運動不足

中高年の運動不足解消と、スポーツクラブ、フィットネスクラブ

【(症例)身体の硬さや、健康管理 】
(写真)中高年の運動不足の解消

導入文

アンチエイジング、メタボ予防への関心、そして健康ブームの広がりなどから、スポーツクラブやフィットネスクラブなどを利用して、運動をする中高年が多くなっています。

しかし、今迄、運動する機会がほとんど無かったり、腰、膝、肩などに痛みを抱えていたりすると、『運動は、身体に負荷をかける事』なので、後になってから、不快感や疲労感、そして、筋肉痛などに悩まされる事が多くあります。

この為、気持ち良く運動ができて、快適に毎日を過ごす為には、体調の維持が重要になるので、「病院に行くほどではないけれど、何となく身体の調子が悪い…」という場合には、身体のコンディショニングを行って、身体の不調を解消しておく事が大切です。

【 中高年の、特有の事情 】(図)中高年の、特有の事情

「少しでも体型を若々しく保ちたい」とか、「体力と健康を維持したい」という健康志向や、自分のペースで自由に運動をしたいという事から、スポーツクラブやフィットネスクラブなどに興味を持ち、入会する中高年が多くなっています。
ところが、入会しても、1年以内に辞めてしまう人が、4割以上にもなっています。
これは、「仕事や日常生活が忙しくなった」、「壁や天井を眺めて、一人でマシンに向かっているのが退屈」、「効果的なトレーニング方法が、分からない」という理由もありますが、「期待していた効果が、思ったように現れない」という事や、「時間を作ってジムに通うほど、ジムに価値を感じられない」、という事が多くなっているからです。

 

特に、中高年になると、運動を続けられなくなってしまう、中高年“特有の事情”があります
それは、中高年の入会理由の8割以上が、体調管理や運動不足の解消を目的にしているように、それだけ青年期と違って、身体を支える力が弱くなっていたり、筋肉の関節の柔軟性が失われていたり、身体のバランスを保つ神経の働きが低下していたり、している事です。
しかも、スポーツクラブやフィットネスクラブなどは、予約制でもないし、サークル活動と違い、行っても行かなくて良いので、仲間がいなかったり、通うのに時間がかかったり、スタッフやプログラムが自分に合っていなかったりすると、だんだんと行かなくなってしまいます。

 

また、中高年“特有の事情”として、中高年になると、慢性化した、膝痛、首や肩のこり、腰痛、などの痛みを抱えている事も、大きく影響します。
「衰えた筋肉やその他の機能を回復させたい」、「痛みを予防して再発を防ぎたい」などを期待していても、運動の効果が思うように現れなかったり、痛みが起きたりすると、「今日は身体の調子が悪いから、休むのはしょうがない…」と、健康上の理由にして、ツイ休んでしまうからです。
この為、運動をする意欲や目的意識がアイマイだったり、今迄ずうっと運動する習慣が無かったりすると、最初は運動へのモチベーションが高くても、そのモチベーションを継続するのが難しくなって、運動を続ける事に、だんだんと気が進まなくなったり、続けるのがオックウになったりします。

【 運動が逆効果に 】(図)運動が逆効果に

また、スポーツクラブ、フィットネスクラブで、自分から進んで自主トレができる人と、できない人の割合は、1:9ぐらいと言われ、多くの人は、自分で何をすれば良いか分からない状態です。
この為、健康管理に運動を行うには、年齢や体力に合わせた運動をする事為に、事前に、インストラクターに相談して、目的に合わせて運動を行い、根気強く運動を続けていく事が必要です。
特に、中高年になって、運動不足になっていると、運動をする事に慣れるまでは、身体に疲労感が残ったり、生活リズムが狂ったりするので、無理をしないで、ゆっくり、安全に運動を行う意思も必要です。

 

