【(症例)疲労や だるさ 】
(写真)背中の疲れと、むくみ

導入文

「首や肩の凝りがつらいな…」と感じた時には、実は首や肩だけでなく、背中全体が疲労や緊張で張っている事がほとんどなので、背中のダルサに悩まされたり、不快な痛みや疲労感に苦しめられたりします。

これは、背中が張ってくると、血液やリンパ液の流れが悪化して酸素や栄養が不足するだけでなく、背中に老廃物を含んだ余分な水分が溜まって、“むくみ”ができるので、腫れぼったさと、ジクジクとした不快感が起きてくるからです。

しかも“むくみ”によって毛細血管やリンパ管を圧迫して、症状を更に悪化させたり、慢性化させたりするので、背中の不快感に気づいたら、早めに背中の状態をチェックして、筋肉の柔軟性回復や血液やリンパ液の循環改善をする事が大切です。

【 肩甲骨の背骨沿い(内側)の痛み 】(図)肩甲骨周辺

肩こりや腰痛は、国民病と言われるほど、筋肉疲労の代表的な症状ですが、背中に起きる筋肉疲労による痛みや凝りも、多くの人が、とても我慢しづらく、辛(つら)く感じる症状です
よくあるのが、長くデスクワークを続けていたり、ずうっと立ち仕事をしていたりすると、背中の筋肉が疲労や緊張で凝り固まり、それによって、次第に背中の重ダルサが強まって、疼(うづ)くようなズキズキとした鈍い痛みや、チクチクとした不快な痛みが、起きてくるケースです。
しかも、背中の筋肉が凝り固まってくると、胸の筋肉も張り詰めたようになってくるので、胸苦しく感じたり、呼吸が浅くなって疲労感が強まったりして、仕事の持続力や集中力が無くなってきます。

 

この背中の痛みの中で、特に、痛みや不快さを感じるのが、肩甲骨の背骨沿い(内側)の痛みです。
これは、肩甲骨に背中のさまざまな筋肉が付着している事と、それによって、背中のさまざまな筋肉の間に入って、筋肉どうしの間を取り持つ役割もしているので、特に意識した動作をしていなくても、負荷がかかり続ける為です。
しかも、肩甲骨が、上半身の安定を保っている背骨と隣り合わせになっているので、肩甲骨と背骨の間の筋肉に、どうしても絶えず緊張が強まったり、不調和なズレが生じたりするからです。

 

この為、姿勢が悪かったり、同じ作業を続けたり、仕事や運動で不自然な動きを続けていたりすると、背骨と肩甲骨の間の筋肉を過度に緊張させてしまい、肩甲骨の内側に疼くようなズキズキとした痛みが起きてきます。
また、パソコン操作や細かい手作業などのように、肩や背中でジッと腕の動作を安定させていたり、肘先を上下方向や前後左右に絶えず動かす作業をしていたりすると、背骨と肩甲骨の間に負荷がかかり続けるので、負荷が大きくなると、肩甲骨の背骨沿い(内側)に、痛みが起きます。
このように、肩や背中などの、どこか一か所の筋肉でも、疲労したり緊張したりすると、背骨と肩甲骨の間に不調和が生じ、筋肉の緊張が強まって血行を悪化させ、不快な痛みが起きるようになります。

【 背中のむくみによる、不快感 】(図)背中のむくみ

また、疲労や緊張で、背中の筋肉がコワバッテ、背中の血行やリンパ液の流れが停滞して“むくみ”が生じると、これも、背中に不快感を引き起こす原因になります。
背中に老廃物を含んだ余分な水分が溜まるので、腫れぼったさを感じる上に、中の疲労物質や老廃物が神経を刺激するので、背中に疲労感やダルサ、腫れぼったい熱感などを感じるようになるからです
更に、これらの不快感が続いて、体調を保つ自律神経の働きがオーバーワークになってくると、血管を収縮させて血液の流れが悪くなってくるので、ダルサやコリ感が強まって、背中全体が疲れ易くなります。

 

もともと背中の筋肉は、日常生活で、あまり意識して動かす事が無いので、日中に、あまり身体を動かす事が無いと、背中の血液やリンパ液の流れが滞りがちになります。
この為、長時間デスクワークをしていたり、ずっと立ち仕事をしていたりすると、それによって背中の血液やリンパ液の流れが滞ってしまい、酸素不足や老廃物の蓄積が起き、症状を更に悪化させたり、慢性化させたりします。
この結果、始めは、「背中の張りやダルサ」と思っていた程度だったのが、次第に「ダルサだけでなく、痛みも感じる」となり、そして「背中のダルサや痛みによって、仕事が続けられない」と、状態が悪化します。

