眠れない

眠る事ができない、眠れない、寝つきが悪い

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)眠る事ができない、眠れない、寝つきが悪い

導入文

疲労や緊張が溜まって、それらがストレスに感じてくると、「日中の緊張感が抜けなくて、なかなか眠る事ができない」、「身体は疲れ切っているはずなのに、眠れない」、「気持ちがイライラして、寝つきが悪い」、といった事が起きてきます。

しかも、眠るまでに時間がかかると、眠ろうとする焦りで、ますます眠れなくなったり、寝つきの悪さで無意識に身体に力が入って、『寝コリ』が起きたりするので、「寝ているのが疲れる…?」、といった事も起きます。

このような“眠りたいのに眠れない”を改善するには、原因になっている身体の疲労や緊張を緩和するだけでなく、無意識のうちに身体を力ませたり緊張させたりしている箇所を調べて、解消させる事も必要です。

【 脳の中の睡眠スイッチ 】(図)脳の中の睡眠スイッチ

日中の気ぜわしかった仕事を終えて、家に帰り、「さあ、寝よう!」とベッドに入っても、寝つきが悪くて、眠りにつくまでに時間がかかったり、グッスリ眠れなかったりする事があります。
しかも、このような状態になると、ジッと横になっているのが苦痛になったり、それによって筋肉が緊張した状態が続いて、肩や首、背中などに『寝コリ』が起きたりするので、ますます眠りづらくなってしまいます。
この結果、朝起きた時に、「寝たのに疲れる…?」と感じたり、「気分がスッキリしない」、「起きた後にボーッとする」、「寝足りない感じ」といった不調感から、その後の昼間の社会生活や活動に影響を及ぼしたりします。

 

この、寝付きが悪くなる原因として、多いのが、疲労や緊張が続いたり強まったりしていると、寝ようとしても、脳の中の“睡眠スイッチ”が入りづらくなる事です
例えば、「最近、何となく身体の調子が悪い」、「わけもなくイライラする」、「以前より疲れが抜けにくくなった」などを感じていると、それがストレスとなって脳が休めなくなるので、“睡眠スイッチ”が入りづらくなります。
しかも、「眠れなければ、明日が困る」とか、「とにかく、眠らなければいけない」、という焦りが生じると、眠ろうとする“意気込み”によって、覚醒作用が高まるので、ますます“睡眠スイッチ”が入りづらくなります。

 

しかし、眠れない事で悩んでいても、『不眠症』と診断されるには診断基準があります。
『不眠症』の診断基準は、大まかに言うと、「眠ろうとしても、1~2時間以上寝付く事ができないのが、1週間に3回以上、3ヶ月以上続き、これが原因となって、日中に眠気を感じたり、生活に支障が出たりする」と、なっています。
この為、寝付くまでに時間がかかる状態であっても、症状がここまで酷くなければ、『不眠症』ではなく、ストレスが溜まって「寝付きが悪い」状態と診断される事になります。

【 身体のコワバリや血行の悪化から 】(図)身体のコワバリや血行の悪化から

このような、寝つきが悪い状態とは反対に、暖かい布団に入って包まれているうちに、身体がポカポカとしてきて、知らないうちに、スーッと眠りに落ちてしまった経験が、あると思います。
これは、暖かい布団に入って、ポカポカと気持ちよく感じられてくると、身体の表面の血管が拡がって体温が放熱されるので、体内の温度(深部体温)が下がり、それによって、脳を含んだ全身の“休息状態”が作り出されて、無意識のうちに眠くなる為と、言われています。
簡単に言えば、体内の温度(深部体温)が下がると、生命を支えている体内の反応が不活発になってくるので、身体の機能が低下し、無意識のうちに眠ってしまう“寝落ち”の状態になる為です。

 

ところが、仕事や家庭でストレスを抱えたり、生活に疲れを感じていたりすると、夜になっても、脳の活動モードが続いて、“休息状態”が作り出せなくなります
この結果、身体に無意識に力が入った状態が続く為に、身体の表面の血管が拡がらなくなって、体温の放熱しづらくなるので、スーッと眠りに落ちる作用が働かなくなります。
また、疲労や緊張が身体に溜まって、「いつもの仕事や家事をするだけでも、疲れる」、「休んでも、なかなか疲れがとれない…」と感じていても、仕事に対する責任や、組織の中の役割を強く感じていると、それによって交感神経が活発化するので、“睡眠スイッチ”が入りづらくなります。

 

