神経

見上げた時の、首・肩からの刺激痛

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)見上げた時の、首・肩からの刺激痛

導入文

高い所を見上げた時や、振り返ろうとして首を反らせた瞬間、突然、首から肩や腕にかけて、電気が走ったような“ビリビリッ”とした強烈な刺激痛や、シビレに襲われる事があります。

これは、ずうっとデスクワークが続いたり、姿勢が悪化したりしていると、首や肩の筋肉が過度に緊張してコワバッタ状態になるので、見上げた時や首を反らせた時に、この筋肉のコワバリが首の神経を圧迫して、神経の異常興奮を起こしてしまうからです。

これを防ぐには、首のコワバッタ筋肉を和らげて、解消させる事が必要なので、東洋医療をベースにしたマッサージ治療を利用すると、無理が無く、リラックスした状態で、首の筋肉の柔軟性を回復させる事ができます。

【 首の過緊張や凝りから 】(図)首のシビレ

首や肩に疲れやダルサを感じて、何気なく深呼吸をしようとして見上げようとした時や、背伸びをしようとして顔を上に向けた時に、首すじから肩にかけて、いきなり電気が走ったような、強いシビレと痛みが走り、その急激な痛みで、思わず身体が固まってしまう事があります。
これは、首の骨の神経の出入り口が、背骨や腰の骨などの神経の出入り口に比べて、『狭く』、『すき間が無く』、『キチキチの状態』なので、首の筋肉のコワバリが強まると、コワバッタ筋肉が首の骨の神経の出入口を塞(ふさ)ぐように覆ってしまうからです
この結果、首の筋肉が、緊張や凝りで強くコワバッテくると、見上げた時や首を反らした時に、首の骨から出ている神経を強く圧迫して、強烈な刺激痛やシビレを起こすようになります。

 

特に、仕事でPCやスマホなどの操作の為に、画面を覗き込む姿勢をしていると、頭を支える首の筋肉の緊張が大きくなる上に、仕事を続ける為にずうっと首の筋肉の緊張が続くので、首の筋肉のコワバリが強まります。
最初のうちは、首や肩に疲れやコワバリを感じても、シビレや痛みといった神経症状は現れませんが、覗き込む姿勢がずうっと続いて、首の筋肉のコワバリが強まってくると、首の骨の神経の出入口付近を塞ぐようになります。
このような時に、上を見上げたり、首を反らしたりすると、筋肉のコワバリが、狭い神経の出入口を圧迫するので、電気が走ったような鋭い痛みやシビレが起きます。

 

首は、重さ5~6キロの頭を絶えず支えながら、その重い頭を、上下左右に向けたり、回転させたりと、いろいろな方向に動かす役割をしているので、首からシビレや痛みが起きるようになっても、そのままにしていると、症状が進行していきます。
首のシビレや痛みが起きてくると、筋肉のコワバリが強まって首の骨の変形(頚椎症)も起きてくるので、ますます神経の出入り口を狭めたり、神経の出入り口の骨がイビツナ形になったりして、神経を刺激するようになるからです。
また、加齢や運動不足で筋力が低下してくると、首の筋肉も弱ってくるので、デスクワークをしていると神経を圧迫しがちになるからです。

 

【 ストレートネック、首猫背 】(図)ストレートネック・首猫背

特に、首だけを極端に前に出す『ストレートネック』や『首猫背』の状態になると、首の筋肉の“凝り”や“過緊張”が大きくなるので、首や肩に強烈な刺激痛やシビレが起き易くなります
しかも、首の筋肉がコワバッテ、血行が悪化してくると、神経が過敏になってくるので、チョッとした首の疲労や緊張でも、敏感に神経が反応するようになります
この結果、普段でも、首や肩から、「ズキズキと痛む」、「ジンジンする」、「チクチクと感じる」、などの神経症状が現れるようになり、これらの神経症状が現れる事で、余計に筋肉のコワバリが強まるようになります。

 

