中高年の運動と、スポーツマッサージ

【(症例)身体の硬さや、健康管理 】
(写真)中高年の運動と、スポーツマッサージ

 

導入文

中高年になって、運動不足解消や健康管理の為に運動を始めたら、「身体のあちこちが痛くなった」、「余計に疲労が溜まって仕事の効率が悪くなった」などを、引き起こす事があります。

原因として、運動による身体のオーバーワークもありますが、普段、ストレスが続いていたり疲労が溜まっていたりすると、運動によって、オーバーワーク気味になっている自律神経に急激に負担が強まり、体調を保てなくなった事があります。

このような場合、身体の疲労や過緊張などを回復させるだけでなく、本人が意識していない疲労個所を確認し、解消する事が必要になるので、スポーツに合わせたマッサージよりも、治療タイプのマッサージが勧められます。

【 運動を、やり過ぎて 】(図)運動やり過ぎ

中高年になると、身体の硬さや肥満の解消や、あるいは、血圧や血糖値の改善の為に、運動を始める方が多くなっています。
適度に運動をする事で、筋肉を鍛え脂肪を落とすだけでなく、血行が促進されるので、酸素や栄養を取り込んだ血液が身体のすみずみまで行き渡り、身体に溜まった老廃物の排出にもつながるからです。
ところが、運動をした日の夜にゆっくり寝たはずなのに、翌朝になって、「なぜか疲労感が抜けない…」とか、「身体が、前よりもダルイ」という思いをしたり、仕事に向かっても、「身体がスッキリしない」、「頭がボーッとして、集中力が出ない」と感じたり、する事があります。

 

このように、運動をした後になって、ダルサや疲労感が起きるのは、『身体の疲労』と『脳の疲労』の、2つの原因あると言われています。
最初の『身体の疲労』は、運動をしていて、ついつい熱中したり、頑張ってやり過ぎたりすると、回復できないほどの疲労が身体に溜まって、起きてきます
よくあるのが、休みの日にまとめて運動をしたり、運動量が適度でなく多かったり、運動目標を意識し過ぎたり、スポーツ施設などで周りの雰囲気から競争意識が刺激されたり、などです。

 

これ以外にも、スポーツ施設などの場合、マシンを利用して運動をしていると、気付かないうち、『身体の疲労』を起こす事があります。
スポーツ施設のマシンは、初心者でも扱い易く、安全性が考慮されていますが、一つ一つのマシンが、狙った筋肉を効果的にトレーニングする事をコンセプトにしているので、この事を理解しないと、特定の筋肉に強い負荷をかけてしまうからです。
この為、“見よう、見まね”で、マシンを利用して運動をした後に、『身体の疲労』を起こし、筋肉の柔軟性が失われてコワバリが生じたり、痛みが起きたりする事があります。

【 体調を保つ自律神経の疲れ 】(図)体調を保つ自律神経の疲れ

2つ目の『脳の疲労』は、仕事や家事などで疲労やストレスなどが溜まっていると、いつもと違って運動をした事で、体調を保つ自律神経がオーバーワークとなり、体調を保てなくなったケースです
例えば、精神的に疲れて血行も悪化している時に、あえて「ストレス解消に!」と、運動をすると、疲れている自律神経に更に負担をかける事になるので、後から、疲労感やダルサに襲われる事になります。
また、中高年になると、若い時と違って新陳代謝が低下している上に、仕事や家事の都合で運動やスポーツから遠ざかっているので、標準的な運動メニューであっても、普段やらない運動をすると、自律神経にとって大きな負担になって、クタビレ感が強まったり、ずっと続いたりします。

 

この事が起きるのは、自律神経が疲れた状態になっていると、最初は、「たいした事は、ない」と思っていた運動でも、「もうこれ以上、体調の維持ができない、休むように!」と、限界を知らせるからです。
特に、スポーツ施設では、日常生活では無いような動作が続けたり、偏った動作を繰り返したりするので、知らず知らずのうちに、自律神経の負担が増し、後になってダルサや疲労感が起きてきます。
体調を保つ自律神経の疲れなので、筋肉疲労よりも、精神的なダルサや疲労感などに悩まされ、「なぜか疲労感が抜けない…」とか、「身体が、スッキリしない」などを強く感じたり、「休んでも、疲れが残る」、「やる気がしない」、「ダルイ」、「朝、起きられない」などが、強く現れたりします。

