭痛の治療 】(写真)当院の治療

当院は、東洋医療に基づくマッサージ治療により、緊張型頭痛の解消を行っています。
これは、緊張型頭痛が、首や肩の筋肉の緊張による血行不良が原因になっているので、筋肉や血行の治療を得意とする東洋医療に基づくマッサージ治療が、最適な為です
また、マッサージ治療によって身体の緊張が解消されると、安眠効果もあり、身体が休まって、頭痛の解消につながる為です。

 

最初に、当院では、昔からの東洋医療に基づいた触診法で、患部の首や肩だけでなく、首や肩に関係する上半身全体の、筋肉のコワバリとシコリの位置を確認していきます。
これらの箇所は、筋肉が伸び縮みする事ができなくなっているので、血液を絶えず送り続けるポンプ作用が低下しているからです。
この為、「筋肉が固く伸びにくくなっている箇所」、「筋肉内に押すと痛みを感じる固い小さなしこりがある箇所」、「筋肉が疲労し易くなっている箇所」、を確認していきます。

 

この後、マッサージ治療によって、筋肉のコワバリを解消させ、神経に酸素や栄養を行き渡らせ、疲労物質を排出し、痛みを軽減していきます。
また、痛みを発しているシコリには、ツボ刺激を併用して、神経の過敏を解消して不快な痛みを無くし、筋肉の働きを回復させています。
緊張型頭痛のように、筋肉の強い疲労や緊張による痛みの解消には、触診による患部の確認と、東洋医療に基づくマッサージ治療が、患者にとって抵抗感が少なく、治療に最適です。

緊張型頭痛は、姿勢の悪さやストレスなどが原因なので、硬くなった筋肉をマッサージして筋肉をほぐすのが一番です。
当院では、筋肉の緊張解消、血管やリンパの循環改善、神経圧迫の回復などによる、緊張型頭痛の治療を行っています。 
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

SNSでもご購読できます。