そして、『ストレートネック』や『首猫背』が続いて、筋肉のコワバリが強まると、首や肩のシビレや痛みだけでなく、他の神経症状も起きるようになります。
比較的多いのが、「箸を使う事やボタンを留めるなどの手先の作業が、しにくくなった」、「ビンや蓋を開けるときに、握力が弱く感じる」、などがあります。
これらは、首の神経が圧迫され続けた為に、手の感覚がニブッテくる知覚障害や、筋力が弱る麻痺症状が起きてくる為です。

 

また、神経症状以外にも、首の違和感に気付かされます。
例えば、首の筋肉が過緊張の状態になるので、喉(のど)近くの筋肉(胸鎖乳突筋)も凝り固まるので、休んでいても、「喉付近のコワバリ」や、「喉が詰まったような感じ」に気付かされます。
また、首の負担が増して、首や肩の血行が悪化し、顔の血行やリンパ液の流れが悪くなってくると、顔にシワやタルミが生じて『疲れ顔』や『老け顔』が起きたり、にムクミが起きたりしてきます。

【 首の筋肉のシコリ(硬結) 】(図)首のシコリ

首から肩・腕へのシビレや痛みを解消させるには、首と首周囲の緊張を解消させて、首の神経の出口付近の筋肉のコワバリを解消して、元の状態に回復させる事が必要です。
整形外科を受診すると、日常生活の疲労や緊張による、首の筋肉のコワバリが原因になっているので、保存療法と生活指導が中心になります。
筋肉の緊張を和らげる為に、湿布薬や、筋肉弛緩薬、ビタミン剤などを処方し、そして、設備がある所では、筋肉を緩める電気刺激や、首の牽引などを行い、そして、首を後方へ反らせないように指導したり、不良姿勢や生活習慣を改善するように指導したりします。

 

しかし、整形外科で治療を続けても、なかなか改善効果が現れなかったり、あるいは、一旦症状が改善しても、再び症状が起きたりする事がよくあります。
これは、首の筋肉のコワバリを、直接、緩和させる治療法ではない事と、仕事や家事をしていると、どうしても、首の負荷が続いてしまう為です。
しかも、首の筋肉は、精神的な緊張があると、筋肉の緊張が強まる特徴があるので、仕事やプライベートで、イライラしたり、ストレスが強まったりすると、首の筋肉の緊張が強まってしまいます。

 

更に、首の筋肉がコワバッテくると、首の筋肉に“シコリ(硬結)”ができる事が多いので、それによって血行が遮断されて、老廃物が溜まり、酸素が不足してくると、余計に首の筋肉の緊張解消が難しくなります
この結果、絶えず神経の異常興奮を起こして、ズキズキと疼(うず)くような痛みが起き、それによって、筋肉のコワバリが固まったまま、解消されづらくなるので、これらによって悪循環になっていきます。
しかも、シコリは筋肉が硬く凝り固まって、『塊』のような状態なので、ストレッチや運動をしても『塊』が緩まないだけでなく、そのまま残ってしまうので、解消できません。

【 当院の、首のシビレや痛みの治療 】(写真)当院の首治療

当院は、このような首のコワバリや凝りによる、首から肩・腕へのシビレや痛みの解消に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療によって、改善を図っています。
これは、ツボが、神経が重なり合った箇所に反応点として現れ、更に治療点として、適度に刺激を与えると、神経に作用して症状を改善する効果があるので、血行を改善し、凝りをほぐし、神経の興奮を和らげる効果があるからです
更に、首の後ろには、自律神経の中の、リラックスに関わる副交感神経(迷走神経)の働きを促すツボがあるので、これを利用すると、首からシビレや痛みを発しているシコリを解消させる効果もあります。

 

また、マッサージ治療を行う事で、直接、患部の血行やリンパの流れを良くしたり、筋肉の弾力性や柔軟性を高めたりするので、これによって神経の興奮を抑制し、シビレや痛みを和らげる効果があります。
しかも、首は、筋肉が薄く、内側に重要な神経や血管が通っているので、安心感を必要とする首の治療には、マッサージ治療が、抵抗感が少なく、リラックスして受けられます。
この為、当院は、患者の症状や、患者の治療法の希望によって、ツボ刺激とマッサージ治療を使い分けながら、首や肩の治療を行っています。

 

