【(症例)こり・しこり 】
(写真)筋肉のしこり

導入文

こりの中でも、絶えず、ジンジンとかズキズキとする鈍い痛みを感じ、しかも、チョッと疲れたり緊張したりすると、敏感に反応して、疲労感とダルサが強まるこりがあります。

このタイプのこりは、コワバッタ筋肉の中に、コリコリとした硬い“しこり”ができている事が多く、この状態になると、血流がさえぎられて神経が過敏になるので、絶えず痛みが続いたり、不快な痛みが強まったりします。

この状態を解消させるには、①“しこり”周囲の筋肉の弾力性や柔軟性を高め、②血流やリンパの流れを改善する事で、③過敏になっている神経の興奮を鎮める事が必要なので、疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来の痛みの解消を行っている、東洋医療系のマッサージ治療が適しています。

【 過剰な負荷から、しこりに 】(図)しこりができる箇所

こりは、「長時間の同じ姿勢」、「運動不足」、「ストレス」などで、筋肉が緊張した状態が続いて、筋肉がコワバッテくると生じます。
筋肉のコワバリで、筋肉が縮んだり弛んだりする事ができなくなると、血液を流す力が弱まるので、必要な酸素が不足し、血液に乗って流し去られるはずの発痛物質や疲労物質が溜まって、神経を刺激し、疼くような痛みや、疲労感、ダルサなどが起きてきます。
しかし、早いうちに、コワバリかけた筋肉を回復させると、血流も元の状態に回復し、不足していた酸素が補給されて、疲労物質や老廃物が排出されるので、こり症状は無くなります。

 

ところが、こりが回復しないまま、筋肉に負荷が続いてしまうと、負荷のかかった筋肉内部に、筋肉が凝り固まったような“しこり”が発生し、更に症状が悪化するようになります
これは、“しこり”によって毛細血管の血流がさえぎられてしまうので、“しこり”内の老廃物や疲労物質の濃度が高くなって、強く神経を刺激するようになり、この結果、ジンジンとかズキズキする、神経特有の痺れ感を伴う痛みを絶えず発するようになるからです。
筋肉内部の“しこり”を、皮膚の上から軽く圧迫しながら触ってみると、内部にコリコリした塊(かたまり)が感じられ、大きさが数ミリ~数センチぐらいの、筋肉のスジのようなものが、できているのが分かります。

 

このような“しこり”は、同じ姿勢を長時間維持したまま動かさなかったり、あるいは筋肉を酷使したりすると、筋肉が負荷に耐えるために、筋肉がギュッと固まって、そのまま持続してしまうので、負荷のかかる所ならば、身体のどこにでもできます。
比較的多いのが、姿勢を維持している、首の付け根や、肩甲骨の内側、そして、骨盤の上側や、お尻の後ろ側などです。
これらの箇所は、身体の上からの重みを支えたり、長時間同じ状態を維持する為に緊張し続けたり、あるいは、動作をするごとに絶えず負荷がかかり続けたりするからです。

【 筋肉をギュッと締めつける筋膜 】(図)筋肉と筋膜

“しこり”は、筋肉が、疲労や緊張でコワバッテ、固まったように感じられますが、実際は、筋肉を包んでいる膜(筋膜)が、疲労や緊張などで血行が悪くなって水分量が減少し、縮んだ事で、筋肉にピッタリ癒着し、更に筋膜が縮んで、筋肉をギュッと締めつけて圧縮して、筋肉のカタマリを作った為です
通常ならば、筋膜の85%は水分とされているように、筋膜には、非常にたくさんの水分が含まれているので、この水分のクッション性によって筋肉を柔らかに包んで保護し、筋肉が滑らかに動けるようにしていますが、疲労や緊張などで筋膜の水分量が少なくなると、縮んで、内部の筋肉をギュっと圧迫して、筋肉の動きを奪ってしまします。
この為、身体に水分が不足すると、筋肉の硬直が起きてしまうので、運動で汗をかいた後に、「十分な水分補給をしないと、筋肉がコワバッテ、脚がつったり、筋肉痛になったりする!」と、言われます。

 

しかも、“しこり”ができた為に、筋膜が筋肉の表面にピッタリとくっついて、きつく癒着すると、内部の筋肉を圧迫するだけでなく、筋肉内への血液やリンパ液などの出入りをさえぎってしまいます。
言ってみれば、「筋肉が筋膜によって“兵糧攻め”を受けて、食料を絶たれた」ような、状況になります。
この結果、酸素や栄養が不足し、有害な疲労物質や老廃物が溜まるので、周りの神経が刺激されて、“しこり”から、ジンジン、あるいはズキズキと疼(うず)くような、異常な感覚が起きてきます。

