脚(足)の疲れが、全身に(脚の血行の悪化から、体調不調に)

【(症例)疲労や だるさ 】


「長く歩けなくなった」、「階段を上るのがつらくなった」、「歩いた後、脚がダルクなる」などが起きると、加齢や運動不足による“筋力の低下”を思い浮かべますが、脚の“血行が悪くなっている”事でも、疲れ易さやダルサなどが、身体に現れます。

これは、人が立ったり座ったりしていると、全身の血液量の約7割が下半身に集まるので、立ち仕事や長時間の同じ姿勢で脚の血行が悪くなると、身体の血液循環の悪化が起き、身体の調子が悪くなったり、気力や意欲を低下させたりするからです。

この為、立ち仕事や長時間の同じ姿勢をしていて、「身体が何となくスッキリしない」、「腰がダルイ」、「肩がこる…」、などが起きた場合は、腰・脚・膝・足首などをチェックして、脚や腰の血行状態を確認してみる事が大切です。

【 老化は、脚(足)から 】

昔から、『老化は、脚(足)から』と言われるように、脚の健康状態によって、身体全体に影響を与えます
これは、脚が丈夫で、思うように歩いたり、走れたりする人は、活動的に身体を動かせるので、全身の血液の循環が促進されて、身体の健康をキープできるからです。
しかも、全身の血液循環がスムーズに流れていると、脳の働きも、活発な状態が保たれるので、脳から筋肉への神経の働きも維持されて、身体の動きを調整する柔軟性や敏捷性も維持され、身体が若々しく保たれます。

 

ところが、加齢や運動不足の影響で脚の筋力が弱ってきたり、脚の血行が悪くなったりすると、筋肉の働きの低下や、酸素や栄養分の供給と老廃物の排出に支障が出てくるので、運動神経の働きも鈍(にぶ)くなって、日常動作や行動に支障が出てきます。
このような状態になると、よく現れるのが、「一緒に歩いていても、遅れ気味になる」、「たいして歩いていないのに、脚がダルクなってくる」、「階段の下りが不安になり、慎重になる」、「チョッとした段差で足が引っかかる」、などです。
この傾向は、50~60代の中高年以降になると、だんだん現れるようになり、脚・腰の衰えを実感する事が多くなります。

 

しかも、運動や動作が鈍くなってくると、血行が更に悪くなってくるので、身体を支える脚や腰に不快感や痛みが生じ、それにより、精神的にも影響が出てくるようになります。
例えば、始めの頃は、立ったり座ったりする時に、脚や腰に、“軽い不快感や痛み”を感じるぐらいですが、血行の悪化によって、次第に、「身体に、疲れを感じ易くなる」とか、「体力的に続かない」といった、疲労感やけん怠感などが現れるようになります。
そして、身体を動かす事に“面倒臭さ”を感じたり、疲労感やけん怠感が多くなったりして、体調を保っている自律神経や脳の働きがオーバーワークの状態になってくると、「集中力が続かない」、「気力がわかない」、更に「イライラ感が増えた」など、身体に不調に悩まされるようになります。

【 下半身には、全身の血液の約70%が 】

脚の血行が悪くなると、身体の不調を招く大きな原因として、重力の影響によって、全身の血液の約70%が下半身に集まる事が影響しています
しかし、身体が健康な状態ならば、脚のふくらはぎを中心とした筋肉の強力なポンプ活動によって、下半身に集まった大量の血液を心臓に押し戻しています。
このように、ふくらはぎを中心とした筋肉が、血液を心臓に戻す為のポンプの働きをして、身体全体の血液循環を保っているので、全身に血液を送り出す『心臓』に対して、ふくらはぎを中心とした筋肉を『第二の心臓』と呼ばれています。

 

しかし、何かの原因で、脚の血行が悪くなると、下半身に全身の血液の約70%が集まっているので、全身の血液循環を悪化させてしまいます。
例えば、仕事で一日中座り続けていたり、運動不足の状態になっていたりすると、脚の筋肉の働きが低下するので、血液を心臓に押し戻すポンプ活動の働きが弱まり、身体の血液循環を悪化させます。
特に、立ち仕事が続くと、脚や腰の筋肉が、疲労や緊張でコワバッタ状態になったり、あるいは、長時間の座り仕事の為に、膝や腰の関節部分を曲げ続けていたりすると、血管を圧迫して血行を悪化させるので、気付かないうちに、全身の血液循環が悪化します。

