痛み

姿勢を保つ筋肉の、慢性的な痛み

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)姿勢維持筋の痛み

導入文

首、背中、腰、脚などの筋肉は、姿勢を保つ働きもしているので、それによって疲労や緊張が増して大きくなり、回復力が追い付かなくなってくると、オーバーワークの状態になります。

この結果、「肩が張り詰めて痛む」、「肩や背中が疲れ易くなって、ズキズキ傷む」、「腰が重く感じられ、鈍い痛みがする」、「脚がダルク、膝や腰が痛む」などの身体の痛みが、繰り返したり、強まったり、長引いたり、するようになります。

しかも痛みが続くと、神経の過敏化や、体調不調、身体の歪みなどが起き、ますます痛みや不快感に悩まされてくるので、毎日の生活に支障が出る前に、姿勢を保つ筋肉の痛みを解消させて、身体を元の健康状態に戻す事が必要です。

【 姿勢を保つ筋肉 】(図)首・背中・腰・脚の痛み

何気なく立っている時や、座っている時でも、首・背中・腰・脚などの“姿勢を保つ筋肉”が、気付かないうちに、絶えず姿勢を維持しながら、滑らかな動きができるようにサポートしています
しかし、“姿勢を保つ筋肉”が疲労して、血行が悪化し、オーバーワークの状態になってくると、それにより身体の内側から、鈍(にぶ)く重苦しい鈍痛や、疼く様な痛みが起きます。
また、それほど痛みを感じなくても、“姿勢を保つ筋肉”の働きが低下して、弱まってくるので、「何だか、身体が重い」とか、「ダルイ」、「筋肉がコワバッテいる」、「何となく身体の調子が悪い」、「身体を保っていられない」、などに気付かされます。

 

このような“姿勢を保つ筋肉”の痛みや違和感の中で、多くの人が経験しているのが、腰の痛みです。
腰からお尻は、人が二本脚で姿勢を保ちながら、さまざまな動きができるように、分厚い筋肉で構成されていますが、姿勢や動作の負荷がかかり続けたり、腰の筋力が弱ったりすると、回復力が追い付かなくなって、身体の中で最初に、腰に、「鈍い痛み」や、「ズキズキとする痛み」、「動くと痛む」などが、起きてくるからです。
しかも、腰の痛みが長く続いたり、不快感が強まったりすると、筋肉の収縮が続いたり強まったりして、毛細血管の血液の流れが悪化してくるので、痛みを抑える力が弱くなって、前より痛みが大きくなったり、いつまでも続いたりします。

 

この結果、腰の痛みは、「男性で1番、女性でも肩こりに次いで2番」と言われるように、自覚症状の中で多くなっていますが、首や肩、背中の筋肉も、姿勢を保つ役割をしているので、負荷のかかる姿勢や動作が続いたり、腰の筋力が弱ったりしてくると、やはり、身体の内側から、鈍(にぶ)く重苦しい鈍痛や、疼く様な痛みが起きてきます。
例えば、立ち仕事や座り仕事で、首や肩、背中の筋肉に負荷のかかる姿勢が続いたり、筋力が弱ったりすると、頭痛、肩こり、背部痛となって、「鈍い痛み」や、「ズキズキとする痛み」、「動くと痛む」、などが起きます。
そして、そのままにしていたり、我慢していたりすると、痛みで血管が収縮し、血行悪化が続いてしまうので、神経が過敏になって、前より痛みが大きくなったり、いつまでも続いたり、“痛みの悪循環”を引き起こしたりします。

【 姿勢筋の、痛みの特徴 】(図)姿勢筋の痛みの特徴

肩や腰、膝などの“姿勢を保つ筋肉”の、疲労や緊張による痛みは、切り傷の痛みと違って、“場所が捉えどころなく”、“重苦しい痛み”のように感じられる特徴があります
“場所が捉えどころなく”感じるは、身体内部の複数の“姿勢を保つ筋肉”が、いろいろな動作や姿勢ごとに、無意識のうちに、連携して働いている為です。
また、“重苦しい痛み”と感じるのは、疲労や緊張などで血行が悪化してくると、酸素や栄養分の欠乏と、疲労物質が排出されずに溜まってくるので、それにより神経が刺激されて、身体の異常を知らせる疼痛が起きる為です。

 

また、“姿勢を保つ筋肉”の痛みは、いつも同じではなく、次第に、強まったり繰り返したりします。
これは、“姿勢を保つ筋肉”が、日々の姿勢や動作に不可欠な筋肉なので、痛みを感じていても、痛みを避ける事が難しい事と、体重を受け止めて、動作をする役割があるので、姿勢や動作によって、神経を刺激する度合いが違ってくるからです。
しかも、痛みによって、体調を保っている自律神経の負荷が大きくなってくると、自律神経の痛みを抑える力が弱くなるので、痛みに敏感になり、「イライラしてくると、痛みが強まる」、「体調も良くないと、疼く痛みが増す」、「湿度や気温によって、痛みが辛く感じる」、などが起きるようになります。

 

更に、“姿勢を保つ筋肉”の痛みが長引くと、コワバリや痛みが拡がります。
最初は一部の痛みであっても、“姿勢を保つ筋肉”の痛みが長引くと、“姿勢を保つ筋肉”の筋力が弱るので、それによって、関係する筋肉の負荷や緊張が強まり、血行を悪化させるからです。
この結果、「脚が痛むと、次第に腰が痛くなる」とか、「一方の脚をかばっていたら、反対側の脚も痛くなる」、「肩こりが、背中や腰にまで及んだ」などのように、コワバリや痛みが拡がるようになります。

【 身体の歪みから身体の不調に 】(図)身体の歪みから身体の不調に

“姿勢を保つ筋肉”の痛みが続くと、“身体の歪み”を起こして、身体に様々な痛みを引き起こします
座り仕事や立ち仕事などで、首や肩、背中、腰などの“姿勢を保つ筋肉”の負荷が続いて痛むと、どうしても痛みを避ける姿勢になる為です。
このような痛みを避ける姿勢が毎日続くと、 「左右の肩の高さが違う」、「猫背になった」、「腰の内側への湾曲が無なくなった」、「骨盤が傾いている」、「背骨が捻じれている」、などの“身体の歪み”が起きてきます。

 

そして“身体の歪み”によって血行が悪化してくると、筋肉の痛みと共に、ズキズキとした痛みもしてきます。
“身体の歪み”によって、筋肉がコワバリ、血行が悪くなってくるので、神経が敏感になってくるからです。
この結果、ズキズキと強く痛みを感じたり、痛みによって痛みがぶり返したり、チョッとした動作でも不快さや痛みを感じたり、するようになります。

 

また、“身体の歪み”によって、背骨や骨盤の位置がズレたり、傾いたりするので、「何となく身体の調子が悪い」といった、身体の不調も起きます。
“身体の歪み”によって、内臓が圧迫されて胃や腸の機能が低下したり、血管や神経が圧迫されて身体の機能に支障が現れたり、首や背中を通っている自律神経が圧迫されて自律神経の働きに異常を起こしたり、するからです。
この結果、「何となく体調が悪い」といった状態になり、自然回復しにくくなってくるので、肩こり・腰痛・頭痛・猫背・冷え・むくみなどの、不定愁訴に悩まされるようになります。

【 当院の、ツボ治療を加えたマッサージ治療 】(写真)当院の、姿勢維持筋の治療

“姿勢を保つ筋肉”の痛みは、身体の内部の筋肉の痛みなので、痛みを感じる部分に、湿布や張り薬を使ったり温めたりしても、解消が難しく、また、ストレッチや運動療法も、身体の内部の筋肉なので、伸ばしたり緩めたりする事が困難です。
しかも、“姿勢を保つ筋肉”に痛みが起きると、内部にコワバリや硬いシコリができている事が多いので、コワバリやシコリを解消する事が必要になります。
この為、当院は、肩や背中、腰などの“姿勢を保つ筋肉”の痛みに対して、マッサージ治療にツボ治療を加えて、改善を行っています。

 

これは、“姿勢を保つ筋肉”の内部にできるシコリの箇所が、東洋医学のツボ(経穴)と、ほぼ一致しているからです
しかも、ツボが、神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調があると、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れ、身体に異常が起きている事を知らせてくれるからです。
更に、反応が現れたツボに、適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるので、姿勢を保つ筋肉の慢性的な痛みの解消に適しています。

 

また、当院では、患者が気になっている箇所を確認して、停滞している血行やリンパの流れの改善や、それらに伴うコワバリやシコリの解消も、同時に治療を行うようにしています。
“姿勢を保つ筋肉”に痛みが出ると、同じような働きをしている他の筋肉に影響を与えて、血行の悪化や筋肉のコワバリを引き起こしているからです。
患者が気になっている痛みや不快感解消の為に、筋肉のコワバリ箇所や血行の悪化箇所を確認して、マッサージ治療とツボ治療を使い分けながら、効果的な治療が受けられるようにしています。

 

“姿勢を保つ筋肉”の痛みは、身体の内部の筋肉の痛みなので、自己診断によって痛みの箇所を特定したり、セルフケアによって改善したりする事が困難です。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療と、血管と神経の通り道のツボを利用して、血行やリンパ液の流れの改善、筋肉の弾力性や柔軟性の回復、そして、神経の興奮の抑制を行い、硬くなっていた筋肉を緩め、痛み解消を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

パソコンやスマホ操作による、腕・肘・手首などの痛み・ダルサ・疲れ

【 (症例)疲労や だるさ 】
(写真)パソコンやスマホ操作

導入文

パソコンやスマホの操作を続けているうちに、「腕が重ダルクなって、指が動きづらくなった」、「腕を挙げると、腕の上部が痛む」、「肘から手首に、ジンジンする痛みがする」などが、起きる事があります。

これらの症状は『頚肩腕症候群 (けいけんわんしょうこうぐん)』と言われ、首から腕にかけて疲労が蓄積したり、過度に筋緊張が続いたりした為に、神経の傷みも伴って、腕・肘・手首などに、痛み・シビレ・不快感などが生じた為です。

そのままにしていると、毎日のパソコンやスマホ操作で負荷がかかり続けて、更に症状が悪化したり、治りづらくなったりしてくるので、痛みや不快感が慢性化する前に、背中から肩・腕にかけての疲労や緊張を、解消させる事が大切です。

