【(症例)疲労や だるさ 】
(写真)脚の血行悪化から体調不調に

導入文

「長く歩けなくなった」、「階段を上るのがつらくなった」、「後で、脚がダルクなる」などが起きると、加齢や運動不足による筋力低下を思い浮かべますが、脚の不調箇所の回復が追いつかない為に、疲れやダルサとなって現れる事があります。

しかも、下半身に全身の血液量の約7割が集まるので、脚の不調箇所の回復が追いつかないと、脚に血行悪化が起き、それが身体全体の血液循環の悪化となって、疲労感やダルサの原因になったり、身体の調子が悪くなったりして、気力や意欲を低下させてしまいます。

この為、脚に不調を感じている場合の体調改善には、①腰・脚・膝・足首などのチェック、②筋肉のコワバリ解消、③血行を悪化させている箇所の解消、などが必要なので、昔から筋肉由来の症状改善を行っている東洋医療系のマッサージ治療が、勧められます。

【 老化は、脚(足)から 】(図)脚の老化

昔から、『老化は、脚(足)から』と言われるように、脚の健康状態によって、身体全体に影響を与えます。
これは、脚が丈夫で、思うように歩いたり、走れたりする人は、活動的に身体を動かせるので、全身の血行が促進されて、身体の健康をキープできるからです。
しかも、全身の血行が保たれていると、脳の働きも高まるので、脳から筋肉への神経の働きも活発になり、身体の動きを調整する柔軟性や敏捷性も高まって、身体が若々しく保たれるようになります。

 

ところが、加齢や運動不足の影響で脚の筋力が弱ってきたり、元々悪くなっていた脚の回復が追いつかなくなったりすると、筋肉や血行の状態が低下するだけでなく、運動神経の働きも鈍(にぶ)くなってくるので、日常動作や行動に影響が出てきます
よくあるのが、「一緒に歩いていても、遅れ気味になる」、「たいして歩いていないのに、脚がダルクなってくる」、「階段の下りが不安になり、慎重になる」、「チョッとした段差で足が引っかかる」、などです。
この傾向は、50~60代の中高年以降になると、急激に現れ、脚・腰の衰えを実感するようになります。

 

しかも、運動や動作が鈍くなってくると、血行が悪くなってくるので、脚や腰に不快感が生じ、それがやがて、精神的にも影響が出てくるようになります。
例えば、始めは、立ったり座ったりする事に“面倒臭さ”を感じる程度ですが、次第に、「身体に、疲れを感じ易くなる」とか、「体力的に続かない」といった、疲労感やけん怠感などが現れるようになります。
そして、疲労感やけん怠感などから、体調を保つ自律神経や脳の働きに支障がでてくると、「集中力が続かない」、「気力がわかない」、更に「イライラ感が増えた」など、身体に不調を感じるようになります。

【 下半身には、全身の血液の約70%が 】(図)下半身に、約70%の血液量

このような身体の不調を招く大きな原因として、重力の影響によって、全身の血液の約70%が下半身に集まるので、何かの原因で脚の血行が悪くなると、全身の血液の循環が悪化してしまう事が影響しています
身体が健康的な状態ならば、下半身に全身の血液の約70%が集まっても、ふくらはぎを中心とした下半身の筋肉による強力なポンプ活動で、下半身に集まった血液を、重力に逆らって、血液を足元から心臓に押し上げる働きをしています。
ところが、仕事で一日中座り続けていたり、運動不足になったり、身体が弱ったりすると、脚の筋肉の働きが低下してしまうので、血液を心臓に押し戻すポンプ活動の働きが弱まり、身体の血行を悪化させる原因になるからです。

 

この結果、脚の血行が悪くなると、「脚はむくんでダルクなリ、それに伴って、肩は凝るし、疲れが溜まって、気分までどんよりする」、といった状態がよく起きます。
脚の血流が滞ってくると、脚のむくみや冷えの原因になるだけでなく、下半身に全身の血液の約70%が集まっているので、全身の血流も悪くなって、身体の筋肉が凝り固まってくるからです。
この結果、「疲れがとれない」、「肩こりや腰痛」、「イライラする」などが起き、それらが繰り返されると、「血圧が高くなる」、「代謝が落ちるので食べる量は少ないのに体重が増える」など、スッキリしない状態が続くようになります。

 

しかも、人の身体の血管の9割以上は、太さが、髪の毛の10分の1ぐらいの毛細血管で構成されていて、赤血球1つがようやく通れるほどの細い管状になっています。
この為、毛細血管が正常な状態でも、細い血管が長く続いたり、蛇行していたりしているので、血液が順調に流れる為に、ますます、筋肉のポンプ作用が安定的に働く事が重要になります。
ところが、脚や腰の筋肉の疲労や緊張でコワバッテいたり、あるいは、座っている為に、膝や腰を曲げて関節部分の血管を圧迫し続けたりするので、蛇行している細い管状の毛細血管を圧迫して、気が付かないうちに脚の血行を悪化させ、それによって全身の血液循環を悪化させてしまいます。

