【(症例)身体の硬さや、健康管理 】

最近、厚生労働省からのメンタルヘルスケアの推進もあって、従業員の体調維持や、社員のモチベーション向上、仕事の効率化などを目的に、“社内マッサージ(オフィスマッサージ)”を取り入れる企業が増えてきました。

仕事の疲労や緊張が続くと、体調を悪化させるだけでなく、仕事の効率が落ちたり集中力が無くなったりして、ミスや長時間労働などの『負のスパイラル』に陥ってしまうので、疲れを感じたら早いうちに、心身を回復させる事が重要視されるようになったからです。

特に、仕事をしていると、「肩がガチガチに凝る」、「頭痛に悩まされる」、「いつも腰に痛みを感じる」、「寝ても疲れがとれない」などが起き易くなっているので、このような体調改善に、昔から、慢性化した疲労や緊張などの症状改善を行っている“東洋医療をベースにしたマッサージ治療”が、改めて注目されています。

【 自律神経の疲れ 】

20代を過ぎて、30代ぐらいになると、空調の効いた部屋の中で、筋力をあまり使わないデスクワークをしていても、今まであまり感じなかった疲労やダルサを感じたり、それに伴う不快感や痛みが起きたりします。
中でも、肩こりが一番多く、他にも、前傾姿勢による背中の痛みや、首から肩甲骨にかけての張り感、絶えず気になる腰の痛み、などが多くなっています。
これは、この年代になると、年齢による身体の新陳代謝の低下や、身体の運動機能が弱ってくるだけでなく、仕事へのイライラや欲求不満、社内評価への意識、人間関係のストレスなどによって、体調を維持している自律神経に、多くの負担がかかり続けてしまうからです

 

特に、PCを使った仕事をしていると、いろいろな事を思い浮かべて考えるよりも、同じ思考パターンで、繰り返し、考えたり判断したりする事が圧倒的に多くなります。
これによって、脳の特定の神経回路を、連続して使い続ける為に脳がオーバーヒートして、自律神経の中で緊張を高める“交感神経”の働きが強まり、反対に、心身を休める為に働く“副交感神経”が働かなくなります。
この結果、呼吸・血液循環・体温調節・消化・排泄・生殖・免疫などを無意識のうちに調節して、身体の状態を安定させている自律神経がオーバーワークになると、“疲労サイン”として、「疲れる」、「飽きる」、「眠くなる」などが現れます。

 

言い換えれば、「疲れる」、「飽きる」、「眠くなる」などが現れるのは、脳から自律神経を休ませる為に、「もうこれ以上は、体調を保つ事がムリ、休息が必要!」という、ギブアップのサインです。
以前は、疲労の原因として、「身体の新陳代謝の低下や、身体の運動機能が弱ってくる事などから、老廃物や疲労物質が身体に溜まった為」と言われましたが、最近では、「身体を一定に保っている自律神経がオーバーワークになって、機能が果たせなくなった為」とされています。
しかも、自律神経がオーバーワークになって、心身が張り詰めた状態になり、心身を休める働きが極度に低下すると、身体を休めるだけでは、酷使された自律神経の疲労が解消できなくなるので、仕事を始めると、すぐに心身の疲労や緊張がぶり返すようになります。

【 モチベーションの低下だけでなく、周りに影響も 】

また、自律神経の体調を保つ機能が保てなくなってくると、体調の悪化も起きてきます
例えば、「頭が重い」、「首や肩が凝る」、「腰が痛む」、「身体のダルサ」、「身体に冷えを感じる」などです。
これによって、精神的な安定が失われ、神経が高ぶってくると、「イライラ」してきたり、逆に「憂鬱や不安な気持」になったりして、『不定愁訴』が起き易くなります

 

こうした心身の不調が続いたり、あるいは、強まったりすると、仕事のモチベーションの維持が困難になります。
会社でやるべき仕事を分かっていても、あるいは、「何とか、仕事をやりこなそう!」と思っていても、「気が滅入って、何もしたくない」とか、「意欲が起きない」などが起きてくるからです。
しかも、「気が向かなくても、ヤラなければいけない!」と思っていると、この負担感から、心に更に大きなエネルギーの負担を感じて、かえって、意欲の障害になる事があります。

 

