姿勢の悪化と、体の歪み(長時間の座り疲れから)

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)『猫背』『ストレートネック』『巻き肩』

導入文

 

姿勢が悪いと、見た目が悪いだけでなく、姿勢を支える背中や腰の負担が大きくなるので、「首や肩が凝る」、「腰が痛い」、あるいは、血行の悪化から、「疲れ易い」、「ダルイ」、「動く時に関節が痛む」、などが起きます。

更に、姿勢の悪化で身体の歪みが固定化してくると、内臓が圧迫されて胃腸が締め付けられたり、胸が圧迫されて呼吸量が少なくなったり、血管が圧迫されて身体の循環が悪くなったりして、身体の不調が“持病化”してきます。

この結果、「病気にはなっていないけれども、重荷を背負った感じ」、「いつも、重圧が肩にのしかかった感じで、身体の調子が悪い」といった状態になってくるので、体調の回復には、慢性化した疲労や緊張を解消するだけでなく、身体の歪みを改善し、身体の回復力を取り戻す事が大切です。

【 座りすぎや、座りっぱなし 】(図)座りすぎや、座りっぱなしによる、姿勢の悪化

姿勢の悪化で、すぐに思い浮かぶのが、『猫背』や『ストレートネック(別名、亀首)』、そして『巻き肩』などです。
PCの画面を見たり、キーボード操作をしたりしているうちに、背中が前かがみになって縮こまり『猫背』になったり、首を前に出して頭を突き出すような『ストレートネック』になったりするからです。
更に、手で前方の操作をしているうちに、左右の肩を前に出して、肩のラインがU字形になるような『巻き肩』になるので、首や肩の負荷が大きくなり、胸を圧迫するようになります。

 

これらの『猫背』『ストレートネック』『巻き肩』などが起きるのは、座り仕事をしていると、「覗き込む姿勢」になり易い事が大きな原因になっていますが、それと共に、『座りすぎ』や『座りっぱなし』による疲労も大きく影響しています
『座りすぎ』や『座りっぱなし』でいると、姿勢を維持する筋肉疲労や血行悪化が強まるので、姿勢を正している事ができなくなって、『猫背』になって身体を支えたり、『ストレートネック』になって前方の画面を見たり、『巻き肩』になってキーボード操作をしたり、するようになるからです。
更に、『座りすぎ』や『座りっぱなし』の状態で、ずうっと脳が思考や計算でフル活動したり、絶えず緊張や集中を強いられたりしていると、脳の疲労が大きくなって身体をコントロールする働きが低下してくるので、余計に『猫背』『ストレートネック』『巻き肩』などが起き易くなります。

 

しかも、姿勢を正している事ができなくなったり、身体をコントロールする脳の働きが低下したりすると、上半身を支える腰の筋肉の負担が増すので、ますます姿勢が悪化します。
腰の筋肉の負担が増すと、自然と、腰の負担が少なくなるように、浅く椅子に座って、上半身を背もたれにあずけるような座り方になるので、前方の画面を見たり、キーボード操作をしたりする為に、『猫背』『ストレートネック』『巻き肩』になります。
しかも、上半身を支える腰の筋肉の負担が増していると、姿勢を正しても、再び、浅く椅子に座って、上半身を背もたれにあずけるような座り方になってしまいます。

【 回復しづらい悪化した姿勢 】(図)回復しづらい悪化した姿勢

身体は、軸となる背骨と骨盤、それらを支える筋肉によって、バランスを保つようになっていますが、姿勢が悪化して前かがみ姿勢が毎日続くと、背骨を囲み、背骨の並びを維持している筋肉や靭帯が、その状態で固まってしまいます。
姿勢の悪化が続くと、不自然な力の入り方が続くので、筋肉の柔軟性が失われて、筋肉が縮まって収縮し、固定化されるからです
この結果、前かがみ姿勢が多くなると、背骨のクッションが失われて、猫背のまま固定化されるので、背中を伸ばそうとしても、無理に力を入れないと伸ばせなくなり、力を抜くと猫背に戻ってしまいます。

 

しかも、男性の場合、もともと関節周りの靭帯の柔軟性が低くて、硬くなり易いので、デスクワークで前かがみの姿が続くと、ますます、前かがみの姿勢が回復しづらくなります。
更に、毎日、前かがみの姿勢が続くと、背部の身体を伸ばす筋力が弱まるので、余計に、姿勢が回復しづらくなります。
また、女性の場合は、男性に比べて、姿勢を支える筋肉量が少なく、関節付近の靭帯も柔らかいので、デスクワークで前かがみの姿が続いたり、加齢によって姿勢を維持する筋力が衰えたりすると、背中を丸めた姿勢になりがちです。

 

しかし、姿勢の悪さや歪みが気になっても、そのままにしがちです。
これは、「背スジを伸ばしているよりも、猫背にしている方が楽」と感じる上に、仕事をしている時には、利き手側でマウスを握ったり入力をしたりするので、自然と身体の軸がズレ易くなる事と、座っていると、左右のお尻のうち、楽に感じる側のお尻に体重をかける事が多くなるので、気付かないうちに、身体の軸がズレタ状態になるからです。
更に、仕事をしていると、仕事に意識が集中して、姿勢についての意識が薄れてしまう事や、仮に姿勢が気になっても、仕事中は、自分で自分の姿勢を見る事が無いので、いつの間にか、身体の軸がズレタ状態になります。

