予防

片頭痛の予防(前ぶれの利用と、薬に頼らない体調管理)

【(症例)痛み・しびれ 】

導入文

片頭痛の痛みを抑える事は、起きてしまってからでは遅いので、予防が大切になりますが、予防薬は、薬を飲むタイミングや、薬の量や回数の制限があるので、頭痛の“前ぶれ”を利用して、体調を保つ事が勧められています。

これは、片頭痛が起きる数時間から2日前ぐらいに、首の後ろの髪の生え際あたりに、頭痛を引き起こす神経回路が活性化してくるので、「片頭痛が起きそう…」という頭痛の“前ぶれ”が起きてくるからです。

この為、『頭痛体操』で、首のつけ根から肩や背中にかけての緊張を和らげる方法が紹介されていますが、最近の研究で、首の後ろに、片頭痛を引き起こす神経回路上に“圧痛点”がある事が分かってきたので、“前ぶれ”が起きてきた時に、この“圧痛点”の血行やリンパ液の流れを促し、筋肉のコワバリを和らげると、神経の興奮が抑制されて、頭痛の発生を抑えたり、軽減化したりする効果があります。

【 脳の血管の急激な拡張から 】(図)脳の急激な血管拡張

片頭痛は、脳の太い血管が、何かのキッカケで急激に拡張して、それにより、血管を囲んでいる神経が引っ張られたり、刺激されたりして、我慢できないような『強い痛み』が起きる頭痛です
脳の血管が急激に拡張するキッカケとして、よく言われるのが、緊張した仕事が一段落して、ストレスから解放されて、急にリラックスした時です。
しかし実際には、ストレスから解放された時以外にも、人込みや騒音、気温・気圧の変化、姿勢の悪さ、寝過ぎや寝不足などがありますし、また女性の場合、生理や更年期でホルモンバランスが崩れた時も、片頭痛を起こす事があります。

 

片頭痛が起きると、頭の血管が脈打つたびに、血管を取り巻いている脳の“中枢神経を刺激”し続けるので、頭の中で、「ズキズキ」、「ガンガン」するような強い拍動性の痛みが、4~72時間も繰り返すようになります。
しかも、強い拍動性の痛みが繰り返されるうちに、脳の神経が過敏な状態になるので、身体を動かしたり、頭の位置を変えたりしただけでも、頭の神経を強く刺激して、痛みが増すので、仕事や生活に大きな支障をきたします。
更に、このような片頭痛を何度か経験すると、頭痛を引き起こす神経回路が出来上がるので、少しでも、「肩こりが辛いな~」と感じたり、頭痛の兆しが気になったりすると、片頭痛が誘発されるようになります。

 

また、片頭痛は、感覚が異常に過敏になるので、通常ならば気にならない、光や、音、臭いに『生理的な強い不快さ』を感じるようになります。
例えば、「顔に風が当たると、辛い痛みを感じる」、「肌に接触するメガネやイヤリングが不快になる」、「髪を結んでいるのが辛い」、「曇り空になると、それに連れて体調が悪くなる」、「強い光を感じると頭痛がひどくなる」、などです。
この結果、『生理的な強い不快さ』から、吐き気、嘔吐、顔面蒼白、腹痛、なども、引き起こします。

【 片頭痛の予防 】(図)天気痛

片頭痛が起きると、「頭痛のために仕事や家事に集中できない」、「頭痛がいつ起こるか分からず不安になる」などで、生活に支障をきたしてしまうので、片頭痛が何度も起きる場合や、薬を飲んでも解消しづらい場合には、予防薬を勧めています。
しかし予防薬は、片頭痛が起きないようにするのではなく、頭痛の回数を減らしたり、痛みの程度を軽くしたりするものなので、症状の有無に関わらず、毎日決まった時間に、少なくても3~6カ月間は、予防薬を服用する事が必要になります。
また、予防薬の副作用として眠気が起き易くなるので、女性や小柄な人、あるいは、1種類では効かない為に2種類以上の予防薬を服用する人は、注意が必要になります。

 

