【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)姿勢維持筋の痛み

導入文

首、背中、腰、脚などの筋肉は、姿勢を保つ働きもしているので、それによって疲労や緊張が増して大きくなり、回復力が追い付かなくなってくると、オーバーワークの状態になります。

この結果、「肩が張り詰めて痛む」、「肩や背中が疲れ易くなって、ズキズキ傷む」、「腰が重く感じられ、鈍い痛みがする」、「脚がダルク、膝や腰が痛む」などの身体の痛みが、繰り返したり、強まったり、長引いたり、するようになります。

しかも痛みが続くと、神経の過敏化や、体調不調、身体の歪みなどが起き、ますます痛みや不快感に悩まされてくるので、毎日の生活に支障が出る前に、姿勢を保つ筋肉の痛みを解消させて、身体を元の健康状態に戻す事が必要です。

【 姿勢を保つ筋肉 】(図)首・背中・腰・脚の痛み

何気なく立っている時や、座っている時でも、首・背中・腰・脚などの“姿勢を保つ筋肉”が、気付かないうちに、絶えず姿勢を維持しながら、滑らかな動きができるようにサポートしています
しかし、“姿勢を保つ筋肉”が疲労して、血行が悪化し、オーバーワークの状態になってくると、それにより身体の内側から、鈍(にぶ)く重苦しい鈍痛や、疼く様な痛みが起きます。
また、それほど痛みを感じなくても、“姿勢を保つ筋肉”の働きが低下して、弱まってくるので、「何だか、身体が重い」とか、「ダルイ」、「筋肉がコワバッテいる」、「何となく身体の調子が悪い」、「身体を保っていられない」、などに気付かされます。

 

このような“姿勢を保つ筋肉”の痛みや違和感の中で、多くの人が経験しているのが、腰の痛みです。
腰からお尻は、人が二本脚で姿勢を保ちながら、さまざまな動きができるように、分厚い筋肉で構成されていますが、姿勢や動作の負荷がかかり続けたり、腰の筋力が弱ったりすると、回復力が追い付かなくなって、身体の中で最初に、腰に、「鈍い痛み」や、「ズキズキとする痛み」、「動くと痛む」などが、起きてくるからです。
しかも、腰の痛みが長く続いたり、不快感が強まったりすると、筋肉の収縮が続いたり強まったりして、毛細血管の血液の流れが悪化してくるので、痛みを抑える力が弱くなって、前より痛みが大きくなったり、いつまでも続いたりします。

 

この結果、腰の痛みは、「男性で1番、女性でも肩こりに次いで2番」と言われるように、自覚症状の中で多くなっていますが、首や肩、背中の筋肉も、姿勢を保つ役割をしているので、負荷のかかる姿勢や動作が続いたり、腰の筋力が弱ったりしてくると、やはり、身体の内側から、鈍(にぶ)く重苦しい鈍痛や、疼く様な痛みが起きてきます。
例えば、立ち仕事や座り仕事で、首や肩、背中の筋肉に負荷のかかる姿勢が続いたり、筋力が弱ったりすると、頭痛、肩こり、背部痛となって、「鈍い痛み」や、「ズキズキとする痛み」、「動くと痛む」、などが起きます。
そして、そのままにしていたり、我慢していたりすると、痛みで血管が収縮し、血行悪化が続いてしまうので、神経が過敏になって、前より痛みが大きくなったり、いつまでも続いたり、“痛みの悪循環”を引き起こしたりします。

【 姿勢筋の、痛みの特徴 】(図)姿勢筋の痛みの特徴

肩や腰、膝などの“姿勢を保つ筋肉”の、疲労や緊張による痛みは、切り傷の痛みと違って、“場所が捉えどころなく”、“重苦しい痛み”のように感じられる特徴があります
“場所が捉えどころなく”感じるは、身体内部の複数の“姿勢を保つ筋肉”が、いろいろな動作や姿勢ごとに、無意識のうちに、連携して働いている為です。
また、“重苦しい痛み”と感じるのは、疲労や緊張などで血行が悪化してくると、酸素や栄養分の欠乏と、疲労物質が排出されずに溜まってくるので、それにより神経が刺激されて、身体の異常を知らせる疼痛が起きる為です。

 

また、“姿勢を保つ筋肉”の痛みは、いつも同じではなく、次第に、強まったり繰り返したりします。
これは、“姿勢を保つ筋肉”が、日々の姿勢や動作に不可欠な筋肉なので、痛みを感じていても、痛みを避ける事が難しい事と、体重を受け止めて、動作をする役割があるので、姿勢や動作によって、神経を刺激する度合いが違ってくるからです。
しかも、痛みによって、体調を保っている自律神経の負荷が大きくなってくると、自律神経の痛みを抑える力が弱くなるので、痛みに敏感になり、「イライラしてくると、痛みが強まる」、「体調も良くないと、疼く痛みが増す」、「湿度や気温によって、痛みが辛く感じる」、などが起きるようになります。

