【 (症例)痛み・しびれ 】
(写真)中高年以降の膝運動(リハビリ)

導入文

変形性膝関節症の初期や中期の治療法として、積極的に取り入れられているのが、膝周りの筋肉を強化する為の、筋力トレーニングを中心にした運動療法です。

しかし、運動療法は効果が現れるまでに期間を要する事や、中高年になると加齢や運動不足による身体の筋力低下、あるいは、体調の不調が起きてくるので、「運動療法で大切な事は、続けていく気力と、自分自身のヤル気」と分かっていても、気力やヤル気が低下してしまいます。

この為、自分で繰り返す膝運動(リハビリ)に、『身体のコンディショニング』を加えると、体調が改善されるだけでなく、変形性膝関節症の治療が行い易くなり、治療期間の短縮にもなります。

【 膝の筋肉のコワバリや血行の低下から 】(図)膝の筋肉の衰えから

変形性膝関節症の初期に、「膝の状態がおかしい…?」と気付くキッカケとして、「階段を降りる時」、「歩き始め」、「いつもより長く歩いた後」、「イスから立ち上がる時」などに起きる膝の痛みや違和感があります
しかし、これらの痛みや違和感は、しばらく身体を動かしているうちに、一時的な痛みで終わるので、気になっても、「歳のせい」と見過ごしたり、「まぁ、いいか」と自分で納得したりして、変形性膝関節症の初期症状と気が付かない事が多くなっています。
これは、膝周辺の筋肉が弱ったり、負荷がかかるようになったりして、膝の筋肉に“コワバリ”や“血行低下”が起き、神経が刺激されて起きる痛みなので、身体を動かして、筋肉の働きが活発化し、血行が良くなってくると、膝周辺の筋肉のコワバリが消えて、動き始めの痛み(動作痛)が無くなってくるからです。

 

しかし、膝に、このような痛みが起きるのは、加齢や運動不足、肥満などで、膝の筋力の衰えが大きな原因になっているので、次第に一時的な膝の痛みで済まなくなります。
痛みが繰り返されると、筋肉内に炎症が起き始めるので、膝が腫れてきたり、膝の神経が敏感になって、少し歩くと膝に痛みを感じたり、チョッとした動作でも膝が痛んだり、するようになります。
しかも、中高年になって、加齢や運動不足、そして体重増加などで、身体を支えている腰や脚の筋肉が弱ってくると、余計に膝の負荷が増したり、変則的な負荷がかかり続けたりするので、ますます関節の安定性が失われ、膝に痛みが起き易くなります。

 

この為、自然と膝の痛みを避けようとして、歩幅が短くなって歩く速度が遅くなったり、立っている事や歩く事を避けたりして、座っている事が多くなってくると、必要な活動量が少なくなり、ますます足腰の筋力が低下するようになります。
これによって、膝の関節を支えている筋力が弱って、膝関節の上下の軟骨が接触するようになると、変形性膝関節症の、軟骨の表面がすり減ったり、傷ついたりする段階になっていきます。
言ってみれば、最初の頃の膝の痛みや違和感は、本格的な変形性膝関節症になる前の、身体から発せられたアラームと言えます

【 すぐに効果が出ない運動療法 】(図)繰り返しが求められる運動療法

このように、変形性膝関節症の初期は、膝を支える筋肉のコワバリや血行の低下から痛みが始まっているので、膝が不安定になって痛みが起こらないようにする為には、膝周囲の筋力をつけて、膝の動きを安定させる事が、一番、重要になります。
変形性膝関節症の運動療法は、この事を目的にして行われています。
運動療法によって、太ももに筋力がつくと、膝にかかる負担が減らせるだけでなく、それによって膝の炎症を抑える効果もあるので、初期の段階ならば運動療法だけでも、かなり膝の痛みが減少し、膝の動作が無理なくできるようになります。

 

しかし、実際、運動療法をやってみると、脚を挙げたり、静止させたり、降ろしたりするのに、思っている以上、大きな力が必要とする事に気付かされます。
例えば、太ももや膝周囲の筋力をつける為に、仰向けになって、膝を伸ばした状態で脚を挙げる運動がありますが、この運動を繰り返して行うには、かなりの腰の筋力や腹筋を使って、脚をコントロールする力が必要になります。
また、運動をしている間、足首・股関節・お尻・背中なども、姿勢を支える為に、かなり筋力が必要になります。

 

