喉(のど)の、こり(首の前のコワバリ、つまり感、息苦しさ)

【(症例)こり・しこり 】
(写真)喉の、こり

導入文

喉の筋肉が凝ってくると、首の前のコワバリ感や、つまり感、息苦しさ、などを感じるようになります。

これは、喉を挟むように伸びている『胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)』と呼ばれる、硬く厚みのある筋肉が、疲労や緊張などでコワバッテくると、喉を押し付けるように圧迫するからです。

解消するには、首の柔軟性を回復させる事が必要ですが、首の筋肉は薄く浅く、内側には太い動静脈や、重要な神経が通っているので、東洋医療をベースにしたマッサージ治療を利用する事で、安全に、そして効果的に、凝りを解消する事ができます。

【 喉の凝りの正体 】(図)胸鎖乳突筋

「喉の奥が狭まった感じがする」、「喉元が詰まったような感じ」、「喉のコワバリで呼吸しづらい」などで、気になっている方がいます。
このような、不快感や違和感は、本人にしか分かりませんが、原因として、“首の前の筋肉の凝り”が、影響している事がよくあります。
この“首の前の筋肉の凝り”が強まると、首の動きが制限されるので、深く息を吸ったり、上を見上げたり、横を向いたりすると、動きづらくなるだけでなく、喉の筋肉が顎(あご)に張り付いたように感じられるので、喉の筋肉が顎に引っかかったように感じられます。

 

この“首の前の筋肉の凝り”は、『胸鎖乳突筋』と呼ばれる筋肉が、大きく関係しています
胸鎖乳突筋は、左右の耳の下から、喉を挟むように、喉近くを横切って、喉の下の鎖骨まで伸びている筋肉で、顔を横に向けると、首の横に現れる筋肉です。
この筋肉の働きは、頭を左や右に廻したり、前や横に倒したり、する時に大きな役割をしていますが、息を吸ったり、吐いたりする時も、この筋肉が深く関係しています。

 

この胸鎖乳突筋は、常に頭を支えて、見たり聞いたりするたびに、顔をその方向に向ける働きをしているので、長時間の仕事でオーバーワーク状態になったり、前かがみ姿勢やうつむき姿勢が続いたりすると、喉にコワバリや閉塞感を感じたり、喉元がツッパッタように感じたり、するようになります
また、この筋肉は、精神的なストレスが強まると、硬く緊張して、凝り固まった状態になり易いので、不安や心配事が大きくなると、「借金で、首が回らない」と言われるように、首の動きを悪化させます。
更に、胸鎖乳突筋が凝ると、首の中の神経や血管を圧迫して、頭重感や頭痛を引き起こす原因になったり、肩こりを引き起こす原因になったりします。

【 よくある例 】(図)胸鎖乳突筋

喉の凝りで、よくある例が、デスクワークなどで前かがみの姿勢を続けているうちに、頭を支えている首の後ろ側の筋肉が疲労して、頭を支える力が弱まるケースです。
この状態になると、喉側にある筋肉も、頭を支える事が必要になるので、気付かないうちに、自然と『胸鎖乳突筋』の筋肉も動員されて使われるようになり、この結果、胸鎖乳突筋が疲労してくると、喉の凝りが起きてきます。
更に、前かがみの姿勢に加えて、覗き込む姿勢が多くなって、ストレートネック状態になると、それだけ頭を支える首の筋肉の負担が増したり、頭を支えるクッション性が低下したりするので、ますます胸鎖乳突筋の疲労と緊張が大きくなり、喉の凝りが起き易くなります。

 

また、胸鎖乳突筋が呼吸運動もしているので、息を、何度も吸ったり吐いたり、強く繰り返したりすると、胸鎖乳突筋の疲労が増して、喉のこりが起き易くなります。
例えば、息を吸ったり吐いたりする吹奏楽器の演奏、喉から声を出すような発声の繰り返し、風邪や花粉症によって咳が続いた場合、などです。
この他、歯ぎしりや、強い噛み締めなどの場合にも、喉元の筋肉の強い収縮が繰り返されるので、胸鎖乳突筋の過緊張が続き、喉の違和感が起きます。

【 体調の不調も 】(図)体調の不調

胸鎖乳突筋が凝ってくると、喉に違和感が生じるだけでなく、体調の不調も引き起こします。
首の中は、脳から全身に指令を出す重要な神経や、脳に栄養を送る太い血管が通っているので、胸鎖乳突筋の緊張からコワバリができると、これらを圧迫する為です
代表的なのが、①首回りの不快感、②頭痛、③めまい、があり、これらによって、「肩が凝る」、「上半身がだるい」、「頭が重くて、どんよりする」、「頭痛がしてくる」、「めまいがする」、などが起きてきます。