 

この結果、「脚がむくんで、ダルクなる」といった症状が現れるだけでなく、身体の血液循環の悪化により、「肩が凝る」、「疲れが溜まって、気分までどんよりする」、といった症状も起きてきます。
あるいは、身体の血液循環の悪化から、身体に老廃物の排出が進まない為に、「長く歩けなくなった」、「階段を上るのがつらくなった」、「歩いた後、脚がダルクなる」などの、疲労やダルサを感じるようになります。
しかも、それらが繰り返されると、「疲れがとれない」、「肩こりや腰痛」、「イライラする」、「血圧が高くなる」、「食べる量は少ないのに体重が増える」など、スッキリしない状態が続くようになります。

【 脚の血行促進として 】

昔は、農作業を終えた時や、長く作業をした後などに、脚や腰の疲れで、身体に疲労感やダルサが残らないように、“足湯”が、手軽な疲労回復手段として利用されていました。
暖かい湯で脚の汚れを洗い落とし、脚を温めて血行を回復させると、脚の疲労を解消させる効果だけでなく、上半身の血行も良くなってくるので、リラックスした気分になり、サッパリした気分になるからです
この効果から、現代では『フットバス』の利用がPRされ、オフィスでジッと座り続けて身体に疲れを感じた時には、家に帰って“足湯”を行って、脚の血行を回復させ、心身のリフレッシュする事を勧めています。

 

また、一部の介護関係の施設では、“足湯”の効果に加えて、入所者の人達の頭の働きの維持や活性を図る為に、脚のマッサージを試す施設もあります。
『足の指の動きが硬くなってくると、脳が疲れる』と言われるからです。
“足湯”や、脚のマッサージで、脚の筋肉のコワバリを解消し、弾力性や柔軟性を回復させて、脚の血行がスムーズになってくると、身体の血液循環が良くなってくるので、脳にもシッカリと血液が届けられて、“脳の働きを活発にさせる”手段になるからです。

 

脚のマッサージは、身体の疲労回復や頭の働きの活発化など、いろいろな効果がありますが、しかし、自分で自分の脚をマッサージしようとすると、腰から脚にかけての裏側は、見えないので、案外、やりづらいものです。
また、脚の疲労や緊張を強く感じている場合は、脚の筋肉のコワバリ箇所や、鬱血(うっけつ)している箇所を確認して、解消させないと効果がありません。
筋肉のコワバリや鬱血が残っていると、一時的に脚の血行が良くなっても、しばらくすると、再び、元の状態に戻ってしまいます。

【 当院の、疲れた脚の治療 】

当院では、「脚が疲れる」、「脚がむくむ」、「脚が痛い」、「脚がだるい」などの解消に、ツボ反応を利用したマッサージ治療で、脚や腰の疲労回復を行っています
マッサージ治療が、筋肉のコワバリ解消や血行の促進に効果があるので、マッサージ治療によって、脚に溜まった血液を心臓まで押し戻す筋肉のポンプ作用を回復させて、活発化させる効果があるからです。
また、ツボは、神経や血管が集まっている箇所なので、脚に不調が生じると、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れて、脚に異常が起きている事を知らせてくれるだけでなく、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、脚の筋肉内の血流が改善し、痛みや違和感が減少する効果があるからです。

 

この為、当院は、脚の疲れやダルサなどの改善効果を高める為に、触診にウエイトをおき、一人ひとりの症状に合わせたツボを確認して、治療を行っています。
神経や血管が集まっている脚のツボを確認して刺激すると、その刺激に反応して、血液を流す筋肉のポンプ作用が活性化し、滞っている血液やリンパ液が押し出されるので、脚のむくみや疲労を解消させるだけでなく、身体全体の疲労の回復を早める効果があります。
更に、マッサージ治療で血液やリンパ液の流れを促進して、筋肉の弾力性や柔軟性を高め、周囲の神経の興奮を鎮めると、脚や腰の不快感や痛みが鎮まってきます。

