腰痛

疲労や緊張が慢性化して、長引く頭痛、肩こり、腰痛

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)疲労や緊張の慢性化

導入文

毎日のストレスや疲労で、肩や腰の不快な痛みに気付いていても、仕事や家事などで追われていると、ツイ、「この程度なら…」と思って、そのままにしがちです。

しかし、肩や腰の不快な痛みが続くと、いつの間にか、疲労による筋肉の緊張で筋肉内にシコリが生じ、そこからズキズキと疼(うず)くような痛みが起き、それによって次第に、長引く頭痛、肩こり、腰痛の原因になっていきます。

身体に様々な不調を引き起こすシコリは、ツボの位置と重なり合っているので、ツボを体調悪化の「反応点」や「治療点」として活用している東洋医療系のマッサージ治療を利用すると、シコリを解消し、症状を改善させる効果があります。

【 筋肉内にシコリができると 】(図)血行悪化からシコリに

仕事や家事などの疲労が続いて、身体の体調を保つ負荷が増してくると、体調を保てなくなり、「休んでも疲れがとれない」、「何となく身体の調子が悪い」、「やる気が出ない」、「イライラしてしまう」、などが起きてきます。
しかも、これらの疲労感や不快感が続くと、身体にコワバリを感じるようになり、そのコワバリから、不快な痛みが起きてきたり、ダルサや鬱陶(うっとう)しさが強まったりします。
これは、身体の疲労感や不快感が解消しづらくなって、筋肉がコワバッテくると、筋肉の血液を送る力が弱くなり、血行が悪くなるので、それによって周囲の神経が刺激されて、疼くような痛みが起きたり、痛みが治まらなくなったりするからです

 

更に血行の悪化によって、筋肉内に“シコリ”ができると、何もしていなくても、シコリ内部から疼(うず)くような痛みを感じ、そして、ちょっとした動作でも、シコリ付近の神経が敏感に反応して、疲労感やダルサが強まるようになります。
これは、シコリができた事で、毛細血管の血行を遮断してしまうので、酸素や栄養分の供給が失われるだけでなく、シコリ内部に不要な老廃物が溜まり、神経の異常興奮が起き易くなるからです。
しかも、シコリ内に酸素や栄養分が供給されない為に、回復する力が弱まって、いつまでも、不快な痛みや鬱陶しさが続くようになります。

 

このようなシコリが生じ易いのが、頭を支える首や肩、腕の動きを支える肩や肩甲骨、身体の軸となる腰、などです。
これらの箇所は、身体の重みを受けながら動作を行っているので、気付かないうちに疲労や緊張が蓄積して、血行が悪化し、筋肉がコワバリ、この状態が続くと、筋肉が強く縮んだ状態のシコリができてきます。
そして、シコリ内では、神経の異常興奮が起きるので、「頭が、いつも重い」、「肩甲骨の内側が、いつもズキズキと痛む」、「背中がスグ疲れて、痛み出す」、「腰の鈍痛に悩まされる」などに悩まされるようになり、なかなか痛みを取り去る事ができないので、長引く頭痛、肩こり、腰痛の原因になっていきます。

【 動作時の違和感、強い痛み、身体の歪み (図)シコリによる、関節の違和感や骨格の歪み

疲労や緊張によって、首・肩甲骨・腰・股関節などの筋肉にシコリができると、ズキズキとする痛みだけでなく、関節の柔軟な動きが失われて、動作をした時の違和感や、強い痛みが起きます
動作時の違和感でよくあるのが、「首の筋肉のコワバリで、首が回りづらい」、「肩甲骨の動きが悪くなって、腕大きく廻すとゴリゴリとこすれる音がする」、「膝や腰を動かすと、ギクシャクとした動きになる」、などがあります。
そして、強い痛みが起きる例として、「寝違い」によって首の強い痛みと共に首が動かせなくなったり、デスクワークをしているうちに「肩甲骨の内側に痛み」が起きてズキズキ痛んだり、「ギックリ腰」で身動きができなくなったり、などがあります。

 

更に、首・肩甲骨・腰・股関節などにシコリができた為に、“骨の並びを歪ませる”事もあります。
シコリができると、筋肉が極度に縮まった状態になるので、首・肩甲骨・腰・股関節などにシコリができると、付着している骨を強く引っ張って、縦一列に並んでいる背骨や腰の骨の並びを崩してしまう為です。
特に、長時間の座り仕事や疲労などで、背骨や骨盤にシコリができると、『背骨の歪み』や『骨盤の歪み』の原因になり、血液やリンパ液の流れが滞るので、余計に、「肩が重い」、「腰が辛い」、といった状態になります。

 

その上、『背骨の歪み』や『骨盤の歪み』に、シコリの影響がある場合は、姿勢の改善が難しくなります。
シコリによって、背骨や骨盤が強く引っ張られた状態になっているので、背中や腰を伸ばしても、シコリ部分は縮まったまま、伸ばされず、背骨や腰の歪んだ状態が解消されない為です。
しかも、無理にシコリ部分を伸ばそうとすると、シコリ付近の過敏になっている神経が強く引き延ばされるので、背スジを伸ばす事に対する拒否反応のように、ジーンとした違和感や、ジンジンとした痛みが起き、背スジを伸びづらくさせてしまいます。

【 精神的な不調や、自律神経の乱れも 】(図)精神的や自律神経の影響も

しかも、シコリからのズキズキとする慢性的な痛みによって、精神的な不調も引き起こします。
シコリ内から、絶えずズキズキとする痛みが起きると、神経が過敏状態になる上に、痛みを抑える力が弱くなるので、痛みを普通より強く感じたり、不快感や鬱陶(うっとう)しさが増したり、するからです。
特に、首や肩にシコリができて、ズキズキとする痛みが続くと、側頭部がズキズキと痛くなったり、後頭部のあたりが締め付けられるような痛みを感じたりするので、「仕事に専念できない」、「気が滅入る」、「イライラする」、などが起きます。

 

