脚(足)の疲れが、全身に

【(症例)疲労や だるさ 】

(写真)脚(足)の疲れが、全身に

歩けば疲れるのは当たり前ですが、「ちょっと歩いただけで脚が疲れる」とか、「脚がダルク感じている」、「脚のシビレ、痛み、むくみなどに悩まされている」、などがあると、日常生活に支障が出てしまいます。

しかも、下半身には全身の血液の約70%が集まるので、疲労によって脚の血行が悪くなると、それによって全身の血行も悪くなり、疲労やダルサが全身に及ぶようになります。

血行の改善に、脚の筋肉をよく動かす事も大切ですが、その前に、腰、脚、膝、足首などをチェックして、①筋肉内部のコワバリ解消と、②血行を悪化させている箇所の改善、をしておく事が肝心です。

【 老化は、脚(足)から 】(図)老化

昔から、『老化は、脚(足)から』と言われるように、脚の健康状態が、身体全体に影響します。
これは、脚が丈夫で、思うように歩いて走れる人は、活動的に動く事ができるので、血行が促進され、脳の活動も活発になって、身体が若々しく保たれるからです。
しかも、筋力や持久力も高まるので、それに合わせて、脳から筋肉への神経の働きも活発になり、身体の動きを調整する柔軟性や敏捷性も高まります。

 

しかし、脚が衰えると、運動量が大きく後退してしたり、運動神経の働きも鈍(にぶ)くなってきたりするので、日常生活にも、影響が出てきます
例えば、「一緒に歩いていても、遅れ気味になる」、「たいして歩いていないのに、脚がダルクなる」、「階段の下りで慎重になる」、「チョッとした段差で足が引っかかる」、などが起きてくるからです。
この傾向は、50~60代の中高年以降になると、急激に現れ、脚の衰えを実感する事が多くなります。

 

更に、脚や腰の不快感が強まるので、精神的にも影響が出てきます。
例えば、始めのうちは、足腰を動かす事に“面倒臭さ”を感じる程度ですが、そのうち、「疲れを感じる」とか、「体力的に続かない」といった、疲労感やけん怠感などが現れるからです。
しかも、脚の筋力が弱まると、血液循環が悪くなってくるので、自律神経や脳の働きにも影響が出て、「集中力が続かない」、「気力がわかない」、更に「イライラ感が増えた」など、身体に不調を感じるようになります。

【 下半身には、全身の血液の約70%が 】(図)血液量

このような症状が起きる原因として、血液が、下半身に溜まる事があります。
立っていたり、椅子に座っていたりすると、重力によって、全身の血液の約70%が、下半身に集まるからです。
健康な状態ならば、脚の筋肉が強力なポンプとなって、血液を下から上へと、重力に逆らって、心臓へと押し上げる働きを続けていますが、脚の筋肉の働きが低下してくると、心臓へ押し戻す働きが弱まってしまいます

 

しかも、人の身体の血管の9割以上が、太さが、髪の毛の10分の1ぐらいの毛細血管で成り立っています。
そして、毛細血管が正常な状態でも、細い血管が長く続いたり、蛇行していたりします。
この為、脚や腰の筋肉が弱くなって、疲労し易くなったり、緊張し易くなったり、あるいは、椅子に座って膝や腰を曲げている時間が長くなってくると、血液の流れの勢いを、余計に、低下させてしまいます。

 

この結果、しばしば起きる症状が、「夕方になると脚はむくむし、肩は凝るし、疲れが溜まって、気分までどんよりする」、といった状態です。
脚の血流が滞って、筋肉が凝り固まってくるので、脚のむくみや冷えの原因になるだけでなく、全身の血流が悪くなるからです。
そして、「疲れがとれない」、「肩こりや腰痛」、「イライラする」なども起き、それらが繰り返されると、「血圧が高くなる」、「代謝が落ちるので食べる量は少ないのに体重が増える」、そんなスッキリしない状態が続くようになります。

【 脚の血行促進 】(図)足湯

昔は、農作業を終えた時や、旅をして宿に泊まる時などに、脚の疲労解消に、“足湯”が、手軽な健康法として利用されていました。
暖かい湯による温熱効果で、脚に溜まった血行を温めて回復させて、疲労を解消する為です。
このような効果から、現代でも、オフィスでジッと座り続けて身体に疲れを感じた時も、家に帰ってから“足湯”で血行を回復させて、リフレッシュする事が勧められています。

 

また、一部の介護関係の施設では、入所者の人達の頭の働きの維持や活性を図る為に、足裏マッサージを取り入れている所もあります。
これは、脚の血行改善だけでなく、『足の指の動きが硬くなってくると、脳が疲れている』と、言われている事も影響しています。
“脳に血液をしっかりと届け、脳の働きを活発にさせる”事を、期待しているからです。

 

しかし、自分で、自分の脚をマッサージすると、腰から脚にかけての裏側は、見えない事もあって、案外、やりづらいものです。
しかも、脚の疲労や緊張を強く感じている場合は、炎症や鬱血(うっけつ)で硬化している箇所を確認して、解消させないと効果がありません
このような状態で運動をすると、一時的に血行が良くなっても、その後、再び元の状態に戻ったり、筋肉の硬化が増して血行が悪化し、不快感が強まったりします。

【 当院の、疲れた脚の治療 】(写真)当院の治療

当院では、「脚が疲れる」、「脚がむくむ」、「脚が痛い」、「脚がだるい」、などの症状に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療を行っています。
これは、マッサージ治療が、もともと、筋肉のコワバリ解消や血行促進に効果があるので、この結果、必要とされる酸素や栄養が行き渡り、筋肉からの疲労物質の回収が促進されるからです。
特に、ふくらはぎの筋肉は、身体の運動を下から支えるだけでなく、足の爪先まで廻った血流を心臓まで押し戻す役割もあるので、血液の流れが悪くなり、老廃物が排出しづらくなっている場合には、マッサージ治療が効果的です。

 

当院では、このような効果を高めるに、触診にウエイトをおいて、それぞれの症状、一人ひとりに適したツボを探し出す治療を行っています。
ツボが、身体の異常を知らせる『反応点』であり、病状を改善する『治療点』でもあるからです。
『反応点』であるツボを刺激する事で、脚に滞っている血液やリンパ液を押し出されるので、脚のむくみや疲労を解消させるだけでなく、身体全体の疲労の回復を早める効果があります。

 

また、循環が促進されるので、全身の疲れも緩和されて、リフレッシュ作用にもなります。
脚は、心臓から最も遠く、血管も細いので、老廃物が溜まり易く、全身の疲労や、ダルサを生じさせる原因にもなるからです。
この為、PCの前に1日中座ってデスクワークをしていたり、長時間の立ち仕事をしていたり、加齢や運動不足で脚の働きが弱っていたり、などで、脚に重ダルサを感じている人には、最適です。

 

脚の疲れを長引かせると、全身にも影響して、日常生活に支障が出てしまうので、血行悪化を起こしている箇所を確認して、解消させる治療が大切です。
当院は、下半身の柔軟性の回復や血行改善を行い、全身の疲れや緊張を回復させるマッサージを行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

SNSでもご購読できます。