【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)関節の痛みや、動きの悪化

導入文

日本の気候は、季節によって気候が大きく変化するので、寒くなってくる季節や、天気が悪化して冷えてくると、「寒い」とか「冷たい」という感覚が強く刺激されて、身体に「痛み」を感じる事があります。

よく言われるのが、「寒かったり、冷えたりすると、膝や腰の関節が痛んで、動かすのが辛い」、「梅雨時になると、古傷がシクシク痛む」、「天気が悪くなって、雨や曇りになると、身体の節々(ふしぶし)が痛む」、などです。

特に、身体に不調があると、筋肉の働きが低下して血液の循環が悪くなってくるので、神経が敏感に反応して、このような「痛み」を感じ易くなるので、対策には、筋肉の柔軟性や血行を改善させて、身体の調子を保つ自律神経の働きを維持する事が大切です。

【 寒冷痛(かんれいつう) 】(図)寒冷による痛み

気候が寒くなってきたり、部屋の冷房が強かったりすると、「膝や腰の関節が痛んで、動かすのが辛くなる」という人が、かなりいます。
寒さを感じてくると、血行が悪くなって、関節や筋肉がコワバッテくるので、膝や腰のダルサや鈍痛に悩まされたり、動作時に関節部分に痛みが起きたり、関節がギクシャクした感じになり動きにくくなったり、してくるからです。
このように、寒さで身体が冷えると、身体の節々(ふしぶし)に違和感や痛みが起きたり、関節の動きづらさを感じたりする症状を、『寒冷痛』と言います

 

この症状は、とても冷たい風を顔に受けていると、頬や耳が“痛く”感じたり、氷水に手を入れ続けると、手にシビレを伴った“痛み”を感じたりするのと、同じ現象と言われています。
いつもと違って、「冷たい」という刺激を強く受けると、身体への危険性を知らせる為に、感覚神経が、アラームサインとして「痛い」と言う信号を発する為とされています。
日本は季節によって気候が大きく変化するので、このような“痛み”が、寒さの感受性が強まる秋から冬への季節の変わり目や、急に冷房の風に直接さらされた時などに、多く起きます。

 

また、寒さからの刺激ではなく、気圧が低下して空気が湿ってくると、“痛み”を感じる人もいます。
代表例が“片頭痛持ちの人”で、台風や低気圧が近づくと頭がズキズキと痛むようになりますが、“片頭痛”以外にも、 天候が悪くなってくると、肩こり、膝の痛み、めまい、などが起きたり、あるいは、以前にケガをしたり手術を受けたりしていると、その傷跡(瘢痕)が「ジクジクと痛み出す」という人もいます。
これは、体調を保っている自律神経が、敏感で緊張し易い人の場合には、気圧や湿度が増して体調の維持がうまくいかなくなると、身体の緊張の高まりから血管収縮が起き、それによって痛覚の神経が高ぶって、痛みが生じると言われています。

【 心身の不調から 】(図)不調による痛み

この「寒い」とか「冷たい」という刺激で“痛み”を感じる場合、特に、「ストレスや不安で緊張が増していたり」、「血行が低下していたり」、「関節部分に負荷が大きくなっていたり」していると、“痛み”の感覚が増すようになります。
心身に不調があると、神経が不安定になっているので、少しの刺激でも神経が敏感に反応するようになり、この結果、「痛い」と言うアラームサインを強く発してしまうからです
更に、神経特有の感覚も強まって、「ジンジンする感じ」、「シビレ感がする」、「感覚が無くなった感じ」、「力が入らない」、「動かしづらくなる」、なども現れます。

 

また、心身の不調によって、身体の血液の流れが悪くなっていると、これも、痛みを増すようになります。
血液の流れが悪くなっていると、血液から取り込む酸素が不足して、筋肉がコワバッタ状態になるので、身体を動かそうとした時に、筋肉の瞬発力や持久力の機能がうまく働かなくなって、痛みが起き易くなって、痛みの感覚を大きくさせるからです。
更に、「寒さ」や「冷たさ」を感じていると、自律神経が身体の内部の温度を守る為に、身体の外側の血管を縮めて、血流量の少ない状態になるので、このような時に身体を動かすと、筋肉の負荷が一挙に高まって、痛みが起きるようになります。

 

特に、膝や腰などは、絶えず身体を支えながら、身体を曲げたり伸ばしたりするので、ストレスや心身の不調で血行が悪くなると、身体を支える負担が増して、痛みが起き易くなります。
しかも、「寒さ」や「冷たさ」から、筋肉の血行が悪くなると、筋肉が硬くなって、神経を圧迫して刺激するので、余計に痛みが増すようになります。
この結果、ちょっとした動作でも、痛みが起き易くなるだけでなく、ジッとしていても、膝や腰にコワバリを感じたり、ダルサやウズウズした感じに悩まされたりします。

