疲れ

座っているだけで、脚が、重だるい、こむら返り、むずむず感

症例)疲労や だるさ 】

脚の重ダルサに、女性の約80%が悩まされますが、「たいしたこと、無いだろう…」とか、「そのうち、治るだろう…」と思っているうちに、脚がむくんできたり、太ももの後ろやふくらはぎに違和感や痺れが起きたりして、酷くなると、こむら返りやむずむず感も起きてくる事があります。

脚に重ダルサが起きるのは、脚の疲労や血行の悪化などが強まって、「これ以上は無理!」というアラームサインなので、そのままにしないで、脚や腰の状態をチェックして、ダルサや疲労感の原因を無くす事が大切です。

多くの場合、「立ったままや、座ったままの姿勢が多い」、「脚の筋肉の働きの低下」、「脚の冷え」などで、下半身の疲労やコワバリが慢性化した事が原因になっているので、下半身の筋肉のコワバリ箇所や血行の悪化箇所を確認して、それらを解消させ、身体の回復力を取り戻す事が大切です。

【 脚のダルサと、腰や脚の運動能力の低下 】

毎日、椅子に座ってずうっと仕事をしていると、慣れているはずでも、「脚がダルクなって、重くなる」とか、「脚が重ダルクなって、動くのがオックウ」と感じてくる事があります。
ジッとしている事が多くなると、脚の筋肉の働きが低下してくるので、下半身に溜まった血液を心臓へ押し上げる『筋ポンプ』も低下して血行が停滞し、血中に溜まった“老廃物”や“疲労物質”が、「ダルサ感」や「疲労感」を生じさせるからです。
しかも、仕事やプライベートなどでストレスや心配事があると、精神的な緊張で、余計に血行が悪化するので、ますます腰から下の脚のダルサが増し、腰から下のグッタリ感が増すようになります。

 

この状態が繰り返されて、いつも脚の重ダルサを感じると、更に、腰のダルサを強く感じたり、夜になっても脚の不快感が続くので、「眠れない」という状態になったりします。
また、「ダルサ感」や「疲労感」だけでなく、脚に溜まった老廃物や疲労物質によって下半身の“運動能力を低下”させるので、腰の筋肉も動きづらくなるります
下半身を「脚・腰」と言うように、脚の筋肉や血管が腰に接続し、脚と腰が一体となって働いているので、脚に溜まった老廃物や疲労物質が、腰に影響を与えるからです。

 

脚や腰の運動能力の低下で、自覚されるのが、階段を上がる時に「脚が重くて、ツライ…」と感じる事と、少し歩いただけでも「下半身が疲れる…」と感じる事です。
これ以外にも、下半身の運動能力の低下から、チョット歩くと、太ももやふくらはぎの筋肉が“突っ張った感じ”がしてきたり、座っていると、ふくらはぎや太ももの筋肉が耐えられなくなって、ジーンとした違和感がしてきたりします。
また、足首や膝の動きがニブクなるので、歩いている時に、足先が上がらなくなったり、引きずるような歩き方になったりするので、躓(つまづ)きそうになったり、足先をぶつける事が多くなったりします。

【 むくみ、こむら返り、むずむず脚症候群 】

また、脚にダルサが起きてくると、脚の筋肉の働きや血行が悪化した状態になっているので、脚のダルサや疲労感だけでなく、いろいろな気になる身体の異常が起きてきます。
最初に気付くのが、脚の『むくみ』です。
脚が心臓から遠い位置にある事と、脚の筋肉の働きの低下で、脚の血液の流れが悪化してくると、血管内の血液の圧力が高くなって、血液中の水分(組織間液)が血管外に外へ押し出され、皮膚や皮膚の下に水分が溜まって、『むくみ』となるからですくるからです。

 

また、脚の血行悪化によって、溜まった老廃物や疲労物質が神経を刺激して、敏感な状態にさせるので、休んでいる時や寝ている時に『こむら返り』が起き易くなります。
休んでいる時や寝ている時は、筋肉のコントロール力が低下した状態になっているので、何かのキッカケで、敏感になっている神経が刺激されると、すぐに反応して、いきなり筋肉が収縮してしまうからです。
しかも、中年以降になって『昼間の長時間の同じ姿勢』『運動不足』『睡眠不足』『ストレス』『冷え』などで、夜になっても、身体の緊張が解消されづらくなっていると、神経が“圧迫刺激され易く”なるので、『こむら返り』が起き易くなります。

 

同じような理由から、ずうっと座っていたり、夜になって横になったりすると、『むずむず脚症候群』に似たような、「脚がむずむずする」、「脚がジンジンとしてくる」、「脚がほてる」、「痒(かゆ)いような痛み」などの、強い不快感が現れ易くなります。
この為、寝つきが悪くなったり、やっと眠りについても、脚を動かして寝返りを打ったりする事が多くなるので、「なかなか寝つけない」、「夜中に何度も目が覚める」などが起きます。
これらは、就寝前にストレッチやマッサージなどで、脚や腰の筋肉をほぐすと、血行が良くなって、不快感が軽くなったり、消えたりするとされています。

