妊娠中の妊婦さんへの、マタニティマッサージ

【(症例)身体の硬さや、健康管理  】 
(写真)妊娠中の妊婦さんへの、マタニティマッサージ

 

導入文

妊娠して、お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて、妊婦さんの心身に、「身体が重たい」、「疲れ易い」、「ダルイ」、「イライラする」、「眠気やめまい」、などの不調が起きてくるので、これらを軽減する為に、昔から、妊婦さん向けのマッサージが利用されてきました。

妊娠中の身体の不調のように、「病気ではないけれど、何となく身体の調子が悪い…?」といった場合には、緊張気味の身体を緩めて、血行やリンパの流れを良くする事や、神経の興奮を抑えるなどが、不快感を鎮め、体調の改善に効果があるからです。

一般的なマッサージと違って、妊婦さんへのマッサージは、妊婦さんとお腹の赤ちゃんへの安全性が必要とされるので、昔から受け継がれてきた経験と、専門的な知識と技術による『国家資格』者による施術が、効果的で、安全・安心なマッサージになっています。

【 妊娠中の、体調不調 】(図)妊娠中の体調不調

妊娠すると、妊婦さんの心身を保つ働きに、大きな負担がかかってくるので、対応できなくなってくると、身肩こりや腰痛に悩まされたり、身体がダルクなったり、脚がむくんだりして、体調が安定しなくなり、「どうしたら、良いのか?」と、悩まされるようになります。
これらが起きる原因として、妊娠中のホルモン分泌の変化や、お腹の赤ちゃんの体重増加などがありますが、それ以外にも、大きく影響しているのが、毎日の“身体の疲労や“精神的な緊張”などです。
毎日の“身体の疲労や“精神的な緊張”によって、血液やリンパ液の流れが悪くなっていると、妊婦さんの身体の血液が、赤ちゃんの成長に用いられるので、ますます血液不足となって、「吐き気や頭痛」、「微熱」、「身体のだるさ」、「眠気」、「イライラ」、などの症状が、起き易くなるからです

そんな妊婦さんの身体の不調を、薬を服用せずに、改善してくれるのが、妊婦さん用のマタニティマッサージです。
もともと、マッサージは、緊張気味の身体を緩めたり、血行やリンパの流れを良くしたりする事で、身体の疲労を回復させたり、神経の興奮を抑えて、痛み・不快感を鎮めたりする効果があるので、体調改善に、昔から利用されています。
このような効果から、妊娠の安定期はもちろん、妊娠初期や、出産の直前まで、それぞれの時期に合わせて、自分ではできない身体や心のケアに、マッサージが利用されています。

マタニティマッサージは、こわばっている筋肉をほぐしたり、滞っている血液やリンパ液の流れを回復させたりして、妊婦さんの心身の健康を保ち、お腹の赤ちゃんに良い影響を与える事を目的にしています。
特に、妊婦さんとお腹の赤ちゃんに負担をかけずに、症状の緩和が期待できるように、工夫されています。
妊娠中に、マッサージを受けると、次のような効果があるので、身体がツライ場合は、活用してみるのも一つの方法です。
 ✔ 肩こり
 ✔ お尻や腰の痛み
 ✔  脚の付け根のツッパリ
   場所が特定しづらい痛み
   全身のだるさ・頭痛
   イライラ・不快感
   つわり・むくみ

【 症状の改善例 】(図)症状の改善例

例えば、妊娠中に多い症例として、体重の増加から、腰・お尻の筋肉がパンパンに張ったり、筋肉の力が弱まったりして起きる『腰痛や、お尻の痛み』の、マッサージ治療があります。
妊娠中の腰痛をやわらげる為に、骨盤ベルトの着用がありますが、これは、動く事を補助する物であって、それ自体には“治癒効果”がありません。
マッサージによって、筋肉の柔軟性を回復させ、溜まっている老廃物を押し流すようにすると、痛みや不快感がかなり軽減されて、解消させる事も期待できます。

