冷え

高齢者の、加齢による、冷え

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)高齢者の冷え

導入文

高齢になると、筋肉量が減って発熱量が落ち、温められた血液を運ぶ循環機能も低下するので、体温を保つ事が難しくなり、寒さに敏感になるだけでなく、「冷えが、身体の内側に入り込んでいる」と、身体の芯から冷えを感じるようになります。

しかも、身体の冷えから、「下痢と便秘が繰り返す」、「疲れやダルサに悩まされる」、「布団に入っても眠れない」、「風邪を引き易い」などが起きたり、循環機能の低下から毛細血管に血液が流れなくなり、シワ、タルミ、乾燥、くすみ、吹き出物などの肌トラブルも起きたりします。

このような高齢者の冷えを改善するには、身体のコワバリ箇所を確認して、筋肉の柔軟性を回復させて血行を改善し、更に体調を取り戻す為に、冷えで敏感になっている神経を鎮めて、肩こりや腰痛などの身体の痛みを解消する事が必要です。

【 高齢者の冷えの3大原因 】(図)冷えの三大原因

冷えはさまざまな原因が絡んでいますが、高齢者の冷えの場合、大きな原因の一つとして、身体の筋肉量が減少する事で、“身体の熱を作れない”事があります。
筋肉は、体温の約6割を発熱し、人体の最大の『体熱の産生器官』になっていますが、中高年以降になると筋肉量が減少し始め、特に、50代や60代にガクンと筋肉量が落ちるので、これによって身体の発熱量が、かなり少なくなってくるからです。
また、高齢になってくると、身体の運動機能の低下や、運動機会が少なくなるので、ますます、筋肉から発熱するエネルギー量が少なくなります。

 

高齢者に冷えが生じる、二つ目の大きな原因として、“温められた血液を、うまく運べない”事があります。
これは、加齢によって血管の柔軟性が低下して硬くなってくると、血管を伸縮させて血液を送るポンプ機能が低下するので、温かい血液が、身体の隅々に届けられなくなる為です。
これを『血液循環悪化タイプの冷え』と言い、気温とは関係なく身体が温まらないので、温かい日でも、温められた血液を隅々に届けられない為に、身体が冷えてしまいます。

 

更に、高齢者に冷えが生じる、三つ目の大きな原因として、身体の約60〜70%は水分で占められているので、身体の血液循環が悪化して、身体から水分が排出されにくくなってくると、下半身や背中などに余分な水分が溜まり、身体を冷やしてしまう事です。
東洋医学では、これを『水滞』と言い、「本来であれば体外に排出されるべき水分が、何らかの原因によって、体内に留まっている状態」と説明していて、身体が温まらない大きな原因と捉えています。
しかも、体内に溜まった余分な水分が、血管やリンパ管を圧迫して血行を悪化させるので、余計に身体が冷えるようになって、冷えと血行悪化のスパイラルに陥ってしまいます。

【 冷えによる、身体への影響 】(図)下痢と便秘を繰り返す

しかも高齢者の冷えの場合、身体の機能が低下している事が多いので、身体に様々な不調を引き起こします
例えば、身体の冷えから、「下痢と便秘を繰り返す」、「腰痛に悩まされる」、「肩がこる」、「しもやけができ易い」とか、血行悪化から、「脚がむくみ易い」、「靴下のゴム跡がクッキリと残る」、「脚にしびれを感じる」などが起きます。
また、血液循環の悪化から、身体から水分が排出されにくくなると、下半身や背中などにむくみが生じて、身体に重ダルサを感じたり、あるいは、溜まった水分に含まれる不必要な老廃物の影響で不調が起き、頭が重くなったり、めまいがしたり、ふらつきや頭痛が起きたりします。

 

また、身体の冷えによって、朝起きた時や、動作をしようとした時に、膝や腰などに、痛みが起き易くなります。
血液の流れが低下している為に、寝ていたり、ジッとしていたりすると、ますます血液の流れが低下した状態になるので、朝起きた時や動作をしようとした時に、関節を動かす筋肉や靭帯の、筋力や安定性が低下し、痛みが出てくるからです。
更に、冷えで、痛覚や触覚などの神経が敏感になるので、余計に、痛みや痺れ(しびれ)感、ジンジンする感じなどが、増すようになります。

 

他にも、冷えによる身体への影響として、寒さを感じると、血圧が上がり易くなる事があります。
冷えを感じると、体温を逃がさない為に、自律神経の作用で血管が収縮する事と、収縮した血管に対して、心臓が圧を高めて血液を押し出そうとするので、血圧が上がるからです。
この為、高齢者が冷えに悩まされると、血管の調整能力が乏しくなって『慢性的な高血圧』になったり、あるいは、寒さを感じたり、冷たい水などに触ったりすると、過剰に寒さや冷たさに反応して『急激な血圧の上昇』が起きたりします。

【 冷えで、毛細血管が干上がって 】(図)血管のゴースト化

また、高齢者の冷えは、『血液循環の悪化』が影響しているので、血行の悪化から、『ゴースト血管(写真参照)』の問題も生じます
『ゴースト血管』と言うのは、加齢や血行障害などで、毛細血管の血液を運ぶ機能が低下し、その状態が続くと、毛細血管が干上がって、消失してしまう事を言います。
毛細血管は全身の血管の99%を占め、酸素と栄養を身体のすみずみまで送り届ける大切な働きをしていますが、20代の毛細血管を基準にすると、血管のゴースト化によって、一般的に、60代で30%、70代で40%、減少するとされており、冷えで血行が悪くなると、更に血管のゴースト化が増大します。

 

血管のゴースト化が増えると、酸素や栄養分を運ぶ血液が行き渡らなくなるので、見た目の問題が起きたり、身体の不調に悩まされたりします。
例えば肌に、毛細血管のゴースト化が進むと、肌の血行やうるおいが消えるので、肌色が悪くなって、肌の表面もカサカサになり、シミやクスミもできたりしてくるので、実年齢以上に老けが目立ち、枯れた印象になります。
また、身体の各器官に毛細血管のゴースト化が進むと、血行が極度に悪化して、酸素や栄養を充分に送り届けられなくなるので、肩こり、頭痛、目の疲れ、疲れ易い、ダルイ、もの忘れなどが起きたり、膝や腰などの関節痛に悩まされたりします。

 

この為、高齢者の身体を触った時に、冷たく感じたり、硬かったり、むくんでいたりしたら、身体の中に、血管のゴースト化が起きている可能性があります。
血管のゴースト化が起きても、健康な毛細血管を増やす事もできるので、まずは、コワバッテいる筋肉の弾力性や柔軟性を回復させて、血行やリンパ液の流れを改善して、血液を運ぶ働きを回復させる事が大切です。
そして、毛細血管の血液を運ぶ働きを保つ為には、血流を良くする事が重要なので、血流を、常に保ち続ける事が必要です。

