立ち仕事と、腰痛対策

~ 本八幡( 市川市 )から、疲労・こり・痛み・しびれ など、『 マッサージ治療 』の御案内 ~

立ち仕事

立ち仕事で、「脚がパンパンになってしまい、家に帰ると、もう、脚を投げ出したい!」という方が、多くいらっしゃいます。

このような状態になると、目立つのが“脚太り”です。

しかし、立ち仕事は、“脚太り”だけでなく、腰や脚へのダメージが蓄積するので、疲労感や痛みに悩まさるようになります

【 脚に水分が溜まるだけでなく 】脚への影響

立ち仕事を続けて、下半身の血行やリンパ液の流れが悪化すると、水分が溜まり、脚がむくんでくる事が、よく知られています。
更に状態が悪くなると、身体全体が、疲れ易くなったり、ダルクなったりします。
下半身の血流の悪化によって、全身の血流にも悪化を起こし、新鮮な栄養や酸素の取入れや、老廃物の排出が進まなくなるからです

 

また、むくみ以外にも、ふくらはぎや太ももが“脚太り”になる原因があります。
血行が悪くなって、脂肪や老廃物が一緒に凝り固まった“脚太り”です。
この為、「脚の表面はプヨプヨと柔らかいけれど、その下の筋肉がコワバッテいる」とか、「脚がゴツク感じる」、「脚に力を入れていなくても、筋肉が硬い」などと共に、「腰から下が重く、だるい」と感じるようになります。

 

そして、そのままにしていると、様々な障害が現れる事があります。
例えば、血行の悪化から脚に血液が溜まり、静脈の弁の機能を損傷してしまうと、静脈圧が高くなるので、皮膚の表面に青紫色の毛細血管が、浮き出るようになります。(『下肢静脈瘤』)
また、立ち仕事で足の裏に負荷がかかり続けると、微細な筋肉の断裂を起こし、歩くと足の裏が痛み出します。(『足底腱膜炎』)

【 腰への影響 】腰への影響

また、立ち仕事は、脚だけでなく、腰にも大きな影響を与えます。
足元で身体を支えている脚の筋肉が弱ると、その分、腰に負担がかかるからです。
しかも、立ち仕事が長く続くと、腰の疲労や緊張が解消しないうちに、弱っている腰に、繰り返し負荷がかかるようになります

 

この為、ジッとしていても、腰の筋肉や骨盤に、凝り固まったような「イヤーな感じ」や、「腰の凝った感じが、背中にまで響く感じ」が、するようになります。
腰の疲労や緊張が続いて、筋肉が張り詰めた状態になっているので、腰の下の骨盤や、上側の背骨を、アンバランスな状態で強く引っ張ってしまい、周囲の筋肉や神経を刺激する為です。
チョット立ったり、座ったりするだけでも、ズキズキとした痛みを、感じるようになります。

 

また、立ち仕事は、精神的なストレスにも、腰の不快感や痛みが増します。
心理的なプレッシャーを感じると、緊張して血行の悪化が起き易くなる事と、うつむいた姿勢になるので、身体のバランスが微妙に乱れて、腰への負担が増すからです。
更に、精神的なストレスは、休息などをとっても緩和されにくいので、気になると、腰の不快感や痛みが増すようになります。

【 セルフケアの難しさ 】ストレッチ 難しい

脚の疲労が蓄積してくると、それらを解消させる働きも、低下させます。
筋肉への負荷が続くので、元の柔らかい筋肉に戻りにくくなって、全身の血の巡りが悪化するからです。
この結果、身体に必要な酸素や栄養が送り込まれにくく、老廃物が排出されづらくなって、身体の回復力が低下してしまいます。

 

しかも、立ち仕事を続けていると、セルフケアを難しくさせる事があります。
立ち仕事による、下半身にかかる負荷を減らそうとして、自分にとって楽な姿勢を、とりがちになるからです。
例えば、片足に重心をかけていたり、猫背気味で立っていたり、絶えず姿勢を変えたりしているうちに、だんだんと、骨盤や背骨に歪みが生じ、自分で自分の身体のケアをする事が難しくなります

 

また、勧められた運動やストレッチが、“逆効果”のように感じられる事もあります。
長い間、腰の痛みで、腰をかばう姿勢を取ってきた人にとって、軽い運動やストレッチでも、かなり困難に感じてしまうからです。
しかも、痛みを敏感に感じてしまいます。

【 慢性化すると 】腰痛 不安

この結果、立ち仕事を続けていると、気になる症状があっても、「立ち仕事だから、仕方がない」と、思いがちです。
しかも、立ち仕事を続けるうちに、身体が痛みや不快感に慣れて、和らぐように感じる事があります。
しかし、次第に仕事や生活面に、支障をきたすようになります

 

例えば、血行が悪いので、疲れに敏感になって、仕事や家事の妨げになります。
また、気分的にも、「大丈夫かな?」と、いつも不安にかられたり、ギックリ腰を起こすのが心配になったりするので、仕事に集中しづらくなります。
しかも、立ち仕事から、骨の変形が起きてしまうと、痛みに一生付き合う事にもなりかねません。

【 マッサージ治療 】腰 ケアー

この為、硬くなった下半身の筋肉の緊張を解消し、関節の可動性を回復させて、血液の循環を正常にする事が大切です。
しかし、身体のケアは、立ち仕事の場合、自分の身体の状況に合っているかどうかを、見極める事が大切です。
このような場合、セルフケアより、専門家による治療法を、選択肢に入れてみる事が必要です。

 

例えば、昔から広く利用されているのが、マッサージ治療とツボ刺激も加えた方法があります。
腰や脚には、血行を良くするツボや、疲労を回復させる為に、昔から利用されているツボが、いくつもあるので、立ち仕事で硬直している筋肉に、効果を発揮します
有効なツボを確認して、刺激すると、1回の施術でも、身体がほぐれて、柔らかくなってくるので、身体が回復してくる変化が、実感できます。

 

特に、腰の部分は、完全に休ませる事が難しい部位なので、痛みを感じる場合は、しっかりと筋肉の機能を回復させる事が大切です。
腰から下に太い動脈が通っているので、マッサージ治療とツボ刺激を併用して、股関節の柔軟性を回復させると、下半身の血行が促進され、筋肉の機能回復に効果的です。
また、身体全体の循環も促進されるので、スッキリ感が違ってきます。

 

筋肉の緊張が続くと、血流も悪くなり、ダルサや痛みを感じ易くなります。
当院は、マッサージ治療により、疲労や過緊張を回復させ、身体のバランスを整え、痛みを解消させる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

SNSでもご購読できます。