妊娠中の、妊婦さんのお尻の痛み

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)妊娠・妊婦のお尻の痛み

導入文

妊娠して数ヶ月した頃になると、歩いている時やイスから立とうとした時に、お尻のホッペあたりから“ピキーン”とした痛みが走って、その瞬間、脚を動かせなくなったり、その後もジーンとした痛みが残ったりする事があります。

これは、妊娠すると、体重が増したり、姿勢を保つバランスが不安定になったり、骨盤を固定する靭帯が緩んだりするので、お尻の筋肉の過緊張から、奥の坐骨神経を圧迫して、痛みやシビレを起こした為です。

そのままにしていると、お尻から太ももの裏側にかけて、ジンジン、ビリビリとした不快な痛みが、次第に強まったり、何度も繰り返したりして、生活に支障をきたしてしまうので、原因となっているお尻の筋肉の過緊張を緩める為に、妊婦さん用のマッサージ治療を受けると、痛みの解消だけでなく、体調が整って身体全体がリラックスできます。

【 坐骨神経痛 】(図)坐骨神経の痛み

妊娠して5ヶ月目ぐらいから、あるいは早いと、妊娠一か月目あたりから、お尻の奥にダルイような痛みを感じて、次第に強まり、そして時には、ピリッ!と刺されるような痛みが起きる事があります。
よくあるのが、「立ち上がろうとすると、ピリピリっとお尻が痛む」、「ソファに座っていると、尾底骨に疼くような痛みを感じる」、「寝起きに身体を起こすと、お尻の奥が痛み出す」、などです。
このような今迄無かったような痛みが起きると、妊娠によって身体の変化が多く起きるようになり、大きくなるので、「身体の負担が増して、身体に異常が起きたのでは?!」と、思わず不安にかられてしまいます。

 

しかし、この痛みのほとんどは、病気というよりも、お尻の奥の坐骨神経が、周囲の筋肉の過緊張で圧迫されて、刺激された痛みです
一般的に『坐骨神経痛』と呼ばれますが、病院の診断名では、お尻の奥の梨状筋(りじょうきん)と呼ばれる筋肉が、コワバッテ、坐骨神経を圧迫し、痛みを起こすので、『梨状筋症候群』と言います。
お尻の筋肉に、負荷がかかり過ぎると起きる痛みなので、股関節をよく動かすランニングやサイクリング、あるいは、長時間座る事を強いられるデスクワークや運転などをしていると、引き起こされる事がよくあります。

 

妊婦さんの場合は、体重が増え、お腹が大きくなってくると、姿勢を維持する為に、お尻の筋肉に負荷が増したり、あるいは、負荷がずうっと続いたりするので、それによってお尻の奥の梨状筋がコワバッテ、内側の坐骨神経が圧迫され、お尻の下側あたりから太ももにかけて、ジンジン、ピリピリ、ビリビリ、とした痛みが起きます。
また、お尻の筋肉の負荷が増してくると、お尻の坐骨神経の痛み以外にも、骨盤を支えている筋肉もコワバリが生じるので、骨盤のバランスが悪くなり、それによって、鼠蹊部や恥骨が引っ張られ、太ももの付け根の痛みに痛まされる妊婦さんもいます。
このような状態になると、お腹に緊張が強まるので、お腹が張るような感覚が強くなったり、更に、お腹に痛みを感じたりする事もあります。

【 お尻のコワバリ原因 】(図)お尻の痛み

本来、お尻の筋肉は、身体を支える“縁の下の力持ち”としての役割があるので、多少の負荷がかかっても、痛みを発する事は滅多にありません。
しかし、妊娠して、体重が増えて、身体のバランス状態が変わってくると、今迄無かったような大きな負荷が、お尻の筋肉にかかってくるので、“縁の下の力持ち”の許容範囲を超えてしまい、痛みが生じます
しかも、お腹が大きくなると、自然とお腹を前に出して、反った姿勢になるので、上半身のウエイトが、絶えずお尻の上に乗っかったようになり、ますます、お尻の筋肉に負荷がかかるようになってしまい、痛みが起き易くなります。

 

また、骨盤をシッカリと固定している靭帯が緩んでくる事も、お尻に痛みが起きる原因になっています。
出産時に、赤ちゃんが産道を通り易いように、リラキシンという女性ホルモンが増えるので、その分、靭帯に代わって骨盤を支える事が必要になり、お尻の骨盤回りの筋肉の負荷が増すからです。
この結果、骨盤の下側の、恥骨あたりに大きな負荷がかかって、「起き上がったり、寝返りをしたりした時に、恥骨がズーンと痛くなる」、「立ち上がる時に、恥骨のあたりが“ピキーン”と痛みが走る」、などが起きます。

 

