更年期の肩こりと、血圧上昇(高血圧)

【(症例)こり・しこり 】

女性の場合、40歳代前半までは血圧が低くても、更年期を迎える頃になって、急に血圧が上がる事があり、これを『更年期高血圧』と言います。

女性の場合、40歳代前半までは血圧が低くても、更年期を迎える頃になって、急に血圧が上がる事があり、これを『更年期高血圧』と言います。

更年期になって女性ホルモンが減少してくると、不安やストレスなどがキッカケとなって、血圧をコントロールしている自律神経が変動し易くなり、それによって、血圧が不安定になる為です。

この為、血圧をチェックするだけでなく、自律神経の働きを乱す、頭痛、めまい、肩こり、むくみ、動悸、などに気付いたら、体調を回復させて、高血圧症にならないように予防する事が大切です。

【 更年期高血圧の特徴 】(図)更年期高血圧

『更年期高血圧』には、特徴があります。
それは、血圧が常に高いのではなく、不安やストレスを感じると、それがキッカケとなって、急に高くなったり、低下したりして、血圧が不安定で変動し易くなる事です
例えば、普段の血圧は、それ程高くないのに、頭痛やめまいなどが起きると血圧が上がったり、イライラや睡眠不足があると血圧が高くなったり、病院で血圧測定をすると高くなるなど、チョッとしたキッカケで血圧が変動し易くなります。

 

これは、精神的に不安やストレスを感じると、身体の防御反応として、無意識のうちに自律神経が心拍数を高めたり、血管を収縮させたりするので、血圧が急に上がってしまう為です。
例えば、この時期に現れる、頭痛、めまい、動悸、イライラ、ほてり、不安感などで、血圧が上がったり、夫の定年、親の介護、子どもの就職や独立などで、精神的に不安やストレスが増して、血圧が不安定になったりします。
このように、『更年期高血圧』の原因として、不安やストレスが深く関係しています。

 

しかも、こうした不安定な状態が続くと、血圧の高止まりとなって、本格的な高血圧へ移行する事があります。
血圧が上がると、さらに不安やストレスが増し、それが血圧を上げるというように、悪循環を繰り返していくうちに、高血圧の状態が慢性的してくるからです。
また、慢性的な高血圧にならなくても、不安やストレスを抱えていると、血圧が上昇し易い状態になるので、朝に血圧が急上昇する『早朝高血圧』となって、心血管疾患のリスクを高める危険性があります。

【 更年期高血圧の自覚症状 】(図)更年期高血圧の自覚症状

『更年期高血圧』は、自覚症状がほとんどないので、自覚症状がないまま、進行してしまう危険性があります。
しかし、『更年期高血圧』は、不安やストレスなどによる、自律神経の働きの乱れから起きる事が多いので、血圧が急上昇する前に、様々な気になる兆候が現れる事が多くあります
代表的な兆候が、頭痛、めまい、肩こり、むくみ、動悸、などです。

 

これは、不快な症状が起きると、自律神経の働きを乱して、脳血流の調節機能が低下し、高血圧になり易くなるからです。
また、家事や仕事に追われて、運動不足の状態になっていると、筋肉の働きが低下し、それによって、血管の“しなやかさ”も無くなってくるので、血圧が高くなってきます。
更に、この時期になると、体調が悪くなったり、疲れが溜まったりする事が多くなるので、これも、血圧の変動を大きくさせます。

 

更年期になると、家事や仕事で忙しくなるので、「頭痛がしても、そのうち消える」、「肩こりはあって当膳」、「疲れているだけで病気ではない」、というようなお考えの方がとても多くいらっしゃると思います。
しかし、「何となく体調が悪い」という自覚症状があったら、『更年期高血圧』の兆候かもしれません。
これらの不快な兆候は、身体からのメッセージが隠されているので、何も対策をとらないと、更年期の肩こりや首こり、頭痛で、55歳ぐらいから本格的な高血圧へと進んでしまいます。

【 医院では 】(図)医院

医院の治療では、血圧の対策として、薬の処方と共に、食生活や運動習慣などの、生活指導がされます
これは、薬による治療法は、簡単で、即効性がありますが、根本的に治す事ができない為です。
例えば、薬の服用によって、血圧を下げる事ができても、根本的に治す事ができないので、服用を中止すると、再び血圧が上昇してしまいます。

 

この為、ストレスの解消を心がけて、心と身体の両方に、負担のかからない生活に改善する事、バランスのとれた食生活や、適度な運動が勧められます。
上が140~159、下が90~99mmHgの範囲であれば、運動と食事だけでも、薬を使わずに、血圧を下げられる事もあります。
特に、適度な運動は、筋肉にたくさんの酸素や栄養を運ぶので、血管が広がり、血圧を上げようとする神経の緊張を、緩和させる働きがあります。

 

しかし、更年期になると、身体の筋肉は、運動不足や姿勢の悪さ、加齢などで、硬くなっているのが実情です。
この為、適度な運動をしようとしても、運動がしづらかったり、体調が優れなかったりすると、継続が難しくなります。
また、運動の効果は、すぐには現れない事も、途中で止めてしまう原因になります。

【 当院の、更年期高血圧の治療 】(写真)当院の高血圧治療

『高血圧』という症状は、“血圧計が出来た後”に突きとめられた症状なので、血圧計が出来る遥か前から行われてきた東洋医療には、『高血圧』という考え方がありません。
しかし、更年期の血圧上昇は、不安やストレスなどによる、自律神経の働きの乱れから起きる事が多いので、これらの症状(不定愁訴)には、身体のバランスを整える事を得意とする東洋医療が効果を発揮します
この為、当院は、更年期の血圧対策に、気になる症状から身体の不調箇所を調べ、体調を整える治療を行っています。

 

例えば、更年期になって『頭痛』や『肩こり症状』に悩まされていると、「頭が重くて、気分がふさぐ」といった不快感に悩まされ、『更年期高血圧』を引き起こす原因になります。
当院では、『更年期高血圧』を予防し、これらの症状を解消させる為に、ツボ刺激を併用したマッサージで、首筋や肩の筋肉の硬直を解消させ、柔軟性を回復させ、首・肩・背中のバランスを整える治療を行っています。
更に、腰も痛みやダルサなどを感じている場合は、腰の柔軟性回復だけでなく、ふくらはぎの血液を送り出すポンプ作用の活性化も行っています。

 

これは、身体の柔軟性回復や血液循環の促進によって、神経が感じていた不快感が減少してくると、それにより自律神経の働きも回復し、血圧が安定してくるからです。
この為、当院では、特に、問診と触診にウエイトを置いて、それぞれの症状、一人ひとりに適したツボを探し出すようにしています。
ツボが、身体の異常を知らせる『反応点』であり、病状を改善する『治療点』でもあるからです。
身体からの不快な症状は、身体からの重要なメッセージが隠されているので、身体に異常が起きる前に体調を回復させて、健康な状態に戻す事が大切です。

 

体調を整え、高血圧を招く緊張状態を和らげるには、ツボ刺激を併用したマッサージ治療が効果的です。
当院では、こりや痛みだけでなく、筋緊張やそれに伴う硬結、不快感、疲労感、疼痛などを解消する治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

 

 

SNSでもご購読できます。