肩こり

その『 首こり 』・『 肩こり 』、気になりませんか?

【(症例)こり・しこり 】
(写真)気になる肩こり・首こり

導入文

『肩こり』と『首こり』は、凝っている場所が少し違っているだけで、同じような症状と思いますが、『肩こり』は、主に肩周辺の筋肉のコワバリが原因になっており、『首こり』は、首の凝りによって神経や血管が圧迫され、異常が起きた事が、不快な痛みの原因になっています。

この為、『肩こり』解消には、『肩こり』を起こしている“場所”や“症状”を確認する事が重要になり、『首こり』解消には、『首こり』が引き起こしている“症状”と『首こり』の“箇所”を、チェックして確認する事が重要になります。

しかも『 首こり 』は、自律神経の働きを乱して「しつこい凝り」や「頭痛」が起き易くなるので、ツボ刺激を併用したマッサージ治療を利用して、違和感や痛みを減少させると、体調改善効果となって、『 首こり 』回復を早めます。

【 肩こり 】(図)僧帽筋の肩こり

首の筋肉と肩の筋肉は、隣り合わせで、しかも連続しているので、「肩が凝った~!」と言っても、「首が凝った~!」と言っても、同じ凝り症状のように思います。
しかし、『肩こり』の場合、腕を動かしたり静止したり、頭を動かしたり固定したりする『僧帽筋(右図)』が、疲労や緊張が続いて血流が悪くなった事が、主な原因になっていています
『肩こり』を起こす『僧帽筋』は、肩甲骨を覆いながら、首の後ろから背中にかけて、上部、中部、下部、の3つに分けられるので、『肩こり』の症状も、この区分ごとに、次のような凝りが現れます。

 

上部の筋肉は、多くの人が『肩こり』として悩まされる部分で、筋肉が薄く、筋力が弱いので、頭を突き出すような姿勢をしていたり、精神的に緊張していたりすると、「肩が張ったような感じ」、「肩の重い感じ」、「肩の痛み」、などが起きてきます。
中部の筋肉は、肩甲骨を覆う部分で、腕の動作を支える働きをしているので、腕を使った動作で疲労や緊張が増して、血行が悪くなってくると、背骨と肩甲骨の間あたりが、ズキズキと痛みを感じます。
下部の筋肉は、肩甲骨の動きを下から支える部分で、姿勢を維持する働きもしているので、『僧帽筋』の中で最も使われる部分になり、この下部の筋肉と中部の筋肉が疲れてコワバルと、「背中が張る」、「重い」、「ダルイ」、という感じになります。

 

このように、『僧帽筋』が疲労したり緊張したりして血流が悪くなると、①肩、②肩甲骨内側、③背骨沿い、の3つの部分のいずれかに凝りが生じ、痛みが起きてきます。
これらの張り(凝り)を解消させるには、『僧帽筋』の筋肉が、肩甲骨を囲むように付着しているので、肩甲骨にくっついている筋肉を、いっぺんに動かすと、肩甲骨周囲の血行が促進されて、『僧帽筋』の筋肉全体が緩むようになるので効果的です。
最近、整体で良く聞かれる『肩甲骨はがし』も、この効果を狙ったもので、肩甲骨周りのたくさんの筋肉を動かす事で、血行と筋肉の柔軟性を回復させる、有効な方法になっています。

【 首こり 】(図)後頭下筋群の首こり

『肩こり』に対して、首の筋肉の疲労や緊張などで『首こり』が生じると、首には頭と胴体をつなぐ太い血管や神経が通っているので、凝りがそれらを圧迫して、さまざまな不快な痛みを起こします。
首の凝りを起こす筋肉の中で、特に首の血管や神経に影響を直接与えているのが、僧帽筋より奥深くにある筋肉で、首の骨と頭蓋骨をつないでいる『後頭下筋群(右図)』です
この筋肉の凝りによって、首の血管や神経を圧迫して、血管や神経に支障をきたすようになるので、『肩こり』と『首こり』の大きな違いは、“神経症状が出るか、出ないか”と言えます。

 

例えば、デスクワークなどで、首に疲労や緊張などが長く続いたり、酷くなったりしてくると、首にコワバリ(『首こり』)が生じ、それによって、頭に流れる血管や、首の中を通っている神経を圧迫するようになります。
最初のうちは、首の筋肉のコワバリから、後頭部がギューッと締めつけられているような感じや、首の血行障害から、首から頭に重ダルサが強まるような症状が現れます。
そして、首のコワバリや血行障害が更に強まったり、長引いたりすると、後頭部の異常を知らせる神経が敏感になって、「どうにも取れない、しつこい凝り」を引き起こしたり、痛みの信号が絶えず出るようになって、頭重感や、“肩こり頭痛”とも呼ばれる『緊張型頭痛』が出現したりします。

 