【 頚肩腕症候群  】(図)腕・肘・手首などの痛み・ダルサ・疲れ

『頚肩腕症候群』は、首~肩~腕にかけての、痛み・凝り・シビレ・循環障害・筋力低下などの症状を、総称した呼び名で、多くが、手先をよく使うパソコンやスマホ操作などで発症しています。
これは、人の手が、手先で巧妙な動きができるように、指から腕~肩~首にかけて、非常にたくさんの小さな筋肉と、微細に判断する様々な神経が走行しているので、小さな負荷でも毎日積み重なると、許容限度を超えてしまい、痛みや異常な神経症状が起きてくるからです
この為、指先のキーボードやマウス操作を、長い時間、毎日繰り返していると、肩・腕・手首にかけて疲労や筋緊張が蓄積されて、手や腕の感覚神経や運動神経に異常が起き、痛み・ダルサ・疲れが、起きるようになります。

 

また、キーボード操作をしていると、指や肘を曲げた状態でタイピングをするので、手や腕の筋肉が疲労や緊張でコワバッテくると、「手の指が伸びにくくなる」、「腕の内側の(指や手首を曲げる)筋肉がコチコチになる」、「肘の外側や内側がジーンと痛む」、なども起きてきます。
しかし、時間に追われながら、指先の操作や判断が求められる為に、画面とキーボード操作に意識が集中して、手や腕の疲労や緊張に気付きにくくなったり、あるいは気付いても、「たいした事ないだろう」と軽く考えたりしてしまいます。
この結果、始めは、ダルイとか疲れを感じる程度でも、手や腕の筋肉のコワバリが慢性化して、血行悪化が長引いてくると、手や腕のコワバリが解消できなくなり、仕事が終わっても痛みや疼きに悩まされるようになります。

 

更に、キーボードやマウス操作をしていると、脇を絞め、ずうっと肘を固定させた姿勢になるので、これによって、背中・肩・腕の筋肉に、かなりの負担をかけます。
腕を狭い範囲の中で、目的に合わせて前後左右に動かす為に、背中や肩関節を固定し続ける事になるので、腕が絶えず“力んだ”状態になり、これによって次第に、背中から肩・腕にかけて、疲労が大きくなってくるからです。
この結果、腕の疲労や緊張が増すだけでなく、肩から首の血行やリンパ液の流れが悪くなるので、肩から首に疲労が拡がり、凝りや筋肉痛が起きるようになります。

【 パソコン腱鞘炎 】(図)パソコンによる腱鞘炎

『頚肩腕症候群』以外にも、腕・肘・手首などの関節に、パソコンやスマホ操作などの過労によって、障害が起きます。
代表的なのが『パソコン腱鞘炎』で、この関節障害が起きると、指や手首の関節付近がコワバッテ、指が伸ばしにくくなったり、手首から肘に不快感やダルサが起きたり、物を掴(つか)もうとした時に痛みが走ったりします。
これは、長時間パソコン作業を続けたり、指先や腕先に必要以上に力を入れて操作していたりすると、指先や腕の関節の腱や腱鞘が擦れ合って炎症(腱鞘炎)が起き、関節部分が腫れたり、動きが悪くなったり、痛みが起きたりする為です

 

特に『パソコン腱鞘炎』は、長時間の悪い姿勢や身体を固定された状態で、マウスやキーボードを使い続けていると、指先や手首に力が入り易くなるので、障害が起き易くなります。
また、中高年以上になると、腱や腱鞘の柔軟性が失われて、血行も悪くなってくるので、パソコン作業が一日中ずうっと続いたり、作業量が多くなったりすると、やはり、指・手首・肘などが腫れたり、しびれが起きたりします。
そのままパソコンやスマホの操作をしていると、負荷がかかり続けるので、ますます指・手首・肘などの腱や腱鞘硬くなって、血行が悪化して、手首や親指の付け根の関節部分の痛みが酷くなったり、手や腕のしびれ、肘や肩の痛み、握力の低下などが起きたりして、仕事や生活に支障をきたすようになります。

 

この他にも、“マウス”を扱う指や手の関節に異常が起きる『マウス腱鞘炎 』があり、症状は、「マウス操作をしている手首が重く感じる」、「マウスを握っている指の関節が痛む」、などが起きます。
これは、マウスをずうっと、動かしたり、クリックしたり、スクロールしたりしていると、マウスを使っている指や手首の筋肉に負担がかかり続けるので、マウスを扱う指や手首に腱鞘炎を引き起こすからです。
このように、『パソコン腱鞘炎』や『マウス腱鞘炎 』は指や手首の使い過ぎによって起きますが、パソコンやスマホの操作を毎日続けていると、負荷がかかり続けて悪化するので、指や手首にコワバリや違和感に気付いたら、早めにケアを受ける事が大切です。

【 背中の疲労や、精神的な疲労にも 】(図)背中の疲労や、精神的な疲労

毎日の、指から腕~肩~首にかけての疲労や緊張が積み重なると、背中にも、痛みや疼(うず)きなどの様々な症状が現れます
腕が疲労したり異常な緊張が続いたりすると、腕は肩周辺の筋肉で支えられているので、肩周辺から背中に負荷が増してくるからです。
中でも、背中の上半身を支える筋肉(インナーマッスル)に、筋肉の疲労や血行の障害などが起きてくると、自分で解消する事が困難になるので、慢性的な凝りやダルサの原因になります。

 

また、疲労感や不快感の原因にもなったり、強めたりもします
指や腕の筋肉は、肩や首につながっているので、指や腕の筋肉が疲労してくると、首の血行が悪化し、ジッとしていても脳が疲れ易くなるからです。
例えば、「腕がパンパン、指が硬い」、「手首が痛い」、「腕がだるい、重い」、「腕に力が入ると、痛い」、などがあると、精神的にリラックスする事ができなくなり、疲労感を強めるようになります。

 

しかも、パソコンやスマホを使って作業をしていると、画面の中の、たくさんの色や光、文字、映像などを見ながら、考えを集中させ、特定の指を細かく反復的に動かし続けるので、特定の脳の一部を酷使します。
これによって、身体全体のバランスを維持する機能が低下し、「目がショボショボする」、「肩が凝る」、「眠くなる」、「頭がずんと重くなる」、などが起きます。
更に、脳の働きが鈍(にぶ)ったり、集中力が続かなくなったりするので、精神的な緊張が高まって、「イライラ」してきたり、「ちょっとしたことで腹立たしく」なったりします。

【 当院の、腕・肘・手首の改善治療 】(写真)当院の、腕・肘・手首治療

パソコンやスマホ操作による腕・肘・手首などの痛み・ダルサ・疲れは、肩から指に続く、非常にたくさんの細い筋肉と、微細に判断する様々な神経に、ずっと負荷が続き、回復力が追いつかなくなった為に、疲れ易さや痛みとなって現れたものです。
このような、疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来の痛みの改善には、筋肉のコワバリ状態を診断し、患部の状態に合わせて、筋肉の弾力性や柔軟性を高めて血行やリンパの流れを回復させる、東洋医療系のマッサージ治療が効果的です
当院は、腕・肘・手首などの痛み・ダルサ・疲れに対して、東洋医療をベースにしたマッサージ治療とツボ治療で、筋肉のコワバリ解消と血行回復を行い、神経の働きを戻し、症状の改善を行っています。

 

例えば、痛みを感じている部分が、肩から腕の限られた範囲ならば、当院が行っているクイックマッサージ(15分ぐらいのマッサージ)でも、回復に役立ちます。
短時間でも、身体の不調時に現れるツボ反応を利用して、手首から肩にかけての緊張した筋肉を触診し、その部分を緩めると、血行障害が解消して、痛みがかなり緩和されるからです。
また、ツボが、体調の変化が起こった時に、身体の異常を知らせる反応点として現れるので、ツボを治療点として利用すると、比較的短時間に、過敏になっている神経を和らげ、違和感や痛みを緩和させる効果があります。

 

特に、首や肩の凝りが酷くなっている場合や、背中に痛みが出ている場合には、当院では、30分ほどの腕を含めた上半身の治療を行っています。
問診と、ツボを使った触診によって診断し、筋肉のコワバリやシコリを解消させていくので、背中の血行の回復も進んで、早ければ1~2回ぐらいの治療でも、痛みが解消できます。
更に、ツボ刺激を利用するので、「気持ちいい!」という快刺激によって、気持を落ち着かせて、リラックス効果も期待できます。

 

パソコンやスマホの操作のような指先の作業でも、画面を見ながら、指先の動きをくり返したり、同じ姿勢を続けていたりすると、だんだんと疲労と緊張が身体に溜まって、身体に不調を起こす原因になります。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、ツボ反応を利用し、腕や肩の緊張緩和や、肘の可動域の改善などを含め、身体の痛みやダルサ解消の治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やだるさなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

座っている時や、立ち上がり時の、お尻から太ももへの、痛みと しびれ

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)梨状筋症候群

導入文

デスクワークなどで座りっぱなしが続くと、毎日、お尻の筋肉の疲労や緊張が続く為に、お尻の奥の坐骨神経が圧迫され、気が付くと、お尻から太ももの後面にジンジンとしびれるような痛みが起きて、座っていられなくなる事があります。

坐骨神経が圧迫された事が原因になっているので、座っている時だけでなく、座りかけや立ち上がりなどで、お尻の筋肉の緊張が強まると、急にお尻の下あたりから、ピリピリと突き刺さるような痛みに襲われるようになります。

お尻の筋肉の疲労や緊張は実感しにくく、しかも、坐骨神経を圧迫している筋肉がお尻の奥の筋肉なので、ストレッチや薬物治療などよりも、慢性的な疲労や緊張などによる筋肉の痛み解消を行っている、東洋医療系のマッサージ治療を利用すると効果的です。

【 梨状筋症候群 】(図)梨状筋症候群

普段、生活をしている中で、肩や背中・腰などに疲れを感じる事はあっても、お尻の部分に「疲れた!」、「ダルイ!」などを感じたり、お尻の筋肉の「コワバリ」や、「凝り」に悩まされたりする事は、ほとんどありません。
これは、お尻が、上半身を下からシッカリと支える働きをする為に、分厚い筋肉が何層にも重なっているので、多少の疲労や緊張があっても、忍耐強く、我慢強い特徴がある為です。
この為、身体に疲れを感じても、お尻に痛みや違和感が起きる事がほとんど無いので、お尻の筋肉の疲労や緊張については、自覚されずに、見過ごされてしまいます。

 

しかし、お尻の筋肉の疲労や緊張が増して、お尻の筋肉の柔軟性が無くなってくると、お尻の奥を通っている坐骨神経を締め付けて圧迫し、お尻から太ももの後面にシビレを伴った痛みを起こす事があります。
例えば、座っているとお尻に「ジーンとしたしびれ」を感じたり、あるいは、立ち上がろうとして腰に力を入れた時とか、階段の上り下りで体重を片足にかけたりした時に、突然、「お尻からピリッとした痛み」が走ったりして、身体の異変に気付きます。
それでも最初は、お尻の下の方に、軽い痛みや疼(うず)きを感じるぐらいで、しばらくすると痛みが消えたり、湿布薬を貼ると痛みが軽くなったりするので、「たいした事、無いだろう…」、と思います。

