片頭痛

片頭痛(偏頭痛)に起きる、肩こり感 と ダルサ

【(症例)痛み・しびれ 】

“肩こり頭痛”と言うと、緊張型頭痛をイメージしますが、頭が「ズキンズキン」と脈を打つように痛む片頭痛も、『自律神経の不安定』が強まった状態になるので、頭痛が起きる前に、肩の凝り感や重ダルサが、かなり強く現れます。

しかも、一般的な肩こりと違って、片頭痛の場合は、頭痛を引き起こす神経を刺激するような、「首や肩が、グッと張ってくる」、「肩の急な凝り感やダルサ」、「後頭部に、凝りが拡がってくる」などの、特徴的な肩こり感やダルサが現れます。

片頭痛の予防や軽減には、頭痛を引き起こす不快な刺激を和らげて、体調を回復させる事が必要なので、肩こり感や重ダルサなどの“前触れサイン”に気付いたら、首や肩のコワバリや血流を改善し、神経の興奮を鎮め、体調を取り戻す事が大切です。

【 片頭痛を起こす原因 】

片頭痛は、女性が男性よりも3倍以上も多く、特に30歳代女性のうち、約20%は片頭痛をもっていると言われています。
片頭痛が起きると、ズキンズキンと脈打つような頭痛発作が繰り返されるうちに、頭の中でガンガンする強い痛みが続く上に、頭を動かすと余計に痛みが強まるので、仕事や家事を続けていられなくなります。
しかも、頭痛が起きるたびに、だんだんと痛みを起こす神経が敏感になってくるので、始めは月に1~2度程度だった片頭痛が、1週間に1度と周期的に繰り返すようになり、仕事や生活に支障をきたすようになります

 

片頭痛が起きるのは、忙しさから解放された時や、仕事が一段落してホッとした時に、頭痛発作が起き易くなると言われています。
よく言われるのが、平日の間、ずっと仕事を頑張り続けた後、休日になって気分が緩んだ時に、いきなり頭が、「ズキンズキンと脈打つように痛み出す」、というケースです。
この事から、血管の収縮や拡張のリズムをコントロールしている自律神経が不安定な状態になると、気持ちが緩んだ時に、ストレスや緊張などで収縮していた脳の血管が“急激に拡張”してしまい、これによって血管の外側の神経を刺激して、頭痛を引き起こすと考えられていました。

 

しかし片頭痛は、寝過ぎや寝不足、天気が崩れる前、気温の寒暖差を強く感じた時、あるいは、女性の場合にはホルモンのバランスが崩れた時なども、しばしば起きます。
この事から、最近では、『自律神経が不安定になっていると、脳の血管を囲んでいる神経が過敏な状態になるので、周りのチョットした刺激や変化でも、痛みの反応が出易くなる』と、考えられています。
自律神経の不安定化によって、脳の血管を囲んでいる神経が過敏状態になるので、脳の血管が拡張した時に脳の血管を囲んでいる神経が強く反応して、痛みが大きく感じられるという考え方です。

【 自律神経の不安定から 】

片頭痛が起きる原因として、今迄の“脳の血管の拡張説”と、最近の“痛みの反応が強まる説”の二通りありますが、どちらにしても、血管の収縮や拡張をコントロールしている自律神経の働きが不安定になる事で、片頭痛が起き易くなっています。
これは、自律神経が“五感”や“感情”といったセンサーと連携しながら、身体のバランスを保っているので、自律神経の不安定から乱れが生じると、血管の収縮や拡張のリズムが失われて、脳の血管がイキナリ拡がってしまうからです。
この為、身体を活発に働かせる交感神経と、身体を休める副交感神経のバランスが崩れて、だるい、肩がこる、冷える、疲れ易い、食欲が無い、眠れない、イライラする、などの“体調悪化”に悩まされていると、片頭痛発作が起き易くなります。

 

