肩甲骨の、位置ズレの、こり

【(症例)こり・しこり 】

肩甲骨の、位置ズレの、こり

デスクワークのように、身体を動かさずにジッとしていると、肩が凝ってくるだけでなく、背中も凝ってきて、肩甲骨の内側に、ズキズキとした鈍痛や、チクチクと刺すような痛みが起きてきます。

背骨の周りには、自律神経が通っているので、背中の筋肉が固まったり、背骨を柔軟に動かせなかったりすると、自律神経がうまく機能できなくなって、体調の悪化を招きます。

例えば、筋肉の緊張が解消されづらくなるので、胸の呼吸運動も制限されて、胸苦しさや圧迫感が起き、それによって疲れ易くなったり、胃腸の働きが悪化して、胃もたれや食欲不振などにも、悩まされたりします。

【 肩甲骨の位置ズレ 】肩甲骨 ズレ

このような状態になると、特に、背中の肩甲骨あたりが、ダルク、熱っぽく感じ、そして、腫れぼったく、盛り上がったように感じます。
これは、座りっぱなしで、猫背姿勢を続けていると、血液やリンパ液の流れが妨げられて、背中の筋肉に“むくみ”が生じた為です。
内部に、老廃物が溜まり、必要な酸素が不足した状態になっているので、不快感がダラダラと続き、不快感や疲労感が強まります

 

また、肩甲骨を動かす動作をした時に、背中の骨がこすれるような、ゴリゴリと音が出る事もあります。
これは、肩甲骨の下にある筋肉が、凝り固まってくる時に、接触している肋骨や肩甲骨の形状に合わせて、“洗濯板”のように、デコボコ状になった為です。
この為、肩を大きく動かし、肩甲骨を動かすような動作をすると、デコボコ状に凝り固まった筋肉が、擦れあって、ゴリゴリ音が出るようになります。

 

特に悪化させるのが、猫背姿勢が続いて、肩甲骨が肩側に移動したまま、固定化された場合です。
前のめり姿勢から、肩甲骨も肩の方向に引っ張られて、上がりっぱなしになり、そのまま、肩まわりの筋肉の凝りで固まると、動きがとれなくなり、肩甲骨の位置がズレタまま、固定化されるからです。
肩甲骨には、背中のいろいろな筋肉が接続しているので、これによって、背中のいろいろな筋肉が不自然な方向に引っ張られて、神経を刺激し、いつまでも痛みや違和感を強まるようになります。

【 見返り美人図から 】見返り美人

本来、肩甲骨は、肋骨の上に、乗っかったような構造になっているので、上下左右、かなり広い範囲で、自由な動きができるようになっています。
これによって、上半身の動きが、肩甲骨によって動きを制限される事が無く、自由に、柔らかく、そして、しなやかに動けます
この動作を上手く現したのが、江戸時代に描かれた『見返り美人図』で、身体は前を向いたまま、背部の肩甲骨を後ろに引き、首だけ傾いて振り向き、優雅な雰囲気と、女性らしさを表現しています。

 

ところが、年齢的に25歳を過ぎると、肩甲骨付近の筋肉の老化が始まって、柔軟性が無くなり始めます。
しかも、日常生活で、背中の筋肉を動かす事が無いので、仕事や家庭で、疲れを溜め込んでいるうちに、次第に、固く動きの悪い肩甲骨になり、背中の動きが悪くなります。
この為、『見返り美人図』のような恰好をすると、無理に、身体をひねったようになってしまいます。

 

それでも、日常生活では、肩甲骨を意識的に動かす必要性が無いので、動きが悪くなっていても、あまり気になる機会はありません。
しかし、筋肉が緊張した状態が続いたり、姿勢の悪化で筋肉疲労を引き起こしたりすると、血行不良を起こし、痛みが起き易くなります。
また、胸側の筋肉も影響を受けて、筋肉の柔軟性が無くなって、呼吸が浅くなって、疲れを感じ易くなったり、肩甲骨の内側の違和感や痛みから、自律神経の働きに支障を与え、身体のダルサや、イライラ感などが、強まったりします。

【 肩甲骨の可動性の回復 】肩甲骨はがし

背中の凝りの、不快感を解消させる為にも、やはり、肩甲骨の可動性を回復させる事が必要です。
しかし、背中は、様々な筋肉が、密接に重なり合っているので、凝りや痛みを起こしている個所を、ピンポイントに特定し解消させる事が、難しい部位です。
しかも、自分で、自分の肩甲骨を、動かそうとしても、困難です。

 

この為、専門家に、広範囲に、肩甲骨を動かしてもらう方法(他動運動)が、実際的で、即効性があります。
最近、よく聞にする、“肩甲骨はがし”が、それです。
“肩甲骨はがし”と聞くと、言葉は強烈ですが、要は、肩甲骨まわりの筋肉を、ほぐす事を言っています

 

この“肩甲骨はがし”による、最大の効果は、肩甲骨周辺の凝り固まった筋肉が、ほぐれ易くなるので、肩こり解消に効果がある事です。
また2つ目は、背中の“むくみ”の症状が解消されるので、すっきりとした感じに戻る事です。
そして3つ目は、丸まった背中が伸びてくるので、正しい姿勢に戻り易くなり、腰痛の改善にもなります。

【 マッサージ治療では 】マッサージ

マッサージ治療では、背中の筋肉のコワバリを、ある程度、解消させてから行います。
この後に、動きの悪くなった肩甲骨を、前後左右に、広範囲に動かす運動療法( ≒ 肩甲骨はがし)を行い、肩甲骨の本来の動きを回復させます。
吊りあがった肩甲骨が、自然に、本来の場所に戻るようになるので、背中の筋肉が緩み、滞っていた血行が改善され、奥から、じんわりとほぐれてくる感触が得られます

 

その後に、腫れぼったく感じさせている、老廃物が溜まった“むくみ”を、解消させます。
東洋医療系のマッサージ治療では、脇の下の、いくつかのツボを利用して、肩甲骨周辺の血行やリンパの流れを、促進させています。
ツボ刺激で、“むくみ”が解消されてくると、重ダルサや疲労感が消え、腫れぼったく感じていた背中が、スッキリします。

 

パソコンやスマートフォンの長時間の使用、日々のストレスなどで、心や身体が緊張してコワバルと、背中の筋肉はカチカチに固まってしまいます。
当院は、背中の凝りや痛みなどの不快感を解消させる為に、コワバッタ背中の過緊張の解消や、肩甲骨の可動性を回復させる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

SNSでもご購読できます。