 

ところが、毎日の座り仕事が続いて身体の疲労が増してくると、身体を支えるお尻の負担が大きくなってくるので、坐骨神経への圧迫が強まり、お尻からの痛みやシビレが、何度も起きたり、強まったりしてきます。
このような症状を、一般的に『坐骨神経痛』と言いますが、病院の診断名としては、お尻の奥の『梨状筋(りじょうきん)』と呼ばれる筋肉がコワバッテ、内側の坐骨神経を圧迫し、しびれや痛みを起こすので、『梨状筋症候群』と言います
『梨状筋症候群』は、毎日の座り仕事、中腰姿勢を続ける、休日のゴルフやジョギング、長時間の運転、などで起き易いので、『坐骨神経痛』の原因の中で9割を占めると言われています。

【 梨状筋症候群になり易い人 】(図)梨状筋症候群に悩まされる人

もともと梨状筋は柔らかい筋肉ですが、毎日長時間座っていたり、運動で股関節の筋肉を使い過ぎたりすると、梨状筋が硬くコワバッテ、『梨状筋症候群』を引き起こします
座り仕事の場合、猫背姿勢になっていると、前に倒れかけた上半身を、お尻の筋肉で支える為に、余計にお尻の筋肉に負荷がかかり、痛みを起こし易くなります。
また、運動不足や加齢で腰の筋力が低下していたり、身体を痛めて姿勢が悪化していたりすると、これにより、身体を支えるお尻の筋肉の負担が大きくなるので、やはり痛みが起き易くなります。

 

更に、精神的な影響もあります。
例えば、PCを使う事で緊張が続いたり、ストレスや心配事で悩んでいたり、あるいは、睡眠不足などで精神的な疲労が重なっていると、身体の血行が悪化するので、梨状筋コワバリ易くなる上に、坐骨神経が過敏な状態になるので、『梨状筋症候群』が起き易くなります。
この為、仕事や人間関係などによる心理的な圧迫感が強まったり、気持ちの切り替えができないでいたり、生活のリズムが乱れて睡眠不足になっていたりすると、お尻の下あたりにピリピリとした痛みを感じる事が多くなります。

 

また、運動で『梨状筋症候群』を起こす場合、よくあるのが、久しぶりに長距離を走ったり、自転車の遠出でペダルをずうっとこいでいたり、した場合です。
他にも、中腰姿勢が多かったり、荷物の挙げ下ろしなどを繰り返していたりすると、股関節の筋肉だけでなく、お尻の筋肉の全体も過緊張になるので、後になってから、骨盤の下から痛み出す事が良くあります。
これらの、座り仕事や運動以外にも、妊娠中の妊婦さんの場合や、お尻のけが(尻もちなど)で痛む、慢性の腰痛、骨盤の歪みなどがあると、股関節付近の筋肉が硬くなって、『梨状筋症候群』を引き起こす事が良くあります。

【 坐骨神経の痛み方 】(図)お尻の痛み

『梨状筋症候群』の特徴として、原因として、お尻の過緊張よる坐骨神経への圧迫なので、お尻から太ももの後面にジンジンとしびれるような痛みが起きても、腰は異常が無いので“腰には痛みが出ない”事です。
但し、腰痛が酷くなって、それによって『梨状筋症候群』を引き起こされる事があります。
また、お尻の筋肉は、“太く”“大きい”筋肉が集まっているで、一旦、筋肉がコワバルと、元に戻りにくくなって、『梨状筋症候群』を引き起こすと、シビレと痛みが繰り返して何度も起きるようになります

 

『梨状筋症候群』のシビレを伴った痛みかたは、いろいろで、例えば、「お尻の奥の方からズキズキする」、あるいは、「ビリビリする」、「ジンジンする」とか、突き刺されるような痛みが起きて「ビビーッとする」、などと表現されています。
他にも、「お尻の張りが強くなって、突っ張った感じがする」、「熱く、ヒリヒリするような痛み」と、感じる人もいます。
症状が悪化してくると、「痛みやしびれが、ふくらはぎや足先まで広がってくる」とか、「立つ瞬間や歩行中も痛みを感じ、つらい」、といった状態になる事があります。

 

しかし、整形外科を受診しても、診断がつきづらくなっています。
『梨状筋症候群』は、筋肉のコワバリが原因になっているので、レントゲンやMRIなどの映像検査では、筋肉の緊張が映らない為です。
この為、映像検査よりも、毎日の疲労やストレスによる自覚症状への『問診』、お尻の筋肉のハリの状態を調べる『触診』、股関節を動かして『可動範囲の検査』などが、有力な判断材料になっています。

【 当院の、お尻の筋肉の回復治療 】(写真)当院の梨状筋症候群の治療

『梨状筋症候群』の改善には、コワバッタお尻の筋肉の柔軟性を回復させる事が必要ですが、お尻の筋肉は、分厚く何重にもなっている上に、しかも、坐骨神経痛を引き起こしている梨状筋が、お尻の奥の筋肉なので、ストレッチでは伸ばすのが困難です。
このような、腰やお尻の筋肉の柔軟性の回復や、血行悪化の解消をするに、当院では、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、回復治療を行っています。
東洋医療をベースにしたマッサージ治療が、疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来の痛みの解消に昔から利用され、現在も、その効果から、リハビリ治療や痛みの緩和治療などで、筋肉由来の痛み解消に活用されているからです

 

特に当院では、『梨状筋症候群』の治療に、身体の不調時に現れるツボ反応を利用して、硬結(シコリ)を確認し、そこに持続圧やツボ刺激を加えて、治療を行っています。
ツボが、神経や血管が集まっている箇所にある為に、身体に不調が起きると、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れ、身体に異常が起きている事を知らせてくれるので、『梨状筋症候群』の痛みやしびれを発している硬結(シコリ)を見つけ易くしてくれるからです。
しかも、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるので、確認した『梨状筋症候群』の硬結の緊張を和らげていくと、血行が回復し、蓄積した疲労物質が排出されて、お尻からの痛みや違和感が解消されるようになります。

 

また、『梨状筋症候群』が起きていると、お尻の筋肉の疲労や緊張だけでなく、腰や脚の筋肉にも、疲労や緊張が蓄積された状態になっています。
この為、当院では、緊張が強まり易い腰や股関節付近の、筋肉の柔軟性を回復と可動域を回復させて、腰や太もも全体の疲労や緊張の解消も行っています。
これによって血行が改善し、疲労物質の排出が促進されてくると、坐骨神経への刺激が減少してくるので、治療途中でも、患者自身が、お尻の痛みや不快感が解消されてくるのが分かります。

 

『梨状筋症候群』が起きると、お尻の疲労や緊張が実感しにくいので、ストレッチをしてもポイントが把握しづらく、薬物治療では効果が現れづらくなります。
当院は、東洋医療系のツボ治療を併用したマッサージ治療で、硬結(シコリ)を確認し、筋肉の柔軟性の回復や血行の循環改善を行っているので、『梨状筋症候群』のような、慢性的な疲労や緊張などによる筋肉の痛みの解消に適しています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

肩関節の痛みと動きの改善に、筋肉のコワバリ解消を!

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)肩関節の痛み緩和

導入文

五十肩で、最初の頃の、「肩を動かすと激痛が走る」、「夜も眠れないほど痛む」などの、非常に強い痛みが和らいでくると、病院の治療方針が、安静を保つ事から、肩関節の動きを回復させ、痛みを軽減していく為のリハビリ治療(運動療法)に移っていきます。

しかし、この時期は、肩や背中の筋肉のコワバリが強く、血行が悪化して、神経が過敏状態になるので、身体の無意識の防御反応が強く働き、「油断していると、いきなり激痛が起き、腕を動かせなくなるのを、強く感じる時期」になっています。

この為、痛みを起こす原因となっている筋肉のコワバリ解消と血行の回復の為に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療を利用すると、過敏になっている神経を和らげ、肩関節の動きを改善させるので、五十肩の治療効果を高められます。

【 リハビリ(運動療法)の目的 】(図)リハビリの目的

五十肩を発症して、腕を動かそうとすると肩に鋭い痛みが走ったり、夜に寝返りを打つだけで肩に激痛が起きたりしていた時期が過ぎて、肩の痛みが少し和らいでくると、治療として、肩関節のリハビリ(運動療法)が行われるようになります。
リハビリを行う目的の一つが、痛みや炎症などで、肩の筋肉が引きつって固まってしまうと、肩関節を動かせる範囲が制限されてしまうので、肩関節を動かす事によって、『① 肩関節の動きを改善し、動かせる範囲を回復する事』です。
そして、二番目の目的が、肩関節の動かせる範囲が制限されると、関節内が炎症したまま血行が悪化し、これにより、神経を刺激して痛みがいつまでも続いてしまうので、運動をする事で血行を促し、『② 痛みを軽減する』事です。

 

また、三番目の目的が『③ 肩甲骨の自由な動きを取り戻す』事です。
これは、肩甲骨と肩関節が多くの筋肉や靭帯でつながって、一体となって動くので、肩甲骨が無理なく動けるようになると、「肩関節にかかる負荷が減る ⇒ 関節内の炎症の低下による痛みの軽減 ⇒ 肩関節の動きの回復」となって、五十肩の症状が改善されるからです。
しかも、肩甲骨の周りの筋肉が、肩関節の動きを下から支えているので、「肩甲骨の動きを回復させられるか、どうか?」が、五十肩治療の良し悪しを決めると言われるほど、『③ 肩甲骨の自由な動き』が、肩関節を動かすのに重要なポイントになっています。

 

更に、肩関節のリハビリの四番目の目的として『④ 背中の筋肉のコンディショニング』があります。
肩周囲の痛みによる無意識の防御反応から、肩や背中の筋肉が緊張して血行不良になると、背中にも痛みが起き易くなるだけでなく、肩関節の治りが悪くなってしまうので、リハビリをする事よって血行が改善され、筋肉の働きを回復する事ができます。
このような目的の為に、リハビリの専門家が、患者の姿勢や関節の動き、筋力などをチェックして、痛みに関連する問題点を探り、患者の肩の状態に合わせたリハビリ計画を作成し、行っています。

【 リハビリのやり方や、加減設定の難しさ 】(図)リハビリの難しさ

しかし、当初の肩の激痛が収まってきても、「何とか我慢出来るぐらい」で、しかも、何かのキッカケで、「再び強い痛みに、突然、襲われる」事がよくあります。
しかも、肩の痛みから筋肉のコワバリが強まるので、肩の運動障害が一層強く感じられるようになります。
この結果、着替えや洗髪をしようと、無意識に腕を上げたり廻したりすると、その途端、鈍い痛みが強まって中断させられたり、あるいは、肩の筋肉のコワバリを感じていても、油断して腕を動かした時に、突然、肩に激しい痛みがぶり返したりします。

