【(症例)痛み・しびれ 】

立ち仕事による負担や疲労で、腰の筋肉がコワバッテくると、「腰が重ダルイ」、「腰がウズウズと痛む」、「ギックリ腰を起こす予感がする」、「腰痛が慢性化して、脚にシビレが出る」などが起き、そして、身体に不調を起こす原因にもなっていきます。

しかも、腰の疲労感や痛みを緩和させようとして、片足に重心をかける「休め」のポーズをとったり、背中の力を抜いたり、身体をよじった姿勢をしていたりすると、身体を支える腰のバランスが崩れるので、ますます身体のいろいろな箇所に、疲労や痛みが起きるようになります。

この為、立ち仕事の腰痛と身体の疲労対策には、身体の回復力を取り戻す事が重要なので、腰を温めたり湿布したりするよりも、腰を含めて身体の疲労箇所やコワバリ箇所を確認して、それらの箇所の筋肉の柔軟性回復や血行改善を行い、痛みやダルサを引き起こしている神経を鎮めて、体調を改善させる事が必要です。

【 立ち仕事から腰痛や、体調の悪化に 】

店の商品販売や、接客、警備、工場勤務などで、長時間の立ち仕事をしていると、腰に、身体を支える負担がかかり続けるので、痛みやダルサなどが起き易くなります。
腰に痛みやダルサなどが起きるのは、腰の筋肉負担が大きくなっただけでなく、脚や腰の筋肉がコワバッテ血行が悪くなると、筋肉活動に必要な新鮮な栄養や酸素の取入れができなくなったり、不要になった老廃物が排出しづらくなったりするので、付近の神経が刺激される為です
この為、立ち仕事の中でも、いろんな所を移動する立ち仕事よりも、ずっと同じ場所に立って仕事をするほうが、脚や腰の筋肉活動が限られるので、血行が悪くなって、腰痛が起き易くなります。

 

しかも、立ち仕事で、腰の疲労や緊張が続くと、腰だけでなく、腰まわりの筋肉も張り詰めてくるので、脚や背中も疲労感や不快感が起きてきます。
例えば、腰に疲労感や鈍痛(どんつう)が起きてくると、「背中の筋肉もコワバッテ、疲れる」、「脚が重ダルクなって、動かしづらくなる」、「背中に凝りや痛みを感じてくる」、「身体が動かしづらくなる」、などが起きてきます。
この状態が繰り返されてくると、背中の神経が、腰の神経の刺激によって敏感に反応するようになり、チョッと立ったり座ったりするだけでも、腰の疲労や緊張から、背中にニブイ痛みを感じたり、ズキズキとした痛みを感じたりします。

 

更に、腰の筋肉のコワバリが慢性化した状態になると、腰の血管が収縮したままになるので、腰や脚の血行悪化が続いて、腰痛や腰のダルサが慢性化するだけでなく、下半身に冷えが起きたり、下痢や便秘が起き易くなったりします。
腰の血行悪化によって腰が冷えると、腰の神経が敏感になって痛みが起き易くなったり、下腹部の体温が保てなくなって自律神経に乱れが起き、胃や腸の活動に異常が生じたりするからです。
しかも、重力の影響で下半身に全血液量の約7割が集まるので、下半身の血行が悪化すると、全身の血液循環に影響を与えて、血行が悪化し、身体の疲労感やダルサに悩まされたり、肩こりや背部痛などが強まったり、自律神経が興奮してイライラや不安感などが現れ易くなったりします。

【 楽に感じる姿勢 】

立ち仕事で、腰に痛みやダルサなどが起きると、少しでも腰の疲労感や痛みを緩和させようとして、自然と、楽に感じる姿勢をとるようになります。
例えば、片足に重心をかける「休め」のポーズをとったり、背中の力を抜いてダランとした猫背気味で立ったり、疲労感や痛みの少ない方に身体をよじったりします。
このような姿勢をすると、これまでの身体を支える筋肉に頼らなくても、姿勢をキープできるので、その分、腰や身体が楽に感じられます。

 

しかし、実際は、このような楽に感じる姿勢をしていると、後になって、腰の痛みの範囲が拡がったり、痛みや不快感が強まったり、身体のいろいろな箇所に疲労や痛みが起きたりします
これらの姿勢は、どちらか一方の脚に体重をかけ続けたり、背中の力を抜いて身体を曲げていたり、いつもと違った箇所に力が入った状態になったりするので、これによって、身体を支える腰のバランスが崩れて、身体全体の筋肉内の血行が悪化するからです。
この為、始めは楽に感じていても、骨盤のバランスが崩れて血行が悪化し、筋肉内に疲労物質が溜まってくると、次第に、身体のいろいろな所に、ピリピリ、ジンジン、チクチクといった痛みが起きてきます。

 

