ぎっくり腰

腰痛の前兆(だるい、重い、疲れる、張る、こわばる、動かしにくい)

【(症例)痛み・しびれ 】

腰は絶えず体重を支えている上に、上半身と下半身のほぼ中間にあって、どちらの負荷もかかるので、「運動不足」、「腰に負担がかかる姿勢」、「同じ姿勢が続く」、「急な体重増加」、「ストレス」などで、「腰の筋力の低下」、「腰部の血行悪化」、「骨格のゆがみ」などが起きると、思い当たる事が無くても、腰痛を引き起こします。

しかも、「そのうち、回復するだろう…」と思って、そのままにしていると、腰に負荷がかかり続けるので、『慢性腰痛』になって、絶えず腰の奥からジクジクする痛みに悩まされたり、『ぎっくり腰』を起こして、強烈な痛みに襲われたりします。

この為、腰に「だるい」、「重い」、「疲れる」、「張る」、「こわばる」、「動かしにくい」などを感じたら、腰痛が起きる前兆と考えて、腰だけでなく、腰に関係する上半身や下半身の柔軟性の回復や、血行の悪化箇所を改善させて、体調を改善し、腰痛を予防する事が大切です。

【 慢性腰痛 】

~ 腰痛症 ~

腰痛は、病気やケガの症状の中で、男性で1位、女性で2位になるほど、多くの人が悩まされる痛みとなっています。

ところが、原因が特定できるのは15%程度で、残りの85%はレントゲンなどの検査をしても原因が分からないので、多くの人が悩まされる腰痛の診断名は、腰が痛む症状から『腰痛症』になっています。

しかし『腰痛症』の原因はハッキリ分かりませんが、腰は体重を支えながら、身体をひねる、反る、姿勢の保持などをしているので、これらの働きをしているうちに、腰の筋肉に大きな負担がかかった事が、原因と考えられています

~ 腰の、天然のコルセット ~

腰は、身体の動きに合わせて、いろいろな動きをしたり、安定性を保ったりする為に、分厚い筋肉が何層も重なり合って“天然のコルセット”をつくりあげています。

しかし、この“天然のコルセット”は筋肉なので、疲労や緊張などで腰の筋肉に負担が増したり、運動不足や加齢などで腰の筋力が弱まったりすると、筋肉内に血流悪化が起き、これによって、筋肉が活動する為の柔軟性が失われ、コワバリが生じます。

そして、筋肉のコワバリで血流が悪化し、神経が刺激され始めると、「だるい」、「重い」、「疲れ」、「張る」、などの違和感が起きます。

~ 腰の内部の、姿勢を支える筋肉 ~

特に上半身の体重がかかる“骨盤の上側沿い”の筋肉や、“背骨の根本”の腰の筋肉には、上半身の多くの負荷がかかるので、腰痛の前兆となるような、違和感が起き易くなっています。

この為、腰の負荷が増したり続いたりして、腰の筋肉に余裕が無くなってくると、骨盤の少し上側あたりや、背骨から1~2㎝離れた横あたりに、鈍痛を感じ始めたり、「動かしにくい」などの違和感が起きたりします。

これらの鈍痛や違和感は、姿勢を変えたり、湿布を貼ったりする事で、ある程度、和らげる事ができますが、腰の内部の“姿勢を支える筋肉”のコワバリや血流悪化が解消しきれないと、絶えず腰の奥からジクジクする痛みに悩まされる『慢性腰痛』の原因になります。

【 ギックリ腰 】

~ 筋肉のゆとりが、無くなって ~

また、腰の筋肉の“ゆとり”が無くなって、コワバッタ状態になっていると、腰に大きな負荷がかかったり、急な動きをしたりすると、それがキッカケになって、腰に強烈な痛みが、突然起きる事があります。

いわゆる『ギックリ腰』と言われる症状で、診断名では『急性腰痛』と言われ、腰の筋肉が耐えきれなくなって、多数の微細な断裂を起こし、付近の神経を強烈に刺激する為です

更に、お腹の中の横隔膜が過剰に縮んでしまい、声を出せなくなる事もあります。

~ 腰からのアラームサイン ~

ギックリ腰』は、言葉からも、痛みが突然襲ってくるイメージですが、実際には『ギックリ腰』を起こす前に、“アラームサイン”として、腰にニブイ痛みや、懲り、ダルサなどを感じていたり、『ギックリ腰』の不安を感じていたり、しています。