 

しかも、脚の血液の血行が回復してくると、全身の循環が回復してくるので、身体の疲れが解消されるようになり、心身のリフレッシュ効果が得られます。
脚の筋肉は、他の筋肉と違って、絶えず下から身体を支えながら、立つ、歩く、座るなど、いろいろな運動を行っているので、脚のコワバリが解消されて、血行が良くなると、全身の体調改善につながります。
この為、PCの前に1日中座ってデスクワークをしていたり、長時間の立ち仕事をしていたり、加齢や運動不足で脚の働きが弱っていたり、などで、脚に重ダルサを感じている人には、疲労や緊張などを解消させるマッサージ治療とツボ治療の組み合わせが、勧められます。

 

脚の疲れをそのままにしていると、身体の血液循環に影響して、身体の不調を起こす原因になるので、脚の血行悪化を起こしている箇所を確認して、解消させる事が大切です。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、下半身の、①筋肉のコワバリ解消、②血行を悪化させている箇所の改善を行い、身体の疲れや緊張の回復を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やだるさなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

 

脚(足)が、むくむ (セルフケアでは困難な方に)

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)脚が、むくむ

導入文

デスクワークで座り仕事が続いたり、営業や接客などで立ち仕事が多くなったりすると、脚に“むくみ”が起き、脚太りや不快な違和感だけでなく、腰痛や身体の不調にも悩まされる事があります。

これは、脚の血液やリンパ液などの流れが悪くなると、皮膚や皮下に余分な水分が溜まって脚が太くなったり、水分中の老廃物が多くなって神経が刺激されたり、更に、脚のむくみやダルサから腰や身体に影響を与えたりする為です。

脚のむくみの解消や予防には、脚のリンパ液や静脈血を送り出す『筋肉のポンプ作用を活性化』する事が重要になるので、セルフケアが困難な場合には、東洋医療のツボ刺激を利用して、脚の筋肉の働きを回復させ、筋肉内の血流を改善する事が勧められます。

【 脚太りから、違和感や腰痛に 】(図)むくみによるi脚太り

脚は、身体の下側にあるので、重力の影響で水分が溜まり易く、しかも心臓から遠いので、血液やリンパ液の流れが悪くなり易いので、身体の中で最もむくみが起き易くなっています
そして、血液やリンパ液の流れが悪くなって、脚の皮膚や皮下に余分な水分が溜まってくると、脚が膨(ふく)らみ、足首も太くなってくるので、“脚太り”が目立つようになります。
“脚太り”になると、脚が“パンパン”に張ったように感じますが、実際は、皮膚の下に過剰な水分が溜ってブヨブヨとした感じになって、皮膚表面の張りも弾力も失われ、皮膚が“たるんだ”状態になるので、「靴下を脱いだ後の跡が、いつまでも残る」とか、「指で脚を押すと、凹みが消えにくくなる」、といった事が起きます。

 

また、見た目の問題だけでなく、脚の皮膚や皮下に溜まった余分な水分が付近の神経を圧迫して、重ダルイ感じがしたり、溜まった余分な水分の中に多くの老廃物が含まれているので、感覚神経や運動神経を刺激したりします。
この結果、脚にダルサや疲れが強まるだけでなく、「脚の痒(かゆ)み」や、「むずむずとした感じ」、「脚がつる」、などの不快な症状も起きてきます。
更に、夜、寝ている間は、脚の筋肉の活動が少なくなって、血液やリンパ液などの流れがゆるやかになる為に、夜間に脚のむくみが解消できなくなると、朝になって、脚のむくみや重量感、だるさなどが残ってしまい、一日中、不快な脚の違和感に悩まされてしまう事があります。

 

また、脚のむくみやダルサが続くと、腰にも「だるい」、「痛い」などの不快感や鈍痛が起きてきます。
脚と腰は、まとめて「足腰」と言われるように、一体となった動きをしているので、脚のむくみやダルサによって、いつもと違う体重のかけ方や、動かし方をしていると、骨盤への負荷が片寄ったり、股関節の動きに左右差が出てきたりして、腰の筋肉に、今までと違ったアンバランスな状態が起きてくるからです。
更に、お尻の筋肉が、腰を下から支えていますが、お尻の筋肉は「だるい」、「痛い」などの自覚症状がほとんど現れないので、お尻の負荷が大きくなって腰を支える力が弱っても、気付かないまま、腰に疲労や緊張が増すようになり、腰に「だるい」、「痛い」などの不快感が起き易くなります。