片頭痛の起きるプロセスが、『自律神経の不安定』と深く結びついているので、片頭痛に悩む人の33%~87%に、片頭痛前に、体調が悪化する『前触れサイン』を感じています
例えば、「何となく頭が重い」、「首や肩がこる」、「肩のダルサ」、「胃や腸が気持ち悪い」、「あくび(眠気)が出る」、「甘い物を食べたくなる」、「イライラする」、などです。
多くの場合、片頭痛の始まる数時間から1~2日前に『前触れサイン』が現れ、だいたい5分から60分続き、その後、いったん元に戻り、その後に頭痛が始まります。

 

この為、この“前触れサイン”が、片頭痛の予防や対策をする上で、大きなヒントになります。
片頭痛が起きる前の“前触れサイン”に気付いたら、不安定になっている自律神経を回復させる為に、身体の疲労箇所やコワバリ箇所を調べて、解消し、それにより、不快な刺激を和らげ、体調を安定させる事です。
これによって、自律神経の不安定さが減少し、体調が回復してくると、血管の収縮や拡張をコントロールしている自律神経の働きが正常に戻ってくるので、血管が急激に膨張するリスクを減少させる効果があります。

【 肩こりが前触れサインになる、3つの理由 】

Vector illustration of a cute girl with a headache. The concept of headache, stress, migraine.

片頭痛の“前触れサイン”の中でも、片頭痛患者の75%が、片頭痛が起きる前のシグナルとして、肩こり感や肩のダルサを感じています。
これは、首や肩の筋肉が、重い頭を支えながら動かしているので、『自律神経の不安定』が起きてくると、首や肩の筋肉がコワバッテ、血行が悪くなり、本人の気付かないうちに、肩こり感やダルサが起き易くなるからです。
『自律神経の不安定』が原因になっているので、「首や肩が、グッと張ってくる」、「急に肩こり感がしてくる」、「後頭部に、凝りが拡がってくる」などの、頭痛を引き起こす神経を刺激するような現れ方をします。

 

また、片頭痛の“前触れサイン”として、肩こり感やダルサが起きてくる理由として、首が、脳から続く自律神経の通り道になっている事もあります。
ストレス、睡眠不足、睡眠過多、天候の変化などで、『自律神経の不安定』が増してくると、自律神経の通り道になっている首や肩の血行を悪化させて、肩こり感やダルサが起き易くなるからです。
例えば、「何となく身体の調子が悪い」と感じ、それに伴い、不快感を伴う肩こり感やダルサが起きてくる場合は、『自律神経の不安定』により、片頭痛の“前触れサイン”が生じている可能性が高くなります。

 

更に、片頭痛を発生させる神経で、脳の血管を取り巻いている『三叉(さんさ)神経』が、首の付け根まで伸びています
この為、ストレス、睡眠不足、睡眠過多、天候の変化などで自律神経が不安定化して、首の付け根まで伸びている『三叉神経』が刺激され活性化(興奮)すると、肩こり感やダルサを引き起こします。
そして、三叉神経への刺激が続いたり増したりして、三叉神経が興奮状態になると、『三叉神経が、脳内で一番大きな神経』なので、頭の中を激しく響くような、ズキズキ、ガンガンとする痛みを引き起こしたり、ムカムカしてきたり、嘔吐したり、する状態になっていきます。

【 当院の、片頭痛の予防治療 】

片頭痛の予防や対策として、いろいろなケアの方法がありますが、その中でも『頭痛体操』は、首や肩のコワバリを緩め、過敏になっている神経を和らげる作用があるので、頭痛の予防や軽減に広く勧められています。
しかし、『頭痛体操』は、頭と首を支える筋肉のコワバリと血行悪化を解消して、過敏になっている神経過敏を鎮める事が目的なので、効果が現れる為には、首や肩の過敏になっている“圧痛点(凝り)”をチェックして確認する事と、その圧痛点をうまく和らげて、解消する事が必要です。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療とツボ治療で、片頭痛の引き金となっている圧痛点(こり)をツボ反応で確認し、それらを解消させ、それと共に体調の改善を行って、片頭痛の予防や対策を行っています