この為、予防薬に頼らないで、片頭痛を防ぐ方法として、日頃から、不快な疲労やストレスを溜めないようにして、体調を保つ自律神経の不調を起こさないようにする事が勧められています
これは、自律神経が、脳の血管を含めて、血管を広げたり縮めたりしているので、疲労やストレスが多くなると、自律神経の働きを乱して、片頭痛が起き易くなってしまうからです。
例えば、できるだけ決まった時間に寝起きして、食事もきちんと取るなど、規則正しい生活を送る事や、休息をとって心身をリラックスさせる、などが必要になります。

 

特に、片頭痛による“頭痛持ち”の場合、神経が敏感になるので、わずかな気圧の変化でも脳に対して過剰に伝わり、収縮していた血管が急激に拡張してしまうので、『天気痛』と言われる、頭痛や頭重感が起き易くなります。
この為、春や秋など季節の変わり目や、梅雨や台風が多い時期は、意識的に気分転換を図ったり、計画的に頭を休めたりして、心や身体の不調を積極的に解消する事も必要になります。
特に雨の日は、「雨が降ると頭が痛くなる方が多い」と言われるように、気圧の変化だけでなく、湿度が高くなると、不快感が増して頭痛を誘発してしまうので、気持ちを上手にコントロールして、体調を維持する事も必要になります。

【 片頭痛の“前ぶれ”症状と、肩こり 】(図)片頭痛と肩こり

片頭痛が、体調を保つ自律神経の不調と関連しているので、どのような心身の不調のシグナルが出たら、片頭痛に結び付くのかを、知っておく事が大切になります。
これによって、自分の頭痛パターンから、「何となく頭痛が起こりそう」という“前ぶれ”が分かると、頭痛の予防に有力な判断材料になります。
片頭痛の“前ぶれ”は、頭痛が起きる数時間前から現れ、早い人では1~2日前に感じる人もいます。

 

例えば、片頭痛患者の40〜60%が、片頭痛の“前ぶれ”として、次のような症状を実感しています。
 ・めまいや耳鳴り、立ちくらみが起きる。
 ・あくびが多くなる。
 ・胸が締め付けられる。
 ・胸がザワザワする感じがする。
 ・息苦しく感じる。
 ・冷えを感じる。
 ・食欲不振や胸やけなどで、 胃の調子が悪くなる。
 ・便秘や下痢を繰り返す。
 ・肩こりや腰痛が強まる。
 ・身体がダルイ。
 ・顔に汗をかく。
 ・朝、起きた時から、疲労を感じる。
 ・気圧が低くなると体調が悪化する。
 ・周りがやけにまぶしく感じる。

 

中でも、「頭痛の前に、肩こりが急に悪化する」、「首から後頭部にかけて、肩がグーっと上がり、凝りがひどくなってくるような感じ」、「頭の後ろに、凝りが拡がってくる」など、独特な『肩こり感』が現れたら、要注意です。
片頭痛を起こす神経(三叉神経)が、首や肩の筋肉に伸びているので、片頭痛を起こす前に、首や肩の神経の興奮が起きて、『肩こり感』が、片頭痛の“前ぶれ”として現れるからです
実際、片頭痛患者の75%に、肩や首の周りの筋肉が緊張気味になってくるので、この独特な『肩こり感』が見られると言われています。

【 当院の、片頭痛の予防治療 】(写真)当院の、片頭痛治療

当院は、片頭痛の予防や軽減として、片頭痛の“前ぶれ”が現れた時に、首のつけ根から肩や背中にかけての緊張を、ツボ治療とマッサージ治療で和らげて、首や頭部の神経興奮を鎮める治療を行っています。
これは、昔から、東洋医療では、頭痛を和らげるツボとして、首や肩の、風池(ふうち)、天柱(てんちゅう)、肩井(けんせい)などが知られていますが、最近の医学の研究でも、片頭痛を引き起こしている“圧痛点”が、首の後ろの髪の生え際にある事が分かってきたので、この“圧痛点”を利用する事で、頭痛の発生を抑えたり、軽減化したりする事が可能になるからです
例えば、首の後ろの髪の生え際にある“圧痛点”を確認して、この圧痛点と周りの筋肉のコワバリを解消させると、ツボ(“圧痛点”)が神経や血管が集まっている箇所なので、片頭痛を引き起こす神経の興奮が抑制されて、片頭痛の発生を抑えたり、軽減化したりする効果があります。