【 治療ポイントの、足三里のツボ 】

昔は、農作業や歩いて疲れた時に、脚の筋肉の柔軟性回復や血行改善をする為に、向こうずねの筋肉(前脛骨筋)にある、足三里のツボが、“治療ポイント”として、よく利用されていました。
脚の筋肉の伸縮運動を促して、血行を回復させるので、足三里のツボを、“健脚のツボ”とも、言われました。
俳人の『松尾芭蕉』も、奥羽・北陸を経て、美濃・大垣に至る約2,400キロを踏破する道中で、足三里に灸をして、旅の疲れを癒したと言われています。

 

これは、足三里のツボが、膝下の筋肉の伸縮運動の中心的役割(モーターポイント)を果たしているので、足三里のツボを刺激すると、「ツボ付近の筋肉の働きが強まって血行の回復や促進の働きをする」、と言われています
実際、試してみると、足三里のツボを刺激する事で、『脚の動脈は拡がらないが、刺激すると、血液の循環が良くなり、痛みが少なくなる』と、確認されています。
この影響から、脚が疲れている時に足三里のツボを刺激すると、血液の循環が良くなって、「ジワーッ」と流れ出す感じがします。 

 

また、足三里のツボを刺激して、下半身の血行が改善されてくると、身体に感じる疲れやダルサの解消にもなります。
脚の筋肉の働きが活発になって、血管の伸縮運動が回復してくると、下半身に滞っていた静脈血やリンパ液が心臓方向に押し上げられ、流れが回復してくる為です。
しかも、立っていたり座っていたりすると、重力の影響により、全血液量の70%が下半身に集まるので、足三里のツボ刺激を利用して下半身の血行を改善すると、全身の血行が促進され、身体のリフレッシュ効果になります。

【 当院の、脚のダルサや疲れの解消治療 】

当院は、脚のダルサや疲れの解消に、ツボ治療と東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、①血行やリンパの流れの改善、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制などを行い、脚の「ダルサ」や「疲労感」の改善を行っています
ツボが、神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調があると、特定のツボに痛みや硬さとなって現れ、身体に異常が起きている事を知らせてくれるだけでなく、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるからです。
下半身の筋肉のコワバリ箇所や血行の悪化箇所を確認して、このツボを利用する事で、脚の筋肉の柔軟性や血行を早く回復させ、脚の不快症状を改善する事ができます。

 

更に、当院では、脚のダルサや疲れの解消の為に、腰とお尻の筋肉のチェックを行い、治療を行っています。
身体を支えている腰とお尻の筋肉の柔軟性が無くなると、重心のバランスが悪くなって、脚に負担が強まり、脚のダルサや疲れの原因になるからです。
この為、下半身の、腰・お尻・脚の、それぞれの筋肉がシッカリと働けるように、それぞれの筋肉や血流状態を確認して、筋肉のコワバリ箇所や血行の悪化箇所の、マッサージ治療を行っています。

中でも、股関節とお尻付近は、体重がかかって酷使されるだけでなく、腰から重要な血行や神経が通っているので、重点的にチェックをして、回復治療を行っています。
股関節や、お尻の奥の筋肉がコワバルと、それにより、血流が悪くなり、神経が圧迫されるので、脚に影響が及んで、疲労が回復しづらくなるからです。
この為、疲労や緊張でコワバッテいる股関節とお尻付近をほぐして、神経や血管の圧迫を解消させると、脚の、「ダルイ」、「重い」、「こむら返りがする」、「むずむず感がする」、などの症状改善が早められます。

 

「脚がダルク、重い」と感じるのは、脚からのアラームサインなので、この状態を繰り返したり長引かせたりしていると、脚を動かす事が億劫に感じてくるだけでなく、脚にさまざまな不調が起き、毎日の生活に支障をきたすようになります。
当院は、脚の慢性化した疲労や緊張の解消を、東洋医療をベースにしたマッサージ治療とツボ治療で、圧痛点や硬結箇所を調べ、それらの解消と血流の改善を行い、脚の痛みや不快感の改善を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やダルサなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

運動不足による疲れ

【 (症例)身体の硬さや、健康管理 】
(写真)運動不足

導入文

デスクワークや在宅勤務などで、身体を動かす事が減って運動不足になってくると、血行や呼吸機能が低下し、緊張がいつまでも身体に残る状態になるので、肩こりや腰痛だけでなく、ダルサや倦怠感、イライラ感などが生じるようになります。

