短時間

高齢者のための、短時間マッサージ

【(症例)身体の硬さや、健康管理 】

高齢になると、「病気ではないけれども、何となく身体の調子が悪い」といった体調不調に加えて、「首や肩の凝り」、「腰痛」、「関節の痛み」、「身体の冷え」、「神経痛」、なども起きます。

体力が弱って、体調不調に対する身体の回復力が追いつかなくなると、次第に、「身体が重い」、「思い通りに動けない」、「疲れが残る」という状態になり、それらが積み重なって、本格的な不調になっていくからです。

このような高齢者の体調悪化の予防や改善に、身体を動かす事によって体力を向上させる事が勧められていますが、身体の不調で困難になっているので、まずは短時間でも、マッサージを利用して、身体のコワバリ箇所と血行の悪化箇所を改善させていく事が大事です。

【 血管が老化してくると 】

医療で『人は血管とともに老いる』と言われているように、血管の若さを保つ事が、健康を保つ大きなカギになっています。
これは、血管が老化して劣化してくると、血管の弾力性が無くなるので、血液を送り出す力が弱くなるだけでなく、血管のしなやかさが失われるので、血管がいびつに歪んで蛇行が起きたり、血管の内部が詰まったりして、血液が身体の隅々まで十分に行き渡らなくなるからです
これにより、人によって食事や運動などの違いから、遅い早いはありますが、その先々の臓器や器官の働きを低下させたり、悪化させたりします。

 

この結果、肌の乾燥、ごわつき、クスミ、クマといった『肌トラブル』が起きたり、あるいは、肩こり、腰痛、冷え、むくみなどの『血行障害』が起きたり、更に、「若い頃のようにすばやく動けない」とか、「体力が落ちた」といった『体調不調』も起きてきます。
しかも、血流が悪くなると、身体新陳代謝(入れ替わり)が遅くなってくるので、身体の機能が不活発になって低下し、免疫力も落ちて身体の抵抗力が弱くなるので、体調が低下して、風邪や病気も起き易くなります。
このように、血管の若さが失われてくると、病気にならなくても、身体の機能が低下してきたり、血行の悪化から不要な老廃物が排出しづらくなったりして、身体の老化が加速するようになります。

 

また、脳は身体の中で大量の酸素を必要とする臓器なので、血管の若さが失われて、身体の血行が悪くなってくると、脳の働きも支障が生じるようになります。
昔から、頭の働きがニブクなる事を『血の巡りが悪い』と言うように、身体の血行が悪くなって、脳に流入する血行が悪くなると、「考える」、「記憶する」、「アイデアを出す」、「感情をコントロールする」、「判断する」、「応用する」、などを担当している脳の前頭葉(ぜんとうよう)と言われる部分の働きが低下してくるからです。
この結果、判断力や注意力などが低下してきたり、「人や物の名前が思い出せない」とか「物事をするのが億劫」などのように記憶力や気力が低下してきたり、「頭が疲れ易くなる」、「ダルク感じる」、「頭痛気味」、「眠れない」などのように体調の不調感が強まったりします。

【 体調の改善と、施術助成券の利用 】

このように、血管の若さが失われてくると、身体の臓器や器官の働きを低下させて悪化してしまうので、高齢者の“体調管理”には、身体の弾力性や柔軟性を維持して、身体の血行を保つ事が重要になります
この為、積極的に身体を動かして、体力を向上させる事が勧められていますが、高齢になると若い頃と違って、身体が硬くなって固まっていたり、体力が弱ったり、「身体が重い」、「思い通りに動けない」、「疲れが残る」といった身体の不調があったりして、なかなか身体を動かす事が難しいのが実情です。
このような実情から、高齢者の身体の血行を改善するには、身体の状態をチェックして、コワバッテいる箇所の筋肉を和らげ、身体の弾力性や柔軟性を回復させる事と、それと共に、関節の動ける範囲を回復させる事が必要です。

 

このような手段として、短時間でも、マッサージを利用して、身体の状態をチェックして、身体のコワバリ箇所や血行の悪化箇所を緩和させると、体調の改善に効果的です。
これは、治療院のマッサージ治療では、身体の調子の悪い箇所を確認して、筋肉の弾力性や柔軟性を高めて、血行やリンパの流れを改善する事を行っているので、身体の血液循環の回復効果が期待できるからです。
これによって、身体の栄養素や酸素などの供給が回復し、溜まった老廃物が減少してくるので、敏感になっていた神経が回復して、痛みや凝りが減少する効果もあります。

