頭(脳)の疲労( 飽きる、眠くなる、疲れる )が、現れたら

【(症例)疲労や だるさ 】

仕事やストレスなどで頭が疲れてくると、“頭の疲労サイン”として「飽きる」、「眠くなる」、「疲れる」などが現れ、それでも無理して続けていると、身体にいろいろな不調が起き始め、休みを取ったり栄養を摂ったりしても、なかなか体調が回復しなくなります。

これは、心臓や胃腸の動きや、体温、血圧、発汗などの調節を、自律神経系が行っているので、仕事やストレスなどで自律神経がオーバーワーク状態になると、身体の調整能力が乱れ、疲労や不調の解消機能が働かなくなるからです。

この為“頭の疲労サイン”が現れたら、首は脳に繋がる神経や血管の通り道になっているので、首のコワバリや凝りを解消し、血行を回復させると、過敏に反応していた自律神経を安定化させる働きになって、身体の疲労や不調が解消してくる効果があります。

【 頭の疲労サイン 】

仕事や人間関係、運動、育児などに追われて、頭が疲れてくると、「頭がボンヤリしてくる」、「考えがまとまらない」、「頭の中がモヤモヤする」、「人の話についていけなくなる」、などが起きます。
これは、脳の疲労で、脳の処理能力が低下し、脳内の情報伝達や整理整頓がキチンとできなくなった為に、理解力や判断力が弱まったからです。
しかし、いきなり脳の働きがニブッテしまい、理解力や判断力が無くなるのではなく、脳が疲労してくると、それに伴って、「そろそろ、休みたい…」という“頭の疲労サイン”が現れます

 

この脳の疲労サインで、始めに現れるのが『飽きる』という感覚で、「もう、これ以上続けたくない!」とか、「面倒くさい」、「イヤになる」など、気力が無くなった状態になり、今行っている事を途中で休みたくなります。
それでも、何とかガンバって続けていると、『眠くなる』が現れ、「頭がボーっとする」、「ウツラウツラとしてしまう」、「あくびが出る」などが起き、眠気で、半ば強制的に脳の活動を休ませるようにします。
それでもなお、ガンバリ続けると、『疲れる』が現れ、「頭がズンと重くなる」、「目がショボショボする」、「何もする気が起きない」などが起き、「疲れて、これ以上続けるのが無理」と、脳の活動低下が起きてきます。

 

このような“頭の疲労サイン”が現れても、続けていると、身体に、いろいろな不調が起きてきます。
例えば、「いつも、身体が重ダルイ」、「頭がボーッとして、物事の判断がつきにくくなった」、「些細な事で、感情が不安定になる」、「イライラして、能率が悪くなった」、「朝になっても寝入ったまま、起きられない」、などです。
これは、脳の疲れが大きくなって、体調を保つ自律神経がオーバーワークになると、心や身体の安定を保つ事ができなくなり、脳から、「これ以上、身体を酷使しないでくれ!」と、心身の疲労を強く訴えるサインが現れた為です。

【 脳と首の関係 】

脳が疲れてくると、“特徴的に現れてくる”のが、後頭部や、頭の付け根、肩、肩甲骨、などの凝りや痛みです。
これは、重たい頭を、首や肩周辺が支えている事もありますが、更に、脳の疲労によって体調を保つ自律神経の働きがオーバーワーク状態になると、自律神経の働きが乱れて、自律神経の通り道になっている後頭部や、頭の付け根、肩、肩甲骨付近の筋肉を緊張させたり、血流を悪くさせたりするからです。
また、毎日の疲労や緊張で、左右の肩の高さの違い、軽い側弯、反り腰や平背、骨盤の高さの左右差などがあると、首から背骨沿いに通っている自律神経を絶えず圧迫するので、余計に、後頭部や、頭の付け根、肩、肩甲骨、などの凝りや痛みを強めるようになります。

 

しかも、首は、脳が活動を続ける為に、神経や血流などの重要ルートになっているので、『首の上半分は、脳の下側の延長』と言われるように、事実上、脳と首が一体となって働いています。
この結果、頭が疲れてくると、首や首周辺に凝りや痛みが生じ、反対に、首や首周辺が疲れてくると、筋肉のコワバリによる神経圧迫や血行の悪化で、脳の働きが低下してしまいます。
言ってみれば、首と脳の、どちらか片方が疲労すると、残りの片方に疲労の影響を与えるようになるので、それが繰り返されると、首と脳の疲労の悪循環につながっていきます

 

そして、首と脳の疲労の悪循環によって、頭痛や頭重感などが起きます。
首や脳の疲労によって、神経が刺激されて、神経が敏感になってくると、チョッとした疲労や緊張でも、筋肉や血管を収縮させて、血行が悪くなるので、首スジから頭にかけて痛みが増したり、痛みが続いたりするからです。
更に、頭痛や頭重感などが起きると、それによって自律神経の働きを乱すので、「気持ちがすっきりしない」、「身体がダルク、不快な感じがする」、「イライラする」などにも、悩まされます。

