眠れない

寝ていると、背中や腰の痛みで、眠れない

【(症例)痛み・しびれ 】

江戸時代の読み人知らずで、『世の中に、寝るほど楽は無かりけり』と、「寝ているのは、気持ちがいいし、身体も休まる、最高の娯楽だ…」と詠(うた)っている狂歌があります。

しかし、毎日の疲労や緊張などで背中や腰がコワバッテしまい、血行が悪化すると、神経が刺激されてズキズキ・ジンジンとした痛みが起きてくるので、寝ていると気持ち良いどころか、下側になっている背中や腰が体重で圧迫されて、「痛くて、寝ていられない!」となってしまいます。

このような疲労や緊張などによる痛みは、湿布や張り薬では、痛みを和らげても解消する事ができないので、身体のコワバリ箇所を調べて、悪化している血液やリンパ液の流れを回復させ、神経を刺激する老廃物を排出し、痛みの原因を無くす事が大切です。

【 本来ならば、仰向けが 】

~ 快適に眠れる姿勢 ~

寝ている時に、「身体の負担が少なく、快適に眠れる姿勢」と言われるのが、仰向けの『大の字』姿勢と言われ、イメージ的にも、手足を拡げて寝ている姿勢は、健康的で、気持ちが良さそうに思います。

これは、仰向けになって、手足を広げて『大の字』になって寝ると、体重が身体の広い面で受け止められるので、身体を支える負担が身体全体に分散する為に、身体の筋肉が緩んで、リラックスした状態で寝られるからです。

しかも『大の字』姿勢で寝ると、身体の表面が拡がって体熱が広範囲に放熱されて、身体が自然と休息状態に入るので、眠りに着き易くなる上に、胸や肺が圧迫されないので、呼吸が保たれ、心地良く眠れるメリットがあります。

~ 大の字で寝られる条件 ~

しかし、『大の字』になって、リラックスして気持ちよく寝られるには、“条件”があります

それは、人の身体が、背骨から腰にかけて、前後に、なだらかなS字状の湾曲があるので、仰向けになって寝た時に、下側の背中の出っ張り部分と腰にかかる体重を、柔らかく受け止めて、分散されるように、背中と腰の筋肉の“柔軟性”が保たれている事です。

背中と腰の筋肉の“柔軟性”や“弾力性”があると、『大の字』になって寝た時に、背骨から腰にかけてのS字状の起伏が、ひとりでに伸ばされて、まんべんなく背中と腰の筋肉が布団に接触し、身体全体で体重を受け止められるようになります。

~ 背中や腰などの筋肉がコワバルと ~

しかし、毎日の仕事や家事で、背中や腰を曲げている時間が多かったり、ずうっと同じ姿勢が続いたり、同じ動作や作業を繰り返す事が多かったりすると、背中や腰の筋肉が、どうしてもコワバッタ状態になるので、夜になっても解消しづらくなります。

この状態が、毎日繰り返されて、姿勢を支える背中や腰などの筋肉のコワバリが慢性化し、血行が悪化すると、神経が刺激されてズキズキ・ジンジンとした痛みが起きてきます。

このような状態で仰向けになって『大の字』で寝ると、硬くなっている背中や腰などの“出っ張り部分”に体重がかかってくるので、痛みを発している神経が強く刺激されて、「痛くて、寝ていられない!」となってしまいます。

【 寝る姿勢と痛み 】

~ 仰向け姿勢の痛み ~

背中や腰に、ゴリゴリ感や痛みを感じている時に、仰向けで寝ると、「背中や腰が圧迫されて、ズキズキ痛む」、「首の後ろや背中が、板に張り付けられている感じ」、「背中や腰のコワバリで緊張してしまい、痛くなる」となって、とても寝ていられなくなります。

中でも、肩甲骨の内側は痛みが起き易い箇所なので、仰向けで寝ると肩甲骨が圧迫されて、「ズキズキ」する痛みが強まるようになったり、寝返りをしたりすると、「ピリッ!」と神経が刺激される痛みが起きたりします。

