【(症例)身体の不調や、不快感  】
(写真)睡眠不足から、不眠症に

導入文

仕事や子育てなどで忙しく過ごしていると、ついつい、睡眠時間を後回しにしてしまい、「最近、すっかり睡眠不足!」という状態になりがちです。

そのまま短時間睡眠が繰り返されると、きちんと睡眠がとれない為に心身が休まらない状態になり、かえって、眠れなくなったり、眠りが浅くなったりして、ストレスを感じ易くなってイライラしてきたり、仕事や勉強の能率が下がったり、注意が散漫になったりします。

この為、「睡眠不足が続いて、疲れがとれない」、「すっきり起きられない」といった場合には、不眠症の対策と同じように、身体の疲労や緊張を解消させて心身を和らげ、脳が休める状態にして、自然な眠りにつけるようにする事が大切です。

【 睡眠不足と、不眠症 】(図)睡眠不足から

睡眠不足と不眠症は、「睡眠時間が短い」という共通点がありますが、内容的には全く正反対です
睡眠不足の場合は、寝不足と言われているように、『眠れるのに、眠るための時間がない』状態なので、眠る事には問題が無く、寝床に行けば自然に眠りにつけます。
また不眠症は、眠気よりも目覚めている力が強くて『眠りたいのに、眠れない』状態なので、なかなか寝つけなかったり、夜中に目覚めたり、早いうちに目が覚めたりします。

 

しかし、『眠れるのに、眠るための時間がない』睡眠不足あっても、仕事や家事を優先する為に、睡眠時間を削って「睡眠時間が短い」状態になると、次第に、『眠れるのに、眠るための時間がない』不眠症に近づきます。
これは、眠気を感じても、仕事や家事を優先する為に、眠気を抑えて、目覚めている状態を維持するようにしていると、眠いという感覚が鈍くなったり、睡眠不足の生活に慣れたり、してくるからです。
しかも、日本は昔から、寝る間を惜しんで勉強や仕事をする事が美徳とされてきたので、睡眠不足に気付いても、「まあ大丈夫だろう」とか、「休みの日に寝ればいい」と、睡眠不足状態を軽く考えて、不眠症に陥り易くなります。

 

また、睡眠の時間をとって睡眠不足になっていなくても、「質の良い睡眠がとれていない」と、やはり、不眠症になる危険性があります。
質の良い睡眠がとれないで、ぐっすりと眠れていないと、脳に蓄積された老廃物の除去や、成長ホルモンの分泌などが十分に果たされないので、浅い眠りとなって、睡眠時間はあっても、睡眠が不十分になるからです。
この為、睡眠時間が長くても、「夜なかなか眠れない」、「夜中に目が覚める」などがあると、睡眠が不十分な状態となって、不眠症と同じように、「起きた時に、熟睡感がなくスッキリしない」とか、「昼間、眠くなる」となってしまいます。

【 自覚しづらい睡眠不足 】(図)気付きにくい睡眠不足

睡眠不足の中でも、一晩の徹夜をした時には、徹夜明けに、ヒドク頭や身体が疲れて、眠気のリバウンドが生じるので、睡眠不足がハッキリ自覚されます。
しかし、毎日少しずつの睡眠不足が続いて、習慣化すると、睡眠不足の感覚が弱まったり、気付きにくくなったりしてくるので、睡眠不足であっても、短時間睡眠に慣れる事があります
短時間睡眠が繰り返されていくうちに、脳の中の、睡眠に切り替わる仕組みや、睡眠を維持する仕組みがキチンと働かくなり、「短時間睡眠に慣れた!」と、思うようになるからです。

 

また、仕事で忙しく働いていたり、家の家事や育児でがんばっていたりすると、睡眠不足であっても、身体の活動を活発にさせる交感神経がフルに働くので、睡眠不足が分かりづらくなります。
交感神経が活発に働くと、呼吸、脈拍・血流、消化・呼吸、免疫機能、体温調節などが、フルに稼動するので、睡眠不足であっても、「眠気が無い」状態となったり、その影響が夜まで続いて「眠気が来ない」状態になったり、朝は「目覚まし時計よりも、早くから目が覚める」状態になったりするからです。
この為、本人も、睡眠不足の状態であっても、「夜、遅くまで活動できて、朝は、すぐに起きられる」、「毎日5~6時間眠れば、睡眠時間はそれで十分」、「電車ですぐに眠ってしまうけど、すぐに目覚めるから問題が無い」と、感じます。

 

しかし、「寝つきが良い」と思っていても、実際は、眠る時にバタンキューの“寝落ち”になっていたり、「朝、すぐに起きられる」と思っていても、実際は、眠りが浅くなっているので、朝目覚ましが鳴る何時間も前に目が覚めてしまったりしています。
睡眠不足が続くと十分な睡眠が取れないので、疲労した脳や身体を休息させたり、回復させたりする事ができなくなっているからです。
この為、
しかも、起きた時に、「ダルさが半端ない…」、「寝ても疲れが取れず、身体がダルイ」と感じ、更に、血行が悪化して脳の疲労が解消できなくなってくると、「日中に眠気が出てくる」、「頭がボーッとする」、「身体に疲れを強く感じる」、「頭痛がする」、「ダルサや吐き気が起きる」など、さまざまな症状が起きてきます。