 

この為、肩関節を動かすリハビリ(運動療法)に移ると、リハビリのやり方や、その加減設定が難しくなります
例えば、肩関節がコワバッテ固まってしまったような感じや、痛みを起こしそうな不安を感じていると、リハビリを行おうとしても、筋肉を余計に緊張させてしまったり、または、肩周りの筋肉ではなく、他の部分の筋肉を使って動かしたり、などをしがちです。
反対に、リハビリを、痛みの出ない範囲で無難に済ませていると、形だけのリハビリになってしまうので、「一向に変化がない」結果になったり、あるいは、ある程度動くようになっても、それ以上は進展が無くなって「頭打ち」状態になったりします。

 

しかも、痛みを避けて、肩や背中の筋肉を動かさないでいると、『④ 背中の筋肉のコンディショニング』ができなくなるので、背中の凝りや痛みなどが強まったり、背中の不快なダルサに悩まされたりしてきます。
筋肉のコワバリから、神経が圧迫されたり、血行悪化から、不要な老廃物が溜まったり、必要な酸素や栄養分が不足したりして、神経が刺激されて異常興奮を起こす為です。
更に、それらの影響で身体の不快感が増してくると、体調を保つ自律神経の働きがオーバーワークになるので、頭痛、集中力の低下、不眠、イライラ感、めまい、なども起きてきます。

【 コワバリやシコリ解消の重要性 】(図)コワバリやシコリ

このような事から、五十肩のリハビリ(運動療法)には、肩周囲の筋肉のコワバッテいる筋肉の柔軟性を回復させたり、滞っている血行を改善したりする事が、重要なポイントになります。
肩関節を囲んでいる筋肉のコワバリを解消する事で、血行が改善されて、神経の興奮が治まるようになって痛みが和らぐだけでなく、筋肉の柔軟性の回復によって、肩の動作し易くなるからです。
しかも、肩を動かす際に使われる深部の筋肉(インナーマッスル)の働きも、改善されます。

 

また、『③ 肩甲骨の自由な動きを取り戻す』為にも、肩甲骨の動きを障害している肩甲骨周りのコワバリやシコリを解消させ、滞っている血液の流れを改善させる事が必要です。
病院では、このような目的から、肩関節をとりまく筋肉を緩める為に、ホットパックや湿布薬、超短波治療器、超音波治療器、などがよく用いられています。
リハビリ(運動療法)で行われる、腕の重みを利用して左右に振る『振り子運動』や、痛みのない方の手で患側を誘導する『棒体操』も、肩甲骨周りのコワバリやシコリを解消し、滞っている血液の流れを改善させるという目的から、広く勧められています。

 

しかし、実際には、五十肩になって、肩や背中の筋肉にコワバリやシコリができてしまうと、解消する事が困難なので、痛みや不快感がいつまでも続いてしまいます
特に、肩甲骨の近くに、ズキズキとした痛みを発するシコリができると、神経が過敏な状態になるので、チョッとした動作や、軽くても持続した動作を行うと、シコリ付近から肩や背中全体に、痛みが拡がったり、増したりします。
この結果、コワバリやシコリ解消する事が困難になると、リハビリ治療に支障をきたして、肩の痛みと動きの改善が遅れるだけでなく、毎日の生活にも支障をきたしてしまいます。

【 当院の、ツボ治療+運動療法+マッサージ治療 】(写真)当院の五十肩治療

当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療にツボ治療を加えて、五十肩や体調の改善を行っています。
ツボが、神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調があると、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れ、身体に異常が起きている事を知らせてくれるだけでなく、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるからです。
この為、自然治癒が追いつかず、痛みとなって現れた箇所にツボ刺激を加えると、血行やリンパの流が良くなり、筋肉の弾力性や柔軟性が高まり、神経の興奮を抑制する効果が現れてきます。

 

更に、当院では、肩関節の可動域の改善の為に『運動療法』を行っています。
当院が行っている『運動療法』は、患者が横に寝た状態で、施術者が患者に無理が無いように肩や肩甲骨を動かす方法なので、リラックスした状態で、動かしづらい肩関節や肩甲骨を十分に動かす事ができます。
これによって、五十肩治療で重要な『肩甲骨の動きの回復』も、患者に負担が少なく、腱の癒着などを取り除き、コワバッテいる肩関節周囲の筋肉の弾力性や柔軟性を回復させ、肩甲骨の可動範囲を拡げられます。

 

そして、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、筋肉の柔軟性の回復と血行の改善を高めています。
東洋医療をベースにしたマッサージ治療が『筋肉の柔軟性回復』と『血行改善』の2点に、特化した治療方法なので、気になる肩関節や背中などの筋肉のコワバリを解消すると、それによって、神経の過敏状態が和らぐからです。
また、肩や背中の柔軟性が増すと、筋肉のコワバリやシコリが解消されてくるので、肩関節にかかる負荷が少なくなり、痛みが軽減すると共に、肩の動きが拡がります。

 

五十肩は、「自分しか、痛みが分からない」事から、自分で、自宅で痛みを注意しながらリハビリをする事が多くなっているので、肩や背中のコワバリや血行の改善を行うと、不快な痛みが和らぎ、セルフリハビリが行い易くなります。
当院は、マッサージ治療に、ツボ治療と運動療法を加えて、血液の循環の改善や筋肉のコワバリ解消を行い、これによって、五十肩の痛み軽減や関節可動域の回復を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

ズキズキと疼(うず)くような、慢性的な、凝りや痛み

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)慢性的な凝りや痛み

導入文

頭痛、肩こり、腰痛などで、慢性的な痛みに悩まされていると、凝りや痛みを発している筋肉の内側に、筋肉が凝り固まったような、ゴリゴリとした硬いシコリ(硬結)ができている事に気付かされる事があります。

この硬いシコリができると、血行が遮断されて、老廃物の排出や酸素の供給が極度に悪化し、これによって神経に異常興奮が起きてくるので、ズキズキと疼くような痛みや、ダルサ感、疲労感などが強まり、シコリが無くならない限り、いつまでも続くようになります。

この為、不快な痛みを解消するには、湿布を貼ったり、温めたり、身体を休めたりする事よりも、不快な痛みを発しているシコリの箇所を確認して、周囲の筋肉のコワバリを回復させながら血液やリンパ液の流れを回復させ、シコリを解消させる事が大切です。

【 シコリ(硬結)による、神経刺激 】(図)シコリの神経刺激

頭痛、肩こり、腰痛などが起きても、「そのうち、治るだろう」と思って、そのままにしていたり、我慢していたりすると、次第に、内部からズキズキと疼くような痛みが起き、だんだんと、不快な痛みが強まってくる事があります。
これは、最初、一時的な疲労や過緊張による痛みであっても、毎日の疲れや運動不足などで体力が弱まると、筋肉の柔軟性や回復力が低下し、血行が悪化するので、身体に有害な二酸化炭素や老廃物が増え、身体に必要な血液からの栄養や酸素が欠乏し、凝りや痛みが強まる為です
しかも、凝りや痛みが強まって、筋肉が凝り固まって筋肉の内部に硬いシコリができると、それによって毛細血管の血流が遮断されてしまうので、シコリ周辺の神経が異常興奮を起こし、“ズキズキ”とした神経特有の痛みに絶えず悩まされるようになります。

 

また、シコリによって神経が異常興奮を起こすと、神経が過敏になるので、チョッとした動作やストレスでも、すぐに反応して、強く疲れを感じたり、ダルサを感じたりします。
そして、痛みの感覚が敏感になってくると、神経の興奮を抑える働きが弱くなってくるので、ズキズキと疼くような凝りや痛みが解消されづらくなり、休んでいる時にも不快感が続くようになります。
更に、この慢性的な不快感から、筋緊張 ➡ 血流悪化 ➡ 神経刺激 ➡ 筋緊張と、悪循環が起きると、神経が休まらない状態になってくるので、ますます疲れやダルサを感じ易くなり、頭痛、肩こり、腰痛などが起き易くなり、更に症状が悪化してきます。

 

このズキズキと疼くような慢性的な凝りや痛みが起きるのは、痛みを長引かせた場合だけでなく、同じ筋肉に繰り返し負荷をかけた場合や、あるいは軽度でも、ずうっと筋肉疲労が続いた場合にも、しばしば起きます。
よくあるのが、歩き続けて腰や脚が過度に疲労した場合や、長時間の不安定な動作を繰り返した場合、重い物を肩にかけて運び続けた場合などで、これらは、同じ筋肉に繰り返し負荷をかけ続けるので、筋肉内にシコリができて、神経が過敏な状態になった為です。
また、ジッと緊張した状態が続くデスクワークをして、首、肩、肩甲骨周辺、腰などに、軽度でも、ずうっと筋疲労が続くと、やはり、血行の悪化からシコリができ、神経を過敏な状態にさせてしまいます。

(図)自律神経の不調【 自律神経の不調にも 】

しかも、シコリから発する痛みや不快感が続いたり、強まったりすると、体調を保っている自律神経に大きな負荷になってくるので、自律神経がオーバーワーク状態になると、不快さや痛みが強まるだけでなく、身体に不調を起こしてしまいます
特に、このような状態が起き易いのは、自律神経が首から背骨沿いに通っているので、疲労や緊張などで首の後ろ側や肩甲骨の内側にシコリができた場合です。
例えば、首の後ろ側にシコリができて痛みや不快感が強まると、体調の悪化と共に頭痛を起こしたり、あるいは、肩甲骨の内側にシコリができて疲労感やコワバリ感が強まると、「身体が、何となく身体の調子が悪い」と感じられてきたり、「背中のコワバリから呼吸が浅くなった」、などを感じたりします。

 

また、首、肩、背中などにできたシコリの不快さや痛みが強まって、自律神経が不安定になると、気候や天気の変化に敏感になり、「寒くなったり気圧が低くなったりすると、身体に痛みが出る(『寒冷痛』)」とか、「天気が悪くなると、膝や腰の関節の痛みが悪化する(『天気痛』)」を、起こす人もいます。
他にも、ケガや手術によって古傷となった傷あとやコワバリもシコリの一種なので、寒さを感じたり、体調が悪化したりすると、そのシコリ箇所が敏感になって、ジンジンとした絶え間ない痛みを感じる事があります。
しかし、シコリ(硬結)は血液の流れが悪化した事が原因になっているので、ズキズキと疼く凝りや痛みの解消に、医院でMRI・CTなどの画像検査を受けても、筋肉内部の異常が確認できません。

 

