【(症例)こり・しこり 】
(写真)首の疲労や緊張

導入文

デスクワークで、細かい文字を読んだり、パソコン画面を見ていたりしていると、ツイ、前のめり姿勢になってしまうので、首の筋肉の緊張や疲労が大きくなって、首の後や横にズキズキと疼くような痛みが起きてくる事があります。

この状態が続いて首の血行が悪化すると、神経が過敏な状態になってくるので、いつも首からズキズキと疼くような痛みがしてくるだけでなく、それによって肩や背中の神経が刺激されるので、肩や背中に痛みが起きるようになったり、痛みが大きくなったりします。

しかも、首の筋肉がコワバッテくると、首は血管と神経の通り道になっているので、首の血行の悪化や神経に支障を起こして、「身体がだるい」、「圧迫されるような疲れを感じる」、「イライラする」、などの不快感が起きる原因にもなります。

【 首の緊張や疲労から、喉の違和感に 】(図)首の緊張や疲労と喉の違和感

PCを使ってデスクワークをしていると、いつの間にか、パソコン画面をのぞき込むような姿勢になるので、頭を支えている首の後ろや横の筋肉に、緊張や疲労が大きくなって、筋肉がコワバッテくるようになります
しかも、休憩時間も、スマホを利用する為に、 前傾姿勢になって頭を前に出していたり、身体を休めるつもりで猫背姿勢になっていたりすると、首の疲労や緊張が解消されないままになってしまいます。
この結果、首の筋肉のコワバリや血行悪化が、毎日続くと、「首や肩の疲労感が強まって、じっとしていても、首まわりに凝りや痛みを感じる」とか、「首の後や横に、ズキズキと疼くような痛みがする」などの不快感に悩まされたり、「首が廻しにくい」、「首を動かすと、ゴリゴリとか、コキッといった音がする」など、首の関節が気になったりします。

 

また、首の負荷をジワジワと強めるものとして、「精神的なストレスや緊張」や、「冷房による影響」、などによる影響もあります。
昔から「借金で、首が回らない」と言われるように、精神的なストレスや緊張を感じると、首の周りの筋肉が無意識のうちに緊張してコワバッテくるので、仕事で「精神的なストレスや緊張」を感じていると、やはり同じように、首の筋肉がコワバッテ、これによって血行の悪化も起きてくる為です。
また、冷房の効いたオフィスで仕事をしていると、デスクワークをするのに快適に感じられますが、首が冷房の影響を受けて、知らず知らずのうちに血行が低下するので、お昼近くになると、首や肩がダルク感じたり、疲れ易くなったり、するようになります。

 

このような状態になると、首のコワバリや、それに伴う疲労感や痛みだけでなく、“喉”の違和感に気付かされる事があります。
これは、頭を前に突き出すような姿勢を続けていると、首の筋肉の緊張が強まる為に、喉を締め付けられるように感じてくるので、「喉に何かつかえている感じ」とか、「喉の圧迫感」、「息苦しさを感じる」、などの違和感が起きてくるからです。
特に、頭を前に突き出す姿勢からストレートネック状態になると、首の付け根の緊張が大きくなるので、喉付近の筋肉のコワバリが強まり、喉が詰まったような、“喉の異物感”や“不快感”を強く感じるようになります。

【 頭痛から身体の不調、顔疲れを 】(図)頭痛、疲労感、顔疲れ

このような首の痛みや違和感が続いたり強まったりすると、「頭痛(緊張型頭痛)」や「頭が重い」が、起き易くなります。
首の筋肉内の血行悪化によって、首の筋肉にとって必要な酸素や栄養が不足したり、不要な老廃物が排出しづらくなったりして、首から後頭部の神経を刺激し、痛みを引き起こすからです。
しかも、首の神経が過敏な状態になってくると、少しの疲労や緊張でも、すぐに神経が反応して、痛みが起きてくるので、慢性的な頭痛や頭重感に悩まされます。

 

更に、頭痛や頭重感などが起き易くなってくると、体調を保っている自律神経がオーバーワークの状態になるので、身体にさまざまな不調が起きるようになります
また、首の筋肉のコワバリによって、首を通っている自律神経が圧迫されているので、これによっても、血圧、脈拍、呼吸、消化などの働きに影響を受けて、身体の不調を感じ易くなります。
この為、「疲労感が増して、何となくダルイ…」とか、「チョッとした事で、身体が疲れる」、「休日にゆっくりと休んでも疲れが残る…」と悩まされたり、「集中力が続かない」、「気分がふさぐ」、「イライラ」、などにも悩まされたりします。

 

