猫背

猫背の改善には、猫背タイプと症状の確認を!

【(症例)身体の不調や、不快感 】

猫背は、「猫背にならないように…」と気を付けていても、いつのまにか背中を丸めている事が多く、猫背が続いてしまうと、姿勢を正そうとしても背中を伸ばせなくなったり、伸ばせても、すぐに戻ってしまったりします。

しかも、体型が崩れるので、見た目が悪くなるだけでなく、体型の悪化から、肩こり、頭痛、腰痛などに悩まされたり、身体が疲れ易くなったり、胸が圧迫されて呼吸が浅くなり、集中力や持久力が無くなってきたりします。

このような猫背姿勢と体調不調の改善には、始めは、専門家やトレーナーに自分の猫背タイプを確認してもらい、身体の症状に合わせて身体のコワバリ箇所を改善してもらったほうが、自分の猫背の特徴が理解でき、体調に合わせた改善法が見つかります。

【 治りづらくなる猫背 】

PCやスマホに向かって操作をしていると、画面を見ながら操作をする為に、自然と画面を覗き込む姿勢になるので、いつのまにか、猫背姿勢になりがちです。
これは、背中や肩の力を抜いて、背中を丸めている状態が楽に感じる事もありますが、もともと人の身体は、胎内にいた時に、背中を“C”字のように丸めていたので、生まれた後も、背骨が“C”字のように、緩やかに曲がっている事が影響しています。
この為、背中を丸めた姿勢でいると、楽な上に、自然に感じるので、猫背になっている事に意識が無いまま、猫背が固定化されてしまいます。

 

しかし、背中を丸めた姿勢が続くと、背中が伸ばしづらくなったり、何とか背中を伸ばせても、背中を曲げるリバウンドが起きて、再び元の猫背に戻ってしまったりします。
これは、背中を曲げる筋肉が強まってコワバッテくると、この状態に適応するように、背中を伸ばす筋肉が弱まって、背中が伸ばしづらくなるからです。
更に、毎日、背中を丸めた姿勢で、身体のバランスをとっているうちに、背中の姿勢を維持する筋肉や靭帯も、背中を丸めた状態で固定化されるので、背中を伸ばそうとしても、背中を丸めている背中の筋肉や靭帯の“防衛反応”が働いて、伸ばしづらくなったり、背中を丸めた状態に戻す力が働いたりするからです

 

この為、慢性化した猫背姿勢から、元の姿勢に回復させるには、無理して背中を伸ばそうとするより、まずは、自分の『猫背タイプ』を確認して、身体のコワバッテいる箇所を知る事と、猫背の為に『気になっている症状』を再確認する事が大切です。
これは、猫背には幾つかのタイプがあるので、「丸まっている部分が、主にどこか?」を理解しないで、背中を伸ばしても、ポイントになる筋肉のコワバリ箇所がハッキリ分かっていないので、一生懸命に背中を伸ばしても、効果が現れにくくなるからです。
また、自分の『猫背タイプ』から身体の症状の関連を理解しておくと、「何となく身体の調子が悪い」と思っていた症状の原因がハッキリするので、意識して猫背の改善に取り組めるようになります。

【 猫背の3つのタイプと症状 】

背中の力を抜いて猫背姿勢をしていると楽に感じられますが、実際は、この姿勢を支える為に、首、肩、背中、胸まわりの筋肉、腰などに余計な負担がかかるので、首や肩の凝りや腰痛などを引き起こす原因になります
この為、大まかでも、自分の猫背のタイプと関係する症状を知っていると、改善のモチベーションになります。
猫背タイプは、次のように大きく3つ分けられ、この猫背のタイプごとに、頭痛、肩こり、背中の痛み、腰痛など、気になる症状の現れ方や程度が違ってきます。

 

《“首”猫背タイプ》

特徴:横から見ると、あごが前に出て首が前方に垂れた状態になったり、あるいは、首と顔が極端に前方に出た状態(ストレートネック)になったりして、それに伴い、肩も前方に出て丸まった(巻き肩)姿勢になりがちです。
症状:顔を前に突き出す姿勢を支える為に、首や肩、肩甲骨周辺の筋肉がコワバッテくるので、首や肩の凝りや痛みと、肩甲骨周辺に痛みが起きます。
更に、首まわりには神経が張り巡らされているので、首猫背で神経が圧迫されると肩や腕にシビレが生じたり、顔のリンパ液の流れが悪くなり、“疲れ顔”や“老け顔”が目立つようになったりします。