【 脚の血行促進 】(図)足の血行促進

昔は、疲労感やダルサが身体に残らないようにする為に、農作業を終えた時や、長く作業をした後などに、脚の疲れをとる“足湯”が、手軽な疲労回復手段として利用されていました。
暖かい湯で脚の汚れを洗い落とし、“足湯”で脚の血行を温めて回復させると、脚の疲労を解消させる効果だけでなく、上半身の血行も良くなってくるので、サッパリした気分になり、そして、リラックスした気分になれるからです
この効果から、現代でも『フットバス』と呼ばれる道具を使って、オフィスでジッと座り続けて身体に疲れを感じた時に、家に帰って“足湯”を行い、脚の血行を回復させ、リフレッシュ気分を味わう人がいます。

 

更に、一部の介護関係の施設では、“足湯”の効果に加えて、入所者の人達の頭の働きの維持や活性を図る為に、足裏マッサージをする所もあります。
これは、『足の指の動きが硬くなってくると、脳が疲れる』と言われるので、気付きにくい脚の筋肉のコワバリを解消して、弾力性や柔軟性を高める為です。
これにより、脚の血行がスムーズになって、身体の血液循環が良くなってくると、脳にもシッカリと血液を届けられ、“脳の働きを活発にさせる”事になります。

 

脚のマッサージは、身体の疲労回復や頭の働きの活発化など、いろいろな効果がありますが、しかし、自分で自分の脚をマッサージしようとすると、腰から脚にかけての裏側は、見えない事もあって、案外、やりづらいものです。
また、脚の疲労や緊張を強く感じている場合は、脚の筋肉のコワバリ箇所や、鬱血(うっけつ)している箇所を確認して、解消させないと効果がありません。
筋肉のコワバリや鬱血が残っていると、一時的に脚の血行が良くなっても、血液が身体の隅々まで十分に行き渡らないので、その後、すぐに元の状態に戻ったり、後になって、リバウンドで筋肉の硬化が増し、血行が悪化して、不快感が強まったりします。

【 当院の、疲れた脚の治療 】(写真)当院の治療

当院では、「脚が疲れる」、「脚がむくむ」、「脚が痛い」、「脚がだるい」などの回復に、マッサージとツボ反応を利用して回復治療を行っています。
脚の筋肉は、他の筋肉と違って、絶えず下から身体を支えながら、立つ、歩く、座るなど、いろいろな運動を行っているので、脚の筋肉の働きが低下していると、血行が悪くなり、老廃物が排出しづらくなったりして、足の爪先まで廻った血流を心臓まで充分に押し戻す事ができなくなったりするからです。
マッサージ治療の特徴として、筋肉のコワバリ解消や血行促進に効果があるので、このような時にマッサージ治療を利用すると、脚の神経の興奮を鎮めて不快感や痛みを減少させ、脚に溜まった血液を心臓まで押し戻す筋肉のポンプ作用を回復させ、活発化させます

 

更に、当院は、脚の疲れやダルサなどの改善効果を高める為に、触診にウエイトをおき、一人ひとりの症状に合わせたツボ治療を行っています。
ツボに神経や血管が集まっているので、『反応点』となって、身体の異常を知らせたり、『治療点』となって、病状を改善したりする働きがあるからです。
『反応点』であるツボを刺激すると、神経や血管が集まっているので、その刺激に反応して筋肉のポンプ作用が働き、脚に滞っている血液やリンパ液が押し出されて、脚のむくみや疲労を解消させるだけでなく、身体全体の疲労の回復を早める効果があります。

 

そして、脚の血液の血行が回復してくると、全身の疲れも解消されてくるので、心身のリフレッシュ効果が得られます。
脚は、心臓から最も遠く、血管も細いので、老廃物が溜まり易く、それによって全身の疲労や、ダルサを生じさせる原因にもなるので、マッサージ治療とツボ治療によって、脚の血行が良くなると、全身の体調改善になるからです。
この為、PCの前に1日中座ってデスクワークをしていたり、長時間の立ち仕事をしていたり、加齢や運動不足で脚の働きが弱っていたり、などで、脚に重ダルサを感じている人には、マッサージ治療とツボ治療の組み合わせが最適です。

 

脚の疲れを長引かせると、全身にも影響して、日常生活に支障が出てしまうので、血行悪化を起こしている箇所を確認して、解消させる治療が大切です。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、下半身の、①筋肉のコワバリ解消、②血行を悪化させている箇所の改善を行い、身体の疲れや緊張の回復を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やだるさなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】