【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)脚がむくむ、冷える

導入文

「おしゃれとして、ブーツを履きたい!」というのは、多くの女性の気持ですが、ブーツで脚の筋肉の動きが制限されると、血液やリンパ液の流れが停滞して、思いもしなかった、脚の冷えや、むくみを、引き起こす事があります。

しかも、この状態が続いて、血液を心臓に戻している『筋ポンプ』の働きが低下した状態になると、脚を温めたり、さすったりしても、一時的な解消効果しか得られないので、再び脚のむくみや冷えに悩まされるようになります。

このような場合には、脚に、昔から利用されている、脚の疲れやむくみに効くツボがたくさんあるので、脚に現れたツボ(反応点)を上手に利用すると、脚の回復力を高めて、むくみや冷えの改善が期待できます。

【 ブーツで、脚に冷えが… 】(図)脚が冷える

ブーツは 1960年代に入って、ミニスカートの流行に合わせて脚光を浴び、その後、「アムラーファッション」の安室奈美恵さんが引き起こしたロングブーツのブームを経て、現在もファッション性と足元を温かく保つ最適なグッズとして、人気が続いています。
最近では、暑い夏でも、クーラーの効き過ぎで、足元が冷気を受けてしまうのを防ぐ為に、見た目の暑さを感じさせないサマーブーツが作られ、人気を呼んでいます。
ところが、「見た目が良く」、「暖かいはず!」と思ってブーツを履いているうちに、だんだん足が冷えて、ジーンと痺れるような冷たさを足先に感じ、思わず、「ブーツを脱ぎたい!」、となってしまう事があります。

 

この原因として、膝から下がスッポリと覆われるようなブーツを履いていると、足首をギュッと固定されてしまうので、足裏やふくらはぎの筋肉の働きが制限されてしまい、血液の流れを悪化させてしまう事が、指摘されています
足首をギュッと固定されて、脚の筋肉の自然な伸び縮みができなくなると、脚に届いた血液を心臓に戻す『筋ポンプ』の働きが低下して、血液の流れが悪くなるので、冷たい空気で冷やされた血液が、足に滞留するようになるからです。
しかも、血行が悪化する事で、暖かい血液が流入しなくなるので、ヒンヤリと足先が冷えるようになり、「ブーツを履いているのに、冷たい!」という、予想外な事が起きてしまいます。

 

更に、もう一つ原因として、足裏は大量に汗をかくので、これも足が冷える原因になります。
足裏は、「汗腺が、背中や胸の5~10倍もあり、1日にコップ約1杯分もの汗をかく」と言われる程なので、踵(かかと)から履き口まで長いブーツを履いていると、多量の汗が排出されづらくなって、汗で足がしっとりと濡れるようになり、これが靴に伝わった冷寒で冷えると、足を冷やしてしまうからです。
また、寒さで足が緊張すると、足裏から更に多くの汗が出るので、これが外気の冷たさで冷やされると、足の体熱が奪われて、ますます足を冷やしてしまいます。

【 脚の、むくみから 】(図)脚のむくみから

また、ブーツを履いていると、「脚がだるい」、「重い」といった、不快な違和感に悩まされる事があります。
これも、ブーツで足首が固定されて、脚の筋肉の動きが制限されると、血液やリンパ液を流す『筋ポンプ』の働きが弱まるので、これによって、脚の皮膚の下に、“余分な水分”や“老廃物”が溜まって、「だるさ」となって感じられるからです
特に、靴下を重ね履きして、膝上まであるロングブーツを履いていたり、固い素材で足首を締め付けるようなタイトなブーツを履いていたりすると、脚の『筋ポンプ』動作がかなり低下してしまうので、老廃物が排出されづらくなり、溜まった老廃物に含まれる毒素や疲労物質の影響を受けて、「脚が、何となく、だるい・重い」といった不快感が起き易くなります。

 

このように、脚のむくみも、足の冷えも、脚の『筋ポンプ』の低下から起きているので、「脚の冷え → 血の巡りが悪くなる → むくむ → むくみで余計に血の巡りが悪くなる → 脚の冷えが強まる→ 更に血の巡りが悪くなる」という、悪循環に陥ります。
この為、脚に余分な水分が溜まってむくんできたり、足が冷えたりすると、むくみと冷えの両方のスパイラルに陥り、むくみが解消しづらくなったり、冷えの症状が悪化したりします。
筋肉量の少ない女性は、脚の『筋ポンプ』の働きが弱くなりがちなので、女性の70%以上が、脚の冷えと共に、「脚がだるくてムズムズする」、「夕方になると、毎日、靴がきつくなる」、「すねを指で押すとへこむ」、などの脚のむくみに悩まされます。

 

