だるい

脚のむくみから、だるさや、肩こり、腰痛、冷え症に

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)脚のむくみから、ダルサや、肩こり、腰痛、冷え症に

導入文

運動不足や加齢などで筋肉の働きが弱まると、血液やリンパ液の流れが低下して、下半身がむくんで靴がきつくなったり、更に、顔がむくんでまぶたが腫れぼったくなったり、二の腕や手がむくんで指輪がきつくなったりします。

むくみによって、余分な水分が身体に溜まった状態が続くと、血管やリンパ管を圧迫し続け、老廃物が排出されずに蓄積する状態になるので、だるさや不快感が増すだけでなく、コワバリが強まったり、筋肉疲労から炎症が起き易くなったりして、肩や背中・腰などに凝りや痛みが起き易くなるからです。

このような、むくみによる身体の不調の解消には、血液やリンパ液の流れを促進させるだけでなく、体調の回復も必要になってくるので、昔から、疲労や緊張などの症状改善を行っている東洋医療系のマッサージ治療が、身体の循環改善や、健康状態の改善に効果があります。

【 リンパマッサージ、リンパドレナージュ 】(図リンパのマッサージ

仕事や家事などで疲労やストレスが続くと、夕方になると「脚がパンパンになって、靴が窮屈になる」とか、「朝起きて鏡で顔を見ると、顔がむくんでいる」、「指輪が入らなくなった」などの、『むくみ』に悩まされます。
このような、むくみを解消する為に、リンパ液の流れを改善し、健康な身体づくりを目的として、『リンパマッサージ』の案内を、よく見かけます。
気になるむくみを、血流やリンパ液の流れを促進する事で解消させ、それと共に、冷え性の改善、セルライトの除去、更に、美肌やダイエット効果など、多岐にわたる健康回復や美容の効果も、あると言われています。

 

また、リンパマッサージとは別に、同じような効果をうたって『リンパドレナージュ』の案内もよく見かけます。
これは、マッサージで老廃物の排出を促す事をフランス語で言ったもので、日本語に直訳すると「リンパ排出法」となり、内容はリンパマッサージと変わりません。
やはりリンパマッサージと同じように、リンパ液の循環と老廃物の排泄を促し、全身の機能のバランスを整え、免疫力、自己治癒力を高める事を目的としています。

 

このように、名称は違っても、どちらも血液やリンパ液の流れを促進させて、身体の中に溜まった不要な老廃物を“外へ出す”事と、必要な栄養や酸素を十分に“取り込める”ようにする事を、目的にしています
この為、どちらもリンパ液を効果的に流す為に、リンパ液が詰まり易いと考えられる、リンパ液の流れの出口にあたる喉の下の鎖骨からスタートして、首肩、顔、脇や腕、お腹、脚の付け根、脚全体という順番に行っています。
また、リンパ液が流れているリンパ管は、皮膚表面に分布しているので、やはりどちらも、手のひら全体を使って肌に密着させて、ソフトな圧力でなでたりさすったりしてリンパ液を流し、むくみの解消や、疲労回復、リラックス効果、体質改善などを行っています。

【 むくみの原因 】(図)むくみの原因

身体にむくみが生じるのは、リンパ液の流が、血液を押し出す心臓のような自前のポンプが無く、筋肉が心臓のポンプの代わりに、血液を心臓に戻すポンプの働きをしているからです。
この為、身体に異常が無ければ、日常生活で起きるむくみのほとんどが、身体の一部だけの、一晩寝れば治ってしまうような、一過性のものです。
ところが、筋肉の働きが、運動不足や加齢などで弱ってしまうと、血液を心臓に戻すポンプの働きも低下して、静脈血の流れが悪くなるので、日中は、重力の影響で足元に溜まった血液が心臓に戻りづらくなって脚のむくみが起き、夜になると、寝ている間に余分な水分が顔に溜まり、朝になると顔がむくんだ状態になります

 

よくある例が、筋肉が比較的少ない女性や高齢者に起きる、“夕方に起きる、脚のむくみ”です。
これは、運動不足や加齢などで、筋肉の働きが低下し弱まると、血液を心臓に戻す『筋ポンプ作用』が弱まってしまい、静脈血の流れが悪くなり、それに伴って、体内の水分(組織液)が増えてしまう為です。
この状態になると、脚がパンパン状態になるだけでなく、脚の静脈の血液が停滞し、血管内の圧力が上昇するので、脚がダルク感じ、歩くとしんどく感じられるようになります。

 