 

このような効果から、多くの市町村で、高齢者の“体調管理”に、マッサージの施術に要する費用の一部を補助する『施術助成券』を交付しています。
高齢者が『施術助成券』を利用する事で、通常より経済的負担が少なくなるので、体調悪化の予防や、体調の維持・管理が行い易くなるからです。
しかも、都合の良い時に、最寄りの治療院で、身体の気になる箇所の回復処置や、不快な痛みやダルサの解消が可能になります。

【 東洋医療系のマッサージ治療 】

日本は、古くから、『民間療法』として、「身体の緊張や疲労を解消させ、循環を促進させる“手技療法”」が、発達してきた歴史があります
この代表格として、奈良時代に中国から伝来し、その後、日本人に合うように改良され、江戸時代に隆盛を極めた『あん摩術』があります。
『あん摩術』は、施術者の手で、血行やリンパの流れを良くしたり、筋肉の弾力性や柔軟性を高めたりして、循環器系や神経筋系に刺激を与え、体調を整え、疾病の治癒や健康の維持や増進を行ってきました。

 

現在は、伝統技術の『あん摩術』に、西洋で発祥したマッサージと、現代医学を取入れて、新しいタイプのマッサージに変わってきました。
これによって、疲労や痛みの発生源になっている箇所を確認したり、静脈やリンパの流れが悪化している箇所を調べたりして、身体の活性化を図って回復力を上げ、いろいろな症状の緩和を行っています。
また、身体のバランスを整える為に、関節などを動かす『運動療法』を取入れて、運動機能の回復を促進させる事も行っています。

 

これにより、クイックマッサージと呼ばれる15分程度の短時間のマッサージでも、効果的に筋肉の柔軟性を回復させて、血液の循環が促進されるように、様々な工夫がされています。
特に、東洋医療系のマッサージの治療院の中で、クイックマッサージの治療効果を高める為に、ツボ反応を利用して、全身にあるツボから、症状に合わせてツボを選んで、ツボ刺激を行っている所もあります。
これは、ツボが、神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調があると、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れ、身体に異常が起きている事を知らせてくれるだけでなく、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるからです。

【 当院の、高齢者のマッサージ治療 】

高齢者が健康的に年をとるには、全身の血管の99%を占めている毛細血管の機能維持や、血流の維持や回復が重要になるので、身体のコワバリを解消し、血流の促進を行っているマッサージ治療が適しています
当院では、高齢者向けの体調の改善の為に、東洋医療をベースにしたマッサージ治療にツボ治療を加えて、症状や体調に合わせ、15分、30分、45分、60分の治療を行っています。
問診や触診、そしてツボ反応から、身体調子の悪い箇所を確認した上で、身体のコワバリ解消や血液の循環改善を行う為に、集中的に、こりや痛みの緩和を行い、これによって、高齢者の体調改善を行っています。

 

例えば、高齢者に多い、不定愁訴と言われる「肩や首の緊張で、頭が重い」とか、あるいは、「気分がすぐれない」といった症状にも、身体のコワバリ箇所や血行の悪化箇所を確認して、ツボ反応を利用したマッサージ治療で、筋肉のコワバリを緩和させて、血行やリンパの流れを回復させ、体調の回復を行っています。
これによって、肩や首の緊張や疲労が解消されると、脳の血流が回復してくるので、頭がスッキリした感じになり、頭の働きもがUPしてくるのが期待できます。
しかも、当院の治療院のマッサージは、伝統的な技術の『あん摩術』を基本にして、高齢者の体調や症例に合わせて施術を行っているので、施術に無理が無く、安心感があります。

 

また、当院は、市川市から登録を受けた施術所なので、市役所から交付される『施術助成券』が利用でき、マッサージの施術に要する費用が少なくて済みます。
この為、体調の不調が気になった時に、『施術助成券』を利用して、早めに施術を受けるようにしていると、体調悪化の予防に効果があります。
しかも、血行が良くなると、筋肉への栄養素や酸素などの供給が改善して、老廃物が減少してくるので、老廃物による神経への刺激が減って、痛みや凝りが緩和して、体調管理にも効果があります。

 