 

頭痛を防ぐ為に紹介されている『頭痛体操』も、もともと、この効果を狙ったものです。
頭と首を結ぶ軸を真っすぐにした状態で、凝り固まった首や肩の筋肉を、ストレッチしたり、廻旋させたりする事で、首や肩の緊張や疲労を解消して、自律神経の働きを回復さて、頭痛が起きにくくする事を狙っています。
当院のマッサージ治療は、“圧痛点”の箇所が東洋医学のツボ(経穴)の位置とほぼ一致しているので、ツボの位置を確認して、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制する、などを行って更に効果を高めています。

 

また、片頭痛は、独特な『肩こり感』を伴っている事が多いので、当院では、背中のコワバリも解消させて、悪化した血行の回復を行っています。
これらによって、首・肩・背中の筋肉の柔軟性や弾力性が回復して、内部の血行が改善されてくると、片頭痛の独特な『肩こり感』が解消されて、頭がスッキリした感じになり、頭痛が起きにくくなります。
片頭痛の“前ぶれ”時の、不快感を解消して、体調を回復させるマッサージ治療なので、患者にとって受け入れやすく、頭痛予防として試しやすい治療になっています。

 

片頭痛は、首の後ろに、独特なコリや痛みを感じてくると、これが片頭痛の“前ぶれ”となって頭痛が起きてくるので、頭痛を引き起こす神経回路が活性化する前に、コリや痛みを解消させて、体調を保つ事が大切です。
当院は、片頭痛の予防の為に、ツボ治療を加えたマッサージ治療で、首や肩の疲労やストレスを解消させて、体調を整え、心身がリラックスできるように治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

ぎっくり腰(急性腰痛)の、早期回復と、予兆を利用した予防

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)ぎっくり腰の早期回復と予防

導入文

ぎっくり(急性腰痛)腰を起こすと、突然の強烈な痛みから、腰がどうにかなってしまったように感じますが、これは、腰の筋肉や靭帯(じんたい)に急激な負荷がかかって多数の断裂が生じ、これによって神経が激しく刺激された為です。

特に、座る事が多くて腰にコワバリを感じていたり、腰に疲れや重ダルサを感じていたり、加齢や運動不足で腰の筋肉が弱っていたりすると、チョッとした動作がキッカケになって、腰の筋肉や靭帯の許容限度を越してしまい、ぎっくり腰を起こします。

ぎっくり腰のほとんどが、「疲労や緊張などの慢性化による、筋肉由来の痛み」なので、ぎっくり腰を起こした後や、「何となく腰痛を起こしそう…」と気付いたら、腰の不調箇所を調べて回復させておく事が大切です。

【 ぎっくり腰を起こしてしまったら 】

≪ まずは、安静に ≫(図)まずは安静

運悪く、ぎっくり腰を起こすと、強烈な痛みに襲われ、腰を曲げる事も伸ばす事もできなくなって、声も出せなくなります。
これは、腰の筋肉や靭帯が、突然大きな負荷を受けた事で、反射的に、身体を守る為に、腰の筋肉が一挙に収縮した為です。
更に神経が激しく刺激されて、異常な興奮作用が起き、腰の筋肉の強い収縮(痙攣発作)が繰り返されるので、腰が曲がり、動かす事ができなくなります。

 

しかも、ぎっくり腰を起こすと、腰を支えていた筋肉や靭帯に、“肉離れ”のような、微細な断裂や細かな傷が無数に起きています
このような時に身体を動かすと、更に傷口を増やしたり、止まりかけた血が再び出血したり、筋肉を緊張させて毛細血管の血行を悪化させたりして、余計に痛みが大きくなり、症状を悪化させてしまいます。
この為に、ぎっくり腰を起こした後は、できるだけ痛みが少なくなる姿勢で、傷口を増やさないように安静状態を保ち、痛みが解消してくるのを待つのが、何より重要です。