 

これは、ツボが、神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調があると、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れ、身体に異常が起きている事を知らせてくれるだけでなく、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるからです。
この為、片頭痛の場合にも、コワバッタ筋肉内の血流を回復させたり、痛みや違和感を減少させたりして、体調の回復に効果があります。
特に、片頭痛の“前触れサイン”として、肩こり感や肩のダルサなどで、「何となく頭痛が起きるのでは?」と思った段階で、“首の付け根”に起きた肩こり症状や肩のダルサを解消させて、過敏になっている神経を抑え、心地良い刺激を与えると、片頭痛の予防につながります。

 

更に、マッサージ治療で、血行やリンパの流れを改善し、筋肉の弾力性や柔軟性を回復させると、敏感になっている神経が安定してくるので、自律神経にかかる負荷を減少させる効果があります。
身体の回復力が追いつかずに、疲れや痛みとなって現れていたのを、血行やリンパの流れを改善し、筋肉の弾力性や柔軟性を高めると、神経の異常な興奮を鎮め、身体の回復力を取り戻してくるからです。
また、東洋医療をベースにしたマッサージ治療は、昔から、崩れかかった身体のバランスを整えてきた手技療法なので、安全で、無理のない治療法になので、安心して受けられます。

 

片頭痛の予防対策には、心身の疲労や緊張を解消させて、滞っている血流を回復させ、自律神経の負荷を減らす事が必要なので、昔から身体の回復力を取り戻し、体調の改善を行っている東洋医療をベースにしたマッサージ治療が勧められます。
当院は、片頭痛の予防や対策として、ツボの特徴を利用して、過敏になっている“圧痛点”を解消して、頭を支えている首や肩の筋肉の柔軟性と血行を回復させ、首や肩の不快感や痛みを和らげています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

 

 

片頭痛の予防(前ぶれの利用と、薬に頼らない体調管理)

【(症例)痛み・しびれ 】

導入文

片頭痛の痛みを抑える事は、起きてしまってからでは遅いので、予防が大切になりますが、予防薬は、薬を飲むタイミングや、薬の量や回数の制限があるので、頭痛の“前ぶれ”を利用して、体調を保つ事が勧められています。

これは、片頭痛が起きる数時間から2日前ぐらいに、首の後ろの髪の生え際あたりに、頭痛を引き起こす神経回路が活性化してくるので、「片頭痛が起きそう…」という頭痛の“前ぶれ”が起きてくるからです。

この為、『頭痛体操』で、首のつけ根から肩や背中にかけての緊張を和らげる方法が紹介されていますが、最近の研究で、首の後ろに、片頭痛を引き起こす神経回路上に“圧痛点”がある事が分かってきたので、“前ぶれ”が起きてきた時に、この“圧痛点”の血行やリンパ液の流れを促し、筋肉のコワバリを和らげると、神経の興奮が抑制されて、頭痛の発生を抑えたり、軽減化したりする効果があります。

【 脳の血管の急激な拡張から 】(図)脳の急激な血管拡張

片頭痛は、脳の太い血管が、何かのキッカケで急激に拡張して、それにより、血管を囲んでいる神経が引っ張られたり、刺激されたりして、我慢できないような『強い痛み』が起きる頭痛です
脳の血管が急激に拡張するキッカケとして、よく言われるのが、緊張した仕事が一段落して、ストレスから解放されて、急にリラックスした時です。
しかし実際には、ストレスから解放された時以外にも、人込みや騒音、気温・気圧の変化、姿勢の悪さ、寝過ぎや寝不足などがありますし、また女性の場合、生理や更年期でホルモンバランスが崩れた時も、片頭痛を起こす事があります。

 