しかし、無理をしないで、ゆっくり安全に行う事をイメージしていても、スポーツクラブに来ると、時間内に、目いっぱい運動する事を考えたり、周囲の人を見ているうちに競争心が高まったりするので、ツイ頑張ってしまいます。
また、最近の運動機械は、運動量や運動の強度が表示されますが、それらを自分の見当で判断すると、運動内容が自分の体力に合わなかったり、筋力が伴わなかったりします。
この結果、頑張って運動をしている時には、気持ちが高揚し、身体の血行も促進されるので、体調がアップしたように感じられますが、老排物の排出が進まなかったり、酸素や栄養分の供給が追い付かなかったりしてくるので、翌日あたりになると、不快感や疲労感に悩まされたり、身体に痛みが起きたりします。

 

 

特に、中高年になって、運動不足になっていると、運動前に、肩・背中・腰などの“大きな筋肉”や、運動で負荷のかかる“関節付近”の血行の状態を、十分に良くしておかないと、運動した後になってから、身体の不快感や疲労感、そして、筋肉痛に悩まされる事が多くなります。
20代を過ぎると、思っている以上に、体幹(胴体部分)の筋力が衰えてくる上に、更に運動不足になっていると、背中や腰などの姿勢を支える筋肉の筋力が弱くなっているからです。
この為、中高年になって、普段、運動経験がない人が、ウオーミングアップを十分にしないで、筋トレや、水泳、ランニングマシーンを使ったランニングなどを行うと、身体に大きな負荷がかかったり、予想外な所に負担がかかったりして、当初の健康作りと逆効果になってしまいます

【 身体からのアラーム信号 】(図)身体からのアラーム信号

スポーツクラブでは、いろいろな器具や音楽・照明を駆使して、楽しみながら身体を動かせる工夫をしているので、身体の疲労や緊張に気付きにくくなります。
また、運動マシンを使っていると、身体の負荷がかかっている箇所や程度が、ハッキリとしないで、曖昧(あいまい)に感じられるので、疲労感や違和感が生じても、「たいした事はないだろう…」と思いがちです。
しかも、「運動は、やればやる程効果が出る」と思ったり、「行かないともったいない」と思ったりしていると、結果的に、身体の疲労感や不調が残ってしまいます。

 

この為、運動中や運動後に、「何となく疲れる…」、「首や腰に違和感がある」、「ダルイ感じ」、などに気付いた場合には、身体の状態について、注意が必要です
本人はハードな運動だとは思っていなくても、身体に、何らかの、いつもと違う状態が起きているので、脳がそれを察知して、痛みや疲労感などのアラーム信号を発している可能性があるからです
あるいは、いつもと同じように、運動をしていても、気付かないうちに、疲労や緊張が身体に蓄積している可能性もあります。

 

また、スポーツクラブに行こうとしても、「今日はなんとなく、気分が乗らない」とか、「気が進まない」と感じるのも、身体からのアラーム信号の可能性があります。
「飽きる」、「眠い」は、“隠れ疲労”のサインと言われるように、「今日はなんとなく、気分が乗らない」とか、「気が進まない」と感じるのは、身体に疲労や緊張が増している事が考えられるからです。
しかも、これらの不調感から、「身体が、何となくだるい」とか、「やる気が出ない」なども現れてくるので、イライラしたり、気力が無くなったりして、生活に支障をきたしてしまいます。

【 当院の、体調調整の治療 】(写真)当院の、運動の為の体調調整

人は持っている機能を使わないと、驚くようなスピードで機能が低下するので、運動不足が続いている場合や、身体に違和感や不調がある場合は、運動やスポーツを行う前に、体調の確認や身体のコンディショニングが大切です。
しかも、「体力は、40歳代から徐々に低下し、50歳代になると急激に低下する」と言われるので、中高年が、スポーツクラブやフィットネスクラブなどで運動を行うには、体調の確認や調整が大切です。
この為、当院では、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、筋肉の疲労箇所や血行の悪化箇所をチェックして、その人の体調に合わせて回復を行い、運動能力を向上させるようにしています