この為、普段の運動不足を解消しようとして、身体の活動力が低下したまま運動を行うと、更に運動の負荷が加わるので、かえって後になって、筋肉痛・倦怠感・だるさなどに悩まされます。

このような『運動不足による疲れ』による不快感、不調、痛みなどがある場合には、まずは、身体の状態を確認して、身体のコワバリ箇所の解消、血行の回復、関節可動域の改善などを行い、体調を回復させ、心身の健康を取り戻す事が大切です。

【 運動不足でいると 】(図)運動不足が、更に運動不足に

運動不足であっても、「元気でいるし、それほど問題ないだろう…」と思って、そのままにしていると、次第に、肩こりや腰痛などが起き易くなったり、身体に倦怠感やダルサなどが起きたり、そして、頭痛やイライラなどが起きたりしてきます。
これは、運動不足が続いて筋肉の働きが低下してくると、血液やリンパ液を流している筋肉のポンプ活動が弱まり、身体の中の不要な老廃物が排出されづらくなる上に、筋肉の働きの低下から呼吸活動も低下するので、チョッとした動作でも、疲れ易くなったり、体調を保つ働きが低下したりする為です
特に、脳は酸素不足に極めて弱い臓器なので、運動不足によって血行が低下して、酸素の流入が少なくなってくると、脳の活動を休めようとして、疲れや倦怠感、ダルサ、思考力低下、頭痛などが起き、そして、記憶力や思考力が低下します。

 

そして、更に運動不足が続くと、身体全体の疲労感やダルサと共に、身体の姿勢を維持する筋肉に痛みが出るようになります。
身体の血行が低下して、疲労物質が身体から排出しづらくなるので、「すぐに疲れる」、「疲れが取れない」といった、疲労感やダルサが起きてくる為です。
しかも、身体に溜まった疲労物質で、神経が刺激されるので、ジッとしていても、「絶えずジクジクと痛む」といった不快感が起き、身体を動かすと、敏感になっている神経が刺激されるので、痛みや不快感が強まります。

 

更に、身体を支える首・肩・腰・膝などの関節付近に、痛みが起き易くなります。
身体のウエイトがかかる首・肩・腰・膝などの関節の周りの筋肉の働きが低下して、関節を動かす筋肉や靭帯の柔軟性が失われてくると、『瞬発力』だけでなく、身体を長時間にわたり動かし続ける『持久力』も低下するので、痛みが起き易くなるからです。
しかも、身体を支えながら、滑らかに関節を動かせる範囲が限られてくるので、チョットした動きでも、いつもと違う動きをしたり、身体を支えづらい姿勢になったりすると、「アイタタッ!」と痛みが起きるようになります。

【 中高年になると 】(図)中高年

運動不足が続くと、筋肉のコワバリや血行の悪化により、身体を動かすと痛みや不快感が生じるので、ますます運動不足になりがちです。
しかも、中高年になって、毎日の階段の上り下りや、ちょっと走るなどで、「身体が思うように動かない」と感じていると、「もっと運動しなければ」と思っていても、「身体が重い」、「疲労が抜けない」、「凝りを感じて、だるい」、「面倒」、という気持ちが先だってしまいます
このように、運動をしようと思っても、中高年になると、若い時と違って、身体の柔軟性が失われてきたり、体力が無くなってきたりするので、運動への『気力の低下』が起きて、運動不足の状態が続いてしまいます

 

更に、中高年になって「運動をしよう!」と思っても、運動不足になっていると、『適度な運動設定』や『運動を継続』の難しさがあります。
身体の筋力が低下しているので、『適度な運動設定』が分からないまま、いきなり運動をすると、筋肉痛や腰痛、捻挫などを起こしたり、心肺機能の低下から、動悸や息切れが起き易くなって、運動が逆効果になったりするからです。
また、『運動を継続』する目標がシッカリとできていないと、「目的や目標が定まっていない」とか、「日々やる事が決まっていない」となり、更に、「日々、運動をやる事にメリットを感じない」と、三日坊主に終わってしまいます。

 

しかも、中高年以上になると、いろいろなストレスや体調不調があったり、仕事や家庭の事に追われて、運動の時間がとりにくくなったりします。
この為、せっかく、「運動を、ヤルゾ!」と決めても、体調不調が気になっていると、「やっぱり続けられない」、「ヤル気を無くしてしまう」、となってしまいます。
このような事から、十数年近く、運動らしい事をしてこなかった中高年が、一念発起して運動を始める場合は、体調への注意が必要です。