 

この“しこり”からの疼くような痛みは、筋膜が筋肉にきつく癒着して、凝り固まった状態になっているので、不快な痛みがいつまでも続き、回復しにくくなります。
更に、血行不良が続く事で、身体の負荷に対する耐久性が弱まって、痛みを感じるセンサーが高まって、敏感になります。
この結果、身体の疲労や精神的な疲労が少しでも強まると、“しこり”近くの敏感になっているセンサーが刺激されて、不快感やダルサが強まり、悩まされます。

【 身体の不調 】(図)肩こり頭痛

このような、疼くような痛みを我慢して、そのままにしていると、精神的にも、悪影響を受けます。
身体の慢性的な痛みや不快感によって、体調を保っている自律神経の働きがオーバーワークになるので、本来の体調を保つ働きができなくなったり、働きが乱れたりするからです。
この結果、「朝、起きた瞬間から“しこり”付近に疲れを感じる」、「疼くような痛みを我慢していると、身体が重ダルクなる」、「何をしても、“しこり”付近の肩凝りや腰痛が良くならない」、などの身体の不調が起きます。

 

特に、首に“しこり”ができると、精神的な不調が起き易くなります
首に“しこり”ができると、首の血流が悪化して脳に新鮮な血液が十分に届きにくくなったり、脳と身体をつなぐ全ての神経の通り道になっているので神経障害が起きたり、首周りのリンパの流れが停滞して老廃物が上手に排出できなくなったり、するからです。
この結果、頭の痛みでズキズキしてくるとか、めまい、気分のイライラ、鬱っぽくなる、疲れが取れない、胃腸の調子が悪いなど、様々な不定愁訴が起きてきます。

 

しかも、症状の解消が難しくなります。
例えば、温めたり、湿布薬を貼ったり、筋肉全体を伸ばすようなストレッチなどをしても、筋膜が、筋肉にきつく癒着して、凝り固まった状態になっているので、回復の効果がありません。
また、“しこり”そのものを解消しようとして、筋肉のコワバリを引っ張ったり、力を加え過ぎたりすると、過敏になっている神経を刺激して、更に不快な痛みや症状が増してしまう結果になります。

【 当院の、しこり解消の治療 】(写真)当院の治療

このタイプの“しこり”を解消させるには、“しこり”の伸縮性の残っている方向を確認して、①“しこり”を形作っている筋膜をゆっくりと伸ばすように“しこり”の弾力性や柔軟性を回復させながら、②血行やリンパの流れを改善し、③神経の興奮を鎮めていく事、が必要です
この為、当院では、筋肉内の“しこり”の位置や形を確認し、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、圧をかけ、筋膜をさまざまな方向に解きほぐし、筋膜の柔軟性を回復させる治療を行っています。
東洋医療が、疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来の痛み解消を得意分野にしているので、この東洋医療の触診と手技療法で、“しこり”周辺のコワバリを回復させて、血液やリンパ液などの流れを元に戻していくと、神経を刺激している疲労物質や老廃物が排出され、不快な痛みを減少させる効果があるからです。

 

また、当院では、ツボの箇所が、“しこり”のできる場所と7~8割以上重なり合っているので、“しこり”の解消にツボ刺激を行っています。
ツボに、「痛いけれども、気持ち良い」と感じるような、適切な刺激をすると、刺激に順応して、筋肉内の血流が改善したりして、働きの鈍っていた筋肉の組織が活発化するからです。
これによって、内部の新陳代謝が促されてくるので、“しこり”が小さくなり、解消されるようになり、それと共に、不快な痛みも和らぎ、痛みや違和感が減少していきます。

 

更に、“しこり”の解消には、“しこり”のある部分だけではなく、動作や姿勢の維持などで関連する他の筋肉を含めて、筋肉の状態をチェックして回復させています。
東洋医療が、もともと、筋肉の関連性や、血管の流れ、神経の走行などに注目して治療を行っているので、“しこり”を発生させるような、疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来のコワバリの解消に適しています。
“しこり”と関連する筋肉の緊張を、マッサージ治療で外側からほどくと、筋肉がリラックスして血行が良くなるだけでなく、筋肉バランスも整ってくるので、コワバリがやわらぎ、痛みや不快感が消失されてきます。

 

“しこり”ができると、神経を圧迫したり、溜まった疲労物質や老廃物によって神経にダメージを与えたりするので、いつまでも不快な痛みが続いたり、疲労や緊張で痛みが増したりします。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、身体のストレスや過緊張を解き、神経の過敏状態を回復させて、痛みやこりの不快感を取り除く治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連するこり・しこりなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】