《“背中”猫背タイプ》

特徴:背中の丸みが目立ち、背中の中央あたりが猫背の頂点になるので、誰が見ても、猫背だと分かるタイプです。
症状:肩甲骨周りの筋肉が凝り易くなるので、肩甲骨沿いの痛みに悩まされたり、体幹(胴体)の血行が悪くなって疲労感やダルサが増したり、胸が圧迫されて呼吸が浅くなり集中力や持続力が無くなったりします。
更に、前かがみ姿勢の為に、胃や腸を圧迫するので、胸焼けやむかつき、胃や腸のもたれが起き易くなります。

《“腰”猫背タイプ》

特徴:椅子に浅く腰掛ける人や、腰かけドライバーのように、長く座っている職業の人に多く、お尻を底辺にして、お尻から前かがみになるので、骨盤に上半身の重心がかかってきます。
症状:骨盤に上半身の重心がかかってくるので、腰痛が起き易く、運動不足や加齢で筋力が低下してくると、慢性腰痛になり易くなります。
更に、下半身の血行が悪化してくるので、冷え、胃腸の不活発による便秘、腰のダルサ、慢性腰痛、お尻や太もものシビレ感なども、起き易くなります。

【 最初はチェックしてもらって 】

猫背は、自分ではなかなか気づきにくく、仕事や家事に追われていると、チェックする事も無いので、ますます気付きにくくなります。
しかも、猫背が気になっても、自分の猫背姿勢を見る事はできませんし、背中の痛みや違和感に悩まされても、背中のコワバリ箇所を自分で触る事ができません。
この為、最初は専門家やトレーナーに、猫背のタイプと症状をチェックしてもらい、身体の問題箇所の改善を図ってもらったほうが、猫背による問題箇所が絞られ、改善方法がハッキリしてきます

 

例えば《“首”猫背タイプ》は、首の付け根の後ろや横、そして喉の横を横切る筋肉、それから肩から腕に続く部分までの筋肉、更に後頭部から肩甲骨あたりまでの筋肉をチェックして、コワバリを解消する事が必要です。
また《“背中”猫背タイプ》は、背中のコワバリ解消だけでなく、背中のコワバリで動きづらくなっている肩甲骨を動けるようにする事と、更に、血行悪化による背中のむくみを解消させる事も必要です。
そして《“腰”猫背タイプ》は、腰周囲だけでなく、腰を下から支えている、お尻や太ももの筋肉の緊張を解消させ、血行を改善する事が必要です。

 

猫背になると、丸まった上半身のバランスを、背中の土台の腰やお尻で取るようになるので、腰やお尻の筋肉に負荷が増し、コワバリが強まっている事がよくあります。
しかし、腰やお尻のコワバリの自覚が無かったり、あるいは、「腰やお尻あたりが、何となく重い」とか、「ダルイ」程度だったりします。
この為、このような自分で自覚しづらい腰やお尻の筋肉のコワバリ解消や、腰やお尻の関節の動きの改善を、専門家やトレーナーにチェックしてもらい、腰やお尻のコワバリをストレッチして伸ばしたり、動かしたりする事が必要です。

【 当院の、マッサージ治療+他動運動 】

当院では、猫背とそれに伴う症状に対し、猫背のタイプに合わせて、ツボ治療を用いたマッサージ治療と、動かしづらい部分を本人に代わって動かす『他動運動』を加え、改善を行っています
日常の習慣や癖によって、身体が丸まった状態で固まっているので、このような疲労や緊張などの慢性化には、疲労や緊張などの慢性化による、筋肉由来の症状の改善を行っている、東洋医療をベースにしたマッサージ治療が適しているからです。
また、『他動運動』を加える事で、普段使わない筋肉の柔軟性や血行を回復させて、自分でなかなか伸ばせない背中や腰のインナーマッスルを、シッカリと伸ばす事ができるようにしています。

 