このように、自律神経沿いにシコリできると、最初のうちは違和感や痛みといった程度でも、シコリが自律神経を圧迫してくると、頭痛や頭重感、体調の不調、といった神経系の症状を起こします。
そして、不快さや痛みが長引いたり、強まったり、身体に不調を感じてきたりすると、ますます自律神経の負荷が大きくなるので、仕事をしていても、集中力が続かなくなったり、気分的にイライラさせられたりします。
更に、精神的な安定が失われてくると、チョッとしたキッカケで不快感が強まって、疲労感や緊張感が強まったり、ずうっと仕事や家事をしているのが辛くなったりします。

【 解消しづらいシコリ 】(図)ストレッチや運動

シコリができると、“ジ~ン”と、神経特有の響くような痛みを感じるので、自分でその場所が分かりますが、自分でシコリを解消させるのは困難です
シコリは、筋肉が凝り固まったように、硬い“塊”になっているからです。
この為、シコリをストレッチや運動で伸ばそうとしても、シコリの硬い“塊”は緩まずに、周辺の筋肉を伸ばすだけで、シコリがそのままの状態で残ってしまいます。

 

また、シコリの筋肉が凝り固まっているのは、シコリやシコリの土台になっている筋肉に、強いネジレや萎縮が生じているからです。
これを解消するには、横や斜めなどのいろいろな方向に、引き伸ばす事が必要になります。
しかし、ストレッチや運動は、“一方向”に筋肉を伸ばす事はできても、いろいろな方向に伸ばす事はできないので、筋肉の多方向のネジレや萎縮を解する事ができません。

 

更に、一層、シコリの解消を困難にさせているのが、シコリができている箇所は、首の後ろ側や、背骨沿い、肩甲骨の内側が多いので、直接、眼で確認できないだけでなく、シコリに手がシッカリと届かない事です。
この為、直接、シコリを解消させる事ができないので、代わりに身体を伸ばすストレッチや運動をする事になり、シコリが筋肉内部に残ったままになって、スッキリしない感じが残ってしまいます。
しかも、ストレッチや運動で、シコリの土台になっている筋肉に負荷が多くなると、シコリを強めてしまうので、しばらくすると、痛みや不快感が増すという結果になります。

【 当院の、ツボ治療とマッサージ治療 】(写真)当院のシコリ治療

当院は、シコリから生じる不快な凝りや痛み解消に、東洋医療をベースにしたツボ治療とマッサージ治療を利用しています。
これは、シコリができる位置と、東洋医療で利用されているツボの位置が、ほぼ一致しているので、崩れかかった身体のバランスを整える東洋医療の治療法が生かせるからです
しかも、ツボは、神経や血管が集まっている箇所なので、反応が確認できるツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるからです。

 

この効果から、当院では、シコリの解消や症状の改善に、「押されると身体の芯まで響いてくる」とか、「痛いけど気持ちいい」、「ツボをしっかり押されている」と感じられる箇所に、ツボ刺激を加え、治療を行っています。
シコリによって血液が身体の隅々まで十分に行き渡らなくなっているので、ツボに刺激を加えると、ツボが神経や血管が集まっているので、筋肉の弾力性や柔軟性が高まり、毛細血管が拡がる効果があるからです。
これによって、血行やリンパの流れが促進されると、「血行が悪い→痛む→筋肉がこわばる→更に血行が悪くなる」、という悪循環が弱まり、神経興奮の抑制につながります。

 

更に、当院では、マッサージ治療を行い、周辺のコワバリをほぐし、血行を回復させ、新しい血液を流入させて、老廃物を押し出し、神経の過敏状態を和らげるようにしています。
特に中高年以降になって、毎日の疲れや運動不足などで身体の回復力が低下していると、元々悪くなっていた部分の自然治癒が追いつかず、疲れやすさや痛みとなって現れてくるので、疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来の症状改善が必要です。
身体の不調時に顕在化するシコリは、ツボと同じように、身体の異常を知らせる“反応点”であり、病状を改善する“治療点”になっているので、筋肉や血行の改善を得意としている東洋医療をベースにしたマッサージ治療が、改善に効果があります。

 

筋肉内にシコリができると、付近の神経が異常に興奮してくるので、湿布を貼ったり、温めたり、身体を休めたりするだけでは、痛みや不快感が解消されません。
当院は、神経の異常興奮による痛みや不快感の解消に、マッサージ治療に、昔から利用されているツボ刺激を併用し、筋肉内のシコリの解消を図り、神経の興奮を和らげて、痛みや症状の改善を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

変形性膝関節症の運動療法と、下半身の柔軟性回復

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)膝の運動

導入文

変形性膝関節症の治療として、膝関節内へのヒアルロン酸の注射が行われますが、発症の原因が、膝関節を取り巻く筋力の低下によって、関節内の軟骨がすり減ったり無くなったりしているので、運動療法で膝関節の筋力を回復させる事が重要になっています。

しかし、運動療法は、ある程度の期間、無理をせずに適切な運動量を“継続”していく事が必要になるので、思うような回復がみられないと、運動療法への苛立ちや焦りから、意欲が低下してしまう事がよくあります。

この為、下半身の筋肉のコワバリを解消させて、血行の改善を促し、膝関節周囲の筋肉の働きを高めると、膝の痛みを緩和させるだけでなく、体調の改善にもなるので、運動療法が行い易くなり、症状の回復のスピードを早める事ができます。

【 ヒアルロン酸注射 】(図)ヒアルロン酸の注射

変形性膝関節症の初期や進行期は、日常生活上の注意や保存療法で様子をみるのが基本になっていて、保存療法の間、膝の痛みを無くす為にヒアルロン酸の注射が、薬物治療として広く利用されています
膝にヒアルロン酸を注入する事で、炎症を抑え、すり減った膝の軟骨表面を覆うので、膝の痛みが自然と無くなる効果がある上に、副作用の心配がほとんど無いので安全性が高いので、安心して使える為です。
しかも注射をするだけなので、比較的簡単に、短時間に、治療を済ませられるメリットがあります。

 

しかし、ヒアルロン酸注射の効果は、関節液の粘り気や弾力性を、しばらくの間、回復させる範囲になります。
すり減った軟骨を再生させたり、増やしたりする効果は無く、また、時間の経過とともに、ヒアルロン酸が体内に吸収されてしまうので、効果が長く持続しないからです。
この為、再び、膝の痛みが起きてきたり、膝のコワバリで膝が動きづらくなったりした場合は、繰り返し、ヒアルロン酸注射を受ける事が必要になります。

 

更に、注意しなければいけない事は、ヒアルロン酸注射に頼って、繰り返していると、次第に膝の関節を痛めてしまう、悪いサイクルに陥ってしまう事がある事です。
これは、ヒアルロン酸注射を受ける事で、一時的に痛みが消えて、膝を動かせるようになりますが、それに頼っていると、膝周りの筋力が弱っているので、膝関節に体重がかかるたびに関節面に傷が付いてしまい、状態を悪化させてしまうからです。
しかも、膝関節の軟骨のこすれ合いが増して、軟骨が傷んでくると、ヒアルロン酸を注入しても効かなくなってくるので、炎症が悪化して痛みが解消できなくなり、ジッとしていても痛みを感じるようになります。

【 運動療法の改善効果 】(図)リハビリと運動療法

この為、膝関節の働きを保護する為に、運動療法によって膝周囲の筋肉の筋力を高める事が重要になります。
これは、膝周囲の筋肉が、関節への負荷や衝撃を和らげるクッションとしての働きがあるので、立ち上がりや歩き始めなど動作の開始時に痛みが生じる変形性膝関節症の初期や進行期には、「膝の痛みは、動かす事で和らぐので、どんどん歩いたり動いたりしてください」と言われるほど、症状の改善(症状緩和)に期待できるからです
また、膝に痛みが出てくると、膝周囲の筋肉のコワバッテ硬くなり、膝関節の働きを保護するクッションとしての働きが失われてくるので、運動療法でコワバッタ膝周囲の筋肉の柔軟性を回復させると、症状の進行を抑制する事も期待できます。

 

更に、動療法によって膝周囲の筋肉の筋力を高める事で、関節内の軟骨細胞へ栄養が供給されるようになると、関節内の新陳代謝(生まれ変わり)が進むので、関節内の補修効果になります。
関節内には血管が無いので、関節を動かす事ができるようになると、関節内の軟骨細胞へ、栄養を含んだ水分が少しずつ注入されるようになるからです。
この為、症状の初期や中程度の場合には、運動療法が、治療としての有効性が高く、消炎鎮痛剤以上の痛みを和らげる効果があるとされています。

 

このような効果から、早い段階から適切な運動療法を行う事によって、変形性膝関節症の進行を、かなり遅らせる事が可能になります。
特に、「起床時の第一歩に違和感がある」、「動く時だけ痛む」などの、変形性膝関節症の初期ならば、運動療法と日常生活上の注意だけでも、痛みが無くなって、今まで通りに歩く事が出来るようになります。
ところが、「年のせい」とか、「膝に痛みがあるから」と言って、足腰の運動を避けていると、膝周りの筋肉が弱って衰えが進んでしまうので、ますます関節の軟骨がこすれ合うようになり、軟骨の表面が傷ついてくるので、症状を悪化させてしまいます。

【 運動療法の難点 】(図)運動の難しさ

変形性膝関節症の改善には、痛みや炎症を、薬の処方やヒアルロン酸注射によってコントロールする事が必要になりますが、症状を軽減させて、進行や再発を防ぐには、膝周囲の筋肉が関節への負荷や衝撃を和らげるクッションとしての働きがあるので、その効果を発揮する為に、やはり、脚を歩いて動かして、これまでの生活をなるべく続ける事が重要になります。
しかし、運動療法の難点として、運動療法を行っても、筋肉の筋力や機能は、すぐに痛みが回復したり、筋肉が付いたりしないので、根気よく、繰り返し、運動療法を続ける事が必要です。
この為、毎日、気長にトレーニングを続けていくような、気持のゆとりが肝心になります。

 

更に、肥満や加齢で、脚の筋力が弱っていたり、膝の痛みで歩く事が少なくなっていたりする場合には、関節の機能を維持する訓練が重要になって、訓練期間を十分とる事が必要になってくるので、一層、我慢強く続ける事が必要になります。
また、仕事をしていたり、家事による都合があったりすると、訓練する時間の制約も出てくるので、時間をやりくりする工夫も必要になります。
この為、我慢強く続ける事や、時間をやりくりする事が難しくなってしまうと、運動療法の効果が現れづらくなるので、「自分は、トレーニングをしても、なかなか効果が出ない」とか、「変形性膝関節症は、年寄病だから、仕方が無い」と、途中で諦めてしまいがちになります。

 

