【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)息苦しい

導入文

前かがみ姿勢が多くなると、胸が圧迫されると共に、胸や背中の筋肉のコワバリから胸の筋肉が拡がらなくなってくるので、呼吸が浅くなり、息苦しさと共に、「頭がボーッとする」、「思考力が低下する」、「頭や身体がドンヨリしてくる」、などが起きてきます。

これは、脳や身体に、必要とする酸素が十分に取り込めなくなった為ですが、このような浅い呼吸が日常化すると、ハッキリとした息苦しさを伴わないので、自覚の無いまま、次第に身体が疲れ易くなり、体調を悪化させてしまいます。

毎日の生活の中で、呼吸を意識する事が無い為に、浅く短い呼吸になっている事が多いので、首の筋肉、背中の筋肉、胸の筋肉、お腹の筋肉、などの疲労やコワバリをチェックして、浅い呼吸(息苦しい)の原因になっている筋肉を回復させ、体調を維持する事が大切です。

【 浅い呼吸 】(図)呼吸が浅くなる

デスクワークや家事などをしているうちに、次第に息苦しい感じになり、それと共に、「ダルイ」、「疲れを感じる」などの、身体の不調を感じてくる事があります。
これは、姿勢が悪化したり、ストレスや緊張が続いたりすると、背中や胸の呼吸筋の動きが制限されたり、コワバッテきたりして、呼吸が浅くなり、身体に酸素を十分に取り込めなくなってくるからです
昔は、田畑を耕したり、肩に荷物を担いで運んだりする為に、一度に吸える空気の量が多い腹式呼吸が必要とされていましたが、現代は肉体労働が少なくなって、胸の上部だけの呼吸(胸式呼吸)で済むようになった為に、姿勢の悪化や、ストレスや緊張などがあると、その影響を受けて、呼吸が、弱く、浅くなってしまう為です。

 

例えば、姿勢の悪化から、背中を丸めた姿勢をずうっとしていると、胸の圧迫だけでなく、内蔵も下方に押し下げられるので、呼吸活動の7割近くを担っている横隔膜の動きを制限して、呼吸を浅くさせてしまいます。
また、ストレスや緊張の影響として、何かに没頭していたり、緊張していたりすると、『緊張で、息を呑(の)む』と言うように、無意識のうちに身体に力が入って、呼吸筋がコワバッテしまい、やはり、呼吸を浅くさせてしまいます。
このように、姿勢が悪化したりストレスや緊張が続いたりすると、呼吸が弱く浅くなりますが、その分一度に吸える量は少なくなるので、呼吸を何回も、小刻みに繰り返すようになります。

 

しかも、呼吸が浅くなると、吐く息も弱くなるので、肺からの炭酸ガスを多く含んだ息を充分に吐ききれずに、再び肺に戻してしまうので、ますます必要な酸素が不足するようになります。
この結果、特に脳の神経細胞は、普通の筋肉細胞に比べて、約20倍の酸素を摂取しなければならないので、呼吸が浅くなって脳に送られる酸素が不足してくると、頭の判断力・持続力・集中力などが低下して、デスクワークや家事などに支障をきたすようになります。
これによって、「集中力が続かない」、「目がかすむ、ぼやける」、「だるい」、「疲れる」、「眠たくなる」などに見舞われたり、「思い当たる原因がないのに、頭痛がする」などが起きたりします。

【 体調の悪化や、イライラ感も 】(図)体調悪化やイライラ

しかも、浅い呼吸が毎日続いて日常化すると、身体の酸素不足から運動機能が弱ってくるので、“息切れモード”が起き易くなります。
例えば、「急ぎ足をしたり、緩やかな坂でも歩いたりすると、息が切れる」、「同年齢の人よりも歩くのが遅い」、「自分のペースで歩行していても、ちょっと休みたくなる」、などです。
しかも、体調を維持している自律神経は、身体が“息切れモード”が起き易くなると、自律神経の働きを乱してしまうので、ますます身体の不調感を強めたり、精神的な不調感が強まって、「イライラ」、「不安感」、「落ち込み」、「ヤル気が出ない」、「ゆううつになる」、「あせりを感じる」、などが起きたりします

 

また、自律神経の働きは、呼吸と深く関係しあっているので、呼吸が浅い状態が続くと、自律神経に影響を及ぼすので、ストレスをますます増幅させたり、長引かせたりします。
この為、「思考力の低下が続いて、ボンヤリしてしまう」とか、「何となく頭が重い」、「だるさや疲れがとれにくい」などや、あるいはチョッとした事で、急激にストレス感やイライラした感情が高まったりします。
更に、身体の酸素不足から、体調を保つ働きが不安定になって、「肩コリや腰痛が生じやすい」、「お腹の調子が悪い」、「病気のような感じがする」、「身体の冷え」、なども起きてきます。

 

