【(症例)こり・しこり 】
(写真)肩甲骨の、こり

導入文

デスクワークの疲労原因として、「長時間、同じ姿勢を続ける」、「身体を動かさないので、血液を流す筋肉のポンプ活動の低下」、「脳の疲労から、自律神経に大きな負担がかかる」、などが指摘されていますが、「肩甲骨の位置ズレによる、こり」も、大きな原因になっています。

肩甲骨の位置がずれたまま筋肉が凝ってしまうと、肩甲骨に接続している背中の筋肉が引っ張られて、血液やリンパ液の流れが悪化し、栄養や酸素の不足や疲労物質の蓄積などにより、背中の重ダルイ疲労感や、ズキズキとした痛みが起きてくるからです。

この為、長時間の前かがみ姿勢による背中の不快感を解消するには、背中の疲労箇所やコワバリ箇所を回復させるだけでなく、肩甲骨の位置ズレを回復させる事も必要なので、昔から疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来の痛み解消を行っている、東洋医療をベースにしたマッサージ治療が適しています。

【 肩甲骨の位置ズレ 】(図)疲労や緊張による肩甲骨の位置ズレ

一日中パソコンの前で仕事をしていて疲れてくると、首や肩の凝りだけでなく、肩甲骨の内側に、ズキズキとした痛みや、チクチクと刺すような痛み、が起きてきます。
これは、前かがみになって、両肩が前方に出るような姿勢を続けていると、肩甲骨が肩方向に引っ張られて“上がりっぱなしの状態”になるので、肩甲骨と背骨との間の筋肉に、バランスが取れなくなって、負荷がかかり続けてしまうからです
しかも、肩甲骨には、いろいろな背中の筋肉と接続しているので、肩甲骨が肩方向にズレタ状態になると、背中の筋肉を引っ張って緊張を強めるので、背中に流れる血液やリンパ液を停滞させ、それにより神経が刺激されて、背中全体に、痛みや不快感が起きてきます。

 

また、背中に流れる血液やリンパ液の停滞により、皮下に、老廃物を多く含んだ余分な水分が溜まるので、背中に“むくみ”が生じ、それによって、腫れぼったいような不快感や、背中が重たい感じが強まります。
この状態が何日も続くと、背中の慢性化した“むくみ”によって、「背中がブヨッと、たるんだ感じ」や、「モッサリと老けた感じ」がしてくるので、身体のラインのメリハリが無くなってきているのを、感じるようになります。
しかも、ジッと前かがみ姿勢をしていると、背中の“むくみ”から、“腫れぼったさ”や“熱っぽさ”、あるいは、“重たい”感じが強まってくるので、耐えず背中のダルサ感に悩まされるようになります。

 

更に、前かがみ姿勢が続いて、肩甲骨周囲の筋肉が凝り固まった状態になると、肩や腕を大きく動かしたり、廻したりして、肩甲骨を動かす動作をすると、背中の骨がこすれたような、ゴリゴリとした音がしてくる事があります。
肩甲骨の下側の筋肉が、接触する肋骨(あばら骨)の形に合わせて凝り固まるので、肩甲骨の下側の筋肉が“洗濯板”のように、デコボコ状に凝り固まった状態になる事が原因になっています。
この為、肩や腕を大きく動かしたり、廻したりして、肩甲骨を動かすような動作をすると、肩甲骨の下のデコボコ状に凝り固まった筋肉が、肋骨と擦れあって、ゴリゴリと音が出るようになります。

【 見返り美人図 】(図)見返り美人の絵

本来、肩甲骨は、肋骨の上の筋肉に、乗っかったような構造になっているので、上下左右、かなり広い範囲に、自由な動きができます
この為、上体を動かして姿勢を様々に変えたり、腕をいろいろな方向に動かしたりする時に、それらの動作を肩甲骨によって制限されずに、自由に、柔らかく、そして、しなやかに、動く事ができます。
これを上手く現したのが、江戸時代に描かれた『見返り美人図』で、身体は前を向いたまま、背部の肩甲骨を後ろに引いて、首だけ傾いて振り向いた女性を描く事で、優雅な雰囲気と、女性らしい動作を表現しています。

 

ところが、年齢的に25歳を過ぎると、肩甲骨付近の筋肉の老化が始まり、肩甲骨付近の筋肉の柔軟性が無くなり始めます。
しかも、現在の生活は、活動している時でも、背中の筋肉を使って動かす動作がほとんど無く、休んでいる時には、身体を動かさずにジッとしているので、肩甲骨を動かす筋肉の柔軟性が失われ、肩甲骨の動きが低下して悪くなってしまいます。
この為、中高年になって、運動不足状態になっていると、『見返り美人図』のような恰好をすると、肩甲骨付近の柔らかさが無くなってくるので、「身体が硬い!」と見られる、無理に身体をひねったような恰好になってしまいます。

 