例えば、ツボ治療を用いたマッサージ治療で、猫背による筋肉のコワバリを緩和させると、背中の痛みや不快感なども解消されてきます。
これは、ツボが神経や血管が集まっている箇所なので、身体に異常が起きた箇所を知らせたり、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるからです。
中でも、背中の凝りやコワバリで、張り付いた状態になっている肩甲骨を、ツボを利用すると、肩甲骨周りの筋肉の凝りやコワバリを解消させて、背中が伸ばし易くなるので、猫背の改善に効果がある上に、肩こりや背中の痛みの解消にも効果があります。

 

そして、ツボ治療を用いたマッサージ治療の後に、当院では『他動運動』を利用して、動きが悪くなっている背骨や肩・肩甲骨を動かし、動きを改善させています。
肩や肩甲骨、腰の骨などを、『他動運動』で動かして、筋肉の柔軟性や血行を回復していくと、血液やリンパの流れの滞りによる、背中の不快な“むくみ状態”が解消され、スッキリした感じになります。
これによって、なかなか解消できなかったコワバリ箇所が改善されるので、猫背の予防や回復をする為の運動やストレッチが行い易くなります。

 

猫背が慢性化してしまうと、身体にとって、その姿勢が一番フィットした姿勢になるので、自分で背スジを伸ばそうとしても、簡単に治らなくなります。
当院は、東洋医療をベースにした診断とマッサージ治療で、疲労や緊張などによる慢性化した肩凝りや疲労回復などを行い、それにより、猫背や身体の歪みなどの姿勢改善を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や不快感などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

 

背中の疲れによる、痛みと、むくみ

【(症例)疲労や だるさ 】

「首や肩の凝りがつらい…」と悩まされている時は、背中全体が疲労や緊張でコワバッテいる事が多いので、首や肩だけでなく、背中に疲れやダルサを強く感じたり、不快な痛みが起きていたりします。

これは、背中のコワバリで血行が停滞してくると、身体に必要な酸素や栄養が不足する上に、皮下に老廃物を含んだ余分な水分が溜まって“むくみ”が生じるので、腫れぼったさや、ジクジクとした不快感が起きてくるからです。

しかも、“むくみ”によって毛細血管やリンパ管が圧迫されると、更に血行が悪化し、ますます神経が刺激されるので、凝りの悪化や慢性化を防ぐには、首や肩の凝りの解消と共に、背中の“むくみ”を解消させる事が大切です。

【 肩甲骨と背骨の間から起きてくる痛み 】

肩こりと腰痛は、筋肉疲労の代表的な症状ですが、背中の筋肉疲労による凝りや痛みも、多くの人が、とても我慢しづらく、辛(つら)く感じる症状です。
よくあるのが、一日中デスクワークを続けていたり、ずうっと立ち仕事をしていたりすると、背中の筋肉のコワバリで血行が悪化し、重ダルイ感じが強まり、疼(うづ)くようなニブイ痛みや、ズキズキやチクチクとした不快な痛みが起きてくるケースです。
しかも、背中の筋肉がコワバッテくると、胸の筋肉も張り詰めてくるので、息苦しく感じたり、呼吸が浅くなる為に疲労感が強まったりして、頭が働かなくなり、仕事の集中力や持続力が無くなってきます。

 

この背中の痛みの中で、特に、痛みや不快さを感じるのが、肩甲骨と背骨の間から起きる痛みです。
これは、肩甲骨に、背中の多くの筋肉が付着しているので、肩甲骨が、背中のさまざまな筋肉どうしの緊張と緩和を調和するセンターとしての役割になる為に、特に意識した動作をしていなくても、肩甲骨周辺の筋肉に負荷がかかり続ける為です。
しかも、肩甲骨の横には、上半身の安定を保っている背骨があるので、肩甲骨が背中の筋肉によって引っ張られると、肩甲骨と背骨の間の筋肉に、どうしても不調和な働きが生じたり、それによって筋肉の緊張が強まったりするので、筋肉の負荷が更に大きくなります。

 