しかも、背中の痛みで、背中の筋肉がコワバルと、胸側の筋肉も緊張してコワバッテくるので、「空気が吸いづらく、息苦しい」となったり、あるいは、背中や胸の痛みや違和感を我慢してジッと寝ているので、「寝ていると、疲労が増す」となったりします。

~ 横向きや、うつ伏せ姿勢の痛み ~

仰向けで寝ていると辛いので、横向き姿勢で寝る事に慣れていない人が横向きになって寝ると、下側の出っ張っている肩や腰によって身体が安定しにくいので、無意識に力が入ったり、リラックスしていられないので、横向きで寝ているのが辛くなったりします。

しかも、下側になった肩や腰に体重がかかるので、痛みに敏感になっている神経が刺激されて、やはり痛みが強く生じます。

この為、仰向けや横向きではなく、うつ伏せになって寝ると、うつ伏せ姿勢に慣れていないと、胸が圧迫されて呼吸がしづらくなったり、腰が反らされる違和感や痛みで苦痛になったりします。

~ 寝る姿勢を変えても ~

この結果、いくら寝る姿勢を変えても、身体にコワバリが生じて痛みを感じる状態になると、ジッと寝ていられなくなります

しかも、ジッと寝ていられなくなると、精神的に緊張してくるので、ますますリラックスできなくなったり、あるいは、寝ている姿勢について神経質になったりして、余計に眠れなくなります。

また、中高年になると、仕事や家庭の責任が増したり、気がかりな事に悩まされたり、睡眠と深い関わりのあるホルモンの分泌量が減少したりするので、それらによって背中や腰のコワバリが増すと、ますます眠りづらくなります。

【 寝返りの制限や、寝違いも 】

~ 寝返りがしづらくなると ~

更に、背中や腰の筋肉がコワバルと、寝返りがしづらくなるので、これも、グッスリとした眠りができなくなる原因になります。

睡眠中は、同じ寝姿が続くので、身体の同じ部分が体重によって圧迫され続けないように、無意識のうちに寝返りを一晩に20回から30回ぐらいして、身体を適度にほぐしていますが、背中や腰にコワバリがあると、上半身の回転がしづらくなったり、痛みが起きたりして、寝返りがスムーズに行えなくなるからです

この結果、寝返りがしづらくなって、身体を適度にほぐす事ができなくなると、十分に睡眠時間をとったつもりでも疲れが残ったり、寝ている時に息苦しく感じたり、血行が悪化して身体に痛みが起きたりします。

~ 睡眠が浅くなったり、寝違いを起こしたり ~

また、眠る時に首の筋肉がコワバッタ状態になっていると、首から脳への血行が悪化して眠りが浅くなったり、首に筋肉の柔軟性が無くなって『寝違い』を起こしたりします。

昔から『借金で首が廻らない』と言うように、ストレスや疲労を感じると、首の筋肉の中で『胸鎖乳突筋』と呼ばれる太い筋が、緊張してコワバル性質がある為です。

この為、「精神的なストレス」、「疲労による筋肉の緊張」などが続いて、首の筋肉がコワバッタまま“寝込んで”しまうと、寝不足のように身体をリセットする働きが落ちたり、寝ている間に肩こりが生じたりします。

~ 身体の柔軟性と血行の回復の重要性 ~

このような身体のコワバリを吸収して、眠り易くなるように、抵抗感が無く・寝心地が良い“枕”とか、身体にフィットし・寝返りし易い“マットレス”などが、紹介されています。

しかし、疲労や緊張で身体がコワバッテいると、身体の神経が敏感になっているので、寝具を換えてみても、『世の中に、寝るほど楽は無かりけり』という、江戸時代の読み人知らずの狂歌通りにはいきせん。

この為、「寝ているのは、気持ちがいいし、身体も休まる、最高の娯楽だ…」という状態にするには、やはり、背中や腰の筋肉の柔軟性を回復させて、悪化している血液やリンパ液の流れを取り戻し、神経を刺激する老廃物を排出して、痛みの原因を無くす事が必要です。

【 当院の、安眠の為のマッサージ 】

~ コワバッテいる筋肉をほぐすと ~

当院は、身体の疲労や緊張を解消させて、リラックスして眠れるように、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、体調の回復や改善を行っています