また、シコリからの不快な痛みが続くと、自律神経の働きに影響を与えて、「内臓の調子が悪い」、「頭がボーっとする」、「手足が冷える」、「微熱がある」、「全身がだるい」、などの体調不調を引き起こします。
自律神経が、首の中、背骨近く、腰を通っているので、首・肩甲骨・腰・股関節などに、絶え間ない不快な痛みが続くと、自律神経の正常な働きに支障を与えてしまうからです。
特に、首や肩にシコリができると、痛みや不快感から自律神経の働きを乱し、「頭痛」、「頭重感」 「イライラ感」、「気分が落ち込む」、などを引き起こします。

 

この結果、自律神経の働きが不安定になると、「天気が悪くなると体調が優れない」といった事も、起きてきます。
気温、気圧、湿度などの変化で、体調を一定に保つ自律神経の負荷が大きくなるので、シコリから発する痛みや不快感が強まり、「疲れ易く、ヤル気が起きない」、「興味がわかない」、「鬱(うつ)な気分になる」などの、精神的な不調を引き起こすからです。
この為、天気が崩れて、黒い雲が立ち込めてきたり、雨が降り出しそうになったりすると、『気象病』や『天気痛』と言われる、片頭痛や関節痛、肩こり、持病の悪化、気分の落ち込み、などが起き易くなります。

【 当院の、長引く頭痛、肩こり、腰痛の治療 】(写真)当院の、頭痛、肩こり、腰痛治療

疲労や緊張が慢性化してシコリができると、それによって過敏になった神経が、頭痛、肩こり、腰痛などの、様々な痛みや不調を引き起こす事が多くなっています。
このような、疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来の痛みには、「血行の悪化箇所」、「筋肉内のシコリ」、「関節の動きの悪化」、「骨の並びの歪み」などを確認して、筋肉の弾力性や柔軟性を回復させて、身体のバランスを整える事が、何よりも必要です。
当院は、このような「疲労や緊張などの慢性化による、筋肉由来の痛み」に対して、マッサージ治療にツボ治療を加えて、シコリを解消し、それによって症状の改善を行っています。

 

これは、慢性のズキズキとする痛みを起こしているシコリの場所が、東洋医療のツボの箇所と、ほぼ一致し、重なり合っているからです
しかも、ツボが、神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調が起きると、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れ、身体に異常が起きている事を知らせるだけでなく、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるからです。
ツボ反応を利用してシコリやコワバリを解消する方法なので、リハビリ運動やストレッチをするのと違って、患者にとって、身体の負担や無理が無く、リラックスした状態で治療が受けられます。

 

例えば、当院では、問診や触診と共にツボ反応を利用し、「圧迫するとジーンとした痛みが強まったり」、あるいは、「痛いけれども気持良い」といった“神経特有の感覚”を発していたりする箇所を確認し、身体の異常箇所を診断しています。
そして、硬化しているシコリの筋肉を、ツボ刺激とマッサージ治療で、シコリを軟化させながら血流を回復させて、神経の過敏状態を鎮め、痛みや不快感などの解消を行っています。
患部に直接働きかけるツボ治療なので、即効性があり、しかも、刺激の仕方や刺激量を患者と確認しながら行っているので、痛みが少なく、安心して受けられる治療法になっています。

 

長引く頭痛、肩こり、腰痛のように、筋肉内のシコリによって神経が過敏になっている症状には、神経の興奮を鎮める為に、悪化している血管と神経の通り道を改善する事が必要です。
当院は、ツボ治療を加えた東洋医療系のマッサージ治療により、血流やリンパの流れの回復、筋肉のコワバリの解消、神経過敏の正常化など、身体全体の調整を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

いつも腰が、重い、だるい、疲れる、痛い、張る

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)いつも腰が重い

導入文

腰痛は、原因を特定できるものは15%程度と言われ、残りのほとんどが『腰痛症』と言われる、長時間の同じ姿勢、毎日の生活習慣、ストレスや不安、不眠などによる、原因のハッキリしない痛みになっています。

『腰痛症』は、痛みの程度が大きくなくても、絶えず腰の鈍(にぶ)い痛みに悩まされる上に、チョッとした疲労や緊張でも腰の神経が敏感に反応して、腰に疲労感やダルサが強まるので、行動や意欲に支障をきたしてしまいます。

『腰痛症』を改善するには、腰の筋肉の緊張緩和や血流改善をするだけでなく、敏感になっている腰の神経を和らげる事が必要なので、神経の興奮を弱めるツボ反応を利用すると、症状の緩和に効果があります。

【 腰痛症の痛みの特徴 】(図)腰痛症

『腰痛症』の多くが、毎日の、腰に負担が増すような、「姿勢の悪さ」、「長時間の同じ姿勢」、「同じ動作の繰り返し」、などによって引き起こされます。
切り傷・火傷・打撲・骨折などの突き刺さるような痛みと違って、腰の筋肉の負担が大きくなった痛みなので、腰の痛みが、「ズキズキ」、「ジンジン」、「ジーン」といった、「疼くような痛み」や「不快なダルサ」が起きます。
これは、腰に負担が増して、筋肉がコワバッテ、血流が悪化してくると、筋肉が必要とする酸素や栄養分が不足したり、不要な老廃物が排出しづらくなったりするので、それによって神経が刺激され、神経特有の疼くような痛みが起きてくるからです。

 

また、疼くような痛みだけでなく、腰の筋肉がコワバリから、筋肉の柔軟性が失われるので、腰の違和感や痛みも起きてきます。
腰の筋肉のコワバリによって、腰の骨や骨盤に筋肉が張り付いた状態になるので、ジッとしていても腰が張った感覚や重たく感じられる上に、この状態で身体を動かすと動きづらさを感じ、更に、コワバッテいる筋肉が引き延ばされるので、痛みを生じるからです。
しかも、腰の骨や骨盤に筋肉が張り付いてコワバルと、骨盤の位置が微妙にズレたり、腰の骨の並びに歪みが起きたりするので、座っていても違和感が生じ、腰を動かすと、骨盤のズレや腰の骨の歪みの為に、付近の神経が刺激され、違和感や痛みが強まるようになります。

 