それでも、日常生活で、肩甲骨を動かすような動作があまり無いので、肩甲骨の動きが悪くなっていても、気付く事が、ほとんどありません。
しかし、前かがみ姿勢が続いて、肩甲骨が“上がりっぱなしの状態”で、周囲の筋肉が凝り固まってくると、それによって、「肩こり」や、「背中に強く疲れを感じる」、「腰痛が起き易い」などに、慢性的に悩まされるようになります。
また、背骨沿いに自律神経が通過しているので、肩甲骨の内側の筋肉のコワバリから、自律神経が圧迫されて、「胸苦しさや圧迫感」だけでなく、「胃もたれや食欲不振」、「身体の不調感」、なども起きます。

【 肩甲骨はがし 】(図)肩甲骨の他動運動

背中の凝りや痛みを解消させるには、背中の筋肉が、互いに密に、何層も重なり合っているので、背中を構成している筋肉の位置や、動作の時に関連する筋肉を考えて、凝りや痛みを起こしている個所をチェックし、関連する筋肉を含めて回復させる事が必要です。
そして、前かがみ姿勢による肩甲骨周囲の凝りや痛みには、肩甲骨の位置ズレによるコリの影響があるので、動きの悪くなっている肩甲骨の動きを改善し、周囲の血液やリンパ液の流れを回復する事が重要になります。
しかし、自分で肩甲骨を動かそうとしても、肩甲骨が背部にある事と、普段、意識して動かす事が無いので、動かす事ができなかったり、肩甲骨が動ける範囲で動かすだけになったり、肩甲骨は動かずに肩を廻すだけになったり、してしまいます。

 

この為、手間がかからず、効果的なのが、専門家によって、肩甲骨の動きを回復させる方法(他動運動)です。
よく紹介されるのが、『肩甲骨はがし』と呼ばれる手法です。
『肩甲骨はがし』と聞くと、言葉は強烈ですが、実際に行っているのは、専門家が肩甲骨周りの筋肉のコワバリやシコリを“確認”した上で、肩甲骨まわりの筋肉を動かしながら“ほぐす”方法です

 

この『肩甲骨はがし』は、肩甲骨周辺の凝り固まった筋肉を、動かしながら“ほぐす”ので、血行やリンパ液の流れの改善効果が、高くなります。
また、2つ目の効果として、この『肩甲骨はがし』によって、背中の“むくみ”の症状が解消されるので、腫れぼったい不快感や疲労感が無くなって、スッキリとした感じになる事です。
そして3つ目の効果は、背中の一番コワバリ易い部分が解消されるので、丸まって固まっている背中が伸びる事と、それによって腰の筋肉も伸び易くなるので、腰痛の予防や改善になる事です。

【 当院の、背中の回復治療 】(写真)当院の肩甲骨周りの治療

当院では、背中の疲労や緊張の解消などで、肩甲骨の位置ズレの回復治療を行う場合、最初にマッサージ治療で背中や腰の筋肉のコワバリを解消させ、その後に、肩甲骨を回したり動かしたりする『肩甲骨はがし』で、肩甲骨の動きを良くしています。
これは、『肩甲骨はがし』をする前に、マッサージ治療で筋肉の柔軟性を回復させておくと、無理無く、肩甲骨の動きが前後左右に広範囲に回復するようになり、それによって、肩方向に吊りあがっていた肩甲骨が本来の位置に戻るからです。
マッサージ治療が、もともと、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③それらによって神経の興奮を鎮める、などの作用があるので、疲労や緊張が慢性化して、肩甲骨が位置ズレを生じている状態であっても、①肩甲骨周囲の筋肉の疲労や緊張の回復、②肩甲骨の可動域の復元、③痛みの改善、などに効果があります

 

また、当院では、凝り固まった背中の筋肉をほぐす為に、背中の筋肉に現れたツボを利用して、筋肉のシコリやコワバリを緩め、血行やリンパ液の流れを促進させる治療を行っています。
ツボの特徴として、ツボが神経や血管が集まっている箇所なので、身体の不調によって現れたツボが、身体の異常を知らせる反応点であり、症状を改善する治療点になるからです。
ツボ反応を利用すると、筋肉のコワバリが緩み、滞っていた肩甲骨周辺の血行やリンパの流れが回復してくるので、奥からジンワリとほぐれる感触がして、重ダルサや疲労感が消え、スッキリしてきます。

 

更に、背中に腫れぼったく感じさせている、老廃物が多く溜まった余分な水分の“むくみ”の解消を行っています。
昔から、東洋医療をベースにしたマッサージ治療が、筋肉や血行のケアを専門的に行っているので、背中の疲労や緊張による“むくみ”の解消にも、適しているからです。
背中の血行やリンパの流れを活発化させて、元の状態に回復させると、“むくみ”によって引き起こされた、「だるい」、「肩がこる」、「疲れやすい」、「元気が出ない」、「食欲がない」、「イライラする」などが解消され、上半身がスッキリとした感じになります。

 

パソコンやスマートフォンの長時間の使用や、日々のストレスなどがあると、気付かないうちに背中の筋肉がコワバリ、背中の血行やリンパ液の流れが悪化してくるので、「何となく身体の調子が悪い」という状態になります。
当院は、背中の疲労や緊張などの慢性化による筋肉のコワバリ解消に、①肩甲骨の位置ズレ解消、②ツボ刺激の活用、③マッサージ治療、をセットにして、回復を図っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連するこり・しこりなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。