【 ストレスによる、むくみ 】(図)不安や緊張によるストレス

更に、脚(足)がむくむ原因として、精神的なストレスによる影響が、かなりあります。
これは、ストレスを感じると、身を守る為にストレスホルモン(コルチゾール)が多く分泌されて、栄養をエネルギーに変えて、行動の為に血圧を高めますが、これと共に、体内の水分を保持しようとする働きが強まるので、水分の排泄が、普段のように行われなくなるからです
この為、例えば、仕事のやり方や職場の人間関係などで、注意や指摘を受けてストレスを強く感じさせられると、「脚・腰が重くなる」、あるいは、「足取りが重く感じる」、更には、「顔の目の下あたりがむくんでくる」と、感じる事が良くあります。

 

特に女性の場合、男性よりも筋肉量が少ない事から、脚から心臓に向かって血液を押し戻す働きが弱くなるので、ストレスによって、むくみが起き易くなります。
これは、女性が職場で、「一緒にやる」、「ちゃんと情報共有しておく」、「相手に合わせる」など、相手の心を探って、できるだけ気分を害さないように細心の注意を払う事が求められる事が多くなっているからです。
この結果、職場の人間関係に悩んだり、給与の差に不満を感じたりして、精神的に強く緊張やプレッシャーを感じたり、その事で何度も不安をイメージしたりしてくると、ストレスホルモン(コルチゾール)が増し、身体にむくみが起きてしまいます。

 

この結果、脚のむくみだけでなく、身体に水分が滞ってくるので、体重が増して身体がブヨッとした感じになったり、顔の目の下にむくみが起きたりします。
更に、ストレスを感じ続けると、女性らしい身体の曲線を作っている皮下脂肪に、老廃物を多く含んだ水分がくっついて、皮膚の表面がボコボコに見える“セルライト”を作る事もあります。
そして更に、むくみをそのままにしていると、老廃物の排出がしづらくなり、酸素や栄養の取り入れが障害された状態が続くので、体調に影響を及ぼし、冷え性、頭痛、眠気、食欲不振、身体のだるさ、腰痛、などに悩まされます。

【 需要な、筋肉ポンプの活性化 】(図)筋肉の血行促進

むくみの解消には、脚のリンパ液や静脈血を送り出す筋肉の働きが弱った事が原因になっている事がほとんどなので、たくさん歩く事によって、脚の筋力アップを図り、脚の血行を良くする事が勧められています。
しかし、歩くスピードが遅かったり、ダラダラと歩いたりすると、身体に対する効果はほとんど期待できない事が分かっています。
実験でも、1日1万歩を5カ月間歩いても、このような歩き肩では、筋力や持久力のアップ率が、何もしなかった人達とほとんど変わらなかった事が、証明さているからです。

 

この為、セルフケアが困難な場合には、むくみを解消させる方法として、2つの代表的なマッサージがあります。
一つが、良く知られている『リンパマッサージ』と呼ばれる手法で、リンパの流れを促進させる事で、水分と老廃物を体外に排泄させる事を目的にしています。
もう一つが、『静脈マッサージ』と呼ばれる手法で、静脈の流れを促して、心臓に血液を戻す血液循環の改善を目的にしたものです。

 

しかし、重要な事は、脚の筋肉の働きを回復させる事によって、脚に溜まったリンパ液や静脈血を送り出す『筋肉のポンプ作用を活性化』する事です
中でも、「ふくらはぎは、第2の心臓」と言われるように、ふくらはぎの筋肉に、下半身に溜まった血液を心臓に送るポンプ作用があるので、ふくらはぎの筋肉を活発化させて、脚に溜まったリンパ液や静脈血を排出させる事が大事です。
また、脚がむくんでしまってから解消するのでは、多くの時間と手間がかかるので、むくみの予防の為にも、ふくらはぎの『筋肉のポンプ作用を活性化』する事が大事です。