【 当院の、高齢者の冷え治療 】(写真)当院の高齢者治療

当院は、高齢者の冷え治療として、最初に、身体のコワバリや関節部分の不調を確認して回復させて、その後、①血行やリンパ液の流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制、などを行い、そして、④体調を整える治療を行っています
筋肉がコワバッテ、関節部分が硬くなっていると、身体が動かしづらくなる上に、血行を悪化させるので、身体の冷えの原因になったり、体調不調を引き起こしたりするからです。
また、高齢者は身体の機能が弱っている為に、身体全体の体調を改善しないと、体温の維持機能が弱ったままになり、体温がなかなか元に戻りにくくなるからです。

 

この為、当院では、身体にコワバリがある箇所や、血行が悪くなっている箇所を、触診やツボ反応で確認し、その後、ツボ刺激を併用したマッサージ治療で、その箇所の緊張を解消させ、血行の促進を行っています。
ツボが、身体の不調時に、異常を知らせる箇所であり、症状を改善する箇所でもあるので、血流の改善や、衰えている毛細血管の回復に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療が、効果的な治療になるからです。
そして血行が促進されて、神経を刺激していた老廃物が排出されてくると、敏感になっている神経が治まり、今まで感じていた不快感が減少し、筋肉の緊張やコワバリも緩んできます。

 

これらによって、筋肉の働きや血行が回復してくると、「何となく身体の調子が悪い」という状態が解消されたり、痛みや違和感が減少したりして、健康な状態に回復してくる効果があります。
加齢によって、身体の自然治癒が追いつかず、神経が過敏な状態となって、疲れ易さや痛みとなって現れていたのが、ツボ刺激を併用したマッサージ治療で筋肉内の血流が改善されてくると、それによって神経の興奮が治まってくるからです。
また、血液を送る筋肉のポンプ作用が活発化してくるので、血流が促進されて血液が全身に巡るようになり、身体の新陳代謝が高まってくるからです。

 

身体が冷えると、暖房や衣服など、外側から身体を温める事に気をとられがちですが、高齢者の場合には、熱を作る筋肉の働きや、熱を運ぶ血行を改善させないと、身体の冷えが進んで、ますます体調を悪化させてしまいます。
当院は、高齢者の冷えの改善や体調の回復の為に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療を利用して頂けるように、市川市の施術助成券を取り扱っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や、不快感などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

お腹の冷え(内臓型冷え性)と、汗かき・暑がり

【(症例)身体の不調や、不快感 】
写真冷え性

導入文

季節に関わらず、お腹の冷えが気になっている人は意外に多く、いつも、「下痢や便秘になりがち」、「お腹にガスが溜まって辛い」、「お腹の冷えで気力が起きない」、「お腹が冷たくて、眠れない」などで、悩まされています。

また、お腹が冷えた状態になると、体温調節や身体の水分排出調整がうまくいかなくなるので、汗かきや暑がりになったように、「チョット動くと汗をかく」や、「暖かい食べ物を食べると額から大汗が出る」などが起きますが、しばらく涼しい所にいると、再び、寒さを強く感じたり、お腹が痛くなったりします。

これらが当てはまる場合は『内臓型冷え性』の可能性があるので、内蔵機能の低下から全身の血行不良を起こし、「だるい」、「肩がこる」、「冷える」、「のぼせる」、「疲れやすい」、「食欲がない」、「眠れない」、「イライラする」、「元気がでない」、などで悩まされようになります。

【 内臓型冷え性の原因 】図内臓型冷え性の

『内臓型冷え性』は、運動不足や加齢などで、ジッとしている事が多くなって、身体を動かす機会が少なくなったり、ストレスや疲れが溜まった生活が続いたりすると、起き易くなります
これらがあると、身体の筋肉の発熱量が少なくなって、内臓付近の体温が保てなくなり、更に、筋肉の血液を送る働きが低下するので、体内でつくられた暖かい血液が内臓に行き渡らなくなるからです。
この為、一日中ほとんど座りっぱなしで、ストレスフルな毎日を送っているデスクワークの人に、『内臓型冷え性』が起き易くなっています。

 

しかも、デスクワークの為にオフィスにいると、一年中、冷房の効いた涼しい所にいるので、気付かないうちに内臓を冷やしてしまいます。
頭を働かし続ける作業には快適に感じられますが、それによって、温度を感じる体内の神経が鈍り、身体の「寒い」、「冷たい」という判断が失われるからです。
この結果、『内臓型冷え性』になっても、お腹が冷えている事に気付かない『隠れ冷え性』が多くなっています。

 

この影響で、最近は、男性に、この『隠れ冷え性』が多くなっています。
身体を動かす機会が限られて身体の発熱量が少なくなる上に、仕事の重圧や会社の人間関係で悩まされる事が多いので、ストレスが強まって自律神経がうまく機能しなくなり、十分な量の血液が内臓に届かなくなってくるからです。
この結果、お腹が冷えて、胃や腸の働きが悪くなってくると、肥満や下痢、肌荒れなど、さまざまな体調不良を引き起こすようになり、それらによって、「以前と違って、集中力が続かない」、「気力が低下した」などの、精神的な不調を引き起こします。

図下痢・便秘【 身体への影響 】

このように『内臓型冷え性』は、内臓の体温が低くなるので、最初は、胃や腸の働きの低下から、下痢や便秘、下腹部の不快感や痛みが繰り返されるようになり、そして、腰の痛みや、腰のダルサなども引き起こします
そして、身体の筋肉がコワバッテくると、血行が悪くなってくるので、筋肉の柔軟性が無くなり、肩こりや頭痛、腰痛なども起き易くなります。
また、内臓の機能低下から、身体の代謝や免疫力などが低下するので、身体が疲れ易くなったり、体調不調に悩まされたりします。

そして『内臓型冷え性』によって、体調が悪化してくると、自律神経の働きが乱れて、体調を保つ機能が低下するので、「身体がだるい」、「イライラする」、「頭が重い」、「眠れない」、などが起きてきます。
この結果、集中力が落ちたり、ヤル気が起きにくくなったり、判断力や決断力に影響したりするので、仕事や家庭にも支障が出るようになります
しかも、「身体や精神面の不調→体内で作られる熱量が下がる→冷えに繋がる」といった事が繰り返されるので、悪循環になっていきます。

 

また、身体の血液やリンパの巡りが悪くなってくる為に、見た目も、顔がむくんだり、疲れたような顔に見えたりします。
そして、内臓の体温低下によって、脂肪を効率よく燃焼できなくなるので、食欲があまりないにもかかわらず、内臓脂肪を蓄え易くなって、体型的にお腹やお尻が太ってくるようになります。
この結果、『内臓型冷え性』は、不快な症状を引き起こすだけでなく、顔つきも悪くなったり、体型の崩れも引き起こしたり、してしまいます。

(図)汗かき、暑がり【 特徴的な、汗かき・暑がり 】

『内臓型冷え性』になると特徴として、暑さに敏感になり、汗かきになったり、暑がりになったりします
これは、内臓の冷えによって、身体の血行を調整している自律神経の働きが乱れてくると、内臓の血液やリンパ液の流れが停滞し、体内に、余分な水分が溜まってくるので、チョットでも暑さを感じると、これがキッカケとして“余分な水分”を、排出しようとする為です。
この為、いつもと違ってチョット動いたり、暖かい食べ物を食べたり飲んだりして、少しでも体温が上がると、内臓を冷やしている余分な水分や老廃物などを排出させようとして、大汗をかくようになります。