更に当院では、首や肩の患部の治療だけでなく、首への負荷が自然に分散されるように、上半身の状態を診断して、身体のバランスを回復させる治療を、併せて行っています。
身体の姿勢が悪くなっていたり、不快症状があったりすると、それによって、首や肩のコワバリが強まって神経を刺激して、首や肩のシビレが起き易くなるからです。
特に、『ストレートネック』や『首猫背』の場合は、頭を支えきれず、背中の上側の筋肉や肩甲骨周りの筋肉などに負担がかかって、常に緊張する状態になり、首や肩のシビレの原因になるので、これらの筋肉の血行やリンパの流れの改善と筋肉の弾力性や柔軟性の回復を、重点的に行っています。

 

ツボ刺激を併用したマッサージ治療は、身体の異常を知らせる反応点(ツボ)を利用した治療法なので、患者にとって無理が無く、しかも、効果的に首の筋肉の柔軟性回復ができます。
当院は、首の凝りや硬結(しこり)の解消や、それに伴う痛みやシビレの回復治療を、ツボ刺激を併用したマッサージ治療によって、患者がリラックスした状態で受けられるようにしています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

ズキズキと疼(うず)くような、慢性的な、凝りや痛み

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)慢性的な凝りや痛み

導入文

頭痛、肩こり、腰痛などで、慢性的な痛みに悩まされていると、凝りや痛みを発している筋肉の内側に、筋肉が凝り固まったような、ゴリゴリとした硬いシコリ(硬結)ができている事に気付かされる事があります。

この硬いシコリができると、血行が遮断されて、老廃物の排出や酸素の供給が極度に悪化し、これによって神経に異常興奮が起きてくるので、ズキズキと疼くような痛みや、ダルサ感、疲労感などが強まり、シコリが無くならない限り、いつまでも続くようになります。

この為、不快な痛みを解消するには、湿布を貼ったり、温めたり、身体を休めたりする事よりも、不快な痛みを発しているシコリの箇所を確認して、周囲の筋肉のコワバリを回復させながら血液やリンパ液の流れを回復させ、シコリを解消させる事が大切です。

【 シコリ(硬結)による、神経刺激 】(図)シコリの神経刺激

頭痛、肩こり、腰痛などが起きても、「そのうち、治るだろう」と思って、そのままにしていたり、我慢していたりすると、次第に、内部からズキズキと疼くような痛みが起き、だんだんと、不快な痛みが強まってくる事があります。
これは、最初、一時的な疲労や過緊張による痛みであっても、毎日の疲れや運動不足などで体力が弱まると、筋肉の柔軟性や回復力が低下し、血行が悪化するので、身体に有害な二酸化炭素や老廃物が増え、身体に必要な血液からの栄養や酸素が欠乏し、凝りや痛みが強まる為です
しかも、凝りや痛みが強まって、筋肉が凝り固まって筋肉の内部に硬いシコリができると、それによって毛細血管の血流が遮断されてしまうので、シコリ周辺の神経が異常興奮を起こし、“ズキズキ”とした神経特有の痛みに絶えず悩まされるようになります。

 

また、シコリによって神経が異常興奮を起こすと、神経が過敏になるので、チョッとした動作やストレスでも、すぐに反応して、強く疲れを感じたり、ダルサを感じたりします。
そして、痛みの感覚が敏感になってくると、神経の興奮を抑える働きが弱くなってくるので、ズキズキと疼くような凝りや痛みが解消されづらくなり、休んでいる時にも不快感が続くようになります。
更に、この慢性的な不快感から、筋緊張 ➡ 血流悪化 ➡ 神経刺激 ➡ 筋緊張と、悪循環が起きると、神経が休まらない状態になってくるので、ますます疲れやダルサを感じ易くなり、頭痛、肩こり、腰痛などが起き易くなり、更に症状が悪化してきます。

 

