【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)疲労やストレスで、めまい・耳鳴り

導入文

胃は、疲労やストレスなどによって、食欲が無くなったり、胃が痛くなったり、下痢や便秘を起こしたりしますが、耳も胃と同じように、疲労やストレスなどの影響を受け易い器官です。

例えば、精神的な不安を伴うストレスとか、睡眠不足、疲労などがあると、耳の奥のリンパ液の調整がうまくできなくなって、リンパ液が溜まり、耳の神経を圧迫してしまうので、耳が塞がった感じや、めまい、急に耳が聞こえづらくなる、耳鳴り、自分の発した声が響く、などが起きます。

この為、これらの症状の予防や回復には、耳の奥のリンパ液の調整機能が正常に働くように、元の状態に戻す事が必要なので、疲労やストレスなどによる首や肩・背中などの疲労箇所や緊張箇所を調べて、これらを解消し、耳の血液やリンパ液が支障なく流れるようにする事が重要です。

【 耳がストレスを受けて 】(図)勝手耳

落語やお芝居の中に、自分にとって都合が悪い話になると、なぜか、急に耳が聞こえなくなる老人が、登場する事があります。
ところが、自分にとって都合のいい話になると、途端に良く聞こえるようになって、にじり寄ってきて、さかんに相ヅチを打ったり、うなずいたりします。
この老人ように、自分にとって都合の悪い話になると、聞こえなくなるのを『勝手つんぼ』と言い、逆に、自分にとって都合のいい話ならば聞こえるのを『勝手耳』と言います。

 

落語やお芝居の笑い話ではなく、肉体的・精神的なストレスがキッカケとなって、実際に、急に耳が聞こえなくなる事があります。
例えば、仕事や家庭などで思いもかけないような大きなストレスを感じた時とか、親しい人を亡くした時、家族や友人などと心理的な葛藤が生じた時、あるいは、失恋した時のように、大きな心理的ストレスを受けた時、などです。
このような大きな心理的ストレスを受けて、精神的な苦痛耐えられなくなると、「もうその事を一切聞きたくない」という心境に追い詰められるので、“本当”に聞こえなくなるのではなく、“気持ち的”に聞こえなくなってしまいます

 

このように、大きな心理的ストレスを受けた事によって、無意識のうちに耳の機能が低下し、聞こえなくなるのを、『心因性難聴』と言います。
耳が聞こえにくくなる以外にも、身体がフラフラする『めまい感』が起きたり、耳の中で「キーン」、「ピーン」といった『耳鳴り』が起きたり、耳の詰まった感覚や閉塞感に見舞われたり、する事があります。
これらの耳の異常は、疲労やストレスが続いたり、強まったりした事が原因なので、男女とも20~50代が多く、特に「ストレスが溜まっていた」、「疲れが溜まっていた」、「寝不足だった」などの場合に、発症が多くなっています。

【 耳の奥のリンパ液の流れの悪化から 】(図)リンパ液の流れの、むくみ

耳の働きが、心身のストレスや疲労によって異常が起きるのは、耳の奥の構造が、非常に複雑な構造で、しかも、内部が迷路のようになっている事が、大きく影響していると言われています。
精神的な不安を伴うストレスとか、睡眠不足、疲労などが続くと、耳の奥のリンパ液の調整がうまくできなくなって、リンパ液が溜まってしまうので、“むくみ(リンパ水腫)”が発生し、耳の神経を圧迫して、耳の機能に支障をきたしてしまうからです
これにより、耳の重要な機能の、音を聞く『聴覚機能』や、身体のバランスを保つ『平衡感覚機能』に、異常が起きてしまいます。

 

音を聞く『聴覚機能』に異常が起きると、多くの場合、耳が詰まった感覚や閉塞感がして、「ちょっと聞こえにくい」とか、「聞こえづらい」といった感じになります。
よく言われるのが、「耳がこもっているような、詰まっているような感じ」とか、「人の声や音が、響いて聞こえるような、歪んで聞こえる感じ」です。
これらによって、次のような自覚症状が現れます。
① ふだんと比べ、何だか音が聞こえにくい
② 電話で、相手の声が聞こえにくい
③ 音の聞こえ方がいつもと違う
④ 耳鳴りが続く
⑤ 飛行機に乗ったときのように、耳が詰まった感じがする
⑥ 耳に水が入ったときのような感じがある
⑦ 耳に違和感がある

 

また、身体のバランスを保つ『平衡感覚機能』に異常が起きると、振り返ったり、頭の向きを変えようとした時に、急にめまいが起き、「クラッと」とふら付いたり、目の前が暗くなってフラフラしたり、といった事が起きます。
あるいは、酔っぱらっているわけではないのに、歩くと千鳥足になったり、階段を降りるときにふらつきを強く感じたりします。
これらによって、次のような自覚症状が現れます。
① 立ちくらみを起こしやすい
② 立っていると気持ちが悪くなる、ひどくなると倒れる
③ 入浴時や自分にとって嫌なことを見聞きすると気持ちが悪くなる
④ 少し動くと動悸・息切れがする
⑤ 朝の起床時に、なかなか起きられない
⑥ 顔が蒼白い、食欲が不振、時に腹痛を起こす、疲れやすい