【 自覚しづらい脳の疲労 】

この為、首周囲や後頭部に、筋肉のツッパリ感や、凝りを感じたら、首のコワバリ解消だけでなく、脳への血行促進も合わせて行う事が大切です。
例えば、前かがみなって一日中、PCとにらめっこしながら頭を働かせていると、首の筋肉の疲労だけでなく、PCを使って判断作業を続けている為に、脳の血行が悪化しているので、脳の血流を改善を図る為に、首や首周辺の血行やリンパの流れを促進させる事が必要です。
言うならば、頭の中が、緊張感や疲労感で『息をつく暇もない』状態になっているので、首のツッパリ感や凝りを解消する事で『息がつける』ようにして、頭の中の緊張感や疲労感を解消し、ひと安心して、ホッとできるようにする事です。

 

ところが、脳が疲労した状態になっていても、その事を、自覚しづらくなっているケースがあります。
例えば、かなり脳が疲れていても、仕事に追われていると、「たいした事はないだろう」と思ったり、あるいは、やりがいや使命感などを感じていたりすると、「疲れを感じない!」と思ったりしてしまうからです。
あるいは、「疲れているのは、脳ではなく身体」と思い込み、「身体を休めれば回復する」とか、「ゆっくりと、お風呂に入れば大丈夫」と、思ってしまう事もあります。

 

この為、デスクワークをしていて、“頭の疲労サイン”が現れたら、脳の疲労状態を判断するのに、後頭部や首、背中などに現れる痛みや凝りが、手掛かりになります。
脳と首が一体となって働いているので、首や首周辺に凝りや痛みを感じる状態になっていると、脳への血行を障害したり、自律神経の働きを乱したりしている可能性が高いからです
特に、後頭部の圧迫感や、頭重感を伴う場合は、首コリや肩コリによる影響が大きいので、首周辺に溜まった疲労や緊張を解消させて、血流を改善させる事が必要です。

【 当院の、頭(脳)の疲労解消 】

脳が疲労して脳の血流が悪くなってくると、体調を保つ自律神経の働きが低下した状態になっているので、ゴロゴロしたりボーっとしたりして休んだり、栄養を摂ったりするだけでは、なかなか解消できません。
脳の疲労を解消するには、脳と首が一体となって働いている事を利用して、後頭部や首周辺の筋肉の疲労を解消させて、脳への血流を活発にして、自律神経の働きを回復させる事が必要です
当院は、東洋医療をベースとしたツボ刺激とマッサージ治療で、首を中心に肩や背中などの柔軟性を回復させて、脳への血行を促し、これにより、「最近なかなか疲れが取れない」、「何だか身体がダルイ」、「眠れない」、「集中できない」、などの能の疲労解消を図っています。

 

これは、首が脳に繋がる血管と神経の通り道になっているので、反応が強く現れた首のツボに適切な刺激を与えると、ツボが神経や血管が集まっている箇所なので、ツボの刺激に順応して、首周辺の痛みや違和感が減少したり、首の筋肉内の血流が改善したりする効果があるからです。
例えば、当院では、脳の疲労を回復させる為に、昔から利用されている、首の後ろ側にある「天柱」と「風池」と呼ばれる2つのツボを、治療点として積極的に利用しています。
「天柱」と「風池」は、頭と身体を結ぶ血管や神経が多く通っているので、このツボに刺激を与える事で、疲労した脳に、スムースに脳血流が増加し、脳血流がバランスよく保たれるようになり、脳の血行の回復と共に、体調を整える神経が働くようになるので、リラックス硬化から、ストレスなどの心の不調(プチうつ症状)にも、効果があります。

 

更に、体調の回復を高める為に、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、肩や背中のシコリやコワバリを解消させ、血行の回復を行っています。
自律神経のオーバーワークによって、身体に疲れや痛みとなって現れているので、身体の疲労箇所や、痛みの箇所を確認し、回復させる事が必要になるからです。
東洋医療の特徴として、「筋肉の弾力性や柔軟性を高める」、「血行やリンパの流れを良くする」だけでなく、「神経の興奮を抑制する」効果もあるので、東洋医療をベースにしたマッサージ治療によって、身体の疲労解消を高め、それによってリラックス効果が期待できます。

 

休みや栄養を意識的にとっても、身体の疲労や不調がなかなか回復しない場合には、首周囲や後頭部の緊張を解消させて、脳の血流を改善し、体調を保つ自律神経の働きを高めるケアが必要です。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、首周囲の凝りや疲労の解消で、過敏になっている神経を鎮め、身体の疲労感や緊張感の解消を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やだるさなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