 

特に、本人が気付きにくい部位や、疲労が蓄積している箇所、普段の生活で身体を使い過ぎている部分などのケアを、つぼ治療とマッサージ治療で、重点的に行っています。
これにより、本人が意識していなかった筋肉がほぐれ、しかも、血流が良くなるので、身体の機能が回復し、運動能力を高める事ができます。
例えば、当院の身体のコンディショングで、「肩こりや首コリが楽になった」、「身体の疲労感が少なくなった」、「ちょっと姿勢が良くなった」、「頭がスッキリした」などが感じられると、トレーニング動作が楽にできるようになり、速足で歩いても息があがらないようにもなります。

 

また、疲労をハッキリ感じていなくても、「だるい」、「肩がこる」、「冷える」、「疲れやすい」、「食欲がない」、「眠れない」、「イライラする」、「元気がない」などがあると、身体をコントロールする力が弱っています。
この為、当院では、筋肉や血行の状態をツボ反応でチェックして、筋肉の回復を行っています。
これは、ツボが、神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調があると、身体に異常が起きている事を知らせてくれる上に、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるからです。

 

運動時に、身体の“しなやかさ”や“動かしやすさ”を発揮するには、運動やスポーツを行う前に、筋肉と腱などが充分に伸びて、血行に支障が無いように、体調管理が必要です。
当院は、日常生活からくる疲れや、ストレスによる不調を改善するだけでなく、運動による痛みや、疲労を取り除き、体調を保つ治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の硬さや、健康管理などの症状の、ご相談は、右上の[メールを送信]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

運動不足による疲れ

【 (症例)身体の硬さや、健康管理 】
(写真)運動不足

導入文

デスクワークや在宅勤務などで、身体を動かす事が減って運動不足になってくると、血行や呼吸機能が低下し、緊張がいつまでも身体に残る状態になるので、肩こりや腰痛だけでなく、ダルサや倦怠感、イライラ感などが生じるようになります。

この為、普段の運動不足を解消しようとして、身体の活動力が低下したまま運動を行うと、更に運動の負荷が加わるので、かえって後になって、筋肉痛・倦怠感・だるさなどに悩まされます。

このような『運動不足による疲れ』による不快感、不調、痛みなどがある場合には、まずは、身体の状態を確認して、身体のコワバリ箇所の解消、血行の回復、関節可動域の改善などを行い、体調を回復させ、心身の健康を取り戻す事が大切です。

【 運動不足でいると 】(図)運動不足が、更に運動不足に

運動不足であっても、「元気でいるし、それほど問題ないだろう…」と思って、そのままにしていると、次第に、肩こりや腰痛などが起き易くなったり、身体に倦怠感やダルサなどが起きたり、そして、頭痛やイライラなどが起きたりしてきます。
これは、運動不足が続いて筋肉の働きが低下してくると、血液やリンパ液を流している筋肉のポンプ活動が弱まり、身体の中の不要な老廃物が排出されづらくなる上に、筋肉の働きの低下から呼吸活動も低下するので、チョッとした動作でも、疲れ易くなったり、体調を保つ働きが低下したりする為です
特に、脳は酸素不足に極めて弱い臓器なので、運動不足によって血行が低下して、酸素の流入が少なくなってくると、脳の活動を休めようとして、疲れや倦怠感、ダルサ、思考力低下、頭痛などが起き、そして、記憶力や思考力が低下します。

 

そして、更に運動不足が続くと、身体全体の疲労感やダルサと共に、身体の姿勢を維持する筋肉に痛みが出るようになります。
身体の血行が低下して、疲労物質が身体から排出しづらくなるので、「すぐに疲れる」、「疲れが取れない」といった、疲労感やダルサが起きてくる為です。
しかも、身体に溜まった疲労物質で、神経が刺激されるので、ジッとしていても、「絶えずジクジクと痛む」といった不快感が起き、身体を動かすと、敏感になっている神経が刺激されるので、痛みや不快感が強まります。

