高齢者の、加齢による、冷え

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)高齢者の冷え

導入文

高齢になると、筋肉量が減って発熱量が落ち、温められた血液を運ぶ循環機能も低下するので、体温を保つ事が難しくなり、寒さに敏感になるだけでなく、「冷えが、身体の内側に入り込んでいる」と、身体の芯から冷えを感じるようになります。

しかも、身体の冷えから、「下痢と便秘が繰り返す」、「疲れやダルサに悩まされる」、「布団に入っても眠れない」、「風邪を引き易い」などが起きたり、循環機能の低下から毛細血管に血液が流れなくなり、シワ、タルミ、乾燥、くすみ、吹き出物などの肌トラブルも起きたりします。

このような高齢者の冷えを改善するには、身体のコワバリ箇所を確認して、筋肉の柔軟性を回復させて血行を改善し、更に体調を取り戻す為に、冷えで敏感になっている神経を鎮めて、肩こりや腰痛などの身体の痛みを解消する事が必要です。

【 高齢者の冷えの3大原因 】(図)冷えの三大原因

冷えはさまざまな原因が絡んでいますが、高齢者の冷えの場合、大きな原因の一つとして、身体の筋肉量が減少する事で、“身体の熱を作れない”事があります。
筋肉は、体温の約6割を発熱し、人体の最大の『体熱の産生器官』になっていますが、中高年以降になると筋肉量が減少し始め、特に、50代や60代にガクンと筋肉量が落ちるので、これによって身体の発熱量が、かなり少なくなってくるからです。
また、高齢になってくると、身体の運動機能の低下や、運動機会が少なくなるので、ますます、筋肉から発熱するエネルギー量が少なくなります。

 

高齢者に冷えが生じる、二つ目の大きな原因として、“温められた血液を、うまく運べない”事があります。
これは、加齢によって血管の柔軟性が低下して硬くなってくると、血管を伸縮させて血液を送るポンプ機能が低下するので、温かい血液が、身体の隅々に届けられなくなる為です。
これを『血液循環悪化タイプの冷え』と言い、気温とは関係なく身体が温まらないので、温かい日でも、温められた血液を隅々に届けられない為に、身体が冷えてしまいます。

 

更に、高齢者に冷えが生じる、三つ目の大きな原因として、身体の約60〜70%は水分で占められているので、身体の血液循環が悪化して、身体から水分が排出されにくくなってくると、下半身や背中などに余分な水分が溜まり、身体を冷やしてしまう事です。
東洋医学では、これを『水滞』と言い、「本来であれば体外に排出されるべき水分が、何らかの原因によって、体内に留まっている状態」と説明していて、身体が温まらない大きな原因と捉えています。
しかも、体内に溜まった余分な水分が、血管やリンパ管を圧迫して血行を悪化させるので、余計に身体が冷えるようになって、冷えと血行悪化のスパイラルに陥ってしまいます。

【 冷えによる、身体への影響 】(図)下痢と便秘を繰り返す

しかも高齢者の冷えの場合、身体の機能が低下している事が多いので、身体に様々な不調を引き起こします
例えば、身体の冷えから、「下痢と便秘を繰り返す」、「腰痛に悩まされる」、「肩がこる」、「しもやけができ易い」とか、血行悪化から、「脚がむくみ易い」、「靴下のゴム跡がクッキリと残る」、「脚にしびれを感じる」などが起きます。
また、血液循環の悪化から、身体から水分が排出されにくくなると、下半身や背中などにむくみが生じて、身体に重ダルサを感じたり、あるいは、溜まった水分に含まれる不必要な老廃物の影響で不調が起き、頭が重くなったり、めまいがしたり、ふらつきや頭痛が起きたりします。

 

また、身体の冷えによって、朝起きた時や、動作をしようとした時に、膝や腰などに、痛みが起き易くなります。
血液の流れが低下している為に、寝ていたり、ジッとしていたりすると、ますます血液の流れが低下した状態になるので、朝起きた時や動作をしようとした時に、関節を動かす筋肉や靭帯の、筋力や安定性が低下し、痛みが出てくるからです。
更に、冷えで、痛覚や触覚などの神経が敏感になるので、余計に、痛みや痺れ(しびれ)感、ジンジンする感じなどが、増すようになります。

 

他にも、冷えによる身体への影響として、寒さを感じると、血圧が上がり易くなる事があります。
冷えを感じると、体温を逃がさない為に、自律神経の作用で血管が収縮する事と、収縮した血管に対して、心臓が圧を高めて血液を押し出そうとするので、血圧が上がるからです。
この為、高齢者が冷えに悩まされると、血管の調整能力が乏しくなって『慢性的な高血圧』になったり、あるいは、寒さを感じたり、冷たい水などに触ったりすると、過剰に寒さや冷たさに反応して『急激な血圧の上昇』が起きたりします。