また、精神的に「イライラ」したり、「憂鬱や不安な気持」になっていたりすると、その態度や言葉から、周囲の人も、精神的に不安定になっているのを感じます。
この結果、周りの人に影響を与えて、仕事で話したい事があっても、重要な事を言い出しづらくなったり、後回しにしたりして、仕事に影響が出てしまいます。
更に、「近寄りたくない」と思って、職場の雰囲気が悪くなったり、重苦しいムードになったりしてしまう事もあります。

【 自律神経の働きを保つ対策と、東洋医療 】

このような心身の疲労や、自律神経がオーバーワークになる前の予防や解消の為に、体調を保って、積極的に仕事が取り組めるように、心身のケアの工夫が考えられるようになりました。
この中で、重要視されたのが、自律神経の働きがオーバーワークになる“前”に、身体の中の不要になった老廃物を排除させ、代わりに、新しい酸素や栄養を全身に送り込むようにして、神経の興奮を抑制する事です。
そして、もう一つが、心身がホッとするような“リラックス感”を取り戻して、体調を保てるようにする事です。

この事に注目して、従業員の心身の負担を少しでも軽減し、従業員が健康的で効率的に働けるようにする為に、“社内マッサージ”を取り入れる会社が増えてきました。
『オフィスマッサージ』と呼ばれ、空いている会議室などにベッドやタオルなどの備品を用意して、希望する社員にマッサージを行い、体調管理や健康指導のサポートを行う仕組みです。
これには、平成27年12月から、メンタルヘルスの対策や過重労働対策の為に、従業員50名以上の会社に、1年に1回、従業員のストレスチェックが義務付けられた事が、大きく影響しています。

 

このような社員の体調管理や健康指導のサポートに、東洋医療をベースとしたマッサージ治療が、「病気にはまだなっていないけれども、何となく身体の調子が悪い」といった状態を『未病』と呼んで、手技で体調を整えて健康状態に戻す『未病治』を専門にしてきたので、改めて注目されるようになってきました
東洋医療をベースとしたマッサージ治療によって、身体の柔軟性を回復させて、身体の血行が維持されるようにすると、神経の興奮を鎮める働きもあるので、身体の疲労や緊張を緩和させる回復効果が働き、そして、脳の血流も改善されてくるので、脳の疲労感や緊張感を緩和させる効果があるからです。
また、脳の疲労感や緊張感を緩和させて、リラックス効果が得られると、リフレッシュ効果になるので、仕事の効率UPだけでなく、職場の雰囲気向上にもなります。

【 社内マッサージ(オフィスマッサージ)】

身体の自然回復が追いつかなくなると、身体に疲れや痛みとなって現れてくるので、身体や心が張り詰めた状態になる前に、疲労が気になった段階で、早めに、身体の“血行回復”と“過度の緊張過少”を行うと、疲労の解消効果が大きくなります。
特に、ストレスやイライラ感は、溜まったエネルギーを放出しようとする感情なので、マッサージによって身体や脳の血流が促進されると、脳の疲労感や緊張感を緩和させる効果から、ストレスやイライラ感の解消に有効な対策になります。
この為、15分程度のオフィス内のマッサージでも、タイムリーに筋肉の張りやコリを解消すると、心身がリラックスした感じになるので、“社内マッサージ(オフィスマッサージ)”があると、日頃忙しくて、なかなか心身のケアができない社員の方にとって、有益な福利厚生になります

 

これらの体調の改善や、体調悪化の予防の為に、東洋医療をベースとしたマッサージ治療では、ツボ治療を加える事もあります。
ツボが、神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調があると、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れ、身体に異常が起きている事を知らせてくれるだけでなく、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるからです。
このツボの特徴から、例えば、「何となく身体の調子が悪い」と感じている、身体のコワバリ箇所や血行の悪化箇所を、ツボ反応で調べて、本人が気付きにくい不調箇所の改善を行い、体調の回復を行っています。

 

このような『オフィスマッサージ』によって、
1、質の高い休養(マッサージ)の機会を設ける事によって、仕事のメリハリをつけ、生産性や作業効率のUP。
2、マッサージを受ける時間を設定する事で、社員の時間管理意識を高め、モチベーションの向上が図れる。
その他、福利厚生制度としての満足度の向上や、会社のブランド力のUP、離職率の低下などの効果にもなっています。

 

身体や心が張り詰めた状態になって、自律神経がオーバーワークになると、どんなに高いモチベーションがあっても、どれほど高いビジネススキルがあっても、それらの能力が発揮できなくなります。
当院では、国家資格『あん摩・マッサージ・指圧師』による、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、患者の症状に合わせた治療を行い、心身の健康サポートを行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の硬さや健康管理などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。