【 当院の、むくみ治療 】(写真)当院の、むくみ治療

当院では、東洋医療のツボ刺激を利用したマッサージ治療を活用して、『筋肉のポンプ作用を活性化』させ、血行やリンパ液の流れを回復させています。
これは、『ツボは、体調の悪化が起きた時に、ツボ反応が顕在化して痛みを感じさせ、身体に異常が起きた事を知らせる』特徴があるので、むくみを生じさせている、筋肉のコワバリ箇所や、血行を悪化させている箇所の確認に、ツボ反応が利用できるからです
そして、確認したツボに適切な刺激を与えると、ツボ周囲の緊張が緩んで、滞った血液やリンパ液の流れが改善され、神経の興奮が鎮まる効果があるので、むくみの改善のように、血行やリンパ液の流れを回復させる場合に適しているからです。

 

また、当院では、膝や腰の関節を動かす『他動運動』を行って、血液やリンパ液が集まってくる腰や膝の関節の流れを高めるようにしています。
リンパ液の流れが、もともと、とてもゆっくりしていて、時には、流れなくなる事がある上に、腰や膝などの関節は、筋肉がコワバリ易くなって、流れづらくなっているからです。
しかも、デスクワークの座り仕事で、腰や膝の関節を曲げ続けていたり、営業や接客などの立ち仕事で、膝関節の筋肉の疲労や緊張が強まっていたりすると、血行やリンパ液の流れを悪化させてしまうので、他動運動によって、膝や腰の関節を動かす事で、血行やリンパ液の流れを回復させる事が必要になる為です。

 

更に、脚や腰に疲労や緊張が慢性化していると、自然治癒が追いつかず、むくみや不快感となって現れてくるので、筋肉や血行の状態をチェックし、回復処置を行っています。
この為、気になる脚の部分だけでなく、下半身全体の筋肉のコワバリ箇所を確認し、筋肉の働きを回復させ、滞った血液やリンパ液の流れを改善させて、脚のむくみ解消を行っています。
特に、脚の付け根の鼠径部や、膝裏は、リンパ管が集まった状態になっているので、コワバリ状態や血行やリンパ液の流れをチェックして、マッサージ治療と『他動運動』で改善すると、回復が高められます。

 

むくみは、ストレスによる影響もあるので、国家資格のあるマッサージ治療院で、一度しっかりと、身体の状態を確認してもらい、治療を受ける事を、お勧めします。
当院は、筋肉や関節部分のチェックと、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、筋肉の硬直や血流障害を解消させ、循環の改善を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する不調や不快感などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

座っているだけで、脚が、だるい、重い、こむら返り、むずむず感

【(症例)疲労や だるさ 】
(写真)脚が、だるい、重い、こむら返り、むずむず感

導入文

脚のだるさに、女性の約80%が悩まされていますが、これは脚から「無理がかかって、これ以上は無理!」というアラームサインなので、そのままにしないで、脚の筋肉や血行の状態をチェックして、ダルサや疲労感を解消させる事が大切です。

「たいしたこと、無いだろう…」とか、「そのうち、解消するだろう」と思っていると、脚の回復が追い付かない状態になっているので、立ったり座ったりする事が億劫になると共に、脚のむくみや、太ももの後ろやふくらはぎに違和感や痺れが起きるようになり、更に、こむら返りやむずむず感が起きるようになって、次第に、身体も倦怠感が起きてくるようになります。

東洋医療系のツボ刺激を併用したマッサージ治療は、崩れかけた身体のバランスを整える事で健康状態を戻す治療法として、今日まで広く利用され、改善効果も認められているので、このような脚のダルサや疲労感の解消に、適した治療法になっています。

【 脚のダルサの原因 】(図)脚のダルサや疲労

毎日、椅子に座ってずうっと仕事をしていると、慣れているはずでも、「脚がダルク、重い」と感じたり、中には、「脚がグッタリする程の疲れ」を感じたりする事があります。
そして、この状態が続いて、脚の不快感が解消されづらくなってくると、「イスに座っているだけで、脚に疲れを感じる」と悩まされたり、夜になっても脚の不快感が続いてしまい、「脚がダルクテ、眠れない」と寝付けなくなったり、更には、脚(足)の疲れが全身に影響して体調が悪くなったり、する事もあります。
脚にだるさや疲労感が起きてくるのは、脚の筋肉や血液を送る血管などが十分に働く事ができなくなったアラームサインなので、この状態を繰り返したり長引かせたりしていると、脚を動かす事が億劫に感じてくるだけでなく、脚にさまざまな不調が起き、身体全体にも、支障をきたすようになります。