ところが、呼吸が浅くなって、体調の悪化やイライラ感が起きている事に気付くようになっても、「息を吸えば、肺は自然に拡がり」、「息を吐くと、肺が自然に縮まる」、と思ってしまいます。
しかも、呼吸困難のように呼吸が苦しいという事ではないので、何もしないで、そのままにしてしまいがちです。
しかし、実際には、呼吸が浅くなって、「胸が圧迫される」、「空気が欲しい」、「呼吸が重い」、「努力しないと呼吸ができない」、「十分に息を吐けない」などが続くので、肺に取り込める酸素の量が減ってしまい、脳や身体に十分な酸素が行き渡らない為に、体調不調に悩まされ続けます。

【 呼吸筋のコワバリ 】(図)呼吸筋の回復

普段、何気なく呼吸をしていますが、呼吸は、肺が自らの力で膨らんだり縮んだりするのではなく、周りにある筋肉の活動よって行われています。
この為、肺の上にある肋骨周りの筋肉が、姿勢の悪化やストレスなどでコワバッテくると、気付かないうちに呼吸筋が動きづらくなる上に、肺やお腹の横隔膜が自然に拡がらなくなって、呼吸を浅くさせてしまいます。
しかも、肩コリや背中のコリが慢性化していたり、肩甲骨を動かすとゴリゴリと音がする状態になっていたりすると、呼吸筋の動きを制限するようになって、絶えず呼吸が浅い状態になります。

 

また、ノド周辺の筋肉(胸鎖乳突筋)は、昔から格言で『借金で、首が回らない』と言われているように、精神的に緊張すると、ノド周辺の筋肉がコワバッテ、強まる性質があります。
これは、胸鎖乳突筋が、脳からの神経を通して、脳と直接つながっているので、精神的に緊張すると、脳からの神経を通して、直接、緊張が胸鎖乳突筋に波及する為と言われています。
この為、私語や家事などで、疲労や緊張が続いたり、ストレスを感じていたりすると、気付かないうちにノド周辺の筋肉がコワバッテ、呼吸が浅くなってしまいます。

 

このような事から、浅くなっている呼吸を改善するには、肺を取り巻く呼吸筋の柔軟性を回復させたり、肩甲骨周辺の凝りを無くして肩甲骨がスムーズに動けるようにしたり、胸鎖乳突筋の緊張を解消したりして、十分に息を吸ったり吐いたりする事ができるようにする事が必要です
しかし、首・肩・背中の筋肉は、呼吸の浅い状態が続くと、すっかり硬くなっているのが一般的ですし、自分で筋肉のコワバリを確認して解消する事は困難です。
この為、ストレッチをしてもあまり効果が現れなかったり、あるいは、ストレッチで筋肉が緩んできても、筋肉内部のシコリが解消しきれない為に、時間がたつと、再び元のコワバリ状態に戻ったりします。

【 当院の、呼吸筋の回復治療 】(写真)当院の呼吸治療

当院は、このような背中の肋骨のまわりや胸元の筋肉に対して、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、浅い呼吸(息苦しい)の原因になっている筋肉を回復させ、体調改善を行っています。
東洋医療が、疲労や緊張による筋肉のコリやコワバリを解消させる事を得意としているので、疲労や緊張などの慢性化による“呼吸筋”の回復にも、十分活用できるからです
“呼吸筋”の柔軟性が回復してくると、息苦しい感じが無くなるだけでなく、深い呼吸もできるようになって、脳に酸素が十分の届くようになるので、頭がスッキリしてくるのが実感できます。

 

更に、当院では、マッサージ治療に、身体に現れるツボ(反応点)を利用して、呼吸筋のコワバリやこりの解消も行っています。
これは、ツボが「反応点」として身体の異常を知らせる箇所であり、「治療点」として症状を改善する箇所でもあるので、呼吸筋のコワバリやこりの解消に、有効な治療法になるからです。
ツボ反応を利用する事で、神経の興奮を抑制し、呼吸筋の弾力性や柔軟性を高め、血行やリンパの流れを促進させる効果があります。

 

また、呼吸筋が硬くなっていると、「首や肩がよく凝る」、「手や足が冷たい」、「姿勢が悪い」、「息苦しい」、「イライラしてしまう」、などの体調不調も現れているので、東洋医療をベースにしたマッサージ治療が、体調の改善にも効果があります。
身体の反応点を確認しながら、血行やリンパの流れを回復させて、筋肉の弾力性や柔軟性を高めると、神経の興奮を鎮める作用があるので、不快感や痛みが改善されてくる為です。
胸や背中の筋肉の柔軟性回復や血行の改善は、凝りやコワバリがあると、なかなか回復しづらいので、昔から筋肉や血行の改善を行っているマッサージ治療が、効果的で、安心して受けられます。

 

生まれてから1度も止めることなく繰り返しているのが呼吸なので、呼吸が浅くなると、毛細血管内の空気が不足し、細胞に十分な酸素や栄養が運ばれなくなってしまい、心身の不調につながってしまいます。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、背中や胸の呼吸筋の柔軟性を回復させ、心身がリラックスできるように、改善治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や不快感など症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】