片頭痛が起きると、頭の血管が脈打つたびに、血管を取り巻いている脳の“中枢神経を刺激”し続けるので、頭の中で、「ズキズキ」、「ガンガン」するような強い拍動性の痛みが、4~72時間も繰り返すようになります。
しかも、強い拍動性の痛みが繰り返されるうちに、脳の神経が過敏な状態になるので、身体を動かしたり、頭の位置を変えたりしただけでも、頭の神経を強く刺激して、痛みが増すので、仕事や生活に大きな支障をきたします。
更に、このような片頭痛を何度か経験すると、頭痛を引き起こす神経回路が出来上がるので、少しでも、「肩こりが辛いな~」と感じたり、頭痛の兆しが気になったりすると、片頭痛が誘発されるようになります。

 

また、片頭痛は、感覚が異常に過敏になるので、通常ならば気にならない、光や、音、臭いに『生理的な強い不快さ』を感じるようになります。
例えば、「顔に風が当たると、辛い痛みを感じる」、「肌に接触するメガネやイヤリングが不快になる」、「髪を結んでいるのが辛い」、「曇り空になると、それに連れて体調が悪くなる」、「強い光を感じると頭痛がひどくなる」、などです。
この結果、『生理的な強い不快さ』から、吐き気、嘔吐、顔面蒼白、腹痛、なども、引き起こします。

【 片頭痛の予防 】(図)天気痛

片頭痛が起きると、「頭痛のために仕事や家事に集中できない」、「頭痛がいつ起こるか分からず不安になる」などで、生活に支障をきたしてしまうので、片頭痛が何度も起きる場合や、薬を飲んでも解消しづらい場合には、予防薬を勧めています。
しかし予防薬は、片頭痛が起きないようにするのではなく、頭痛の回数を減らしたり、痛みの程度を軽くしたりするものなので、症状の有無に関わらず、毎日決まった時間に、少なくても3~6カ月間は、予防薬を服用する事が必要になります。
また、予防薬の副作用として眠気が起き易くなるので、女性や小柄な人、あるいは、1種類では効かない為に2種類以上の予防薬を服用する人は、注意が必要になります。

 

この為、予防薬に頼らないで、片頭痛を防ぐ方法として、日頃から、不快な疲労やストレスを溜めないようにして、体調を保つ自律神経の不調を起こさないようにする事が勧められています
これは、自律神経が、脳の血管を含めて、血管を広げたり縮めたりしているので、疲労やストレスが多くなると、自律神経の働きを乱して、片頭痛が起き易くなってしまうからです。
例えば、できるだけ決まった時間に寝起きして、食事もきちんと取るなど、規則正しい生活を送る事や、休息をとって心身をリラックスさせる、などが必要になります。

 

特に、片頭痛による“頭痛持ち”の場合、神経が敏感になるので、わずかな気圧の変化でも脳に対して過剰に伝わり、収縮していた血管が急激に拡張してしまうので、『天気痛』と言われる、頭痛や頭重感が起き易くなります。
この為、春や秋など季節の変わり目や、梅雨や台風が多い時期は、意識的に気分転換を図ったり、計画的に頭を休めたりして、心や身体の不調を積極的に解消する事も必要になります。
特に雨の日は、「雨が降ると頭が痛くなる方が多い」と言われるように、気圧の変化だけでなく、湿度が高くなると、不快感が増して頭痛を誘発してしまうので、気持ちを上手にコントロールして、体調を維持する事も必要になります。

【 片頭痛の“前ぶれ”症状と、肩こり 】(図)片頭痛と肩こり

片頭痛が、体調を保つ自律神経の不調と関連しているので、どのような心身の不調のシグナルが出たら、片頭痛に結び付くのかを、知っておく事が大切になります。
これによって、自分の頭痛パターンから、「何となく頭痛が起こりそう」という“前ぶれ”が分かると、頭痛の予防に有力な判断材料になります。
片頭痛の“前ぶれ”は、頭痛が起きる数時間前から現れ、早い人では1~2日前に感じる人もいます。

 