ところが、仕事や家事を優先して、腰の違和感を軽く考えてしまったり、あるいは、腰に痛みや動きの悪化があっても、「年や体力のせいだから」と、腰に異常を感じなくなったりしている事が多くなっています。

この為、腰からの“アラームサイン”があったにもかかわらず、『ギックリ腰』を起こすと、「いきなり、激痛に襲われた!」と思ってしまいます。

~ 早目に筋肉疲労や緊張の解消を ~

『ギックリ腰』を起こした場合は、発症から2~3日後に痛みが和らいだ頃から、少しずつ身体を動かす事が勧められていますが、腰の神経が敏感になって、何気ない動作でも神経を刺激するので、その間、何日間も、痛みに耐え続けるツラサがあります。

しかも、腰だけでなく、腰に続く背中やお尻に、筋肉のコワバリや血行の悪化が起きていたり、あるいは、骨格のゆがみが起きていたりするので、『ギックリ腰』の再発を防ぐ為に、これらの筋肉や靭帯の柔軟性の回復も必要になります。

この為、『ギックリ腰』が治りきるのに、日にちがかかるので、腰に不快な違和感や痛みに気付いたら、早目に腰周辺の筋肉の疲労や緊張を解消させる事が大切です。

【 ストレスによる腰痛 】

~ 血流が悪化するストレス ~

また、あまり気付きませんが、精神的なストレスも、腰痛を引き起こす大きな原因になります。

ストレスが長引くと、血管が収縮して、血流が悪化するので、身体を支えている腰の筋力を低下させたり、柔軟性が失われたりして、さまざまな負荷がかかる腰の“天然のコルセット”の力を弱めるからです

この結果、ストレスが続いたり強まったりすると、腰に、「だるい」、「重い」、「疲れる」、「張る」、「こわばる」、「動かしにくい」などを、感じ易くなります。

~ 腰への不安感が増すと ~

しかも、精神的なストレスが強まると、筋肉のコワバリや血行の悪化で、「腰の違和感や痛みが、チョットした事で起きる」、「いつまでも腰の痛みが続く」、「漠然とした腰の痛みに悩まされる」、「筋肉痛と違った痛みがする」、などが起きます。

更に、不安感やイライラ感が強まると、「腰が張ったような、突っ張り感が続く」、「寝返りを打つ際に、腰に痛みを感じる」、「腰が重い感じや、鈍痛を感じる」、なども生じます。

また、「腰痛を起こすのでは…」という不安感から、いつもと違う、腰をかばう姿勢や動作が多くなったりすると、かえって、腰に痛みが起き易くなったり、痛みを感じ易くなったりします。

~ 身体の冷えや、天気の悪化からも ~

他にも、身体が冷えたり、天気が悪化してきたりすると、「腰に痛みを感じる」という事も生じます。

身体の冷えや天気の悪化が不快に感じられると、身体にとってストレスになってくるので、自律神経が不安定になり、血行を悪化させたり、神経が敏感になったりして、腰に違和感や痛みが生じてくるからです。

この為、冷房の風に直接あたったり、寒暖の差が激しい季節の変わり目になったりすると、体調を保つ自律神経腰痛が不安定になって、腰痛が起き易くなります。

【 当院の、腰痛治療と予防 】

~ 腰痛症の大きな原因 ~

『腰痛症』は、「筋力の低下」、「血行不良」、「骨格のゆがみ」が、大きな原因になっているので、『腰痛症』の予防や改善には、昔から疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来の痛み解消を行っている、東洋医療をベースにしたマッサージ治療が適しています

腰や腰周辺のコワバッタ筋肉をマッサージ治療でほぐし、患部の血行を回復させると、筋肉の疲労や緊張が解消されて、過敏になっていた神経が回復してくるので、腰の違和感や痛みが減少し、身体が動き易くなるからです。

このような効果から、当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、「筋力の低下」、「血行不良」、「骨格のゆがみ」などを改善し、『腰痛症』の予防と治療を行っています。