 

例えば、腰の筋肉に、姿勢や体重の負荷がかからないように横になり、そして、腰の収縮する筋肉が強まっているので、腰を曲げて、できるだけ楽な姿勢をとります。
また、痛みを起こしている神経の刺激を減らす為に、腰の痛い方を上にして横になり、身体を動かさないようにする事も大切です。
ぎっくり腰を起こした直後の対処は、このような姿勢で、腰の激痛みが引いてくるまで、ジッと安静にしている事が大切です。

≪ 当院の、ぎっくり腰の回復治療 ≫(写真)当院のぎっくり腰治療

当院は、ぎっくり腰の回復治療を、発症後2~3日ぐらい経って、無理に動かなければ、鋭い痛みが走らなくなり、安静にしていると、我慢できる程度の鈍痛になった頃から行っています。
これは、いつまでも安静にしていると、筋肉の働きが戻らずに、血行が低下してしまい、回復力が低下してしまう為と、痛みの原因である炎症物質が排出されず、いつまでも痛みが続いてしまうからです。
例えば、いつまでも安静状態を続けてしまうと、筋肉の働きや血行が低下して、「腰がだるい」、「腰が重い」などの不快感が続いたり、腰が伸びづらい状態になったりします。

 

しかし、腰の痛みが、かなり治まった状態になっていても、身体を動かそうとすると、「ぎっくり腰の痛みが再発しそう…」とか、「背中や腰が固まっていて、腰に響く」、という感じがします。
これは、腰と腰周辺の筋肉が固くなっていたり、腰の関節に微妙なズレやアンバランスがあって動きづらくなっていたり、腰の血行不良から違和感が生じたり、するからです。
このような患者の不安から、当院では、患者の身体の負荷が少なくなるように、腰を曲げ、横向きに寝てもらった姿勢になってもらい、東洋医療をベースにしたマッサージ治療を行っています

 

これは、東洋医療をベースにしたマッサージ治療が、もともと、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高めるなどの効果によって、③神経の興奮を抑制する効果もあるからです。
しかも、患者にとって身体の負担が少なく、安心感のある治療法になっているので、リハビリや患者のケアに利用されているように、患者が安心した状態で、筋肉内の血流の回復や痛みの改善が行えます。
これらにより、腰の筋肉の機能不全の回復を早められるので、身体の回復力が追いつかず、痛みとなって現れているぎっくり腰の早期回復に適しています。

【 ぎっくり腰の、予防 】

≪ 腰の何となく、イヤ~な感じ ≫(図)ぎっくり腰の予兆

ぎっくり腰は、いきなり「グキッ!」という衝撃と共に、強烈な腰痛に襲われるのをイメージしますが、しかし実際には、腰に何の前ぶれも無く、「イキナリ、ぎっくり腰!」という、“青天の霹靂タイプ”は、ほとんどありません。
ぎっくり腰を起こす前に、多くの場合、身体が疲れていたり、緊張したままジッとした姿勢が続いていたり、腰の筋肉が弱っていたりして、腰の筋肉に、負荷が積み重なっていたからです
この為、ぎっくり腰の前に、「腰が、何となくイヤ~な感じ」とか、「腰がダルク、動かしにくい」、「腰の違和感や痛み」など、ぎっくり腰の“予兆(前ぶれ)”を感じているのがほとんどです。

 

例えば、ぎっくり腰の前に、次のような“予兆”が多く感じられています。
①腰部の疲労感   
 ;腰が張っている感じ、長時間座っていて腰がツライ、腰が重く感じる、腰が抜けそうな感じがする
②背中やお尻の違和感
 ;背中のコワバリ感、脚の疲労感、ふくらはぎがつる(こむら返り)、股関節やお尻の痛みやしびれ、足の冷え
③腰まわりの衰え  
 ;腰回りのダルサや重い感じ、歩くと疲れを感じて残る、朝起きると腰が痛む、雨の日の腰の鈍痛

 