【 身体機能の回復 】(図)身体機能の回復

運動不足になっている人が、身体の不調を解消するには、「何でも運動をすれば良い」のではなく、『運動不足による疲れ』について理解が必要です
ジッとしている事が多くなっていると、姿勢を支える筋肉の緊張や精神的な緊張が高まっているにもかかわらず、血管の伸縮や呼吸活動の低下によって、体内に酸素が十分に行き渡らなくなったり、不要な老廃物が排出されづらくなったりします。
この結果、肩こりや腰痛を引き起こしたり、ダルサや倦怠感の原因になったりするので、血行やリンパの流れを改善し、筋肉の弾力性や柔軟性を高めて、神経の興奮を鎮める事が重要です。

 

この為、運動不足で、身体に不調や、不快感、痛みなどがある場合は、運動をする前に、前もって、筋肉の柔軟性を回復させたり、身体の血行を回復させたり、関節の動きを滑らかにしたりして、身体の不調を解消させる事が必要です。
特に、50~60歳台に差し掛かかった頃になると、筋肉や骨、関節などの運動器が機能障害を起こす可能性が高くなるので、気になる体調不調を少なくさせておくと、これらの『身体の機能回復』にもつながります。
運動不足で、筋力の低下による姿勢の悪化と、血行不良によって疲労物質が溜まると、肩こりや腰痛を引き起こしたり、ダルサや倦怠感の原因になったりするので、血行やリンパの流れを改善し、筋肉の弾力性や柔軟性を高めて、神経の興奮を鎮める事が重要です。
寝て休む事で回復させようとしても、ジッとしている事で、重力や身体の重さなどの負荷が、身体にかかり続けるので、まずは、固まっている身体をゆるめて、ほぐし、血行の回復や、関節可動域の改善などを行い、体調を回復させる事が重要です。

 

また、中高年になって、毎日の生活の疲労や緊張などで“姿勢”が悪くなると、余計に身体の筋力を低下させたり、バランスを保つ能力が悪くなったりするので、身体の“軸”になっている『姿勢保持筋肉』 のコワバリを解消させて、身体の柔軟性を回復させ、バランスを整える事が大切です。
血行やリンパの流れを回復させて、筋肉の弾力性や柔軟性を高めると、神経の興奮を鎮める効果もあるので、肩こり・腰痛などの、身体の痛みが改善されます。
しかも、運動不足が続くと、筋肉の過度な緊張や心肺機能の低下によって、思っている以上に身体の機能が低下した状態になるので、これらの『身体の機能の回復』をすると、仕事力の低下を防ぐ効果もあります。

【 当院の治療 】(写真)当院の体調改善

当院は、運動不足や加齢などで体調不調を感じている方に、ツボ反応を利用したマッサージ治療で、疲労回復や、身体の運動機能の改善、体調の調整、などの治療を行っています。
マッサージ治療が、痛みや不快感のある箇所の筋肉の弾力性や柔軟性を回復させて、関節の可動域を広め、血行を改善させる作用があるので、筋肉の疲労の解消や、神経の興奮を鎮めて、肩こり・腰痛などの痛みを改善させる効果があるからです
また、「何となく身体の調子が悪い」という状態が解消されてくると、体調を保っている自律神経の負担が減少されるので、自律神経の改善や内臓機能の回復にもなります。

 

当院では、これらの体調の改善を、人それぞれの身体の状態や調子が違うので、身体の異常箇所を知らせるツボを、反応点として利用し、マッサージ治療を行っています。
例えば、運動不足で、体調不調に悩まされている場合に、ツボ治療とマッサージ治療で身体の運動機能を回復させると、身体の違和感や痛みが減少して、毎日の生活にも大きく役立つだけでなく、運動の準備や運動後の回復にも利用できます。
また、長時間のデスクワークで、筋肉の柔軟性を失っていたり、加齢で、身体の歪みや関節の硬直が起きていたりしている場合にも、ツボを反応点として利用してマッサージ治療を行うと、身体のダルサや疲労感の解消だけでなく、リフレッシュ効果も期待できます。

 

また、当院では、姿勢維持筋(インナーマッスル)のコワバリを確認し、ツボ刺激を伴ったマッサージ治療によって、コワバリ解消の治療を行っています。
運動不足になると、姿勢維持筋が硬くなってくるので、「身体が思うように動かせない」、「身体が重い」、「一度疲れるとなかなか疲労が抜けない」などが起きたり、運動をすると、更に姿勢維持筋の緊張を強めたりするからです。
身体のコワバリ箇所を確認して、ツボ刺激を伴ったマッサージ治療で、コワバリの解消、血行の回復、関節可動域の改善などを行うと、身体が動かし易くなり、運動前のウォーミングアップ効果になります。

 

運動不足は、運動不足による疲れが起きてくるので、「病気ではないけれど、何となく身体の調子が悪い」、という状態が起きます。
当院は、ツボ反応を利用した東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、コワバリの解消、関節可動域の改善、血行の回復などを行い、身体のバランスを整え、体調の改善を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の硬さや、健康管理などのご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】