~ 身体全体の筋肉も含めて ~

また、当院では、腰の違和感や痛みの改善だけでなく、身体全体の筋肉の状態も含めて、確認し、疲労と緊張の解消を行っています。

『腰痛症』は、運動不足、体調、毎日の生活習慣なども大きく影響しているので、身体の筋肉の柔軟性を回復させて、血行を促す事で、神経の過敏状態を回復させて、リラックス感を取り戻す事が必要になるからです。

特に、お尻は、「身体を真っすぐに立たせる」という大きな役割に加えて、歩く際に股関節にかかる衝撃を吸収する役割もあるので、お尻の筋肉がコワバッテいたり、弱っていたりすると、うまく衝撃を吸収することができず、腰に衝撃が伝わって、腰痛の原因につながり易くなるので、お尻の疲労と緊張の解消が重要になります。

~ ツボ反応 ~

これらの治療に、当院では、体調の変化時に現れるツボ反応を利用して、背中、骨盤周辺、股関節の筋肉状態のチェックを行い、それらのコワバリ箇所の解消や、悪化している血行箇所の改善、関節の動きの改善を行っています。

これは、ツボが、神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調があると、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れ、身体に異常が起きている事を知らせてくれるだけでなく、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるからです。

しかも、マッサージの治療にツボ治療を加えて、行っているので、抵抗感や、身体が緊張する事が無く、施術が受けられます。

~ 早めに、痛みや不調の解消と予防を ~

「腰は身体の“要(かなめ)”」と言われるように、上半身を支え、また、下半身から伝わる衝撃を受け止める役割をしているので、腰に今までに無かった、不快な違和感や痛みに気付いたら、腰痛の前兆として、早目に腰周辺の筋肉の疲労や緊張を解消させる事が大切です。

当院は、腰痛の予防や解消に、体調の変化が起こった時に現れるツボ反応を利用して、腰の「筋力の低下」、「血行不良」、「骨格のゆがみ」などを回復させ、体調の改善を行っています。

マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

ぎっくり腰の早期回復と、予兆を利用した予防

【(症例)痛み・しびれ 】

ぎっくり腰は、予想もしない時に、突然発症するように思われますが、実際は、ぎっくり腰を起こす前に、腰の筋肉や靭帯(じんたい)が疲労や緊張でコワバッタ状態になっているので、「腰が何となくイヤ~な感じ」といった、予兆がしています。

このような状態の時に、チョッとした動作がキッカケになって、弱っている腰の筋肉や靭帯の許容限度を超してしまうと、耐え切れなくなった筋肉や靭帯に多数の微細な断裂が生じて、激しく神経を刺激し、ぎっくり腰を起こしてしまいます。

この為、「腰に疲れや重ダルサが起きている」、「加齢や運動不足で腰の筋肉が弱っている」、「座っている事が多くて腰がコワバッテイル」などに気付いたら、腰からのアラームサインと考えて、腰の不調箇所を調べて回復させておく事が大切です。

【 ぎっくり腰を起こしたら 】

≪ まずは、安静に ≫

運悪く、ぎっくり腰を起こすと、いきなり“グキッ”という衝撃と共に、強烈な痛みに襲われ、腰を曲げる事も伸ばす事もできなくなり、声も出せなくなります。
これは、腰の筋肉や靭帯が、突然大きな負荷を受けた為に、反射的に身体の防御作用で、腰の筋肉が一挙に収縮し、神経が激しく刺激された為です。
しかも、神経の異常興奮が続いて、腰の筋肉の強い収縮(痙攣発作)が繰り返されるので、腰が曲がったまま動かす事ができなくなり、お腹の横隔膜もコワバッテ、声が出なくなります。

 

また、腰の筋肉や靭帯が一挙に収縮した為に、腰を支えていた筋肉や靭帯に、“肉離れ”のような、微細な断裂や細かな傷が無数にできてしまいます。
このような時に、身体を動かすと、傷口を更に増やしたり、止まりかけた血が再び出血したりするので、痛みを余計に大きくさせてしまいます。
この為、ぎっくり腰を起こした直後は、まずは、傷口を増やさないように、痛みの少ない姿勢で安静を保ち、激痛が治まってくるのを待つ事が大切です

