むくみ

背中の疲れによる、痛みと、むくみ

【(症例)疲労や だるさ 】
(写真)背中の疲れと、むくみ

導入文

「首や肩の凝りがつらいな…」と感じた時には、実は首や肩だけでなく、背中全体が疲労や緊張で張っている事がほとんどなので、背中のダルサに悩まされたり、不快な痛みや疲労感に苦しめられたりします。

これは、背中が張ってくると、血液やリンパ液の流れが悪化して酸素や栄養が不足するだけでなく、背中に老廃物を含んだ余分な水分が溜まって、“むくみ”ができるので、腫れぼったさと、ジクジクとした不快感が起きてくるからです。

しかも“むくみ”によって毛細血管やリンパ管を圧迫して、症状を更に悪化させたり、慢性化させたりするので、背中の不快感に気づいたら、早めに背中の状態をチェックして、筋肉の柔軟性回復や血液やリンパ液の循環改善をする事が大切です。

【 肩甲骨の背骨沿い(内側)の痛み 】(図)肩甲骨周辺

肩こりや腰痛は、国民病と言われるほど、筋肉疲労の代表的な症状ですが、背中に起きる筋肉疲労による痛みや凝りも、多くの人が、とても我慢しづらく、辛(つら)く感じる症状です
よくあるのが、長くデスクワークを続けていたり、ずうっと立ち仕事をしていたりすると、背中の筋肉が疲労や緊張で凝り固まり、それによって、次第に背中の重ダルサが強まって、疼(うづ)くようなズキズキとした鈍い痛みや、チクチクとした不快な痛みが、起きてくるケースです。
しかも、背中の筋肉が凝り固まってくると、胸の筋肉も張り詰めたようになってくるので、胸苦しく感じたり、呼吸が浅くなって疲労感が強まったりして、仕事の持続力や集中力が無くなってきます。

 

この背中の痛みの中で、特に、痛みや不快さを感じるのが、肩甲骨の背骨沿い(内側)の痛みです。
これは、肩甲骨に背中のさまざまな筋肉が付着している事と、それによって、背中のさまざまな筋肉の間に入って、筋肉どうしの間を取り持つ役割もしているので、特に意識した動作をしていなくても、負荷がかかり続ける為です。
しかも、肩甲骨が、上半身の安定を保っている背骨と隣り合わせになっているので、肩甲骨と背骨の間の筋肉に、どうしても絶えず緊張が強まったり、不調和なズレが生じたりするからです。

 

この為、姿勢が悪かったり、同じ作業を続けたり、仕事や運動で不自然な動きを続けていたりすると、背骨と肩甲骨の間の筋肉を過度に緊張させてしまい、肩甲骨の内側に疼くようなズキズキとした痛みが起きてきます。
また、パソコン操作や細かい手作業などのように、肩や背中でジッと腕の動作を安定させていたり、肘先を上下方向や前後左右に絶えず動かす作業をしていたりすると、背骨と肩甲骨の間に負荷がかかり続けるので、負荷が大きくなると、肩甲骨の背骨沿い(内側)に、痛みが起きます。
このように、肩や背中などの、どこか一か所の筋肉でも、疲労したり緊張したりすると、背骨と肩甲骨の間に不調和が生じ、筋肉の緊張が強まって血行を悪化させ、不快な痛みが起きるようになります。

【 背中のむくみによる、不快感 】(図)背中のむくみ

また、疲労や緊張で、背中の筋肉がコワバッテ、背中の血行やリンパ液の流れが停滞して“むくみ”が生じると、これも、背中に不快感を引き起こす原因になります。
背中に老廃物を含んだ余分な水分が溜まるので、腫れぼったさを感じる上に、中の疲労物質や老廃物が神経を刺激するので、背中に疲労感やダルサ、腫れぼったい熱感などを感じるようになるからです
更に、これらの不快感が続いて、体調を保つ自律神経の働きがオーバーワークになってくると、血管を収縮させて血液の流れが悪くなってくるので、ダルサやコリ感が強まって、背中全体が疲れ易くなります。

 

もともと背中の筋肉は、日常生活で、あまり意識して動かす事が無いので、日中に、あまり身体を動かす事が無いと、背中の血液やリンパ液の流れが滞りがちになります。
この為、長時間デスクワークをしていたり、ずっと立ち仕事をしていたりすると、それによって背中の血液やリンパ液の流れが滞ってしまい、酸素不足や老廃物の蓄積が起き、症状を更に悪化させたり、慢性化させたりします。
この結果、始めは、「背中の張りやダルサ」と思っていた程度だったのが、次第に「ダルサだけでなく、痛みも感じる」となり、そして「背中のダルサや痛みによって、仕事が続けられない」と、状態が悪化します。