更に、昼間の緊張や疲労で、首から肩、背中、肩甲骨あたりの筋肉が凝り固まってコワバルと、筋肉のコワバリが神経を圧迫して刺激するので、それによる不快感や凝り感で、眠れなくなる事もあります。
例えば、「肩に体重がかかると、肩こりが気になって、寝つきが悪くなる」、「首コリや背中の痛みで、どうも頭の位置が定まりにくい」となって、横になっているのが辛くなります。
しかも、筋肉のコワバリ箇所の神経が敏感になって、ジンジン、ズキズキとした痛みを感じると、寝ている時に、上半身の重さが背中にかかると、神経の痛みや違和感が増したり、気がかりになったりするので、眠れなくなります。

【 最高の睡眠は血流で 】(図)最高の睡眠は血流改善によって

人の身体は、日中は活動モードになっていても、一日の疲れをリセットする為に、体調を保つ自律神経の働きで、夜はリラックスモードに切り替わるようになっています。
しかし、疲労や緊張でストレスが身体に溜まってくると、筋肉や神経が休まらなくなるので、夜にリラックスモードへうまく切り替える事ができなくなり、グッスリと眠る事ができなくなります。
しかも、身体の緊張状態が抜けずに、筋肉がコワバッタ状態になるので、「眠りたいのに眠れない」と、寝ているのが苦痛になったり、寝ている間に身体の痛みが増したりします。

 

この為、眠りにつく為には、無意識のうちに眠ってしまう“寝落ち”の状態になるように、心身の疲労や緊張を解いて、身体の血流を良くしておく事が大切です。
身体がリラックスした状態にしておくと、身体の表面の血管が拡がって、自然と血流が増すようになるので、『最高の睡眠は、血流で決まる』と言われるように、自然と寝付き易くなるからです
この為、この効果を狙って、「寝る前に、ぬるめのお風呂に入る」、「夕方に軽い運動をする」、「寒い時には、湯たんぽで温める」、「暖かい牛乳を飲んでおく」、などが勧められています。

 

また、夜に寝ている時間帯は、自律神経の中の、身体をリラックスさせる副交感神経が優位になるように、筋肉の柔軟性と血行を良くしておく事も大切です。
これらによって、身体の血液がスムーズに流れていると、自律神経の負担がそれだけ減少するので、それだけ心身がリラックスにできるからです。
しかも、副交感神経が優位になると、血管が緩んで血圧が低下し、心身がリラックスした穏やかな状態になるので、快適な睡眠ができるようになります。

【 当院の、眠り易くする体調改善の治療 】(写真)当院の、眠り易くする治療

このように、眠りにつく前に脳と身体が“休息状態”になるように、身体の疲労や緊張を緩和して解消する事が大事ですが、毎日の疲労や緊張で、血流やリンパ液の流れが悪くなっていると、筋肉が凝り固まった箇所ができて、身体を力ませたり緊張させたりして、“睡眠スイッチ”が入りづらくなります。
この為、当院は、「眠る事ができない」、「眠れない」、「寝つきが悪い」などで、睡眠に悩んでいる方に、東洋医療をベースにしたマッサージ治療を行っています。
筋肉が凝り固まった箇所を調べて確認し、解消させると、それによって身体の柔軟性や血行が回復して、神経の興奮状態が落ち着いてくるので、眠りにつく為の安眠モードへ切り替わり易くなるからです

 

このような治療の為に、当院ではツボ治療を併用し、身体の疲労や緊張を取り除いて血行を回復させ、神経の興奮状態を鎮めるようにしています。
ツボの箇所が、神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調があると、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れ、身体に異常が起きている事を知らせてくれるだけでなく、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるからです。
この結果、ツボ治療によって、体調が改善されるだけでなく、身体を休める副交感神経の働きを高めるので、脳を含んだ全身の“休息状態”が作り出されて、“睡眠スイッチ”が入り易くなります。

 

また、当院では、眠り易くなる為に、呼吸に関係している首や肩の緊張を解消させ、柔軟性の回復を図るようにしています。
疲労や緊張などでストレスを感じていると、筋肉のコワバリが強まったり、交感神経(興奮を高める神経)の働きが高まったりして、呼吸が浅くなり、深い睡眠に入りづらくなっているからです。
マッサージ治療で、これらの呼吸筋を緩めて、胸が自然に拡がるようにすると、身体がリラックスしてくるだけでなく、それによって血液やリンパがスムーズに全身を巡るようになるので、脳が眠りにつく為の安眠モードに変わって、眠りに適した状態になります。

 

マッサージ治療は、もともと体調の改善やリラックス効果があるので、その効果によって、安眠モードへの切り替えや、質の良い睡眠をもたらす効果もあります。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、凝りや疲労を解消させ、心身のリラックスを図り、眠りにつき易くする体調の改善を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や、不快感などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