例えば、片頭痛患者の40〜60%が、片頭痛の“前ぶれ”として、次のような症状を実感しています。
 ・めまいや耳鳴り、立ちくらみが起きる。
 ・あくびが多くなる。
 ・胸が締め付けられる。
 ・胸がザワザワする感じがする。
 ・息苦しく感じる。
 ・冷えを感じる。
 ・食欲不振や胸やけなどで、 胃の調子が悪くなる。
 ・便秘や下痢を繰り返す。
 ・肩こりや腰痛が強まる。
 ・身体がダルイ。
 ・顔に汗をかく。
 ・朝、起きた時から、疲労を感じる。
 ・気圧が低くなると体調が悪化する。
 ・周りがやけにまぶしく感じる。

 

中でも、「頭痛の前に、肩こりが急に悪化する」、「首から後頭部にかけて、肩がグーっと上がり、凝りがひどくなってくるような感じ」、「頭の後ろに、凝りが拡がってくる」など、独特な『肩こり感』が現れたら、要注意です。
片頭痛を起こす神経(三叉神経)が、首や肩の筋肉に伸びているので、片頭痛を起こす前に、首や肩の神経の興奮が起きて、『肩こり感』が、片頭痛の“前ぶれ”として現れるからです
実際、片頭痛患者の75%に、肩や首の周りの筋肉が緊張気味になってくるので、この独特な『肩こり感』が見られると言われています。

【 当院の、片頭痛の予防治療 】(写真)当院の、片頭痛治療

当院は、片頭痛の予防や軽減として、片頭痛の“前ぶれ”が現れた時に、首のつけ根から肩や背中にかけての緊張を、ツボ治療とマッサージ治療で和らげて、首や頭部の神経興奮を鎮める治療を行っています。
これは、昔から、東洋医療では、頭痛を和らげるツボとして、首や肩の、風池(ふうち)、天柱(てんちゅう)、肩井(けんせい)などが知られていますが、最近の医学の研究でも、片頭痛を引き起こしている“圧痛点”が、首の後ろの髪の生え際にある事が分かってきたので、この“圧痛点”を利用する事で、頭痛の発生を抑えたり、軽減化したりする事が可能になるからです
例えば、首の後ろの髪の生え際にある“圧痛点”を確認して、この圧痛点と周りの筋肉のコワバリを解消させると、ツボ(“圧痛点”)が神経や血管が集まっている箇所なので、片頭痛を引き起こす神経の興奮が抑制されて、片頭痛の発生を抑えたり、軽減化したりする効果があります。

 

頭痛を防ぐ為に紹介されている『頭痛体操』も、もともと、この効果を狙ったものです。
頭と首を結ぶ軸を真っすぐにした状態で、凝り固まった首や肩の筋肉を、ストレッチしたり、廻旋させたりする事で、首や肩の緊張や疲労を解消して、自律神経の働きを回復さて、頭痛が起きにくくする事を狙っています。
当院のマッサージ治療は、“圧痛点”の箇所が東洋医学のツボ(経穴)の位置とほぼ一致しているので、ツボの位置を確認して、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制する、などを行って更に効果を高めています。

 

また、片頭痛は、独特な『肩こり感』を伴っている事が多いので、当院では、背中のコワバリも解消させて、悪化した血行の回復を行っています。
これらによって、首・肩・背中の筋肉の柔軟性や弾力性が回復して、内部の血行が改善されてくると、片頭痛の独特な『肩こり感』が解消されて、頭がスッキリした感じになり、頭痛が起きにくくなります。
片頭痛の“前ぶれ”時の、不快感を解消して、体調を回復させるマッサージ治療なので、患者にとって受け入れやすく、頭痛予防として試しやすい治療になっています。

 

片頭痛は、首の後ろに、独特なコリや痛みを感じてくると、これが片頭痛の“前ぶれ”となって頭痛が起きてくるので、頭痛を引き起こす神経回路が活性化する前に、コリや痛みを解消させて、体調を保つ事が大切です。
当院は、片頭痛の予防の為に、ツボ治療を加えたマッサージ治療で、首や肩の疲労やストレスを解消させて、体調を整え、心身がリラックスできるように治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】