【 寝だめ、寝具の買い替え、睡眠薬 】(図)睡眠不足が続くと

睡眠不足が続いて、身体に疲れを感じてくると、「休みの日に“寝だめ”をすれば、睡眠不足を取り戻す事ができる」と、考えます。
しかし、一時的な睡眠不足ならば、睡眠が不足しているだけなので、休日にゆっくりと眠る事で解消されますが、習慣化した睡眠不足の場合には、疲労が心身に蓄積し、回復しづらくなっているので、1日~2日ゆっくり休んでも、解消するのが難しくなります。
また、睡眠不足が習慣化している中で、特定の日に“寝だめ”をすると、いつもの『体内時計』や『覚醒のリズム』を狂わせてしまうので、かえって、「寝つきが悪くて、なかなか眠りにつけない」とか、「疲労しているのに、熟睡できない」、「眠りが浅くて、目が覚めてしまう」、などが起きます。

 

また、睡眠不足が毎日続くと、寝ていると寝苦しく感じたり、枕の高さが気になったり、仕事が思い出されたりなど、寝床に入っても緊張が高まって、眠りづらくなる事があります。
これは、睡眠不足が続いて心身の疲労や緊張が解消されなくなってくると、首や胸の筋肉がコワバッテ、柔軟性が無くなってくるので、胸が圧迫されているように感じたり、枕の高さや硬さが、気になったりするからです。
寝心地を良くする為に、枕や布団・マットレスなどを買い替えても、眠りづらくなっている原因が寝具の問題ではないので、また、眠りづらさに悩まされます。

 

そして、睡眠不足が続いて、神経が高ぶって心身が休まらない状態になってくると、脳も休まらない状態になるので、『眠りたいのに、眠れない』不眠症の状態に近づきます。
また、体調も低下してくるので、集中力・記憶力・注意力の低下、イライラや焦り、日中の眠気、やる気が出ない、仕事のミス、緊張・頭痛・胃腸の違和感、倦怠感あるいは不定愁訴、なども起きてきます。
病院に行って、眠気を促す薬を処方してもらっても、薬の服用をやめようと思ってもなかなかやめられなかったり、薬の思わぬ副作用が生じたりする事があるので、病院では、薬を使わず生活習慣を見直して改善する『非薬物療法』が優先されています。

【 当院の、睡眠不足の解消治療 】(写真)当院の睡眠不足治療

「睡眠不足が続いて、疲れがとれない」、「すっきり起きられない」という場合には、まずは、睡眠不足による身体の疲労や緊張を解消させて、身体や心がリラックスできるようにして、眠る時に脳が休めるようにする事が大切です
このような場合に、だるい、肩がこる、冷える、のぼせる、疲れやすい、食欲がない、眠れない、イライラする、元気がない、など症状を和らげて、リラックス効果を得るマッサージ治療が、昔から利用されています。
筋肉をほぐれて、呼吸が楽になり、身体の血行が良くなってくると、身体の疲労や緊張が解消されていき、心身が和らぎ、脳が休める状態になってくるので、自然な眠りにつけるようになるからです。

 

当院では、このような体調の改善に、マッサージ治療にツボ治療を加えて、筋肉の緊張解消や、滞った血液やリンパ液の流れを回復させて、神経の興奮を鎮め、自然な眠りにつけるようにしています。
ツボが、身体の不調時に、反応点として、身体の異常を知らせる箇所でもあり、症状を改善する箇所でもあるので、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるからです。
この効果から、マッサージ治療にツボ治療を加えて、身体の疲労箇所や緊張箇所を確認して、解消させていくと、身体の緊張が緩んで、身体がリラックスしてくるので、脳の活動も穏やかになってきます。

 

更に、睡眠不足によって脳の疲労が解消しづらくなっていると、睡眠が浅くなり、睡眠の質が低下するので、マッサージ治療によって、脳への血行を改善し、身体の不快感を解消すると、眠り易くなります。
また、身体のコワバリが解消されて、柔軟性が回復すると、寝ている時の、呼吸の息苦しさが無くなって、自然に寝返りもできるようになるので、途中で眼を覚ます事が少なくなります。
しかも、マッサージ治療は、睡眠薬と違って、副作用や依存性が無いので、安全で安心して受けられます。

 

マッサージ治療は、身体の疲労や緊張を解消させるだけでなく、心身を和らげるリラックス効果があるので、睡眠の質を高める働きが期待できます。
当院は、睡眠不足や不眠症の改善に、首、肩、腰、疲労などの不調を解消させ、心身の調子を整えるマッサージ治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や、不快感などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】