肩こり頭痛 (首・肩・背中の、疲労や緊張による頭痛)

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)肩こり頭痛

導入文

頭を支える首や肩の筋肉の緊張から血流が悪化して起きる緊張型頭痛は、別名『肩こり頭痛』と言われるように、首や肩にコリを伴っている事が多く、これによって痛みを感じる神経が刺激されて、頭痛が起きています。

特に、首や肩の筋肉のコワバリ内にシコリができて、絶えずズキズキする不快な痛みを感じると、それによって神経が敏感になって過剰に反応するので、「肩こりが辛いな~」と思っているうちに、頭痛へと症状が悪化してしまいます。

『肩こり頭痛』を解消するには、首や肩の敏感になっている神経を、元の状態に回復させる事が必要なので、筋肉内部のコリやコワバリと共に、筋肉内部のシコリを確認して解消する、ツボ反応を利用した東洋医療系のマッサージ治療が効果的です。

【 緊張型頭痛 】(図)緊張型頭痛

頭痛の中で、『肩こり頭痛』と呼ばれる、首や肩の筋肉の過度な緊張と、それによって血行が悪化し、痛みを感じる神経が刺激されるタイプの頭痛があります。
正式な診断名は『緊張型頭痛』と言い、痛みがいつまでも続き、「頭をギューッと締めつけられるような痛み」、あるいは、「頭がずっしりと重苦しく感じる痛み」、がします。
肩こりが日本人の国民病と言われるほどになっているので、これによって『肩こり頭痛』が頭痛の約7割を占め、ありふれた頭痛になっていますが、それだけ多くの人が悩まされる頭痛になっています。

 

特に、首や肩の筋肉のコワバリが強まってシコリ(硬結)ができると、そこから、いつもズキズキとした痛みを感じるようになるので、それによって神経が過敏になり、『肩こり頭痛』が起き易くなります
これは、硬いシコリができると血流が遮断されるので、シコリの内部が、酸欠と老廃物の溜まった状態となって、極度な疲労状態となり、神経が過敏な状態になるからです。
この為、肩付近が、少し疲れを感じたり、チョッと緊張したりすると、それによって、首スジから後頭部にかけて、疲労や緊張を知らせる神経回路が過度に活発化して、“頭が締めつけられるような”『肩こり頭痛』が起きるようになります。

 

また『肩こり頭痛』は、頭痛だけでなく、疲労や緊張によって、頭、首、背中などの筋肉が緊張し、血流不足になっているので、これらによっても、『肩こり頭痛』の痛みや不快感を強めます。
特に、首や肩の筋肉のコワバリが強まっているので、「肩が重だるい」、「突っ張り感と不快感がする」、「肩の上に鎧を載せられている感じ」、「首から肩がセメントで固められている感じ」、などの重苦しさに悩まされます。
更に、首や背中の血行不良から、「何もしていないのに疲労感に悩まされる」、「肩や背中が重だるい」、「肩に、ズンとした頭の重さを感じる」、などの身体の不調も感じるようになります。

【 精神的ストレスからも 】(図)精神的ストレスからも

『肩こり頭痛』の原因は、身体の疲労や緊張だけでなく、精神的なストレスも、かなり大きく影響しています。
精神的緊張(交感神経系)が高い状態になると、首から頭にかけての筋肉が緊張して、神経が過敏となるので、頭に痛みが伝わる回路が活性化し、更に、脳そのものが痛みを感じ易くなるからです
この為、頭に痛みが起きてなくても、精神的なストレスから、「頭が重い」、「頭がすっきりしない」、「頭がぼんやりする」、更に、「めまいや耳鳴りがする」、などに悩まされるようになります。

 

特に、中高年以降になると、精神的なストレスをかかえる事が多くなるので、『肩こり頭痛』で悩まされる方が多くなっています。
若い時と比べて、職場や家庭で責任が重くなったり、人間関係が複雑化してきたり、将来に対する漠然とした不安が増したりして、精神的ストレスが強まるからです。
しかも、身体の筋肉の柔軟性が無くなって身体の血行が悪化し、新陳代謝が低下してくるので、体調が不安定化し、もともと感じていた精神的なストレスを、ますます悪化させてしまいます。

 

更に、これらによって、体調を保つ自律神経の調子を崩して、体調不調気味になると、ますます『肩こり頭痛』が解消されづらくなります。
自律神経の調子を崩すと、筋肉のこりや血流の悪さが、ますます酷くなるので、いつまでも首や肩の筋肉のコワバリが解消されず、それらの違和感が頭痛へと発展して、頭の痛みを長引かせてしまうからです。
また、気分的に、イライラ感、抑うつ、倦怠感、不安、不眠、などの『精神・神経症状』が起きると、首や肩の筋肉を緊張させるので、ますます『肩こり頭痛』が起き易くなってしまいます。