脳(頭)の疲労や思考力低下と、脳の酸素不足

【(症例)疲労や だるさ 】
(写真)脳の酸素不足

導入文

気が付くとアクビが何度も出たり、背伸びして深呼吸したりするのは、疲労や緊張でニブクなった脳の活動を刺激して活性化する為や、酸素不足になった脳に新たな酸素を補給する為、と言われています。

しかし、アクビや背伸びの効果は限られるので、脳が酸素不足になる状態が続くと、ジワジワと身体に不調が起き、「頭が重い」、「頭痛がする」、「肩こり」、「疲れやだるさが続く」、「集中力が続かない」、「眠気がする」、などに悩まされるようになります。

この為、これらの身体の不調に気付いたら、脳をリフレッシュする為に、肩・背中・胸の呼吸筋の疲労や緊張の解消と、首を中心とした脳への血行改善を行い、脳の酸素不足を解消させる事が大切です。

【 脳の酸素不足 】(図)デスクワークと脳の酸素不足

朝からずうっと夢中になって、パソコンやスマホを使って仕事をしていると、だんだん「頭がボーッ」としてきたり、「頭がズーンと重く」なったりして、思考力が無くなった経験があると思います。
このような時に、思わず、身体を伸ばしてアクビが出たり、思い切り腕を上げて背伸びをしたりします。
これは、集中して仕事をしていると、だんだんと脳が疲れて、脳の働きがニブッテくるので、身体を動かして脳を刺激する為と、脳の活動に必要な酸素が不足してくるので、アクビや背伸びなどの呼吸運動をする事で、不足している酸素を補おうとする為、と言われています。

 

脳が疲れてきたり、脳に酸素不足が起きてきたりするのは、仕事をしていると、考えたり判断したりする事が多くなって、脳の酸素を消費する量が急激に増えますが、それと共に、パソコンやスマホを使ってジッとしている姿勢が続くと、筋肉が締め付けられた状態となって、身体の血行が悪くなり、脳に届けられる血液量が減少する事も大きく影響しています。
特に、画面を見つめたまま、指先だけを動かす作業をしていると、首や肩の筋肉をギュッと固めた状態が続くので、首や肩の血管が圧迫され続けて、血行が悪化し、脳の活動に必要な酸素の供給が制限されます。
また、精神的な緊張が高まった状態が続くと、胸や背中の筋肉にコワバリが起きたり、呼吸運動をする筋肉が緊張したりして、呼吸が浅く(弱く)なってくるので、肺に取り入れられる酸素が少なくなり、脳に送られる酸素が減少するようになります。

 

しかも、パソコン作業をずうっと続けていると、脳のある一部が、ずうっと酷使され続ける事になるので、その箇所に極端な酸素不足が起きます。
例えば、仕事のタイムリミットに間に合わせる為に、パソコンに仕組まれている思考方法や作業を、ひたすら続けていたり、パソコンに仕組まれている作業手順を、神経を使いながら間違いのないように繰り返していたりする場合です。
このような状態になると、脳のある一部の神経が、ずうっと酷使される状態になるので、その箇所に極端な酸素不足が起き、それによって脳の活動力が低下して、集中力や持続力が落ちてきたり、注意力や思考力が低下し始めたり、雑念が多くなったりします。

【 脳の酸素不足による症状 】(図)物忘れ

このように、脳に酸素が不足する原因として脳の活動による影響がありますが、もともと脳が、肺から取込んだ全酸素量の約25%を必要するように、身体の中で最も多くの酸素を消費する臓器になっていますが、それにもかかわらず、脳には酸素を備蓄する機能や器官が無い事が大きく影響しています。
この為、脳にとって『血流による酸素供給が命』となるので、身体の疲労や緊張によって血液の循環機能が低下すると、酸素不足の状態が敏感に現れるようになります
この結果、身体が疲れたり、緊張する事が続いたりして、身体の血行が悪くなってくると、アクビが何度も出たり、無意識に背伸びを繰り返したり、そして更に、知っている名前や数字がすぐに出てこない「アレ、何だっけ?」現象や、「アレを、アレして!」などの現象が、起きてきます。

 

特に、中高年になってくると、仕事で運動不足になったり、猫背姿勢が続いて背中がガチガチに固まってきたりしてくると、このような“脳に酸素が不足する”状態が起き易くなります。
人間の身体の機能が、10代後半をピークにして、それ以降、次第に低下し、50代~60代になるとガクンと落ちるので、これに伴って、脳に酸素を取り入れる能力が低下してくるからです。
しかも、中高年になって身体が硬くなってくると、肺が充分に膨らなくなったり、呼吸が浅くなったりしてくる為に、脳が必要とする十分な酸素が供給されづらくなります。

 