更に、ストレスを感じていると痛みや不快感を強めるので、仕事や家庭で身体の疲労や緊張が増したり、精神的にストレスが高まったりすると、余計に、「腰が、重く感じる」、「ダルクなる」、「疲れが増す」、「張りが増す」、「痛む」、などが強まります。
また、これらによって神経が敏感な状態になるので、何かのキッカケで不安や緊張を感じると、腰の痛みや不快感が再発してきたり、痛みを強く意識させられたり、痛みが拡がったりします。
この為『腰痛症』に悩まされると、休んでいても、「腰に、何か異常が起きている…?!」と気掛かりになったり、リフレッシュしようとして身体を動かすと、かえって腰の違和感や痛みが強まったり、不快感が残ったりします。

【 腰の痛みから、体調悪化に 】(図)体調悪化に

痛みは、通常ならば、病気やケガなどで身体に異常やダメージが生じた時に、その事を知らせる“アラームサイン”の役割をしています。
このような時に、腰痛を和らげるために使用する湿布や痛み止めが、かえって、腰の痛みを長引かせる事があります。
湿布や痛み止めは、痛みを和らげる効果はありますが、血流の悪化や筋肉のコワバリを、解消させる働きが無いからです

 

このような状態を繰り返したり、「たいした事ないだろう」と思って痛みを我慢していたり、「様子を見よう」と思ってそのままにしていたりすると、次第に、「腰が重い」、「だるい」、「疲れる」、「痛い」、「張る」、といった状態が続いたり、起き易くなったりします。
筋肉の働きや血行が回復しないで、身体の異常が続いてしまうので、神経が敏感になって、「痛みが痛みを招く」という状態になるからです
この為、始めは、痛みが“アラームサイン”の役割であっても、神経の興奮状態が続いて、次第に、「いつも腰が、重い」、「だるい」、「疲れる」、「痛い」、「張る」という状態になり、痛みが長引いたり、繰り返したりするようになります。

 

そして、腰痛の痛みが長引いたり、繰り返したりすると、腰の痛みだけでなく、肩こり、頭痛、不眠、手足の冷え、ダルサなど、いろいろな不快な症状(不定愁訴)に悩まされてきます。
腰の痛みが続くと、体調を保つ自律神経の中で、身体をリラックスさせる働きが低下し、身体の緊張を高める働きが高まるので、血管が圧迫されて身体の血行が悪化し、不調感や不快感が強まってくるからです。
更に、身体の不調や不快感が起きてくると、ますます体調を保つ自律神経の働きを狂わせてしまうので、「頭が重い」、「イライラする」、「身体がだるい」、「よく眠れない」、などが起きるようになります。

【 腰痛症の触診の重要性 】(図)触診の重要性

『腰痛症』を起こす原因として、日常生活の姿勢や、身体の使い方(動作)による影響が、大多数の85%近くになっています。
これは、腰が、立っている姿勢や座っている姿勢を維持する為に、腰の筋肉に絶えず負担がかかり続けるので、身体をあまり動かさなくても、知らない間に、腰の筋肉に体重を支える負担がかかり続ける為です。
痛みの程度が大きくなくても、
調査によると、約8割が、PCやスマホ、車などの、長時間使用から、腰の負荷が強まって『腰痛症』が起きているとされ、残りの約2割が、運動や仕事で、お尻や、ふともも、ふくらはぎなど、下半身の疲労や緊張が続いた事から、『腰痛症』が起きていると、されています。

 

しかし、『腰痛症』の大きな原因になっている、腰の筋肉の硬さや柔らかさや、血行状態による温かみや冷たさなどは、レントゲンやMRIなどの画像検査では、読み取る事が出来ません。
この為、診断には問診による調査と伴に、痛みの箇所と状態を確認する為に、骨盤や腰への触診が有力な判断方法になります。
コワバッテいたり、違和感や痛みがあったりする筋肉を、触診で確かめる事で、患部の位置や、痛みの特徴、関係する筋肉、動ける範囲などを、直接、確認する事ができるからです。

 

また、最初の診断だけでなく、腰痛を治療していく時にも、触診による確認が重要です。
触診によって、患部の場所や程度が確認できると、治療する時にも、治療箇所がハッキリするので、ピンポイントに、腰周辺の筋肉の緊張を解いて、血流を改善させる事ができるからです。
患者も、患部の場所や程度が的確に確認されていると、“ズーン”とした圧痛感が得られるので、治療内容に納得でき、更に、気が付かなかった患部も、触診によって確認してくれるので、治療に信頼感をもてるようになります。

【 当院の、腰痛治療 】(写真)当院の腰痛治療

当院は始めに、問診や触診と共に“ツボ”反応を利用して患部を確認し、その後、ツボ治療とマッサージ治療によって、痛みや不快感の解消を行っています。
ツボが、神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調があると、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れ、身体に異常が起きている事を知らせてくれるからです。
更に、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があります。

 

しかも、もともと『腰痛症』の痛みや違和感が、身体の許容範囲を超えて、疲労や緊張が蓄積した為なので、体調の悪化が起き時に顕在化したツボと、その位置や特徴などが重なり合っています
この為、当院では、最初に、痛みや不快さの原因になっている筋肉や、関節の可動範囲、あるいは神経症状などを、問診や触診で確認し、その後にツボ反応を利用して、痛みの箇所を具体的に確認しています。
そして、ツボ反応のある箇所を中心に、ツボ治療とマッサージ治療によって、血行やリンパの流れの改善や、筋肉の弾力性や柔軟性を高めて、神経の興奮を鎮め、腰の不快感や痛みの改善を行っています。

 

更に、『腰痛症』の場合、腰の筋肉の負荷から、不快な痛みを発するシコリができている事が多いので、シコリを解消して、違和感と痛みの緩和を図っています。
シコリがあると、付近の毛細血管を遮断して、神経の異常興奮の原因になるので、ツボ治療とマッサージ治療で筋肉のコワバリを無くし、シコリを解消させていくと、慢性的な腰痛の原因になっている神経の過敏が和ぎ、腰の違和感と痛みが減少してきます。
特に、いつも腰の“シコリ”を感じて、そこから、「重だるい」、「ハリを感じる」、「ジーンとした痛みがある」、などがある場合に、“ツボ”反応を利用すると、“シコリ”解消に効果的です。

