脚のむくみ や 冷え と、ブーツ

【(症例)身体の不調や、不快感 】

(写真)脚のむくみ や 冷え

脚のコーディネートに、ブーツが欠かせませんが、ブーツで脚の筋肉の動きが制限されると、血液やリンパ液が停滞し、思いもしなかった、脚の冷えや、むくみを、引き起こす事があります。

しかも、脚の筋肉の内部がコワバッテ、血液を心臓に戻している『筋ポンプ』の働きが低下してしまうと、脚を、なでたり、さすったりするだけでは、脚のむくみや冷えが、なかなか解消できなくなります。

このような解消しづらい症状に、身体に現れたツボ(反応点)を利用して、血管周囲のコワバリを解消させたり、筋肉の働きを回復させたりすると、身体の弱った回復力を高め、症状を改善させる効果があります。

【 脚に、冷えが… 】(図)脚の冷え

日本では 1960年代に入ってから、ミニスカートの流行に合わせてロングブーツが脚光を浴び、その後も、ファッション性と足元を温かく保つ最適なグッズとして、ブーツの人気が続いています。
最近は、寒い季節だけでなく、暑い夏でも、足元が、クーラーの効き過ぎで冷気を受けてしまうのを防ぐ為に、サマーブーツが利用されています。
ところが、「見た目が良く」、「暖かいはず!」と思ってブーツを履いていたら、だんだん足先が冷たくなって、感覚がジーンと鈍ってしまい、思わず「ブーツを脱ぎたい!」と、なってしまう事があります。

 

この原因として、足元がスッポリと覆われるようなブーツを履いていると、足首がギュッと固定されてしまって、足裏やふくらはぎの筋肉の動きが制限されるので、血行が悪くなる事が、指摘されています。
足首をギュッと固定されてしまうので、筋肉の自然な伸び縮みができなくなって、血液を心臓へ送り戻しをしている『筋ポンプ』の効率が悪くなるからです。
この結果、暖かそうだと思ってブーツを履いていたら、「足先がヒンヤリしてしまい、冷たい!」という、予想外な事が起きてしまいます。

 

更に、もう一つ原因として、気が付かない、足の汗の冷えがあります。
足裏には、「汗腺が、背中や胸の5~10倍もあり、1日にコップ約1杯分もの汗をかく」と言われるので、踵(かかと)から履き口まで長いブーツを履いていると、これらの汗が外に排出されずに、そのまま冷えてしまうからです。
また、足の汗は自律神経と深い関わりがあるので、「緊張していたり」、「興奮していたり」、「ストレスが続いていたり」すると、余計に汗をかいて、足がしっとりと湿ったようになり、これが冷えると足を冷やします。

【 脚に、むくみが… 】(図)脚のむくみ

また、ブーツを履いていると、「脚がだるい」、「重い」といった、不快さに悩まされる事があります。
これも、足首が固定されて、足裏やふくらはぎの筋肉の動きが制限されるので、血液やリンパ液を流す『筋ポンプ』作用が弱まり、脚の皮膚の下に、余分な水分や老廃物が溜まる為です
特に、靴下を重ね履きして、膝上まであるロングブーツを履いていたり、固い素材で、足首を締め付けるようなタイトなブーツを履いていたりすると、脚の『筋ポンプ』作用がかなり低下し、このような不快感が、起き易くなります。

 

このタイプの脚のむくみは、脚の冷えに、悩まされている人ほど起き易くなっています。
「脚の冷え → 血の巡りが悪くなる → むくむ → むくみで余計に血の巡りが悪くなる → 脚の冷えが強まる→ 更に血の巡りが悪くなる」という、悪循環に陥るからです。
実際、女性の70%以上は、脚の冷えと共に、「脚がだるくてムズムズする」、「夕方になると、毎日、靴がきつくなる」、「すねを指で押すとへこむ」など、脚のむくみを感じています。

 