この為、パソコン操作や細かい手作業などをしていると、背骨が上半身の安定を保っているのに対して、肩甲骨が腕の動作を安定させたり、腕を前後左右に動かす補助役を行ったりするので、背骨と肩甲骨の間に負荷がかかり続けて、その負荷に耐えられなくなると、痛みが起きます。
しかも、姿勢が悪くなったり、作業をずっとしていたり、仕事や動作で不自然な動きが続いたりすると、背骨と肩甲骨の間の筋肉の負荷が増すので、肩甲骨の内側に疼くようなズキズキとした痛みも起きてきます。
また、背骨に沿って自律神経が通っているので、背中の筋肉のコワバリや姿勢の悪化で自律神経幹が圧迫されると、それによって自律神経が刺激されるので、筋肉の緊張が強まって、疼くような痛みが強まります。

【 背中のむくみによる、不快感 】

また、背中の筋肉のコワバリで、背中の血行やリンパ液の流れが停滞すると、背中の皮下に老廃物を含んだ余分な水分が溜まって“むくみ”が生じるので、これにより、背中に重ダルサなどの不快感を引き起こします
背中の“むくみ”によって、背中に腫れぼったさを感じる上に、水分の中に含まれている疲労物質や老廃物が神経を刺激したり、炎症を起こしたりするので、熱感や、疲労感、ダルサなどを感じるようになるからです。
そして、これらの不快感で、背中の筋肉が緊張して血管が収縮すると、血液の流れが悪くなってくるので、背中全体にダルサや凝り感が強まり、疲れた感じになります。

 

更に、背中に生じた“むくみ”によって、毛細血管やリンパ管が圧迫されると、血液やリンパ液の流れの滞りから“むくみ”が拡がるので、悪循環になっていきます。
この為、背中の疲労感やダルサを我慢して、デスクワークを続けていたり、ずっと立ち仕事をしていたりすると、背中の“むくみ”の厚みが増したり、拡がったりしてくるので、症状を悪化させたり、慢性化させたりします。
これにより、始めは、「背中の張りやダルサ」と思っていた程度だったのが、背中の血液やリンパ液の流れが滞って“むくみ”がハッキリしてくると、次第に腫れぼったさや、ジクジクとした不快感が増すようになります。

 

特に、肩甲骨の回りは、“むくみ”が起き易くなっているので、背中が疲れてくると、肩甲骨の上あたりが腫れぼったくなり、疲労感やダルサが強まります。
これは、肩甲骨の周囲に負荷がかかり易いので、血液やリンパ液の流れが悪くなると、肩甲骨の回りに“むくみ”が起き易くなる事と、脇の下には、背中のリンパ管が集まって合流しているので、肩甲骨回りの筋肉がコワバルと、脇の下に流れ込むリンパ液の流れが滞って、“むくみ”が起き易くなるからです。
この為、肩を大きく回すと、肩甲骨周辺から“ゴリゴリ”と音がする場合は、肩甲骨の周りの筋肉が強くコワバッタ状態になっているので、“むくみ”が生じて、絶えず不快感や痛みに悩まされるだけでなく、筋肉がほぐれにくくなります。

【 見た目の悪化 】

しかも背中は、身体の中で、一番人目に付く部位なので、背中の肩甲骨あたりに“むくみ”が生じると、見た目の悪化につながります
肩甲骨あたりの“むくみ”によって、猫背に見えたり、背中の上が太った感じになったりする上に、これによって、うつむいたように見えるので、疲れているようでシャキッとせず、ヤル気がない感じを与えたり、動作が緩慢な感じや、弱々しい感じになったりするからです。
しかし、自分で自分の姿を、背中側が見づらいので、疲れで背中がむくんだ状態になっていても、なかなかチェックができません。

 

しかも、背中のダルサ、疲労感、痛みなどに悩まされても、肩甲骨は背中側なので、手が届きません。
この為、「何とかしよう!」と思っても、自分で解消させる事が、困難です。
この結果、「気にはなるが、たいした事は無いだろう」と思ったり、背中の“むくみ”に気付かなかったりする事が多くなったりするので、ケアを怠りがちになります。

 