また、脚も、片寄った体重のかけ方をしていると、体重のかかった脚に大きな負担がかかるので、脚の疲労が強まったり、膝に痛みが起きたり、足裏に痛みが起きたり、脚がむくんできたりします。
更に、このような体重が片寄った姿勢をしていると、身体の筋肉が部分的に力んだり、不自然に引っ張られたりするので、肩こりや頭痛、背部痛や背中のむくみ、背骨と肩甲骨間の痛み、なども起きてきます。
しかも、お腹が腰の痛みやダルサで緊張気味になったり、姿勢の悪化で内臓が圧迫されたりすると、消化器系の不調が起き、胃弱、便秘、下痢、頻尿、などが生じます。

【 腰の疲労や緊張の解消 】

また、腰に不快な違和感や痛みが起きると、「腰の状態は、大丈夫かな?」という不安や、「何かのキッカケで、ギックリ腰を起こすのでは?」という心配にも悩まされます。
しかも、腰の不快な違和感や痛みは、体調にも影響を及ぼすので、仕事や家事にも支障をきたします。
この為、立ち仕事で、「腰に、イヤーな感じがする重い、それに、ダルイ、疲れる、張リを感じる」と気付いたら、早めに回復させて、悪化させない事が大切です

 

このような、立ち仕事による腰の違和感や痛みを緩和させる為に、休憩中や、ちょっとした仕事の合間に、屈伸をしたり身体を伸ばしたりして、こまめにストレッチをして、下半身の血行を保つ事が勧められています。
また、仕事中は入念なケアもできないので、自宅に帰ってから、就寝前や入浴後などに、ふくらはぎや膝裏のマッサージを取り入れて、腰の疲労をシッカリと回復させる事が勧められています。
更に、最近では、家でじっと休むだけでなく、身体の疲労物質を効率的に排出させる為に、疲労時にあえて軽く身体を動かして血流を改善させる、『積極的休養』と呼ばれる運動も積極的に勧められています。

 

しかし、腰や脚に不調が現れていると、かなり筋肉がコワバッテいたり、関節の動きが悪くなって動かしづらい状態になっていたりするので、自分で、腰や脚の疲労を解消するのが、なかなか困難です。
しかも、無理して、腰や脚のストレッチやマッサージなどを行うと、疲労や緊張で敏感になっている神経を刺激して、後になって、脚や腰のダルサ・不快感・痛みなどが増してくる事もあります。
この為、腰に気になる症状があっても、腰の疲労や緊張の解消が難しいので、「仕方がない」と思ったり、身体が痛みに慣れる事を期待したりしてしまいます。

【 当院の、立ち仕事の腰痛治療 】

当院では、このような立ち仕事の腰痛と身体の疲労に対して、東洋医療をベースにしたマッサージ治療にツボ治療を加えて、症状の改善を行っています。
これは、腰や脚には、血行を良くするツボや、あるいは、疲労を回復させる為に昔から利用されている“健脚のツボ”などが、いくつもあるので、立ち仕事でコワバッテいる筋肉の疲労回復にも、効果を発揮するからです
しかも、ツボは、身体に異常が起きている事を知らせたり、病状を改善させたりする特徴があるので、本人の気付かない疲労箇所や緊張箇所を確認したり、これらの箇所の回復も可能になります。

 

例えば、腰から下に太い動脈や神経が通っているので、マッサージ治療とツボ刺激を併用して、股関節の柔軟性を回復させると、下半身の血行が促進されて、筋肉の柔軟性が回復して、過敏になっている神経を鎮める効果があります。
これは、ツボが神経や血管が集まっている箇所なので、反応が強く表れているツボを刺激し、マッサージ治療を行う事によって、自然回復が追いつかなくなっている筋肉や血行を活発化させ、疲れや痛みとなって現れている神経の興奮を鎮めたからです。
この為、有効なツボを確認して、刺激すると、1回の施術でも、身体がほぐれて、柔らかくなってくるので、身体が回復してくる変化が実感できます。

 

また、立ち仕事による腰痛の場合は、腰が身体の姿勢を支える筋肉と共に働いているので、背中や脚などの、気付きにくい疲労やコワバリの箇所を確認して、ケアする事が必要です。
この為、当院では、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、背中や脚などの血行やリンパの流れを回復させて、筋肉の弾力性や柔軟性を高め、肩こり・腰痛などの痛みを改善させています。
立ち仕事の腰痛改善と身体の疲労回復には、身体の状態を確認して回復力を取り戻す事が重要なので、一人一人の体調や症状を重視する東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、身体のコンデショニングをする事が勧められます。

 

腰は、上半身と下半身を連結して、絶えず身体が動き易いように安定させているので、痛みや不快感がある場合は、しっかりと筋肉や血行の回復を行う事が必要です。
当院は、腰や脚に“健脚のツボ”がいくつもあるので、マッサージ治療にツボ治療を加え、筋肉の緊張解消や血行促進を行い、身体のバランスを整え、痛みを解消させる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状のご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。