しかも、デスクワークなどで長時間同じ姿勢だったり、販売や営業などで立ち仕事をしていたり、精神的なストレスが続いたりしていると、むくみがなかなか解消できなくなって、むくみがいつまでも続いたり、状態が悪化したりします。
この為、脚のむくみが気になって、日中の仕事をしている間は、水分を摂らないようにする人がいますが、これは、かえって逆効果や悪影響になります。
身体が水分不足になると、身体が水分を溜め込んでしまうので、かえって、むくみを引き起こしたり、水分を摂らないでいるので、尿や便などが排出しにくくなって、体内に老廃物や毒素が溜まり、肌荒れや疲労感を引き起こす原因にもなったりするからです。

【 ダルサや、肩こり、腰痛、冷え症、の原因に 】(図)ダルサ、肩こり、腰痛、冷えも

しかも、血行やリンパ液の流れが悪化した状態になると、今度は、この状態が原因になって、余計に身体に水分を溜めてしまうので、悪循環になります。
これは、余分な水分が身体に溜まると、循環や排出が正常でも、血管やリンパ管を圧迫するので、筋肉や皮膚の水分の入れ替え(水分代謝)が出来なくなって、水分が溜まってしまうからです。
更に、体内の水分が増えて、身体に『冷え』が起きると、脂肪も冷えてゲル状となって、やはり、リンパの流れを止めるようになるので、水分が溜まって、「いつまでも、むくみがとれない!」という事になります。

 

また、血液やリンパ液の循環が妨げられると、酸素や栄養が全身に行き届かない上に、老廃物や疲労物質などが含んだ余分な水分が溜まるので、腰から下に、だるさや不快感が増してきます。
しかも、下半身には重力の影響で全身の約7割の血液が集まるので、下半身の循環が悪くなると、上半身の血液やリンパ液の循環も悪化し、身体全体に不調を感じるようになります。
例えば、「身体が疲れ易くなる」、「身体がダルクなる」、「肩や背中の凝りが悪化する」、「腰の鈍痛が強まる」、「イライラする」、「鬱(うつ)気分になる」、などが起きてきます。

 

更に、血行やリンパ液の流れが悪化から、酸素や栄養が全身に行き届かず、老廃物が蓄積されてくると、頭を支える首や肩、身体の軸となる腰、常に動かす必要がある関節などに、凝りや痛みが生じるようになります
酸素や栄養が不足して、疲労物質が停滞すると、しばらくジッとしていたり、チョッと動作をしていたりすると、筋肉がコワバッタリ、炎症が起き易くなったりして、凝りや痛みが発生し易くなるからです。
そして、脚の血行不良から、下半身が“冷え”の状態になると、下腹部痛や、便秘や下痢、腰痛、坐骨神経痛、などを引き起こし易くなります。

【 当院の、リンパ液の循環改善治療 】(写真)当院の治療

当院では、リンパ液の循環改善に、東洋医療の治療法を取り入れたマッサージ治療を行っています。
これは、リンパ液の循環が悪くなると、むくみだけでなく、疲れ易くなったり、肩こり、頭痛、腰痛、ダルサなど、体調不調が起き易くなったりするからです。
この為、触診にウエイトを置いて、それぞれの症状や、一人ひとりに適したツボを探し出し、筋肉の弾力性や柔軟性を高め、血行やリンパの流れを良くする為の治療を行っています

 

例えば、デスクワークによる脚のむくみの場合、筋肉の働きが弱って、ふくらはぎの筋肉のポンプ作用の低下が考えられるので、ふくらはぎの筋肉を触診し、筋肉の弾力性や柔軟性を回復させる事が必要です。
また、座り仕事をしていると、お尻や太ももの血管が絶えず圧迫されて、血行がさえぎられた状態になるので、股関節やお尻のコワバリやシコリを確認して、血液やリンパ液の流れを改善する事も必要です。
更に、下半身の関節を曲げて座っているので、鼠蹊(そけい)部、膝裏、足首などの、関節付近の筋肉を十分に伸ばして、通過しにくくなっている血行を回復させる事も必要です。

 

中でも当院は、リンパ液の循環改善の為に、アキレス腱周囲や膝裏のリンパ節付近のチェックと、筋肉の柔軟性回復にウエイトを置いて、治療を行っています。
リンパ管は、リンパ節に向かって集まる構造になっているので、デスクワークで鼠蹊部や膝の関節を曲げていると、リンパ節が圧迫されてリンパ液の流れが滞る原因になるからです。
この為、身体に現れる、東洋医療の反応点(ツボ)を利用して、筋肉の弾力性や柔軟性を高めて、脚に溜まったリンパ液を押し上げるようなマッサージ治療で、むくみの改善を行っています。

 

運動不足や加齢などで筋肉の働きが弱まると、静脈血の流れが悪くなるので、血行や筋肉の状態の確認や回復には、昔からの蓄積された経験と最近の手技療法を取り入れた、東洋医療系のマッサージ治療が適しています。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、身体の柔軟性を回復させ、血流の停滞による循環を改善し、身体や心の不調を和らげています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や不快感などの症状のご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