このズキズキと疼くような慢性的な凝りや痛みが起きるのは、痛みを長引かせた場合だけでなく、同じ筋肉に繰り返し負荷をかけた場合や、あるいは軽度でも、ずうっと筋肉疲労が続いた場合にも、しばしば起きます。
よくあるのが、歩き続けて腰や脚が過度に疲労した場合や、長時間の不安定な動作を繰り返した場合、重い物を肩にかけて運び続けた場合などで、これらは、同じ筋肉に繰り返し負荷をかけ続けるので、筋肉内にシコリができて、神経が過敏な状態になった為です。
また、ジッと緊張した状態が続くデスクワークをして、首、肩、肩甲骨周辺、腰などに、軽度でも、ずうっと筋疲労が続くと、やはり、血行の悪化からシコリができ、神経を過敏な状態にさせてしまいます。

(図)自律神経の不調【 自律神経の不調にも 】

しかも、シコリから発する痛みや不快感が続いたり、強まったりすると、体調を保っている自律神経に大きな負荷になってくるので、自律神経がオーバーワーク状態になると、不快さや痛みが強まるだけでなく、身体に不調を起こしてしまいます
特に、このような状態が起き易いのは、自律神経が首から背骨沿いに通っているので、疲労や緊張などで首の後ろ側や肩甲骨の内側にシコリができた場合です。
例えば、首の後ろ側にシコリができて痛みや不快感が強まると、体調の悪化と共に頭痛を起こしたり、あるいは、肩甲骨の内側にシコリができて疲労感やコワバリ感が強まると、「身体が、何となく身体の調子が悪い」と感じられてきたり、「背中のコワバリから呼吸が浅くなった」、などを感じたりします。

 

また、首、肩、背中などにできたシコリの不快さや痛みが強まって、自律神経が不安定になると、気候や天気の変化に敏感になり、「寒くなったり気圧が低くなったりすると、身体に痛みが出る(『寒冷痛』)」とか、「天気が悪くなると、膝や腰の関節の痛みが悪化する(『天気痛』)」を、起こす人もいます。
他にも、ケガや手術によって古傷となった傷あとやコワバリもシコリの一種なので、寒さを感じたり、体調が悪化したりすると、そのシコリ箇所が敏感になって、ジンジンとした絶え間ない痛みを感じる事があります。
しかし、シコリ(硬結)は血液の流れが悪化した事が原因になっているので、ズキズキと疼く凝りや痛みの解消に、医院でMRI・CTなどの画像検査を受けても、筋肉内部の異常が確認できません。

 

このように、自律神経沿いにシコリできると、最初のうちは違和感や痛みといった程度でも、シコリが自律神経を圧迫してくると、頭痛や頭重感、体調の不調、といった神経系の症状を起こします。
そして、不快さや痛みが長引いたり、強まったり、身体に不調を感じてきたりすると、ますます自律神経の負荷が大きくなるので、仕事をしていても、集中力が続かなくなったり、気分的にイライラさせられたりします。
更に、精神的な安定が失われてくると、チョッとしたキッカケで不快感が強まって、疲労感や緊張感が強まったり、ずうっと仕事や家事をしているのが辛くなったりします。

【 解消しづらいシコリ 】(図)ストレッチや運動

シコリができると、“ジ~ン”と、神経特有の響くような痛みを感じるので、自分でその場所が分かりますが、自分でシコリを解消させるのは困難です
シコリは、筋肉が凝り固まったように、硬い“塊”になっているからです。
この為、シコリをストレッチや運動で伸ばそうとしても、シコリの硬い“塊”は緩まずに、周辺の筋肉を伸ばすだけで、シコリがそのままの状態で残ってしまいます。

 

また、シコリの筋肉が凝り固まっているのは、シコリやシコリの土台になっている筋肉に、強いネジレや萎縮が生じているからです。
これを解消するには、横や斜めなどのいろいろな方向に、引き伸ばす事が必要になります。
しかし、ストレッチや運動は、“一方向”に筋肉を伸ばす事はできても、いろいろな方向に伸ばす事はできないので、筋肉の多方向のネジレや萎縮を解する事ができません。

 

更に、一層、シコリの解消を困難にさせているのが、シコリができている箇所は、首の後ろ側や、背骨沿い、肩甲骨の内側が多いので、直接、眼で確認できないだけでなく、シコリに手がシッカリと届かない事です。
この為、直接、シコリを解消させる事ができないので、代わりに身体を伸ばすストレッチや運動をする事になり、シコリが筋肉内部に残ったままになって、スッキリしない感じが残ってしまいます。
しかも、ストレッチや運動で、シコリの土台になっている筋肉に負荷が多くなると、シコリを強めてしまうので、しばらくすると、痛みや不快感が増すという結果になります。