滞っている血行を回復させて、コワバッテいる筋肉をほぐすと、疲労や緊張で張り詰めている筋肉の柔軟性が回復し、更に、敏感になっている神経を和らげるので、眠り易くなるからです

また、血行が改善し、全身の血液循環がスムーズになるので、眠る時に、身体の表面から体熱が放熱し易くなって、身体が緩んだ感じになり、気持ちが安らいで、身体が休息状態になり、眠りにつき易くなります。

~ 身体のコリや痛み ~

特に、疲労や緊張が増して、身体のコワバリやコリで痛みが生じていると、神経が敏感になって眠りを妨げるので、当院はツボ治療を行って、コリや痛みの解消を行っています。

ツボが、神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調があると、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れ、身体に異常が起きている事を知らせてくれるだけでなく、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるからです。

しかも、コリで痛みが生じる箇所は、東洋医学のツボ(経穴)の位置とほぼ一致しているので、疲労や緊張によって生じたツボの位置を確認して、ツボ治療を行うと、スムーズに緊張がほぐれて、敏感になっている神経の興奮が鎮まります。

~ ツボ治療の効果 ~

当院では、ツボ治療をマッサージ治療の中に組み合わせて行っているので、ツボ治療の抵抗感や緊張感がほとんどありません。

また、マッサージ治療とツボ治療の相互作用によって、効果的に、筋肉の働きや血行が改善されるので、老廃物の排出が進んで神経の興奮が鎮まり、痛みの改善や筋肉のコワバリが解消され易くなります。

特に、「眠りたいのに眠れない」、「グッスリ眠りたいのに眠れない」などで悩んでいる方は、体調を回復させておくコンデショニングが必要なので、ツボ治療を併用したマッサージ治療で、身体の疲労や緊張を解消しておくと効果的です。

~ 眠りにつき易いコンディション作り ~

身体の疲労や緊張が続いて身体がコワバッテくると、神経が敏感な状態になって、コワバリ感が増したり、痛みが起きたりして、夜になってもリラックスできなくなります。

当院は、ツボ治療とマッサージ治療によって、日頃の溜まった疲労や緊張を回復させ、眠りにつき易いコンディション作りを行っています。

マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

眠る事ができない、眠れない、寝つきが悪い

【(症例)身体の不調や、不快感 】

疲労や緊張が続いて、ストレスに感じられてくると、「日中の緊張感が抜けなくて、なかなか眠る事ができない」、「気持ちがイライラして、寝つきが悪い」、「身体は疲れ切っているはずなのに、眠れない」、といった事が起きます。

しかも、なかなか眠れないと、「眠ろうとして、ますます眠れなくなる…」、「いろんな気になる事が思いが浮かんで、眼が冴えてしまう…」などで、余計に眠れなくなるので、「寝ているのが辛くなる」とか、身体がコワバッテ『寝コリ』が生じたりしてきます。

このような“眠りたいのに眠れない”状態の改善には、無意識のうちに身体を力ませたり緊張させたりしている事があるので、身体の疲労箇所や緊張箇所を和らげるだけでなく、身体の緊張を緩和させて、精神的にリラックスできるようにする事が大切です。

【 脳の中の睡眠スイッチ 】

~ 疲れているのに、寝付けない ~

日中の気ぜわしかった仕事が終わって、疲れて家に帰り、「さあ、寝よう!」とベッドに入っても、なかなか寝付けなくて、眠り着くまでに時間がかかったり、夜中に目が覚めて、眠れない時間を過ごしたりする事があります。

このような、眠りたくても、なかなか眠れない状態になると、ジッと横になっているのが苦痛に感じられたり、それによって肩や首、背中などの筋肉がコワバリを感じたりするので、ますます眠りづらくなります。

この結果、朝起きた時に、「寝ていたけれども、気分がスッキリしない」と感じたり、「熟睡感が無い」とか「起きた後にボーッとする」と“寝足りなさ”を感じたりするので、このような状態が毎日続くと、日中の仕事や活動に影響を及ぼしてしまいます。

~ 睡眠スイッチ ~

この、寝付きが悪くなる原因として、多いのが、夜になっても疲労感や緊張感が続いていたり、強まっていたりすると、寝ようとしても、脳の中の“睡眠スイッチ”が入りづらくなる事です

