中高年の運動と、スポーツマッサージ

【(症例)身体の硬さや、健康管理 】

(写真)中高年の運動と、スポーツマッサージ

 

中高年になって、運動不足解消や健康管理の為に、スポーツジムに通っていたら、「身体のあちこちが痛くなった」、「余計に疲労が溜まって仕事の効率が悪くなった」などを、引き起こす事があります。

原因として、運動によるオーバーワークもありますが、ストレスや疲労などが続いて、自律神経がオーバーワークになっていると、運動によって負担が増して、ダルサや疲労感が現れる事があります。

このような場合には、スポーツマッサージを受けるより、むしろ、本人が意識していない疲労個所や、身体の凝りや過緊張などのメンテナンスが必要な箇所を見つけて、ケァーする事が大切です。

【 運動を、やり過ぎてしまうと 】(図)運動やり過ぎ

中高年になってから、身体の硬さや肥満の解消に、あるいは、血圧や血糖値の改善の為に、運動にチャレンジしようという方が多くなっています。
ところが、翌日になって、「なぜか疲労感が抜けない…」とか、「身体が、スッキリしない」、という思いをする人が、かなりいます。
しかも、運動をした夜にゆっくりと寝たはずなのに、翌日の出勤日になって、「身体が、前よりもダルイなぁ」と、感じる事もあります。

 

ダルサや疲労感が起きる原因は、大きく分けて『身体の疲労』と『脳の疲労』の、2つがあると言われています。
最初の『身体の疲労』は、ついついトレーニングに熱中したり、やり過ぎたりして、疲労が回復できなくなった状態です
多いのが、休みの日にまとめて運動をしたり、目標達成の為にオーバーワークになったり、周りの雰囲気から競争意識が刺激されたり、体調が良くないのに運動をしたり、などがあります。

 

これ以外にも、スポーツジムなどで、マシンを利用して運動をしていると、気が付かないうちに運動をやり過ぎてしまい、『身体の疲労』を起こす事があります。
ジムのマシンは、初心者でも扱い易く、安全性が考慮されていますが、一つ一つのマシンが、筋肉を、部分的にトレーニングするコンセプトでつくられているからです。
この為、“見よう見まね”で、マシンを利用して運動をしているうちに、運動の偏りから『身体の疲労』が起きたり、更に、筋肉の柔軟性が失われたり、痛めたり、する事があります。

【 自律神経の疲れ 】(図)だるい

2つ目の『脳の疲労』は、疲労やストレスなどが溜まって、自律神経が体調を保つ事ができなくなったケースです
自覚症状として、「なぜか疲労感が抜けない…」とか、「身体が、スッキリしない」など、精神的に、ダルサや疲労感となって現れます。
これは、「もうこれ以上、体調の維持ができない!」と、自律神経が限界を知らせたサインです。

 

『脳の疲労』は、自律神経の乱れによって、血行が悪化し、疲労物質が身体に溜まっている事が、大きく影響しています。
この為、「朝、起きられない」、「休日にゴロゴロしても休んだ気がせず、疲れが残る」、などの疲労感が強く現れます。
血行の悪化は、他にも、「頭が重い」、「頭痛頭がする」、「関節の痛みや、首や肩が凝る」、「胸に圧迫感がある」、などを引き起こしたり、冷えやむくみの原因にもなったりします。

 

このような時に、「ストレス解消に!」と、あえて運動をすると、疲れている自律神経に更に負担が増してしまいます。
しかも、中高年になって、新陳代謝が、若い時と違って低下していたり、仕事や子育てに追われて、運動やスポーツから遠ざかっていたりすると、スポーツジムの標準的な運動メニューでも、自律神経の働きがオーバーワークになりがちです。
スポーツジムで、日常生活では無いような動作が続けたり、偏った動作を繰り返したりすると、ますますダルサや疲労感が起き易くなります。

【 血流の低下や、コリ 】(図)こり

更に、自律神経がオーバーワークになっていると、血流の低下や、筋肉にコリが生じています
疲労やストレスで、自律神経の働きが不安定になると、その緊張状態が血管を縮こまらせ、そして、筋肉を硬くさせるからです。
しかも、血流の低下や筋肉のコリが発生すると、痛みや違和感が、いつまでも長引く上に、身体の働きを更に低下させて、身体の不調を大きくします。

 

この為、毎日の仕事で疲れてストレスが溜まったままであったり、あるいは、普段あまり身体を動かす事が無かったりすると、ますます体調を悪化させます。
例えば、血流の低下や筋肉のコリが慢性化していると、スポーツを楽しんだ後になってから、疲れ易い、ダルイ、ボーッとするといった症状が起きてきます。
また、自律神経失調症と言われる、季節の変わり目の『季節バテ』や、朝の寝起きから疲れている『朝バテ』なども、自律神経の働きに影響を与えて、疲労感やダルサなどの症状起き易くなります。

 

この対策として、運動で血行促進する事が勧められています。
しかし、原因として、自律神経のオーバーワークから血行が悪くなっているので、運動中に血行が良くなっても、運動後に血行が元の状態に戻ると、肩こりや腰痛などの不調や、疲れ易さ、体調の低下、などがぶり返します。
運動をする事で身体は鍛えられますが、体調管理をするには、むしろ、身体の状態を整える事が大切です。

【 当院の、中高年向けのマッサージ 】(写真)当院の治療

この為、運動だけでなく、「体調管理に『スポーツマッサージ』を受けようか?」と、考える方もいます。
しかし、実際には、スポーツマッサージでも、治療院が行っているマッサージ治療でも、体調を診る観点や活用する手法において、大きな違いが無くなってきています。
これは、スポーツマッサージでも、コンディショニングという観点から、筋肉だけではなく、リンパ液や血液・神経や骨にも、効果的な影響を与えるような様々な手法が、必要となるからです

 

このような事から、当院では、中高年以降になって、運動にチャレンジしようという方に対して、体調管理を含めたマッサージ治療を行っています。
特に、関節付近の筋肉や腱などを、しっかりと引き伸ばし、柔軟性を高める事を、重視しています。
これは、関節付近の筋肉が硬くなっていると、動かせる範囲が少なくなって、動作痛や怪我が起き易くなるだけでなく、血行を悪化させるので、疲労が蓄積し易くなるからです。

 

更に、当院では、「運動で余計に疲れた」とか、「身体に痛みを感じる」という方に、一人ひとりに適したツボを探し出し、それぞれの症状の解消を図っています。
運動で身体は鍛えられますが、中高年の場合、本人が意識していない疲労個所や、メンテナンスが必要な箇所を見つけて、ケァーする事が必要になるからです。
特に、だるい、肩がこる、冷える、のぼせる、疲れやすい、食欲がない、眠れない、イライラする、元気が無いなどの、不定愁訴がある売には、ツボが、身体の異常を知らせる『反応点』でもあり、病状を改善する『治療点』でもあるので、ツボ治療によって、身体のバランスを整える効果があります。

 

マッサージを選ぶ場合には、『あん摩マッサージ指圧師』の国家資格を取得し、いろいろな身体の支障を理解し、治療経験のある治療家の施術を受ける事を、お勧めします。
当院は、国家資格を取得し、日常生活の疲れやストレスの改善だけでなく、運動による身体の痛みや疲労を取り除き、体調管理を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

SNSでもご購読できます。