また、首周りの、「鈍い痛み」、「圧迫感」、「違和感」などで、不快感が大きくなってくると、体調を保つ自律神経の負担が増してくるので、天候の変化に体調が保てなくなる事があります。
いわゆる『気象病』や『天気痛』と呼ばれる、体調の悪化に悩まされる状態になります。
例えば、『気象病』の場合は、頭痛やめまいが、日差しが強い時期や低気圧になってくると起きたり、また『天気痛』の場合は、片頭痛や関節痛などの痛みが、雨の日や雨が降る前日や、低気圧が近づくと、起きたりするようになります。

【 シコリの発生 】(図)シコリとツボ

『肩こり』や『首こり』のように、筋肉の疲労や緊張が続き、血行が悪くなってくると、首や肩の筋肉のコワバリの中に『シコリ 』ができる事が、よくあります。
シコリ ができると、上から触ると“コリコリ”するのが感じられ、上から押してみると、内部から“ジーン”とした軽い痛みを感じます。
これは、凝りが長引いたり酷くなったりして、血液やリンパ液の流れが極度に悪化すると、筋肉を包んでいる“膜(筋膜)”が縮みあがって硬くなり、それによって、中の筋肉も縮んだ状態になるので、筋肉のカタマリができるからです。

 

シコリの内側は、血流やリンパ液の流れが遮断されて、神経の“異常興奮”が起きるので、シコリが肩にできると、どうにも取れない、しつこい『肩こり』となったり、シコリが首にできると、頭痛、頭重感、うなじの痛み、目の疲れ、めまい、などに悩まされたりします
また、首や肩のシコリによって、首から上の血流やリンパ液の流れが悪くなって、顔が疲れたように見えたり、顔色が悪く見えたり、むくみ易くなったり、します。
更に、シコリからの違和感が、ずうっと続いたり、強まったりするので、体調を保つ自律神経の負担が増して、体調がスッキリしなくなって、気分的にイライラしたり、緊張が抜けなくなったり、寝付きづらくなったりします。

 

他にも気になる症状として、シコリができると筋肉がコワバッタ状態になるので、首が動かしづらくなったり、首からゴリゴリ音が鳴ったり、あるいは、肩甲骨付近からゴリゴリと音がしたり、します
ゴリゴリ音がするは、関節部分の筋肉が硬くなるので、首や肩を動かした時に、硬くなった筋肉と骨が擦れ合って、摩擦音が出る為です。
このような状態になると、首の筋肉がコワバッテ、首が動かしづらくなるので、首を回して横を向いたり、振り返ったりする事できなくなり、誰かに呼ばれて振り返る時に、身体ごと振り向くようになります。

【 当院の治療 】(写真)当院の治療

『首こり』や『肩こり』の解消治療法として、昔からの実績があり、痛みや不快感が少なく、安心して受けられるのが、ツボ刺激を併用したマッサージ治療です。
これは、ツボが神経や血管が集まっている箇所なので、身体に異常が起きると『反応点』となり、その『反応点』に適度に刺激を与えると、痛みや違和感の減少や筋肉内の血流の改善などの『治療点』になるので、凝りの解消に効果的な治療法になっているからです
当院は、このようなツボの治療効果から、特に問診と触診にウエイトを置いて、それぞれの症状や、一人ひとりに適したツボを探し出し、疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来の『首こり』や『肩こり』の改善治療を行っています。

 

例えば『肩こり』治療には、『僧帽筋』の上部、中部、下部の3つのゾーンごとに、凝りや痛みを引き起こしている箇所を探し、その箇所ごとに、ツボ刺激を併用したマッサージ治療で、凝りの解消を行っています。
触診して、押されるとジ~ンと響く箇所や、「痛(イタ)気持ち良い」と表現されるような、疼痛を感じる箇所から、身体の異常を知らせる『反応点(ツボ)』を探し、そこを『治療点』として、ツボ刺激を併用したマッサージ治療で、不快な凝りの解消を図っています。
『首こり』治療の場合、首を覆っている筋肉が、小さく、薄い事から、デリケートな対応が求められるので、首に現れたツボを利用して、低刺激でも効果的に、そして、安心して治療を受けられるようにしています。

 

特に、凝りが、慢性的となり、しつこい症状になっている場合には、筋肉内にシコリができている可能性が高いので、当院が行っているツボ刺激と、筋肉の柔軟性を回復させるマッサージが、効果的な解消法になっています。
これは、シコリができる箇所が、東洋医療のツボの位置とほぼ一致している事が確認されているので、ツボを取穴し、適度に圧迫と柔軟化を繰り返していくと、血行が改善されてくるからです。
これによって、シコリとその周辺の柔軟性を回復させ、更にマッサージ治療で血行を改善させていくと、シコリが形を変えながら縮小し、それに合わせて神経の過敏状態も治まり、不快な痛みが減少してきます。