 

しかし、本人は、暑がり、汗かき、のぼせ、などを強く感じているので、内臓が冷えている事に気付いていません。
このように、一見、汗かきや暑がりのようであっても、お腹が冷えているので、しばらく涼しい所にいると、寒さを強く感じたり、お腹が痛くなったりします。
また、「下腹部を触ってみると、ヒンヤリする」とか、「起床時に、脇よりもお腹の温度が低い」、などの『内臓型冷え性』の特徴が現れます。

 

特に体型的に、太ってメタボ気味になっていると、外見上は“冷えと無縁”のように見えますが、かえって『内臓型冷え性』になり易くなります。
脂肪は一度冷えると温まりにくい性質がある上に、筋肉が少ないと体熱を作る力が弱くなるので、太ってメタボ気味になって、多くの脂肪が内臓にへばり付いていると、内臓が冷えてしまうからです。
しかも、体温調節や身体の水分排出がうまくいかなくなるので、「頭や顔は暑くて汗をかいても、お腹は冷えている」という状態になります。

【 内臓型冷え性の、チェック法 】(図)お腹の冷えのチェック法

『内臓型冷え性』を、自分で、簡単にチェックする方法があります。
お腹を触ってみて、通常ならば温かいはずのお腹が、「ヒンヤリ」と冷たく感じた場合には、内臓の温度が低くなっている可能性があります
生命維持に大切な内臓を守ろうとする人間の防御システムがあるので、薄着でも肌寒い環境でもないのに、お腹が温かくなく冷えているのは、内臓に冷えが起きているからです。

 

また、『内臓型冷え性』になっていると、人と握手したる時に、「手が冷たい!」と言われる事があります。
内臓が冷えていると、身体の表面の体温も低くなって、一般的な平熱とされている36.5度に満たなくなっている事があるからです。
この為、このような人を触れると、「冷たい…?」と感じますが、本人は、自分の体温が低い事に気付いていません。

 

病院で、『内臓型冷え性』を診てもらっても、病気とみなされないので、「冷えに敏感」と判断されるのが一般的です。
また、冷えによる身体の不調についても、原因が見当たらないので、『自律神経失調症』の一種と診断される事が多くなっています。
この結果、冷えに直接効く薬が無い事と、自律神経失調症と診断した事から安定剤を処方し、そして、お腹が冷えて下痢をしている場合には整腸剤、身体に痛みを感じていれば鎮痛薬を処方、となります。

【 当院の、冷え治療 】

『内臓型冷え性』の改善法として、よく紹介されているのが、お腹を温める為に、「お腹を温める」、「身体を温める食べ物をとる」、「軽い運動やストレッチ」、などの方法です。
しかし、『内臓型冷え性』は、運動不足や加齢などで筋肉の働きが低下している事や、ストレスや疲れが溜まった事などが影響しているので、疲労や緊張などの慢性化を改善し、負荷が大きくなっている自律神経をリラックスさせる事が大切です
この為、当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療にツボ治療を加えて、体調を整え、冷えの改善と身体の不調解消を行っています。

 

これは、マッサージ治療が、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制する、などの作用から、内臓の血流も回復する効果があるからです。
特に、中高年以降になると、運動不足や、ストレス、長期の姿勢の悪さなどで、血行が悪くなって冷えの症状が起き易くなっているので、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、身体のコワバリや痛みを改善させると、血行改善に効果があります。
例えば、内臓の血流を回復する為に、腰や脚の柔軟性を回復させて、下半身に集まっている血液の流れを高めると、『内臓型冷え性』に多い「脚や腰のダルサ」、「重い」、「疲れ」、などが解消され、お尻や腰の血流が改善されてきます。

 

また、当院は、身体のコワバリや凝りの解消の為に、ツボ治療を行っています。
ツボ治療を利用すると、冷えの為に、敏感になっている神経を回復させ易くなって、身体の疲労や緊張が緩み易くなり、内臓の血行が改善されるからです。
これによって、中高年以降の骨盤や身体の歪(ゆが)みや、動きにくくなっている関節なども回復してくるので、身体の不調や不快感の解消にも効果的です。

 

中高年以降になると、運動不足やストレスなどで、『内臓型冷え性』による不調が多くなっているので、身体の外側から温めるだけでなく、体調のチェックと改善によって、身体の血行を改善する事が大切です。
当院は、身体の回復力が追いつかずに、疲れやすさや痛みとなって現れた箇所を、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で解消し、身体の血行改善や体調の回復を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や、不快感などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

お腹の冷えによる、下痢や便秘

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)お腹の冷えによる、下痢や便秘

導入文

“お腹の冷え”が起きると、下痢や便秘に苦しめられるだけでなく、内臓の働きを乱してしまうので、体調が悪化し、倦怠感、イライラ、頭痛、風邪、などにも悩まされます。

お腹が冷える感覚があれば、冷えないようにしたり温めたりしますが、ストレスや疲労の蓄積、血液の循環調整機能の低下、運動不足などで、内臓の血流が低下して、お腹に冷えが起きた場合は、“お腹の冷え”の自覚がほとんどないので、“原因不明”の体調悪化のように感じられます。

この為、「お風呂に入っても身体が温まらない」、「布団に入っても身体が温まりにくい」などがあり、更に、「お腹あたりが冷えている気がする」とか、お尻を触ってみると「お尻が冷たい!」と感じる場合は、内臓の血流低下による“お腹の冷え”を疑って、身体の血行や体調の回復の治療を受ける事が大切です。

【 内臓型冷え性(隠れ冷え性)】(図)お腹の冷え

冷え性と言うと、手足や身体の表面が「寒さや冷たさを感じる」とか、「冷えたままで、温まらない」などを思い浮かべますが、内臓の血流低下によって、内臓が冷える冷え性があります。
これを『内臓型冷え性』と言い、「身体に何となく寒気を感じる」といった事もありますが、本人の自覚の無いまま、お腹が冷えてしまう事があるので『隠れ冷え性』とも呼ばれます。
これは、疲労やストレスを知らず知らずのうちに溜め込んだり、身体を動かす機会が少なくなって運動量が減ったり、冷たい飲食が多かったり、エアコンが効き過ぎたりしていると、気付かないうちに運動量や血流が低下し、この結果、内臓の温度が保たれなくなってしまう為です

『内臓型冷え性』になると、下痢や便秘だけでなく、我慢できないような腹痛が繰り返すようになります。
お腹が冷えた状態になっているので、身体が、熱を産み出そうとして、“腸の急性の強い収縮(=痙攣(けいれん))”を起こしてしまう為と、考えられています。
“お腹の冷え”による反射作用なので、この痙攣を鎮めるには、余計に腸の筋肉や神経を刺激しないように、膝と腰を曲げた前かがみ姿勢になって、お腹に余計な力が入らないようにする事と、内臓への負担が少なくなるように、右側を下にして寝るのが良いとされています。