 

例えば、腰の筋肉に、姿勢や体重の負荷がかからないように横になり、腰を曲げて、できるだけ楽な姿勢をとります。
そして、痛みを起こしている神経の刺激を減らす為に、腰の痛い方を上にして横になり、身体を動かさないようにします。
ぎっくり腰を起こした直後の対処は、腰の激痛が引いてくるまで、このような姿勢で、無理をしないで、ジッと安静にしている事が必要です。

≪ 当院の、ぎっくり腰の回復治療 ≫

腰の痛みが気になって、身体を動かさないようにしていると、これによって筋肉の働きや血行の低下が続いて、痛みの原因である炎症物質の排出が進まなくなるので、かえって回復しづらくなります。
例えば、腰の痛みをいつまでも感じたり、「腰がだるい」、「腰が重い」などの不快感が起きたり、痛みで筋肉がコワバッテ、腰が伸びなくなったりします。
この為、ゆっくり、ゆっくりとスローモーションにして、腰の痛みに警戒しながら、少しずつ動ける範囲で動かしていく事が必要です。

 

しかし、多少の痛みを我慢して、ある程度、身体を動かせるようになっても、この時期は、まだ身体の回復力が追いつかない状態です
例えば、身体を動かしていくと、「ぎっくり腰の痛みが再発しそう…」とか、「背中や腰が固まっていて、腰に響く」、という感じがします。
これは、まだ身体の回復力が追いつかない乗状態なので、腰と腰周辺の筋肉の緊張が続いて固くなっていたり、腰の関節に微妙なズレやアンバランスがあって動きづらくなっていたり、腰の血行不良から違和感が生じたり、思わぬところに力が入ったり、するからです。

 

この為、当院は、無理に動かなければ、鋭い痛みが走らなくなった頃や、あるいは、安静にしていると、我慢できる程度の鈍痛になった頃から、ぎっくり腰の回復の為の治療を行っています。
痛みを和らげ、早く普段の生活に戻れるようにする事を目的にして、当院では、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、①血行やリンパの流れの改善、②筋肉の弾力性や柔軟性の回復を行い、③腰の神経の興奮を鎮めるケアを行っています。
施術は、患者の腰の負荷を少なくして、痛みや違和感が出ないように、腰を曲げて横向きに寝た姿勢で行っているので、ぎっくり腰の患者にとって安心した状態で、ぎっくり腰の回復治療が受けられます。

【 ぎっくり腰の、予兆を利用した予防 】

≪ 腰の何となく、イヤ~な感じ ≫

当院では、ぎっくり腰の回復治療と共に、予兆を利用した予防治療を行っています。
これは、ぎっくり腰のイメージとして、いきなり「グキッ!」という衝撃と共に、強烈な腰痛に襲われるのをイメージしますが、しかし実際には、腰に何の前ぶれも無く、「イキナリ、ぎっくり腰!」という、“青天の霹靂タイプ”は、ほとんどないからです。
ぎっくり腰を起こす前に、多くの場合、身体が疲れていたり、緊張したままジッとした姿勢が続いていたり、腰の筋肉が弱っていたりして、腰の筋肉に負荷が積み重なっているからです。

 

この為、ぎっくり腰の“予兆(前ぶれ)”として、「腰が、何となくイヤ~な感じ」がするのを感じている事が多く、このような“予兆”で、よくあるのが次の通りです。
①腰部の疲労感   
 腰が張っている感じ、長時間座っていて腰がツライ、腰が重く感じる、腰が抜けそうな感じがする
②背中やお尻の違和感
 背中のコワバリ感、脚の疲労感、ふくらはぎがつる(こむら返り)、股関節やお尻の痛みやしびれ、足の冷え
③腰まわりの衰え  
 腰回りのダルサや重い感じ、歩くと疲れを感じて残る、朝起きると腰が痛む、雨の日の腰の鈍痛

 