もう一つの重要な事として、運動療法で効果を上げるには、運動療法の意味を理解して行う事が必要になる事です。
この事が理解できていないと、形だけの動作になってしまい、効果が出なかったり、面倒になってしまい、続けられなくなったりしてしまうからです。
単調に感じられても、身体を動かしながら治していく意味を理解して、自分ができる範囲で、「じっくり」、「ゆっくり」、「根気よく」、毎日コツコツと続ける事が大切になります。

【 当院の、膝の緊張と疼痛の緩和治療 】(写真)当院の膝の治療

このように、運動療法は症状改善に多くの効果がありますが、難点もあるので、運動療法を継続させ、効果的に行う為には、腰から下の、下半身の筋肉の柔軟性を回復させて、膝を動かす時の痛みを緩和させ、身体の動きを良くしておく事が重要になります。
しかも、肥満や、O脚、膝の使い過ぎなどから、身体の動きが制限されたり、身体を動かすのが難しくなっていたりする場合には、身体の柔軟性を回復させておく事も、重要な課題になります。
このような事から、当院は、変形性膝関節症の運動療法の難点を解消する為と、身体の柔軟性回復の為に、東洋医療をベースにしたマッサージ治療とツボ治療で、筋肉の緊張を和らげ、血行を改善し、疼痛を緩和させる治療を行っています

 

特に当院は、太ももの筋肉のコワバリ箇所や、血行の低下している箇所をチェックして、これを改善させ、脚の筋肉の柔軟性と筋力を回復させる治療を、東洋医療のツボ反応を使って症状改善を行っています。
変形性膝関節症の治療で、重要な働きをする太ももの筋肉は、膝下まで伸び、運動時の負荷や衝撃を吸収して、膝関節をコントロールする働きをしているので、この『筋肉の働き』を高めておく事が重要になるからです。
ツボは、神経や血管が集まっている箇所なので、ツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、今まで感じていた違和感が減少したり、痛みが和らいだりして、膝の動きが改善し、動かし易くなります。

 

更に、立ったり座ったりするには、腰の柔軟性も、回復させておく事も必要になるので、腰や股関節のチェックと改善も行っています。
膝に痛みを強く感じると、どうしても、歩行時や、立ち上がりや座る動作、階段の上り下りなどで、バランスを崩した姿勢や、変則的な動きが多くなって、腰にも影響が及ぶからです。
このような場合に、マッサージ治療で、コワバッテいる腰の柔軟性を回復させると、腰の筋肉の働きが良くなり、脚が動かし易くなって、膝への負担が少なくなる効果があります。

 

運動療法の大切さが分かっていても、痛みの不安や抵抗感などで、なかなか踏み込めなかったり、続かなかったりする場合には、ツボ刺激を利用したマッサージを利用すると、筋肉の緊張を解消し、疼痛を緩和させる働きがあるので、運動療法が行い易くなります。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療とツボ治療によって、筋肉のこわばりの解消や、血液循環を促進させる事で、膝関節の可動域の改善や、痛みの改善効果を図っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛みやしびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

膝の内側の痛み(関節症の初期症状)

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)膝の痛み

導入文

『変形性膝関節症』は、膝関節の軟骨がすり減って炎症や軟骨の変形が生じ、膝が腫れたり痛んだりする病気として知られていますが、そもそもの原因は、膝周辺の筋力低下や、肥満による体重増加、姿勢悪化による膝への片寄った負荷などによって、膝関節の安定性が失われた為です。

この為、変形性膝関節症の初期症状に現れる“筋肉のコワバリ”や“違和感”に気付いた段階で、腰や脚の慢性化した疲労や緊張を解消して、膝周辺の筋力バランスを回復させ、膝の負荷を軽減させる事が何より大切です。

膝の“筋肉のコワバリ”や“違和感”は、疲労や緊張などの慢性化によって生じているので、昔から筋肉や血行の改善を行っている東洋医療をベースにしたマッサージ治療を利用すると、下半身の疲労や緊張が解消されるだけでなく、膝関節のかみ合わせが改善されるので、変形性膝関節症の進行を抑える手段になります。

【 膝に不自然な負荷がかかって 】(図)膝への負荷

膝は、関節の曲げ伸ばしと共に、体重を支えて姿勢を保っているので多くの負荷がかかり、例えば、歩くたびに体重の2~3倍、階段を降りる時には体重の約3.5倍、走っている時には体重の4~5倍もの負荷が、膝関節にかかると言われています。
この為、体重50キロの女性の場合、膝の関節面に、歩くたびに100~150kg、階段下りでは約175kg、そして走ると200~250kgの負荷が、かかっています。
このような膝にかかる多くの負荷を、シッカリと吸収して和らげるように、膝に伸びている筋肉や膝を覆っている靭帯がクッション役として働いていますが、疲労や緊張で膝周りの筋肉や靭帯の働きが弱ったり、筋肉や靭帯が不安定になったりすると、歩く、座る、立ち上がるといった日常動作のたびに関節のかみ合わせが悪くなって、関節の軟骨が傷つくようになり、本格的な変形性膝関節症になってしまいます。

 

このように、変形性膝関節症は、気が付かないうちに、いきなり膝関節の軟骨がすり減るのではなく、その前に、疲労や緊張で筋肉や靭帯の働きが弱ったり、膝を支える筋肉や靭帯が不安定になっていたりするので、膝周辺に「違和感」や「コワバリ」を感じているのが一般的です
変形性膝関節症になる前の、膝の「違和感」や「コワバリ」で、よく言われるのが、“立ち上がり”や“階段の上り下り”した時に、膝の内側に感じる、「違和感」や「コワバリ」です。
特に、休んでいた後に膝の曲げ伸ばしをした時や、ずっと立ったり歩いたりした時は、膝の負荷が大きくなるので、膝の内側の“スジ”あたりに、「関節がコワバル」、「突っ張る」、「何となく動かしにくい」といった、違和感が強く起きるようになります。

 

そして、膝周辺の筋力の低下やアンバランスな負荷をそのままにしていると、長い期間をかけて、膝の「違和感」」や「コワバリ」”を伴い、ゆっくりと変形性膝関節症が進行していきます。
特に、加齢や運動不足などで、腰・骨盤・股関節・足首などを支えている筋肉がシッカリと使えなくなると、膝周りの筋肉に不自然な負荷が大きくかかってくるので、「違和感」」や「コワバリ」がハッキリ現れるようになります。
この為、膝の内側の「違和感」」や「コワバリ」は、膝関節の軟骨がすり減って炎症や軟骨の変形が生じる前の“予兆”と言えます。

【 膝のチェック法 】(図)膝の状態確認

『変形性膝関節症』の、膝の内側や膝裏のコワバリ状態を調べるチェック法として、次のような方法があります。
膝を床に付けるように、脚を延ばしてみる方法で、「膝の後ろが伸び切らない」状態になっている場合は、膝裏にコワバリが強まっている証拠です
そして、膝裏にテレビのリモコンを差し込んで、スーッと入ってしまう場合は、膝のコワバリが強まって、膝裏が2cm以上床から浮いている状態になっています。

 

膝の内側や膝裏にコワバリが生じていると、特徴的な違和感が起きるようになるので、身体の異常の確認になります。
膝の筋肉のコワバリが、強まったり、厚みを増したりしていると、神経を刺激して、過敏状態になっているからです。
例えば、「膝の後ろに突っ張りを感じる」、「正座すると膝の後ろに何かが挟まったように感じる」、「3分以上正座すると辛くなる」、などがある場合は、膝のコワバリで、神経が刺激されて、違和感が起きている事が多くなっています。

 

若い頃ならば、このような、膝裏のコワバリや違和感があっても、足腰に筋力があるので、多少の疲労や緊張が続いても、股関節・膝・足関節などの脚の並びは保たれます。
しかし、中高年以降になって、運動不足が続いたり、体重が増えたりしていると、その負荷に耐えようとして、膝の関節のかみ合わせが悪くなって、膝関節の安定性が失われるようになります。
しかも、日本人女性の場合、もともと8~9割がO脚気味なので、膝に負荷がかかり易くなって、このような“膝のゆがみ”が大きくなってしまいます。

【 そのままにしていると 】(図)そのままにしていると

変形性膝関節症の「違和感」」や「コワバリ」は、始めのうちは、動作時のみで、長続きせずに自然と治まるので、多くの場合、「一時的な痛みだろう」とか、「加齢や運動不足の為だろう」と思ってしまいます。
しかし、動作時の痛みが自然と治まっても、“痛みが繰り返される”ようになったり、あるいは、“階段昇降時の痛み”が起きたりする場合は、膝の軟骨が傷んだり、すり減ったりして、膝の軟骨に異常が出始めているサインです
“階段昇降時の痛み”は、初期の『変形性膝関節症』を特定する『特異的な痛み』になっていて、レントゲン検査より有力な判断材料になっているからです。

 

この状態になると、膝の軟骨が傷んだり、すり減ったりしてくるので、軟骨の変形や炎症が生じ、動作時に膝の違和感や痛みが強まります。
また、膝の痛みで、膝のコワバリが強まってくると、膝の血管の弾力性が失われて、血液が流れづらくなるので、チョットした膝の動きでも神経を刺激して、痛みを感じ易くなります。
これにより、神経が過敏になるので、「膝の内側が疼(うず)くように痛む」、「階段の昇り降りで膝の内側が痛い」、「シップを貼ると楽になるけど、しばらくすると膝の内側が痛くなる」、「膝の内側の少し下を押すと痛い」、なども起きてきます。

 

また、血液の流れが悪化してくると、老廃物が溜まって、神経を刺激するようになるので、脚や膝を動かさないでいても痛みが起き、膝の内側に、熱っぽい腫れ感やツッパリを感じるようになります。
この結果、「膝の違和感」」や「コワバリ」に加えて、「起床後、からだを動かし始めたときに膝のコワバリを感じる」、「起き上がったり、歩き出そうとしたりすると、なんとなく膝がコワバル」、「重くて動かしにくい、はっきりわからないような鈍い痛みを感じる」、なども現れます。
更に、膝の関節が動かしづらいので、腰や股関節の負荷が多くなって痛みが生じたり、下半身の血行が悪化するので、身体全体の疲労感やダルサなどに悩まされたりします。

【 当院の、膝治療 】(写真)当院の膝治療

当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療に、ツボ治療を加えて、変形性膝関節症の予防と症状の緩和を行っています。
これは、変形性膝関節症を引き起こす原因として、膝周りの筋肉や靭帯の疲労・緊張や、それによる不安定などが影響しているので、筋肉・血行・関節などの機能促進回復や、そして、身体のバランスを整える事を得意としている東洋医療の手法が、変形性膝関節症の予防や症状の緩和に、有効な対策になるからです
例えば、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、腰や脚などの筋肉の働きと、前後左右のバランス状態を回復させると、膝周囲の筋肉や靭帯の負荷が減少させる事ができるので、変形性膝関節症の初期症状の、気になる「膝の違和感」」や「コワバリ」も解消されます。