 

『腰痛症』を改善するには、長時間の同じ姿勢、毎日の生活習慣、ストレスや不安、不眠などが原因になっているので、一人ひとりの症状に合わせて、不快感や痛みを発している神経を和らげる事が必要です。
当院は、反応点を利用したツボ治療とマッサージ治療で、筋肉の緊張を緩和させて、血行を改善し、疲労や緊張などの慢性化による、筋肉由来の痛みの解消を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

中高年以降の、こむら返り(ふくらはぎの痙攣)

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)中高年、ふくらはぎがつる

導入文

若い頃“こむら返り”が起きたのは、急激に走った時や運動で疲れた時ぐらいだったのが、中高年以降になると、特に思い当たるような事をしていなくても、“こむら返り”が突然起きたり、繰り返したりします。

よくあるのが、「階段を上り下りした時や、ちょっと長めに歩くと、“こむら返り”が起きそうになる」、「疲れや冷えを感じてくると、“こむら返り”の違和感が起きる」、「“こむら返り”が終わっても、痛んだ違和感が残る」、などです。

中高年以降の“こむら返り”の原因として、『腰の疲れやダルサ』と、「何となく身体の調子が悪い」といった『身体の不調』が大きく影響しているので、“こむら返り”が繰り返される場合は、身体の柔軟性や血行を改善させて、体調を整える事が必要です。

【 筋肉や血行の悪化、ミネラル不足、運動神経のニブリ 】(図)中高年の脚の筋肉の働き低下

中高年以降になって、運動不足で筋肉の柔軟性が失われたり、血行が悪化してきたりすると、今迄ほとんど無かった、こむら返りが起き易くなって、悩まされる事が多くなります。
これは、身体の筋肉の働きが低下して、下半身の血液を心臓に戻すポンプ機能が低下してくると、脚の筋肉に老廃物が溜まったり、酸素の供給が不足したりする為に、『筋肉の異常収縮』が起き、痙攣を起こしてしまうからです。
この為、あまり体力を必要としないジョギングやハイキングや、何気ない動作であっても、脚の筋肉の働きが低下していると、突然、『筋肉の異常収縮』を起こして、こむら返りを起こす事がよくあります。

 

また、“筋肉や神経の働きを調整”しているのは、血液中に含まれているミネラルやビタミンなので、身体の筋肉の働きが低下して血行が悪化すると、ミネラルやビタミンの供給が追い付かなくなって、『筋肉の異常収縮』が起き易くさせてしまいます。
しかも、普段の運動量が少なくなっていると、軽い運動や動作でも身体の負荷が増して、水分を多く飲んで排尿量が増したり、汗を多くかいたりするので、これにより体内のミネラルやビタミンが一緒に排出されてしまい、運動神経に信号を送る働きに異常が起き易くなります。
この為、血行の低下から、寝ている時に、寝返りをしたり普段と違う姿勢をとったりすると、血液中に含まれているミネラルやビタミンが少なくなっている為に、急激に神経のセンサーの感度が高ぶらせて、夜中に、こむら返りを起こす事があります。

 

更に、中高年以降になって、運動の機会が少なくなって、下半身の運動をコントロールする運動神経の働きがニブッタ状態になっていると、余計に、こむら返りが起き易くなります。
筋肉の状態に合わせて瞬間的に調整している下半身の神経がニブッテいると、脚や腰がスムーズに働かなくなるので、神経の負荷が大きくなって、神経が過剰に反応してしまうからです。
特に、毎日の疲れが重なったり、いつもと違う作業をしたりすると、下半身の運動をコントロールする神経の不安定さが増すので、このような時に、チョッとした動作で、筋肉を一挙に過剰に緊張させてしまい、こむら返りを引き起こす事があります。

【 腰の、疲れやダルサから 】(図)坐骨神経痛から

このように、こむら返りの原因は様々ありますが、中でも中高年以降になると、『こむら返りを起こす原因の7~8割は、腰の「疲れ」や「ダルサ」が絡んでいる』と言われるほど、腰の「疲れ」や「ダルサ」が、こむら返りを起こす大きな原因になっています
腰に「疲れ」や「ダルサ」を感じるのは、腰に負荷がかかって、腰の神経にも負荷がかかっている状態なので、これにより、お尻の坐骨神経に影響が及ぶと、坐骨神経が、お尻の下から太ももの後ろを通って、ふくらはぎに延びているので、ふくらはぎの神経を刺激して、こむら返りを起こしてしまうからです。
更に、腰に「疲れ」や「ダルサ」を感じていると、お尻や脚の筋肉がコワバッテ、血行が悪くなったり、柔軟性が無くなったりして、坐骨神経を敏感にさせるので、チョッとした動きで『筋肉の異常収縮』が起き易くなります。

 

この結果、日中の疲れや緊張が夜になっても残り、腰に「疲れ」や「ダルサ」を感じていると、夜、仰向けの姿勢で寝ていると、突然、こむら返りが起きます。
仰向けの姿勢で寝ていると、足先が上から加わる布団の重みで伸ばされ、それによって、ふくらはぎの筋肉が縮んだ状態になるので、こむら返りを起こす直前の姿勢になり、しかも就寝中は、脚の感覚が“無防備”状態になるからです。
このような時に、寝返りをしたり、夢を見たりなど、何かの拍子で、腰に「疲れ」や「ダルサ」を感じている神経のセンサーの感度を急激に高ぶらせると、『筋肉の異常収縮』が起き、こむら返りが起きます。

 