【 身体を動かす事が少なくなると 】

ストレスや心身の不調だけでなく、加齢や運動不足などで、身体を動かす事が少なくなって、筋肉の働きが低下していると、やはり『寒冷痛』が起き易くなります。
筋肉の働きが低下していると、動作時に痛みが起き易くなるだけでなく、筋肉の血流を促す筋肉ポンプが低下して、血行が悪くなるので、その部分の体温が低下し、痛みの感覚が強く刺激されるからです
この為、椅子から立ち上がったり、急に身体を動かしたりすると、筋肉の働きの低下による痛みに加えて、「寒さ」や「冷たさ」で神経を強く刺激するので、思わず「アイタタッ!」という状態になります。

 

また、運動不足や加齢などで血行が低下してくると、身体の老廃物が排出されづらくなるので、これによっても、神経が刺激されて、ジッとしていても、疼くような痛みを感じるようになります。
例えば、デスクワークを続けている人や、お年寄りなどは、身体を動かす事が少ないので、冬近くになって寒さを感じ始めると、「なんだか腰がジクジクと痛い…」と、悩まされます。
しかも、血行の低下から、老廃物が溜まった状態になるので、運動神経を刺激して、「しびれる」、「つっぱる」、「だるくなる」、などが起きてきます。

 

この結果、加齢や運動不足などで、身体を動かす事が少なくなっていると、季節の温度や気圧の変化に順応しづらくなって、ますます『寒冷痛』が起き易くなります。
運動は筋肉を鍛えるだけでなく、自律神経も鍛えるので、身体を動かす事が少なくなって、運動機能が弱ると、体調を保つ自律神経の働きが低下するからです。
この為、普段から、「だるい」、「肩がこる」、「冷える」、「のぼせる」、「疲れやすい」、「食欲がない」、「眠れない」、「イライラする」、「元気が出ない」、などを感じていると、自律神経がオーバーワーク気味となるので、『寒冷痛』が起き易くなります。

【 当院の、寒冷痛の治療 】(写真)当院の関節治療

身体の不調による『寒冷痛』解消には、痛む所を温めて、血行を良くするだけでは、その時だけの痛みの解消に終わってしまうので、やはり、身体の不調を解消させて、自律神経の働きを回復させる事が重要です。
この為、当院では、マッサージ治療に加えて、ツボ治療を使って、気候の寒さや冷房による身体の痛み解消を行っています。
これは、東洋医療が、もともと、身体のバランスを整える事を得意としているので、気候の寒さや冷房による症状の改善に、ツボ治療を加えたマッサージ治療が、効果があるからです

 

特に、膝や腰は、体重の負荷が絶えずかかる場所なので、血行が悪くなったり、筋肉がコワバッタ状態になったりして、『寒冷痛』が起き易い箇所です。
この為、当院では、膝や腰に、身体の異常を知らせる『反応点』を探し、ツボ刺激を併用したマッサージ治療で、筋肉の疲労や緊張を回復させ、痛みを改善し、関節の可動域を広めるようにしています。
ツボが、神経や血管が集まっている箇所なので、身体の異常を知らせる『反応点』であり、病状を改善する『治療点』でもあるので、ツボ反応を利用すると、関節部分の痛みや不快感を改善させたり、動きの悪い関節の可動域を広めたりするのに、直接的な効果があるからです。

 

更に、東洋医療をベースにしたマッサージ治療によって、「血行やリンパの流れを良くする」、「筋肉の弾力性や柔軟性を高める」などと共に、「神経の興奮を抑制する」ことで、痛みを改善するようにしています。
これによって身体の不快感が解消されてくると、下半身全体の筋肉の瞬発力や持久力も改善されてくるので、膝や腰の関節の動きもスムーズになり、動作の不安も少なくなって、立ち上がりや座る時などが楽になる効果があります。
特に、関節の痛みや動きの低下だけでなく、体調の不調がある場合は、身体の柔軟性を回復させ、オーバーワーク状態となっていた自律神経の働きを回復させ、体調を整える必要があるので、当院のツボ治療とマッサージ治療を組み合わせた治療法が勧められます。

 

東洋医療をベースにしたマッサージ治療は、昔から、季節の変わり目などで、関節の痛みが起きたり、関節の動きの低下を感じたりした時に、体調の改善に利用されてきました。
当院は、これらの効果を基に、血流改善や神経の機能を回復させ、筋緊張やそれに伴う硬結、不快感、疲労感、及び疼痛を、緩和させる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や不快感の症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】