例えば、「以前より疲れが抜けにくくなった」、「何となく身体の調子が悪い」、「最近、神経が敏感になってイライラする」などがあると、それがストレスとなって脳を刺激して、脳が休めなくなるので、夜になっても“睡眠スイッチ”が入りづらくなります。

しかも、「眠れなければ、明日が困る」とか、「とにかく、眠らなければいけない」、という焦りが生じると、眠ろうとする“意気込み”で、ますます覚醒作用が高まるので、“睡眠スイッチ”が入りづらくなります。

~ 不眠症ではなく、寝付きが悪い状態 ~

しかし、眠れない事で悩んでも、『不眠症』と診断されるには診断の基準があります。

『不眠症』の診断基準は、大まかに言うと、「眠ろうとしても、1~2時間以上寝付く事ができないのが、1週間に3回以上、3ヶ月以上続き、これが原因となって、日中に眠気を感じたり、生活に支障が出たりする」と、なっています。

この為、寝付くまでに時間がかかる状態でも、症状がここまで酷くなければ、『不眠症』ではなく、ストレスが溜まって「寝付きが悪い」状態と診断されます。

【 身体のコワバリや血行の悪化から 】

~ 寝落ち ~

このような、「寝付きが悪い」状態とは反対に、暖かい布団に入って包まれているうちに、身体がポカポカとしてきて、知らないうちに、スーッと眠りに落ちてしまった経験が、あると思います。

これは、暖かい布団に入って、ポカポカと気持ちよく感じられてくると、身体の表面の血管が拡がって体温が放熱され易くなるので、体内の温度(深部体温)が下がって、それにより、脳を含んだ全身の“休息状態”が作り出されて、無意識のうちに眠くなるからです。

簡単に言えば、体内の温度(深部体温)が下がると、生命を支えている体内の反応が不活発になってくるので、身体の機能が低下し、気付かないうちに眠りに落ちてしまう、“寝落ち”の状態になる為です。

~ ストレスや疲労感 ~

ところが、仕事や家庭でストレスを抱えたり、生活に不安や疲れを感じていたりすると、夜になっても、脳の活動モードが続いてしまうので、脳を含んだ全身の“休息状態”が作り出せなくなります

この結果、身体に無意識に力が入った状態が続いたり、身体の表面の血管が拡がらなくなって、体温の放熱しづらくなったりするので、スーッと眠りに落ちる作用が働かなくなります。

また、疲労や緊張が身体に溜まって、疲労を強く感じていても、仕事に対する責任や、組織の中の役割を強く感じていると、やはり、脳の活動モードが続いてしまうので、“睡眠スイッチ”が入りづらくなります。

~ 筋肉のコワバリが神経を圧迫刺激 ~

更に、昼間の緊張や疲労で、首から肩、背中、肩甲骨あたりの筋肉が凝り固まってコワバルと、筋肉のコワバリが神経を圧迫して刺激したり、血管を圧迫して血行を悪化させたりするので、それらによる不快感や凝り感で、眠れなくなります。

このような状態になると、「肩に体重がかかると、肩こりが気になって、寝つきが悪くなる」、「首コリや背中の痛みが気になって、ジッと横になっていられない」などが起きて、寝ているのが辛くなります。

しかも、筋肉のコワバリで神経が敏感になって、ジンジン・ズキズキとする痛みを感じる状態になっていると、横になって寝ている時に、背中に上半身の重さがかかると、それによって神経の痛みや違和感が増したり、気になったりしてくるので、余計に眠れなくなります。

【 最高の睡眠は血流で 】

~ 夜はリラックスモードに ~

人の身体は、本来ならば、一日の疲れをリセットする為に、体調を保つ自律神経の働きで、日中は活動モードになっていても、夜はリラックスモードに切り替わるようになっています。

しかし、疲労や緊張でストレスが身体に溜まってくると、筋肉や神経が休まらなくなるので、夜にリラックスモードへうまく切り替える事ができなくなり、グッスリと眠る事ができなくなります。