このような状態になると、顔にも影響が現れて、顔の活気が無くなったり、顔がむくんだりします。
首の疲労や緊張が続くと、顔の血行やリンパ液の流れが悪くなる上に、首のコワバリで首の前側や鎖骨付近のリンパ管が詰まってくるので、頭や顔からのリンパ液が顔の皮下に溜まってしまうからです。
この結果、顔が疲れたように見えるだけでなく、リンパ液が顔の皮下に溜まるので、顔の輪郭がぼやけたり、顔がむくんで大きく見えたりします。

【 首のコワバリ解消の注意 】(図)首のコワバリ

首の筋肉は、触って分かるように、分厚く大きな筋肉ではなく、“薄く”“小さい”筋肉で構成されています
この為、むやみに触ると、腫れたり、内出血を起こしたり、痛みが起きたりするので、首の筋肉の疲労や緊張を解消させるには、無理に力を入れずに、負荷のかかっている筋肉のコワバリを周囲からほぐしていく事が大切です。
首のストレッチを行う場合でも、負荷のかかっている首の筋肉の位置と方向を確認してから、丁寧に伸ばす事が必要です。

 

特に、首の疲労や緊張で、首の後や横に、ジンジンとする不快な痛みを発する硬いシコリができている場合には、デリケートな注意が必要です。
硬いシコリであっても、そのシコリも“薄く”“小さい”筋肉なので、上から何度もこすったり、強く圧迫したりすると、内部で炎症を起こして、かえって痛みが酷くなったり、シコリが大きくなったりするからです。
過敏になっている神経を刺激しないように、シコリ周辺の筋肉の柔軟性の回復を図りながら、シコリ内の血行を促すようにして、少しずつ、首のシコリを縮小させていく事が必要です。

 

また、首の筋肉は、肩や背中の筋肉と一体となっているので、肩や背中もチェックして、コワバリやシコリを解消し、回復させる事が必要です。
特に、首の筋肉疲労が慢性化していたり、強まっていたりする場合は、肩甲骨の周りに、硬くなった凝りができている事が多いので、肩甲骨周囲の筋肉のチェックと、凝りの解消が重要になります。
更に、運動不足や加齢で、上半身を支える腰やお尻の筋力が弱くなっていると、姿勢が悪化したり、猫背になったりして、頭を支える首に負荷のかかる状態になるので、腰の筋肉の状態や骨盤のズレにも、注意が必要です。

【 当院の、首と首周辺の治療 】(写真)当院の首治療

当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、「首の筋肉痛や凝り」、「首の筋(スジ)違い」、「首が回らない」、「後頭部の痛み」、「首や肩のピリッと違和感」、などの改善を行っています。
これは、筋肉の弾力性や柔軟性を回復させたり、血行やリンパの流れを改善したりして、疲労や緊張を回復させるだけでなく、『凝り治療』で知られているように、神経の興奮を抑制する作用もあるからです。
「首の疲労や緊張」、「疲れ」、「痛み」、「だるい」、「こわばる」、「張る」なども、疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来の痛みなので、東洋医療をベースにしたマッサージ治療を利用すると、改善に効果があります

 

また当院は、首が“薄く”“小さい”筋肉で構成されているので、患者が痛みや不安を感じないように、安心して施術を受けられるようにしています。
例えば、首の施術を行う前に、最初に、肩や背中の凝りの解消や、肩甲骨の動きの回復を行ったり、実際に首の施術を行う時にも、首の筋肉ごとに、痛む箇所を確認してから行ったりしています。
そして、首のコワバリやシコリを解消する時には、手や指等によるマッサージ治療で、ゆっくりと圧を加えていくようにしているので、リラックスした状態で、患者に合った治療が受けられます。

 

更に、当院では、首と首周辺には、筋肉の弾力性や柔軟性を高めて、血行を促進するツボや、神経の興奮を抑制して、精神的なリラックスをもたらす、有効なツボがあるので、マッサージ治療にツボ治療を取入れています。
ツボに適切な刺激を加える事で、痛みや違和感を減少させたり、筋肉内の血流を改善させたりする事ができるので、首に頑固なコワバリやシコリができている場合にも、無理せずに解消する事ができます。
首をボキボキと鳴らす矯正ではなく、ツボ刺激で、緊張している筋肉を回復させていくので、安心して、改善効果が期待できます。

 

首は“薄く”“小さい”筋肉で構成されている上に、内部に重要な神経や血管が通っているので、首の疲労や緊張の解消には十分な注意が必要です。
当院は、昔から実績のある東洋医療をベースにしたマッサージ治療で体調の改善を行っているので、「首や肩が酷(ひど)くコル」、「だるい」、「疲れやすい」、「食欲がない」、「眠れない」、「イライラする」、「元気がない」、などに適しています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連するこり・しこりなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。