立ち仕事と、腰痛対策

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)立ち仕事と、腰痛対策

 

導入文

立ち仕事の店舗販売や接客業、警備などは、長時間立ったままの仕事になるので、身体を支える腰に大きな負担がかかり、疲労や緊張が増して、腰の血行が悪くなってくると、腰痛が起き易くなります。

しかも、立ち仕事をしていると、人それぞれの、重心の傾きや、姿勢の癖があるので、無意識に、前かがみ姿勢になったり、どちらか一方の脚に体重をかけ続けたりして、気付かないうちに、腰にかかる負荷を強めてしまいます。

長時間の疲労や緊張だけでなく、このような気付きにくい原因を含めた腰痛の改善には、疲労やコワバリの箇所をチェックするだけでなく、腰や脚に“健脚のツボ”がいくつもあるので、マッサージ治療にツボ治療を加え、脚の筋肉の緊張解消や血行促進をする事が必要です。

【 立ち仕事から腰痛に 】(図)立ち仕事から腰痛

立ち仕事を、毎日続けていると、「夕方頃になると、腰がウズウズ痛む」、「慢性腰痛になって、最近では脚にシビレが出る」、「冷えると腰が重くなる」、「物を持とうとしたら、急に腰に激しい痛みが起きて動けなくなった」など、腰に様々な症状が出てきます。
これは、ずうっと立ちっぱなしで、身体を動かす事が無くなってくると、脚や腰の筋肉の働きが低下して、血行不良が起き、それによって、筋肉内に新鮮な栄養や酸素の取入れができなくなったり、老廃物の排出が滞ったりして、痛みを感じさせる神経を刺激するからです
この為、立ち仕事の中でも、歩く事が多い立ち仕事より、ずっと立ちっぱなしの仕事のほうが、脚や腰の疲労や緊張が強まり、疲労も強まるので、腰痛が起き易くなります。

 

また、立ち仕事で、腰の疲労や緊張が続くと、腰に痛みを起こさなくても、腰まわりの筋肉が張り詰めた状態になるので、筋肉のコワバリから神経が刺激されて、不快感が起きてきます。
例えば、ジッとしていても、「腰が、いつも重い、だるい、疲れる、痛い、張る」、「凝り固まって、イヤーな感じ」、「腰の凝った感じが、背中にまで響く感じがする」、などを感じるようになります。
更に、チョッと立ったり座ったりするだけでも、腰の筋肉のコワバリで付近の神経が過敏状態になっているので、神経を刺激して、「ズキズキ」としたニブイ痛みや、「ピキッ!」とした痛みが起きます。

 

しかも、脚の血行悪化によって、下半身に冷えが起きると、更に腰痛を悪化させ、体調の不調も引き起こします。
血行悪化によって、痛みが起きてくるだけでなく、冷えが起きると神経が過敏状態になるので、身体に少しでも不快感が生じると、それがキッカケとなって痛みが起きるからです。
しかも、下半身には全血液量の約7割が集まっているので、下半身の血行悪化や冷えが起きると、全身の血液の循環も悪化して、それにより二次的な体調不良を引き起こし、疲労感に悩まされたり、肩こりや背部痛などが強まったり、神経の興奮から眠りづらくなったりします。

【 楽な姿勢 】(図)楽な姿勢

この為、腰の疲労や緊張を、少しでも和らげようと、片足に重心をかける「休め」のポーズをとったり、ダランとした猫背気味で立ったり、します。
身体を直立させていると、もともと人の身体は完全な左右均等ではなく、重心がどちらかに偏っているので、続ける事が難しくなるからです。
しかも、このような姿勢は、身体を支える腰の筋肉に頼らなくても、姿勢をキープできるので、その分、楽に感じられます。

 

しかし実際は、特定の腰の筋肉に負荷が増す事と、骨盤の左右アンバランス状態が続くので、かえって腰全体の負荷が増し、不快感や痛みが強まります
また、このような姿勢をしていると、骨盤の左右アンバランス状態を維持する緊張から、次第に疲労物質の排出が低下し、筋肉内に疲労物質が溜まってくるので、やはり、不快感や痛みが増すようになります。
更に、身体のバランス(姿勢)が悪くなっているので、腰の安定を保つ神経に負荷がかかり続けることになり、許容限度に近づくと、ピリピリ、ジンジン、チクチクといった、神経からの痛みも起きてきます。

 