【 体調改善の重要性 】(図)体調改善

めまい・耳鳴りは、ストレスや睡眠不足、過労、などが影響しているので、「頭が重い」、「肩こり」、「眠れない」、「倦怠感」、などの症状を伴う事が多くなっています。
この為、ストレスや睡眠不足、過労などから、首コリや肩コリなどの症状が酷く、慢性化している場合には、首を通過している血行が障害され易いので、それによって、耳の内部の血流やリンパ液の流れを滞らせて、めまいや耳鳴りが起き易くなります
特に、首コリや肩コリから発症する『緊張型頭痛』や、脳内の血流の不安定から生じる『片頭痛』に悩まされていると、耳の奥の血流やリンパ液の流れが不安定化したり、“むくみ(リンパ水腫)”が起き易くなったりしているので、めまいや耳鳴りが起き易くなります。

 

 

通常、めまいや耳鳴りの症状は一時的であったり、自然に治ったりするので、気になっても、「一時的な症状なので、そのうち回復するだろう…」と思って、そのままにしていると、耳の奥に張りめぐらされた、血流やリンパ液の流れが絶えず不安定になるので、耳の奥の神経を圧迫して異常を起こし、めまいや耳鳴りが慢性的になる危険性があります。
この為、疲労やストレスによるものであっても、繰り返される場合は、一時的な症状と思わずに、身体の緊張や疲労を取り除いて、心身をゆっくり休ませる事が大切になります。
特に、「ダルイ」、「ボーッとする」、「眠れない」、「時々、クラクラする」、などの不快症状が伴っている場合には、耳の奥のリンパ液の調整がうまくできなくなっている可能性があるので、体調を改善しておく事も必要です。

 

耳鼻科では『メニエール病』と診断し、治療としては、耳の奥の“むくみ(リンパ水腫)”をとる事が基本なので、耳の奥のリンパ液の循環改善の為の薬を処方します。
また、神的な不安を伴うストレスとか、睡眠不足、疲労などが続いて、自律神経の働きが不安定になった事が影響しているので、ゆっくりと休養して、眠る時間を増やすように指導します。
特に、疲労やストレスが溜まって、首コリや肩コリが慢性化していると、薬による治療だけでは、なかなか回復しないので、首や肩のストレッチで、筋肉の弾力性や柔軟性を高める事を勧めます。

【 当院の、ストレス性のめまい・耳鳴り治療 】(写真)当院の、めまい・耳鳴り治療

当院では、ストレス、過労、睡眠不足などによる、めまいや耳鳴りに対して、マッサージ治療にツボ治療を加えて、症状の改善を行っています。
これは、ツボが、身体に不調が起きた時に、「痛み」や「硬さ」となって身体の異常を知らせ、そして症状を改善する箇所にもなっているので、体調の不調と強く関連する症状には、ツボ反応を利用する事で、症状の改善を早める事ができるからです
しかも、首や肩・後頭部には、昔から使われている多くのツボがあるので、それらのツボを利用する事で、めまいや耳鳴りの改善効果が高められます。

 

特に、めまい・耳鳴りの症状のある人の多くが、首や肩にコリを伴っているので、首や肩の筋肉内に、筋肉が凝り固まった“シコリ”ができている場合には、ツボ治療によって、“シコリ”による血行の悪化や筋肉のコワバリが回復し易くなるので、改善に適しています。
ツボが、神経や血管が集まっている箇所なので、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるからです。
これによって、首や肩の“シコリ”を解消させて、筋肉の柔軟性を回復させ、頭部への血流が改善すると、心身の疲労や緊張で滞っていた、耳の奥の血行やリンパ液の流れが回復するので、めまい・耳鳴りの症状改善が高められます。

 

また、首は、筋肉が薄く、その内側を重要な神経や血管などが通っているので、その人の首の筋肉の状態に合わせた、デリケートな施術が必要です。
当院は、昔から受け継がれてきた経験と技術を基に行っている東洋医療系のマッサージを基本にして行っているので、首まわりの施術も、無理が無く、安全で、安心して受けられます。
しかも、東洋医療系のマッサージが、疲労や緊張などの慢性化による、筋肉の痛みの改善を得意としているので、改善効果が期待できます。

 

めまいや耳鳴りの原因の大半は、ストレス、過労、睡眠不足などで、耳の中のリンパ液が滞り、滞ったリンパ液の圧迫で耳の機能が障害された為です。
当院は、反応点(ツボ)を利用した東洋医療系のマッサージ治療で、身体の疲労箇所や緊張箇所を調べ、筋肉のコワバリ解消や、血液やリンパ液の流れの改善を行い、めまいや耳鳴りの改善を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や、不快感などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】