 

更に、“姿勢を保つ筋肉”の痛みが長引くと、コワバリや痛みが拡がります。
最初は一部の痛みであっても、“姿勢を保つ筋肉”の痛みが長引くと、“姿勢を保つ筋肉”の筋力が弱るので、それによって、関係する筋肉の負荷や緊張が強まり、血行を悪化させるからです。
この結果、「脚が痛むと、次第に腰が痛くなる」とか、「一方の脚をかばっていたら、反対側の脚も痛くなる」、「肩こりが、背中や腰にまで及んだ」などのように、コワバリや痛みが拡がるようになります。

【 身体の歪みから身体の不調に 】(図)身体の歪みから身体の不調に

“姿勢を保つ筋肉”の痛みが続くと、“身体の歪み”を起こして、身体に様々な痛みを引き起こします
座り仕事や立ち仕事などで、首や肩、背中、腰などの“姿勢を保つ筋肉”の負荷が続いて痛むと、どうしても痛みを避ける姿勢になる為です。
このような痛みを避ける姿勢が毎日続くと、 「左右の肩の高さが違う」、「猫背になった」、「腰の内側への湾曲が無なくなった」、「骨盤が傾いている」、「背骨が捻じれている」、などの“身体の歪み”が起きてきます。

 

そして“身体の歪み”によって血行が悪化してくると、筋肉の痛みと共に、ズキズキとした痛みもしてきます。
“身体の歪み”によって、筋肉がコワバリ、血行が悪くなってくるので、神経が敏感になってくるからです。
この結果、ズキズキと強く痛みを感じたり、痛みによって痛みがぶり返したり、チョッとした動作でも不快さや痛みを感じたり、するようになります。

 

また、“身体の歪み”によって、背骨や骨盤の位置がズレたり、傾いたりするので、「何となく身体の調子が悪い」といった、身体の不調も起きます。
“身体の歪み”によって、内臓が圧迫されて胃や腸の機能が低下したり、血管や神経が圧迫されて身体の機能に支障が現れたり、首や背中を通っている自律神経が圧迫されて自律神経の働きに異常を起こしたり、するからです。
この結果、「何となく体調が悪い」といった状態になり、自然回復しにくくなってくるので、肩こり・腰痛・頭痛・猫背・冷え・むくみなどの、不定愁訴に悩まされるようになります。

【 当院の、ツボ治療を加えたマッサージ治療 】(写真)当院の、姿勢維持筋の治療

“姿勢を保つ筋肉”の痛みは、身体の内部の筋肉の痛みなので、痛みを感じる部分に、湿布や張り薬を使ったり温めたりしても、解消が難しく、また、ストレッチや運動療法も、身体の内部の筋肉なので、伸ばしたり緩めたりする事が困難です。
しかも、“姿勢を保つ筋肉”に痛みが起きると、内部にコワバリや硬いシコリができている事が多いので、コワバリやシコリを解消する事が必要になります。
この為、当院は、肩や背中、腰などの“姿勢を保つ筋肉”の痛みに対して、マッサージ治療にツボ治療を加えて、改善を行っています。

 

これは、“姿勢を保つ筋肉”の内部にできるシコリの箇所が、東洋医学のツボ(経穴)と、ほぼ一致しているからです
しかも、ツボが、神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調があると、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れ、身体に異常が起きている事を知らせてくれるからです。
更に、反応が現れたツボに、適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるので、姿勢を保つ筋肉の慢性的な痛みの解消に適しています。

 

また、当院では、患者が気になっている箇所を確認して、停滞している血行やリンパの流れの改善や、それらに伴うコワバリやシコリの解消も、同時に治療を行うようにしています。
“姿勢を保つ筋肉”に痛みが出ると、同じような働きをしている他の筋肉に影響を与えて、血行の悪化や筋肉のコワバリを引き起こしているからです。
患者が気になっている痛みや不快感解消の為に、筋肉のコワバリ箇所や血行の悪化箇所を確認して、マッサージ治療とツボ治療を使い分けながら、効果的な治療が受けられるようにしています。

 

“姿勢を保つ筋肉”の痛みは、身体の内部の筋肉の痛みなので、自己診断によって痛みの箇所を特定したり、セルフケアによって改善したりする事が困難です。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療と、血管と神経の通り道のツボを利用して、血行やリンパ液の流れの改善、筋肉の弾力性や柔軟性の回復、そして、神経の興奮の抑制を行い、硬くなっていた筋肉を緩め、痛み解消を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】