この為、こむら返りを起こさないようにするには、ふくらはぎの筋肉だけでなく、「疲れ」や「ダルサ」を感じている腰の筋肉も十分に引き伸ばして、柔軟性を回復させ、血行を良くする事(ストレッチ)が必要です。
中高年以降になると、あまり身体を動かさないでいたり、座っている事が多くなったりするので、気付かないうちに、お尻や腰の筋肉がコワバリ、血行が悪化した状態になって、こむら返りを引き起こす原因になるからです。
しかも現在は昔と違って、毎日の生活の中で“しゃがむ”姿勢をとる事が無いので、体重をかけて、ふくらはぎや腰を伸ばして、血行を良くするという動作が無くなり、身体に溜まった不要な老廃物を排出する機会が少なくなっています。

【 体調の不調からも 】(図)体調不調から

また、中高年以降になると、「何となく身体の調子が悪い」と言ったような、体調に不調を感じている事多くなるので、これも、こむら返りを起き易くさせる大きな原因になっています
それほど身体が疲れていないと思っていても、その状態が続くと、体調を保つ自律神経に負荷がかかり続けて、身体を支える腰や脚の筋力が弱まらせたり、脚から心臓に血液を送り出す力が低下させたりするからです。
この為、中高年以降になって、「だるい」、「肩がこる」、「冷える」、「疲れやすい」、「食欲がない」、「眠れない」、「イライラする」、「血圧が高い」などがあると、自律神経の負荷が大きくなって、『筋肉の異常収縮』が起き易くなります。

 

他にも、持病を持っていると、同じ理由で、こむら返りが起き易くなります。
持病の為に体調が低下したり、天候の変化を受けて体調が不安定になったりするので、神経が過敏になって坐骨神経に影響を与えて、脚の『筋肉の異常収縮』が起き易くなるからです。
また、持病を持っていると、部屋のクーラーなどで冷えに敏感に反応したリ、布団から脚が出た為に脚が冷えて脚の神経が刺激されたりするので、これによっても、『筋肉の異常収縮』が起き易くなります。

 

この事から、中高年以降になって、こむら返りが起き易くなるのは、身体の不調によって生じた、身体からの警告と言えます。
身体の不調が続くと、血管が収縮して、不要な老廃物が身体に溜まり易くなったり、それによって、凝りや痛みなどの不調が起き易くなったりするので、この結果、こむら返りが起き易くなるからです。
この為、中高年以降になって、こむら返りを繰り返したり、痛みが酷くなったりする場合には、脚の筋肉を伸ばして、こむら返りの応急処置をするだけでなく、体調を意識して、体調を保つようにする事が大切です。

【 当院の、こむら返りの治療 】(写真)当院の,こむら返り治療

中高年以降の“こむら返り”は、『腰の疲れやダルサ』や『身体の不調』が大きな原因になっているので、中高年になって、こむら返りが繰り返される場合には、身体の疲労や不調を改善して、筋肉の異常収縮が起こらないようにする事が大切です。
しかし、病院やクリニックに行っても、筋肉の緊張を和らげる漢方薬の処方を受けるのが一般的で、症状によって、筋弛緩薬や湿布薬が処方される程度です。
このような、体調を改善して、こむら返りを予防する治療として、当院では、ツボ治療を併用したマッサージ治療を行っています。

 

これは、ツボが反応点として身体の異常を知らせる箇所であり、治療点として症状を改善する箇所でもあるので、身体の疲労や不調を原因とするこむら返りの治療に、適しているからです
例えば、腰痛に効くツボを利用して刺激を与えると、腰から足にかけて、ズーンと重く押されているような感覚や、軽くジーンと響くように感じを伴いながら、腰や脚の筋肉のコワバリ解消や、血行の促進がされる効果があります。
これによって、腰や脚の神経の緊張が解消されると、血行が改善されて、下半身の疲労感やダルサが無くなり、こむら返りの予防になります。

 

また、中高年以降になると、姿勢の悪化や体形の変化で、腰や骨盤に変形が起きて、神経のセンサーに異常が起き易くなっています。
この為、当院では、神経の異常な反応が起きないように、身体に現れたツボを確認し、腰から足にかけての、血行の改善や筋肉の柔軟性を回復させる治療を行っています。
こむら返りの予防だけでなく、体調管理の為にも、腰や脚に「疲れ」や「ダルサ」を感じている場合は、下半身の筋肉の疲労や緊張を解消させ、血行を改善しておく事が大切です。

 

中高年以降に起きるこむら返りは、人によって体調が異なっているので、自分に合った体調管理が必要です。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、血流の改善や硬直した筋肉の回復を図り、患者の状態に合わせて、体調を整える治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や不快感などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

腰痛の前兆(だるい、重い、疲れる、張る、こわばる、動かしにくい)

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)腰の疲労や緊張から腰痛に

導入文

疲労したり緊張が続いたりすると、腰の筋肉のコワバリや、それに伴う血流の悪化から、腰が「だるい」、「重い」、「疲れる」、「張る」、「こわばる」、「動かしにくい」、などを感じてきます。

そして、このような状態が続くと、絶えず腰の奥からジクジクとした痛みを感じる『慢性腰痛』に悩まされたり、腰の筋肉の“ゆとり”が無くなってくるので、立ち上がったり身体をひねったりした時に、突然、強烈な痛みに襲われる『ぎっくり腰』を起こしたりします。

腰痛を引き起こす三大原因は、「骨格のゆがみ」、「筋力の低下」、「血行不良」と言われており、これらは運動不足、体調、毎日の生活習慣などが大きく影響しているので、腰痛の予防や治療には、腰だけでなく、体重を支えている身体の柔軟性の回復や、血行が悪化している箇所を改善させる事が必要です。

【 慢性腰痛 】(図)腰の天然コルセット

腰痛は、病気やケガの自覚症状の中で、男性で1位、女性で2位になっているほど、身近な症状になっていますが、原因が特定できる腰痛は15%程度で、残りの85%はレントゲンなどの検査をしても原因が不明とされています。
この為、『椎間板ヘルニア』や『脊柱管狭窄症』のように、よく知られている名前の腰痛はごく一部で、多くが『腰痛症』という症状名で呼ばれる、原因のハッキリしない腰痛になっています。
しかし、原因がハッキリしない『腰痛症』で痛みが起きるのは、腰の骨が体重を支えながら、身体をひねる、反る、ねじるなどの動きをするので、構造的に、腰の骨の周りの筋肉に大きな負担がかかり続けた為と考えられています