 

このように、長く歩いたり走ったりしていないのに、脚に「ダルサ」や「疲労感」が起きてくるのは、ほとんどが、ジッとしている事が多くなった事から、脚の血行が悪化し、それによって脚の筋肉の柔軟性が失われ、脚に老廃物や疲労物質が溜まった事が影響しています
ジッとしている事が多くなると、脚の筋肉の働きが低下して、下半身に溜まった血液を心臓へ押し上げる『筋ポンプ』も十分に働かなくなるので、血中に溜まった老廃物や疲労物質が、脚や腰の神経を刺激したり、動かしづらくさせたりして、「ダルサ」や「疲労感」を生じさせるからです。
更に、職場や家庭などで不安感や心配事などがあると、精神的な緊張が強まって、ますます血行が悪化するので、腰から下の脚のダルサが増して、腰から下のグッタリ感が増すようになります。

 

このような脚の「ダルサ」や「疲労感」は、下半身の運動能力の低下が影響しているので、特徴的な自覚として、階段を上がる時に「脚が、重くてツライ…」と感じたり、少し歩いただけなのに「疲れる…」と感じたりします。
これ以外にも、下半身の運動能力の低下から、チョット歩くと、太ももやふくらはぎの筋肉が“突っ張った感じ”がしてきたり、座っていると、ふくらはぎや太ももの筋肉が耐えられなくなって、ジーンとした違和感がしたりします。
また、足首や膝の動きがニブクなって、足先が十分に上がらなくなったり、足を引きずったような歩き方になったりしてくるので、足先をぶつけたり、躓(つまづ)きそうになったりします。

【 むくみ、こむら返り、むずむず脚症候群 】(図)むずむず脚症候群

脚にダルサが起きてくると、脚の筋肉の働きや血行が悪化した状態になっているので、脚のダルサや疲労感だけでなく、いろいろな気になる症状を引き起こします。
多くの人が、最初に気が付くのが、脚の『むくみ』です。
脚の筋肉の働きの低下で、脚の血行が悪くなると、血管内の血液の圧力が高くなるので、血液中の水分(組織間液)が血管外に外へ押し出されて、皮膚ないし皮膚の下に水分が溜まってくるからです。

 

また、脚の血行悪化によって、下半身の老廃物が排出されづらくなると、溜まった老廃物が神経を刺激するようになるので、休んでいる時や寝ている時などに、『こむら返り』が起き易くなります。
休んでいる時や寝ている時は、無意識に、筋肉の伸び縮みのバランスを保っている状態なので、何かの拍子に、チョッとでも神経が刺激されると、それによって、いきなり筋肉が収縮してしまうからです。
しかも、中年以降になって『長時間の同じ姿勢』『運動不足』『睡眠不足』『ストレス』『冷え』などで、筋肉の収縮が強まった状態になって毛細血管が圧迫されていると、脚の血行悪化から、溜まった老廃物が神経を刺激するようになって、『こむら返り』が起き易くなります。

 

同じ理由から、じっと座ったり横になったりすると、「脚がむずむずする」、「脚がジンジンとしてくる」、「脚がほてる」、「痒(かゆ)いような痛みを感じる」などの、『むずむず脚症候群』に似たような強い不快感が現れ易くなります。
特に夕方から夜間にかけて症状があらわれるケースが多く、溜まった老廃物が神経を刺激するようになるので、脚が「むずむず」とする不快な感じがしてくるだけでなく、更に、脚を“もじもじ”と動かしたくなってきます。
この不快感は、同じ姿勢で座り続けている時や、寝ている時などの安静時に現れたり、強くなったりするので、日常生活に大きな影響を及ぼして、睡眠障害の原因にもなります。