 

『 首こり 』や『 肩こり 』を、「凝り性だから仕方ない」、「デスクワークだから仕方ない」と諦めずに、それぞれの特性に合わせ、症状にあった治療を受ける事で、改善が可能です。
当院は、ツボ刺激を併用したマッサージ治療により、神経や血管が圧迫されている筋緊張を解消し、痛みや不快感を解消さえる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連するこり・しこりなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

更年期の肩こりと、血圧上昇(高血圧)

【(症例)こり・しこり 】
(写真)更年期の肩こり

導入文

女性の場合、40歳代前半までは血圧が低くても、更年期を迎える頃になると、気付かないうちに血圧が上がり始め、50代になると2人に1人が『更年期高血圧』と診断されるようになります。

これは、更年期になると女性ホルモンの減少から、血圧をコントロールしている自律神経が変動し易くなるので、この時期に日常生活に支障が出るような、不安、ストレス、運動不足、睡眠不足などが続くと、血圧が上昇してしまう為です。

この為、頭痛、頭がボーっとする、めまい、肩こり、むくみ、動悸、などに気付いたら、軽度でも血圧上昇のサインと捉え、体調の不調を改善し、身体の神経を安定させる為に、東洋医療系のマッサージ治療を利用すると効果があります。

【 血圧上昇のキッカケ 】(図)血圧の不安定や変動

高血圧の中でも、『更年期高血圧』には特徴があります。
それは、常に血圧が高いのではなく、不安やストレスを感じると、それがキッカケとなって、急に血圧が高くなったり、低下したりするなど、血圧が不安定で変動し易くなり、それらが繰り返されると、次第に高血圧へ移行する事です
例えば、普段の血圧は、それ程高くないのに、頭痛やめまいなどが起きると血圧が高くなったり、イライラや睡眠不足を感じると血圧が上がったり、病院で血圧測定をすると緊張して血圧が高くなるなど、チョッとした事が引き金となって、血圧が変動し、高くなってしまいます。

 

これは、更年期になると、 ①筋肉の老化で血管が硬くなる、 ②女性ホルモンが減少して血管のしなやかさが失われる、 ③体調を保つ自律神経が不安定になる、などから血圧が不安定で、変動し易い状態になっているからです。
このような状態の時に、更に血圧を不安にさせたり、変動させたりするような、子供の独立や就職、夫の定年を迎える事による生活の変化、親の介護、仕事・職場などで責任や役割が増える、老後の生活問題、などが起きます。
この結果、特に何もしていなくても、無意識のうちにイライラや不安が増すので、心臓や血管に影響を与える交感神経の作用が強くなり、何度も心拍数が高くなったり、血管を収縮させたりして、血圧上昇を繰り返してしまいます。

 

しかも、この血圧上昇に気付かなかったり、気付いても一時的な血圧上昇と思って、何も対策をとっていなかったりすると、55歳ぐらいから血圧が高止まりとなって、本格的な高血圧の『更年期高血圧』の状態に進んでしまいます。
始めは、元の血圧に戻る事がありますが、繰り返して何度も血圧が上がると、次第に交感神経が敏感に反応するようになってくるので、高血圧が慢性化するからです。
この結果、50代の女性の2人に1人が高血圧と言われるほど多くなるだけでなく、朝方に血圧が急上昇する『早朝高血圧』も起き易くなるので、心血管疾患のリスクを高める危険性も出てきます。

【 自覚症状 】(図)症状の自覚

一般的に、高血圧症は、血圧上昇の自覚症状がほとんどないので、“気付かないまま”高血圧に進行してしまう特徴があります。
しかし、『更年期高血圧』の場合は、“不安やストレス”などによる自律神経の働きの乱れから起きる事が多いので、血圧が急上昇する前に、様々な気になる“前ぶれ(自覚症状)”を感じます
高血圧の“前ぶれ(自覚症状)”として、代表的なのが、頭痛、頭がボーっとする、めまい、肩こり、むくみ、動悸、などです。

 

これは、『更年期高血圧』が、イライラや不安などによる自律神経のオーバーワークと深く関係しているので、血圧が上がる状態になると、それに伴って、様々な気になる“前ぶれ(自覚症状)”が起きるからです。
例えば、血圧の変動を大きくさせる原因として、疲れが身体に溜まっていたり、体調を保てなかったり、している事がありますが、このような状態になっている時は、同時に、身体に「疲労感」や「ダルサ感」が生じます。
あるいは、家事や仕事に追われて運動不足になっていると、筋肉の働きが低下して、血管の血液を送り出す力が弱まるので、血液を全身に送る為に心臓の負担が増しますが、このような時に、胸の動悸が起き易くなります。

 