しかし、このような状態が続くと、背中は大きな筋肉で構成されているので、背中に“むくみ”が生じると、広範囲なむくみになったり、あるいは、それによって肩こり・腰痛・身体のダルサなどが、慢性化してきたりします。
この為、不快な重ダルサや疲労感が気になって、紹介されているストレッチ運動や、トレーニングなどを行う事がありますが、やはり、背中は腕や脚と違って動かしづらかったり、伸ばしづらかったりするので、なかなか思うように、背中のむくみ解消ができません。
何とか、背中の筋肉を動かす事ができても、血液やリンパ液の流れの改善が一時的な効果であったり、血行が悪化している箇所に負荷をかけた事から、後になって、血液やリンパ液の流れを更に悪くさせて、むくみが拡がったり、不快感が強まったりします。

【 当院の、むくみの解消治療 】

このような背中の不快感の解消には、筋肉や血行の治療を得意とする東洋医療をベースにしたマッサージ治療が効果的です。
東洋医療をベースにしたマッサージ治療が、昔から、「血行やリンパの流れを良くする」、「筋肉の弾力性や柔軟性を高める」、「神経の興奮を抑制する」、などの効果が認められているので、背中の疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来の症状にも、同じように効果があるからです
特に、肩甲骨まわりの筋肉がコワバッテくると、背中の循環を悪化させて、背中の“むくみ”の原因になるので、当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療によって、肩甲骨周辺を中心に、肩、背骨沿いなどの老廃物の排出と、必要な酸素が行き渡るようにしています。

 

また、当院では、マッサージ治療にツボ治療を加えて、体調の改善を行っています。
ツボが神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調があると、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れ、身体に異常が起きている事を知らせてくれるからです。
しかも、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、神経や血管が集まっている箇所なので、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があります。

 

例えば、ツボ反応を使って背中の疲労箇所や緊張箇所をチェックし、その後に、ツボ治療とマッサージ治療で回復させていくと、ジーンとした感覚と共に、背中の凝り固まった筋肉の血流が改善され、“むくみ”の解消に効果的です。
更に、ツボ治療によって身体のバランスを整えると、身体の回復力が働くようになり、体調不調の解消も期待できるので、「だるい」、「肩凝り」、「疲れ易い」、「イライラする」、「元気がない」、「眠れない」、などが解消されるようになります。
背中に“むくみ”が生じて、背中に痛みや不快感が続いている場合は、身体の自然回復が追いつかず、疲れやすさや痛みとなって現れているので、疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来の症状解消を行っている、東洋医療をベースにしたマッサージ治療が、安全で効果的です。

 

座り仕事や立ち仕事をしていると、血流が悪化して、気付かないうちに背中に“むくみ”が蓄積して、疲労やダルサの原因になったり、老けて見える原因になったりします。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、仕事や加齢などの影響によるコワバリや血行を回復させ、凝りや痛みを改善し、体調を整える治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やだるさなどの症状のご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

 

猫背の姿勢改善と、骨盤の傾きの関係

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)猫背の改善

導入文

毎日、PCやスマホの操作をしていると、背中を丸めた猫背姿勢が気になるので、「姿勢を正そう!」と思って、背中を伸ばしたり反らしたりしますが、そのまま姿勢を保つのが辛くなり、再び、元の猫背に戻ってしまいます。

これは、前方の画面を見たり、前方で操作をしたりする為に、無意識に、背骨の土台になっている骨盤を後ろに突き出し、背中を前方に傾けた姿勢になるので、この前かがみ姿勢が毎日続くと、上半身を支える骨盤周囲の筋肉が前方に曲がったまま固まってくるからです。

この為、猫背の改善には、背中を伸ばすよりも、前方に曲がって伸ばせなくなっている腰を回復させる事が必要なので、骨盤周囲や腰のコワバリ箇所をチェックして、柔軟性を取り戻し、曲がっている腰を無理なく伸ばせるようにする事が大切です。

【 猫背の原因となる、骨盤の後傾 】(図)仙骨座り

「猫背にしていると、とても楽!」と感じますが、反対に、「姿勢を真っすぐしていると、ものすごく疲れる」と感じます。
これは、正座のように良い姿勢を保つには、お尻から背中の、身体を伸ばす筋肉をシッカリと使う事が必要になりますが、猫背のように前かがみにしていると、それほど背中側の筋肉を使わなくても、楽に姿勢をキープできるからです。
しかも、デスクワークをしていると、PCやスマートフォンの画面を見ながら作業をする事が多いので、イスに少し浅く腰かけて、背中の力を抜いて、背中を丸め、首を少し前に出している方が、「自然な姿勢」に感じます。