寝ていると、背中や腰の痛みで、眠れない

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)背部痛や腰痛による不眠

導入文

江戸時代の読み人知らずの狂歌に、『世の中に、寝るほど楽は無かりけり』という歌があり、「寝ているのは、気持ちがいいし、身体も休まる、最高の娯楽だ…」と、言っています。

しかし、日頃の疲労や緊張などで、背中や腰がコワバッテ、血行が悪化すると、神経が敏感になって、寝た時に背中や腰が体重で圧迫されて痛み出すので、気持ちが良いどころか、「痛くて、寝ていられない!」となってしまいます。

このような疲労や緊張などによる痛みは、湿布や張り薬では、痛みを和らげても治す事ができないので、滞っている血液やリンパ液の流れを回復させて、神経を刺激する老廃物を押し流し、痛みの原因を無くす事が大切です。

【 本来ならば、仰向けが 】(図)寝姿で、仰向けの大の字姿勢

寝ている時に、「身体の負担が少なく、快適に眠れる」として勧められているのが、仰向けになって、手足を伸ばして寝る『大の字』の姿勢で、イメージ的にも、健康的で、気持ちが良さそうな眠りを想像します
仰向けになって、手足を広げて『大の字』になって寝ると、身体の広い面で体重を受け止めるので、身体を支える力が分散して、筋肉が緩んだ状態が保たれ、これによって、神経を圧迫したり、血行を妨げたりしないで、身体に負担の少ない寝方ができるからです。
また、仰向けの『大の字』姿勢で寝ると、身体の表面が拡がって、広範囲に体熱が放熱されるので、眠りに入り易くなる上に、胸や肺を圧迫する事が無いので、呼吸が保たれ、心地良く眠れる利点もあります。

 

しかし、『大の字』になって、リラックスして、気持ちよく寝られるには、“条件”があります。
それは、人の身体は、背骨から腰にかけて、前後になだらかなS字状を描いているので、仰向けになって寝た時に、背中の出っ張り部分と、腰にかかる体重を、無理なく、自然に分散されるように、身体に“柔軟性”がある事です。
『大の字』になって寝た時に、この背骨から腰にかけてのS字状が、自然に伸ばされ、まんべんなく布団に接触させられるように、身体の“柔軟性”が保たれている事が“条件”になります。

 

しかし実際には、毎日の仕事や家庭で、同じ姿勢がずうっと続いたり、同じ動作や作業を繰り返したり、背中や腰を曲げている時間が多かったりするので、どうしても、姿勢を維持する筋肉に力が入った状態になります。
この姿勢を維持する筋肉に力が入った状態が、毎日、繰り返されると、姿勢を支える背中や腰などの筋肉が、硬く緊張してコワバッテくるので、血行の悪化から神経が刺激され、痛みが起き易くなります。
この結果、背中や腰などの筋肉のコワバリ酷くなると、仰向けになって『大の字』で寝た時に、背中や腰などのコワバッタ“出っ張り部分”に体重がかかって圧迫され、敏感になっている神経を刺激して、「痛くて、寝ていられない!」となってしまいます。

【 横向き、うつ伏せ 】(図)横向きの、寝る姿勢

睡眠は、疲労を回復させたり、ストレスを解消させたりして、身体をリセットする働きをしますが、背中や腰がコワバリが強まると、「背中や腰がズキズキ痛む」、「首の後ろや背中が、板に張り付けられている感じ」、「背中や腰が緊張してしまい、痛くなる」となって、眠れなくなってしまいます。
中でも、肩甲骨の内側は痛みが起き易いので、仰向けで寝ると肩甲骨が圧迫されて、ズキズキとする痛みが強まったり、寝返りをしたりすると、「ピリッ!」と神経が刺激されたような痛みが起きたりします。
更に、背中の筋肉がコワバルと、胸側の筋肉もコワバルので、「空気が吸いづらく、息苦しい」と感じたり、あるいは、痛みや違和感を我慢してジッと寝ている為に、「寝ていると、疲労が増す」となったりします。

 

仰向けの姿勢で寝ていると辛いので、横向きになって寝ると、下側の身体の凸凹の差が大きくなって、出っ張った肩や腰に集中的に体重がかかるので、痛みが強まります。
しかも、普段、横向き姿勢で寝る事に慣れていないと、下側の出っ張っている肩や腰によって身体が安定しにくいので、無意識に力が入って、身体を休める事ができなくなり、余計、辛くなります。
この為、仰向けや横向きではなく、うつ伏になって寝ると、今度は、胸が圧迫されて呼吸がしづらくなったり、腰が伸ばされる為に、腰に痛みや違和感のあると苦痛になったりします。

 

