ゴルフの疲れの、早期回復

【 (症例)疲労や だるさ 】 

ゴルフの疲れ


ゴルフの特徴的な痛みと言われる、腰痛や手首痛、膝の痛みなどは、ラウンド後の血流悪化による『蓄積疲労』が原因になっています。

ゴルフは、激しく動くスポーツではありませんが、日常生活には無い動作を、筋肉をフルに使って繰り返す事や、ショットやパット時に精神的な緊張が高まるので、どうしても疲労度が大きくなるからです。

ところが、プレイをしていると、コースに立った緊張感や高揚感や、お互いを注目しながら競い合うので、疲労の感覚が“隅に押しやられ”てしまい、ラウンド後のケアも、入浴だけで済ましたり、筋肉の張りを感じる箇所だけだったりするので、蓄積した疲労が解消されづらくなります。

【 ゴルフの疲労箇所 】身体の疲労箇所

 ≪ 首・肩・背中 ≫
スイング時に、ボールから眼を離さず、頭を残して振り切るので、首・肩・背中への筋肉に極度の緊張と、強い捻りが生じます。
しかも、「前傾した姿勢から、瞬間的に力を入れる」、「スイングの時に、身体の回転を素早くする」など、瞬発力を必要とする動作が繰り返されます。
この結果、首の付け根から肩にかけて、そして肩甲骨の奥の筋肉に、強い負荷がかかり、内側のインナーマッスルの疲労が強まります。

 

 ≪ 腕 ≫
スイング時に、緊張して肩から腕に力が入り過ぎると、後になって、腕がダルクなったり、痛みが出たり、します。
また、スイング時の衝撃で、肘の内側に炎症が起きて『ゴルフ肘』になると、しばらくして、肘から手首の内側が腫れぼったく感じたり、ズキズキとした痛みが生じたりします。
更に、腕の筋肉は肩や背中に続いているので、肩が凝る、首筋が凝る、背中が痛い、頭痛がする、などの症状が現れます。

 

 ≪ 腰 ≫
ゴルフのスイング時に、腰に急速な回転が生じるので、急激な負荷が、腰周囲の筋肉や靱帯にかかります。
この結果、腰の急激な痛み(ギックリ腰)や、重ダルサ、慢性的な腰痛、脚のこむら返り、などが起きる原因になります。
また、脇腹の筋肉に強い負荷がかかって、『脇腹痛』に悩まされる事もあります。

 

 ≪ 膝 ≫
ゴルフコースは歩く距離が長く、アップダウンも多くあるので、気付かないうちに、膝に負担がかかります。
また、スウィング時には、膝に、体重が大きく“のしかかり”ます。
これらによって、脚の疲労感だけでなく、膝が伸びにくくなったり、膝がガクガクしたり、脚のムクミやダルサ、などが起きてきます。

【 長引く、心身の疲れ 】長引く疲労 

しかも、思いのほか、ゴルフの疲れが長引く事があります。
一番大きな原因は、ゴルフ動作が、体幹の身体を支える筋肉を回転軸にして、瞬間的に何度も捻(ひね)って酷使する事と、粘(ねば)り強く、時間をかけて、たくさんの身体の筋肉を使うので、気が付かないうちに、疲労が大きくなるからです
言ってみれば、“瞬発力”と、“持久力”の、両方が必要なスポーツです。

 

更に、ゴルフはプレイ中、考える時間が多く、自分の意思で行うスポーツなので、“精神的な緊張”が連続します。
ショットごとに、「あそこまで、でボールを飛ばそう!」とか、パットごとに、「カップにボールを入れなきゃ!」と緊張する上に、絶えずスコアが気になって、心身が休まる事が無くなるからです。
この結果、強い緊張、不安、心配が繰り返されるので、プレイが終了しても、緊張がずっと尾を引いてしまい、身体の緊張がなかなか解消されなくなります。

 

しかも、疲労が自覚されない『疲労感無き、疲労』の影響もあります。
ゴルフの楽しさや高揚感があると、疲労が蓄積していても、脳が“疲労感”を隠してしまい、蓄積された『疲労感無き、疲労』が解消されていくのに、時間がかかる為です。
しかし、実際には、ゴルフに出かけると、休日に朝早く起きてゴルフに出かけたり、スコアを競い合う感覚が強まって緊張が連続していたり、日焼けや風などで体力をかなり消耗していたり、スコアに悩んだりして、心身を酷使した状態になっています。

【 疲労解消の必要性 】疲労 解消

人間の身体は、疲労したり、急激に体力を消耗したりしても、体内で循環している血液量は一定しているので、必要とされるフレッシュな血液量が、急には増えません。
また、静脈の血行を促す血管のポンプ作用も、疲労で働きが低下するので、排除が進まなくなって、疲労物質が溜まったままになります。
更に、脳の疲れは自律神経のバランスを乱し、精神状態にも影響を与えます。

 

この為、ゴルフから帰った後に、「ストレッチは面倒くさい、とりあえずひと休み」と、そのままダラダラと過ごしてしまうと、筋肉の疲労や緊張がなかなか解消されず、ダルサや倦怠感などの不快感も続いてしまいます。
栄養ドリンクを飲んで、疲労感を薄めても、疲れ自体は無くなりませんし、血行を良くしようと、熱いお風呂に入ったりすると、汗をかいて身体のエネルギーを使うので、かえって、疲れを感じ易くなったりします。
また、スタミナ料理を食べる人もいますが、心身が疲労している時にスタミナ料理を食べると、脂肪分が多い事もあって、消化する胃腸に負担がかかって、内臓の疲労を増大させてしまいます。

 

このような事から、ゴルフをした後は、気付かない『蓄積疲労』を解消させる為に、痛んだ身体のクールダウンが必要です。
血液の循環を促進させて、必要な酸素や栄養を、筋肉の隅々まで行き渡らせる事と、老廃物を押し流して、身体の機能回復を図る事が大切です
また、身体の興奮状態を鎮める為に、リラックスできるように、副交感神経の働きを回復させる事も大事です。

【 当院のマッサージ治療 】ゴルフ マッサージ

ゴルファーの体調の回復や、ダルサや疲労感の解消に、当院のマッサージ治療では、症状や希望に合わせて、施術時間や治療内容が選べるようにしています
例えば、施術時間では、ワンポイントの15分マッサージ、上半身あるいは下半身の30分マッサージ、全身を行う45分or60分マッサージ、などがあります。
これに、ゴルフの練習やラウンド後の疲労回復、あるいは、試合やコンペなどに向けてのボディコンディショニングなどの御要望合わせて、マッサージ治療を行っています。

 

問診や触診によって身体の症状を確認し、身体のコワバリの解消や、滞っている血行の回復、神経の興奮状態の鎮静などを図り、心身がリラックスできる状態にします。
活発に働いた身体を、スムーズに元の状態に回復させるので、身体に溜まった疲労回復や、精神的な疲労感の解消に、適しています。
これによって、翌日に向けて、気持ちをシャキッとさせる効果も期待できます。

 

心身の疲労は、血液の循環と密接に関係しているので、ゴルファーの疲労回復や体調の調整にも、キチンとした診断と治療が必要です。
当院は、問診や触診などに、ツボ刺激やマッサージ治療を加え、スポーツの疲労解消やボディコンディショニングを行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

SNSでもご購読できます。