【 当院の、ツボ治療とマッサージ治療 】(写真)当院のシコリ治療

当院は、シコリから生じる不快な凝りや痛み解消に、東洋医療をベースにしたツボ治療とマッサージ治療を利用しています。
これは、シコリができる位置と、東洋医療で利用されているツボの位置が、ほぼ一致しているので、崩れかかった身体のバランスを整える東洋医療の治療法が生かせるからです
しかも、ツボは、神経や血管が集まっている箇所なので、反応が確認できるツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるからです。

 

この効果から、当院では、シコリの解消や症状の改善に、「押されると身体の芯まで響いてくる」とか、「痛いけど気持ちいい」、「ツボをしっかり押されている」と感じられる箇所に、ツボ刺激を加え、治療を行っています。
シコリによって血液が身体の隅々まで十分に行き渡らなくなっているので、ツボに刺激を加えると、ツボが神経や血管が集まっているので、筋肉の弾力性や柔軟性が高まり、毛細血管が拡がる効果があるからです。
これによって、血行やリンパの流れが促進されると、「血行が悪い→痛む→筋肉がこわばる→更に血行が悪くなる」、という悪循環が弱まり、神経興奮の抑制につながります。

 

更に、当院では、マッサージ治療を行い、周辺のコワバリをほぐし、血行を回復させ、新しい血液を流入させて、老廃物を押し出し、神経の過敏状態を和らげるようにしています。
特に中高年以降になって、毎日の疲れや運動不足などで身体の回復力が低下していると、元々悪くなっていた部分の自然治癒が追いつかず、疲れやすさや痛みとなって現れてくるので、疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来の症状改善が必要です。
身体の不調時に顕在化するシコリは、ツボと同じように、身体の異常を知らせる“反応点”であり、病状を改善する“治療点”になっているので、筋肉や血行の改善を得意としている東洋医療をベースにしたマッサージ治療が、改善に効果があります。

 

筋肉内にシコリができると、付近の神経が異常に興奮してくるので、湿布を貼ったり、温めたり、身体を休めたりするだけでは、痛みや不快感が解消されません。
当院は、神経の異常興奮による痛みや不快感の解消に、マッサージ治療に、昔から利用されているツボ刺激を併用し、筋肉内のシコリの解消を図り、神経の興奮を和らげて、痛みや症状の改善を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

疲労・緊張に敏感に反応する、頭の痛み

【(症例)痛み・しびれ 】

(写真)敏感な頭痛

導入文

緊張型頭痛は“肩こり頭痛”と言われているように、頭を支える首や肩の筋肉の緊張によって、血行が悪化すると起きてきますが、最近の傾向として、ストレスや疲労などで肩周辺の“神経が過敏”となって、頭痛を誘発するケースが多くなっています。

しかも、神経過敏の状態になると、筋肉の緊張が解消しづらくなり、ストレスや疲労などで更に悪化するので、いつまでも疼くような不快な痛みが続いたり、頭がギューッと締めつけられるような痛みに苦しめられたりします。

このような神経過敏タイプの緊張型頭痛を回復させるには、神経の興奮を鎮める事が必要になるので、首や肩の神経や血管が集まっているツボを利用すると、薬に頼らずに、筋肉のコワバリや血行が改善され、痛みを防ぐ効果があります。

【 筋肉緊張説と、神経過敏説 】(図)神経過敏説

現在、日本人が悩まされる頭痛のうち、60~70%は緊張型頭痛と言われるほど、緊張型頭痛が、日本人にとって一番多い頭痛になっています。
これは、欧米人に比べて日本人が、頭が大きい割に体格が小さくて、首や肩の筋肉量が少ないので、PCやスマホで、背中を丸めた前傾姿勢や、頭を突き出した姿勢が多くなると、頭を支える首や肩の筋肉に大きな負担となってしまう為と言われています。
特に、なで肩で首が細い女性は、首や肩の筋力が弱い為に、PCやスマホ操作をしていると、肩が前方に差し出した腕の重みに負けて引っ張られるので、首や肩の筋肉の緊張が強まって、緊張型頭痛が起き易くなります。