 

腰は負担のかかる部位なので、腰の分厚い筋肉が何層も重なり合って、“天然のコルセット”をつくりあげて、腰の動きや安定性をシッカリと保つようにしています。
しかし、この“天然のコルセット”は、筋肉なので、疲労や緊張などで負荷が増したり、運動不足や加齢などで筋力が弱まったりすると、身体を動かしたり支えたりする力が低下してしまいます。
この結果、毎日座り続けていたり、立っている事が続いたりすると、腰の筋肉に疲労や緊張が溜まって、「だるい」、「重い」、「疲れ」、「張る」、などの不快感が生じるようになります。

 

この腰の不快感の中でも、特に上半身の体重がかかる“骨盤の上側沿い”の筋肉や、背骨の根本になっている“腰の骨(腰椎)の両サイド”の筋肉は、多くの負荷がかかるので、不快感が起き易い箇所になっています。
そして、腰の筋肉の負荷が大きくなって、筋肉に余裕が無くなってくると、骨盤の少し上側や、腰の骨から1~2㎝離れた横に、腰の奥から腰痛の前兆となるような、「こわばり」や「動かしにくい」などの違和感や、痛みが起きてきます。
この違和感や痛みは、姿勢の向きを変えたり、湿布を貼ったりする事で、和らげる事ができますが、腰の筋肉の疲労や緊張が続いて回復できずにいると、『慢性腰痛』の原因になり、いつまでも違和感や痛みが続くようになります。

【 ギックリ腰 】(図)ギックリ腰前の不快な違和感や痛み

しかも、『腰痛症』になると、何かのキッカケで、腰に大きな負荷がかかったり、急激な動きをしたりすると、筋肉が耐えきれなくなって、強烈な痛みが生じる事があります
いわゆる『ギックリ腰』と言われる症状で、診断名では『急性腰痛』と言われ、突然、腰の筋肉や靭帯に断裂ができた為に、付近の神経を強烈に刺激した為です。
『ギックリ腰』は、『こむら返り』と同じように、筋肉が突然コントロールを失って過剰に縮むので、お腹の中の横隔膜も過剰に縮んでしまうと、声も出せない状態になります。

 

言葉から想像すると、『ギックリ腰』は、突然、痛みがやってくるイメージですが、実際は『ギックリ腰』を起こす前に、腰の筋肉に疲労や緊張が蓄積して筋肉がコワバリ、筋肉の“ゆとり”が無くなった状態になっています。
この為、『ギックリ腰』を起こす前に、腰にニブイ痛みや、懲り、ダルサなどを感じたり、更に、「これ以上、腰に負荷をかけたら、痛みが起きそう…」と、不安を感じたりしているのが一般的です。
しかし、多くの場合、「仕事や家庭の事で、身体がチョッと疲れている」と、やり過ごしたり、「年や体力のせいだから」と、腰の不快感に慣れたりしている事が多いので、『ギックリ腰』を起こすと、「突然、ギックリ腰に襲われた!」と感じます。

 

『ギックリ腰』の回復には、身体を支える部分に異常が起きた事が原因になっているので、腰だけでなく、腰周辺の筋肉や靭帯の柔軟性や筋力の回復も必要になります。
この為、身体をできるだけ動かす事が重要になりますが、腰の神経が敏感になって、何気ない動作でも神経を刺激してしまうので、人に分かってもらえない痛みを耐えるツラサを伴い、治りきるのに日にちがかかるようになります。
この為、このような事態を避ける為に、腰に今までに無かった、不快な違和感や痛みに気付いたら、腰痛の前兆として、早目に用心して、腰周辺の筋肉の疲労や緊張を解消させる事が大切です。

【 ストレスによる腰痛 】(図)ストレスからの腰の痛み

また、あまり気が付きませんが、精神的なストレスも、体重を支える仕組みに異常を起こすので、腰痛の大きな原因になります。
ストレスが長引くと、血管が収縮するので、血流が滞って、身体を支えている腰の筋肉の柔軟性が失われ、腰の筋力を低下させ、腰の“天然のコルセット”が、弱まるからです
この為、ストレス性の腰痛の場合、①ストレスを感じると、腰の違和感や痛みが起き易くなる、②ストレスに悩まされると、腰の痛みがいつまでも長引く、③(ストレスは心因性なので)腰の痛む箇所と強さが漠然としている、④筋肉痛と違って姿勢や動作に関連なく痛い、などの特徴があります。

 

更に、ストレス性の腰痛は、「また腰痛になるのでは」という不安感や恐怖心が起きるので、腰をかばった姿勢や動きから不安定な姿勢や動作が多くなり、腰の筋肉の柔軟さが損なわれて、痛みが起き易くなります。
この結果、ますます不安感やイライラ感が強まるので、ストレスと腰痛の悪循環になります。
この為、特に原因が思い当たらないのに、不安やイライラ感が強まると、「腰が張ったような、突っ張り感が続く」、「寝返りを打つ際に痛みを感じた」、「重い感覚や軽い腰の痛みがある」などの場合には、腰の体重を支える仕組みに異常が起きたと判断して、腰を含めて、背中やお尻の筋肉の柔軟性を回復させて、血行を促す事が大切です。

 

他にも、「身体が冷えると腰が痛む」という、“環境”ストレスによって生じる腰痛があります。
身体に冷えを感じたり、低気圧が近づいていたりすると、それがストレスになって自律神経が不安定になり、血行が悪化したり、神経が敏感になったりする事で、腰に違和感や痛みが起きてくるものです。
冷房の風に直接あたったり、寒暖の差が激しい季節の変わり目になったりすると、腰痛が起きてくるので、季節の変わり目や寒く感じる時には、腰を温めるだけでなく、腰の筋肉の柔軟性を保っておく事が必要になります。