また、多くの妊婦さんが経験する、身体の『ダルサ』や『倦怠感』の解消にも、効果があります。
これらは、首から背中にかけての筋肉が、「張り詰めたように凝っている」、「ガチガチにかたまっている」、「硬くて重たく感じる」、「眠れないほど痛む」、などの状態になっているからです。
この為、首から背中にかけての筋肉の緊張を解消させて、血行を改善させると、老廃物の排出が促進され、酸素や栄養の流入が進むので、疲労感や緊張感が弱まって、ダルサや倦怠感も無くなります。

これは、マッサージで、妊婦さんの身体の緊張を和らげ、身体がリラックスできるようにすると、体調回復の働きが高まるからです。
マッサージによって、適切な圧で筋肉を揉みほぐし、血行を改善させると、自分では気が付かない身体の緊張も解消されるので、心身がリラックスしてきて、症状が改善されるようになります。
このような効果から、肩や腰などの身体の一部の症状なら、早期に行えば、短時間(15分程度)のマッサージでも、かなりの効果があります。

【 あん摩術から、国家資格に 】(図)国家資格

妊婦さん向けに行うマッサージ(マタニティマッサージ)では、お腹を圧迫するような、うつ伏せの姿勢では行いません。
妊婦さんの顔とお腹が、ベッドに押し付けられる事を防ぐ為に、横向きの姿勢と、仰向けの姿勢を、組み合わせて行ないます。
これにより、お腹の赤ちゃんに安全に、妊婦さんに緊張が無い状態で、楽な姿勢で、マッサージが受けられるようにしています。

このような、患者の身体に負担が少ない姿勢をとったり、横向きでも患部にしっかりと、圧の方向や最適な刺激量を利かせたりする技術は、『あん摩術』の影響があります。
『あん摩術』は、もともと、奈良時代あたりに、中国から伝来した手技療法で、日本に入ってきてから独自に発展し、押したり、揉んだりしながら、血の巡りを良くし、身体の緊張をほぐす治療法になりました。
江戸時代に『あん摩術』が盛んになり、その後、明治時代に、西洋から入ってきたマッサージに包括されて、マッサージと呼ばれるようになり、現在では『国家資格』となり、日本独特の手技療法になっています。

この為、マタニティマッサージを受ける場合には、『国家資格』(あん摩・マッサージ・指圧師の免許)のある治療院を選ぶ事が、勧められます。
妊婦さんにとって身体の負担が少ない姿勢で、正式な知識と経験を持った国家資格者が行うので、安心してマッサージ治療が受けられます。
また、『国家資格』者による“治療”と認められるので、かかった費用も、『医療費控除』が適用されます。

【 当院の、マタニティマッサージ 】(写真)当院の治療

妊娠中は、お腹の赤ちゃんの為に、“居心地の良い身体を保つ事”が、最優先です。
しかも、出産後は、赤ちゃんの世話で精一杯になるので、妊娠中から、体調を整えておく事が必要です。
この為、少しでも、妊娠中の身体の不調を和らげて、上手く体調の変化と付き合えるようにする事が、大切です。

しかし、妊婦さん用のマッサージを実施している治療院は、それほど多くありません。
これは、妊婦さん用のマッサージが、力の使い加減や施術方法などに、専門的な知識と、技術を必要とする為です。
この為、マッサージ治療を受けられる場合は、インターネットや電話で、マッサージの資格(国家資格)の有無や、実績などを、確認する事が大切です。

当院は、マッサージの『国家資格』者が、昔からの『あん摩術』をベースにして、マタニティマッサージを行っています。
妊娠中の辛い症状を解消させて、快適に過ごせるように、指圧とマッサージの優れた部分を取り入れ、リラックスした状態で、マッサージを受けて頂けるようにしています。
これらの効果で、妊娠中の体調トラブルの緩和、胎児に良い影響を与える、筋肉をほぐす事で出産を楽にする、等を目的にしています。

マタニティマッサージを受ける場合は、他の患者さんを気にする事なく、普段着のまま、安心して施術を受けられる事も必要です。
当院は、ベッドをブースで仕切って、あん摩術をベースにして、指圧とマッサージの優れた部分を取り入れて、施術を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。