 

この為、緊張型頭痛を解消する方法として、コワバッテ血行が悪くなった首や肩の筋肉を、ストレッチして伸ばしたり、前後左右に動かしたり、温シップやホットタオルで温めたりして、筋肉や血行を回復させる事が勧められています。
しかし、それらによって多少痛みが和らぐ事があっても、相変わらず首や肩のニブイ痛みが続いたり、頭重感や頭痛が残ったりするので、期待するような効果が得られません。
また、頭痛解消に、市販薬を飲んだり、医師が処方した鎮痛薬を服用したりしても、痛みが一時的に減少した感じになりますが、ストレスや緊張が高まると、肩周辺の“凝り感”や頭重感から、再び頭痛に襲われてしまいます。

 

このような事から最近は、緊張型頭痛の原因として、従来の“筋肉緊張”説に加えて、血行の悪化から神経が刺激される“神経過敏”説が、注目されています。
これは、最初は“筋肉緊張”が、頭痛を起こす原因であっても、この状態が続くと、肩周辺の神経が過敏になり『痛みのコントロール』が働かなくなるので、緊張型頭痛を誘発したり、痛みを悪化させたりする、という考え方です。
例えば、猫背や頭を前に突き出す姿勢などで、頭を支えている首や肩の筋肉に大きな負担がかかって、血行が悪化すると、血液中に老廃物が溜まったり酸素が不足したりして、周辺の神経が刺激されて過敏になってくるので、首から後頭部の痛みの感覚が発生し、頭痛を引き起こすという考え方です。

【 指先の筋肉の酷使、不安やストレスから 】(図神経過敏のキッカケ

“神経過敏タイプ”の緊張型頭痛が起きるのは、姿勢によるものだけでなく、指先の筋肉を酷使したり、不安やストレスを感じていたりする事も、影響します
例えば、PCのキーボード操作をしていると、手先だけでなく、腕を通って背中の深部の筋肉を、ずうっと使い続ける事になるので、気付かないうちに、腕から背中、そして肩や首の筋肉が緊張し、疲労するようになります。
更に、指先の操作を繰り返していると、腕を支えている肩の付け根や、肩甲骨あたりの筋肉の負荷も大きくなります。

 

この為、背中や肩の筋肉の疲労が長く続くと、それらをコントロールしている背中や肩の“神経の疲労”が大きくなるので、疼くような不快な痛みや不快な違和感が絶えず起き、背中や肩の神経が過敏な状態になります。
特に、腕の重みのかかる肩周辺や、姿勢を保つ背骨と肩甲骨の間、そして、それらの背中部分と頭の均衡を保つ首などに、神経の過敏箇所ができてきます。
しかも、この神経の過敏箇所は、チョッとした疲労や緊張でも、すぐに痛みの感覚が活性化して強まるので、この痛みの活性化が繰り返されるうちに、次第に首の神経を通して、背中や肩の痛みが後頭部の神経に伝わる神経回路(トリガーポイント)ができて、緊張型頭痛を起こすようになります。

 

また、仕事の事や職場の人間関係の事などが気になって、不安やストレスを感じていたりすると、これも首や肩の“神経過敏タイプ”の緊張型頭痛を引き起こす原因になります。
例えば、「気が休まらない」、「リラックスしにくい」、「しょっちゅうイライラ、ピリピリしている」、「妙に焦りや不安を感じやすい」などを感じていると、首・肩・背中の筋肉が緊張して、神経疲労も大きくなってくるので、神経の過敏な箇所ができ、後頭部の神経を刺激するような神経回路(トリガーポイント)ができてくるからです。
この結果、不安やストレスを強く感じると、後頭部の神経を刺激するような神経回路が活性化されて、頭重感や、頭が締め付けられるような痛みが起きるようになります。

 