 

中でも、肩甲骨の回りは、筋肉のコワバリから、血液やリンパ液の循環悪化が起き易くなるので、不快な重ダルサが起き易くなります。
脇の下には、リンパ管が合流しているので、肩甲骨回りの筋肉がコワバルと、脇周辺のリンパ液や血液の流れが滞って、背中の疲労感やダルサを強めるからです。
この為、肩甲骨の動きが悪くなって、肩を動かすたびにゴリゴリ音が出るようになると、痛みや不快感に悩まされるだけでなく、筋肉がほぐれにくい状態になります。

【 見た目の悪化 】(図)見た目

ところが、鏡に映る、前から見た自分の姿は、変化にすぐ気づきますが、背中は、自分で直接見えないので、身体の疲れから、背中がむくんだ状態になっても、なかなかチェックが行き届きません。
しかし、背中は、身体の中で、一番人目に付く部位なので、背中の肩甲骨あたりがむくんでくると、背中が太った感じに見えたり、猫背にも見えたりして、見た目が悪くなります
しかも、背中の肩甲骨あたりがむくんで猫背姿が目立つと、疲れ気味に見えるので、シャキッとせず、ヤル気がない感じを与えたり、動作が緩慢な感じや、弱々しい感じになったりします。

 

また、背中の“むくみ”の箇所が気になっていても、はっきりと「ココ!」と確かめる事が難しかったり、手が届かなかったりします。
この為、背中の“むくみ”に、あまり気付かなかったり、「たいした事は無いだろう」と思ったりして、つい、ケアを怠りがちです。
このような状態が続くと、背中は大きな筋肉で構成されているので、背中に“むくみ”が生じると、広範囲なむくみになったり、あるいは、それによって肩こり・腰痛・身体のダルサなどの原因になったりします。

 

しかも、背中のむくみ解消の為にストレッチやトレーニングなどを行っても、背中は腕や脚と違って動かせる範囲が限られるので、なかなか思うように、背中のむくみ解消ができません。
何とか、背中の筋肉を動かす事が出来ても、血液やリンパ液の流れの改善が一時的な効果であったり、血行が悪化している箇所に負荷をかけた事から、後になって、血液やリンパ液の流れを更に悪くさせて、むくみが拡がったり、不快感が強まったりする事もあります。
この為、背中の不快感や痛みに悩まされて、「何とかしよう!」と思った時には、自分で解消させる事が困難な状態になっている事が多くなっています。

【 当院の、むくみの解消治療 】(写真)当院のむくみ治療

このような背中の不快感の解消には、筋肉や血行の治療を得意とする東洋医療をベースにしたマッサージ治療が効果的です。
東洋医療をベースにしたマッサージ治療が、「血行やリンパの流れを良くする」、「筋肉の弾力性や柔軟性を高める」、「神経の興奮を抑制する」などの働きがあるので、背中の疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来の症状にも、早く改善させる効果があるからです
特に、肩甲骨まわりの筋肉が硬くなっていると、背中の循環を悪化させ、背中の“むくみ”の原因になるので、当院は、この東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、肩甲骨周辺を中心に、肩、背骨沿いなどの老廃物の排出と、必要な酸素が行き渡るように行っています。

 

また、当院では、マッサージ治療にツボ反応を利用した治療を加えて、体調の改善も行っています。
ツボが神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調があると、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れ、身体に異常が起きている事を知らせてくれるからです。
しかも、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、神経や血管が集まっている箇所なので、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があります。

 

背中の疲労や緊張状態をチェックし、ツボ反応を利用しタマッサージ治療で、疲労箇所や緊張箇所を回復させていくと、普段使わない背中の筋肉が伸びるようになり、凝り固まった筋肉がほぐれる実感を得られます。
更に、ツボ治療によって身体のバランスを整えると、体調不調の解消も期待できるので、背中のむくみによる、「だるい」、「肩凝り」、「疲れ易い」、「イライラする」、「元気がない」、「眠れない」、などが解消されるようになります。
背中に痛みや不快感が続いている場合は、身体に異常が起きている事の警告なので、無理をせず、プロに施術をしてもらう事が大切です。

 

身中の筋肉は、普段、筋肉を使うタイミングが少ない上に、前側に比べて注意する事も少ないので、気付かないうちに“むくみ”が蓄積して、疲労やダルサの原因になったり、老けて見える原因になったりします。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、仕事や加齢などの影響によるコワバリや血行を回復させ、凝りや痛みを改善し、体調を整える治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やだるさなどの症状のご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】