 

中でも、肩甲骨の回りは、筋肉のコワバリから、血液やリンパ液の循環悪化が起き易くなるので、不快な重ダルサが起き易くなります。
脇の下には、リンパ管が合流しているので、肩甲骨回りの筋肉がコワバルと、脇周辺のリンパ液や血液の流れが滞って、背中の疲労感やダルサを強めるからです。
この為、肩甲骨の動きが悪くなって、肩を動かすたびにゴリゴリ音が出るようになると、痛みや不快感に悩まされるだけでなく、筋肉がほぐれにくい状態になります。

【 見た目の悪化 】(図)見た目

ところが、鏡に映る、前から見た自分の姿は、変化にすぐ気づきますが、背中は、自分で直接見えないので、身体の疲れから、背中がむくんだ状態になっても、なかなかチェックが行き届きません。
しかし、背中は、身体の中で、一番人目に付く部位なので、背中の肩甲骨あたりがむくんでくると、背中が太った感じに見えたり、猫背にも見えたりして、見た目が悪くなります
しかも、背中の肩甲骨あたりがむくんで猫背姿が目立つと、疲れ気味に見えるので、シャキッとせず、ヤル気がない感じを与えたり、動作が緩慢な感じや、弱々しい感じになったりします。

 

また、背中の“むくみ”の箇所が気になっていても、はっきりと「ココ!」と確かめる事が難しかったり、手が届かなかったりします。
この為、背中の“むくみ”に、あまり気付かなかったり、「たいした事は無いだろう」と思ったりして、つい、ケアを怠りがちです。
このような状態が続くと、背中は大きな筋肉で構成されているので、背中に“むくみ”が生じると、広範囲なむくみになったり、あるいは、それによって肩こり・腰痛・身体のダルサなどの原因になったりします。

 

しかも、背中のむくみ解消の為にストレッチやトレーニングなどを行っても、背中は腕や脚と違って動かせる範囲が限られるので、なかなか思うように、背中のむくみ解消ができません。
何とか、背中の筋肉を動かす事が出来ても、血液やリンパ液の流れの改善が一時的な効果であったり、血行が悪化している箇所に負荷をかけた事から、後になって、血液やリンパ液の流れを更に悪くさせて、むくみが拡がったり、不快感が強まったりする事もあります。
この為、背中の不快感や痛みに悩まされて、「何とかしよう!」と思った時には、自分で解消させる事が困難な状態になっている事が多くなっています。

【 当院の、むくみの解消治療 】(写真)当院のむくみ治療

このような背中の不快感の解消には、筋肉や血行の治療を得意とする東洋医療をベースにしたマッサージ治療が効果的です。
東洋医療をベースにしたマッサージ治療が、「血行やリンパの流れを良くする」、「筋肉の弾力性や柔軟性を高める」、「神経の興奮を抑制する」などの働きがあるので、背中の疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来の症状にも、早く改善させる効果があるからです
特に、肩甲骨まわりの筋肉が硬くなっていると、背中の循環を悪化させ、背中の“むくみ”の原因になるので、当院は、この東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、肩甲骨周辺を中心に、肩、背骨沿いなどの老廃物の排出と、必要な酸素が行き渡るように行っています。

 

また、当院では、マッサージ治療にツボ反応を利用した治療を加えて、体調の改善も行っています。
ツボが神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調があると、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れ、身体に異常が起きている事を知らせてくれるからです。
しかも、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、神経や血管が集まっている箇所なので、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があります。

 

背中の疲労や緊張状態をチェックし、ツボ反応を利用しタマッサージ治療で、疲労箇所や緊張箇所を回復させていくと、普段使わない背中の筋肉が伸びるようになり、凝り固まった筋肉がほぐれる実感を得られます。
更に、ツボ治療によって身体のバランスを整えると、体調不調の解消も期待できるので、背中のむくみによる、「だるい」、「肩凝り」、「疲れ易い」、「イライラする」、「元気がない」、「眠れない」、などが解消されるようになります。
背中に痛みや不快感が続いている場合は、身体に異常が起きている事の警告なので、無理をせず、プロに施術をしてもらう事が大切です。

 

身中の筋肉は、普段、筋肉を使うタイミングが少ない上に、前側に比べて注意する事も少ないので、気付かないうちに“むくみ”が蓄積して、疲労やダルサの原因になったり、老けて見える原因になったりします。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、仕事や加齢などの影響によるコワバリや血行を回復させ、凝りや痛みを改善し、体調を整える治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やだるさなどの症状のご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