若い時の血管はしなやかですが、高齢になって血管が老化してくると、元々悪くなっていた部分の自然回復が追いつかず、身体に「疲れやすさ」や「痛み」が現れるようになるので、短時間でも、国家資格者のいる治療院でマッサージ治療を受ける事が勧められます。
当院は、高齢者の健康サポートに、市川市の『施術助成券』を取り扱い、15分の短時間マッサージでも、落ち着いた雰囲気で、“納得感”のあるマッサージ治療を受けられるようにしています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の硬さや健康管理などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

治療院の、クイックマッサージ

【(症例)身体の硬さや、健康管理 】
(写真)東洋医療系のクイックマッサージ

導入文

街を歩くと、10分、15分、20分などの、“短時間”でマッサージを行うクイックマッサージの案内をよく見かけます。

気軽に立ち寄れそうですが、リラクゼーションが目的であったり、時間の制約から、肩だけとか、背中の一部など、限られたマッサージになったりするので、「効果はどうかナ…?」と、疑問に思う方が、いらっしゃるかもしれません。

しかし、症状の改善を目的にしている東洋医療系の『治療院』は、その技術や治療経験を利用して、的を絞ってマッサージを行っているので、“短時間”に症状の改善を期待している方にとって、オススメです。

【 的を絞った短時間マッサージ 】(図)あん摩から、マッサージに

マッサージは、もともと、身体の痛い部分や気になる部分を、撫でたり擦ったりされると、何となく、痛みや不快感が和らいでくる事から生まれました。
現在、日本で行われているマッサージは、昔から日本で行われてきた『あん摩術』(写真)に、西洋から伝わった筋肉の緊張解消法や血流促進法が加わり、世界的に見ても、新しいタイプの手技療法になっています
街で見かけるクイックマッサージは、この日本独自に発展した手技療法を、お客の要望に合わせて、10分や15分などの“短時間”に、的を絞って行っています。

 

この為、“短時間”のマッサージですが、「辛いと感じている箇所」を、的を絞って施術を行うので、時間が限られている方にとって、即効性や納得度が高いマッサージと言えます。
しかも、衣服を着替える必要が無いので、手間がかからず、チョッとした時間に手軽に利用できます。
この為、「今疲れている箇所だけを、すぐにほぐしたい」とか、「時間が限られているので、気になっている箇所だけ、何とかしたい」と思っている方にとって、ピッタリです。

 

また“短時間”型のマッサージなので、始めてマッサージの店に行く時に、“お試し”としても、利用できます。
クイックマッサージを受けてみる事で、トライアルの意味で、お店の雰囲気や、マッサージが合うかどうか、あるいは、費用対効果などを、確認できるからです。
例えば、「マッサージに興味はあるけど、なかなか一歩が踏み出せない」とか、「効果があるか試してみたい」、「お店や施術者の雰囲気が知りたい」などの場合に、クイックマッサージを受けてみる事で、疑問を解消して、ハッキリさせる事ができます。

【 短時間型マッサージの由来 】(図)短時間型マッサージ

“短時間”型マッサージが、注目され始めたのは、昭和39年の東京オリンピックからでした。
出場選手の、体調の調整や、パフォーマンスの向上などを狙って、試合の合間の、短い時間を利用して行われたのが、キッカケでした
この効果が認められ、その後、次第に一般の選手にも、マッサージによる、外傷の予防や、競技力の向上などの効果が広まって、多くのスポーツでマッサージが活用されるようになりました。

 

現在では、スポーツだけでなく、日々の仕事や家事などでも、疲労や緊張感の解消や、リフレッシュ効果を狙って、駅前やオフィス街で“短時間”型マッサージが利用されるようになりました。
背景としては、身体を動かす事が少ない仕事でも、長時間同じ姿勢を続ける為に肉体的疲労が大きくなっていたり、頭を長時間使い続ける事で頭の疲労が強まったり、目標や時間に追われて緊張している時間が多くなったりして、身体や頭を酷使する為です。
このような時に、仕事の合間に、“短時間”でもマッサージを受けると、身体のコワバリや血行悪化が改善されて、身体の緊張や疲労が解消したり、気分転換になったり、精神的なリラックス効果が得られたりするので、更に仕事を継続して進める事ができます。

 

このようなニーズから、東洋医療系の治療院は、「今疲れている箇所だけをすぐにほぐしたい」という要望に応えて、ツボ刺激を利用して、短時間型のマッサージを行っています。
ツボは、神経や血管が集まっているので、ツボを刺激する事で、短時間に、効率的に、神経に働きかけて、身体の働きを正常化させるのに、効果があるからです。
例えば、デスクワークに多い、肩こり、背中の痛み、腰痛、頭痛、耳鳴り、めまいなどの症状に対して、ツボ刺激によって筋肉のコワバリ解消を行い、血行やリンパの流れを回復させて神経の興奮を鎮め、身体の痛みや違和感を改善させています。

