【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)立ち仕事の腰痛

導入文

立ち仕事を、毎日続けていると、「夕方頃になると、腰がウズウズ痛む」、「冷えると腰が重くなる」、「物を持とうとしたら、急に腰に激しい痛みが起きて動けなくなった」、「慢性腰痛になって、最近では脚にシビレが出る」など、腰に様々な症状が出てきます。

しかも、立ち仕事をしていると、人それぞれの、重心の傾きや、姿勢の癖があるので、無意識に、前かがみ姿勢になったり、どちらか一方の脚に体重をかけ続けたりして、気付かないうちに、腰にかかる負荷を強めてしまうので、腰痛対策が難しくなります。

このような疲労や緊張などの慢性化による、筋肉由来の痛みの解消には、疲労箇所やコワバリ箇所だけでなく、周辺部や気付きにくい箇所のケアも必要なので、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で体調を整え、痛みを改善する事が勧められます。

【 立ち仕事から腰痛に 】(図)血行悪化から腰痛に

お店の店頭販売や、接客業、警備の仕事などで、長時間立ったままの仕事をしていると、身体を支える腰に大きな負担がかかり、腰痛が起き易くなります。
これは、腰の筋肉への負担だけでなく、血液の流れが、筋肉の伸縮によって促進されるので、ずうっと立ちっぱなしで、身体を動かす事が少なくなると、脚や腰の筋肉の働きの低下から、血液の流れが悪くなり、筋肉内に新鮮な栄養や酸素の取入れができなくなったり、老廃物の排出が滞ったりしてくるからです
この為、立ち仕事の中でも、歩く事が多い立ち仕事より、ずっと立ちっぱなしの仕事のほうが、脚や腰の筋肉の伸縮が少なくなるので、血行が悪くなり、腰痛が起き易くなります。

 

また、立ち仕事で、腰の疲労や緊張が続くと、腰まわりの筋肉が張り詰めた状態になるので、腰に痛みを起こさなくても、脚や背中にも、ダルサや不快感が起きてきます。
例えば、腰に疲労を感じてくると、「脚や背中が、いつも重い、だるい、疲れる、張る」、「背中が凝り固まって、イヤーな感じ」、「脚が重ダルクテ、動かしづらい」、「腰の凝った感じが、背中にまで響く感じがする」、などを感じます。
しかも、腰の疲労で神経が過敏状態になっているので、チョッと立ったり座ったりするだけでも、背中の神経を刺激してニブイ痛みを感じたり、「ズキズキ」とした痛みを感じたりして、腰に不安を感じるようになります。

 

更に、腰の疲労や緊張で、腰の筋肉がコワバッテくると、脚から心臓に戻る血行を悪化させるので、下半身に冷えが起きるようになり、これによって更に腰痛を悪化させたり、体調の不調を起こしたりします。
これらは、腰の血行悪化によって腰が冷えると、神経が敏感な状態になったり、体調を保てなくなったりするので、腰に痛みが起き易くなったり、胃や腸の働きが乱れたりするからです。
しかも、下半身には全血液量の約7割が集まっているので、下半身に血行悪化が起きると、全身の血液循環も悪化して、それにより、疲労感に悩まされたり、肩こりや背部痛などが強まったり、神経の興奮から眠りづらくなったりします。

【 楽に思える姿勢 】(図)楽に思える姿勢

腰の疲労や緊張が続いて、腰に違和感や痛みが生じると、少しでも腰の疲労や緊張を和らげようと、無意識に、片足に重心をかける「休め」のポーズをとって、体重を身体の左右“どちらか片側”にかけたり、ダランとした猫背気味で立ったりします。
人の身体は完全な左右均等ではなく重心がどちらかに偏っている事や、姿勢に癖がある事などから、ずうっと同じ姿勢を続けていると、腰の疲労感を少なくしようと、楽に感じる側に体重をかけるようになるからです。
このような姿勢をすると、身体を支える腰の筋肉に頼らなくても、姿勢をキープできるので、その分、腰が楽に感じられる利点があります。

 

しかし、実際は、楽に思える姿勢をしていると、前かがみ姿勢になったり、どちらか一方の脚に体重をかけ続けたりするので、特定の腰の筋肉に負荷が増したり、骨盤の左右アンバランス状態が続いたりして、かえって腰全体の負荷が増して、腰痛の原因にもなったり、不快感や痛みが強まったりしてしまいます。
これは、このような姿勢をしていると、骨盤の左右アンバランス状態を維持する為に、筋肉を緊張させて、血行を悪化させてしまうので、次第に疲労物質の排出を低下し、筋肉内に疲労物質が溜まるようになるからです。
この結果、始めは楽に思えても、筋肉内に疲労物質が溜まって、許容限度に近づくと、ピリピリ、ジンジン、チクチクといった痛みが起きてきます。

 