【 シコリ解消の重要性 】(図)シコリ解消の重要性

しかも、首や肩の筋肉内部に、不快な痛みを発するシコリができると、それによって血行を遮断して、神経を過敏状態にさせるので、頭痛を誘発し、いつまでも頭痛の解消が難しくなります
切り傷や打撲を受けた時のように、突然の痛みは身体の異常を知らせる警報ですが、シコリができた為に、痛みが酷かったり、痛みが長引いたりすると、痛みが原因となって、いつまでも痛み続けてしまうからです。
そして、シコリによって痛みが続くと、痛み刺激に対して敏感になるので、少ない刺激でも反応して痛みを感じ易くなったり、いつもより強く痛みを感じてしまったりします。

 

この為、『肩こり頭痛』の症状が、最初の頃で軽度ならば、市販の鎮痛剤でも『肩こり頭痛』を緩和できますが、筋肉がガチガチに凝り固まって、シコリができると、鎮痛剤では頭痛を抑えられなくなります。
また、頭痛解消に、ストレッチを行ったり、マッサージを受けたりしても、パターン化されたストレッチを行ったり、マッサージを受けたりしただけでは、肝心の症状に合わせたものではないので、頭痛解消の効果が得られません。
特に、絶えずズキズキとする首や肩のシコリに悩まされている場合には、筋肉が異常に収縮して固まった状態になっているので、一般的な筋肉の緩め方では、周りの筋肉が緩むだけで、肝心のシコリ部分は、緩まずに、そのまま残ってしまいます。

 

この為、『肩こり頭痛』は、人それぞれ、程度や範囲、痛む箇所などが違うので、原因となっている凝りの原因や箇所を、きっちりと把握する事と、首や肩のコリは背中まで波及するので、少なくても上半身への、適切な治療が必要です。
特に、筋肉内にシコリができている場合には、血流遮断によって、酸素供給不足や老廃物の排出が困難になって、『肩こり頭痛』の誘因となるので、シコリの緊張を緩め、血液やリンパ液の循環を促進し、シコリ部分の状態を回復させる事が必要です。
筋肉のシコリを回復させるには、オーソドックスな方法ですが、触診でシコリの状態を確認し、圧を徐々にかけながら、一方向だけでなく様々な方向に引き延ばし、シコリの深層部まで、段階的にしっかりと伸ばしていく事が必要です。

【 当院の、肩こり頭痛の治療 】(写真)当院の治療

当院は、コワバリやシコリを伴う『肩こり頭痛』には、マッサージ治療にツボ治療を加えた治療法で、症状の改善を行っています。
身体にシコリができる場所と、東洋医療のツボ(経穴)の位置が、ほぼ一致している事と、ツボ治療によって、神経の興奮を抑制する効果があるので、痛みを誘発させているシコリを確認して、ダイレクトにツボ刺激を行うので、『肩こり頭痛』の解消に、高い効果が期待できるからです
また、シコリ解消に利用するツボは、神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調があると、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れ、身体に異常が起きている事を知らせてくれるだけでなく、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるからです。

 

 

例えば、『肩こり頭痛』を起こす不快なシコリは、頭と首の付け根や、肩沿いに、多く発生しますが、これらの部分には、東洋医療のツボ(風池、天柱、肩井など)が、多く重なり合っています。
当院では、問診とツボ反応で患部を確認し、その後、確認したツボに刺激を加えていく事で、凝り固まっているシコリを和らげ、血流を回復させ、シコリを解消させるように、治療を進めています。
これによって、『肩こり頭痛』を誘発し、神経を過敏にさせている老廃物を排出させ、神経の働きの回復を図り、痛みの解消を行っています。

 

更に、首や肩の凝りは背中まで波及し、上半身の筋緊張が慢性化するので、当院ではマッサージ治療により、肩甲骨の動きの回復を含めて、上半身全体の過緊張と血行を回復させています。
マッサージ治療によって、血行やリンパの流れを良くする、①筋肉の弾力性や柔軟性を高める、②神経の興奮を抑制する、③筋肉の疲労回復、④痛みを改善させる、などの効果があるからです。
上半身全体の筋肉を和らげ、血流を回復させる事で、体調の回復を行い、『肩こり頭痛』の解消に、効果を発揮しています。

 

シコリによって、身体にズキズキとする不快さを感じていても、自分で自分の筋肉の状態をチェックしたり、シコリを回復させたりするのは、困難です。
当院は、触診をベースに、マッサージ治療にツボ治療を加えて、筋緊張の解消や、神経や血管への圧迫の除去によって、頭痛症状の解消を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。