 

この猫背の座り方を極端にしたのが、背中の丸くなった高齢者に多く見られる『仙骨座り(写真参照)』で、椅子に浅く座り、背中を丸めて骨盤を後ろに傾け、骨盤の後側の仙骨で上半身を支えるようにして、背もたれに身体をあずけた座り方です。
このような座り方ができるのは、姿勢に合わせて、上半身と下半身をつなぐ“骨盤の角度が変わる”からです。
例えば、直立している時には、骨盤が上体を骨盤で支えるように、“骨盤が立った状態”になりますが、疲れて猫背姿勢になると、楽にダラッと座れるように、腰を後ろに突き出せるように、骨盤が後ろ側に倒される(寝かされる)角度に変わります。

 

ところが、毎日のデスクワークなどで、猫背姿勢が続くと、骨盤を支えている筋肉や靭帯が、骨盤が後ろ側に倒された状態で固定化されるので、筋肉がコルセット状に固まってしまいます
この結果、その時々の姿勢に合わせて、スムーズに“骨盤の角度が変わる”事ができなくなると、立った時も、座っている時と同じように、腰が後ろに突き出て、背中が前に倒された姿勢が続いて、前かがみになり、猫背が目立つようになります。
このように、猫背と言うと、前かがみになった背中が気になりますが、猫背で問題になる部分は、前かがみをしているうちに、『骨盤が後ろ側に倒れた状態で、コルセット状に固まってしまった骨盤周りの筋肉や靭帯』です。

【 困難な、自力回復 】(図)困難な、猫背の回復

猫背になっていても、デスクワークをしていると、仕事に合わせて、無意識に前かがみになっているので、自分で気付きにくくなります。
しかも、もともと人の身体が、母親の胎内にいた時に、腰を曲げて丸まっていたので、成長した後になっても、身体を伸ばす筋力より、丸まろうとする筋力が強い為に、それに合わせて、背中や腰を丸めているほうが、自然で楽に感じます。
更に、中高年以降になって、日常動作で前かがみ姿勢が多くなったり、運動不足で筋肉の働きの低下が起きたりすると、姿勢を真っすぐに保つ筋力が弱まるので、ますます猫背姿勢が楽で自然に感じるようになります。

 

このような猫背姿勢がずうっと続いてしまうと、背スジを正そうとして、背中を伸ばしたり、反らしたりしても、その姿勢が続かなかったり、できなくなったりします。
これは、背骨の土台になっている骨盤が後ろに傾き、その周りの筋肉や靭帯がコルセット状に固まっているので、それを自力で元の状態に戻すには、姿勢を維持している筋肉なので、本人が思っている以上のエネルギー(体力)と、リハビリ期間が必要になるからです
この結果、柔軟性が残っている一部の筋肉は伸ばせても、猫背が続いて硬く固まってしまった筋肉は伸ばす事ができないので、一般的なストレッチや、型通りの運動では、猫背の解消ができなくなります。

 

この為、本人が気になって、お腹にグッと力を入れて、背スジを伸ばすようにしても、すぐに辛くなってしまい、いつの間にか、元の猫背に戻ってしまいます。
また、出来たとしても、無理やり背スジを真っすぐにしているので、次第に首、背中、腰などが、ひどく疲れたり、血行の悪化で筋肉痛を感じたりします。
しかも、猫背の原因は、座っている時の骨盤を倒す筋肉のコワバリが強くなって、背スジを伸ばしている時に働くお尻や腰の筋肉が弱まっている事なので、無理に、背中を伸ばしたり反らしたりすると、骨盤や腰の筋肉に大きな負荷をかけてしまい、痛みを起こしてしまいます。

【 姿勢の悪化や、身体の不調 】(図)姿勢の悪化や、身体の不調

また、前かがみ姿勢や猫背が続くと、うつむいた姿勢が目立つだけでなく、姿勢や体型の悪化が、だんだんと悪化するようになります。
一般的に多いのが、『前かがみ姿勢 → 猫背になる → 両肩が前方に突き出る → ゴリラのように腕が前に出る → 顎が前に突き出る』状態です。
その上、前かがみになっているので、お腹の筋肉に力を入れる事が無く、緩んでくるので、中に脂肪が蓄積されて“ポッコリお腹”タイプになり、体型的に太り易くなります。