身体がだるくて、だるい…

【(症例)疲労や だるさ 】
(写真)だるい

導入文

疲労やストレスなどで、体調を保つ働きの負担が大きくなって、身体の調節機能が崩れると、「身体が疲れ易い」、「睡眠を取っても疲れが取れない」、「身体が重い」、「やる気が起きない」、「動くのが億劫」、「体調がすぐれない」などの、「身体が、だるい…」といった症状が起きます。

それでも2~3日の休養で回復すれば、心配ありませんが、なかなか体調が回復しない場合には、身体の不調箇所を確認して、体調を保つ働きを回復させる事が必要ですが、症状が「身体が、だるい…」だけでは、治療法や治療先が思い付きません。

このような「病気にはなっていないけれども、身体の調子が良くない」状態を、東洋医療では『未病』と呼び、神経や血管が集まっているツボ反応を利用して、身体の不調箇所を確認し、崩れかかった身体のコンディションを整え、体調の改善を行っています。

【 PCやモバイルなどの、脳疲労 】(図)PC、モバイルの脳疲労

ちょっと働き過ぎたり、運動したりすると、誰でも疲れを感じますが、特別な事が無ければ、充分に栄養をとって、入浴をして、ぐっすり睡眠をとれば、翌日は元気な状態に回復するので、「疲労は、いつの間にか自然と消えていくもの」と考えがちです。
しかし、日々の疲れがその場、その場で解消されなくなると、疲れが体内に溜まって、「いつもダルイ」、「たいして動いていないのに、すぐに疲れる」といった状態になり、更に、この状態が続くと、体力が低下して、「やる気が起きない」、「動くのが億劫」、「体調がすぐれない」などの、自律神経の失調症のような症状も起きてきます。
この事から、ダルサや疲労感は、発熱、痛みと共に“生体からの三大アラーム”と言われ、身体に異常が起きている事を知らせ、回復の為に休息を必要としている状態、とされています。

 

しかし、最近は、仕事の効率を上げる為に、PCやモバイルなどのインターネットを、一日中使わざるを得ない毎日になっているので、身体を動かす事が極端に少なくなり、血行の悪化から疲れが体内に溜まり、「身体が、だるい…」という症状が起き易くなっています
しかも、“仕事の効率”や“時間の管理”を強く求められるので、精神的に緊張した状態が続いて、疲労感が蓄積されるようになります。
更に、PCやモバイルなどを使用して、いつも同じ脳細胞の部分だけで、瞬間的に情報を選択したり、判断し続けたりする事が多いので、特定の脳細胞の部分に、疲労の限界まで途切れずに、繰り返し負荷がかかり続ける事になり、今迄経験した事が無いような、脳がヘトヘトに疲れるような、異常な疲労となります。

 

ところが、PCやモバイルでの作業に集中していると、「身体が、だるい…」という症状が起きても、テンションが高まっているので、疲労を感じにくくなります
インターネットの世界に没頭する事によって、「疲れた」という感覚がハッキリと自覚しづらくなり、身体や脳の疲労が、自覚できなくなってくるからです。
この結果、脳の緊張が緩まずに、緊張したままになるので、体調を保っている自律神経が限界近くになり、「身体が、だるい…」と、身体の異常に気付いた時には、身体の調節機能が崩れて、様々な体調不調が起き始めた状態になります。

 

【 身体からの警告 】(図)身体からの警告

また、中高年以降になると、若い頃と違って、身体の新陳代謝が低下して回復力が失われてくる上に、精神的にも、仕事や家庭の責任や期待が大きくなるので、それによってストレス感が強まったり、身体の疲労感が増したりします
しかも、これらの日々の疲れやストレス感が続く状態になると、体調を保つ働きが若い時より弱まっているので、疲れやストレス感が解消されずに残るようになり、「いつも、身体がだるい…」という状態になってしまいます。
この結果、仕事をしている時や、家事をしている時にも、「身体が重く感じる」、「少し動いただけでも疲れを感じる」、「ヤル気が起きない」、「物事を思い出しにくくなる」など、いろいろ支障が出てくるようになります。

 

これに伴って、「朝の寝起きが悪い」、「気分がシャキッとしない」、「どことなく身体に違和感がある」、「胃がもたれる」、「食欲がわかない」、なども起きてきます。
身体が元気で健康的ならば、多少の疲労やストレスがあっても、身体の回復力が克服して、身体の調子を保てますが、体調を保っている自律神経の働きがオーバーワーク状態になっているので、体調を保つ事ができなくなるからです。
言ってみれば、「身体が、だるい…」と感じてくるのは、身体からの警告です。

 