 

また、ツボの箇所は、神経や血管が集まっている箇所なので、体調の変化が起こった時に、身体の異常を知らせる「反応点」となり、さらに、症状を改善する「治療点」になるので、当院ではツボ反応を、変形性膝関節症の予防や症状の緩和に利用しています。
例えば、腰を含めた下半身のツボ反応を確認して、治療に利用すると、下半身の筋肉のコワバリやシコリが解消され易くなって、下半身の筋肉バランスが整ってくるので、これにより、膝周りの筋肉の不自然な負荷も、解消し易くなります。
その後、マッサージ治療で、下半身全体の柔軟性を回復させると、膝の痛みの減少効果と、膝関節の動ける範囲(可動域)を回復させる効果が高まり、膝関節の安定が図れます。

 

更に、当院では、膝の違和感や痛みの緩和の為に、血液やリンパ液の流れを促進させ、腫れの回復を行っています。
『変形性膝関節症』は、腰や脚の筋肉のコワバリから、血液やリンパ液の流れが悪くなって、腫れができるだけでなく、腫れができると老廃物が溜まり易い状態になって、神経を刺激し、違和感や痛みが起き易くなるからです。
血液やリンパ液の流れを促進して、老廃物が流れるようにすると、過敏になっている神経を回復させて、痛みを減少させるだけでなく、必要な酸素や栄養が流入してくるので、筋肉の回復効果になります。

 

中高年になって、膝の違和感が気になったら、足腰のコワバリや筋肉の不均衡のチェックをして、①筋肉の緊張の緩和、②膝関節の可動域の維持、③痛みの緩和などを行い、『変形性膝関節症』の進行を防ぐ事が大切です。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療により、脚の筋肉のコワバリの除去や、関節可動域の改善、血液循環の促進を行い、膝の痛みの解消と変形性膝関節症の進行抑制を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛みやしびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

土踏まずや踵などの、足の裏の痛み(足底腱膜炎)

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)足底腱膜炎

導入文

「朝起きて、床に立つと、足裏にズキンッと痛みが走る」、「立ち仕事をしていると、足裏に痛みが出る」、「ジョギングやランニングで走り出す時に足の裏に痛みを感じる」、「サンダルやスリッパで歩いていると、足裏が痛む」などが起き、しばらく身体を動かしていると、痛みが和らいでくる場合、『足底腱膜炎(または足底筋膜炎)』の可能性があります。

これは、「仕事やスポーツで、足裏に繰り返し負荷をかけた」、「運動不足や加齢によって、身体を支える脚の力が弱くなった」、あるいは、「サンダルやスリッパを履き続けて足に余計な負担をかけた」などがあると、足裏でアーチを形成して衝撃を吸収している足底腱膜が、無理に引き延ばされてしまい、そこに小さな損傷ができた為で、損傷が拡がったり、重症化したりすると、痛みで歩けなくなる事もあります。

症状の改善には、足底腱膜とふくらはぎの筋肉の柔軟性を回復させ、更に下半身の緊張や疲労を解消させて足裏の負荷を減らす事が必要なので、疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来の痛み解消を、昔から手がけているマッサージ治療を利用すると、痛みの解消だけでなく、治療期間が短く済み、しかも、脚・腰のバランスを整える事も行うので、再発防止の効果もあります。

【 土踏まず周辺の、鋭い痛み 】(図)足裏の痛み

足底腱膜炎は、足のトラブルの中で、10人に1人が生涯中に経験すると言われるほど、比較的ポピュラーな疾患で、症状として、足の土踏まず付近や踵(かかと)に、強い痛みが起きます。
足底腱膜は、踵(かかと)の骨から足の指へ扇状に広がる、膜状の、丈夫で強靭な腱を言います。
通常ならば、この丈夫で強靭な腱によって、足の土踏まず(アーチ)の“くぼみ”が維持され、これによって、体重をしっかりと安定的に支えたり、地面からの衝撃を吸収したりします。

 

ところが、丈夫で強靭な腱であっても、運動で強い負荷が足にかかったり、長時間の歩行や立ち仕事をしたり、足に合わない靴を履いていたり、硬い路面を歩いていたりすると、腱に大きな負荷がかかって、痛み出す事があります。
これは、足のアーチに過度にギュッと圧がかかってしまうと、それに耐えられなくなって、下支えしている腱膜が強く引き延ばされてしまい、腱膜にいくつもの微細な断裂が起き、そこに炎症が生じるからです
この結果、立ったり歩いたりすると、足裏に体重がかかって、炎症が起きている断裂部分が引き延ばされるので、ズキンとする強い痛みや灼熱感が発生します。

 

この足底腱膜炎を起こす代表的なのが、スポーツや登山・旅行による足の負荷オーバー、仕事で長時間立ちっぱなし、くたびれるほど歩き続ける、などの場合です。
また、足裏の負荷を更に強めるものとして、硬い革靴を履いて歩き続ける、仕事で重いカバンを持ち続ける、あるいは、長引く腰の痛みや疲れなどによる足底への負荷、などがあります。
ケガの痛みように、特にキッカケは無くても、毎日、足に負荷のかかる運動や仕事を続けているうちに、日に日に、足裏の損傷が多くなって、痛みが強まるようになります。

【 足に負荷をかけていなくても 】(図)運動不足や加齢から

ところが、足に負荷のかかる運動や仕事をしていなくても、足底腱膜炎が起きる場合があります。
丈夫で強靭な腱であるはずの足底腱膜が、運動不足や加齢で弱くなったり、柔軟性が無くなったりすると、多少でも足裏に負荷をかけ続けたり、腰や膝の痛みで不自然な負荷をかけたり、足裏の筋肉を緊張させてしまうサンダルやスリッパを履き続けていると、負荷に耐えられなくなるからです
よくある例として、「普段、歩く事が無かったが、たまたま歩き廻った」、「つっかけサンダルで、しばらく歩いた」、「加齢や運動不足で、足腰の支える筋力が弱い」、「仕事を終えて家に戻ってから、更に立ち仕事をした」、「妊娠して、体重増加や姿勢変化で、炊事や掃除がやりづらい」、などがあります。

 

また、足底腱膜が弱くなったり柔軟性が無くなったりしていると、妊娠や肥満による足への負荷の増大、足腰の筋力低下、下半身の冷えや血行悪化なども、足底腱膜炎を起こすキッカケになります。
しかし、歩き始めや立ち上がりで、床に一歩目を踏み出した時に、足裏の土踏まずあたりに「ズキン!」とする鋭い痛みを感じたり、断裂部分の炎症で、足の裏や指の付け根が、いつまでもジンジンと痛んで不快な疼痛が続いたり、足裏に熱を持っているように感じたりします。
ところが、足底腱膜炎が起きても、一般的な傷のように、見た目でわかるような、腫れや赤みといった症状が無い事や、立ったり歩いたりしているうちに、足底腱膜の柔軟性のある部分が伸びて、断裂部分の負荷が弱まり、痛みが落ち着いてくるので、何もせずに、そのままにしがちです。

 

ところが、仕事や運動の都合で、痛みを我慢して、足裏に負荷をかけ続けてしまうと、体重がかかるたびに、修復中の傷が再び広がってしまい、痛みがぶり返すようになります。
また、踵(かかと)の骨の足底腱膜が何度も強く引っ張られてくるので、踵も「ピリッ!」とする、強い痛みが起きるようになります。
しかも、引っ張られる強度が強かったり、踵の骨が弱かったりすると、踵の骨の表面が引っ張られて、棘(とげ)のような小さな突起(骨棘)ができてしまい、歩いたり、立ったりするたびに、激痛が走り、ジッとしていても、痛みが続くようになります。

【 治りづらい足裏治療 】(図)足裏ストレッチ

病院での足底腱膜炎の治療は、足底腱膜の損傷の自然治癒を待ち、足の裏にかかる負荷を減らす治療が基本になるので、よほどの事が無い限り、保存療法が中心になります。
特に痛みが強い場合は、鎮痛薬を使って、痛みを軽減する方法がありますが、痛みの原因を、直接、解消する事はできないので、やはり、足底腱膜の柔軟性を回復させる事が重要になるからです。
例えば、とりあえず、足裏の痛みを和らげる為に、足裏に湿布を貼ったり、テーピングをしたり、痛む部分をくりぬいたインソールを使ったりしますが、その後は、ふくらはぎの筋肉と足底腱膜の柔軟性を回復させる為に、ストレッチやセルフマッサージを行うように指導されます。

 

しかし、自然治癒を待つ治療法なので、どうしても、ある程度の治療期間が必要です
しかも、足裏に負荷をかけないように、かばうようにしていても、毎日の生活で、どうしても立ったり歩いたりするので、断裂部分に負荷をかけてしまいます。
この為、足裏の柔軟性を回復させるには、かなり日数が必要になり、数ヶ月から1年程度かかってしまいます。

 

更に、足裏の負荷を減らす為に、腰や脚などの下半身の緊張や疲労も解消させ、バランスを回復させる事も必要になってくるので、この事も、痛み解消の治療を長引かせる事になります。
腰や脚などの下半身に緊張や疲労が強まっていると、姿勢の悪化から足のアーチに大きな負荷がかかり続けてしまうからです。
ところが、下半身に緊張や疲労が強まっていても、慢性化していると、自覚症状が無い事がよくあるので、足裏の痛み解消や、再発させない為には、「ふくらはぎのコワバリ」、「脚のダルサ」、「腰の鈍痛」などを確認して、これらを回復させる事も必要になります。

【 当院の、足底腱膜炎の治療 】(写真)当院の足裏の痛み治療

当院は、足底腱膜炎が、東洋医療をベースにしたマッサージ治療とツボ治療で、痛み解消を行っています。
足底筋膜炎は、下半身の筋肉や足底筋膜の柔軟性が無くなって、足底筋膜が無理に引き延ばされた事が原因になっているので、筋肉のコワバリ状態を確認して、柔軟性を回復させるマッサージが、効果的な治療法になっているからです
しかも、下半身には、昔から利用されている、いくつもの有効なツボがあるので、下半身に現れたツボを、重要な『治療点』として利用すると、足底腱膜の損傷の修復を高めるだけでなく、治療期間を短縮できるメリットもあります。

 

例えば、足裏の痛み解消に、『治療点』であるツボを確認して刺激を加えると、ツボが神経や血管が集まっている箇所なので、その刺激に順応して、筋肉内の血流が高まって損傷の回復が進んだり、神経過敏が和らいで痛みや違和感が減少したりします。
また、血行の悪化で、不要な老廃物が溜まっていたのが、血流の改善で排出され易くなるので、それによっても、足裏の神経の興奮を鎮めて、足裏の痛みや違和感の解消効果もあります。
このように、東洋医療系のマッサージ治療が、もともと疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来の痛み解消を手がけてきたので、足底腱膜炎に対しても、効果的な治療法になっています。