脚のむくみから、だるさや、肩こり、腰痛、冷え症に

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)脚のむくみから、ダルサや、肩こり、腰痛、冷え症に

導入文

運動不足や加齢などで筋肉の働きが弱まると、血液やリンパ液の流れが低下して、下半身がむくんで靴がきつくなったり、更に、顔がむくんでまぶたが腫れぼったくなったり、二の腕や手がむくんで指輪がきつくなったりします。

むくみによって、余分な水分が身体に溜まった状態が続くと、血管やリンパ管を圧迫し続け、老廃物が排出されずに蓄積する状態になるので、だるさや不快感が増すだけでなく、コワバリが強まったり、筋肉疲労から炎症が起き易くなったりして、肩や背中・腰などに凝りや痛みが起き易くなるからです。

このような、むくみによる身体の不調の解消には、血液やリンパ液の流れを促進させるだけでなく、体調の回復も必要になってくるので、昔から、疲労や緊張などの症状改善を行っている東洋医療系のマッサージ治療が、身体の循環改善や、健康状態の改善に効果があります。

【 リンパマッサージ、リンパドレナージュ 】(図リンパのマッサージ

仕事や家事などで疲労やストレスが続くと、夕方になると「脚がパンパンになって、靴が窮屈になる」とか、「朝起きて鏡で顔を見ると、顔がむくんでいる」、「指輪が入らなくなった」などの、『むくみ』に悩まされます。
このような、むくみを解消する為に、リンパ液の流れを改善し、健康な身体づくりを目的として、『リンパマッサージ』の案内を、よく見かけます。
気になるむくみを、血流やリンパ液の流れを促進する事で解消させ、それと共に、冷え性の改善、セルライトの除去、更に、美肌やダイエット効果など、多岐にわたる健康回復や美容の効果も、あると言われています。

 

また、リンパマッサージとは別に、同じような効果をうたって『リンパドレナージュ』の案内もよく見かけます。
これは、マッサージで老廃物の排出を促す事をフランス語で言ったもので、日本語に直訳すると「リンパ排出法」となり、内容はリンパマッサージと変わりません。
やはりリンパマッサージと同じように、リンパ液の循環と老廃物の排泄を促し、全身の機能のバランスを整え、免疫力、自己治癒力を高める事を目的としています。

 

このように、名称は違っても、どちらも血液やリンパ液の流れを促進させて、身体の中に溜まった不要な老廃物を“外へ出す”事と、必要な栄養や酸素を十分に“取り込める”ようにする事を、目的にしています
この為、どちらもリンパ液を効果的に流す為に、リンパ液が詰まり易いと考えられる、リンパ液の流れの出口にあたる喉の下の鎖骨からスタートして、首肩、顔、脇や腕、お腹、脚の付け根、脚全体という順番に行っています。
また、リンパ液が流れているリンパ管は、皮膚表面に分布しているので、やはりどちらも、手のひら全体を使って肌に密着させて、ソフトな圧力でなでたりさすったりしてリンパ液を流し、むくみの解消や、疲労回復、リラックス効果、体質改善などを行っています。

【 むくみの原因 】(図)むくみの原因

身体にむくみが生じるのは、リンパ液の流が、血液を押し出す心臓のような自前のポンプが無く、筋肉が心臓のポンプの代わりに、血液を心臓に戻すポンプの働きをしているからです。
この為、身体に異常が無ければ、日常生活で起きるむくみのほとんどが、身体の一部だけの、一晩寝れば治ってしまうような、一過性のものです。
ところが、筋肉の働きが、運動不足や加齢などで弱ってしまうと、血液を心臓に戻すポンプの働きも低下して、静脈血の流れが悪くなるので、日中は、重力の影響で足元に溜まった血液が心臓に戻りづらくなって脚のむくみが起き、夜になると、寝ている間に余分な水分が顔に溜まり、朝になると顔がむくんだ状態になります

 

よくある例が、筋肉が比較的少ない女性や高齢者に起きる、“夕方に起きる、脚のむくみ”です。
これは、運動不足や加齢などで、筋肉の働きが低下し弱まると、血液を心臓に戻す『筋ポンプ作用』が弱まってしまい、静脈血の流れが悪くなり、それに伴って、体内の水分(組織液)が増えてしまう為です。
この状態になると、脚がパンパン状態になるだけでなく、脚の静脈の血液が停滞し、血管内の圧力が上昇するので、脚がダルク感じ、歩くとしんどく感じられるようになります。

 

しかも、デスクワークなどで長時間同じ姿勢だったり、販売や営業などで立ち仕事をしていたり、精神的なストレスが続いたりしていると、むくみがなかなか解消できなくなって、むくみがいつまでも続いたり、状態が悪化したりします。
この為、脚のむくみが気になって、日中の仕事をしている間は、水分を摂らないようにする人がいますが、これは、かえって逆効果や悪影響になります。
身体が水分不足になると、身体が水分を溜め込んでしまうので、かえって、むくみを引き起こしたり、水分を摂らないでいるので、尿や便などが排出しにくくなって、体内に老廃物や毒素が溜まり、肌荒れや疲労感を引き起こす原因にもなったりするからです。