 

そして、姿勢や体型の変化だけでなく、身体が疲れ易くなり、身体の不調も起きてきます
これは、骨盤を支えている筋肉や靭帯が、慢性的にコワバッテくると、腰の血行の悪化から、全身の血行も悪化してくるので、身体の老廃物が排出されづらくなるからです。
この結果、「腰がダルイ」、「腰が重たい…」、「腰に鈍痛がする」といった、腰の重ダルサや痛みに悩まされるようになり、それが続くと、背中やお尻にも、凝りや痛みが拡がるようになります。

 

しかも、猫背姿勢が続く事によって、胃腸付近が押しつぶされた状態になるので、食欲不振、便秘、下痢などの、内臓の不調も引き起こします。
そして、前かがみになっていると、姿勢を維持する為に、無意識に背中の筋肉に力が入って、筋肉がコワバッテくるので、背骨の横を通っている自律神経を圧迫して、内臓の不調が起きるだけでなく、精神的な疲労感が増して、「肩に重圧がのしかかった感じ」とか、「重荷を背負った感じ」、といった状態に悩まされます。
この結果、ストレスを感じ易くなったり、元気が無くなったりしてくるので、「身体がだるい」、「肩がこる」、「冷えを感じる」、「食欲がない」、「眠れない」、「イライラする」、なども起き易くなります。

【 当院の、猫背の姿勢改善治療 】(写真)当院の、猫背治療

猫背は、背骨の土台になっている骨盤を後ろに突き出し、背中が前に倒れて前かがみの状態になっているので、背中を伸ばすよりも、前方に曲がって伸ばせなくなっている腰を、回復させる事が必要です。
東洋医療をベースにしたマッサージ治療は、昔から、疲労や緊張などの慢性化による筋肉の症状改善を行っているので、このマッサージ治療を利用する事で、猫背の原因になっている骨盤周囲のコワバリの緩和も可能になり、そこを土台にしている背骨沿いの歪みが回復し、前方に曲がっていた腰が伸び易くなります
特に、本人の力だけでは、猫背がなかなか改善できないような場合でも、東洋医療をベースにしたマッサージ治療を利用する事で、コワバッタ筋緊張を解消して、骨盤や腰の骨の動きを改善するメリットがあります。

 

当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療を利用して、骨盤を囲むお尻と腰の筋肉のコワバリを解消して、柔軟性を回復させ、猫背の改善を行っています。
特に、ツボが神経や血管が集まっている箇所なので、反応が顕在化したツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるので、回復しにくい猫背を改善するのに、ツボ治療が効果的です。
これによって、コルセット状に固められたお尻と腰の筋肉のコワバリが無くなると、骨盤周囲のバランスが回復してくるので、それに伴って、後ろに傾いている骨盤が、自然と、本来の角度に戻るようになります。

 

また、お尻と腰の筋肉の柔軟性が回復してくると、いつも感じる腰の鈍痛やコワバリ感が改善されるだけでなく、以前より、疲れにくく、身体を動かしたり、支えたりする事ができるようになります。
下半身に、重力の影響で全身の約7割の血液が集まるので、下半身の血行が良くなると、身体全体の血行やリンパの流れが促進されたり、筋肉の弾力性や柔軟性が回復したりして、骨盤の関節の可動域が改善されたりするからです。
これらによって、猫背の時の身体の負担が減少するので、背中の筋肉を伸ばしたり、肩関節の柔軟性を回復させたりすると、丸まっていた背中や、肩の巻き込みなどが、元の状態に回復し易くなります。

 

猫背になっているのは、座っている時の骨盤の後傾が解消できなくなって、背中が前傾になっている事が、大きな原因になっています。
当院は、身体の自然回復を高める為に、神経や血管が集まっているツボを利用しているので、これによって、背骨の土台になっている骨盤周囲のコワバリを解消させると、背スジが伸ばし易くなります。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や、不快感などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】