 

更に、当院では、腰を含めて下半身の緊張や疲労のチェックを行い、それらを解消させる事も、併せて行っています。
仕事や家事、あるいは、加齢や運動不足などで、下半身に緊張や疲労が生じると、それが脚のコワバリやシコリとなって、アキレス腱沿いから足裏に影響を与えルからです。
腰や太ももの緊張や疲労を解消させて、脚のコワバリやシコリを解消していくと、足底腱膜の負荷が減って、足裏の痛みの再発防止の効果になるだけでなく、下半身がスッキリした感じになり、元の自然な柔軟性を回復し、下半身が軽くなったように感じになります。

 

足底腱膜炎の痛みを解消させるには、下半身の筋肉の柔軟性回復が必要になるので、崩れかかった身体のバランスを整え、体調の改善を行っている、東洋医療系のマッサージ治療が勧められます。
当院は、マッサージ治療とツボ治療で、下半身や足底筋膜の疲労や緊張を解消させ、それによって、血流や柔軟性の回復を行っているので、初期の段階ならば、下半身の筋肉の硬直を解消させるだけでも、足裏の腱膜の負荷が減り、1回の治療でも、痛みが減少するのが分かります。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

気候の寒さや冷房による、関節の痛みと、動きの低下

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)関節の痛みや、動きの悪化

導入文

日本の気候は、季節によって気候が大きく変化するので、寒くなってくる季節や、天気が悪化して冷えてくると、「寒い」とか「冷たい」という感覚が強く刺激されて、身体に「痛み」を感じる事があります。

よく言われるのが、「寒かったり、冷えたりすると、膝や腰の関節が痛んで、動かすのが辛い」、「梅雨時になると、古傷がシクシク痛む」、「天気が悪くなって、雨や曇りになると、身体の節々(ふしぶし)が痛む」、などです。

特に、身体に不調があると、筋肉の働きが低下して血液の循環が悪くなってくるので、神経が敏感に反応して、このような「痛み」を感じ易くなるので、対策には、筋肉の柔軟性や血行を改善させて、身体の調子を保つ自律神経の働きを維持する事が大切です。

【 寒冷痛(かんれいつう) 】(図)寒冷による痛み

気候が寒くなってきたり、部屋の冷房が強かったりすると、「膝や腰の関節が痛んで、動かすのが辛くなる」という人が、かなりいます。
寒さを感じてくると、血行が悪くなって、関節や筋肉がコワバッテくるので、膝や腰のダルサや鈍痛に悩まされたり、動作時に関節部分に痛みが起きたり、関節がギクシャクした感じになり動きにくくなったり、してくるからです。
このように、寒さで身体が冷えると、身体の節々(ふしぶし)に違和感や痛みが起きたり、関節の動きづらさを感じたりする症状を、『寒冷痛』と言います

 

この症状は、とても冷たい風を顔に受けていると、頬や耳が“痛く”感じたり、氷水に手を入れ続けると、手にシビレを伴った“痛み”を感じたりするのと、同じ現象と言われています。
いつもと違って、「冷たい」という刺激を強く受けると、身体への危険性を知らせる為に、感覚神経が、アラームサインとして「痛い」と言う信号を発する為とされています。
日本は季節によって気候が大きく変化するので、このような“痛み”が、寒さの感受性が強まる秋から冬への季節の変わり目や、急に冷房の風に直接さらされた時などに、多く起きます。

 

また、寒さからの刺激ではなく、気圧が低下して空気が湿ってくると、“痛み”を感じる人もいます。
代表例が“片頭痛持ちの人”で、台風や低気圧が近づくと頭がズキズキと痛むようになりますが、“片頭痛”以外にも、 天候が悪くなってくると、肩こり、膝の痛み、めまい、などが起きたり、あるいは、以前にケガをしたり手術を受けたりしていると、その傷跡(瘢痕)が「ジクジクと痛み出す」という人もいます。
これは、体調を保っている自律神経が、敏感で緊張し易い人の場合には、気圧や湿度が増して体調の維持がうまくいかなくなると、身体の緊張の高まりから血管収縮が起き、それによって痛覚の神経が高ぶって、痛みが生じると言われています。

【 心身の不調から 】(図)不調による痛み

この「寒い」とか「冷たい」という刺激で“痛み”を感じる場合、特に、「ストレスや不安で緊張が増していたり」、「血行が低下していたり」、「関節部分に負荷が大きくなっていたり」していると、“痛み”の感覚が増すようになります。
心身に不調があると、神経が不安定になっているので、少しの刺激でも神経が敏感に反応するようになり、この結果、「痛い」と言うアラームサインを強く発してしまうからです
更に、神経特有の感覚も強まって、「ジンジンする感じ」、「シビレ感がする」、「感覚が無くなった感じ」、「力が入らない」、「動かしづらくなる」、なども現れます。

 

また、心身の不調によって、身体の血液の流れが悪くなっていると、これも、痛みを増すようになります。
血液の流れが悪くなっていると、血液から取り込む酸素が不足して、筋肉がコワバッタ状態になるので、身体を動かそうとした時に、筋肉の瞬発力や持久力の機能がうまく働かなくなって、痛みが起き易くなって、痛みの感覚を大きくさせるからです。
更に、「寒さ」や「冷たさ」を感じていると、自律神経が身体の内部の温度を守る為に、身体の外側の血管を縮めて、血流量の少ない状態になるので、このような時に身体を動かすと、筋肉の負荷が一挙に高まって、痛みが起きるようになります。

 

特に、膝や腰などは、絶えず身体を支えながら、身体を曲げたり伸ばしたりするので、ストレスや心身の不調で血行が悪くなると、身体を支える負担が増して、痛みが起き易くなります。
しかも、「寒さ」や「冷たさ」から、筋肉の血行が悪くなると、筋肉が硬くなって、神経を圧迫して刺激するので、余計に痛みが増すようになります。
この結果、ちょっとした動作でも、痛みが起き易くなるだけでなく、ジッとしていても、膝や腰にコワバリを感じたり、ダルサやウズウズした感じに悩まされたりします。

【 身体を動かす事が少なくなると 】

ストレスや心身の不調だけでなく、加齢や運動不足などで、身体を動かす事が少なくなって、筋肉の働きが低下していると、やはり『寒冷痛』が起き易くなります。
筋肉の働きが低下していると、動作時に痛みが起き易くなるだけでなく、筋肉の血流を促す筋肉ポンプが低下して、血行が悪くなるので、その部分の体温が低下し、痛みの感覚が強く刺激されるからです
この為、椅子から立ち上がったり、急に身体を動かしたりすると、筋肉の働きの低下による痛みに加えて、「寒さ」や「冷たさ」で神経を強く刺激するので、思わず「アイタタッ!」という状態になります。

 

また、運動不足や加齢などで血行が低下してくると、身体の老廃物が排出されづらくなるので、これによっても、神経が刺激されて、ジッとしていても、疼くような痛みを感じるようになります。
例えば、デスクワークを続けている人や、お年寄りなどは、身体を動かす事が少ないので、冬近くになって寒さを感じ始めると、「なんだか腰がジクジクと痛い…」と、悩まされます。
しかも、血行の低下から、老廃物が溜まった状態になるので、運動神経を刺激して、「しびれる」、「つっぱる」、「だるくなる」、などが起きてきます。

 

この結果、加齢や運動不足などで、身体を動かす事が少なくなっていると、季節の温度や気圧の変化に順応しづらくなって、ますます『寒冷痛』が起き易くなります。
運動は筋肉を鍛えるだけでなく、自律神経も鍛えるので、身体を動かす事が少なくなって、運動機能が弱ると、体調を保つ自律神経の働きが低下するからです。
この為、普段から、「だるい」、「肩がこる」、「冷える」、「のぼせる」、「疲れやすい」、「食欲がない」、「眠れない」、「イライラする」、「元気が出ない」、などを感じていると、自律神経がオーバーワーク気味となるので、『寒冷痛』が起き易くなります。

【 当院の、寒冷痛の治療 】(写真)当院の関節治療

身体の不調による『寒冷痛』解消には、痛む所を温めて、血行を良くするだけでは、その時だけの痛みの解消に終わってしまうので、やはり、身体の不調を解消させて、自律神経の働きを回復させる事が重要です。
この為、当院では、マッサージ治療に加えて、ツボ治療を使って、気候の寒さや冷房による身体の痛み解消を行っています。
これは、東洋医療が、もともと、身体のバランスを整える事を得意としているので、気候の寒さや冷房による症状の改善に、ツボ治療を加えたマッサージ治療が、効果があるからです

 

特に、膝や腰は、体重の負荷が絶えずかかる場所なので、血行が悪くなったり、筋肉がコワバッタ状態になったりして、『寒冷痛』が起き易い箇所です。
この為、当院では、膝や腰に、身体の異常を知らせる『反応点』を探し、ツボ刺激を併用したマッサージ治療で、筋肉の疲労や緊張を回復させ、痛みを改善し、関節の可動域を広めるようにしています。
ツボが、神経や血管が集まっている箇所なので、身体の異常を知らせる『反応点』であり、病状を改善する『治療点』でもあるので、ツボ反応を利用すると、関節部分の痛みや不快感を改善させたり、動きの悪い関節の可動域を広めたりするのに、直接的な効果があるからです。

 

更に、東洋医療をベースにしたマッサージ治療によって、「血行やリンパの流れを良くする」、「筋肉の弾力性や柔軟性を高める」などと共に、「神経の興奮を抑制する」ことで、痛みを改善するようにしています。
これによって身体の不快感が解消されてくると、下半身全体の筋肉の瞬発力や持久力も改善されてくるので、膝や腰の関節の動きもスムーズになり、動作の不安も少なくなって、立ち上がりや座る時などが楽になる効果があります。
特に、関節の痛みや動きの低下だけでなく、体調の不調がある場合は、身体の柔軟性を回復させ、オーバーワーク状態となっていた自律神経の働きを回復させ、体調を整える必要があるので、当院のツボ治療とマッサージ治療を組み合わせた治療法が勧められます。

 

東洋医療をベースにしたマッサージ治療は、昔から、季節の変わり目などで、関節の痛みが起きたり、関節の動きの低下を感じたりした時に、体調の改善に利用されてきました。
当院は、これらの効果を基に、血流改善や神経の機能を回復させ、筋緊張やそれに伴う硬結、不快感、疲労感、及び疼痛を、緩和させる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や不快感の症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】