妊娠中の妊婦さんへの、マタニティマッサージ

【(症例)身体の硬さや、健康管理  】
(写真)妊娠中の妊婦さんへの、マタニティマッサージ

導入文

妊娠して、お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて、妊婦さんの身体に負担がかかってくるので、「身体が重たい」、「疲れ易い」、「ダルイ」、「イライラする」、「眠気やめまいがする」、などの不調が起きてきますが、妊娠中は、薬が使えません。

これらの体調不調を和らげる為に、妊婦さん用のマッサージ治療を利用すると、血行やリンパの流れを改善し、筋肉の弾力性や柔軟性を高めて、神経の興奮を鎮める作用があるので、不快感が減少し、体調の改善に効果があります。

妊婦さん用のマッサージは、妊婦さんとお腹の赤ちゃんへの安全性と、施術の知識や技術が必要とされるので、昔から受け継がれてきたマッサージを基本にして、『国家資格』のマッサージ師が行っている『治療院』を選ぶと、妊婦さんに配慮した、安全・安心なマッサージが受けられます。

【 妊娠中の、体調不調 】(図)妊娠中の体調不調

妊娠すると、妊婦さんの心身を保つ働きに、大きな負担がかかってくるので、我慢していたり、無理して身体を動かしていたりすると、身肩こりや腰痛に悩まされたり、身体がダルクなったり、脚がむくんだりして、体調が安定しなくなり、毎日、悩まされるようになります。
これらが起きる原因として、妊娠中のホルモン分泌の変化や、お腹の赤ちゃんの体重増加などがありますが、それ以外に、大きく影響しているのが、毎日の“身体の疲労や“精神的な緊張”などです
妊娠すると、妊婦さんの身体の血液が、赤ちゃんの成長に用いられるので、毎日の“身体の疲労や“精神的な緊張”などで、妊婦さんの血液やリンパ液の流れが悪くなると、妊婦さんの身体の血液が不足して、「吐き気や頭痛」、「微熱」、「身体のだるさ」、「眠気」、「イライラ」、などの症状が、起き易くなるからです

 

そんな妊婦さんの身体の不調を、薬を使わずに、改善してくれるのが、妊婦さん用のマタニティマッサージです。
もともと、マッサージは、緊張気味の身体を緩めたり、血行やリンパの流れを良くしたりする効果があるので、昔から、その効果から、身体の疲労を回復させたり、神経の興奮を抑えて、痛み・不快感を鎮めたりするなど、体調改善に、マッサージが利用されてきました。
このような効果から、マッサージが、現在でも、妊娠中の身体の不調解消の為に、妊娠初期や、妊娠の安定期はもちろん、出産の直前まで、それぞれの時期に合わせて、自分ではできない身体や心のケアに利用されています。

 

マタニティマッサージが目的にしている事は、妊婦さんの、こわばっている筋肉をほぐしたり、滞っている血液やリンパ液の流れを回復させたりして、妊婦さんの心身の健康を保ち、お腹の赤ちゃんに良い影響を与える事です。
この為、妊娠中に起き易い、肩こり、お尻や腰の痛み、脚の付け根のツッパリ、筋肉疲労、全身のだるさ・頭痛、イライラ・不快感、つわり・むくみ、などの場合に、マタニティマッサージを受けると、薬を使用せずに、改善効果が現れます。
しかも、妊婦さんとお腹の赤ちゃんに負担をかけずに、症状の緩和が期待できるように工夫されているので、身体がツラク感じた時には、マタニティマッサージを受ける事が勧められます。

【 マタニティマッサージによる改善例 】(図)症状の改善

例えば、妊娠中の体重が増加してくると、腰・お尻の筋肉がパンパンに張って『腰痛』が起き、それによって、お尻の奥の坐骨神経が刺激されるので、『お尻の痛み』が起き易くなります。
このような『腰痛』や『お尻の痛み』をやわらげる為に、骨盤ベルトの着用がありますが、これは、動く事を補助する物であって、それ自体には“治癒効果”がありません。
このような場合に、マッサージによって、腰やお尻の筋肉のコワバリを解消させて、坐骨神経を刺激している筋肉の柔軟性を回復させると、坐骨神経への圧迫が無くなって、『お尻の痛み』が軽減して解消するだけでなく、腰や股関節の動きが良くなって、身体の動作が楽になります。

 

また、多くの妊婦さんが経験する、身体の『ダルサ』や『倦怠感』の解消にも、効果があります。
これらは、首から背中にかけての筋肉が、「張り詰めたように凝っている」、「ガチガチにかたまっている」、「硬くて重たく感じる」、「眠れないほど痛む」、などの状態になり、これによって体力が消耗して、維持できなくなっているからです。
この為、首から背中にかけての筋肉の緊張を解消させて、血行を改善させると、老廃物の排出が促進されて、酸素や栄養の流入が進むので、疲労感や緊張感が無くなって、ダルサや倦怠感が解消される効果があります。

