【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)不快症状の不定愁訴

導入文

成人女性の、2人に1人以上の割合で悩まされているのが、ハッキリした原因が分からないけれども、「身体が何となくだるい」、「肩こりがつらい」、「食欲がない……」、「イライラする」、「頭痛」、といった不快症状です。

このような「病気ではないが、健康とも言えない」症状に、東洋医療は昔から、崩れかかった身体のバランスが整うように、身体の異常を知らせる反応点(ツボ)を利用して、体調の回復を行ってきました。

現在でも、ツボ刺激やマッサージ治療で、患者の体調や体質に合わせて身体の調子(治る力)を上げていく治療法が、不定愁訴の回復法として広く受け入れられており、当院でも、身体に現れた反応点(ツボ)とマッサージ治療を組み合わせて、体調の改善を行っています。

【 何となく体調が悪い 】(図)不定愁訴で体調が悪い

「何となく体調が悪い」という自覚症状があっても、病院で診察や検査しても異常が見つからず、不調の原因がわからない状態を、『不定愁訴』と言います
しかし、不定愁訴が起き易くなるのは、生活上のストレス、睡眠不足、自律神経の乱れ、ホルモンバランスの乱れなどで、自律神経のバランスが崩れると、不快な症状が起き易くなる事が分かっています。
女性の場合、女性ホルモンの微妙な加減によって、自律神経の働きが大きく影響されるので、40代以降、女性ホルモンが減少してくると、自律神経のバランスが崩れて、不定愁訴が起き易くなると言われています。

 

症状は多種多様で、頭痛、食欲不振、慢性疲労感、不眠、微熱など、症状が一定せず、「疲れ易い」などの全身症状だったり、「頭痛と腹痛」というように、いくつもの症状が出たり、あるいは、1日の中でも、次々と症状が変わったります。
この結果、精神的な不調を引き起こして、気分がスッキリしない、わけもなくイライラする、気分が落ち込む、眠れない、などで悩まされてしまいます。
特に、更年期を迎えた女性の60~70%は、程度の個人差はありますが、こういった生活に影響を及ぼすような不快な症状を経験していると言われています。

 

ところが、女性の多くが、このような症状に悩まされていても、家事や育児、介護などに追われていると、ツイ、後回しにしてしまいます。
これは、身体に異常を感じていても、原因がハッキリしないので、これといった解決法が見つからない事と、相談しても理解を得られにくいので、諦めてしまい、「つらいけど、仕方がない!」とか、「いつもの事だから」と、自分で自分に、言い聞かせてしまうからです。
しかも、「我慢していれば、この程度なら、そのうち解消するだろう」と都合良く、自分勝手に期待してしまう事もあるので、身体の不調に悩まされていても、我慢し続けてしまいます。

【 我慢していると 】(図)我慢

しかし、不定愁訴は、毎日の疲れやストレスによって、心と身体から「ムリしないで!」というメッセージなので、不快な症状を我慢しているうちに、毎日の疲れやストレスが溜まるようになり、だんだんと心身の不調を繰り返す回数が増えてきたり、じわじわと悪くなってきたりします
これは、不快な症状を我慢していると、体調を保っている自律神経が、絶えず働き続けて、オーバーワークになってくるので、体調を保つ働きが次第に不安定になり、体調を保てなくなる為です。
また、体調の不調を我慢を続けていると、それによって不快感がずうっと続いたり、増したりするので、余計に症状がツラク感じられてくるからです。

 

この為、自律神経が不安定になって、体調を保てなくなってくると、天候が変化した時や天気が崩れた時などに、身体に不調が起きるようになります。
自律神経が不安定になっているので、天候や天気の変化に身体が順応できなくなって、身体の神経が過剰に反応して、頭や首・肩などが痛くなったり、気持ちが落ち込んだり、めまいが起きたりするからです。
特に片頭痛の持病があると、雨が降りそうになったり、低気圧が近づいたりすると、脳の血管が拡張して強い痛みが生じるので、片頭痛が、天候や天気の変化によって、症状を起こす代表的な病気になっています。

 

しかも、このような不定愁訴の違和感や不快感は、症状が辛くさせるだけでなく、周りの人に誤解されてしまうような、別のツラサがあります。
不定愁訴は、あくまで“本人だけが感じる”強い不快感(自覚症状)なので、周りの人は本人の辛さが理解できずに、この結果、「やる気がない」とか、「怠惰な人」と、思われてしまうからです。
あるいは、不定愁訴が医学的に説明しづらい症状なので、体調が辛い事を言うと、「適当にわがままを言っているだけ」と、自分勝手な自己主張と思われてしまいます。

