立ち仕事と、腰痛対策

【(症例)痛み・しびれ 】

(写真)立ち仕事と、腰痛対策

長時間の立ち仕事は、腰痛を起こす原因と思われがちですが、実は立ち仕事そのものが原因ではなく、同じ姿勢を続ける事で筋肉が緊張し、血行が悪くなる事が、大きな原因になっています。

この為、立ち仕事の腰痛解消には、血液循環を回復させる事を意識して、下半身の筋肉の疲労や緊張のチェックや、関節の動きも回復させる事が必要です。

腰や脚には、昔から利用されてきた“健脚のツボ”がいくつもあるので、回復治療に、ツボを治療を加えると、脚の筋肉緊張や血行悪化の解消に、効果が高められます。

【 立ち仕事から腰痛に 】(図)立ち仕事から腰痛に

立ち仕事を、毎日続けていると、「夕方頃になると、腰がウズウズ痛む」、「物を持とうとしたら、急に激しい痛みで動けなくなった」、「慢性腰痛になり、最近では脚にシビレが出る」、「冷えると腰が重くなる」など、腰に様々な症状が出てきます。
これは、立ちっぱなしで、歩く事がほとんど無いと、脚や腰の筋肉の働きが低下し、血行不良が起き、新鮮な栄養や酸素の取入れや、老廃物の排出が、進まなくなるからです
この為、同じ立ち仕事でも、歩く事が多い立ち仕事より、ずっと立ちっぱなしの仕事のほうが、脚や腰の疲労や緊張が強まって、腰痛が起き易くなり、疲労感も強まっています。

 

また、立ち仕事は、腰の疲労や緊張が続くので、腰まわりの筋肉が張り詰めた状態になり、この結果、腰周囲の筋肉や神経を刺激し、腰の不快感を強めます。
例えば、チョット立ったり、座ったりするだけでも、骨盤や背骨を、アンバランスに強く引っ張る事になるので、「ピキッ!」とした痛みや、「ズキズキ」とした痛みを、感じるようになります。
しかも、アンバランスに引っ張られた状態が続くので、ジッとしていても、腰の筋肉や骨盤に、凝り固まったような「イヤーな感じ」や、「腰の凝った感じが、背中にまで響く感じ」が、するようになります。

 

更に、立ち仕事は、脚の血行不良を起こす事が多いので、これによって脚に冷えが生じると、腰痛を悪化させます。
脚の冷えで、下半身の筋肉が硬くなるので、柔軟性が無くなって、痛みが起き易くなる上に、冷えで神経が敏感になるので、痛みの感覚が起き易くなるからです。
しかも、下半身には全血液量の約7割が集まっているので、下半身の血行悪化から、脚に冷え症状が現れると、全身の循環悪化を起こし、慢性的な疲労感や、不眠、肩こりなど、二次的な体調不良を引き起こします。

【 セルフケアも難しく 】(図)セルフケア

立ち仕事で、腰の疲れや緊張が残ったままにしていると、腰の不快感や痛みが続くだけでなく、症状の解消が難しくなります。
筋肉が、元の柔らかい状態に戻る機会が無くなるので、必要な酸素や栄養が送り込まれにくくなり、老廃物が排出されづらくなって、筋肉の働きが低下する為です。
この結果、筋肉の回復力が失われて、「腰が、いつも重い、だるい、疲れる、痛い、張る」、などの症状に悩まされます。

 

また、腰の疲れや緊張が残ったままにしていると、お尻・太もも・ふくらはぎなどの下半身全体の筋肉も、同じような状態になります。
身体を安定させる腰の働きが、十分に果たされない状態なので、身体を支えている、お尻・太もも・ふくらはぎなどの筋肉に、過度の負荷がかかるからです。
この為、腰の疲れやダルサの解消には、腰だけでなく、これらの下半身の筋肉も、状態をよく確認して、疲労箇所や緊張箇所を回復させる事が必要になります。

