喉(のど)の、こり(首の前のコワバリ、つまり感、息苦しさ)

【(症例)こり・しこり 】

喉  こり

「喉の奥が狭まった感じがする」、「喉元が詰まったような感じ」、「喉のコワバリで呼吸しづらい」などで、気になっている方がいます。

他にも、顎(あご)が下前方に引っ張られた感じになって、深く息を吸ったり、上を見上げたりする事が、できなくなる事があります。

このような、不快感や違和感は、本人にしか分かりませんが、原因として、“首の前の筋肉の凝り”が、影響している事がよくあります。

【 喉のこりの正体 】胸鎖乳突筋

通常、凝りと言うと、首や肩、背中の筋肉の凝りが、よく知られています。
ところが、喉の横や前側の筋肉も、凝りが起きます。
首や肩、あるいは、胸の筋肉などに、疲労や緊張が増すと、喉の横や前側の筋肉にも、波及するからです。

 

中でも、喉を横切って伸びている筋肉で、『胸鎖乳突筋』と呼ばれる筋肉が、この喉の凝りに大きく関係しています
この筋肉は、左右の耳の下から、喉の近くを横切って、鎖骨の内側に伸びている筋肉で、顔を横に向けると、首の横に現れる筋肉です。
筋肉の働きとして、頭を左や右に廻したり、前や横に倒したり、する時に使われますが、大きく息を吸ったり、吐いたりする時も、この筋肉が使われます。

 

『胸鎖乳突筋』も、オーバーワークの状態になると、他の筋肉と同じように、疲労し、硬くなります。
この状態になると、喉の近くを横切っている筋肉なので、喉元がツッパッタように感じられます。
そして、喉の筋肉の柔軟性が無くなるので、喉の内側にも、“閉塞感”や“コワバリ”を感じます。

【 よくある例 】前かがみ

よくある例が、デスクワークなどで、前かがみの姿勢を続けているうちに、首の後ろ側の筋肉が疲労し、頭を支える力が弱ってきた場合です。
この状態になると、前方にある頭を、“あごで支える”為に、『胸鎖乳突筋』が動員されるようになります。
この為、前かがみの姿勢の時間が多くなると、胸鎖乳突筋が疲労して、硬くなり、喉のこりが起き易くなります。

 

また、呼吸を、強く繰り返す事も、胸鎖乳突筋の疲労から、硬くなって、喉のこりが起き易くなります。
例えば、息を吸ったり吐いたりする吹奏楽器の演奏、喉から声を出すような発声の繰り返し、風邪や花粉症によって咳が続いた場合、などです。
この他、歯ぎしりや、強い噛み締めなどの場合にも、喉元の筋肉の強い収縮が繰り返されるので、喉の違和感が起きます。

 

しかも、この筋肉は、精神的なストレスを受けると、やはり、硬く緊張して、凝り固まった状態になります。
よく言う、「忙しくて、首が回らない」とか、「借金で、首が回らない」、という状態です。
この為、特に姿勢が悪かったり、仕事の時間が長かったりしなくても、「首が凝る」、「固くなる」、という事が起きます。

【 自律神経にも 】不定愁訴

更に、喉の違和感だけでなく、体調不良を起こす事もあります。
これは、首が、脳から全身に指令を出す重要な神経や、脳に栄養を送る太い血管が通っているので、胸鎖乳突筋の緊張が強まると、首凝りが強まって、これらを障害するからです。
しかも胸鎖乳突筋は、自律神経と密接にかかわっているので、この筋肉の過緊張が続くと、自律神経の働きに影響を与えます

 

例えば、胸鎖乳突筋が緊張して硬くなると、筋肉の凝りや血行の悪化が強まって、頭が重い、頭痛、微熱、不自然に汗をかく、などが起きます。
また、喉元が圧迫された感じが続くので、胃腸も悪くなった感じになり、胃もたれ、食欲の低下、便秘気味、なども起きます。
そして、自律神経に支障が出てくると、体調がスッキリしなくなり、「疲れが取れない」、「集中力が続かない」、「イライラする」、「眠れない」、「気分が落ち込む」、などが起きてきます。

 

このように、胸鎖乳突筋が、硬く、凝り固まっている首こりは、肩こりと違って、体調の悪化を招きます。
神経系に影響する為です。
この為、胸鎖乳突筋が過剰に緊張して、喉に凝りを感じる時には、注意が必要です。

【 硬直程度を調べる方法 】胸鎖乳突筋  チェック法

胸鎖乳突筋の硬直程度を調べる方法は、いくつかあります。
一番簡単なのが、椅子に座って、顔を、交互に左右に振り向ける方法です。
胸鎖乳突筋が緊張していると、「首が回らない」という慣用句があるように、振り向きづらくなります。

 

また、別の方法として、アゴの骨の下側や、喉の周辺を、押さえてみる方法もあります。
痛い場所や、コリコリしている場所がある場合は、凝っている場所です。
しかし、喉の凝りが原因になっているので、食事は、支障無く食べられます。

【 注意が必要な首の治療 】治療

首の凝りは、セルフマッサージでは、なかなか解消できません。
これは、首の筋肉は、他の筋肉と違って、浅く、薄くなっているので、強く刺激し過ぎない事が大切ですが、不十分だと効果が出ない為です。
また、喉元は、太い動静脈や、生命を維持する神経が通っているので、デリケートな注意が必要です

 

この為、首周辺の治療には、触診の正確さと、力加減の調節が、非常に重要になります。
診断と治療の経験のある治療院で、有資格者によるマッサージ治療を受ける事が大切です。
首には、有効なツボがあるので、東洋医療系のマッサージ治療院では、その箇所を選んで刺激して、治療する事もできます。

 

首廻りのコワバリが解消されると、呼吸が楽になって、空気が自然に肺に入るように感じられます。
これによって、気分がスッキリしてくるので、身体がリラックスしてきます。
喉に凝りを感じるのは、疲労や緊張が蓄積してきた事が原因なので、個人差はあるものの、不定愁訴も改善されてきます。

 

喉のこりは、気になる箇所を見極め、効果的なツボを刺激する事で、改善が高められます。
当院は、首こりや肩こりだけでなく、首周辺や喉の筋肉の、疲労や緊張解消の、マッサージ治療も行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

SNSでもご購読できます。