【 ダルサや、肩こり、腰痛、冷え症、の原因に 】(図)ダルサ、肩こり、腰痛、冷えも

しかも、血行やリンパ液の流れが悪化した状態になると、今度は、この状態が原因になって、余計に身体に水分を溜めてしまうので、悪循環になります。
これは、余分な水分が身体に溜まると、循環や排出が正常でも、血管やリンパ管を圧迫するので、筋肉や皮膚の水分の入れ替え(水分代謝)が出来なくなって、水分が溜まってしまうからです。
更に、体内の水分が増えて、身体に『冷え』が起きると、脂肪も冷えてゲル状となって、やはり、リンパの流れを止めるようになるので、水分が溜まって、「いつまでも、むくみがとれない!」という事になります。

 

また、血液やリンパ液の循環が妨げられると、酸素や栄養が全身に行き届かない上に、老廃物や疲労物質などが含んだ余分な水分が溜まるので、腰から下に、だるさや不快感が増してきます。
しかも、下半身には重力の影響で全身の約7割の血液が集まるので、下半身の循環が悪くなると、上半身の血液やリンパ液の循環も悪化し、身体全体に不調を感じるようになります。
例えば、「身体が疲れ易くなる」、「身体がダルクなる」、「肩や背中の凝りが悪化する」、「腰の鈍痛が強まる」、「イライラする」、「鬱(うつ)気分になる」、などが起きてきます。

 

更に、血行やリンパ液の流れが悪化から、酸素や栄養が全身に行き届かず、老廃物が蓄積されてくると、頭を支える首や肩、身体の軸となる腰、常に動かす必要がある関節などに、凝りや痛みが生じるようになります
酸素や栄養が不足して、疲労物質が停滞すると、しばらくジッとしていたり、チョッと動作をしていたりすると、筋肉がコワバッタリ、炎症が起き易くなったりして、凝りや痛みが発生し易くなるからです。
そして、脚の血行不良から、下半身が“冷え”の状態になると、下腹部痛や、便秘や下痢、腰痛、坐骨神経痛、などを引き起こし易くなります。

【 当院の、リンパ液の循環改善治療 】(写真)当院の治療

当院では、リンパ液の循環改善に、東洋医療の治療法を取り入れたマッサージ治療を行っています。
これは、リンパ液の循環が悪くなると、むくみだけでなく、疲れ易くなったり、肩こり、頭痛、腰痛、ダルサなど、体調不調が起き易くなったりするからです。
この為、触診にウエイトを置いて、それぞれの症状や、一人ひとりに適したツボを探し出し、筋肉の弾力性や柔軟性を高め、血行やリンパの流れを良くする為の治療を行っています

 

例えば、デスクワークによる脚のむくみの場合、筋肉の働きが弱って、ふくらはぎの筋肉のポンプ作用の低下が考えられるので、ふくらはぎの筋肉を触診し、筋肉の弾力性や柔軟性を回復させる事が必要です。
また、座り仕事をしていると、お尻や太ももの血管が絶えず圧迫されて、血行がさえぎられた状態になるので、股関節やお尻のコワバリやシコリを確認して、血液やリンパ液の流れを改善する事も必要です。
更に、下半身の関節を曲げて座っているので、鼠蹊(そけい)部、膝裏、足首などの、関節付近の筋肉を十分に伸ばして、通過しにくくなっている血行を回復させる事も必要です。

 

中でも当院は、リンパ液の循環改善の為に、アキレス腱周囲や膝裏のリンパ節付近のチェックと、筋肉の柔軟性回復にウエイトを置いて、治療を行っています。
リンパ管は、リンパ節に向かって集まる構造になっているので、デスクワークで鼠蹊部や膝の関節を曲げていると、リンパ節が圧迫されてリンパ液の流れが滞る原因になるからです。
この為、身体に現れる、東洋医療の反応点(ツボ)を利用して、筋肉の弾力性や柔軟性を高めて、脚に溜まったリンパ液を押し上げるようなマッサージ治療で、むくみの改善を行っています。

 

運動不足や加齢などで筋肉の働きが弱まると、静脈血の流れが悪くなるので、血行や筋肉の状態の確認や回復には、昔からの蓄積された経験と最近の手技療法を取り入れた、東洋医療系のマッサージ治療が適しています。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、身体の柔軟性を回復させ、血流の停滞による循環を改善し、身体や心の不調を和らげています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や不快感などの症状のご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】