 

しかも胸鎖乳突筋は、自律神経と密接にかかわっているので、喉元が圧迫された状態が続くと、体調を保っている自律神経の働きが低下します。
この結果、内臓の調整がうまくコントロールされなくなると、「胃腸も悪くなった感じがする」、「胃もたれがする」、「食欲が低下する」、「便秘気味」、などが起きてきます。
そして、体調が保てなくなってくると、「体調がスッキリしない」、「疲れが残る」、「イライラする」、「集中力が続かない」、「気分が落ち込む」、「眠れない」、などの不快感が起きてきます。

【 喉の凝りの、チェック方法 】(図)注意が必要な、喉の凝りの解消

喉の凝りを調べる為に、自分で、胸鎖乳突筋のコワバリを調べる方法は、いくつかあります。
一番簡単なのが、椅子に座って、顔を左右に交互に振り向く方法で、胸鎖乳突筋が緊張していると、「首が回らない」という慣用句があるように、振り向きづらくなっています。
別の方法として、顎の下側や喉の筋肉を圧迫してみる方法で、コリコリしている箇所や痛みを感じる箇所があっても、食べ物を食べた時に、喉に違和感が無く、支障無く食べられる場合は、喉の凝りが考えられます。

 

そして、喉の筋肉の凝りがある場合は、首の土台となっている筋肉も負荷が強まっている可能性が高いので、肩や背中、あるいは胸の筋肉などのチェックも必要です。
また、喉の下の、鎖骨周りの筋肉の状態の確認も、重要です。
胸鎖乳突筋が付着している鎖骨の周りには、多くの神経や血管、リンパが密集しているので、胸鎖乳突筋のコワバリで圧迫を受けていると、血流やリンパ液の流れが悪くなって老廃物が溜まり、身体の不調の原因になるからです。

 

しかし、首の凝りを確認できても、首を傾ける程度のストレッチでは、凝りを引き延ばすだけとなり、なかなかほぐれません。
首の凝りは、硬く厚みのある胸鎖乳突筋の疲労や緊張が関係しているので、首を傾けるストレッチや、仕事の合間のセルフマッサージ程度では、効果が現れないからです。
この為、確認した首の凝りを、直接解消する事が必要になりますが、しかし、首の筋肉は、他の筋肉と違って、浅く、薄いので、強く刺激し過ぎないように、デリケートな注意が必要です。

【 当院の、喉の凝り解消治療 】(写真)当院の治療

当院は、喉の凝り治療を、安心感を持って受けられるように、解剖学をベースに、伝統的な東洋医療の治療法を利用しています。
これは、首の筋肉が、浅くて薄いだけでなく、喉元には、太い動静脈や、重要な神経が通っているので、無理をしないように、安全で効果的な方法で、筋肉の柔軟性や血行の回復を行う事が重要になるからです
特に、首の患部を特定する時や、関連箇所を確認する時に、解剖学をベースにして、東洋医療の手技療法を利用すると、患者も納得感が得られ、安心感につながります。

 

また、当院では、首の周りに有効なツボがあるので、首の治療に、ツボを利用しています。
ツボは、昔から『体調の変化に、ツボ反応が顕在化する』と言われるように、身体の異常を知らせる箇所であり、しかも、症状を改善する箇所でもあるからです。
しかも、ツボを利用して刺激を与えると、首周囲の筋肉のコワバリの解消や血行回復が促進されて、症状を緩和する効果があるので、「痛気持ちいい!」範囲で、効果的な治療になります。

 

更に、身体全体の柔軟性や血行の回復を行い、体調の回復を図る為に、マッサージ治療を行っています。
マッサージ治療によって、血行やリンパの流れを良くする、筋肉の弾力性や柔軟性を高める、神経の興奮を抑制する、などの作用があるので、凝りやコワバリが解消されて、身体の「不快さ」や「ダルサ」などが改善される効果があります。
しかも、呼吸が楽になるのを感じられ、身体がリラックスした状態になるので、気分がスッキリしてきます。

 

喉の凝りは、喉の不快感だけでなく、身体にいろいろな悪影響を及ぼしてくるので、早めに解消させる事が大切です。
当院は、首周辺や喉の緊張やコワバリ解消に、ツボ刺激を利用したマッサージ治療を行い、改善効果の向上と治療期間の短縮化を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連するこり・しこりなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。