 

また、このような状態になるのは、体調を保つ自律神経のオーバーワークによる事と、それによって血管が縮んで、血行が悪化し、身体に疲労物質が多く溜まった事が影響しています。
この為、運動中は血行が促進されていても、自律神経の疲れが解消されていないと、運動前より、血行の悪化を感じるようになります。
例えば、血行悪化が、脳に影響すると「頭が重い」、「頭痛頭がする」などが起き、身体に影響すると「首や肩が凝る」、「関節が痛む」などが起き、更に、運動で身体が疲れているはずなのに、「なかなか眠れない」なども起きます。

【 血流の低下による、コリ 】

また、筋肉のコリも、運動をした後に、ジンジンとした不快な痛みを起こしたり、コリ周辺に「ダルイ」、「疲れを強く感じる」、といった事を起こしたりします
これは、もともとコリが、疲労やストレスなどで血流が悪化し、筋肉の働きが低下して、できたものなんで、そこに負荷がかかると、余計に筋肉を収縮する結果になってしまうからです。
この結果、運動をする事で、肩凝りや腰痛を和らげるつもりが、かえって、筋肉がますます硬くなったり、不快な痛みが拡大したりします。

 

特に、コリが慢性化し、そこからジンジンとする不快な痛みを発している場合には、運動後に、コリの痛みや違和感が強まったり、身体の不調が大きくなったりする事が、よくあります。
これは、コリがシコリ化していると、付近の神経が過敏になっているので、運動をする事で、神経を刺激する交感神経が過剰に働きすぎてしまい、心身を休める副交感神経が働きにくくなってしまうからです。
この為、それまで、何とか我慢していた、肩こりや腰痛、持病、疲れ易さ、体調の低下などが、ぶり返したり、強まったりします。

 

コリは、東洋医療的に言うと、身体の異常を知らせる箇所です。
運動は、筋肉に強い負荷をかける事になるので、通常の筋肉ならば適当な運動量であっても、コリができている場合には、その箇所の筋肉を収縮させて、状態を更に悪化させます。
特に、いつも、肩コリや、背中の筋肉の痛み、腰痛などに悩まされている場合は、運動をする前に、これを解消しておく注意が必要です。

【 当院の、中高年向けのマッサージ 】(写真)当院の治療

このような事から、「体調管理の為に『スポーツマッサージ』を受けようか?」と、考える方もいます。
しかし、実際には、スポーツマッサージでも、治療院が行っているマッサージ治療でも、体調を診る観点や活用する手法において、大きな違いが無くなってきています。
これは、スポーツマッサージも、コンディショニングという観点から、筋肉だけではなく、リンパ液や血液・神経や骨にも、効果的な影響を与えるような様々な手法が、必要となるからです。

 

当院では、中高年以降になって、運動を始めている方に、体調管理を含めたマッサージ治療を行っています。
特に、関節付近の筋肉や腱などを、手や指を使ってしっかりと引き伸ばし、柔軟性を高める事を、重視しています。
これは、関節付近の筋肉が硬くなっていると、動かせる範囲が少なくなって、動作痛や怪我が起き易くなるだけでなく、血行を悪化させるので、疲労が蓄積し易くなるからです。

 

更に、当院では、「運動で余計に疲れた」とか、「身体に痛みを感じる」という方に、一人ひとりに適したツボを探し出し、それぞれの症状の解消を図っています。
中高年の場合、筋力や体力が低下したり、バランス感覚が鈍ったりするので、本人が意識していない疲労個所や、メンテナンスが必要な箇所を見つけて、ケァする事が必要になるからです。
特に、だるい、肩がこる、冷える、のぼせる、疲れやすい、食欲がない、眠れない、イライラする、などの場合には、本人が意識していない疲労個所を確認し、解消する事が必要なので、身体のバランスを整えるツボ治療が、体調改善に有効です。

体調管理に、マッサージを選ぶ場合には、『あん摩マッサージ指圧師』の国家資格を取得し、いろいろな身体の支障を理解し、治療経験のある治療家の施術を受ける事を、お勧めします。
当院は、国家資格を取得し、日常生活の疲れやストレスの改善だけでなく、運動による身体の痛みや疲労を取り除き、体調管理を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

SNSでもご購読できます。