そして、脚に冷えとむくみの両方が起きると、身体にさまざまな症状を引き起こします。
例えば、症状として、「少し歩くと、足に痛みがする」、「足の芯が痛む」、「脚の冷えやダルサで眠れない」、「足にしもやけができ易い」、などが起きるようになります。
更に、それらによって、「身体の節々(ふしぶし)の痛み」、「腰のダルサや痛み」、「疲れ易くなる」、そして「高血圧」にも、悩まされるようになります。

【 脚の柔軟性と血行の回復 】(図)血行と柔軟性

ブーツを履いているうちに、脚に、むくみや冷えなどの違和感が現れたら、まずは、脚の状態をチェックして、状態を確認する事が大切です。
例えば、『脚のむくみチェック』としては、①靴下の跡がいつまでも残る、②膝から下を指で10秒ほど押した後、指を離しても跡が残る、また『足の冷えチェック』としては、①手は温かいが足は冷たい、②寒くなるとふくらはぎや足先が冷える、③足先が冷えてなかなか寝つけない、などがあります。
更に『筋肉内部のコワバリやシコリのチェック』としては、ふくらはぎを押して、①硬い張りとか、②痛み、などの有無とともに、その程度を確認する事が必要です。

 

これらをチェックして、異常を感じる場合には、症状の原因となっている、足の『筋ポンプ』作用を回復させる為に、筋肉のコワバリやシコリを解消する事と、それと共に、足関節や膝関節の柔軟性を戻して、血行やリンパ液が流れ易くする事が必要です
更に、お尻の筋肉も、シッカリとほぐす事も必要です。
お尻の筋肉は、上半身の重さをジッと受け止め続けているので、疲労すると、分厚い筋肉が上半身と下半身の間の、血行の“関所”となって、血液の流れを悪化させるからです。

 

しかし、脚やお尻の筋肉が、広範囲にコワバッテいたり、コワバリが慢性化していたりすると、脚のむくみや冷えが、なかなか解消できなくなります。
脚の血行が悪くなっていても、自覚がほとんど無いので、「筋肉がコワバッテいる箇所が分からない」とか、気になる箇所があっても、その箇所が特定しづらかったり、「シッカリと力を入れて、ほぐす事が難しい」などがあったりするからです。
更に、脚の血液やリンパ液の流れを促進させて回復させるには、ふくらはぎの奥にある『ヒラメ筋』の柔軟性を回復させて『筋ポンプ』の作用を活発化させたり、筋肉や血管の走行沿いのコワバリやコリをチェックして解消したり、足首・膝・股関節などの血行改善、などが必要です。

【 当院の、脚のむくみや冷え治療 】(写真)当院の、むくみと冷えの治療

当院は、脚のむくみや冷えの解消に、マッサージ治療にツボ治療を加えて、回復治療を行っています。
脚や腰には、昔から利用されている、冷えやむくみなどを改善させるツボが、いくつもあるので、脚や腰に現れたツボを確認し、治療に利用すると、患部が「イタ気持ちイイ!」と感じると共に、回復力を高められるからです
これは、ツボが神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調があると、関係する特定のツボに反応点として痛みや硬さの反応となって現れ、更に、この顕在化したツボを治療点として刺激すると、筋肉のコワバリやコリが解消され易くなって、血行が回復し、脚のむくみや冷えが改善されてくるからです。

 

また、当院では、脚のむくみや冷えの回復効果を高める為に、筋肉の一部にストレッチを加えています。
これは、血液を心臓に戻すには、筋肉のポンプ活動が重要なので、筋肉の弾力性や柔軟性を高めるだけでなく、筋肉の伸び縮み運動を回復させ、活発化させる事が必要になる為です。
特に、座っている事が多かったり、歩く事や立っているのが長かったりすると、股関節やお尻の筋肉が硬くなって、血行が悪化するので、腰から股関節にかけてのコワバリやコリをチェックし、筋肉の一部にストレッチを加え、柔軟性を回復させています。

 

しかも、下半身の血行を、マッサージ治療にツボ治療を加えて改善すると、「病気ではないけれども、何となく身体の調子が悪い」といった、体調の改善にもなります。
下半身には、全身の70%もの血液が集まる部分なので、下半身の血行を改善させると、全身の循環も良くなって、「肩がこる」、「疲れやすい」、「だるい」、「食欲がない」、「眠れない」、「イライラする」、「元気がない」、などの症状改善にもなるからです。
脚のむくみや冷えで、身体のバランスが崩れかかって悩まされている時には、ツボ刺激を併用したマッサージ治療によって、体調を整える事をお勧めします。

 

脚のコーディネートに、ブーツが欠かせませんが、ブーツを履き続けたり、歩く習慣が少なくなったりして、脚にむくみや冷えが起きると、血液が身体の隅々まで十分に行き渡らなくなるので、不要な老廃物が身体に溜まり、体調不調も起きてきます。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、脚のむくみや冷えの改善と共に、身体の不調箇所をツボ反応を利用して、体調の改善を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や不快感などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】