また『内臓型冷え性』は、身体全体の血行が悪化したり、それによって内臓が冷えたりするので、体調を低下させて、身体のダルサ、寝つきが悪い、朝起きるのがつらい、頭痛や肩こり、腰痛などにも、悩まされます。
しかも、身体内部の体温低下の為に、有害物質を身体から排除する防衛反応(免疫力)が弱まるので、風邪を引き易くなって、病気も起き易くなります。
そして、見た目も、血行や体調の悪化から、顔色が悪い、手足がむくみ易い、肌トラブルが多い(肌荒れ・シミ・そばかす・くすみ等)、などが起きてきます。

【 ストレス解消と共に、体調の回復も 】(図)ストレスから

『内臓型冷え性』が起きるのは、毎日のストレスや疲労、そして、エアコンによる長時間の冷房、などが大きく影響しているので、最近では、若い男性も『内臓型冷え性』に悩まされています。
冷房の効いている室内で、仕事や人間関係などで悩まされていると、身体に血を行き渡らせる自律神経の乱れから、体温調節の働きがうまくいかなくなってしまうからです。
この結果、若い男性でも、トイレに駆け込んだり、仕事中に何度も、トイレに行きたくなったり、する事が多くなっています。

 

特に、デスクワークのように、座ってジッとしている事が多いと、肩や腰、膝、足首などの血行悪化の原因になります。
更に、仕事や人間関係などでストレスを受け続けていると、身体の中心部分の筋肉の収縮が強まるので、身体の血行が悪くなるだけでなく、それによって血流の悪化で血管内部が詰まったり、毛細血管がいびつに歪んで、毛細血管が蛇行したりして、余計に身体の中心部分血行が悪化するようになります。
この為、『内臓型冷え性』を改善させるには、暖かい食べ物や飲み物をとって内臓を温めるだけでなく、普段の生活習慣が大きく関係しているので、崩れている体調を回復させ、自律神経の働きを元の健康状態に戻す事が必要です。

このような対策として、ストレスの解消や、リラックスできる時間をつくって、血行を回復させる事が必要ですが、それ以上に、体調の回復の為に、身体の筋肉の緊張を解消させる事で柔軟性を取り戻し、身体の血行が悪化している状態を解消させる事が重要です
身体の柔軟性を回復させる事によって、血行やリンパの流れを良くして、原因となっている『ストレス → 緊張 → 血行不良』という流れを変え、『内臓型冷え性』の原因解消につながるからです。
しかも、これによって、身体のコンディションの改善になるので、身体のダルサ、寝つきが悪い、朝起きるのがつらい、頭痛や肩こり、腰痛、などの解消効果にもなります。

【 冷えは、漢方医学の概念 】(図)漢方の冷え

『内臓型冷え性』は、主に体幹(身体の中心部)の血流が悪くなって、冷えが生じているので、「お腹あたりが、何となく冷えている気がする」とか、お尻を触ってみると「お尻が冷たい!」と感じます。
この為、ストレスや疲労などが増すと、それがキッカケとなって、余計に血行の悪化が強まり、お腹やお尻の冷えが強まって、下痢や便秘、そして腹痛に悩まされます。
これは、腰やお尻が、身体を支える重要な部分になっている事や、お腹には、いろいろな臓器が寄り集まっている為に、多くの毛細血管が集まっているので、ストレスや疲労が増すと、多くの毛細血管の血流量が減少してしまい、お尻・腰・お腹などを冷やしてしまうからです。

しかし、病院に行って、「お腹やお尻が冷たくなって、下痢や便秘に悩まされている」と言っても、期待するような治療が受けられません
『冷え性』と言う概念は、もともと漢方医学の概念で、いろいろな個人の体質(タイプ)がいる中で、漢方医学の物差しから判断して『身体が冷えやすい体質(タイプ)』の事を言っているからです。
病院でも、体温を測って36℃未満の状態を『低体温』と言いますが、この『低体温』の意味は、体内で生み出される熱量が少ない事を言っているので、一般に言っている『冷え性』とは、全く意味や内容が全く違います。

この為、病院では『冷え性』を、自律神経失調症によって、身体の体温調節機能が乱れた状態と診断します。
自律神経失調症なので、治療法は、精神的なストレスや緊張を減らすように生活指導をする事と、お腹を冷やさないように保温を勧める事、そして、血流効果のあるビタミン剤の処方が、一般的な処方になります。
これらの治療で効果がある事もありますが、お腹の冷えによる体調の悪化に悩んでいる人にとって、「思っていた事とは、今ひとつ・・・?」、という結果になります。

【 ツボ反応を利用した、当院の冷え治療 】(写真)ツボを利用した当院の冷え治療

『内臓型冷え性』は、ストレスや疲労が主な原因になっているので、「身体が、何となく調子が悪い」と分かっていても、“お腹の冷え”に気付きにくく、効果的な回復方法が見つかりづらくなっています。
この為、当院では『内臓型冷え性』の改善に、身体の不調時に現れるツボ反応を利用して“治療点”を探し、血行やリンパの流れを回復させて、筋肉の弾力性や柔軟性を高めるマッサージ治療を行っています。
ツボは、神経や血管が集まっている箇所なので、体調に変化が起きると“反応点”として身体の異常を知らせる性質や、“治療点”として症状を改善する効果があるので、本人の自覚の無いまま、お腹が冷えてしまう『隠れ冷え性』に、極めて有効な治療法になるからです

例えば、お腹に続くお尻や太ももは、血行を促進させる“筋肉ポンプ”の働きをしているので、ツボ反応を確認して刺激すると、停滞していた血流が回復し、内臓への血行が活発化するので、“お腹の冷え”の解消に効果的です。
また、背面の背中から腰にかけて、体調を保っている自律神経が通っているので、神経や血管の通り道になっているツボを刺激して、腰の筋肉の柔軟性と血行が回復していき、腰付近にジンワリと温かさが戻ってくるのを感じられます。
そして更に、マッサージ治療で、お尻や太もも、そして腰周辺の筋肉の弾力性や柔軟性を高め、膝関節や股関節の可動域を広めると、血流が活発化し、内臓への血流も回復してきます。

また、これらのツボ刺激を利用したマッサージ治療によって、『内臓型冷え性』に多い腰の痛み(鈍痛)の、対策にもなります。
筋肉の働きの回復と共に血行が良くなってくるので、老廃物の排出が進み、それと共に、身体の中心である骨盤や背骨を支える筋力も回復してくるので、腰の不調や痛みが解消してくるからです。
特に、「ストレスを抱えている」、「運動不足」、「姿勢が悪い」などの人は、筋肉のコワバリ箇所やシコリのある箇所が多くあるので、疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来の痛み解消に、ツボ刺激とマッサージ治療が適しています。

本人が自覚しづらい“お腹の冷え”には、身体の不調時に現れるツボを利用して血流を活発化させ、更に、体調改善にマッサージ治療を行うと、症状が和らぎ、身体のコンディション回復に効果的です。
当院は、マッサージ治療にツボ刺激を加えて、冷えの治療だけでなく、冷えの原因になっている身体の疲労や緊張を回復させ、心身のリラックス化を図っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や不快感などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

男の 冷え(ストレス性の冷え)

【(症例)身体の不調や、不快感 】(写真)ストレスによる男の冷え

導入文

冷えは女性特有のものと思われがちですが、男性も、冷房の効き過ぎた室内で長時間の仕事をしたり、仕事のストレスが重荷になったり、運動不足が続いたりすると、身体の冷えに悩まされるようになります。