このような痛みが起きる前に、痛みの“前ぶれ”として、「下半身が何となく、むくんだような、ボテッとした感じ」や、「骨盤周りの重ダルサ」、などに気づかされる事が多くなっています。
これは、お尻や腰の筋肉に負荷が続くと、それによって、疲労物質が筋肉内に溜まったり、必要な酸素が不足したりするので、お尻や腰に、むくみ感や、疲労感、ダルサを感じるようになるからです。
そして更に、お尻や腰の筋肉の負荷が大きくなって、コワバッテくると、内側の坐骨神経が圧迫されて、チクチクとした痛みが起き始め、この状態が続いたり、繰り返されたりすると、お尻や太ももに、鋭い痛みを伴ったシビレが起きてきます。

【 お尻の痛み緩和 】(図)お尻ストレッチ

坐骨神経が圧迫されて引き起こされるお尻の痛みは、姿勢や動作と関連しているので、「歩いている時に脚に体重をかけられない」、「長い間座っていられない」、「寝ていてもお尻に体重をかけられない」などが起き、毎日の生活に支障をきたします。
しかも、以前、ギックリ腰の経験がある妊婦さんは、身体に疲労や緊張が溜まっていると、お尻の痛みから腰の神経が反応して、ギックリ腰を誘発する危険性もあります。
この為、痛み止めの薬を使いたくなりますが、胎児や母体への影響を考えると使えないので、我慢せざるを得なくなります。

 

このような痛みを緩和させる為に、塗薬や、湿布薬、原因となっている梨状筋を伸ばすストレッチ、などがあります。
しかし、お尻の深部の筋肉が、過度に疲労や緊張を起こして、それによって痛みが出ている状態なので、あまり期待するような効果が無いのが、実際です
また、運動やストレッチで、筋肉の柔軟性を回復させようとしても、妊娠中は、お腹が大きくなり、腰や脚を動かせる範囲が少なくなるので、運動で解消させるのが困難です。

 

また、お尻の筋肉への負荷を減らす骨盤ベルトの利用があります。
骨盤ベルトで骨盤を支えると、腰まわりの筋肉への負荷が軽くなり、腰痛の予防改善効果が期待できるからです。
しかし、毎日の家事や仕事の為に、腰やお尻に負荷がかかり続ける妊婦さんや、お尻の奥の筋肉のコワバリが解消できなくなっていたり、お尻の坐骨神経が過敏になっていたりすると、効果が期待できなくなります。

【 当院の、妊婦さんのマッサージ治療 】(写真)当院の、お尻の治療

このような解消しづらい妊娠中のお尻の痛みの緩和に、妊婦さん向けのマッサージ治療があります。
マッサージ治療で、お尻や腰の、疲労や緊張などの慢性化による筋肉のコワバリと血行の悪化を回復させると、「腰の重だるさが軽減された」と言う人がいるくらい、身体のコンディション調整になり、それによって、お尻の痛み軽減に効果があるからです
当院は、妊婦さんのお尻の痛みの解消に、昔から利用されてきた東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、腰やお尻の筋肉をほぐし、柔軟性を回復させて、坐骨神経の痛み解消を行っています。

 

例えば、当院の妊婦さん向けのマッサージ治療は、東洋医療をベースにしているので、妊婦さんに“横臥位”と言われる、横向きに寝てもらって、お腹に圧がかからないようにして、更に、上側の脚の膝下にクッションを置いた姿勢で、マッサージを行っています。
このような姿勢を、妊婦さんにとってもらう事で、お腹を圧迫せずに守っているような姿勢になり、呼吸も楽にできるので、妊婦さんにとって安心感が得られるうえに、肩と両足の3点が布団に着いているので、寝姿勢がしっかりと支えられ、安定した状態でマッサージ治療が受けられます。
この姿勢で、着衣の上から、反応が現れたツボに適切な刺激を与えていくと、その刺激に順応して、腰やお尻のコワバリが解消され、筋肉内の血流が改善されてくるので、腰やお尻の重ダルサや疲労感が減少し、お尻や太ももの痛みや違和感が無くなっていきます。

 

更に、当院では、痛みを軽減させる治療だけでなく、身体の疲労箇所や緊張過少を確認して、筋肉の弾力性や柔軟性の回復や、血行やリンパの流れの改善を行い、体調を整える治療を、合わせて行っています。
妊娠中は、体重が増えたり、姿勢を保つバランスが変わったりして、動作が不自由になるので、疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来の痛みが起き易くなったり、身体のバランスが崩れて、「何となく身体の調子が悪い」といった不調が起きたりするからです。
マッサージ治療で身体の筋肉の緊張を緩めていくと、血行が改善されるだけでなく、妊娠による体重の負荷がバランス良く吸収されるようになるので、身体の痛みや違和感が緩和され、体調も良くなるので、身体全体のリラックス効果も期待できます。

 

妊娠中にマッサージを受ける場合は、信頼できる施術者を選んだ上で、身体の状態や施術内容について、事前によく相談してから行う事が大切です。
当院の妊婦さん向けのマッサージ治療は、マッサージの国家資格を持ち、昔から利用されている東洋医療をベースにしているので、着衣のまま、妊娠時期に合わせて、安全・安心に、出産直前まで受けられます。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状のご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

SNSでもご購読できます。