【 治療ポイントの足三里 】(図)脚の疲労回復

昔は、農作業や歩いて疲れた時に、脚の血行や柔軟性の回復に、向こうずねの筋肉(前脛骨筋)にある、足三里のツボが、“治療ポイント”として、よく利用されていました。
これによって脚の筋肉の伸縮運動を促し、血行を回復させるので、足三里のツボを、“健脚のツボ”と言われました。
俳人の『松尾芭蕉』も、奥羽・北陸を経て、美濃・大垣に至る約2,400キロを踏破する道中で、足三里に灸をして、旅の疲れを癒したと言われています。

 

この理由として、足三里のツボが、膝下の筋肉の伸縮運動の中心的役割(モーターポイント)を果たしているので、足三里のツボを刺激すると、ツボ付近の筋肉の働きが強まって、血行の回復や促進の働きをすると言われています
実際、試してみると、足三里のツボを刺激する事で、『脚の動脈は拡がらないが、刺激すると、血液の循環が良くなり、痛みが少なくなる』と、確認されています。
この作用から、脚が疲れている時に足三里のツボを刺激すると、血液の循環が良くなって、「ジワーッ」と流れ出す感じがします。 

 

また、足三里のツボを刺激して、下半身の血行が改善されてくると、身体に感じる疲れやダルサの解消にもなります。
脚の筋肉の働きが活発になって、血管の伸縮運動が回復してくると、下半身に滞っていた静脈血やリンパ液が心臓方向に押し上げられ、流れが回復してくる為です。
しかも、立っていたり座っていたりすると、重力の影響により、全血液量の70%が下半身に集まるので、これら多くの下半身の血行が改善されると、全身の血行が促進される事になり、リフレッシュ効果になるからです。

【 当院の、脚のダルサや疲れの解消治療 】(写真)当院の脚の治療

当院は、脚のダルサや疲れの解消に、足三里のツボのようにツボ治療と東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、①血行やリンパの流れの改善、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制などを行い、脚の「ダルサ」や「疲労感」の改善を行っています
体調の悪化によって生じたツボを刺激すると、ツボが神経や血管が集まっている箇所なので、体調の悪化に伴う反応点や治療点として現れる特徴があり、これによって早く筋肉の柔軟性や血行を回復させ、脚の不快症状を改善できる効果があるからです。
また、東洋医療が、昔から体調回復に利用された実績があるので、現代でも、スポーツや医療関係でも幅広く活用され、症状の回復効果と共に、体調改善も期待できるからです。

 

また当院では、脚の症状を回復させる為に、腰とお尻の筋肉も含めて、診断と治療を行っています。
下半身を「足(脚)腰」と言うように、脚の筋肉や血管が、股関節を通して腰に接続し、それによって、脚と腰が一体となって働いているからです。
更に、身体を支えている腰とお尻の筋肉の柔軟性が無くなると、重心のバランスが悪くなって、脚に負担が強まり、脚のダルサや疲れの原因になるので、それぞれの筋肉がシッカリと働けるように、関連する「足腰」の筋肉や血流状態も確認して、マッサージ治療を行っています。

 

中でも、股関節とお尻付近は、体重がかかって酷使されるだけでなく、腰から重要な血行や神経が通っているので、重点的にチェックをして、回復治療を行っています。
股関節や、お尻の奥の筋肉がコワバッテいると、それによって、血流が悪くなり、神経が圧迫されるので、脚に影響が及んで、疲労が回復しづらくなるからです。
この為、疲労や緊張でコワバッテいる股関節とお尻付近をほぐして、神経や血管の圧迫を解消させると、脚の、「ダルイ」、「重い」、「こむら返りがする」、「むずむず感がする」、などの症状の改善が早められます。

 

疲労の心当たりが無いのに、「脚がダルク、重い」と感じる場合は、「立ったままや座ったままの姿勢が多い」、「脚の筋肉の働きの低下」、「脚の冷え」、などの影響による、筋肉のコワバリや血行悪化が大きな原因なっています。
当院は、脚の疲労や緊張解消に、東洋医療系のツボ刺激を併用したマッサージ治療により、圧痛や硬結の解消や血流改善の治療を行い、痛みや不快感の改善を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やダルサなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】