【 シコリ解消の重要性 】(図)シコリ

病院の緊張型頭痛の解消は、通常、痛みを和らげる「鎮痛薬」、炎症等の「消炎剤」、そして「筋肉の緊張の緩和する薬」、などを処方します。
しかし、病院で処方する頭痛薬を服用していても、疲労やストレスを強く感じると、どうしても首や肩の神経が敏感に反応して、肩や首に凝りや痛みが強まったり、頭痛に悩まされたりします。
これは、薬によって一時的に痛みを、ニブクさせたり、軽減させたりしても、首や肩などに、頭痛を誘発する神経回路(トリガーポイント)が残ったままになっているので、キッカケがあると、頭痛を誘発する神経回路(トリガーポイント)が活性化する為です。

 

この為、緊張型頭痛の解消には、神経回路(トリガーポイント)の解消が必要ですが、この神経回路ができている箇所は、皮膚の上から触ると、内部にコリコリとした筋肉の塊が感じられます。
これは、疲労や緊張が続いていると、毛細血管の血液の流れが阻害されて、神経が過敏な状態になるだけではなく、周りの筋肉が凝り固まり、硬いシコリ(硬結)ができているからです
神経過敏タイプの緊張型頭痛を解消するには、硬いシコリができている箇所を確認して、シコリのコワバリをほぐし、それによって毛細血管の流れを回復させ、神経の過敏状態を解消させる事が必要です。

 

また、緊張型頭痛の解消には、首や肩周辺だけでなく、背中の血行も悪くなっているので、首・肩・背中の血液が、スムーズに流れるようにする事も必要です。
この為、肩甲骨周辺を含めて上半身のコワバリやシコリを確認して、これらを解消したり、首や肩の関節の動きをチェックして改善したりして、首に続く上半身の血行を回復させていくと、改善効果が高くなります。
特に、中高年以降になると、だんだんと悪くなっていた部分の自然治癒が追いつかず、疲れ易さや痛みとなって現れている事が多いので、身体のコワバリやシコリをチェックして、柔軟性を回復させる事が重要です。

【 当院の神経過敏タイプの治療 】(写真)当院の緊張型頭痛の治療

当院は、“神経過敏タイプ”の緊張型頭痛の解消に、マッサージ治療にツボ治療を加えて、過敏になっている神経の鎮静化を行っています。
これは、ツボが、「反応点」として身体の異常を知らせ、「治療点」として症状を改善させる効果があるので、ツボ反応を利用する事で、頭痛を誘発する神経回路(トリガーポイント)の箇所の確認と、神経の過敏状態の改善に、効果的な治療法になるからです
しかも、ツボに適切な刺激を与えると、首や肩の痛みが和らぐだけでなく、そのツボに関連する周辺の筋肉や血行に作用するので、体調の改善にも役立ちます。

特に、首は、内部に重要な神経や血管が通っている上に、外側の筋肉が薄くて小さな筋肉で構成されているので、非常にデリケートな治療を必要とします。
このような場合に、ツボ反応を利用してピンポイントに治療を行うと、受ける患者に抵抗感が無く、身体がリラックスした状態で、首の治療が受けられます。
首に硬いシコリができている場合でも、ツボ刺激を利用する事で、患者に抵抗が無い状態で、無理をせずにシコリ解消の治療が行えます。

 

また、当院では、背中や腕の状態も確認して、神経が過敏な状態になり、内部から疼くようなジクジクとした痛みを感じるような箇所の回復を行っています。
これらの治療によって、上半身のシコリのコワバリを解消させて、シコリ内の血流を回復させていくと、老廃物や疲労物質の排出が進み、頭痛を誘発する神経回路(トリガーポイント)が解消されるようになります。
首や肩の“神経過敏タイプ”の緊張型頭痛は、神経の異常興奮が生じているので、ツボ反応を利用したマッサージ治療を利用すると、効果的な柔軟性や血行の回復が可能になるだけでなく、安心して受けられます。

 

緊張型頭痛が繰り返される場合は、筋肉内にある硬いシコリを解消させて、神経の過敏状態を回復させる事が必要です。
当院は、ツボ刺激を併用したマッサージ治療により、神経や血管を圧迫している緊張を解消し、長引く痛みの回復を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】