例えば、
 朝起きるのがつらい
 全身がだるく何をするのもおっくう
 気力がない、やる気が出ない
 集中力がなくなった
 考えがまとまらない
 いつも、たまらなく眠い
 食欲がない
 肌があれて化粧ののりが悪い
 目が疲れる
 腰痛に悩まされている
 肩がこる
などがある場合は、身体のバランスが崩れかかって、疲労やストレスに対する回復力が低下し、身体に不調を感じている状態です。
病気にはなくても、疲れが身体に蓄積されて、身体の回復力が追い付かなくなって、倦怠感が強くなった為なので、身体から無意識のうちに発した、「身体のバランスが崩れかかっている」という警告です。

【 疲労解消のつもりが 】(図)疲労解消のつもりが

疲労の解消には、一般的に、充分な睡眠(休養)、バランスの良い食事、軽めの運動などが、勧められています。
しかし、あまりに、疲労による緊張感が続いたり、気持ちがリフレッシュできなくなったりすると、解消が困難になります
例えば、疲労や緊張の続いた仕事を続くと、仕事を終えた後になってもリラックスできなかったり、床に就いても眠れなくなったりします。

 

これは、疲労や緊張が続いて、強いストレスを受け続けると、脳の処理が増大してしまい、反対に、心身をリラックスさせる自律神経の働きが失われてしまうからです。
しかも、心身をリラックスさせる自律神経の働きが回復しづらくなっているので、休養や睡眠を取ったり、栄養を補給したりしても、身体の疲労や緊張が残ります。
この結果、「充分に休養したつもりでも疲れが取れない」、「以前のような、元気な状態に回復しない」、あるいは、「たいした運動もしてないのにすぐ疲れる」、「疲れやすい」など、慢性的に疲れを感じるようになります。

 

このような、疲労や緊張が続いた為に脳の興奮状態が続いて、心身をリラックスさせる自律神経の働きが回復しづらくなっている時に、「運動でリフレッシュしよう!」とすると、かえって、逆効果になります。
身体に疲れを感じて、心身をリラックスさせる自律神経の働きが弱っている時に、運動をすると、更に、脳や身体に大きな負担をかけてしまい、ますます不快感が強まったり、「身体が、だるい…」という症状を強めたりするからです。
更に、何とか体調を保っている自律神経に、運動をする事で、更に負荷をかけてしまい、後になって、頭痛、肩こり、慢性的な腰の痛み、冷え、眠れない、下痢・便秘など、様々な体調の不調が起き易くなります。

【 当院の、ツボ刺激による体調回復治療 】(写真)当院の治療

この為、当院では、ツボ反応を利用した触診により、身体に違和感が生じる箇所を確認し、そのツボを『治療点』として、体調回復の治療を行っています。
これは、「身体が、だるい…」といった症状が、傷や病気による痛みと違って、患部の箇所がハッキリせず、漠然とした不快感になっているからです。
ツボ反応は、体調の不調が起きた時に現れる特徴があるので、このような、患部がハッキリしない場合や、本人が自覚されない『隠れ疲労』の場合に、治療箇所の確認や、回復の促進に、ツボを利用した治療法が極めて効果的です

 

この為、当院は、問診と触診によって、それぞれの症状に合わせて、一人ひとりに適したツボを探し出すようにしています。
そして、この後に、患部の箇所がハッキリせず、漠然とした不快感になっている症状の改善の為に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療を行っています。
これは、心身をリラックスさせる自律神経の働きが弱まっているので、ツボ治療で、脳にしっかりと、「緊張感」から「解放感」への変化を、意図的に仕掛けて、その後に、マッサージ治療で、緊張モードからリラックスモードへと、切り替えるような方法が必要になるからです。

 

例えば、ツボに心地よい刺激を身体に受けると、その感覚が脳へ伝わり、脳⇒自律神経⇒内臓・器官へと、身体の調整機能が働いて、緊張している脳を回復させ、体調を回復させる効果があります。
また、血流の低下が起きていると、血流の悪化で血管の内部が詰まったり、血管がいびつに歪んで蛇行が起きたりしているので、身体のコワバリやツボ反応を触診しながら、血行やリンパの流れを回復させるマッサージ治療が重要になります。
特に、「身体が、だるい…」といった症状が強い場合には、身体の疲労や緊張を解消させるだけでなく、心身をリラックスさせる自律神経の働きを回復させる事も必要になるので、このような治療法が、重要な“改善刺激”になります。

 

充分に休養しても疲れが抜けない、元気な元の状態に回復しない、あるいは、たいして動いていないのにすぐに疲れる、疲れ易いなどといった慢性的に疲れを感じる状態になったら、注意が必要です。
当院は、このような症状に対して、ツボ反応を併用したマッサージ治療によって、疲労や緊張が慢性化している箇所の確認や解消、身体のバランス調整などにより、健康に戻す治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やだるさなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】