そして『冷えむくみ』となって、冷えとむくみが同時に起きていると、ますます症状が、長引くようになります。
例えば、足首からむくみで太くなって、慢性状態となり、その上、「足の芯まで痛む」、「脚の冷えやダルサで眠れない」、「足にしもやけができる」、「夏でも足が冷たい」、などが起きてきます。
更に、脚の冷えやむくみと共に、腰のダルサや痛み、そして高血圧にも、悩まされる事が多くなります。

【 脚の柔軟性と血行の回復 】(図)ストレッチとマッサージ

「おしゃれとして、ブーツを履きたい!」というのは、多くの女性の気持ですが、ブーツを履いていて、脚に、むくみや冷えなどの違和感が現れたら、チェックして、脚の状態を確認する事が必要です。
例えば、『脚のむくみチェック』として、①靴下の跡がいつまでも残る、②膝から下を指で10秒ほど押した後、指を離しても跡が残る、『足の冷えチェック』として、①手は温かいが足は冷たい、②寒くなるとふくらはぎや足先が冷える、③足先が冷えてなかなか寝つけない、などがあります。
『筋肉内部のコワバリやシコリのチェック』として、ふくらはぎを押して、①硬い張りを感じる、②痛みを感じる、があります。

 

このような場合、血行を悪化させている、筋肉内部のコワバリやシコリの解消と、足関節や膝関節の柔軟性の回復が、必要です
更に、お尻の筋肉も、シッカリとほぐす事も必要です。
お尻の筋肉は、上半身の重さをジッと受け止め続けているので、疲労すると、分厚い筋肉が上半身と下半身の間の、血行の関所となって血液の流れを悪化させるからです。

 

この為、脚やお尻の筋肉に、疲れが溜まって、筋肉がコワバッテくると、脚を、なでたり、さすったりするだけでは、脚のむくみや冷えが、なかなか解消できなくなります。
筋肉のコワバリによって『筋ポンプ』の働きが低下するだけでなく、溜まった水分や老廃物が、血管やリンパ管を圧迫して、血液やリンパ液の流れを更に悪くするからです。
しかも、足やお尻の血行が悪くなっていても、自覚症状があまり無いので、その箇所が分からなかったり、あるいは、自分の手で触る事はできても、シッカリと力を入れてほぐす事が難しかったりするからです。

【 当院の、脚のむくみや冷え治療 】(写真)当院の治療

当院は、このような解消しづらい症状に、マッサージ治療に、局所にツボ刺激を加えた治療で、回復を図っています
脚には、冷えやむくみなどの症状を改善させるツボが、いくつもあるからです。
脚や腰に現れたツボを確認し、治療に利用すると、筋肉のコワバリやシコリの解消効果があるだけでなく、血行の改善効果も高める効果があります。

 

更に、当院では、腰やお尻の筋肉を、「イタ気持ちイイ!」と感じるところまで、しっかりと伸ばすストレッチや、しっかりと力を入れて、筋肉の柔軟性を図るマッサージ治療を行っています。
これは、血液を心臓に戻すには、筋肉のポンプ活動が重要なので、筋肉の伸び縮み運動を回復させる事と、活発化が必要になるからです。
特に、座っている事が多かったり、歩く事や立っているのが長かったりすると、股関節やお尻の筋肉が硬くなり、血行が悪化するので、腰から股関節にかけてチェックしながら、筋肉の柔軟性を図るマッサージ治療が重要になります。

 

当院のこれらの治療により、血行の悪化によって引き起こされる、「肩がこる」、「疲れやすい」、「だるい」、「食欲がない」、「眠れない」、「イライラする」、「元気がない」などの症状も、解消されてきます。
下半身には、全身の70%もの血液が集まるので、下半身の血行が改善されると、それによって、全身の循環も改善されるからです。
脚のむくみや冷えで、「身体の調子が悪い」という状態には、身体のバランスを整える事で、身体の弱った回復力を高め、症状を改善させる効果があります。

 

脚のむくみや冷えで、身体のバランスが崩れかかっている時には、ツボ刺激を併用したマッサージ治療によって、体調を整える事をお勧めします。
当院は、下半身の血流改善、疲労の解消などに、腰やお尻を含めて、むくみや冷えの改善治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。