また、楽に思える姿勢は、骨盤のバランスが崩れた状態になるので、腰痛だけでなく、身体がネジレタ状態になって、身体の筋肉が引っ張られ、肩こりや背中の張り、頭痛などの、様々な症状が起き易くなります。
そして、この姿勢は、内臓が圧迫されてくるので、消化器系の不調が起き、胃弱、便秘、下痢、頻尿、などが起きます。
更に、身体を支える腰の働きが弱って、その分、脚に多くの負荷がかかってくるので、脚に疲労感が増したり、脚がむくんできたり、膝の痛みが起きたり、足の裏に痛みを感じたりします。

【 腰の疲労や緊張の解消 】(図)慢性腰痛

腰の疲労や緊張が続いて、下半身全体に不調が現れてくると、毎日の仕事や家事にも、妨げにもなります。
いつも腰が、重い、だるい、疲れる、痛い、張る」と悩むだけでなく、「腰の状態は、大丈夫かな?」と不安にかられたり、脚の踏ん張りを効かせたりする時に、「ギックリ腰を起こすのでは?」と毎回心配になったりするからです。
この為、腰の疲れやダルサを解消するには、腰だけでなく、これらの下半身や上半身の筋肉も、状態をよく確認して、疲労箇所や緊張箇所をチェックして、回復させる事が必要です。

 

特に、腰の痛みを少しでも予防できるように、休憩中はもちろん、ちょっとした仕事の合間に、業務への支障がない程度に、屈伸をしたり身体を伸ばしたりして、こまめにストレッチをして、下半身の血行を良くする事が勧められています。
また、自宅に帰ってからも、仕事中は入念なケアもできないので、就寝前や入浴後などに、ふくらはぎや膝裏のマッサージをしっかり取り入れて、身体の手当をする事も重要になります。
そして更に、身体の疲労物質を効率的に排出させる為に、家でじっと休むだけでなく、疲労時にあえて軽く身体を動かして血流を改善させる、「積極的休養」と呼ばれる運動も大切です。

 

ところが、腰や脚に不調が現れてくると、自分でストレッチやマッサージをしても、筋肉が硬化したり、関節の動きが悪くなったりして、動かしくい状態になっているので、勧められるストレッチうあマッサージが、困難になります
しかも、軽く運動したり、ストレッチをしたりすると、脚や腰のダルサ・不快感・痛みなどから、痛みの神経を刺激してしまうので、行う事が難しくなります。
この為、腰に気になる症状があっても、腰の疲労や緊張の解消が難しいので、「仕方がない」と思ったり、身体が痛みに慣れる事を期待したり、してしまいます。

【 当院の、立ち仕事の腰痛治療 】(写真)当院の腰の治療

当院では、このような腰の症状改善に、東洋医療をベースにしたマッサージ治療に加え、昔から広く利用されているツボ治療を行っています。
これは、腰や脚には、血行を良くするツボや、疲労を回復させる為に、昔から利用されている“健脚のツボ”が、いくつもあるので、立ち仕事で硬直している筋肉の回復治療に、効果を発揮するからです
しかも、ツボ反応が現れる箇所は、身体の異常を知らせるセンサーであり、また、病状を改善する箇所なので、重心の傾きや姿勢の癖などの、本人の気付かない腰の負荷の治療にも、有効な治療法になる為です。

 

この為、当院では、疲労や緊張で崩れかけた身体を、バランスを整え、体調を回復させる為に、ツボを使った腰痛治療を行っています。
例えば、マッサージ治療とツボ刺激を併用して、股関節の柔軟性を回復させると、腰から下に太い動脈や神経が通っているので、下半身の血行が促進される効果や、筋肉の柔軟性回復に、効果があります。
有効なツボを確認して、刺激すると、1回の施術でも、身体がほぐれて、柔らかくなってくるので、身体が回復してくる変化が、実感できます。

 

また、腰痛治療の場合、腰だけでなく、腰が身体の姿勢を支える筋肉と共に働いているので、硬くなった下半身全体の筋肉の疲労や緊張をチェックして、それらを解消し、関節の可動性を回復させ、それと共に、血液の循環を正常にする事が必要です。
特に、立ち仕事による腰痛の場合は、腰だけでなく、他の気付きにくい疲労やコワバリの箇所を確認して、ケアする事が重要です。
この為、当院では、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、腰だけでなく、周辺の血行やリンパの流れを回復させて、筋肉の弾力性や柔軟性を高め、身体の疲労回復と共に、神経の興奮を鎮めて、肩こり・腰痛などの痛みを改善させています。

 

腰は、上半身と下半身を連結して、絶えず身体が動き易いように安定させているので、痛みや不快感がある場合は、しっかりと筋肉の機能回復を行う事が必要です。
当院は、腰や脚に“健脚のツボ”がいくつもあるので、マッサージ治療にツボ治療を加え、筋肉の緊張解消や血行促進を行い、身体のバランスを整え、痛みを解消させる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状のご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】