肩こりや腰痛、身体のダルサ、下痢、頻尿、などが繰り返され、それと共に、以前には無かった、「身体の寒気」や、「お腹の冷え」、「下腹部の痛み」、などを感じてくるからです。

男性の場合、手足に冷たさを感じていなくても、身体の中心部分(内臓)が冷えている事が多くなっているので、体調の回復には、身体のコワバリを解消させて柔軟性を取り戻し、身体の血行を改善させる事が重要です。

【 ストレスによる冷え 】

《 男性の冷え症状 》(図)冷えによる下痢や頻尿

男性は冷えに対して意識が低かったり、自覚が無かったりしますが、中高年になると、お腹の冷えから、下痢、便秘、頻尿だけでなく、身体のダルサ、腰痛、肩こりなども起き、悩まされている人が多くなっています。
これは、オフィスのクーラーで冷やされ続けたり、仕事や家庭でストレスを抱えたり、運動をする機会が無くなったりすると、体温を調節している自律神経の働きが低下して、身体の中心部分の内臓が冷えるからです
この為、「胃が重苦しい」、「腹痛」、「みぞおちが痛い」、「お腹が張って苦しい」、「お腹がゴロゴロする」などが起き、何度も通勤途中に、下痢気味や頻尿気味になってトイレに駆け込む事が起きる事もあります。

 

また、身体の中心部分の内臓が冷えた状態になると、毛細血管が収縮した状態になって血行が悪化するので、健康をたもてなくなり、「何となく身体の調子が悪い」とか、風邪気味になり易くなります。
更に、血行の悪化によって、酸素の供給が低下するので、以前と同じように仕事をしていても、根気が続かなくなったり、ダルサや疲労が起き易くなったりして、仕事や人間関係に影響するようになります。
この為、中高年になると、お腹の冷えの対策として、保温性が高いシャツやズボン下、そして靴下を身に付けたり、更には、身体に貼るカイロを腰やお腹に付けて温めている人もいます。

 

男性は、このような冷え症状に悩まされるのが、年齢を重ねるごとに多くなります。
中高年になると、老化現象や男性ホルモンの分泌減少などで筋肉量が減ってくるので、筋肉から体熱が作られにくくなる事と、これに加えて、筋肉の血液を全身に送るポンプ作用が低下してくるので、血行が悪くなるからです。
更に、中高年になると仕事や家庭の責任が重くなって、ストレスが大きくなる事や、運動や体操などを習慣的にする事が少なくなってくるので、血流やリンパ液を流す力が弱まってくるからです。

《 若い男性も 》(図)若い男性の冷え

ところが、中高年以降の男性だけでなく、デスクワークをしている若い男性も、冷えを感じている人が増えているので、20代の男性の4人に1人は冷えに悩まされていると言われています。
これは、最近、若手のうちから即戦力として期待されるようになってきているので、上司や先輩達をプレッシャーのように感じて、精神的な疲労が大きくなり、ストレスを感じる事が多くなっているからです
しかも、仕事のほとんどがパソコン操作なので、身体を動かさずにジッとした姿勢のまま、インターネットにのめり込む作業になるので、心身の緊張がずっと続く事も、精神的な疲労を大きくさせます。

 

ところが、仕事の内容や、上司との関係、仕事の量、将来への不安などがあっても、人と人とのつながりが、インターネットを介したり、会社から離れてリモートワークになったりするので、直接的なコミュニケーションが薄くなり、ストレスや寂しさを紛らわす事が難しくなります。
この結果、体調を保つ自律神経の働きが乱れると、若い男性も、身体の中心部分の内臓に冷えが起き、それによって、肩こりや腰痛、身体のダルサ、下痢、頻尿、などの身体の不調が起きてきます。
しかも、『緊張で交感神経が高ぶる→血管が収縮する→必要な血液が適正に行き届かなくなる…』という悪循環となって、身体の冷えが解消しづらくなります。

 

この影響で、夏でも、冷えやすい腰やお腹を、保温効果でカバーしてくれる若い男性用下着が、売れています。
しかし、それでも、身体の芯の冷えの改善にはならないので、「疲れ易い」、「体力が落ちた」、「肩こり」、「腰痛」、「イライラ感」といった、冷えの症状改善にはなりません。
この結果、若い男性も含めて、男性全体の約3人に1人が、冷えに悩まされていると言われています。

【 隠れ冷え性 】(図)隠れ冷え性=内臓型冷え性

ところが、身体の中心部分の内臓が冷える『内臓型冷え性』になっていても、冷え性になっている事に気付かない男性が、かなりいます。
「身体の寒気」や「お腹の冷え」を感じていても、「手足は温かい」と感じているからです。
このように『内臓型冷え性』の場合、本人が内臓の冷えに気付かない事が多いので、“隠れ冷え性”とも呼ばれています

 

この為、“隠れ冷え性”は、身体の体幹(内臓)が冷えた状態が続いてしまうので、次第に内臓の調子が悪くなっていきます。
例えば、一時的なお腹の悪化ではなく、お腹の不快さが続いたり増したりして、「腹痛になり易い」、「いつまでも胃腸が悪い」、「便秘や下痢が続く」、「引いた風邪が長引く」、などが起きます。
また、これによって、内臓をコントロールしている自律神経が安定しなくなるので、「疲労し易くなる」、「だるい」、「慢性的な肩こりや頭痛がする」、「腰やお腹周りに脂肪が付く」、「下半身太りになる」、「脚がむくむ」、などが起きます。

 

また、見た目も、「顔色が良くない」、「肌がくすむ」、などの症状も現れます。
肌の状態を保つには、血液の流れによって栄養や水分が行き渡って、老廃物の回収が保たれている事が必要ですが、肌の毛細血管の血行が悪くなると、これらが保てなくなるからです。
更に、血行やリンパの流れが悪くなるので、顔にむくみや、疲れた表情も現れてきます。

【 汗っかき、暑がり、高血圧、メタボ 】(図)暑がり

この“隠れ冷え性”は、冷え性とは全く無縁と思われる、「汗っかき」や、「暑がり」、そして、「高血圧」や、「メタボ」になりがちです
“隠れ冷え性”でありながら、「汗っかき」なのは、身体の中が冷えているので、身体を冷やす体内の余分な水分を捨てようとして、チョッと動いただけでも汗をかいたり、食事して熱さを感じると汗が出たり、するからです。
また、「暑がり」なのも、暑さ寒さを感じる神経が、ほとんど身体の表面にあるので、外気や活動によって、体表が暑く感じると、冷えている身体に比べて、ひどく暑さを感じてしまう為です。

 

そして、「高血圧」や「メタボ」にも、なりがちです。
「高血圧」になるのは、内臓の冷えがつづくと、体調の良くない状態が続いたり、不快感から神経が敏感になったりするので、血管が収縮して、血圧を高めるからです。
また、「メタボ」になるは、筋肉の働きが低下した状態になるので、食事をして摂取した栄養が、効率よくエネルギーに変わらずに、蓄積されて脂肪になってしまうからです。

 