そして、脳の酸素が状態が進むと、次のような症状が現れます。
 集中力が続かない
 頭が重くなる
 頭痛がしてくる
 目が疲れる
 ちょっと休むだけでは、疲れが消えなくなってくる
 持久力が落ちて、ヤル気が無くなる
 気分が鬱っぽくなる
 人と話すのが面倒
 動悸や息切れも感じる
そして更に、あまりに脳の酸欠状態が長く続くと、目の病気や身体の不調が慢性化し、脳梗塞や脳卒中などの深刻な疾病のリスクも高まるようになります。

【 日常生活に支障が 】(図)日常生活に支障が

しかし、身体に疲れを感じていても、普段、「呼吸をすれば、自然と脳に酸素が届いている」と思っているので、自分の“脳に酸素が不足している”状態に、なかなか気づきません。
しかも、時間に追われた生活をしていたり、意識が仕事に向いたままになったり、自分を取り巻く人間関係に細かな注意を払い続けたりしていると、それらに気を取られるので、余計、気付きにくくなります。
しかし、“脳に酸素が不足している”状態になると、脳の活動が低下するので、次第に日常生活に支障が出ます

 

例えば、最初は、「頭が回らない」、「何だかダルイ」、「面倒くさくなってくる」、などですが、次第に記憶力が低下し、思い出しづらくなります。
この結果、「相手の名前が思い浮かばない」、「覚えられなくなる」、「約束していた事を忘れる」、「置き忘れる」、「ひとり言で同じ事を何度も言う」、「今、何をしようとしたのだろう……?」、などが起きてきます。
しかも、脳が酸素不足の状態になると、精神の安定をや持つ事ができなくなってくるので、「気分の落込み」、「ヤル気の無さ」、「頭がボーッとする」、「イライラする」、「仕事のミスが増える」、「忘れっぽくなる」、「注意力が散漫」、なども起きてきます。

 

この為、判断したり考えたりするのに、頭が働かなくなったり、頭の不調が気になったりする場合は、脳が酸素不足にとても弱い臓器なので、脳に酸素がしっかりと届くように、体調を回復させると効果があります。
呼吸に関係する筋肉の緊張を解消させて、首や肩の血行を改善するようにすると、脳に血液がしっかりと届くようになり、頭がスッキリした感じになります。
しかも、脳に血液を供給している動脈が、眼にも続いているので、眼の筋肉の伸縮性を回復させて、眼のピントが改善してきます。

【 当院の、マッサージ治療とツボ治療 】(写真)当院の酸素不足治療

脳が活動するには絶えず大量の酸素を必要としますが、脳には酸素を備蓄する機能や器官が無いので、脳の疲労や思考力低下を改善するには、肩や背中の呼吸筋の緊張緩和や首の血行改善などによって、脳の酸素不足状態を解消させる事が必要です
当院は、このような疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来の症状に対して、ツボ反応から身体の不調時に身体に現れる「反応点」を確認し、マッサージ治療とツボ治療で、「反応点」を中心に症状の改善を行っています。
これらの治療法を使って、①呼吸運動の筋肉の弾力性や柔軟性を高め、②神経の緊張を解消し、③上半身の血行やリンパの流れを改善させるようにすると、呼吸筋の働きが回復し、脳に血液が充分届けられるようになり、脳の活性化につながります。

 

急ぐ場合には、当院が行っているクイックマッサージで、後頭部・首・肩の筋肉の柔軟性を回復させるだけでも、即効性があります。
例えば、硬くなった背中をほぐし、首の筋肉を緩ませると、呼吸筋の働きが回復し、血行が促進されるので、気分がリラックスしてくると共に、脳の活性化に効果があります。
また、首から背骨沿いに自律神経が通っているので、圧迫されていた自律神経が回復してくると、「だるい」、「肩がこる」、「冷える」、「疲れやすい」、「食欲がない」、「眠れない」、「イライラする」、「元気がない」、などの改善にもつながります。

 

できれば、下半身の血行も促進させると、体調の改善に、より効果的です。
重力の影響で、人の血液量のうち約70%は、自然と、腰から下に集まってしまうので、下半身の血行を促進させると、全身の血行が良くなって、脳への血流改善になるからです。
特にパソコンに向かいっぱなしで仕事をしている人は、血流速度が低下して身体の血行が悪化してくるので、下半身を含めて血行を改善させると、脳の酸素不足を回復させるのに効果的です。

 

長年の疲労や緊張で、胸や背中の筋肉が硬くなって、首も肩も凝った状態になると、脳の疲労や思考力の低下を引き起こすので、脳の疲労を解消させるには、体調を回復させて、身体の血行を改善する事が大切です。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、身体のストレスや過緊張を緩め、循環機能を整えて、体調回復や脳の働きの改善治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やだるさなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】