この為、前かがみになったり、どちらか一方の足に体重をかけ続けたりして、一時的に楽に感じられる姿勢をしても、腰痛を更に辛くさせてしまいます。
また、崩れた骨盤のバランスの上に、身体がネジレタ状態になるので、腰痛だけでなく、身体の筋肉が引っ張られて、肩こりや背中の張りなどの、様々な症状が起き易くなります。
特に、中高年世代になると、身体を支える筋肉や靭帯の力が低下してくるので、このような姿勢が癖になると、立つ・歩く・座るといった日常の動作がスムーズでなくなったり、腰痛が長引いたり、何となく体調が良くない状態が起き易くなったりします。

【 慢性化させてしまうと 】(図)腰痛の慢性化

立ち仕事をしていると、腰に気になる症状があっても、腰の疲労や緊張を和らげる対策が難しいので、「仕方がない」と思って、身体が慣れる事を期待します。
しかし、腰の疲労や緊張が続くと、お尻・太もも・ふくらはぎなどの下半身全体の筋肉も、腰の疲労や緊張の影響を受けて、同じような不調が現れます
身体を安定させる腰の働きが、十分に果たされない状態なので、その分、お尻・太もも・ふくらはぎなどの筋肉に、過度の負荷がかかるので、脚が疲れてくるだけでなく、痛みを感じたり、脚がむくんでパンパンになったりします。

 

このような、下半身全体に不調が現れてくると、腰痛対策として勧められる運動やストレッチが、困難になってしまいます。
自分で運動やストレッチをしても、筋肉が硬化したり、関節の動きが悪くなったりするので、動かにくい状態になるからです。
しかも、軽い運動やストレッチでも、脚や腰の、ダルサ・不快感・痛みなどから、痛みを敏感に感じるので、運動やストレッチを行うのが難しくなります。

 

更に、毎日の仕事や家事にも、身体が疲れ易くなったり、ダルサを感じ易くなったりするので、妨げにもなります。
腰の筋肉の回復力が失われるので、「いつも腰が、重い、だるい、疲れる、痛い、張る」と悩まされるだけでなく、立ち仕事の時に、「腰の状態は、大丈夫かな?」と不安にかられたり、そして、脚の踏ん張りを効かせたりする時に、「ギックリ腰を起こすのでは?」と毎回心配になったりするからです。
この為、腰の疲れやダルサを解消するには、腰だけでなく、これらの下半身や上半身の筋肉も、状態をよく確認して、疲労箇所や緊張箇所をチェックして、回復させる事が必要です。

【 当院の、腰痛治療 】(写真)当院の治療

腰は、完全に休ませる事が難しい部位なので、痛みを感じる場合は、しっかりと筋肉の機能回復を行う事が必要です。
また、腰痛治療の場合、腰だけでなく、腰が身体の姿勢を支える筋肉と共に働いているので、硬くなった下半身全体の筋肉の疲労や緊張をチェックして、それらを解消し、関節の可動性を回復させ、それと共に、血液の循環を正常にする事が必要です
このような、身体を整えて健康状態に戻すには、昔から、崩れかかった身体のバランスを整える事を扱ってきた、東洋医療をベースにしたマッサージ治療が、効果的で、安全です。

 

当院では、このような腰の症状改善に、東洋医療をベースにしたマッサージ治療に加え、昔から広く利用されているツボ治療を行っています。
これは、腰や脚には、血行を良くするツボや、疲労を回復させる為に、昔から利用されている“健脚のツボ”が、いくつもあるので、立ち仕事で硬直している筋肉の回復治療に、効果を発揮するからです。
しかも、ツボ反応が現れる箇所は、身体の異常を知らせるセンサーであり、また、病状を改善する箇所なので、重心の傾きや姿勢の癖などの、本人の気付かない腰の負荷の治療にも、有効な治療法になる為です。

 

この為、当院では、疲労や緊張で崩れかけた身体を、バランスを整え、体調を回復させる為に、ツボを使った腰痛治療を取入れています。
例えば、マッサージ治療とツボ刺激を併用して、股関節の柔軟性を回復させると、腰から下に太い動脈や神経が通っているので、下半身の血行が促進される効果や、筋肉の柔軟性回復に、効果があります。
有効なツボを確認して、刺激すると、1回の施術でも、身体がほぐれて、柔らかくなってくるので、身体が回復してくる変化が、実感できます。

 

立ち仕事のように、長時間同じ姿勢を取り続けていると、筋肉が元の柔らかい状態に戻る機会が無くなり、筋肉の働きが低下したままになります。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療により、疲労や過緊張を回復させ、身体のバランスを整え、痛みを解消させる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状のご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

SNSでもご購読できます。