これらの“予兆”が起きてくるのは、『腰の柔軟性の低下』によって、腰の筋肉の“自然な伸び縮み”ができなくなった為です
これによって腰の筋肉内の血行が悪化し、必要な酸素料が不足して、老廃物が排出されづらくなるので、コワバリ感と共に不快感が起きてきます。
しかも、腰の神経が敏感になるので、チョッとした動作がキッカケになって、筋肉を異常に収縮させてぎっくり腰を起こしてしまうので、ぎっくり腰の“予兆”に気付いたら、腰の周りの筋肉やじん帯の柔軟性を回復させておく事が大切です。

≪ 繰り返す、ぎっくり腰 ≫

また、ぎっくり腰の特徴として、一度起こすと繰り返すと言われています
実際、一度ぎっくり腰を起こすと、4分の1の人が、1年以内に再発しているという報告があります。
これは、ぎっくり腰を繰り返すのは、身体がぎっくり腰を起こし易くなっているからです。

 

例えば、デスクワークを毎日続けていると、背中の筋肉がコワバリ、座り続ける為に腰に疲労が溜まってくるので、ぎっくり腰を起こし易くなります。
また、加齢や運動不足は、筋力を弱めるので、年齢が上がるほど、腰痛やぎっくり腰のリスクが高まります。
更に、心理的なストレスが続いていると、身体の血行が低下し、それによって、身体を支える腰の筋肉がコワバッテくるので、やはり、ぎっくり腰を起こし易くなります。

 

この為、ぎっくり腰を再発させない為に、「座り続ける時間を減らして座り姿勢をよくする」、「身体を温めて腰の筋肉疲労の軽減する」、「普段から姿勢・動きに気をつける」、などが紹介されています。
しかし、ぎっくり腰を起こす原因は、身体が疲れていたり、緊張したままジッとした姿勢が続いたり、運動不足や加齢で腰の筋肉が弱っていたりした事なので、やはり、腰の筋肉のケアを行っておく事が大切です。
特に、「腰が、何となくイヤ~な感じ」とか、「腰がダルク、動かしにくい」、「腰の違和感や痛み」などに気付いたら、ぎっくり腰の予防対策として、腰の周りの筋肉やじん帯の柔軟性を回復させておく事が必要です。

≪ 当院の、ツボ反応を利用した予防治療 ≫

当院は、ぎっくり腰の予防の為に、東洋医療をベースにしたマッサージ治療にツボ治療を加えて、腰の筋肉のケアを行っています
ツボが、神経や血管が集まっている箇所なので、腰の疲労や緊張で不調が起きると、関係する腰のツボに痛みや硬さとなって現れて、腰に異常が起きている事を知らせてくれるからです。
しかも、反応が現れたツボに適切な刺激を加えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりするので、ぎっくり腰の予防や緩和をするのに効果があります。

 

例えば、「腰に、何となくイヤ~な感じ」という違和感(“予兆”)に気付いた段階で、ぎっくり腰の予防治療を行うと、腰のコワバリが、まだ強まっていない状態なので、比較的短時間に、硬くなっている腰の筋肉や靭帯を和らげる事ができます。
また、東洋医療をベースにしたマッサージ治療なので、無理なく、腰のコワバッタ靭帯や筋肉の緊張を和らげて、血行を改善し、それにより神経の興奮を鎮める事ができます。
これにより、ぎっくり腰を起こす可能性がグッと低くなります。

 

また、当院では、身体の不調時に現れるツボ反応を利用して治療を行っているので、本人が気付いていない、筋肉内の隠れた緊張やシコリの解消も、併せて行っています。
これにより、身体の回復力が追いつかず、疲れ易さや不快感となって現れている「腰のダルサ」、「腰が重い」などを解消させ、腰の動きを改善するようにしています。
更に、背中の筋肉や股関節周辺の筋肉などの、本人では伸ばす事ができないような筋肉も、マッサージ治療で柔軟性を回復させて、腰周辺の筋肉の柔軟性を高めるようにしています。

 

ぎっくり腰は、急性の一時的な腰痛と思われていますが、適切な手当てをせず長引かせてしまうと、腰に疲労や緊張などが積み重なって、慢性的な腰の痛みに悩まされたり、ぎっくり腰が起き易くなったりします。
当院は、患者にとって身体の負担が少なく、安心感のあるマッサージ治療を利用して、ぎっくり腰の予防や回復に、患者の症状に合わせて、圧痛点やシコリなどを確認し、血流改善や緊張の解消を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。