その上、中高年以上になると、加齢による脚・腰の筋カの低下、体重(体脂肪)の増加による動きづらさ、姿勢を支える力の低下などがあるので、身体が思うように動きません。
運動療法で効果が現れるには、まずは運動を繰り返して、身体が運動に慣れる事が必要になるので、短期間に効果が現れません。
この為、効果を実感として感じられるようになるには、個人差はありますが、一般的に、早くても訓練を始めてから、2~3ヶ月ほどかかる事が少なくないと言われています

【 中高年以上になると 】(図)中高年以上になると

しかも、中高年になると、仕事や家庭に追われる事が多くなるので、きちんと行う時間と期間が必要になる運動療法は、継続する事が難しくなってきます。
仕事や家事などが気になっていると、運動療法の重要性が分かっていても、今までした事がない運動療法を続けていく事が、難しくなってしまいます。
このような状態になると、『運動療法で大切な事は、続けていく気力と、自分自身のヤル気』と分かっていても、「面倒くさい」とか、「いったん中断すると、モチベーションが下がって続かない」と、なりがちです。

 

また、中高年になると、問題になってくるのが、「頭が重い」、「疲れが取れない」、「めまいがする」などの、体調不調です。
中高年になると、筋力が弱ってくる事や運動機能の低下だけでなく、身体を保つ自律神経の乱れから、頭痛、疲労感、倦怠感・眠気、気分が落ち込み、腹痛、めまい・耳鳴り、などが、起き易くなるからです。
体調不調があると、運動療法による膝の機能改善が見込まれても、継続が難しくなってしまいます。

 

膝運動(リハビリ)は、自分の身体の痛みは、自分しか分からないので、痛みや症状に合わせて行うセルフトレーニングが基本になっています。
この為、自分一人で運動療法を行っていると、「身体を動かしたくても、思うように動けない」とか、「効果が出ない…」と思ってしまうと、ヤル気や気力が低下し、「面倒くさい」から、「疲れる」、「動きたくない」、となりがちです。
この結果、運動回数が減って、ほどほどの程度になったり、あるいは継続していても、形式的な運動になったりしてしまいます。

【 当院の、膝の治療 】(写真)当院の膝治療

中高年以降になって、身体が思うように動かなかったり、体調の不調を感じたり、自分の時間に制限があったりすると、運動療法の継続が難しくなります。
この為、変形性膝関節症の運動療法を継続する為に『膝の動きを良くする工夫』と、『身体のコンディショニング』を加えて体調の改善を行う事が重要です。
当院では、『膝の動きを良くする工夫』として、マッサージ治療の特徴の、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③関節の可動域を広める、を利用して、膝の緊張やコワバリの解消を図り、膝の痛みを減少させる事と、また『身体のコンディショニング』として、東洋医療をベースにした体調改善を行っています

 

これは、初期や中期の変形性膝関節症の治療法として、膝周りの筋肉を強化する為の筋力トレーニングを中心にした運動療法が積極的に取り入れられていますが、運動療法を行うのは、『膝の痛みの原因は、必ずしも、膝関節の異常ではない』事と、『最初から、膝の軟骨に異常は起きていない』からです。
この時期は、膝関節周囲の筋肉のコワバリから血行が悪化して、これによって神経が刺激されて痛みが生じているケースが多いので、当院は東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、この膝の緊張を解いて、「筋肉がゆるんだ状態」 ⇒ 「痛みが出にくい状態」、にしています。
これによって、脚や腰の柔軟性を回復させて、血行が改善すると、膝にかかる負担が軽くなったのが実感され、運動療法が行い易くなり、治療期間の短縮化にも効果があります。

 

また、腰や背中の筋肉がコワバッテいたり、痛みが出ていたりすると、膝の筋肉にも影響を及ぼし、膝の筋肉をコワバラセたり、筋肉のアンバランスを引き起こしたりして、膝の関節運動に支障をきたす原因になります。
この為、当院では『身体のコンディショニング』として、ツボ治療によって、身体に現れたコワバリやシコリを解消し、これにより、「身体が動きづらい」⇒「動かさない」⇒「動けない」、という悪循環の解消を図っています。
腰や背中の筋肉の柔軟性が回復して、身体の血行が改善されてくると、痛み物質や疲労物質の排出が促進されて、神経の過敏状態が治まってくるので、不調感の減少効果や、体調改善の効果があります。

 

変形性膝関節を改善させるには、継続的な運動療法(リハビリ)が必要になりますが、中高年以降になると、身体の不調や体力の低下も起きているので、運動療法を継続させる為に、体調の改善も考慮する事が必要です。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療により、膝周辺のコワバリを和らげて痛みを改善させ、動きづらくなった機能を回復させると共に、関連する体調調整を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】