この為、頭痛、頭がボーっとする、めまい、肩こり、むくみ、動悸、などの「何となく体調が悪い」という自覚症状があったら、高血圧の“前ぶれ(自覚症状)”として、軽視しない事が大切です。
「頭痛がしても、そのうち消える」、「肩こりはあって当膳」、「疲れているだけで病気ではない」と思っていると、だんだんと本格的な高血圧へと進んでしまいます。
このような事から、医師の中には、本格的な高血圧に移行するのを予防する為に、「定期的な健診だけでなく、頭痛や肩こりなどの自覚症状があった場合には、しっかり手帳に記録し、主治医と相談してください」と、注意する医師もいます。

【 運動の効果 】(図)運動法

『更年期高血圧』の対策として、病院では、薬の処方と共に、食生活や運動習慣などの『生活指導』も行います。
薬による治療法だけでは、一時的に血圧を下げる事はできても、服用を中止すると、再び血圧が上昇してしまうからです。
薬の服用は、簡単で、即効性がありますが、根本的に『更年期高血圧』を治す事はできないので、『生活指導』を行っています。

 

『生活指導』として、①ストレスの解消を心がけて、心と身体の両方に負担のかからない生活に改善する事、②バランスのとれた食生活、③適度な運動、が勧められています。
高血圧対策の中でも、強度が中等度(ややきつい)の有酸素運動を、定期的(できれば毎日)に、30分以上行うと、筋肉にたくさんの酸素や栄養を運ぶので、血管が広がり、血圧を上げようとする神経の緊張を緩和させるので、更年期の血圧を安定化させる効果があります。
血圧の、上が140~159、下が90~99mmHgの範囲であれば、この効果により、運動と食事だけでも、薬を使わずに血圧を下げられる事も多くあります。

 

しかし、運動による血圧安定化の効果は、運動を数か月継続した後でないと現れないので、効果が現れるまで、体重測定、血圧測定、運動を日課にしながら、気長に続ける気持ちが必要です
ところが更年期になると、若い時と違って、運動不足や姿勢の悪さ、加齢などで、身体が硬くなって動かしづらくなっていたり、頭痛や肩こりなどに悩まされていたりします。
この結果、身体が硬い事から、運動がしづらいので続かなかったり、頭痛や肩こりなどで体調が優れない事から、運動をする気になれなって、中断してしまったりしてしまいます。

【 当院の、更年期高血圧の治療 】(写真)当院の高血圧の治療

『更年期高血圧』は、更年期の体調の不調、自律神経の不安定、不安やストレス、などがキッカケとなっているので、血圧が高い状態になる前に、身体のバランスを整え、身体の症状を改善し、高血圧になりがちな状態を放置しない事が大切です
当院では、気になる症状から身体の不調箇所を調べ、マッサージ治療やツボを使った治療で、『血行やリンパの流れを良くする』『筋肉の弾力性や柔軟性を高める』『神経の興奮を抑制する』などによって体調を回復させ、更年期の血圧の改善を行っています。
疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来の問題解消には、現在でも東洋医療をベースにしたマッサージ治療が、その効果が認められ、スポーツや医療で利用されているからです。

 

例えば、更年期になって『頭痛』や『肩こり症状』に悩まされていると、「頭が重い」とか「気分がふさぐ」といった不快感にも悩まされていると、心臓や血管に影響を与える交感神経の作用が強くなって、『更年期高血圧』を引き起こす原因になります。
この為、当院では、血圧を上昇させる首筋や肩の筋肉の硬直を無くす為に、ツボ刺激を併用したマッサージで柔軟性を回復させて、体調の回復を図り、それによって身体のバランスを整え、血圧上昇を防ぐようにしています。
更に、腰や背中に痛みやダルサなどを感じている場合には、腰や背中に影響を与えるふくらはぎの血液を送り出すポンプ作用の活性化も行い、血圧を上昇させる原因を防ぐようにしています。

 

これらの身体の柔軟性回復や血液循環の促進により、神経の興奮が抑制されて、不快感が減少してくると、それによって自律神経の働きが回復するようになり、血圧も安定するようになります。
この為、当院では、問診と触診によって、身体に現れた症状を確認し、更に、ツボ反応を重視して、一人ひとりに適したツボを探し出すようにしています。
これは、体調の変化が起こった時に、ツボが、身体の異常を知らせる『反応点』であり、病状を改善する『治療点』でもあるので、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるからです。

 

高血圧症は目立った症状がなく、健康診断の数値として現れるまで気づかない事もありますが、不安、ストレス、運動不足、睡眠不足などが影響を与えているので、血圧上昇の“前ぶれ(自覚症状)”として、体調の不調を感じる事が多くなっています。
当院は、更年期の血圧上昇に対して、ツボ刺激を併用したマッサージ治療で体調を回復させ、心身の緊張状態を和らげ、血圧が安定するように治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連するこり・しこりなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】