【 知識と経験の重要性 】(図)あん摩・マッサージ・指圧師

しかし、クイックマッサージは、時間に制約があるので、手順通りにマッサージを行ったのでは、なかなか効果をあげられません。
短時間で、しっかり身体のコリや疲れをほぐすには、症状から判断して、触診と解剖学を基に『素早く、原因と患部の範囲を確認して、患部のポイントを絞る』事が必要になるからです。
更に、短時間に、症状改善の効果を発揮するには、『手際よくアプローチ』して、患部の負荷を和らげて、不快感や痛みを減少させる事が必要です。

 

この為、クイックマッサージを行うには、何よりも、施術者側の『確かな知識』と、『多くの臨床経験』が、重要になります。
クイックマッサージも、通常のマッサージと同じように、患部を軽く押圧して反応点を確認したり、患部のポイントを絞ったりする事が必要になるからです。
そして、この一連の診断を“短時間”に行う為に、患部の重点箇所や、強さの加減、どのような手順で行うかを、素早く判断し、マッサージを手際よく、短時間の中で行う事が必要になります。

 

この為、「急いで、身体の疲れを解消したい!」という場合には、症状の改善を目的にしているマッサージの『治療院』で、クイックマッサージを受ける事が、オススメです。
『治療院』と聞くと、ちょっと敷居が高そうに感じるかもしれませんが、『治療院』と名乗れるのは、正規の国家資格を持った資格者が行っているので、症状の改善を目的にしている方にとって、正規の資格を持ったマッサージ師が行っている『治療院』が最適です
単に“マッサージをしている所”で選んでしまうと、マッサージ師の資格を持たないまま施術をしている所が多いので、症状の改善を目的に、「今疲れている箇所をすぐにほぐしたい」と思っている方は、『治療院』のクイックマッサージがオススメです。

【 当院のクイックマッサージ 】(写真)当院の、短時間マッサージ

当院は『あん摩・マッサージ・指圧師』の国家資格を持った、正規の資格者が施術を行っている『マッサージ専門の治療院』で、マッサージ治療に『ツボ治療』を加えて、症状の改善を行っています。
ツボが、神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調があると、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れ、身体に異常が起きている事を知らせてくれるだけでなく、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるからです。
この為、当院に来院される方は、「身体がダルイ」、「肩がこる」、「腰が痛む」など、身体に痛みや違和感のある方や、「冷える」、「疲れやすい」、「眠れない」、「イライラする」など、「病気ではないけれど、何となく身体の調子が悪い」といった方が、来院されています。

 

このようなマッサージ治療に『ツボ治療』を加えた治療で、当院では、15分の『クイックマッサージ』を行っています
「今疲れている箇所を、すぐにほぐしてもらいたい」という御要望に応える為に、“短時間”に、調子の悪い箇所を、ピンポイントに集中的にケアをするマッサージなので、回復の即効性や身体や気持のリフレッシュ感だけでなく、仕事の効率アップ(↑)や、集中力のアップ(↑)が、期待できます。
例えば、「身体がダルイ」、「肩がこる」、「腰が痛む」など、身体に痛みや違和感のある場合や、「冷える」、「疲れやすい」、「眠れない」、「イライラする」など、「病気ではないけれど、何となく身体の調子が悪い」といった場合に、仕事帰りや昼の休憩中、仕事の合間などに、ちょっと立ち寄って、お手軽な価格で、心身をリフレッシュできるようにしています。

 

更に、リラックスできるように、当院では、『クイックマッサージ』の場合も、個室のブースで行っています。
個室のブースで、プライベートな空間が用意されるので、リラックスした気分で、心身のリフレッシュができます。
“短時間”でも、リラックスできる雰囲気の中で、気になっている箇所や、辛いと感じている箇所を、的を絞ってマッサージ治療を受けたいと思っている方に、オススメです。

 

クイックマッサージの効果が発揮されるには、マッサージが、効果的に、安全で安心して受けられるように、『確かな知識』『多くの臨床経験』と共に、『プライベートな空間』も重要な要素です。
当院は、“短時間”マッサージに、即効性や納得度を高められるように、個室のブースを使用し、国家資格の知識と技術をベースに、整体の理論や技術を取り入れています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の硬さや、健康管理などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】