 

ところが、このような状態になると、勧められる運動やストレッチが、かなり困難に感じ、実行が難しくなります。
脚や腰の、ダルサ・不快感・痛みなどから、軽い運動やストレッチでも、痛みを敏感に感じるからです
また、腰の痛みを防ぐような姿勢を、無意識に続けるので、それによって、筋肉が硬化したり、関節の動きが悪くなったりするので、運動やストレッチを難しくさせます。

【 慢性化させてしまうと 】(図)疲労の慢性化

このような事から、腰に気になる症状があっても、立ち仕事をしていると、「仕事だから仕方がない」と思いがちです。
しかし、脚や腰の血行やリンパ液の流れが悪くなっているので、身体が疲れ易くなったり、ダルサを感じ易くなったりするので、毎日の仕事や家事の妨げになります
立ち仕事の時に、「腰の状態は、大丈夫かな?」と、いつも不安にかられたり、脚の踏ん張りを効かせたりする時に、「ギックリ腰を起こすのでは?」と、毎回心配になったりするからです。

 

また、腰に気になる症状があると、精神的に、持続的なストレスとなって、腰の不快感や痛みが増します。
ストレスで緊張感が強まると、血管を圧迫して、血行が悪化する事と、ストレスを感じていると、身体のバランス(姿勢)にも影響を及ぼし、腰の負担が増すからです。
しかも、精神的なストレスは、休息をとっても解消されないので、気になるキッカケが生じると、腰の不快感や痛みがぶり返します。

 

このような時、「休め」のポーズのように片足に重心をかけていたり、ダランとした猫背気味で立っていたりすると、体幹を支える筋肉を使わなくても、姿勢をキープできるので、その分楽だと感じます。
しかし実際は、このような姿勢が多くなると、かえって腰の負荷が増します。
骨盤が左右アンバランスの状態になるので、ずっと続けていると、負荷のかかる特定の箇所の筋肉に、疲労物質が溜まるので、後になって、不快感や痛みが起きるようになるからです。

【 当院の、腰痛治療 】(写真)当院の治療

立ち仕事の症状改善には、腰だけでなく、硬くなった下半身全体の筋肉の疲労や緊張をチェックし、それらを解消し、関節の可動性を回復させ、それと共に、血液の循環を正常にする事が必要です
特に腰は、完全に休ませる事が難しい部位なので、痛みを感じる場合は、しっかりと筋肉の機能を回復させる事が大切です。
この為、当院では、立ち仕事の症状改善に、マッサージ治療に加え、昔から広く利用されているツボ刺激を加えた治療を行っています。

 

もともとツボは、身体の異常を知らせるセンサーであり、また、病状を改善する箇所なので、昔から、体調の変化が起こった時に、疾病の治療点として使われてきました。
特に腰や脚には、血行を良くするツボや、疲労を回復させる為に、昔から利用されているツボが、いくつもあるので、立ち仕事で硬直している筋肉の回復に、効果を発揮します。
この為、当院では、疲労や緊張で崩れかけた身体を、バランスを整え、体調を回復させる為に、ツボを使った腰痛治療を取入れています。

 

例えば、マッサージ治療とツボ刺激を併用して、股関節の柔軟性を回復させると、腰から下に太い動脈や神経が通っているので、下半身の血行が促進される効果や、筋肉の柔軟性回復に、効果があります。
有効なツボを確認して、刺激すると、1回の施術でも、身体がほぐれて、柔らかくなってくるので、身体が回復してくる変化が、実感できます。
しかも、下半身の状態が改善されると、身体全体の循環も促進されるので、スッキリ感が違ってきます。

 

立ち仕事のように、長時間同じ姿勢を取り続けている状態は、筋肉疲労が増して、血流が悪くなり、ダルサや痛みを感じ易くなります。
当院は、マッサージ治療により、疲労や過緊張を回復させ、身体のバランスを整え、痛みを解消させる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。