この為、“隠れ冷え性”を、自分で確認する方法があります。
体幹(内臓)の血流が悪くなっていると、体温が低くなっているので、朝、布団の中で、脇の下、お腹、腰などを、触ってみて「冷たい!」と感じたら、“隠れ冷え性”の可能性があります。
また、身体の芯が冷えていると、汗をかき易くなるので、食事をしたり、階段の上り下りをしたり、軽く走ったりすると、ドッと汗をかいたりする場合は、これも“隠れ冷え性”の可能性があります。

【 当院の、冷えの解消治療 】(写真)当院の冷え治療

当院は、男性の冷えのチェックと、それによる身体の不調のチェックを、問診とツボ反応によって確かめ、冷えの解消治療を行っています。
男性の場合、「冷えとは無縁!」と思っている事が多いので、自分の身体の血行不良を、ハッキリ自覚していないケースが多いからです。
このような場合に、ツボ反応を利用すると、ツボが神経や血管が集まっている箇所なので、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れ、身体に異常が起きている箇所を知らせてくれます

 

そして、反応が現れたツボを中心に、筋肉のコワバリ解消と血行の改善を行っています。
例えば、確認した反応点を適切な刺激を与えると、その刺激に順応してコワバッタ筋肉が緩んでくるので、そこからジワーと、暖かい血液が流れ出す感じがします。
更にマッサージ治療で、筋肉の柔軟性を回復させていくと、筋肉が身体の隅々に届いた血液を心臓に押し戻すポンプの働きをしているので、血流が回復していくだけでなく、これによって神経の興奮を鎮めて、冷えで生じていた不快感や痛みを抑える効果もあります。

 

また、身体の冷えの解消には、後頭部や首、そして下半身の筋肉もチェックしています。
首には、自律神経が通っているので、首周囲の筋肉の緊張が緩むようにすると、呼吸が楽に感じられるようになるだけでなく、体調の回復効果から、精神的に落ち着きを取り戻させる作用につながるからです。
また、下半身には、全身の血液量の70%が集まるので、下半身のコワバッタ筋肉をチェックし、柔軟性を回復させると、全身の血行を改善させる効果があるので、体調の回復になります。

 

男性の冷えは、身体の中心部分(内臓)が冷えた状態になる事が多いので、下痢、便秘、頻尿だけでなく、体調の悪化や精神的な不調も起き易くなります。
当院は、マッサージ治療にツボ治療を加えて、筋肉の柔軟性を回復させて血行を促し、冷えの改善治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する不調や不快感などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

気候の寒さや冷房による、関節の痛みと、動きの低下

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)関節の痛みや、動きの悪化

導入文

日本の気候は、季節によって気候が大きく変化するので、寒くなってくる季節や、天気が悪化して冷えてくると、「寒い」とか「冷たい」という感覚が強く刺激されて、身体に「痛み」を感じる事があります。

よく言われるのが、「寒かったり、冷えたりすると、膝や腰の関節が痛んで、動かすのが辛い」、「梅雨時になると、古傷がシクシク痛む」、「天気が悪くなって、雨や曇りになると、身体の節々(ふしぶし)が痛む」、などです。

特に、身体に不調があると、筋肉の働きが低下して血液の循環が悪くなってくるので、神経が敏感に反応して、このような「痛み」を感じ易くなるので、対策には、筋肉の柔軟性や血行を改善させて、身体の調子を保つ自律神経の働きを維持する事が大切です。

【 寒冷痛(かんれいつう) 】(図)寒冷による痛み

気候が寒くなってきたり、部屋の冷房が強かったりすると、「膝や腰の関節が痛んで、動かすのが辛くなる」という人が、かなりいます。
寒さを感じてくると、血行が悪くなって、関節や筋肉がコワバッテくるので、膝や腰のダルサや鈍痛に悩まされたり、動作時に関節部分に痛みが起きたり、関節がギクシャクした感じになり動きにくくなったり、してくるからです。
このように、寒さで身体が冷えると、身体の節々(ふしぶし)に違和感や痛みが起きたり、関節の動きづらさを感じたりする症状を、『寒冷痛』と言います

 

この症状は、とても冷たい風を顔に受けていると、頬や耳が“痛く”感じたり、氷水に手を入れ続けると、手にシビレを伴った“痛み”を感じたりするのと、同じ現象と言われています。
いつもと違って、「冷たい」という刺激を強く受けると、身体への危険性を知らせる為に、感覚神経が、アラームサインとして「痛い」と言う信号を発する為とされています。
日本は季節によって気候が大きく変化するので、このような“痛み”が、寒さの感受性が強まる秋から冬への季節の変わり目や、急に冷房の風に直接さらされた時などに、多く起きます。

 

また、寒さからの刺激ではなく、気圧が低下して空気が湿ってくると、“痛み”を感じる人もいます。
代表例が“片頭痛持ちの人”で、台風や低気圧が近づくと頭がズキズキと痛むようになりますが、“片頭痛”以外にも、 天候が悪くなってくると、肩こり、膝の痛み、めまい、などが起きたり、あるいは、以前にケガをしたり手術を受けたりしていると、その傷跡(瘢痕)が「ジクジクと痛み出す」という人もいます。
これは、体調を保っている自律神経が、敏感で緊張し易い人の場合には、気圧や湿度が増して体調の維持がうまくいかなくなると、身体の緊張の高まりから血管収縮が起き、それによって痛覚の神経が高ぶって、痛みが生じると言われています。

【 心身の不調から 】(図)不調による痛み

この「寒い」とか「冷たい」という刺激で“痛み”を感じる場合、特に、「ストレスや不安で緊張が増していたり」、「血行が低下していたり」、「関節部分に負荷が大きくなっていたり」していると、“痛み”の感覚が増すようになります。
心身に不調があると、神経が不安定になっているので、少しの刺激でも神経が敏感に反応するようになり、この結果、「痛い」と言うアラームサインを強く発してしまうからです
更に、神経特有の感覚も強まって、「ジンジンする感じ」、「シビレ感がする」、「感覚が無くなった感じ」、「力が入らない」、「動かしづらくなる」、なども現れます。

 

また、心身の不調によって、身体の血液の流れが悪くなっていると、これも、痛みを増すようになります。
血液の流れが悪くなっていると、血液から取り込む酸素が不足して、筋肉がコワバッタ状態になるので、身体を動かそうとした時に、筋肉の瞬発力や持久力の機能がうまく働かなくなって、痛みが起き易くなって、痛みの感覚を大きくさせるからです。
更に、「寒さ」や「冷たさ」を感じていると、自律神経が身体の内部の温度を守る為に、身体の外側の血管を縮めて、血流量の少ない状態になるので、このような時に身体を動かすと、筋肉の負荷が一挙に高まって、痛みが起きるようになります。

 

特に、膝や腰などは、絶えず身体を支えながら、身体を曲げたり伸ばしたりするので、ストレスや心身の不調で血行が悪くなると、身体を支える負担が増して、痛みが起き易くなります。
しかも、「寒さ」や「冷たさ」から、筋肉の血行が悪くなると、筋肉が硬くなって、神経を圧迫して刺激するので、余計に痛みが増すようになります。
この結果、ちょっとした動作でも、痛みが起き易くなるだけでなく、ジッとしていても、膝や腰にコワバリを感じたり、ダルサやウズウズした感じに悩まされたりします。