しかも、身体の緊張状態が抜けずに、筋肉がコワバッタ状態になるので、「眠りたいのに眠れない」と、寝ているのが苦痛になったり、寝ている間に身体の痛みが増したりします。

~ 身体がリラックスした状態に ~

この為、グッスリと眠りにつくには、無意識のうちに眠ってしまう“寝落ち”の状態になるように、眠る前に、心身の疲労や緊張を解いて、身体の血流を良くしておく事が大切です

身体がリラックスした状態にしておくと、身体の表面の血管が拡がって、自然と血流が増すようになるので、『最高の睡眠は、血流で決まる』と言われるように、自然と寝付き易くなるからです。

この為、この効果を狙って、グッスリと眠りに付けるように、「寝る前に、ぬるめのお風呂に入る」、「夕方に軽い運動をする」、「寒い時には、湯たんぽで温める」、「暖かい牛乳を飲んでおく」、などが勧められています。

~ 副交感神経が優位に ~

また、夜に寝ている時間帯は、自律神経の中の、身体をリラックスさせる副交感神経が優位になるように、筋肉の柔軟性と血行を良くしておく事も大切です。

これらによって、身体の血液がスムーズに流れていると、自律神経の負担がそれだけ減少するので、それだけ心身がリラックスにできるからです。

しかも、身体を休める副交感神経が優位になると、血管が緩んで血流が良くなるだけでなく、血圧が低下し、心身がリラックスした穏やかな状態になるので、熟睡間感のある快適な眠りができるようになります。

【 当院の、眠り易くする体調改善 】

~ 東洋医療をベースにしたマッサージ治療 ~

このように、眠りにつく前に、脳と身体が“休息状態”になるように、身体の疲労や緊張を緩和して解消する事が大事ですが、毎日の疲労や緊張で、血流やリンパ液の流れが悪くなると、筋肉が凝り固まった箇所ができて、身体の疲労や緊張の緩和や解消ができなくなり、“睡眠スイッチ”が入りづらくなります。

この為、当院は、「眠る事ができない」、「眠れない」、「寝つきが悪い」などで、睡眠に悩んでいる方に、東洋医療をベースにしたマッサージ治療を行っています。

東洋医療をベースにしたマッサージ治療は、もともと、疲労や緊張などの慢性化による、筋肉由来の凝りや痛みの解消を得意としているので、このような「寝付きが悪い」場合に、筋肉が凝り固まった箇所を調べて確認し、解消させると、それによって身体の柔軟性や血行が回復し、神経の興奮状態が落ち着いてくるので、眠りにつく安眠モードに切り替わり易くなるからです。

~ ツボ治療を加えて ~

当院では、身体の疲労や緊張を取り除いて血行を回復させ、神経の興奮状態を鎮める為に、マッサージ治療にツボ治療を加えています。

これは、ツボの箇所が、神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調があると、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れ、身体に異常が起きている事を知らせてくれるだけでなく、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるからです。

この為、ツボ治療で、体調が改善されるだけでなく、身体を休める副交感神経の働きを高めるので、脳を含んだ全身の“休息状態”が作り出されて、“睡眠スイッチ”が入り易くなります。

~ 呼吸筋の柔軟性回復 ~

また、当院では、眠り易くなる為に、呼吸に関係している首や肩の緊張を解消させて、柔軟性の回復を図るようにしています。

疲労や緊張などでストレスを感じていると、筋肉のコワバリが強まったり、交感神経(興奮を高める神経)の働きが高まったりして、呼吸が浅くなり、深い睡眠に入りづらくなっているからです。

マッサージ治療で、これらの呼吸筋を緩めて、胸が自然に拡がるようにすると、身体がリラックスしてくるだけでなく、それによって血液やリンパがスムーズに全身を巡るようになるので、脳が眠りにつく為の安眠モードに変わって、眠り易い状態になります。

~ 体調の改善やリラックス効果 ~

マッサージ治療は、もともと体調の改善やリラックス効果があるので、その効果によって、安眠モードへの切り替えや、質の良い睡眠をもたらす効果があります。

当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、なかなか解消しづらい凝りや疲労を解消し、心身のリラックスを図って、眠り易くなるように体調の改善を行っています。

マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や、不快感などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。