 

更に、身体を支える首・肩・腰・膝などの関節付近に、痛みが起き易くなります。
身体のウエイトがかかる首・肩・腰・膝などの関節の周りの筋肉の働きが低下して、関節を動かす筋肉や靭帯の柔軟性が失われてくると、『瞬発力』だけでなく、身体を長時間にわたり動かし続ける『持久力』も低下するので、痛みが起き易くなるからです。
しかも、身体を支えながら、滑らかに関節を動かせる範囲が限られてくるので、チョットした動きでも、いつもと違う動きをしたり、身体を支えづらい姿勢になったりすると、「アイタタッ!」と痛みが起きるようになります。

【 中高年になると 】(図)中高年

運動不足が続くと、筋肉のコワバリや血行の悪化により、身体を動かすと痛みや不快感が生じるので、ますます運動不足になりがちです。
しかも、中高年になって、毎日の階段の上り下りや、ちょっと走るなどで、「身体が思うように動かない」と感じていると、「もっと運動しなければ」と思っていても、「身体が重い」、「疲労が抜けない」、「凝りを感じて、だるい」、「面倒」、という気持ちが先だってしまいます
このように、運動をしようと思っても、中高年になると、若い時と違って、身体の柔軟性が失われてきたり、体力が無くなってきたりするので、運動への『気力の低下』が起きて、運動不足の状態が続いてしまいます

 

更に、中高年になって「運動をしよう!」と思っても、運動不足になっていると、『適度な運動設定』や『運動を継続』の難しさがあります。
身体の筋力が低下しているので、『適度な運動設定』が分からないまま、いきなり運動をすると、筋肉痛や腰痛、捻挫などを起こしたり、心肺機能の低下から、動悸や息切れが起き易くなって、運動が逆効果になったりするからです。
また、『運動を継続』する目標がシッカリとできていないと、「目的や目標が定まっていない」とか、「日々やる事が決まっていない」となり、更に、「日々、運動をやる事にメリットを感じない」と、三日坊主に終わってしまいます。

 

しかも、中高年以上になると、いろいろなストレスや体調不調があったり、仕事や家庭の事に追われて、運動の時間がとりにくくなったりします。
この為、せっかく、「運動を、ヤルゾ!」と決めても、体調不調が気になっていると、「やっぱり続けられない」、「ヤル気を無くしてしまう」、となってしまいます。
このような事から、十数年近く、運動らしい事をしてこなかった中高年が、一念発起して運動を始める場合は、体調への注意が必要です。

【 身体機能の回復 】(図)身体機能の回復

運動不足になっている人が、身体の不調を解消するには、「何でも運動をすれば良い」のではなく、『運動不足による疲れ』について理解が必要です
ジッとしている事が多くなっていると、姿勢を支える筋肉の緊張や精神的な緊張が高まっているにもかかわらず、血管の伸縮や呼吸活動の低下によって、体内に酸素が十分に行き渡らなくなったり、不要な老廃物が排出されづらくなったりします。
この結果、肩こりや腰痛を引き起こしたり、ダルサや倦怠感の原因になったりするので、血行やリンパの流れを改善し、筋肉の弾力性や柔軟性を高めて、神経の興奮を鎮める事が重要です。

 