【 体調改善で、回復力を 】(図)体調の改善に

この為、身体の血の滞りや疲れ易さなどを解消して、症状を軽減する事(コンディショニング)ができれば、本人にとって、大きな助けになります
体調を保つ働きが低下しているので、体調を保つ働きの負担を少なくさせる事で、余力が生まれ、身体が改善しようとする状況が、自然にできるからです
しかも、身体が改善しようとする状況ができれば、身体の回復力を高められる、不快でつらかった生活が改善されます。

 

例えば、体調を保つ自律神経の働きの負担が大きくなっていると、肩や背中の緊張が強まってくるので、頭痛、頭重感、めまい感、胸の圧迫感、息苦しさ、倦怠感、微熱などが、起きてきます。
そして、これによって精神的な不快感も強まってくるので、ハッキリとした病的な状態でなくても、「身体がどうもスッキリしない」とか、「ダルイ」といった状態になります。
このような時に、肩や背中などの、強く不快な痛みが感じられる部分のコワバリを無くす事ができれば、身体が軽くなったように感じられて、気分的に楽になってくるので、体調を改善させるキッカケになります。

 

また、疲労や緊張で、腰やお尻が重ダルク感じる場合は、腰の重ダルサだけでなく、全身の血行も悪化するので、身体全体がダルク、重い感じになるので、全身が何とも言えない倦怠感を生じる事がよくあります。
これは、腰やお尻の筋肉が疲労すると、筋肉のコワバリによって血液循環が障害されるので、身体全体に疲労物質が滞るようになるからです。
このような場合に、腰やお尻のコワバリを回復させて、血行を改善すると、身体の疲労物質が排出されて、新鮮な血液が巡るようになるので、身体全体がスッキリするようになり、体調を改善させるキッカケになります。

【 当院の、不定愁訴の改善治療 】(写真)当院の、不定愁訴治療

当院は、不定愁訴の、「原因がはっきり分からないけれど、何となく体調が悪い」といった症状に対して、東洋医療の反応点(ツボ)とマッサージ治療を組み合わせて、解消を行っています。
これは、東洋医療が、「病気にはまだなっていないけれども、何となく身体の調子が悪い」といった症状を『未病』と呼んで、ツボ治療やマッサージ治療を使って、体調改善を行ってきた実績があるからです
ツボが、神経や血管が集まっている箇所になっているので、身体に不調があると、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れ、身体に異常が起きている事を知らせるだけでなく、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるからです。

 

例えば、身体にダルサやコワバリを感じたり、頭が重くなってきたり、凝り感が強まったりしてくると、反応点(ツボ)が現れるので、この反応点(ツボ)を確認して、「イタキモ」と言われる適度な刺激を与えると、滞っていたリンパ液や血液の流れが良くなり、身体の回復力を高める効果があります。
この為、当院では、触診とツボ反応にウエートを置いて、それぞれの症状に合わせて、一人ひとりに適したツボを探し出し、治療を行っています。
また、マッサージ治療によって、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制する、などの作用があるので、これによって、身体全体の調子(治る力)を上げ、健康を取り戻す効果があります。

 

これらの治療によって、身体の不快感が減少して、自律神経のバランスが回復してくると、イライラ、疲労、だるい、眠れない、頭痛などの、不快感の改善につながって、心身がリラックスしてきます。
この為、検査をしても特に原因が見つからない不定愁訴には、身体の異常を知らせるツボを利用して、患者の状態に合わせてマッサージする治療法が、効果が実感できる、有効な対処法になっています。
当院は、軽い痛みと共に気持ち良さ(イタキモ)によるツボ刺激により、疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来のコワバリやシコリを解消して、身体全体の調子(治る力)を上げ、不定愁訴の回復治療を行っています。

 

体調の悪い時に、「ちょっと体調が悪いぐらいで、病院に行くのは気が引ける……」と思いますが、不定愁訴で不調を感じた時に、気軽に診てくれると、心強く、安心です。
当院は、東洋医療の「病気になる前に、身体を整えて、健康状態に戻す」事を行い、保健所の認可を受け、個室型の施術室で、女性の患者が安心してマッサージ治療が受けられるようにしています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や、不快感などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】