【 身体の歪みから、持病持ちに 】(図)持病持ち

姿勢が悪くなって、身体に歪みができてくると、内臓が圧迫されて胃腸に負担がかかったり、肺が圧迫されて酸素を取り込む量が減少したり、身体の循環が悪くなったりするので、「最近、疲れ易く、疲れが取れにくい」、「慢性的な、痛み、違和感などがする」、という不快感や痛みが起きてきます。
ところが、このような痛みや不快感が起きても、「そのまま、何もしていない」という人が、半数以上になっています。
これは、『座りすぎ』や『座りっぱなし』で、身体の歪みが気になっても、「自分で、自分の姿勢を支えている筋肉や靭帯のへの対策が、とりづらい」という事と、身体の中の筋肉なので、「身体のどこが歪んでいるか、解らない?」、という事があるからです。

 

この結果、骨格や骨盤の歪みが固定化されてしまうと、身体の不調が“持病化”して、次のような『持病持ち』となります
①猫背による姿勢の崩れから、肩こり、首こり、背部痛、腰痛、などの慢性化。
②前かがみの姿勢による胃腸への負担から、食用不振、胃痛、胃もたれ、便秘、下痢。
③前傾姿勢になって、肺が圧迫されて肺の機能が低下し、身体に酸素の供給が不足してくるので、疲れ易く感じる、気分がスッキリしない、鬱気分になる、ダルイ、イライラ。

 

この結果、仕事に影響が出て、集中できなくなったり、専念しづらくなったりします。
特に、脳は、身体の中で最もたくさんの酸素を必要とする器官なので、肺が圧迫されて浅い呼吸になってくると、酸素の供給不足から脳の活動力が低下して、身体の活気が失われるだけでなく、集中力や判断力、思考力も失われます。
また、酸素の供給不足から脳の活動力が低下してくると、精神的に不安定になったり、ストレスに弱くなったりするので、気分がスッキリしない、疲れを強く感じる、イライラ、ダルイ、鬱気分、なども起きます。

【 当院の、姿勢改善の治療 】(写真)当院の、姿勢悪化の治療

『猫背』『ストレートネック』『巻き肩』などの、姿勢の悪化や歪みの改善や、『座りすぎ』や『座りっぱなし』による、身体の疲労・緊張などの解消には、東洋医療をベースにしたマッサージ治療が適しています。
これは、東洋医療をベースにしたマッサージ治療が、昔から、疲労や緊張などが慢性化した筋肉の回復を行い、それにより、崩れかかった身体のバランスを整え、体調の改善を行っているからです
当院では、東洋医療をベースにしたマッサージ治療にツボ治療を加え、疲労や緊張を改善し、崩れかかった身体のバランスを整え、姿勢の悪化や身体の歪みの改善を行っています。

 

これは、ツボが『反応点』として身体の異常を知らせる箇所であり、『治療点』として症状を改善する箇所でもあるので、ツボ反応を身体からのアラームサインとして捉えて、ツボ治療を行うと、姿勢の改善に効果があるからです。
そして、マッサージ治療には、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制する、④関節の可動域を広める、などの効果が認められているので、長時間の座り疲れによる、姿勢の悪化や身体の歪み
を整えるのに適しています。
この為、当院では、身体のコワバリや歪みを確認した後に、神経や血管が集まっているツボを利用して、歪みを起こしている箇所の筋肉の柔軟性と血行を回復させ、更にマッサージ治療によって、慢性化している疲労や緊張の解消を行っています。

 

例えば、ツボ治療によって、過敏になっている神経を回復させていくと、不快な痛みも改善されてくるので、これによって、慢性的になっている、肩こり・首こり・腰痛などの改善にも効果があります。
中でも、背骨や骨盤は筋肉や靭帯によって支えられているので、これらの筋肉や靭帯の柔軟性が回復してくると、勢の悪化や身体の歪みが改善されて、身体の不調感も解消されてきます。
特に、疲労がなかなか回復しなかったり、痛みや不快さが長引いたりする場合には、身体の回復力を取り戻す事が必要なので、疲労や緊張の解消だけでなく、身体の歪みを改善し、圧迫を解消する事が重要になるので、筋肉や血行の改善を得意としている東洋医療系のマッサージ治療が勧められます。

 

身体全体を支える骨格や、上半身の土台となっている骨盤は、それらを囲んでいる筋肉や靭帯によって支えられているので、姿勢が悪くなって、そのまま固定化すると、骨格や骨盤が歪んで、身体のバランスが崩れ、身体に様々な不調を引き起こします。
当院は、姿勢改善に、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、身体の筋肉や靭帯の、疲労や緊張の解消、柔軟性の回復などの治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や、不快感などの症状の、ご相談は、右上の[メールを送信]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。