 

これらの効果は、マッサージで、適切な圧で筋肉を揉みほぐし、血行を改善させると、自分では気が付かない緊張が解消されたり、血行が回復したりするので、不快な症状が改善されて、心身がリラックスしてくるからです。
妊婦さんの身体の緊張を和らいで、身体がリラックスしてくると、体調回復の働きが高まるようになるので、肩や腰などの身体の一部の症状なら、早期に行えば、短時間(15分程度)のマッサージでも、かなりの効果があります。
しかも、医学的に、妊娠中のマッサージと体調の悪化の関係は認められていないので、安心して妊婦さん用のマッサージが受けられます。

【 あん摩術から、国家資格に 】(図)国家資格

妊婦さん用のマッサージ(マタニティマッサージ)では、妊婦さんとお腹の赤ちゃんの安全性を守る為に、お腹を圧迫するような、うつ伏せの姿勢では行いません。
ベッド上で、横向きの姿勢と、仰向けの姿勢を、組み合わせて行ない、妊婦さんの顔とお腹が、ベッドに押し付けられる事を防ぐようにしています。
この姿勢をとる事で、お腹の赤ちゃんに安全に、妊婦さんに緊張が無い状態で、楽な姿勢で、マッサージが受けられるようにしています。

 

このような、患者の身体に負担が少ない姿勢をとったり、横向きでも患部にしっかりと、手の圧の方向や最適な刺激量を利かせたりできるのは、『あん摩術』の影響があります。
『あん摩術』は、もともと、奈良時代あたりに、中国から伝来した手技療法で、日本に入ってきてから独自に発展し、押したり、揉んだりしながら、血の巡りを良くし、身体の緊張をほぐす治療法になりました。
江戸時代に『あん摩術』が盛んになり、その後、明治時代に、西洋から入ってきたマッサージに包括されて、マッサージと呼ばれるようになり、現在では『国家資格』となり、日本独特の手技療法になっています

 

この為、マタニティマッサージを受ける場合には、マッサージの『国家資格者(あん摩・マッサージ・指圧師の免許者)』のいる『治療院』を選ぶ事が勧められます。
しかし、妊婦さん用のマッサージは、力の使い加減や施術方法などで、専門的な知識と、技術を必要とするので、妊婦さん向けのマッサージを実施している治療院は、それほど多くありません。
この為、妊婦さん用のマッサージ治療を受ける場合には、インターネットや電話で、マッサージの資格(国家資格)の有無や、実績、そして、妊婦さんのマッサージを行う『治療院』などを、確認する事が大切です。

【 当院の、マタニティマッサージ 】(写真)当院の治療

妊婦さんが、心身共にリラックスした状態になると、お腹の赤ちゃんも穏やかな状態になれると言われているので、妊娠中の期間は、お腹の赤ちゃんの為に、“居心地の良い身体を保つ事”が、最優先です。
しかも、出産した後になると、赤ちゃんの世話で精一杯になるので、妊娠中から体調を整えておく事が、大切です。
この為、「病気ではないけれど、何となく身体の調子が悪い…?」といった場合には、少しでも、妊娠中の身体の不調を和らげて、上手く体調の変化と付き合えるようにする事が必要です。

 

当院では、昔からの『あん摩術』をベースにして、『国家資格』のマッサージ師が、マタニティマッサージを行っています
これは、昔からの『あん摩術』がツボ反応を活用しているので、「血行やリンパの流れを良くする」、「筋肉の弾力性や柔軟性を高める」、「神経の興奮を抑制する」などの作用を促進させて、「筋肉の疲労の回復」や、「肩こり・腰痛などの痛みの改善」などを高める、効果があるからです。
しかも、ツボ反応を利用しているので、無理が無く、その時の妊婦さんの体調に合わせて、体調の不調が緩和できるので、お腹の赤ちゃんに良い影響を与えられます。

 

また、当院では、マタニティマッサージを受ける場合に、妊婦さんが、他の患者さんを気にする事なく、安心して施術を受けられる事が大切なので、ベッドをブースで仕切って、着衣のまま、マッサージを受けて頂くようにしています。
更に、当院では、『国家資格』者による“治療”なので、マッサージの費用は『医療費控除』が適用されます。
妊娠週数が進んで、お腹が大きくなると、身体に様々な変化が現れてくるので、当院のマタニティマッサージを利用して、少しでもリラックスして、良い気分でお過ごし下さい。

 

妊娠中は、身体の不調だけでなく、精神的にも不安定になりやすい時期なので、そんな時には、マッサージがオススメです。
当院は、妊娠中の、辛い症状を解消させて快適に過ごせるように、指圧とマッサージの優れた部分を取り入れ、リラックスした状態で、マッサージを受けて頂けるようにしています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の硬さや、健康管理などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。