このように、いくら寝る姿勢を変えても、身体にコワバリが生じて痛みが起き易くなっていると、ジッと寝ていられなくなります。
そして、ジッと寝ていられなくなると、精神的な緊張も引き起こすので、ますますリラックスできなくなったり、あるいは、寝ている姿勢について神経質になったりして、余計に眠れなくなります。
年齢を重ねると共に、睡眠と深い関わりのあるホルモンの分泌量が減る事が明らかになっているので、中高年以降になって、背中や腰のコワバリが増すと、眠る姿勢を換えても眠りづらくなります。

【 寝返りの制限や、寝違いも 】(図)寝返り

背中や腰の筋肉のコワバリは、ジッと寝ていられなくなるだけでなく、寝返りがしづらくなるので、これによっても、安定した眠りができなくなります
睡眠中は、同じ寝姿が続くので、身体の同じ部分が、体重によって圧迫され続けないように、無意識に寝返りを、一晩に20回から30回ぐらいして、身体の負担を和らげ、血行が滞る事を防いでいますが、背中や腰にコワバリがあると、寝返りが、スムーズに行えなくなるからです。
この結果、寝返りが制限されると、身動きができなくなって苦しくなったり、上半身の緊張で息苦しくなったりする上に、血行の滞りによって、起きた時に、疲労感が残ったり、身体に痛みが起きたりします。

 

また、自分で気付きにくいですが、眠る時に首の筋肉がコワバッタ状態になっていると、脳への血行が悪化して睡眠が不充分になったり、首に負担がかかり続けて、靭帯や筋肉を傷めて『寝違い』を起こしたりします。
特に、「慢性的な寝不足」、「精神的なストレス」、「疲労による筋肉の緊張」などが続いて、首の筋肉が緊張した場合です。
通常ならば、寝ている時に首に負担がかかってくると、無意識に寝返りを打って、首に負担がかからない姿勢に変わりますが、「慢性的な寝不足」、「精神的なストレス」、「疲労による筋肉の緊張」などで“寝込んで”しまうと、それができなくなるからです。

 

このような解決法として、身体にフィットして、寝返りが行い易い“マットレス”とか、寝心地が良く、抵抗感の無い“枕”が、紹介されています。
しかし、身体がコワバッテいると、身体の神経が敏感になっているので、寝具を換えてみても、『世の中に、寝るほど楽は無かりけり』という状態にはなりません。
原因の多くがが『疲労や緊張などの慢性化による、筋肉由来の痛み』なので、やはり、背中や腰の筋肉の柔軟性と血行を回復させる事が大切です。

【 当院の、安眠の為のマッサージ 】(写真)当院の、背部痛と腰痛の治療

当院は、このような「寝ていると、背中や腰の痛みで眠れない」という状態に、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、身体の疲労や緊張を解消させて、リラックスして眠れるように、体調の改善を行っています
滞っている血行を回復させて、コワバッテいる筋肉をほぐすと、疲労や緊張で張り詰めている筋肉や神経を和らげるので、痛みが無くなって、眠り易くなるからです。
また、血行が改善して、全身の血液循環がスムーズになると、眠る時に、身体の表面から体熱が放熱し易くなって、身体が緩んだ感じになるので、気持ちが安らぎ、眠り易くなります。

 

更に、疲労や緊張が高まって、身体にコリや痛みが生じていると、眠りを妨げてしまうので、当院では、昔から利用されているツボ治療を行って、コリや痛みの解消を行っています。
ツボが、神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調があると、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れ、身体に異常が起きている事を知らせてくれるだけでなく、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるからです。
この効果から、疲労や緊張によって生じたツボの位置を確認して、ツボ治療を行うと、神経や血管が集まっている箇所なので、緊張がほぐれて神経の興奮が鎮まり、身体がリラックスして、安眠し易くなります。

 

当院では、マッサージ治療とツボ治療を、組み合わせて行っているので、ツボ治療の抵抗感や緊張感がほとんどありません。
また、相互作用によって、効果的に、筋肉の働きや血行が改善されるので、老廃物の排出が進んで神経の興奮が鎮まり、痛みの改善や筋肉のコワバリが解消され易くなります。
眠る為には、眠る前に、疲労や緊張を解消し、体調を回復させておく事が重要なので、「眠りたいのに眠れない」、「グッスリ眠りたいのに眠れない」などで悩んでいる方は、ツボ治療を併用したマッサージ治療を、是非、お試し下さい。

 

毎日の仕事で、同じ姿勢の作業や、同じ動きの作業、不自然な姿勢などが多くなると、身体にコワバリが生じ、夜になっても、リラックスできなくなります。
当院は、ツボ治療とマッサージ治療によって、日頃の溜まった疲労や緊張を回復させ、眠りにつき易いコンディション調整を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】