この為、運動不足で、身体に不調や、不快感、痛みなどがある場合は、運動をする前に、前もって、筋肉の柔軟性を回復させたり、身体の血行を回復させたり、関節の動きを滑らかにしたりして、身体の不調を解消させる事が必要です。
特に、50~60歳台に差し掛かかった頃になると、筋肉や骨、関節などの運動器が機能障害を起こす可能性が高くなるので、気になる体調不調を少なくさせておくと、これらの『身体の機能回復』にもつながります。
運動不足で、筋力の低下による姿勢の悪化と、血行不良によって疲労物質が溜まると、肩こりや腰痛を引き起こしたり、ダルサや倦怠感の原因になったりするので、血行やリンパの流れを改善し、筋肉の弾力性や柔軟性を高めて、神経の興奮を鎮める事が重要です。
寝て休む事で回復させようとしても、ジッとしている事で、重力や身体の重さなどの負荷が、身体にかかり続けるので、まずは、固まっている身体をゆるめて、ほぐし、血行の回復や、関節可動域の改善などを行い、体調を回復させる事が重要です。

 

また、中高年になって、毎日の生活の疲労や緊張などで“姿勢”が悪くなると、余計に身体の筋力を低下させたり、バランスを保つ能力が悪くなったりするので、身体の“軸”になっている『姿勢保持筋肉』 のコワバリを解消させて、身体の柔軟性を回復させ、バランスを整える事が大切です。
血行やリンパの流れを回復させて、筋肉の弾力性や柔軟性を高めると、神経の興奮を鎮める効果もあるので、肩こり・腰痛などの、身体の痛みが改善されます。
しかも、運動不足が続くと、筋肉の過度な緊張や心肺機能の低下によって、思っている以上に身体の機能が低下した状態になるので、これらの『身体の機能の回復』をすると、仕事力の低下を防ぐ効果もあります。

【 当院の治療 】(写真)当院の体調改善

当院は、運動不足や加齢などで体調不調を感じている方に、ツボ反応を利用したマッサージ治療で、疲労回復や、身体の運動機能の改善、体調の調整、などの治療を行っています。
マッサージ治療が、痛みや不快感のある箇所の筋肉の弾力性や柔軟性を回復させて、関節の可動域を広め、血行を改善させる作用があるので、筋肉の疲労の解消や、神経の興奮を鎮めて、肩こり・腰痛などの痛みを改善させる効果があるからです
また、「何となく身体の調子が悪い」という状態が解消されてくると、体調を保っている自律神経の負担が減少されるので、自律神経の改善や内臓機能の回復にもなります。

 

当院では、これらの体調の改善を、人それぞれの身体の状態や調子が違うので、身体の異常箇所を知らせるツボを、反応点として利用し、マッサージ治療を行っています。
例えば、運動不足で、体調不調に悩まされている場合に、ツボ治療とマッサージ治療で身体の運動機能を回復させると、身体の違和感や痛みが減少して、毎日の生活にも大きく役立つだけでなく、運動の準備や運動後の回復にも利用できます。
また、長時間のデスクワークで、筋肉の柔軟性を失っていたり、加齢で、身体の歪みや関節の硬直が起きていたりしている場合にも、ツボを反応点として利用してマッサージ治療を行うと、身体のダルサや疲労感の解消だけでなく、リフレッシュ効果も期待できます。

 

また、当院では、姿勢維持筋(インナーマッスル)のコワバリを確認し、ツボ刺激を伴ったマッサージ治療によって、コワバリ解消の治療を行っています。
運動不足になると、姿勢維持筋が硬くなってくるので、「身体が思うように動かせない」、「身体が重い」、「一度疲れるとなかなか疲労が抜けない」などが起きたり、運動をすると、更に姿勢維持筋の緊張を強めたりするからです。
身体のコワバリ箇所を確認して、ツボ刺激を伴ったマッサージ治療で、コワバリの解消、血行の回復、関節可動域の改善などを行うと、身体が動かし易くなり、運動前のウォーミングアップ効果になります。

 

運動不足は、運動不足による疲れが起きてくるので、「病気ではないけれど、何となく身体の調子が悪い」、という状態が起きます。
当院は、ツボ反応を利用した東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、コワバリの解消、関節可動域の改善、血行の回復などを行い、身体のバランスを整え、体調の改善を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の硬さや、健康管理などのご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】