【 当院の、腰痛治療と予防 】(写真)当院の腰痛の予防と治療

『腰痛症』は、腰に「だるい」、「重い」、「疲れ」、「張る」、「こわばり」、「動かしにくい」などの違和感が、腰痛の前兆として起きてくるので、この段階で、腰の筋肉のこわばりや血行不良を解消させると、『ギックリ腰』や『慢性腰痛』などの予防処置になります。
この為、腰の違和感に気付いた段階で、マッサージ治療を受けると、筋肉の柔軟性回復や筋肉内の血流の改善で痛みや違和感が減少する効果があるので、『ギックリ腰』や『慢性腰痛』などの予防に効果があります
当院は、このような、筋肉の緊張、循環障害、関節の動きの悪さから来る痛みを、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、リラックスした状態で、改善を行っています。

 

これは、痛みの原因になっている筋肉の疲労や緊張を解消させるには、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制する、④関節の可動域を広める、⑤筋肉の疲労回復、⑥痛みの程度を減少させる、などが必要になるからです。
マッサージ治療で、腰や腰周辺のコワバッタ筋肉をほぐし、患部の血行を回復させ、疲労物質の排出を高めると、筋肉の疲労や緊張が解消し易くなるので、腰の違和感や痛みが減少し、身体が動き易くなります。
しかも、東洋医療をベースにしているマッサージ治療なので、身体がリラックスした状態で、腰の血行を促し、筋肉の柔軟性を回復させるので、体調の改善にも効果があります。

 

更に、当院では、腰痛治療や予防に、腰だけでなく、お尻や背中の筋肉の状態も含めて確認し、疲労と緊張の解消を行っています。
特に、お尻は、「身体を真っすぐに立たせる」という大きな役割に加えて、歩く際に股関節にかかる衝撃を吸収する役割もあるので、お尻の筋肉が凝っていたり、弱っていたりすると、うまく衝撃を吸収することができず、腰に衝撃が伝わってしまい、腰痛の原因につながります。
この為、体調の変化時に現れるツボ反応を利用して、背中と共に、骨盤周辺や股関節の筋肉状態をチェックして、柔軟性の回復と関節の動きを改善し、悪化している血行箇所を解消する治療を行っています。

 

「腰は身体の“要(かなめ)”」と言われるように、上半身を支え、また、下半身から伝わる衝撃を受け止める役割をしているので、腰は、痛みが起き易くなっています。
当院は、痛みや不調の解消や予防に、体調の変化が起こった時に現れるツボ反応を利用して、身体の緊張解消や循環改善などの、体調管理のマッサージ治療を行い、腰痛改善を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

立ち仕事と、腰痛対策

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)立ち仕事の腰痛

導入文

立ち仕事を、毎日続けていると、「夕方頃になると、腰がウズウズ痛む」、「冷えると腰が重くなる」、「物を持とうとしたら、急に腰に激しい痛みが起きて動けなくなった」、「慢性腰痛になって、最近では脚にシビレが出る」など、腰に様々な症状が出てきます。

しかも、立ち仕事をしていると、人それぞれの、重心の傾きや、姿勢の癖があるので、無意識に、前かがみ姿勢になったり、どちらか一方の脚に体重をかけ続けたりして、気付かないうちに、腰にかかる負荷を強めてしまうので、腰痛対策が難しくなります。

このような疲労や緊張などの慢性化による、筋肉由来の痛みの解消には、疲労箇所やコワバリ箇所だけでなく、周辺部や気付きにくい箇所のケアも必要なので、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で体調を整え、痛みを改善する事が勧められます。

【 立ち仕事から腰痛に 】(図)血行悪化から腰痛に

お店の店頭販売や、接客業、警備の仕事などで、長時間立ったままの仕事をしていると、身体を支える腰に大きな負担がかかり、腰痛が起き易くなります。
これは、腰の筋肉への負担だけでなく、血液の流れが、筋肉の伸縮によって促進されるので、ずうっと立ちっぱなしで、身体を動かす事が少なくなると、脚や腰の筋肉の働きの低下から、血液の流れが悪くなり、筋肉内に新鮮な栄養や酸素の取入れができなくなったり、老廃物の排出が滞ったりしてくるからです
この為、立ち仕事の中でも、歩く事が多い立ち仕事より、ずっと立ちっぱなしの仕事のほうが、脚や腰の筋肉の伸縮が少なくなるので、血行が悪くなり、腰痛が起き易くなります。

 

また、立ち仕事で、腰の疲労や緊張が続くと、腰まわりの筋肉が張り詰めた状態になるので、腰に痛みを起こさなくても、脚や背中にも、ダルサや不快感が起きてきます。
例えば、腰に疲労を感じてくると、「脚や背中が、いつも重い、だるい、疲れる、張る」、「背中が凝り固まって、イヤーな感じ」、「脚が重ダルクテ、動かしづらい」、「腰の凝った感じが、背中にまで響く感じがする」、などを感じます。
しかも、腰の疲労で神経が過敏状態になっているので、チョッと立ったり座ったりするだけでも、背中の神経を刺激してニブイ痛みを感じたり、「ズキズキ」とした痛みを感じたりして、腰に不安を感じるようになります。

 

更に、腰の疲労や緊張で、腰の筋肉がコワバッテくると、脚から心臓に戻る血行を悪化させるので、下半身に冷えが起きるようになり、これによって更に腰痛を悪化させたり、体調の不調を起こしたりします。
これらは、腰の血行悪化によって腰が冷えると、神経が敏感な状態になったり、体調を保てなくなったりするので、腰に痛みが起き易くなったり、胃や腸の働きが乱れたりするからです。
しかも、下半身には全血液量の約7割が集まっているので、下半身に血行悪化が起きると、全身の血液循環も悪化して、それにより、疲労感に悩まされたり、肩こりや背部痛などが強まったり、神経の興奮から眠りづらくなったりします。

【 楽に思える姿勢 】(図)楽に思える姿勢

腰の疲労や緊張が続いて、腰に違和感や痛みが生じると、少しでも腰の疲労や緊張を和らげようと、無意識に、片足に重心をかける「休め」のポーズをとって、体重を身体の左右“どちらか片側”にかけたり、ダランとした猫背気味で立ったりします。
人の身体は完全な左右均等ではなく重心がどちらかに偏っている事や、姿勢に癖がある事などから、ずうっと同じ姿勢を続けていると、腰の疲労感を少なくしようと、楽に感じる側に体重をかけるようになるからです。
このような姿勢をすると、身体を支える腰の筋肉に頼らなくても、姿勢をキープできるので、その分、腰が楽に感じられる利点があります。