【 冷えで、毛細血管が干上がって 】(図)血管のゴースト化

また、高齢者の冷えは、『血液循環の悪化』が影響しているので、血行の悪化から、『ゴースト血管(写真参照)』の問題も生じます
『ゴースト血管』と言うのは、加齢や血行障害などで、毛細血管の血液を運ぶ機能が低下し、その状態が続くと、毛細血管が干上がって、消失してしまう事を言います。
毛細血管は全身の血管の99%を占め、酸素と栄養を身体のすみずみまで送り届ける大切な働きをしていますが、20代の毛細血管を基準にすると、血管のゴースト化によって、一般的に、60代で30%、70代で40%、減少するとされており、冷えで血行が悪くなると、更に血管のゴースト化が増大します。

 

血管のゴースト化が増えると、酸素や栄養分を運ぶ血液が行き渡らなくなるので、見た目の問題が起きたり、身体の不調に悩まされたりします。
例えば肌に、毛細血管のゴースト化が進むと、肌の血行やうるおいが消えるので、肌色が悪くなって、肌の表面もカサカサになり、シミやクスミもできたりしてくるので、実年齢以上に老けが目立ち、枯れた印象になります。
また、身体の各器官に毛細血管のゴースト化が進むと、血行が極度に悪化して、酸素や栄養を充分に送り届けられなくなるので、肩こり、頭痛、目の疲れ、疲れ易い、ダルイ、もの忘れなどが起きたり、膝や腰などの関節痛に悩まされたりします。

 

この為、高齢者の身体を触った時に、冷たく感じたり、硬かったり、むくんでいたりしたら、身体の中に、血管のゴースト化が起きている可能性があります。
血管のゴースト化が起きても、健康な毛細血管を増やす事もできるので、まずは、コワバッテいる筋肉の弾力性や柔軟性を回復させて、血行やリンパ液の流れを改善して、血液を運ぶ働きを回復させる事が大切です。
そして、毛細血管の血液を運ぶ働きを保つ為には、血流を良くする事が重要なので、血流を、常に保ち続ける事が必要です。

【 当院の、高齢者の冷え治療 】(写真)当院の高齢者治療

当院は、高齢者の冷え治療として、最初に、身体のコワバリや関節部分の不調を確認して回復させて、その後、①血行やリンパ液の流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制、などを行い、そして、④体調を整える治療を行っています
筋肉がコワバッテ、関節部分が硬くなっていると、身体が動かしづらくなる上に、血行を悪化させるので、身体の冷えの原因になったり、体調不調を引き起こしたりするからです。
また、高齢者は身体の機能が弱っている為に、身体全体の体調を改善しないと、体温の維持機能が弱ったままになり、体温がなかなか元に戻りにくくなるからです。

 

この為、当院では、身体にコワバリがある箇所や、血行が悪くなっている箇所を、触診やツボ反応で確認し、その後、ツボ刺激を併用したマッサージ治療で、その箇所の緊張を解消させ、血行の促進を行っています。
ツボが、身体の不調時に、異常を知らせる箇所であり、症状を改善する箇所でもあるので、血流の改善や、衰えている毛細血管の回復に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療が、効果的な治療になるからです。
そして血行が促進されて、神経を刺激していた老廃物が排出されてくると、敏感になっている神経が治まり、今まで感じていた不快感が減少し、筋肉の緊張やコワバリも緩んできます。

 

これらによって、筋肉の働きや血行が回復してくると、「何となく身体の調子が悪い」という状態が解消されたり、痛みや違和感が減少したりして、健康な状態に回復してくる効果があります。
加齢によって、身体の自然治癒が追いつかず、神経が過敏な状態となって、疲れ易さや痛みとなって現れていたのが、ツボ刺激を併用したマッサージ治療で筋肉内の血流が改善されてくると、それによって神経の興奮が治まってくるからです。
また、血液を送る筋肉のポンプ作用が活発化してくるので、血流が促進されて血液が全身に巡るようになり、身体の新陳代謝が高まってくるからです。

 

身体が冷えると、暖房や衣服など、外側から身体を温める事に気をとられがちですが、高齢者の場合には、熱を作る筋肉の働きや、熱を運ぶ血行を改善させないと、身体の冷えが進んで、ますます体調を悪化させてしまいます。
当院は、高齢者の冷えの改善や体調の回復の為に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療を利用して頂けるように、市川市の施術助成券を取り扱っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や、不快感などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

SNSでもご購読できます。