このような“予兆”が起きるのは、『腰の柔軟性の低下』によって、腰の筋肉の“自然な伸び縮み”ができなくなっている為です。
また『腰の柔軟性の低下』により、腰の筋肉の血行が悪化し、必要な酸素料が不足して、老廃物が排出されづらくなるので、「腰に、何となくイヤ~な感じ」といった不快感も起きます。
このような、腰の筋肉の“自然な伸び縮み”ができなくなっている時に、何かの動作や行動で、腰の筋肉や靭帯が耐え切れなくなると、微細でも無数の断裂を起こし、神経を激しく刺激して、強烈な痛みに襲われてしまいます。

≪ 繰り返す、ぎっくり腰 ≫(図)ストレスからぎっくり腰

また、ぎっくり腰の特徴として、一度起こすと繰り返すと言われます。
実際、一度ぎっくり腰を起こすと、4分の1の人が1年以内に再発しているという報告があります。
これは、ぎっくり腰を繰り返すのは、身体がぎっくり腰を起こし易くなっているからです

 

例えば、デスクワークを毎日続けていると、背中の筋肉がコワバリ、座り続ける為に腰に疲労が溜まってくるので、ぎっくり腰を起こし易くなります。
また、加齢や運動不足は、筋力を弱めるので、年齢が上がるほど、腰痛やぎっくり腰のリスクが高まります。
更に、心理的なストレスが続いていると、身体の血行が低下し、それによって、身体を支える腰の筋肉がコワバッテくるので、やはり、ぎっくり腰を起こし易くなります。

 

この為、ぎっくり腰を繰り返さない為には、腰の筋肉の柔軟性を保つ事が必要ですが、中でも、「腰の、何となく、イヤ~な感じ」という違和感に気付いたら、注意してケアする事が大切です。
これは、腰の異常を伝える、身体からの警告なので、この警告に気付いたら、「腰の筋肉が“自然な伸び縮み”ができなくなっている」と判断して、腰の周りの筋肉やじん帯の柔軟性を回復させる事が重要です。
特に、ぎっくり腰を繰り返し易い人や、不安を感じる人は、腰の神経が敏感になっているので、ぎっくり腰の予兆に気付く事が、ぎっくり腰の予防につながります。

≪ 当院の、ツボ反応を利用した予防治療 ≫(写真)当院の予防治療

当院は、身体の不調時に身体に現れるツボ反応を利用して、ぎっくり腰の予防治療を行っています。
ツボが、神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調があると、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れ、身体に異常が起きている事を知らせてくれるからです。
しかも、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果もあります。

 

この為、「腰の、何となく、イヤ~な感じ」という違和感に気付いた段階で、当院は、マッサージ治療にツボ治療を加えて、腰の筋肉や靭帯の緊張を和らげ、血行を改善させて、腰のコワバッタ靭帯や筋肉の緊張を和らげています
腰のコワバリが、まだ強まっていない段階なので、比較的短時間に、硬くなっている腰の筋肉や靭帯を和らげる事ができます。
これによって、腰の柔軟性を回復させると、ぎっくり腰を起こす可能性がグッと低くなります。

 

また、当院では、身体の不調時に現れるツボ反応を利用して治療を行っているので、本人が気付いていない、筋肉内の隠れた緊張やシコリの解消も、併せて行っています。
これにより、身体の回復力が追いつかず、疲れ易さや不快感となって現れている「腰のダルサ」、「腰が重い」などを解消させ、腰の動きを改善するようにしています。
更に、背中の筋肉や股関節周辺の筋肉などの、本人では伸ばす事ができないような筋肉も、マッサージ治療で柔軟性を回復させて、腰周辺の筋肉の柔軟性を高めるようにしています。

 

ぎっくり腰は、急性の一時的な腰痛と思われていますが、適切な手当てをせず長引かせてしまうと、腰に疲労や緊張などが積み重なって、慢性的な腰の痛みに悩まされたり、ぎっくり腰が起き易くなったりします。
当院は、患者にとって身体の負担が少なく、安心感のあるマッサージ治療の特徴を利用して、ぎっくり腰の予防や回復に、患者の症状に合わせて、圧痛点やシコリなどを確認し、血流改善や緊張の解消を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】