【 身体を動かす事が少なくなると 】

ストレスや心身の不調だけでなく、加齢や運動不足などで、身体を動かす事が少なくなって、筋肉の働きが低下していると、やはり『寒冷痛』が起き易くなります。
筋肉の働きが低下していると、動作時に痛みが起き易くなるだけでなく、筋肉の血流を促す筋肉ポンプが低下して、血行が悪くなるので、その部分の体温が低下し、痛みの感覚が強く刺激されるからです
この為、椅子から立ち上がったり、急に身体を動かしたりすると、筋肉の働きの低下による痛みに加えて、「寒さ」や「冷たさ」で神経を強く刺激するので、思わず「アイタタッ!」という状態になります。

 

また、運動不足や加齢などで血行が低下してくると、身体の老廃物が排出されづらくなるので、これによっても、神経が刺激されて、ジッとしていても、疼くような痛みを感じるようになります。
例えば、デスクワークを続けている人や、お年寄りなどは、身体を動かす事が少ないので、冬近くになって寒さを感じ始めると、「なんだか腰がジクジクと痛い…」と、悩まされます。
しかも、血行の低下から、老廃物が溜まった状態になるので、運動神経を刺激して、「しびれる」、「つっぱる」、「だるくなる」、などが起きてきます。

 

この結果、加齢や運動不足などで、身体を動かす事が少なくなっていると、季節の温度や気圧の変化に順応しづらくなって、ますます『寒冷痛』が起き易くなります。
運動は筋肉を鍛えるだけでなく、自律神経も鍛えるので、身体を動かす事が少なくなって、運動機能が弱ると、体調を保つ自律神経の働きが低下するからです。
この為、普段から、「だるい」、「肩がこる」、「冷える」、「のぼせる」、「疲れやすい」、「食欲がない」、「眠れない」、「イライラする」、「元気が出ない」、などを感じていると、自律神経がオーバーワーク気味となるので、『寒冷痛』が起き易くなります。

【 当院の、寒冷痛の治療 】(写真)当院の関節治療

身体の不調による『寒冷痛』解消には、痛む所を温めて、血行を良くするだけでは、その時だけの痛みの解消に終わってしまうので、やはり、身体の不調を解消させて、自律神経の働きを回復させる事が重要です。
この為、当院では、マッサージ治療に加えて、ツボ治療を使って、気候の寒さや冷房による身体の痛み解消を行っています。
これは、東洋医療が、もともと、身体のバランスを整える事を得意としているので、気候の寒さや冷房による症状の改善に、ツボ治療を加えたマッサージ治療が、効果があるからです

 

特に、膝や腰は、体重の負荷が絶えずかかる場所なので、血行が悪くなったり、筋肉がコワバッタ状態になったりして、『寒冷痛』が起き易い箇所です。
この為、当院では、膝や腰に、身体の異常を知らせる『反応点』を探し、ツボ刺激を併用したマッサージ治療で、筋肉の疲労や緊張を回復させ、痛みを改善し、関節の可動域を広めるようにしています。
ツボが、神経や血管が集まっている箇所なので、身体の異常を知らせる『反応点』であり、病状を改善する『治療点』でもあるので、ツボ反応を利用すると、関節部分の痛みや不快感を改善させたり、動きの悪い関節の可動域を広めたりするのに、直接的な効果があるからです。

 

更に、東洋医療をベースにしたマッサージ治療によって、「血行やリンパの流れを良くする」、「筋肉の弾力性や柔軟性を高める」などと共に、「神経の興奮を抑制する」ことで、痛みを改善するようにしています。
これによって身体の不快感が解消されてくると、下半身全体の筋肉の瞬発力や持久力も改善されてくるので、膝や腰の関節の動きもスムーズになり、動作の不安も少なくなって、立ち上がりや座る時などが楽になる効果があります。
特に、関節の痛みや動きの低下だけでなく、体調の不調がある場合は、身体の柔軟性を回復させ、オーバーワーク状態となっていた自律神経の働きを回復させ、体調を整える必要があるので、当院のツボ治療とマッサージ治療を組み合わせた治療法が勧められます。

 

東洋医療をベースにしたマッサージ治療は、昔から、季節の変わり目などで、関節の痛みが起きたり、関節の動きの低下を感じたりした時に、体調の改善に利用されてきました。
当院は、これらの効果を基に、血流改善や神経の機能を回復させ、筋緊張やそれに伴う硬結、不快感、疲労感、及び疼痛を、緩和させる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や不快感の症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

脚のむくみ や 冷え と、ブーツ

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)脚がむくむ、冷える

導入文

「おしゃれとして、ブーツを履きたい!」というのは、多くの女性の気持ですが、ブーツで脚の筋肉の動きが制限されると、血液やリンパ液の流れが停滞して、思いもしなかった、脚の冷えや、むくみを、引き起こす事があります。

しかも、この状態が続いて、血液を心臓に戻している『筋ポンプ』の働きが低下した状態になると、脚を温めたり、さすったりしても、一時的な解消効果しか得られないので、再び脚のむくみや冷えに悩まされるようになります。

このような場合には、脚に、昔から利用されている、脚の疲れやむくみに効くツボがたくさんあるので、脚に現れたツボ(反応点)を上手に利用すると、脚の回復力を高めて、むくみや冷えの改善が期待できます。

【 ブーツで、脚に冷えが… 】(図)脚が冷える

ブーツは 1960年代に入って、ミニスカートの流行に合わせて脚光を浴び、その後、「アムラーファッション」の安室奈美恵さんが引き起こしたロングブーツのブームを経て、現在もファッション性と足元を温かく保つ最適なグッズとして、人気が続いています。
最近では、暑い夏でも、クーラーの効き過ぎで、足元が冷気を受けてしまうのを防ぐ為に、見た目の暑さを感じさせないサマーブーツが作られ、人気を呼んでいます。
ところが、「見た目が良く」、「暖かいはず!」と思ってブーツを履いているうちに、だんだん足が冷えて、ジーンと痺れるような冷たさを足先に感じ、思わず、「ブーツを脱ぎたい!」、となってしまう事があります。

 

この原因として、膝から下がスッポリと覆われるようなブーツを履いていると、足首をギュッと固定されてしまうので、足裏やふくらはぎの筋肉の働きが制限されてしまい、血液の流れを悪化させてしまう事が、指摘されています
足首をギュッと固定されて、脚の筋肉の自然な伸び縮みができなくなると、脚に届いた血液を心臓に戻す『筋ポンプ』の働きが低下して、血液の流れが悪くなるので、冷たい空気で冷やされた血液が、足に滞留するようになるからです。
しかも、血行が悪化する事で、暖かい血液が流入しなくなるので、ヒンヤリと足先が冷えるようになり、「ブーツを履いているのに、冷たい!」という、予想外な事が起きてしまいます。

 