 

しかし、実際は、楽に思える姿勢をしていると、前かがみ姿勢になったり、どちらか一方の脚に体重をかけ続けたりするので、特定の腰の筋肉に負荷が増したり、骨盤の左右アンバランス状態が続いたりして、かえって腰全体の負荷が増して、腰痛の原因にもなったり、不快感や痛みが強まったりしてしまいます。
これは、このような姿勢をしていると、骨盤の左右アンバランス状態を維持する為に、筋肉を緊張させて、血行を悪化させてしまうので、次第に疲労物質の排出を低下し、筋肉内に疲労物質が溜まるようになるからです。
この結果、始めは楽に思えても、筋肉内に疲労物質が溜まって、許容限度に近づくと、ピリピリ、ジンジン、チクチクといった痛みが起きてきます。

 

また、楽に思える姿勢は、骨盤のバランスが崩れた状態になるので、腰痛だけでなく、身体がネジレタ状態になって、身体の筋肉が引っ張られ、肩こりや背中の張り、頭痛などの、様々な症状が起き易くなります。
そして、この姿勢は、内臓が圧迫されてくるので、消化器系の不調が起き、胃弱、便秘、下痢、頻尿、などが起きます。
更に、身体を支える腰の働きが弱って、その分、脚に多くの負荷がかかってくるので、脚に疲労感が増したり、脚がむくんできたり、膝の痛みが起きたり、足の裏に痛みを感じたりします。

【 腰の疲労や緊張の解消 】(図)慢性腰痛

腰の疲労や緊張が続いて、下半身全体に不調が現れてくると、毎日の仕事や家事にも、妨げにもなります。
いつも腰が、重い、だるい、疲れる、痛い、張る」と悩むだけでなく、「腰の状態は、大丈夫かな?」と不安にかられたり、脚の踏ん張りを効かせたりする時に、「ギックリ腰を起こすのでは?」と毎回心配になったりするからです。
この為、腰の疲れやダルサを解消するには、腰だけでなく、これらの下半身や上半身の筋肉も、状態をよく確認して、疲労箇所や緊張箇所をチェックして、回復させる事が必要です。

 

特に、腰の痛みを少しでも予防できるように、休憩中はもちろん、ちょっとした仕事の合間に、業務への支障がない程度に、屈伸をしたり身体を伸ばしたりして、こまめにストレッチをして、下半身の血行を良くする事が勧められています。
また、自宅に帰ってからも、仕事中は入念なケアもできないので、就寝前や入浴後などに、ふくらはぎや膝裏のマッサージをしっかり取り入れて、身体の手当をする事も重要になります。
そして更に、身体の疲労物質を効率的に排出させる為に、家でじっと休むだけでなく、疲労時にあえて軽く身体を動かして血流を改善させる、「積極的休養」と呼ばれる運動も大切です。

 

ところが、腰や脚に不調が現れてくると、自分でストレッチやマッサージをしても、筋肉が硬化したり、関節の動きが悪くなったりして、動かしくい状態になっているので、勧められるストレッチうあマッサージが、困難になります
しかも、軽く運動したり、ストレッチをしたりすると、脚や腰のダルサ・不快感・痛みなどから、痛みの神経を刺激してしまうので、行う事が難しくなります。
この為、腰に気になる症状があっても、腰の疲労や緊張の解消が難しいので、「仕方がない」と思ったり、身体が痛みに慣れる事を期待したり、してしまいます。

【 当院の、立ち仕事の腰痛治療 】(写真)当院の腰の治療

当院では、このような腰の症状改善に、東洋医療をベースにしたマッサージ治療に加え、昔から広く利用されているツボ治療を行っています。
これは、腰や脚には、血行を良くするツボや、疲労を回復させる為に、昔から利用されている“健脚のツボ”が、いくつもあるので、立ち仕事で硬直している筋肉の回復治療に、効果を発揮するからです
しかも、ツボ反応が現れる箇所は、身体の異常を知らせるセンサーであり、また、病状を改善する箇所なので、重心の傾きや姿勢の癖などの、本人の気付かない腰の負荷の治療にも、有効な治療法になる為です。

 

この為、当院では、疲労や緊張で崩れかけた身体を、バランスを整え、体調を回復させる為に、ツボを使った腰痛治療を行っています。
例えば、マッサージ治療とツボ刺激を併用して、股関節の柔軟性を回復させると、腰から下に太い動脈や神経が通っているので、下半身の血行が促進される効果や、筋肉の柔軟性回復に、効果があります。
有効なツボを確認して、刺激すると、1回の施術でも、身体がほぐれて、柔らかくなってくるので、身体が回復してくる変化が、実感できます。

 

また、腰痛治療の場合、腰だけでなく、腰が身体の姿勢を支える筋肉と共に働いているので、硬くなった下半身全体の筋肉の疲労や緊張をチェックして、それらを解消し、関節の可動性を回復させ、それと共に、血液の循環を正常にする事が必要です。
特に、立ち仕事による腰痛の場合は、腰だけでなく、他の気付きにくい疲労やコワバリの箇所を確認して、ケアする事が重要です。
この為、当院では、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、腰だけでなく、周辺の血行やリンパの流れを回復させて、筋肉の弾力性や柔軟性を高め、身体の疲労回復と共に、神経の興奮を鎮めて、肩こり・腰痛などの痛みを改善させています。

 

腰は、上半身と下半身を連結して、絶えず身体が動き易いように安定させているので、痛みや不快感がある場合は、しっかりと筋肉の機能回復を行う事が必要です。
当院は、腰や脚に“健脚のツボ”がいくつもあるので、マッサージ治療にツボ治療を加え、筋肉の緊張解消や血行促進を行い、身体のバランスを整え、痛みを解消させる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状のご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】