更に、もう一つ原因として、足裏は大量に汗をかくので、これも足が冷える原因になります。
足裏は、「汗腺が、背中や胸の5~10倍もあり、1日にコップ約1杯分もの汗をかく」と言われる程なので、踵(かかと)から履き口まで長いブーツを履いていると、多量の汗が排出されづらくなって、汗で足がしっとりと濡れるようになり、これが靴に伝わった冷寒で冷えると、足を冷やしてしまうからです。
また、寒さで足が緊張すると、足裏から更に多くの汗が出るので、これが外気の冷たさで冷やされると、足の体熱が奪われて、ますます足を冷やしてしまいます。

【 脚の、むくみから 】(図)脚のむくみから

また、ブーツを履いていると、「脚がだるい」、「重い」といった、不快な違和感に悩まされる事があります。
これも、ブーツで足首が固定されて、脚の筋肉の動きが制限されると、血液やリンパ液を流す『筋ポンプ』の働きが弱まるので、これによって、脚の皮膚の下に、“余分な水分”や“老廃物”が溜まって、「だるさ」となって感じられるからです
特に、靴下を重ね履きして、膝上まであるロングブーツを履いていたり、固い素材で足首を締め付けるようなタイトなブーツを履いていたりすると、脚の『筋ポンプ』動作がかなり低下してしまうので、老廃物が排出されづらくなり、溜まった老廃物に含まれる毒素や疲労物質の影響を受けて、「脚が、何となく、だるい・重い」といった不快感が起き易くなります。

 

このように、脚のむくみも、足の冷えも、脚の『筋ポンプ』の低下から起きているので、「脚の冷え → 血の巡りが悪くなる → むくむ → むくみで余計に血の巡りが悪くなる → 脚の冷えが強まる→ 更に血の巡りが悪くなる」という、悪循環に陥ります。
この為、脚に余分な水分が溜まってむくんできたり、足が冷えたりすると、むくみと冷えの両方のスパイラルに陥り、むくみが解消しづらくなったり、冷えの症状が悪化したりします。
筋肉量の少ない女性は、脚の『筋ポンプ』の働きが弱くなりがちなので、女性の70%以上が、脚の冷えと共に、「脚がだるくてムズムズする」、「夕方になると、毎日、靴がきつくなる」、「すねを指で押すとへこむ」、などの脚のむくみに悩まされます。

 

そして、脚に冷えとむくみの両方が起きると、身体にさまざまな症状を引き起こします。
例えば、症状として、「少し歩くと、足に痛みがする」、「足の芯が痛む」、「脚の冷えやダルサで眠れない」、「足にしもやけができ易い」、などが起きるようになります。
更に、それらによって、「身体の節々(ふしぶし)の痛み」、「腰のダルサや痛み」、「疲れ易くなる」、そして「高血圧」にも、悩まされるようになります。

【 脚の柔軟性と血行の回復 】(図)血行と柔軟性

ブーツを履いているうちに、脚に、むくみや冷えなどの違和感が現れたら、まずは、脚の状態をチェックして、状態を確認する事が大切です。
例えば、『脚のむくみチェック』としては、①靴下の跡がいつまでも残る、②膝から下を指で10秒ほど押した後、指を離しても跡が残る、また『足の冷えチェック』としては、①手は温かいが足は冷たい、②寒くなるとふくらはぎや足先が冷える、③足先が冷えてなかなか寝つけない、などがあります。
更に『筋肉内部のコワバリやシコリのチェック』としては、ふくらはぎを押して、①硬い張りとか、②痛み、などの有無とともに、その程度を確認する事が必要です。

 

これらをチェックして、異常を感じる場合には、症状の原因となっている、足の『筋ポンプ』作用を回復させる為に、筋肉のコワバリやシコリを解消する事と、それと共に、足関節や膝関節の柔軟性を戻して、血行やリンパ液が流れ易くする事が必要です
更に、お尻の筋肉も、シッカリとほぐす事も必要です。
お尻の筋肉は、上半身の重さをジッと受け止め続けているので、疲労すると、分厚い筋肉が上半身と下半身の間の、血行の“関所”となって、血液の流れを悪化させるからです。

 

しかし、脚やお尻の筋肉が、広範囲にコワバッテいたり、コワバリが慢性化していたりすると、脚のむくみや冷えが、なかなか解消できなくなります。
脚の血行が悪くなっていても、自覚がほとんど無いので、「筋肉がコワバッテいる箇所が分からない」とか、気になる箇所があっても、その箇所が特定しづらかったり、「シッカリと力を入れて、ほぐす事が難しい」などがあったりするからです。
更に、脚の血液やリンパ液の流れを促進させて回復させるには、ふくらはぎの奥にある『ヒラメ筋』の柔軟性を回復させて『筋ポンプ』の作用を活発化させたり、筋肉や血管の走行沿いのコワバリやコリをチェックして解消したり、足首・膝・股関節などの血行改善、などが必要です。

【 当院の、脚のむくみや冷え治療 】(写真)当院の、むくみと冷えの治療

当院は、脚のむくみや冷えの解消に、マッサージ治療にツボ治療を加えて、回復治療を行っています。
脚や腰には、昔から利用されている、冷えやむくみなどを改善させるツボが、いくつもあるので、脚や腰に現れたツボを確認し、治療に利用すると、患部が「イタ気持ちイイ!」と感じると共に、回復力を高められるからです
これは、ツボが神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調があると、関係する特定のツボに反応点として痛みや硬さの反応となって現れ、更に、この顕在化したツボを治療点として刺激すると、筋肉のコワバリやコリが解消され易くなって、血行が回復し、脚のむくみや冷えが改善されてくるからです。

 

また、当院では、脚のむくみや冷えの回復効果を高める為に、筋肉の一部にストレッチを加えています。
これは、血液を心臓に戻すには、筋肉のポンプ活動が重要なので、筋肉の弾力性や柔軟性を高めるだけでなく、筋肉の伸び縮み運動を回復させ、活発化させる事が必要になる為です。
特に、座っている事が多かったり、歩く事や立っているのが長かったりすると、股関節やお尻の筋肉が硬くなって、血行が悪化するので、腰から股関節にかけてのコワバリやコリをチェックし、筋肉の一部にストレッチを加え、柔軟性を回復させています。

 

しかも、下半身の血行を、マッサージ治療にツボ治療を加えて改善すると、「病気ではないけれども、何となく身体の調子が悪い」といった、体調の改善にもなります。
下半身には、全身の70%もの血液が集まる部分なので、下半身の血行を改善させると、全身の循環も良くなって、「肩がこる」、「疲れやすい」、「だるい」、「食欲がない」、「眠れない」、「イライラする」、「元気がない」、などの症状改善にもなるからです。
脚のむくみや冷えで、身体のバランスが崩れかかって悩まされている時には、ツボ刺激を併用したマッサージ治療によって、体調を整える事をお勧めします。

 

脚のコーディネートに、ブーツが欠かせませんが、ブーツを履き続けたり、歩く習慣が少なくなったりして、脚にむくみや冷えが起きると、血液が身体の隅々まで十分に行き渡らなくなるので、不要な老廃物が身体に溜まり、体調不調も起きてきます。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、脚のむくみや冷えの改善と共に、身体の不調箇所をツボ反応を利用して、体調の改善を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や不快感などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】